スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マズった!コットンキャンディー

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年11月05日 木曜日 [Edit] 




【学名】Tillandsia 'Cotton Candy' cv.of stricta x recurvifolia
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】チランジア属 または ティランジア属
【流通名】ティランジア ‘ヒューストン’ 【英名】Houstonヒューストン)  【別名】エアープランツ
【品種名】ティランジア ‘コットンキャンディ’ 1590円
【交配】ストリクタ × レクルビフォリア (T.stricta x T.recurvifolia
【原産地】熱帯アメリカ~アルゼンチン
【性状】半耐寒性   【耐寒温度】10℃ 【生育適温】15~35℃ 【湿度】高め
【系統】銀葉系 【草丈】 【花期】 【花色】青色  【花苞】桃色~紅色 
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ 素焼き鉢 ミズゴケ
【備考】A#007

今日は‘コットンキャンディ’ちゃんが主役です^0^ 昨日と同様に根っこに焦点を当ててみました!
昨日の‘カピタータ’よりも購入時よりも根っこが伸びているような気がします。

この子は、お水と太陽がダイスキなストリクタとレクルビフォリアの交配種なので、結構水好きで明るい軒下で大丈夫だろうと、なんとも浅はかな私・・

これまた単品で流木にくっつけ、水ギレよくしてあげましょうと、逆さ吊り( ̄m ̄*)゚プッ
てっきり直射日光は当たらないはずと思っていたのに、とある休日、ふっと見たらなんと西日がバンバン直接当たってました^^;

そのせいで葉っぱが見事にダメージを受けてしまったようです・・・トホホ

痛んだ葉っぱは再生することはないんです _| ̄|○

加えてよくある失敗ヘ(x_x;)ヘ
流木にしっかりくっつけようとして、根っこの部分が穴にもぐりこんだような格好になってしまいました。ということは、乾きが悪い!ということでして、この子は苦難の9月を過ごしていたのでした。


チランジア ‘コットンキャンディ’ですが、この子は1590円とややお高め。
トリコームが美しく葉っぱの湾曲具合と揃った形がいい感じです♪

【PR】 チランジアを探そう! at Rakuten


というわけで、結局10月くらいからは室内に早々に取り込んだのですが、中心部分にはダメージはなく、まぁまぁ~元気そうです。根っこが成長しているところを見ると、お日様で葉焼けしたものの、株そのものには影響はなかったのではないかと思います。 ほっ。
[マズった!コットンキャンディー]の続きを読む

Tillandsia 'Houston Cotton Candy'

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年09月11日 金曜日 [Edit] 




【学名】Tillandsia 'Houston Cotton Candy' cv.of stricta x recurvifolia
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】チランジア属 または ティランジア属
【流通名】‘ヒューストン コットンキャンディ’ 【英名】Houstonヒューストン)  【別名】エアープランツ
【品種名】ティランジア ‘コットンキャンディ’ 1590円
【交配】ストリクタ × レクルビフォリア (T.stricta x T.recurvifolia
【原産地】熱帯アメリカ~アルゼンチン
【性状】半耐寒性   【耐寒温度】10℃ 【生育適温】15~35℃ 【湿度】高め
【系統】銀葉系 【草丈】 【花期】 【花色】青色  【花苞】桃色~紅色 
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ 素焼き鉢 ミズゴケ
【備考】A#007

今回購入した中で、もっとも大型だったのが、ティランジア ‘コットンキャンディ’でした。1株 1590円でしたので、モチロン一株のみの購入です(笑)
私にとって、4桁の出費はかなりキツイ^^; でも3桁であろうが、塵も積もれば・・・で結局総支払額は5桁になってしまうこともあります。でも今回は4桁内にとどめました(笑)

この子は、ティランジアでもいわゆるハイブリッド。ストリクタ(ブラジル産)とレクルビフォリア(ブラジル~パラグアイ産)との交配種になります。

写真を見ているとエアープランツのお花はとても個性的。特にこのコットンキャンディーのお花に魅せられて、購入ボタンをクリック(^^ゞ でもこのくらいの大株ならば、今年の冬さえ乗り切れば来年はもしかするとお花を見ることができるかもしれません。


チランジア ‘コットンキャンディ’ですが、この子は1590円とややお高め。
お写真ではお花が咲いていたのですが、やはりこれも予想どおりお花が咲いている株ではなかったです。こんなふうにお花を咲かせることできるかしらん?アザミのような雰囲気ですよね。ストリクタよりもまるっこくて、葉っぱのカールがかわいい~です。

【PR】 チランジアを探そう! at Rakuten


お花もさることながら、トリコームたっぷりで葉っぱの白銀色が本当にきれいです!
色白美人でいうと、カピタータもキレイですが、このコットンキャンディーは葉っぱが繊細で女性っぽい感じ♪

さて、数日おきにミスティングを施さなければならないティランジアたちのために、霧吹きが必要です。
オシャレな「ガラス製の霧吹き」も欲しいと思って照準中なのですが、玄関、自室、お茶の間など方々に飾ってあるので、とりあえずリサイクル、リサイクル。
空っぽになった薬剤や化粧水などが入っていたスプレーなどは捨てずにとってあったりするので、それらを傍に置いてあります。
水は室温と同じほうがよいはずですので^0^ すぐそばに置いておけば、面倒くさいと思わずに霧吹きできますもん。就寝前に忘れずに!
[Tillandsia 'Houston Cotton Candy' ]の続きを読む