スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今期はどうかなアウグチフォリウス

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年11月01日 日曜日 [Edit] 




【学名】Helleborus argutifolius
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ コルシカス
【英名】Corsican Hellebore(コルシカン・ヘラボレ), Corsican Rose(コルシカン・ローズ)
【別名】木立性クリスマスローズ コルシカス
【品種名】アーグティフォリウス / アウグチフォリウス
【系統】原種系 有茎種 【原産地】コルシカ島、サウジニア島
【性状】常緑耐寒性宿根草(有茎種) 【耐寒性】マイナス15℃ 【花期】2月~5月
【草丈】50-60センチ 【花径】3センチ  【花色】緑色  【咲き方】一重咲き 房咲き やや剣弁咲き 平咲き スポットなし 【蜜腺】 黄緑色 
【用途】鉢植え 地植え 寄せ植え 切花 押し花 
【備考】#018

続々・瀕死のアウグチフォリウス ・゚・(ノД`)・゚・。 であります ~(〃´o`)=3

それにしても一度病気にさせてしまうと、なかなか復活しないものですねぇ~ 

2007年に開花したときのアウグチフォリウス
前回は2007年に咲いた時が一番きれいでダイナミックでありました~
今年こそ、3本あがっている花茎すべてにたっぷりとお花をさせてほしいものです♪


アウグチフォリウスはちょっと寒さに弱いので、鉢植えにしてあげて軒下で管理してあげるほうがよさそうではあるのですが、どうしても地植えで育てたい私です。

移植といえば、ニゲルの八重咲きも場所が込み合ってしまったので、この秋に移植(^^ゞ 早咲きのニゲルの花が終わる頃に、このアウグチフォリウスが咲いてくれるだろうという予想から、お隣に植えました!


【PR】クリスマスローズ アグチフォリウス(コルシカス) ポット苗は、イングの森さんちで498 円也~

斑入りのアウグチフォリウスあるかな? at Rakuten 
 


昨年は、斑入りのアウグチフォリウスを入手いたしましたが、こちらは鉢植えで大事に育ててあげているせいか、花茎は1本しかないですけど、この古参のアウグチフォリウスにくらべたら、別もののようです。

でも斑入りのほうにも悩みがあって、あまり斑がでてこなくなってしまいました。
お日様に当てすぎかしら? 
[今期はどうかなアウグチフォリウス]の続きを読む
スポンサーサイト

パシフィックフロストの葉っぱがっ!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年09月18日 金曜日 [Edit] 




【学名】Helleborus argutifolius 'Pacific Frost'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ コルシカス
【英名】Corsican Hellebore(コルシカン・ヘラボレ), Corsican Rose(コルシカン・ローズ)
【別名】木立性クリスマスローズ コルシカス
【品種名】アーグティフォリウス / アウグチフォリウス ‘パシフィックフロスト’
【系統】原種系 有茎種 【原産地】コルシカ島、サウジニア島
【性状】常緑耐寒性宿根草(有茎種) 【耐寒性】マイナス15℃ 【花期】2月~5月
【草丈】50-60センチ 【花径】3センチ  【花色】緑色  【咲き方】一重咲き 房咲き やや剣弁咲き 平咲き スポットなし 【蜜腺】 黄緑色 【葉】斑入り
【入手先】WAKAIZUMI
【用途】鉢植え 地植え 寄せ植え 切花 押し花
【備考】#042 

2008年秋に購入しちょうど丸一年ほどになるクリスマスローズたちのなかでも、ちょっと気になっているのがアウグチフォリウス‘パシフィックフロスト’です。

夏場は数時間は直射日光が当たってしまうようなところで管理していたのですが、葉焼けなのか、きれいな斑入りの葉っぱに黒色のシミっぽいものがでています。加えて虫に食べられた痕まであるのです。

ガ━━━(゚ロ゚;)━━ン!!

もしかして、これって病気? まっ、まさかブラックデスでは無いでしょうねぇ~(;´▽`lllA``

あるいは、夏に薬剤散布したときに、この葉っぱについたのが、原因かしら。


【PR】斑入りアーグチフォリウス「パシフィックフロスト」Helleborus argutifolius 'Pacific Frost'は、Flower&Green GARDENさかもとさんちで6300円也~ (;´▽`lllA``
大株はこっ、こんなにもまだ高いのか! すぅよ、枯らしてはなりませぬ。

斑入りのアウグチフォリウスあるかな? at Rakuten


もっとも草丈は昨年の3倍ほどにはなってくれていますので、そこそそ体力はあると思うのです。ブラックデス以外の病気や単なる葉焼けならば、この秋からはまたさらに大きくなってくれるでしょう。と、楽観的に(笑)
[パシフィックフロストの葉っぱがっ!]の続きを読む

病気でも咲いてくれた・・^_^;

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年03月24日 火曜日 [Edit] 




【学名】Helleborus argutifolius
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ コルシカス
【英名】Corsican Hellebore(コルシカン・ヘラボレ), Corsican Rose(コルシカン・ローズ)
【別名】木立性クリスマスローズ コルシカス
【品種名】アーグティフォリウス / アウグチフォリウス
【系統】原種系 有茎種 【原産地】コルシカ島、サウジニア島
【性状】常緑耐寒性宿根草(有茎種) 【耐寒性】マイナス15℃ 【花期】2月~5月
【草丈】50-60センチ 【花径】3センチ  【花色】緑色  【咲き方】一重咲き 房咲き やや剣弁咲き 平咲き スポットなし 【蜜腺】 黄緑色 
【用途】鉢植え 地植え 寄せ植え 切花 押し花 
【備考】#018

続・瀕死のアウグチフォリウス ・゚・(ノД`)・゚・。

2月にご紹介したときに、葉っぱにかなり黒色の点々が現れていたうえ、葉柄が腐っているような感じでしたので、葉っぱはすべて捨て去りました。
ベンレートで消毒してみたりしましたが、たぶんこのこ冷害にあったためにこうなったのではないかと思うのです。

3本立ち上がっていた花茎でしたが、この3月に入ってから1本は枯れてしまいました。
枯れたものは地際から切り取ったのですが、残りの2本についている蕾が膨らみ始めています。

咲かせるべきではないのでしょうが、やっぱりお花が見たくて・・・

この子なりに2本ならばお花を咲かせることができると判断したのではないかと思い、その自活力に任せていたところ・・・




咲き始めました~~ ヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノへ(^^ヘ)(ノ^^)ノ ちゃんかちゃんか♪

久しぶりにこの子の顔を観ることができたのです!前回は2007年に咲きましたが、それっきりでしたので(^^ゞ

【PR】 斑入りのアウグチフォリウスあるかな? at Rakuten 
Sakamotoさんちのクリスマスローズちゃんたち、お写真見ているだけでも+゜*。:゜+(人*´∀`)ウットリ+゜:。*゜+.  


かなり小ぶりでいまひとつの咲き方ではありますが(^^ゞ
[病気でも咲いてくれた・・^_^;]の続きを読む

病気のアウグチフォリウス ・゚・(ノД`)・゚・。

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年02月19日 木曜日 [Edit] 




【学名】Helleborus argutifolius
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ コルシカス
【英名】Corsican Hellebore(コルシカン・ヘラボレ), Corsican Rose(コルシカン・ローズ)
【別名】木立性クリスマスローズ コルシカス
【品種名】アーグティフォリウス / アウグチフォリウス
【系統】原種系 有茎種 【原産地】コルシカ島、サウジニア島
【性状】常緑耐寒性宿根草(有茎種) 【耐寒性】マイナス15℃ 【花期】2月~5月
【草丈】50-60センチ 【花径】3センチ  【花色】緑色  【咲き方】一重咲き 房咲き やや剣弁咲き 平咲き スポットなし 【蜜腺】 黄緑色 
【用途】鉢植え 地植え 寄せ植え 切花 押し花 
【備考】#018

やっぱり諦めて処分すべきだったのかなぁ~

瀕死のアウグチフォリウスです。茎は黒く変色し、葉っぱには黒い点々があり、生育期である今でさて、葉っぱには水分がなく、ほぼ枯れ落ちていまや丸裸の状態になってしまっています。

元々植えつけてあった場所が日陰で非常に風通しが悪く混み合っていたので、そこで病気を発生してしまったのですが、昨年の秋にもっと日当たりの良いところへ移植したのですが・・・

花茎は三本あって、それぞれに蕾はあがってきているものの、どう見ても枯れそうです。
実は昨年は地上部がすっかり枯れてしまって、もうダメかと思ったのですが、再び復活し、新たに花茎が上がってくれたのですが。


今年はゴールドネクタリーとの出会いがありませんでしたが、いつか入手したいなぁ~

今川交配クリスマスローズ魅惑のゴールドネクタリー交配 by Garden Sakamoto

【PR】 斑入りのアウグチフォリウスあるかな? at Rakuten 

Sakamotoさんちのクリスマスローズちゃんたち、お写真見ているだけでも+゜*。:゜+(人*´∀`)ウットリ+゜:。*゜+.  


ちょっと耐寒性がない種類なので、地植え自体させないほうが良いのでしょうけど、今年は暖冬だったことが功を奏し、お花を咲かせる気持ちになってくれたようです。

この病気・・・ 一体なんだろう?
昨年は立ち枯れ病だったのではないかと思っていたのです。でも葉っぱの黒い点々があるところをみると黒点病?クリスマスローズがかかる病気で一番怖いのは、ブラックデスですが、その特徴であるタール状の黒い部分はありません。

冬の間、石灰硫黄剤で土を消毒したり、ベンレートをまいたりしていますが・・・
今後、どうなっていくのかなぁ~

病気にさせないためには、とにかく株を丈夫に育てることが一番です。
お花を咲かせないようにしようと思えども、有茎種なので、花茎を切り取るわけにもいかず・・・ そのまま行方を見守っている私です。

今のところ蕾に黒色は見られないので、お花はきれいに咲くのかも?
[病気のアウグチフォリウス ・゚・(ノД`)・゚・。 ]の続きを読む

斑入りのパシフィックフロスト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年12月31日 水曜日 [Edit] 




【学名】Helleborus argutifolius 'Pacific Frost'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ コルシカス
【英名】Corsican Hellebore(コルシカン・ヘラボレ), Corsican Rose(コルシカン・ローズ)
【別名】木立性クリスマスローズ コルシカス
【品種名】アーグティフォリウス / アウグチフォリウス ‘パシフィックフロスト’
【系統】原種系 有茎種 【原産地】コルシカ島、サウジニア島
【性状】常緑耐寒性宿根草(有茎種) 【耐寒性】マイナス15℃ 【花期】2月~5月
【草丈】50-60センチ 【花径】3センチ  【花色】緑色  【咲き方】一重咲き 房咲き やや剣弁咲き 平咲き スポットなし 【蜜腺】 黄緑色 【葉】斑入り
【入手先】WAKAIZUMI
【用途】鉢植え 地植え 寄せ植え 切花 押し花
【備考】#042 

いよいよ、2008年ともお別れが近づいてきましたね。今日は今年買ったクリスマスローズのなかでももっとも気になっている子のひとりである、アウグチフォリウス‘パシフィックフロスト’をご紹介して、2008年を締めくくることになるかな?

振り返ると、2008年はクリスマスローズに明け暮れた年でありました。特に秋以降は買い捲りの日々で、皆様も半ばあきれておられたのではないかと・・・(爆)
 
でもこの子、やっと、やっとゲットだったのです!
クリスマスローズの中でも葉っぱが斑入りのものが欲しかったのですが、まずはこのアウグチフォリウス‘パシフィックフロスト’をゲットしました。フェチダスにも斑入りがあるのですが、そちらは今年は縁がなく、その代わり黄金色のフェチダスをゲットできました。

【PR】 斑入りのアウグチフォリウスあるかな? at Rakuten

ご近所のHCなどではこれまで一度も見かけたことがなく、今回はWAKAIZUMI様から入手させていただきました。お世話になりました~~ m(__)m

Frostは霜のことなので、雰囲気わかるのですが、なぜにPacificなのかしらん?とちょっと命名のいわくが気になります。

鉢増しをしましたが、厳冬を乗り越えてもらい、一刻もはやく大きくなって、もっともっと斑入りの葉っぱを伸ばしてほしいです。

現在の苗には、葉っぱの色がちょっと緑色で斑があまり多くないもの、おそらく古葉と思われますが、それと黄緑色っぽい感じの斑入りと、緑色が濃いものと、いろいろな表情の葉っぱが混在していて、いくら見ていても飽きないなぁ~ 斑入りのものはお花が咲かなくても観賞価値が十二分にございます。

話は変わりますが、Omphalodes ‘Cherry Ingram’(オンファロデス ‘チェリーイングラム’)とヘラボたちを寄せ植えにしたいと思っているのに、なかなな出会いがありません。
ルリソウのような小花とヘラボは相性バツグンだと思うのです!それにそうした小花系のものも耐寒性があり、なおかつ宿根草であるならば、私にとっては願ったり叶ったりです!
[斑入りのパシフィックフロスト]の続きを読む

膨らんできたアウグチフォリウス

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年01月07日 月曜日 [Edit] 

Helleborus argutifolius - 木立性クリスマスローズ コルシカス(またはアウグチフォリウス)

Helleborus argutifolius - 木立性クリスマスローズ コルシカス(またはアウグチフォリウス)
 今日の一句 「アウグチさん やっと覚えた君の名を」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Helleborus argutifolius
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ コルシカス
【英名】Corsican Hellebore(コルシカン・ヘラボレ), Corsican Rose(コルシカン・ローズ)
【別名】木立性クリスマスローズ コルシカス
【流通名】アーグティフォリウス / アウグチフォリウス
【系統】原種系 有径種 【原産地】コルシカ島、サウジニア島
【性状】常緑耐寒性宿根草(有茎種) 【花期】2月~5月
【草丈】60-90センチ 【花径】3センチ  【花色】緑色
【耐寒性】マイナス15℃ 
【備考】#018

なんだか1月からはヘラボの記事が多くなりそうな感じですが、今日の主役はアウグチフォリウス(コルシカス)です!おぎはら植物園さんでもまだ売られてます!しかも400円~!
もっともお花は早くても来年以降でしょうけど。

ヘラボたちは寒い冬の間、私の気持ちをあったかくしてくれる植物!

この子の蕾も12月のはじめくらいだったでしょうか、発見していたのですが随分と膨らんできています。もっともこれがもっともっと伸びてお花が咲くまでにはかなりの時間がかかりますが。でもワクワク感が長く持続するというのも良いところです。あっという間に咲いて、すぐにお花が終わってしまうものは、一年間の労をねぎらってもらうにはちょっとはかなすぎます。

先日ご紹介したフェチダスとは違って、お花が終わってもその茎は枯れることなく、そのままの状態で夏を越し、一株から二本の茎が上がっています。この冬は三本に増えてくれるかしらんと思っていたのですが、ダメでした。

実はこの子はあまり元気がないのです。
[膨らんできたアウグチフォリウス]の続きを読む

エリックスミシーは早咲き系

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年10月31日 水曜日 [Edit] 

Helleborus x ericsmithii  - エリックスミシー

Helleborus x ericsmithii - エリックスミシー
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



【学名】Helleborus x ericsmithii (H. niger x H. sternii)
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】クレマチス属
【流通名】エリックスミシー 【英名】Ericsmihii
【別名】レンテンローズ (Lenten Rose )【系統】有茎種 
【作出地】イギリス
【性状】耐寒性宿根草 【開花期】2月~4月 【草丈】35センチ
【交配】ステルニー × ノイガー (sternii x niger)
【作出者】Eric Smith

‘エリックスミシー’は原種のニゲルとステルニーを交配させた品種で、お花の色は淡いピンク色から白色。咲き進むにつれ、花の色が濃くなってゆきます。葉っぱはステルニーの血を引き継ぎ柔らかで、暗緑色に葉脈があるのが特徴です。リビダスとも似ていますね。

もっとももともと1950年代にSir Frederick Stern氏が、リビダスとアウグチフォリウスのかけあわせにより、ステルニーを作出。
このステルニーとノイガーをH. x nigristernとして掛け合わせに成功したのは、Eric Smith氏です。

‘エリックスミシー’って、一体なんだろう?って思っていたのですが、人名から取られたのものだったのです。

よって、三種の血が流れている‘エリックスミシー’は より魅力的に見えるのかもしれません。早咲き系のものは、成熟した株では、我が家にはノイガーとダブルファンタジーしかないので、この子が加わってくれて早春の花壇が楽しみです。

私はおぎはら植物園で入手しましたが、ラベルにはMIYOSHI様の文字があり、これはいわゆるメリクロン株です。‘エリックスミシー’は不実性で種が採れないため、一般に出回るのはメリクロン株です。
[エリックスミシーは早咲き系]の続きを読む