スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インテグリフォリアたちの萌え~

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年04月24日 金曜日 [Edit] 



【学名】Clematis integrifolia 'Alionushka'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属センニンソウ属
【英名】Clematis 'Alionushka'  【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(6~9月) 半鐘咲き 
【花径】8センチ 【高さ】150~200センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】濃桃色 【剪定】木立性 強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】アリョヌシカ  【作出者】A. N. Volosenko-Valenis(1969年ロシア)
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella  
【用途】鉢植え 地植え ロックガーデン
【備考】#C012

今日は木立性のクレマチスである、インテグリフォリアをご紹介!

我家には今のところ、三種類あり、すべて地植えで育てています。もっとも成育がよいのが、‘ヘンダーソニー’つぎに‘アリョヌシカ’そして一番元気がないのが、‘アルバ’です。 成育具合に差はある者の、ほぼ同時期に萌えはじめ、葉っぱを展開させはじめています。

クレマチス インテグリフォリア系は、花後に剪定しておくと、二番、三番花が咲きます。もちろん肥料などはしっかりあげておく必要があります。花つきが良いことさることながら、蔓がまきつかないので、誘引の作業がないのもよいところ。管理しやすいのです。

上の写真は‘アリョヌシカ’ですが、とんがった小豆色の芽が顔を見せ始めてから、ほぼ10日ほど経過した様子です。あっという間に緑色の葉っぱに展開しました!今年も花茎の太さには申し分なく、立派な花をさかせそうです。


クレマチス インテグリフォリア系の苗

【PR】 クレマチス インテグリフォリアを探そう! at Rauten

我家にはまだ有名な‘花島’や‘篭口’がないので、次回のチャンスにはリストからもらさないようにしなくては!


できれば、‘花島’を今植えている、テキセンシス系の‘アルバニー’の隣人に据えて、コラボを愉しみたいのです。

また、似たような花色のモノタチを組み合わせて、そのグラデーションを愉しむような植栽にしてゆきたいなぁ~ (∇〃)。o〇○ポワァーン
[インテグリフォリアたちの萌え~]の続きを読む
スポンサーサイト

終焉のアリョヌシカ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年09月05日 金曜日 [Edit] 



【学名】Clematis integrifolia 'Alionushka'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属センニンソウ属
【英名】Clematis 'Alionushka'  【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(6~9月) 半鐘咲き 
【花径】8センチ 【高さ】150~200センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】濃桃色 【剪定】木立性 強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】アリョヌシカ  【作出者】A. N. Volosenko-Valenis(1969年ロシア)
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella  
【用途】鉢植え 地植え ロックガーデン
【備考】#C012

二番花がほぼ終わりかけてます・・・
クレマチス インテグリフォリア系の‘アリョヌシカ’。今年は昨年にも増してさらにたくさんのお花が咲き、二番花の花数も多かったですし、大きさもしっかりしていました!

肥料のやり方がちょうどよかったのかしらん。
いよいよ秋。クレマチスやクリスマスローズの苗が出回り始める頃ですね~
今年はどんな品種をゲットしようかしらん ^0^

【PR】 クレマチスを探そう! at Rauten

最後の蕾がまだ二つあって、これが咲き終わったら剪定しようと思っているのです。
あと一度、三度目の開花は見ることができるかしらん?
9月になったばかりなので、あるいは希望が叶うかもしれません。
[終焉のアリョヌシカ]の続きを読む

活ける! クレマ編

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年07月10日 木曜日 [Edit] 

Clematis integrifolia 'Alionushka' - クレマチス インテグリフォリア系 ‘アリョヌシカ’


【学名】Clematis integrifolia 'Alionushka'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属センニンソウ属
【英名】Clematis 'Alionushka'  【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(6~9月) 半鐘咲き 
【花径】8センチ 【高さ】150~200センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】濃桃色 【剪定】木立性 強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】アリョヌシカ  【作出者】A. N. Volosenko-Valenis(1969年ロシア)
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella  
【用途】鉢植え 地植え 切花
【備考】#C012

ほぼお花が満開になってきたので、アリョヌシカの切り戻しをすることにしました。
大抵、クレマチスは剪定が必要で、しかも満開を迎えるまえに切り戻しをするのが、返り咲きの花を綺麗に咲かせるためのコツであると書いてあります。

よって、私もばっさり!

でもまだまだ綺麗に咲いているのに、捨てるのはもったいないので、お花が咲いている枝は室内に飾り、他の真ん中の部分は挿し木しました。梅雨の時期ですと、挿し芽したものがつきやすいですものねっ。

【PR】 クレマチスを探そう! at Rauten

挿し芽したものは、鹿沼土の挿し芽用の鉢で管理中。いつも地面にずぼずぼ挿しますが、今年はちゃんと正統なやり方にのっとってます(^^ゞ モンタナの挿し芽はそうそうに挿してあり、アノ子たちもどうやら発根している感じです♪

ヘンダーソニーは、地面nズボズボ挿しちゃいましたが、どうやら半数くらいは今のところ生き延びてくれているようです。そしてすでに二番花の蕾も確認できているのです(^o^)

昨年、挿したアリョヌシカは三本のうち、二本が生き残っているのですが、すごく小さくて元気がありません。今年も生き延びてくれていることのほうが大事ですが、どうやらちょっとホリホックにおされ気味のようで、日陰になりすぎちゃってます。休眠に入ったら、今年移動させようかと思ってます。
[活ける! クレマ編]の続きを読む

アリョヌシカが満開!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年06月16日 月曜日 [Edit] 

Clematis integrifolia 'Alionushka' - クレマチス インテグリフォリア系 ‘アリョヌシカ’

Clematis integrifolia 'Alionushka' - クレマチス インテグリフォリア系 ‘アリョヌシカ’
 今日の一句 「初夏の日に すくっと伸びた茎からは 花びらが舞う 美しく 今年の花は 一層輝く」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis integrifolia 'Alionushka'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属センニンソウ属
【英名】Clematis 'Alionushka'  【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(6~9月) 半鐘咲き 
【花径】8センチ 【高さ】150~200センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】濃桃色 【剪定】木立性 強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】アリョヌシカ  【作出者】A. N. Volosenko-Valenis(1969年ロシア)
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella  
【用途】地植え 鉢植え 切花 ロックガーデン
【備考】#C012

インテグリフォリア系では、前回‘ヘンダーソニー’の開花をご紹介しましたが、二番手は、この‘アリョヌシカ’です。すでに‘ヘンダーソニー’が咲き終わり、切り戻しを終えたところなのですが、バトンを渡されたこの子。昨年よりも確かに花つきもよく、大振りになってくれてます。

ただ、木立のようにはなってくれず、地面から伸びた茎は、二本だけ。
背丈は、‘ヘンダーソニー’よりも高いのですが、もっと茎の数が増えてほしかったなぁ~
そこのことろがちょっと残念だったところです。
[アリョヌシカが満開!]の続きを読む

クレマチス‘ヘンダーソニー’に雪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年12月29日 土曜日 [Edit] 

Clematis integrifolia'Hendersonii' - クレマチスインテグリフォリア系 ‘ヘンダーソニーに雪’

Clematis integrifoli a 'Hendersonii' - クレマチスインテグリフォリア系 ‘ヘンダーソニーに雪
 今日の一句 「紫の花 くり返し咲く ゆっくりと」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis integrifolia 'Hendersonii'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属 (センニンソウ属)
【英名】Clematis x diversifolia 'Hendersonii'
【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(5~10月) 半鐘咲き 
【花径】6センチ 【高さ】60~70センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】青紫色 【剪定】強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】ヘンダーソニー 【作出者】Henderson氏
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella
【備考】#C015

よくよく考えてみると、この‘ヘンダーソニー’今年は何度もアップしているような・・・(笑)
それだけ私が育てている子たちのなかでも気になる存在なのです。

今年、2年目の冬を迎えます。株が充実してきているのか、昨年に比べ葉っぱを落とす時期が遅くなっているような木がするのです。‘アルバ’のほうは、今年数輪しか咲かず、早々に葉っぱも落ちてしまっているのですが、‘ヘンダーソニー’と‘アリョヌシカ’はまだまだ葉っぱが緑色をしております。

このままの状態で来年2月の一番寒い時期に、地際で切り取るという剪定作業が残っているのです。昨年は年内に剪定してあげたような・・・ うっすらとしたキオクですが。
[クレマチス‘ヘンダーソニー’に雪]の続きを読む

ちっちゃ!クレマ‘ヘンダーソニー’

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年09月20日 木曜日 [Edit] 

Clematis integrifolia 'Hendersonii' - インテグリフォリア系‘ヘンダーソニー’

Clematis integrifolia 'Hendersonii' - インテグリフォリア系‘ヘンダーソニー’
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis integrifolia'Hendersonii'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属 (センニンソウ属)
【英名】Clematis x diversifolia 'Hendersonii'
【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(5~10月) 半鐘咲き 
【花径】6センチ 【高さ】60~70センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】青紫色 【剪定】強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】ヘンダーソニー 【作出者】Henderson氏
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella
【備考】#C015

「返り咲き」という点で、一番成績が優秀だった我が家にあるクレマチスはこの‘ヘンダーソニー’でした。
もう秋も深まってきましたし、さすがにこの花が今年最後の花だろうと思います。

一番花から比べると大きさが小さくなってきていて、今回のお花はまた格別小さかったです。お隣にある緑色の葉っぱは、ローズマリーなのです。比較していただくといかに小さなお花になっているかが、おわかりいただけるかと。
[ちっちゃ!クレマ‘ヘンダーソニー’]の続きを読む

インテグリフォリア系‘アルバ’の復活

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年07月30日 月曜日 [Edit] 

Clematis integrifolia 'Alba'

Clematis integrifolia 'Alba' インテグリフォリア系‘アルバ’

 

【学名】Clematis integrifolia 'Alba'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属 (センニンソウ属)
【英名】Clematis integrifolia 'Alba'
【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 integrifolia 【咲き方】遅咲き(5~10月) 半鐘咲き 
【花径】6センチ 【高さ】木立性 60~70センチ
【耐寒性】やや強い -5℃ 【花色】白色 
【剪定】強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】アルバ
【用途】鉢植え 地植え ロックガーデン 切花
【備考】#C016

遅咲きの木立性クレマチスインテグリフォリア系白いお花が咲きました。このクレマチスにはハラハラさせられましたよ~

他のインテグリフォリア系‘ヘンダーソニー’のほうは、もうなんども繰り返しさいているというのに、この‘アルバ’ときたら、芽がでてくるのも遅かったし、すっかり枯れてしまったとばかり思っていました。
[インテグリフォリア系‘アルバ’の復活]の続きを読む

アリョヌシカの二番花

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年06月27日 水曜日 [Edit] 

Clematis integrifolia 'Alionushka'

Clematis integrifolia 'Alionushka'

 

【学名】Clematis integrifolia 'Alionushka'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属 (センニンソウ属)
【英名】Clematis 'Alionushka' 【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(6~9月) 半鐘咲き 
【花径】8センチ 【高さ】150~200センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】濃桃色 【剪定】木立性 強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】アリョヌシカ 【作出者】A. N. Volosenko-Valenis(1969年ロシア)
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella  
【用途】鉢植え 地植え ロックガーデン 切花
【備考】#C012

ヒラヒラ、フレアースカートのようなお花がテッペンに一輪咲いていたのが5月下旬。このお花の花茎を切り取っておいたところ、脇芽がでてきて下のような葉っぱが展開し、葉っぱの中から蕾が10個ほどでてきました。

同じインテグリフォリア系ですが、‘ヘンダーソニー’よりも花つきが良いです。ヽ(*^^*)ノ
[アリョヌシカの二番花]の続きを読む

三番花の‘ヘンダーソニー’

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年06月21日 木曜日 [Edit] 

Clematis integrifolia 'Hendersonii'

Clematis integrifolia 'Hendersonii'

 

【学名】Clematis integrifolia 'Hendersonii'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属 (センニンソウ属)
【英名】Clematis x diversifolia 'Hendersonii'
【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(5~10月) 半鐘咲き 
【花径】6センチ 【高さ】60~70センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】青紫色 【剪定】強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】ヘンダーソニー 【作出者】Henderson氏
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella
【備考】#C015

このクレマチス‘ヘンダーソニー’は、一番花が咲いたのが5月下旬。
その後、その一番花が咲いたあと、花柄を摘んでおいたところ、脇芽が伸びてきて、お花が咲きました。
この脇から出た芽が咲く前にも、他の茎からもお花が咲いているので、時期的には三回目の開花です。

脇芽はちゃんと二本でてくれて、お花も二つ咲きましたが、今度はその脇芽のそれそれの部分にも蕾が出ていて、しかも一つの茎に複数の蕾が出てまして、なかなか順調に長い期間咲いてくれています。

このクレマチスは、想像していた以上に繰り返し咲くので、とっても嬉しい私です~

ただ、一番花に比べるとお花の大きさが小さくて、ちょっと花弁の色が褪せたような感じ。んんん~施肥の仕方に問題があるのかもしれません。というわけで、せっせと液肥を施しております。

加えて昨今の太陽光線!あまりに激しいので、少し焼けてしまっているのかなぁ~とも。
[三番花の‘ヘンダーソニー’]の続きを読む

Clematis integrifolia 'Alionushka'

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年06月03日 日曜日 [Edit] 

Clematis 'Alionushka'

Clematis 'Alionushka'



【学名】Clematis integrifolia 'Alionushka'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属 (センニンソウ属)
【英名】Clematis 'Alionushka' 【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(6~9月) 半鐘咲き 
【花径】8センチ 【高さ】150~200センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】濃桃色 【剪定】木立性 強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】アリョヌシカ  【作出者】A. N. Volosenko-Valenis(1969年ロシア)
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella  
【用途】地植え 鉢植え 切花 ロックガーデン
【備考】#C012

先日ご紹介した蕾の様子から形状を一変させ、フリフリのドレスのような花弁を見せ始めているのは、「アリョヌシカ」です。濃桃色のインテグリフォリア系クレマチスです。

とてもかわいいクレマチスで、ほぼつるを絡ませる場所がなくなりつつある我が家で育てることができるクレマチスは、もはや木立性クレマチスになっているんですよね。あはは。

(;´▽`lllA``

[Clematis integrifolia 'Alionushka' ]の続きを読む

クレマチス ‘アリョヌシッカ’

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年05月28日 月曜日 [Edit] 

Clematis 'Alionushka'

Clematis 'Alionushka'



【学名】Clematis integrifolia 'Alionushka'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属 (センニンソウ属)
【英名】Clematis 'Alionushka' 【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(6~9月) 半鐘咲き 
【花径】6センチ 【高さ】150~200センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】薄桃色 【剪定】木立性 強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】アリョヌシカ  【作出者】A. N. Volosenko-Valenis(1969年ロシア)
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella  
【備考】#C012

舌が絡まりそうな名前のクレマチス。なるほどロシア系の名前だったのですね。「カリンカ」のメロディーが頭の中をグルグル回ってます。(笑)

昨日ご紹介した「ヘンダーソニー」と同じ、インテグリフォリア系クレマチスです。

「ヘンダーソニー」は360度完璧にお日様が当たるところで管理しているのですが、この「アリュヌシカ」は、やや半日陰気味のところに地植えにしてしまったためか、少し開花が遅くなっているようです。

でも、ここまでくれば開花まで数日かと。ワクワク!

2年苗を2006年に購入し、そのまま植えつけたので、この株は3年目ということになります。今のところ色づいた蕾が一つ。他に蕾になりそうな葉っぱで覆われているお花が二つ確認できています。

でも、花茎はこの一本。ヘンダーソニーのほうは、まさに木立の形で、花茎は6~7本でているのですが・・・。やはり植え付け場所を間違えたとしか思えないのでした。

(;´▽`lllA``


[クレマチス ‘アリョヌシッカ’]の続きを読む

クレマチス‘ヘンダーソニー’

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年05月27日 日曜日 [Edit] 

Clematis x diversifolia 'Hendersonii'

Clematis x diversifolia 'Hendersonii'

 

【学名】Clematis integrifolia 'Hendersonii'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属 (センニンソウ属)
【英名】Clematis x diversifolia 'Hendersonii'
【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(5~10月) 半鐘咲き 
【花径】6センチ 【高さ】60~70センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】青紫色 【剪定】強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】ヘンダーソニー 【作出者】Henderson氏
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella
【備考】#C015

クレマチスの中でもおろおろしながら、待っていたヘンダーソニーの開花です! インテグリフォリア系クレマチスはこれが始めての開花!
耐寒性があまりないので、越冬できるかどうかとても不安だったんです。

そして、白色の‘アルバ’のほうは天国へ召されてしまった模様です。
がっかり。この時期に芽がでていないということは、きっと発芽しないのだと思うんです。似たような環境で育てていたはずなのですが、水切れを起こしてしまったのかなぁ~とも思ったり、肥料のやり方に問題があったのかなぁ~と思ったり・・・

とてもショックな私です。ガビーン三( ロ)゜ ゜
[クレマチス‘ヘンダーソニー’]の続きを読む