スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲惨な状態の‘パープレア’

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年05月10日 日曜日 [Edit] 




【学名】Euphorbia amygdaloides ‘Purpurea’
【科名】トウダイグサ科 Euphorbiaceae 【属名】ユーフォルビア属
【和名】灯台草トウダイグサ)【英名】Wood Spurge
【別名】ユーフォルビア・アミグダロイデス プルプレア  【原産地】ヨーロッパ
【性状】耐寒性宿根草 【期】初夏 【草丈】40cm~80cm
【用途】鉢植え 地植え 

昨年は5月に入ってから咲いた‘プルプレア’でしたが、今年は2週間ほど早い開でした。

どうやら、地植えにした親株はその場所を気に入らなかったようなのです。
みるみるうちに元気がなくなってしまって、ほぼ瀕死の状態^^;

一方、昨年挿し芽を地面にさしておいたものは、なんとか開にこぎつけました~
昨日ご紹介したカラシアス‘ブラックパール’にくらべ、草丈も半分程度にしかならないので、こじんまりとした様相です。

実生のものも今のところ見つけることができておりませんので、忘れずに挿し芽を採らないと、最後の一株まであの世に行ってしまったら、今生の別れとなってしまいます。


宿根草ユーフォルビア ‘パープレア’は、おぎはら植物園さんちで、小苗なら630 円です!

【PR】 個性派のユーフォルビアを探そう! at Rakuten


地下茎で増えるはずなのに、増えている様子もなく・・・ 夏場には半日陰くらいのほうがよかろうと思ったのですが、日光はともかく、土壌が肥え過ぎていている上、ジメジメしすぎていたのでしょう。

毎度のことながら、(〃_ _)σ∥反省 
[悲惨な状態の‘パープレア’]の続きを読む
スポンサーサイト

ユーフォルビア・アミグダロイデス‘プルプレア'

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年05月02日 金曜日 [Edit] 

Euphorbia amygdaloides ‘Purpurea’- ユーフォルビア・アミグダロイデス‘プルプレア'

Euphorbia amygdaloides ‘Purpurea’- ユーフォルビア・アミグダロイデス‘プルプレア'
 今日の一句 「春先に 咲いたお花は 緑色 無数の小花 揺れて 微笑む」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Euphorbia amygdaloides ‘Purpurea’
【科名】トウダイグサ科 Euphorbiaceae 【属名】ユーフォルビア属
【和名】灯台草トウダイグサ)【英名】Wood Spurge
【別名】ユーフォルビア・アミグダロイデス プルプレア  【原産地】ヨーロッパ
【性状】耐寒性宿根草 【花期】初夏 【草丈】40cm~80cm

昨年来、我家に居て元気に育っていたアミグダロイデス‘プルプレア'もついに開花となりました!
思っていた以上に早い開花で、まだちょっと小寒い春先から十分に楽しめるのだと再確認~ 
寒冷地に住む私にとってはうれしいお知らせでありました。
4月の中旬くらいから咲き始めておりますので、ちょっと記事のアップが遅れをとっております
m(__)m

まだ二年目ですが、この子を育ててみた感想!

まずぜんぜん虫がつかなかったし、支柱なしでもなんとか自立してくれたし、挿し芽をしたものからもお花が開花してくれた!ということナシ^0^

今年の春も挿し芽をとって増やしますゾ ( ̄m ̄*)゚プッ 何しろ私がダイスキな黒色の葉っぱに緑色の花という絶妙のコンビネーションを演出してくれる植物であり、かつ簡単に厳冬を乗り切ってしまうのですからぁ~ どんどん殖やさねばっ。


目下、私が次に狙っているのは、ユーフォルビア マルティニ(マチーニー)Euphorbia x martiniiでございます!
このプルプレアとカラキアスの交配種で、レッドブラックアイ!のお花が咲くのですよ~~
(∇〃)。o〇○ポワァーン



どうも色々集めたがる私・・・最近とみにその傾向が強くなってきているのですが、このユーフォルビア系も例にたがわず。コレクションは増えてゆきそうです。

上のものと、もうひとつ。


ユーフォルビア「シルバースワン」Euphorbia characias 'Silver Swan'という斑入りのユーフォルビアです。
黒色もよいけれど、斑入りの白っぽいものもシェードガーデンに植えつけるにはもってこい、でしょう~?



早くもっといろんなユーフォルビア、出回ってくれないかなぁ~
私の近所のHCではあまり取り扱われないんですよねっ。 なんでだろう?
[ユーフォルビア・アミグダロイデス‘プルプレア']の続きを読む