スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移植後は元気^0^ アブラハム・ダービー

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年06月06日 土曜日 [Edit] 




【学名】Rosa 'Abraham Darby' (Auscot)
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】 バラ属
【品種名】アブラハム・ダービーAbraham Darby
【系統名】English Rose(ER) イングリッシュローズイングリッシュローズコレクション
径】10cm 【色】アプリコットイエローがかったピンク色
【樹高】150~200センチ シュラブ系 またはショートクライマー
【樹形】アーチ状のブッシュ 【香り】強い フルーティー
【咲き方】四季咲き 【型】大輪ディープカップ咲き
【耐病性】強健
【作出】1985年 David Austin(イギリス)
【交配種】'Aloha' x 'Yellow Cushion'
【用途】鉢植え 地植え 

ようやく本来の姿で開してくれたのが、‘アブラハム・ダービー’です。

これまで、日陰に植えていたのですが、この春先に日向へ移植しましたところ、全く別人のように大輪となり咲いてくれました~ (o^-')b  今まで、あんな日陰に植えてしまっていてごめんなさいm(__)m

今度はおのど真ん中に据えたオベリスクによりかかるようにして植えてあり、太陽は燦燦と照りますし、風通しもよいので、返り咲きにも期待が高まります。



【PR】アブラハムダービー (高ER橙) 国産苗 大苗 6号鉢植え品 ☆は、バラの家さんちで、3580円也~

アブラハム・ダービーを探そう! at Rakuten


オベリスクといえば、(〃_ _)σ∥反省していることがあります・・・
モッコウバラのような成育旺盛なものに使ったら、オベリスクはすっかり隠れてしまって、ホントにただの支柱と化してしまいました(笑) オベリスクを使う場合には、そのオベリスクの高さを考慮し、オベリスクとのバランスがよい植物を植えないと相乗効果がありません。
[移植後は元気^0^ アブラハム・ダービー]の続きを読む
スポンサーサイト

日陰のアブラハム・ダービー

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年06月12日 木曜日 [Edit] 

Rosa 'Abraham Darby' (Auscot)

Rosa 'Abraham Darby' (Auscot)

 

【学名】Rosa 'Abraham Darby' (Auscot)
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】 バラ属
【品種名】アブラハム・ダービーAbraham Darby
【系統名】English Rose(ER) イングリッシュローズ(イングリッシュローズコレクション
【花径】10cm 【花色】アプリコットイエローがかったピンク色
【樹高】150~200センチ シュラブ系 またはショートクライマー
【樹形】アーチ状のブッシュ 【香り】強い フルーティー
【咲き方】四季咲き 【花型】大輪ディープカップ咲き
【耐病性】強健
【作出】1985年 David Austin(イギリス)
【交配種】'Aloha' x 'Yellow Cushion'

我家のERの中で最後に咲いたのは、'Abraham Darby(アブラハム・ダービー)'です。
割りに耐陰性があると何かの本で読んだので、植えつける場所をかなり過酷なところにしてしまったために、どんなバラよりも生育が悪いのです。

【PR】アブラハム・ダービーを育てよう!6号鉢バラ大苗、まだあるようです(^o^) 


悪いことしたなぁ~ 生育具合も昨年とあまり変わらず、クレマチス‘日枝’におされ気味です。
大体、あまりにも近くに植えつけすぎちゃっているんですよね。
それにくわえて、ブルーベリーの木がかなり巨大化してきているものですから、この子はツライ毎日を送っているのです。

というわけで、この子は今年3つしか花をつけてくれていません。とほほ。
[日陰のアブラハム・ダービー]の続きを読む

Rosa 'Abraham Darby'

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年06月15日 金曜日 [Edit] 

Rosa 'Abraham Darby' (Auscot)

Rosa 'Abraham Darby' (Auscot)

 

【学名】Rosa 'Abraham Darby' (Auscot)
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】 バラ属
【品種名】アブラハム・ダービー Abraham Darby
【系統名】イングリッシュローズイングリッシュローズコレクション)
径】10cm 【色】アプリコットイエローがかったピンク色
【樹高】150~200センチ シュラブ系 またはショートクライマー
【樹形】アーチ状のブッシュ 【香り】強い フルーティー
【咲き方】四季咲き 【型】大輪ディープカップ咲き
【耐病性】強健
【作出】1985年 David Austin(イギリス)
【交配種】'Aloha' x 'Yellow Cushion'

このバラの名前、'Abraham Darby' と聞くたびにどうも競馬のダービーを連想してしまう私ですが、名前の由来はイギリスの実業家の名前にちなむのだそうです。バラのイメージからすると、優雅な女性のようですが、男性の名前なんだなぁ~

シュラブ系なのですが、イングリッシュローズを日本で育てる場合、ツルバラのようにアーチやオベリスクに誘引できる一方、強い剪定にも耐えるので、木立系として鉢植えにしても管理できるということ。

交配された品種は、ツルバラの「アロハ」と「イエロークッション」だそうです。(Rosa hybrid 'Aloha' x 'Yellow Cushion')

また日陰でも十分に耐えられるという特性を持ち合わせている上に、四季咲きとして次々に開するとなれば、いうことなし!です。

私の場合、今年の2月木陰に地植えとしたわけですが、今年第一陣は5つの蕾があがり、現在2つのが大輪となって放香中です。すばらしい~資質のバラですね。
[Rosa 'Abraham Darby' ]の続きを読む