スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伸びないなぁ~カピタータの根っこ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年11月04日 水曜日 [Edit] 




【学名】Tillandsia capitata
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】ティランジア属 またはチランジア属
【和名】チランジア カピタータ 【英名】 【別名】エアープランツ
【原産地】メキシコ ガテマラ 熱帯アメリカ~アルゼンチン
【性状】非耐寒性着生植物  【系統】銀葉系  【耐寒温度】5℃ 【生育適温】15~25℃ 【湿度】高め
【系統】銀葉系 大型 【草丈】30cm 【花期】月 【花色】アメジスト色 【花苞】チェリー色
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ
【販売元】南紀グリーンハウス [http://www.za.ztv.ne.jp/sibayan/]
【備考】A#002

さて、今日のテーマは根っこです!

エアープランツには根っこが出ますけど、この根っこ自体は他の植物と違って栄養を吸い上げるためにあるのではなく、着生したところにがっちりとくっつくためのものです。

前回ご紹介したときには購入したばかりでしたし、ただワイヤーの篭に入れてみたり、転がしてみたりしていただけでしたが、ようやく流木に木工ボンドでくっつけてみました。

大きめのエアプラですとそのうち落ちてしまいそうですし、やはり大きめの子はワイヤーなども併用するほうがよさそうですね^^; 水遣りの後に水気を切ろうと振り回したりしているので(笑) よけいにグラグラししゃいそうです。

でも根っこがたくさん出てきてくれて、流木にくっついてくれれば問題ないのだろうと思い、早く伸びないかなぁ~とマジマジと眺めているのですが、これがなかなか伸びないものです。

どうしたら根っこって伸びるんだろう~? 疑問に思い、ちょっと調べてみましたら、やはり常時高湿度が必要のようです。
我家では室内とはいえ、朝晩が冷え込むような季節になってしまったので、ミスティングもあまりしてませんし、秋は空気も乾燥気味な時期ですから、そのためにあまり伸びないようです。

まだ1センチくらいしかありませんし、根っこが流木に届くようになるまで、かなり時間がかかりそう~^^;
[伸びないなぁ~カピタータの根っこ]の続きを読む

Tillandsia capitata

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年09月23日 水曜日 [Edit] 




【学名】Tillandsia capitata
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】ティランジア属 またはチランジア属
【和名】チランジア カピタータ 【英名】 【別名】エアープランツ
【原産地】メキシコ ガテマラ 熱帯アメリカ~アルゼンチン
【性状】非耐寒性着生植物  【系統】銀葉系  【耐寒温度】5℃ 【生育適温】15~25℃ 【湿度】高め
【系統】銀葉系 大型 【草丈】30cm 【花期】月 【花色】アメジスト色 【花苞】チェリー色
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ
【販売元】南紀グリーンハウス [http://www.za.ztv.ne.jp/sibayan/]
【備考】A#002

以前購入したときには一般的な育て方をざっと勉強しただけでしたので、個々のコたちの特性をお勉強しなおし中~の私です。

お勉強すればするほどに奥が深く、いまだに名前と性格が一致せず、名前の暗記も出来ていない私です。でもそんな中でも覚えやすいのがこの‘カピタータ’です。
手元にあるエアープランツの中で一番大きく、葉っぱの幅も太いし、ソーキングなどのときに他の子と混じってしまっても絶対に間違うことのない、形状をしています。

とにかくトリコームの現れ方が美しい~ティランジアです^0^

本来、カピタータは緑葉系のようですが、変異が多く、花色も黄色やオレンジ色になったりするそうです。また、紅葉がすばらしい~とか。実物を見たいなぁ~

この子はティランジアのなかでも比較的大きくなる品種なので、大振りの流木などにつけて愉しみたいのですが、今のところはただワイヤーの篭に入れてみたり、転がしてみたり(^^ゞ
[Tillandsia capitata]の続きを読む