スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラベル訂正!? イオナンタ No.15

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年11月27日 金曜日 [Edit] 




【学名】Tillandsia ionantha (ee-oh-NAHN-tha)
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】ティランジア属 またはチランジア属
【和名】チランジア イオナンタ 【英名】 【別名】エアープランツ 
【原産地】メキシコ、ガテマラ など 熱帯アメリカ 【標高】450~1700m
【性状】非耐寒性着生植物   【耐寒温度】5℃ 【生育適温】15~25℃ 【湿度】高め
【系統】銀葉系 中型 【草丈】15cm 【花期】5~7月 【花色】紫色 【花苞】赤色
【購入先】ダイソー 【販売元】
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ 素焼き鉢 水苔 流木 コルク板
【備考】A#025

先日ご紹介した偽?オアクサカーナ(お写真が似たようなモノでスミマセン^^;)卵の殻に飾っているのは、やはりダイソーさんちでもちろん100円で買った子です。袋にプリントされていたのはNo.15でしたが、品種名は白い紙で隠され、黒字で「T.イオナンタ」とスタンプが押されておりました~

名前のイオナンタ(ionantha)にはギリシャ語で「ion=紫色」、「anthos=花」という意味があり、文字通り紫色のお花が咲きます。開花時期には葉っぱもクリムゾン色に紅葉し、花後には群生するかわいい小型のタイプのティランジアです。トリコームも美しく、まるでウニのような形です。もっとも流通しているティランジアのひとつになります。

原生地においては、子株が群生してクランプとなり、丸い鞠のような形となって樹木に着生したりするそうです。ガテマラとメキシコ原産のものでは、大きさが異なり、ガテマラのものは10cm程度、メキシコのものはもう少し小型で5-6cm、標高450~1700mくらいに自生しています。

イオナンタには、交配種がイロイロあって一口にイオナンタと言えないようですが、かくいう我家にもすでに‘ルブラ’、スカポーサ(コルビー)、そしてイオナンタイオナンタの三種があります。
交配では、ほかにへぇ~と思ったのは、カプトメデューサエとの交配品種もあるんですよ~
神様ったら粋なお計らい^0^ なんだかそうした結婚から生まれた子供ってどんな咲き方するのかしらぁ~ キョウミシンシンです♪

とにかくエアプラを育ててみよう!ということでしたら、このイオナンタがオススメです(o^-')b

昨日ご紹介した‘ベルティナ’と‘偽オアクサカーナ’とともに、卵の殻に入れて三つをまとめて篭盛りで愉しんでおります。もっとも‘ベリティナ’は思いのほか生育が早くて飛び出しはじめておりますが。
[ラベル訂正!? イオナンタ No.15]の続きを読む
スポンサーサイト

‘ルブラ’とデミダスコーヒーカップ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年10月18日 日曜日 [Edit] 




【学名】Tillandsia ionantha 'Rubra'
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】ティランジア属 またはチランジア属
【和名】 【英名】  【別名】エアープランツ
【品種名】ティランジア イオナンタ ‘ルブラ’(1株) 220円
【原産地】中南米熱帯 熱帯アメリカ~アルゼンチン
【性状】半耐寒性着生植物 【系統】銀葉系  【耐寒温度】5℃ 【生育適温】15~30℃ 【湿度】標準 
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ
【備考】A#014

イオナンタの交配種‘ルブラ’です!9月頃ゲットしましたが、今のところ元気に育っております。

同様にゲットした‘イオナンタイオナンタ’と‘イオナンタ・スカポーサ’も元気ですが、一番小型でかわいい~~のがこの子(o^-')b

生育のスピードも両者と比べ遅いような気がします。もともと手元に来たときからして、とにかくその小ささにびっくりしたのですけど。

ところが根っこの長さで言えば、この子の根っこが一番長く伸びているんですよ~ 不思議!


【PR】空気中の水分と微量要素を吸収し土がなくても生育するとっても不思議な植物たちです。Fairy’s Gardenさんちで、315 円でげっとできますよん!

お花が早く見たいっ!ですね~~ 

イオナンタを探そう! at Rakuten


今日はトリコームもしっかり見えるくらいのマクロモードで写してみました!
びゅーんと伸びている根っこもしっかり記念撮影です。
どうアレンジしようかと迷っていましたが、リサイクル、リサイクル(^^ゞ
どちらかからのイタダキモノだったのでしょう、なぜか一客しか無いデミダスコーヒーカップに、セラミスを入れて、ただポンと置いてあるだけでございます。

でも、かわいいでしょう?後々、どのくらい大きくなったかの比較もしやすいですし、水遣りもたやすいのであります。
[‘ルブラ’とデミダスコーヒーカップ]の続きを読む

Tillandsia ionantha 'Rubra'

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年09月27日 日曜日 [Edit] 




【学名】Tillandsia ionantha 'Rubra'
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】ティランジア属 またはチランジア属
【和名】 【英名】  【別名】エアープランツ
【品種名】ティランジア イオナンタ ‘ルブラ’(1株) 220円
【原産地】中南米熱帯 熱帯アメリカ~アルゼンチン
【性状】半耐寒性着生植物 【系統】銀葉系  【耐寒温度】5℃ 【生育適温】15~30℃ 【湿度】標準 
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ
【備考】A#014

手元に来たときには、直径5cmほどしかない子株でありまして、手で持ち上げても重量をほとんど感じないほどでありました!

すでに手元にある‘イオナンタイオナンタ’と形状がほぼ一緒なので、ラベルをキッチリ管理してきませんと、どっちがどっちがわからなくなりそうです。
‘イオナンタ・スカポーサ’は、この子達よりもやや大きめなので、まだ見分けがつくのですが。


【PR】エアープランツ イオナンタ・ルブラは、アヴェル楽天市場店さんちで450円也~

理科の実験を思い出し、浅いシャーレなどに砂を敷いて、ポンと置いておくのもかわいいかも~~

イオナンタを探そう! at Rakuten


にしましても、イオナンタという名前からの変異種って多いのですね~
イオナンタだけを集めようとしても、タイヘンそうです^^;
銀葉が好きで、小型の個なら、やっぱりイオナンタって感じなのかしらん。
[Tillandsia ionantha 'Rubra']の続きを読む

Tillandsia kolbii

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年09月22日 火曜日 [Edit] 




【学名】Tillandsia kolbii  旧学名 Tillandsia ionanta var. scaposa   
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】チランジア属 または ティランジア属
【流通名】チランジア コルビー  【英名】Kolbii (コルビー) 【別名】イオナンタスカポーサ
【原産地】ガテマラ準高山 熱帯アメリカ~アルゼンチン
【性状】半耐寒性  【系統】銀葉系 【耐寒温度】5℃ 【生育適温】15~25℃ 【湿度】高め
【草丈】10cm 【花色】紫色 【花期】
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ
【販売元】南紀グリーンハウス [http://www.za.ztv.ne.jp/sibayan/]
【備考】A#003

前回購入したときにはイオナンタ・スカポーサとして紹介させていただいていましたが、イロイロ調べてゆくうちに現在はコルビーという名称が正しいようだということがわかったので、今回からコルビーちゃんとして表示させていただくこととしました。

ショップによっては以前スカポーサとの表示がされているようなのですが。


【PR】エアープランツ イオナンタ スカポーサ Sサイズ 空気中の水分と微量要素を吸収し土がなくても生育するとっても不思議な植物たちです。
私が購入した南紀グリーンハウスのラベルがついています。
Fairy’s Gardenさんちでは315円で売られているようです^0^

お気に入りのティランジアを探そう! at Rakuten


こちらのSサイズのお写真と比べると、我家のはMサイズくらいになっているかしらん。
それとも水遣りのしすぎかしらん?なんだかベツモノのようにも見えるのですけど(^^ゞ 

さて、前回はワイヤーのカゴに入れて鑑賞しておりましたが、この度よい器を見つけました!
これは、叔父が古木を使ってくれた花瓶で、古木をくりぬいた中に金属の水入れが入っているのです。一輪挿しにとプレゼントしてもらったのですが、古木のひび割れ部分にエアープランツたちを飾るのに最適です^0^ オジサン、ありがとう~

ちなみに一緒に飾ってあるのは、フックシーです!後ろ側には、ゼリーをガラスの瓶に挿してあるモンステラ。発根してくれるかな?
[Tillandsia kolbii]の続きを読む