スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボジョレー 注:ワインではありませぬ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年11月19日 木曜日 [Edit] 




【学名】Heuchera ‘Beaujolais' 
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ツボサンゴ属
【和名】壺珊瑚ツボサンゴ)  【英名】Fancy-leaf Coral Bells
【別名】コーラル・ベルズ / ヒューケラ  【品種名】ボジョレー 
【原産地】北アメリカ 
【性状】耐寒性宿根草 (-15℃)  【花期】初夏  【花色】薄桃色 【葉色】桃色~臙脂色 銅色 【草丈】40cm
【用途】地植え 鉢植え 寄せ植え シェードガーデン ロックガーデン

実は購入したときは、とても貧弱でちゃんと育ってくれるのだろうかと、心配していた‘ボジョレー’ちゃん♪

今年のワインが解禁になる時期になると気になって(^^ゞ 記念撮影しました~

鉢植えで管理していたのですが、地植えにしたくなり、10月に地植えにいたしましたが、雪も降ったというのに、元気にまだ一部お花を咲かせているんですよ~ 驚いた!

でも嬉しい~ 
かお

他のヒューケラはもうとっくにお花は終わって、タネをこぼし終え、葉っぱだけが残っている状態なのです。この子だけが季節を勘違いしているらしい・・(笑)

あるいは鉢が窮屈だったのかしらん。地植えにしたことによってのびのびと開放され、リフレッシュできたのかもしれません。

あとは、これからの厳寒期を無事越してもらえるように祈るばかり。お隣にはプリムラなども植えてあげました~ もちろん、冬の寒さに強いとはいえ、マルチングをして株元は保護してあげております。


【PR】NEW 2009年日本上陸!! ヒューケラ ミッドナイトローズ1鉢 Heuchera MidnightRoseは、ハッピー ガーデンさんちで504円也~

ライム色のヒューケラも狙いどころです(^^ゞ at Rakuten


お花にはちょこっと産毛が生えていて、白いお花にほんのり頬紅を刺したような小花がすくっと伸びた花茎に咲くのですけど、葉っぱがワイン色なので、その葉っぱとの対比がイイ感じなんです(^_-)-☆

昨年欲しいと思っていたコルクオープナー。最近酒量が減ったので、切実に欲する気持ちが薄れておりましたが、やっぱり欲しいなぁ~

そんなとき・・・ワインウィザードというたった1秒でコルクが抜けるワインオープナーがあるのです!使っていらっしゃる方、おられます?
手用で抜けばよいだけの話なのですけど、最近は筋力も衰えておりますゆえ、ある意味バリアフリー的なオープナーですね。
んんん? ユニバーサルデザインっていうんでしたっけ?

ボジョレーも解禁ですね~ 秋だなぁ~と感じます at Rakuten



ワイングラスを傾けながら、お庭を鑑賞といきたいところですけど、お庭にはテーブルやイスが無い我家。いつか設置したいですね~
もっとももう寒すぎてお庭にでて、じっとしていたら風邪引いちゃいそうですけど(;´▽`lllA``
[ボジョレー 注:ワインではありませぬ]の続きを読む
スポンサーサイト

‘レッドセンセーション’の越冬は?

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年11月04日 水曜日 [Edit] 




【学名】Cordyline australis 'Red Sensation' (コルディリネ・アウストラリス ‘レッドセンセーション’)
【科名】リュウケツジュ龍血樹)科 Laxmanniaceae 【属名】コルジリネ属 または コルディリネ属
【和名】匂棕櫚蘭ニオイシュロラン) 【英名】Cabbege Treeキャベッジツリー) Cabbage Palmキャベッジパーム) 
【別名】千年木センネンボク) 【マオリ語】Tī rākau or Tī kōuka  【品種名】‘レッドセンセーション
【原産地】ニュージーランド アジア オーストラリア
【性状】半耐寒性常緑多年草(0℃以上 できれば5℃以上) 【草丈】6~9m 【花期】5~6月
【用途】鉢植え ハイドロカルチャー 暖地では地植え 寄せ植え

まだ11月だというのに、もうすでに葉っぱに風邪の症状が現れているようです^^; ‘レッドセンセーション’なのに、‘ブラウンセンセーション’になっちゃいそうです *o_ _)oバタッ彡☆

すでに初雪も体験済み^^; でもまだ積もる!というところまではいっておりませんし、本格的な冬の寒さとは違うのですけどねぇ~~~

我家では屋外での越冬は難しいとわかっていながらも、なんとか屋外での越冬はできないものかと思案中~の私です。

お庭の花壇に置いておいた鉢は、玄関脇の霜があまり当たらないところに移動させ、まだ屋外で管理しておりますが、やはり朝晩の寒さにより、葉っぱに枯れこみが見られるようになってしまっています。

また同種で‘レッドスター’のほうはといえば、2株は地植えにしちゃってます。

入手したときは、絶対に屋外越冬は無理だと思っていたのですけど、イロイロ調べていたら、雪が降っても春になったら元気になったとおっしゃられていた方がいたので、清水の舞台から飛び降りる心境で、地植えにしたのです。

もっともコルジリネ‘レッドスター’は3株あり1株は鉢植えにしてありますので、保険はかけてあるのです。でも、‘レッドセンセーション’のほうは、1株しかありませんから、慎重に育てなければと思ってはいるのですが、どんどん大きくなるはずですし、できれば屋外で越冬させたいっ。


【PR】モダンガーデンにピッタリ!寒さ・乾燥に強い!コルジリネ オーストラリスは、ガーデンズさんちで6,800円 也~

今回は、Flower&Green GARDENさかもとさんちでお世話になりましたが、この子もいい感じですね~~?我家の子の3倍くらいの大きさだと思います。早くことくらいに大きくなって存在感のある逸品にならないかなぁ~ (o^-')b
コルジリネを探そう! at Rakuten


コルジリネ‘レッドスター’の地植えの株元には、これでもか!っていうくらい腐葉土でマルチングを施してはみましたが、降霜や積雪があったらどうなっちゃうんだろう~ 

一応耐寒温度は+5度ということですから、マルチングをしてもなぁ~ 焼け石に水っぽいなぁ~
他に冬囲いという戦法もありますけど。と迷いまくっている私です。
葉っぱを束ねて、藁などでぐるぐる巻きにしたらあるいは大丈夫かも!?
[‘レッドセンセーション’の越冬は?]の続きを読む

初雪葛の色々♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年09月25日 金曜日 [Edit] 




【学名】Trachelospermum asiaticum cv.Hatuyukikazura
または Trachelospermum asiaticum
【科名】キョウチクトウ科 Apocynaceae  【属名】テイカカズラ属
【和名】初雪葛ハツユキカズラまたはハツユキカヅラ) 【別名】五色蔓ゴシキカズラ)←実は間違い 五色葛は別の植物です!
【英名】Asian Jasmine 'Hatuyukikazura'
【性状】耐寒性蔓宿根草  【原産】日本、朝鮮半島
【用途】地植え 鉢植え 寄せ植え ロックガーデン

ハンギングにしているハツユキカズラは現在二つありますが、日光が燦燦と降り注ぐようなところでは、葉っぱの色がきれいに変化しています。
若い芽は紅色、それから白色になり、除除に緑色と変化しますが、その緑色のトーンにも時間の経過で深みの度合いが違います。

一方、ガレージの屋根に阻まれてしまって、直射日光がほとんど当たらないほうのハツユキカズラからは白い色や赤い色がほとんどみられません。
でも、ちゃ~~んと蔓はしっかりと伸びてくれますけど。


【PR】ハツユキカズラの苗Trachelospermum asiaticumは、Flower&Green GARDENさかもとさんちで294 円 也~

ハツユキカズラを探そう! at Rakuten


夏にお花もチラホラと咲いていたようですけど、相変わらず写真を撮れずに花期は終わってしまいました(^^ゞ
とにかく丈夫です。夏の間に水切れもおこして(おこさせて)しまいましたが、しんなりとしてしまっても簡単に枯れてしまうということはありません。
虫もつきませんし(^^ゞ

そのほか、適当に挿し穂をとって地面に挿したものも、蔓が延びてくれていて、イロイロなところでちょっとしたアクセントになってます。
でもまだ私が望む大きさにまではなってくれていないので、あと数年もすればアーチなどに絡まりながら、お庭を彩ってくれるようになるかな?
[初雪葛の色々♪]の続きを読む

そろそろ採種♪リグラリア

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年09月20日 日曜日 [Edit] 




【学名】Ligularia dentata 'Brit-Mrie Crawford'
【科名】キク科 Compositae 【属名】リグラリア属 または メタカラコウ属
【和名】丸葉岳蕗マルバタケブキ) 【英名】Black-leaved Ligularia 【別名】丸葉張良草マルバチョウリョウソウ
【品種名】ブリットマリークロウフォード
【原産地】アジア
【性状】耐寒性宿根草 -30℃  【草丈】70~100cm  【花期】夏
【用途】シェードガーデン 庭植え 

リグラリア・デンタータ ’ブリットマリークロウフォード’黄色い花は、8月までにはほぼ一巡して終わり、その後はタネをつけ始めています。

鉢植えにしていなければ、きっともっともっと黒々とした葉っぱを大きく展開しさせたのでしょうけれど、いかんせん限られた領域で育っているので、今後は地植えにある姿を見たいなぁ~

終わったお花の花茎を1本だけ残して、あとは花柄は摘み取りました。すっかり茶色になったお花はドライフラワーっぽくなっているのですが、さて、どのタイミングでタネを採取できるのかしら?

イマヒトツ良くわからないのです。タネまきに挑戦したいのですけど。


宿根草リグラリア ’ブリットマリークロウフォード’は、おぎはら植物園さんちで、 価格 1000円 也~~

【PR】 ツワブキの代用品としてもオススメ! at Rakuten



一緒に寄せ植えにしているヒューケラの‘グリーンフィンチ’も夏の炎天下にあって、水切れの苦難をなんども乗り越えつつも、ダメージが大きいのですが、この子も水切れにあったときに、ほとんど萎れたようなこともありまして(^^ゞ すべて私の責任ですが。

この鉢には秋に白い花を咲かせるリリオペだけが、イキイキしています。
やはり宿根草だけの寄せ植えですと、インパクトはイマヒトツ^^; でもこのリグラリアの個性的な葉っぱのおかげで、なんとか寄せ植えらしさを残してくれてます。
[そろそろ採種♪リグラリア]の続きを読む

‘レッドセンセーション’を愛でる♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年09月13日 日曜日 [Edit] 




【学名】Cordyline australis 'Red Sensation' (コルディリネ・アウストラリス ‘レッドセンセーション’)
【科名】リュウケツジュ龍血樹)科 Laxmanniaceae 【属名】コルジリネ属 または コルディリネ属
【和名】匂棕櫚蘭ニオイシュロラン) 【英名】Cabbege Treeキャベッジツリー) Cabbage Palmキャベッジパーム) 
【別名】千年木センネンボク) 【マオリ語】Tī rākau or Tī kōuka  【品種名】‘レッドセンセーション
【原産地】ニュージーランド アジア オーストラリア
【性状】半耐寒性常緑多年草(0℃以上 できれば5℃以上) 【草丈】6~9m 【花期】5~6月
【用途】鉢植え ハイドロカルチャー 暖地では地植え 寄せ植え

前回購入したばかりの記事から、2ヶ月ほどが経過。少しは大きくなったようです。

この子を購入した後、再び違う種類のコルジリネ‘レッドスター’も入手いたしましてご満悦中~のすぅめにございます♪

夏のキョウレツな直射日光もなくなってきましたので、玄関先からお庭の真ん中へ鉢を移動し、とりあえずフンショウロウの傍らで鑑賞中です。

この黒々とした葉っぱの色あい、いいわぁ~~ バラのやわらかなピンク色をさらに浮き立たせる効果絶大です! あぁ~もっとこのバラ、咲いてくれないかなぁ~


【PR】珍しいコルジリネコルジリネ "エレクトリックピンク"(全高約60cm・5号鉢)は、ガーデニングショップ四季の里さんちで3,129 円也~

今回は、Flower&Green GARDENさかもとさんちでお世話になりましたが、この子もいいでしょう?

コルジリネを探そう! at Rakuten


霜が降りるまでは、お庭で鑑賞し、気温が5度を下回るようになったら、避難させるつもりです。
しばらくはこの場所で、お日様たっぷり浴びてもらって、大きくなってもらいましょう~
[‘レッドセンセーション’を愛でる♪]の続きを読む

小花を揺らすヒューケラたち

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年09月08日 火曜日 [Edit] 




【学名】Heuchera cylindrica 'Greenfinch'  
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ツボサンゴ属
【和名】壺珊瑚ツボサンゴ)  【英名】Fancy-leaf Coral Bells
【別名】コーラル・ベルズ / ヒューケラ  
【品種名】 ヒューケラ シリンドリカグリーンフィンチ
【原産地】北アメリカ 
【性状】耐寒性宿根草 (-15℃)  常緑多年草 【花期】初夏  【花色】白色 【葉色】緑色 【草丈】40cm
【用途】地植え 鉢植え 寄せ植え シェードガーデン ロックガーデン

ヒューケラたちのお花はほぼ終わっておりまして、記事にアップするのが遅くなってしまいました^^;

そろそろお花も感染に終わるヒューケラたち。かなり開花時期に差がありました。
一番開花が遅かったのは‘モカ’で、これは一番日陰に地植えにしてあるからでしょうね。

夏の暑さで‘グリーンフィンチ’などはかなり葉っぱが枯れこんでしまっていたりします。

以前、NHK趣味の園芸で篠原英子さんがヒューケラを紹介されていましたが、様々な色あいの葉っぱを上手に寄せ植えされてました。

しっとりした色あいに仕上げるならば、ローズ系シルバー系にライム系のものをあわせたり、ヒューケラだけでなく、クレマチスやカズラなどの蔓性植物と細い葉っぱのスノードラゴン、あるいは、背丈の高いお花との寄せ植えがオススメであるとおっしゃってました。

我家では、このグリーンフィンチと黒い葉っぱのリグラリアにオダマキとリリオペをあわせた寄せ植えをつくっています。
[小花を揺らすヒューケラたち]の続きを読む

Cordyline australis 'Red Star'

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年09月04日 金曜日 [Edit] 




【学名】Cordyline australis 'Red Star' (コルディリネ・アウストラリス ‘レッドスター’)
【科名】リュウケツジュ龍血樹)科 Laxmanniaceae 【属名】コルジリネ属 または コルディリネ属
【和名】匂棕櫚蘭ニオイシュロラン) 【英名】Cabbege Treeキャベッジツリー) Cabbage Palmキャベッジパーム) 
【別名】千年木センネンボク) 【マオリ語】Tī rākau or Tī kōuka  【品種名】‘レッドスター
【原産地】ニュージーランド アジア オーストラリア
【性状】半耐寒性常緑多年草(0℃以上 できれば5℃以上) 【草丈】6~9m 【花期】5~6月
【用途】鉢植え ハイドロカルチャー 暖地では地植え 寄せ植え

ニンマリ~~( ̄m ̄*)゚( ̄m ̄*)゚( ̄m ̄*)゚

前回購入したのは、コルジリネ‘レッドセンセーション’でしたが、今回は‘レッドスター’をゲットしちゃいました♪

やはり実物を目にして、両者を比べますと‘レッドセンセーション’のほうが、黒色が強くでており、‘レッドスター’のほうが、赤茶色をしています。たとえるなら黒髪と茶髪のような感じ(笑)

0度以上をキープしなければ地植えできないので、どうしようかと思ったのですが、‘レッドスター’は320円で入手できたので、ためしに2株を地植えにしてみました。

ミミミ

よくよく考えたら、本来は植え付けの適期は春から7月まででありますので、秋に植えたら根が活着する前に冬が来ちゃうので、さらに越冬しにくいような・・・ オバカ


【PR】珍しいコルジリネコルジリネ "エレクトリックピンク"(全高約60cm・5号鉢)は、ガーデニングショップ四季の里さんちで3,129 円也~

この●コルジリネ・レッドスター 3寸(1ポット)は、charmさんちで、なんと320円でゲットできました~^0^ 3個お買い上げ! まだ小さいけど大きく育てますゾー

コルジリネを探そう! at Rakuten


でもね、雪を被った後でも越冬できました!という記事もあったので、あるいはすんなり越冬できるかもしれず、昨年のような暖冬&降雪ナシの冬がくるならば、地植えでの越冬も可能かもしれません。

ただし、‘レッドセンセーション’のほうは1株しかありませんし、地植えにするのはやめまして、鉢のままお庭の花壇に置いています。葉っぱの比較のために、両者をお隣同士にして、記念撮影です。

1株は白花のリリオペのお隣、もう1株はヒューケラ‘オブディシアン’のお隣に植え付けて、葉っぱの形と色をニンマリと愉しんでいます。

やはりお値段も3倍違っていましたので、苗の大きさも3倍ちがうのです↓
手前が‘レッドセンセーション’ですが、黒色が強いでしょ? それに大きい~~
奥手に薄ボンヤリうつっているのが、‘レッドスター’。明るい雰囲気になります。
[Cordyline australis 'Red Star']の続きを読む

Cordyline australis 'Red Sensation'

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年08月09日 日曜日 [Edit] 




【学名】Cordyline australis 'Red Sensation' (コルディリネ・アウストラリス ‘レッドセンセーション’)
【科名】リュウケツジュ龍血樹)科 Laxmanniaceae 【属名】コルジリネ属 または コルディリネ属
【和名】匂棕櫚蘭ニオイシュロラン) 【英名】Cabbege Treeキャベッジツリー) Cabbage Palmキャベッジパーム) 
【別名】千年木センネンボク) 【マオリ語】Tī rākau or Tī kōuka  【品種名】‘レッドセンセーション
【原産地】ニュージーランド アジア オーストラリア
【性状】半耐寒性常緑多年草(0℃以上 できれば5℃以上) 【草丈】6~9m 【花期】5~6月
【用途】鉢植え ハイドロカルチャー 暖地では地植え 寄せ植え

ニンマリ~~( ̄m ̄*)゚

わ~~い、ゲット! ゲット! 以前から欲しいなぁ~と思っていたコルジリネを入手いたしました♪
我家では耐寒性で問題があり、地植えでは難しいと思っていたので、安くない苗ですので購入をためらっていたのですが、黒色系が大好きな私です。やっぱりガマンできなくなって遂に手を出してしまったのです。

本当は屋外で寄せ植えなどにして使いたかったのですが、とりあえず購入後に鉢増ししまして、玄関に置いてある鉢たちの間に置きました。


【PR】珍しいコルジリネコルジリネ "エレクトリックピンク"(全高約60cm・5号鉢)は、ガーデニングショップ四季の里さんちで3,129 円也~

今回は、Flower&Green GARDENさかもとさんちでお世話になりましたが、この子もいいでしょう?

コルジリネを探そう! at Rakuten


ところが耐寒性がないとばかり思っていたのですが、どこかのサイトで雪をかぶっても越冬したという記事を見たことがあり、もしかしたら、我家でも越冬が可能かもしれません (^o^) ただまだこの子からは保険を取れない状況なので、大きくなってくれて挿し木がとれるようになったら、実験してみることにします。
今は一鉢しかないので、万が一越冬できなかったら痛すぎますので(^^ゞ
[Cordyline australis 'Red Sensation']の続きを読む

リグラリアが咲きました~Y(=▽=)Y~☆

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年07月30日 木曜日 [Edit] 




【学名】Ligularia dentata 'Brit-Mrie Crawford'
【科名】キク科 Compositae 【属名】リグラリア属 または メタカラコウ属
【和名】丸葉岳蕗マルバタケブキ) 【英名】Black-leaved Ligularia 【別名】丸葉張良草マルバチョウリョウソウ
【品種名】ブリットマリークロウフォード
【原産地】アジア
【性状】耐寒性宿根草 -30℃  【草丈】70~100cm  【花期】夏
【用途】シェードガーデン 庭植え 

昨年入手し鉢にヒューケラやオダマキなどと寄せ植えにしていたリグラリア・デンタータ ’ブリットマリークロウフォード’。冬の間はほぼ地上に葉っぱがなくなり、もはやこれまでか!とも思ったのですが、めでたく春に復活(^o^)

どんどん黒々とした葉っぱを展開し、私が育てているツワブキよりももっと大きくて、ヒラヒラとやわらかい葉っぱをこの夏まで鑑賞していたのですが、7月吉日、めでたく開花しました~~

思っていた以上に黄色というよりもオレンジ色に近い鮮やかなお花です。花の形状はツワブキの花ととても似ています。今回は花茎は2本立ち上がり、1本にはさらに分岐が見られ本格的な満開の時期となれば、また見事だろうとY(=▽=)Y~☆

下のおぎはら植物園さんちからお借りしているくらいに溢れるような花数にさせるには、やはり地植えにしなくてはならなさそうです。


宿根草リグラリア ’ブリットマリークロウフォード’は、おぎはら植物園さんちで、 価格 1000円 也~~

【PR】 ツワブキの代用品としてもオススメ! at Rakuten



ヒューケラの‘グリーンフィンチ’もともに旺盛な育ち方をしているので、もう鉢がパンパンです(^^ゞ
思いのほか大きく育ってくれて、嬉しい悲鳴ではあるのですが。
この子は日当たりは好きですが、どちらかというと夏の暑さに弱く、鉢植えにしてあるせいか、ちょっとでも水遣りを忘れると葉っぱがしんなりとしてしまいます。植え込みすぎだからでしょうか。

シェードガーデン向きでもあるので、地植えにするときには夏の間は半日陰くらいのほうが良さそうな雰囲気♪
明るい葉っぱモノとあわせると相乗効果が高まるので、黄緑色や黄色系の細葉などが隣人なら最高~
[リグラリアが咲きました~Y(=▽=)Y~☆]の続きを読む

生育旺盛なリシマキア‘ファイヤークラッカー’

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年07月28日 火曜日 [Edit] 




【学名】Lysimachia ciliata 'Fire Cracker' (リシマキア・キリアータ‘ファイヤークラッカー’)
【科名】サクラソウ科 Primulaceae または ヤブコウジ科 Myrsinaceae 【属名】リシマキア属 またはオカトラノオ属
【和名】リシマキア 【英名】Fringed loosestrife(フリンジド ルーズストライフ) 【別名】アメリカクサレダマ
【品種名】ファイヤークラッカー
【原産地】北アメリカ
【性状】耐寒性宿根草 【草丈】60~80cm 【花期】夏  【花色】黄色
【用途】鉢植え 地植え(気をつけないと地下茎で増えすぎます)

この子は、冬の間はロゼット状に地面に這うようにして、越冬するのですが、春先からのブロンズ色の葉っぱがイキイキとし始めてから、グングン背丈を伸ばして、緑色がかった葉色へと変化し、夏には小さな黄色の花を咲かせます。

地下茎で増えるので、やたらとあらぬほうから芽がでてくるので、他の植物にとっては時々脅威になるので、時々間引いたりして増えすぎないようにしているのです。

夏の暑いさなかに咲いてくれるのは、良いところです。本当ならば葉色が変らずにもっと濃いブロンズ色のままだとよいのですが、背丈が伸びてくると色が薄くなってしまうので、そこがちょっと残念です。
かなり過酷な条件下でも育つので、オススメの宿根草ではあるのですが。


【PR】宿根草リシマキア ‘ファイヤクラッカー’は、おぎはら植物園さんちで、315 円也~
次のねらい目は、リシマキア アトロプルプレア「ボージョレ」Lysimachia atropurpurea 'Beaujolais'です。
とても上品で素敵なんですものぉ~~ Y(=▽=)Y~☆

リシマキアを探そう! at Rakuten



リシマキアと呼ばれているものには、這性のものもあったり、上記のようにお花が穂状になって咲くオカトラノオなども同種で、見た目もかなり差があります。
私が育てているものは、銅葉ですが上記の‘ボジョレー’などは、葉色が白色で涼しげです。
[生育旺盛なリシマキア‘ファイヤークラッカー’]の続きを読む

ヒューケラたちイロイロ♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年05月09日 土曜日 [Edit] 




【学名】Heuchera 'Amber Waves' 
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ツボサンゴ属
【和名】壺珊瑚ツボサンゴ)  【英名】Fancy-leaf Coral Bells
【別名】コーラル・ベルズ / ヒューケラ  【品種名】 アンバーウェーブ
【原産地】北アメリカ 
【性状】耐寒性宿根草 (-15℃)  常緑多年草 【花期】初夏  【花色】薄桃色 【葉色】ライム色~琥珀色 【草丈】40cm
【用途】地植え 鉢植え 寄せ植え シェードガーデン ロックガーデン


今日は我家のツボサンゴたちを一挙大公開!です(笑)
まずは‘アンバーウェーブ’のご紹介からです。地元のHCのバーゲンセールで真冬にゲットし、そのまま地植えにしてしまったので、越冬できるかどうか大変心配だったのですが、見事復活!

鉢植えで大事にそだてている後述の‘キャラメル’ちゃんよりも元気モリモリに育っています。
春に新たに展開しはじめた葉っぱは琥珀色。生まれたては少し赤みを帯びており、葉っぱの裏側もし赤色をしています。フクザツな色あいのグラデーションがすばらしいのです^m^

隣人に‘レジーナ’や若いクリスマスローズ、ビオラなどがおり、移植に成功したナツツバキの足元を飾ってくれています。この‘アンバーウェーブ’は、肥料が切れると葉色が悪くなるといわれていますが、ナツツバキの移植時にたっぷり肥料をすきこんであるので、肥料切れの心配はいまのところなさそうです。



【PR】ツボサンゴ・コレクション(1)10.5cmポット苗(ヒューケラ) 10.5cmポット苗

アンバーウェーブを探そう! at Rakuten


ヒューケラたちだけで、コンテナに寄せ植えしたりしても楽しい♪し、脇役としてもすぐれているのでヒューケラは大好きです。
それになんといっても、その耐寒性!
我家において、耐寒性はとても重要なのです。凍らせさえしなければ、越冬できると思うのですが、やはりマルチングしておくほうが心配が要らないですし、春の芽吹きが早くなると思います。
[ヒューケラたちイロイロ♪]の続きを読む

Heuchera Regina

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年01月15日 木曜日 [Edit] 




【学名】Heuchera 'Regina' 
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ツボサンゴ属
【和名】壺珊瑚ツボサンゴ)  【英名】Fancy-leaf Coral Bells
【別名】コーラル・ベルズ / ヒューケラ  【品種名】 レジーナ またはレッジーナ
【原産地】北アメリカ 
【性状】耐寒性宿根草 (-15℃)  常緑多年草 【花期】初夏  【花色】薄桃色 【葉色】緑色 シルバーグリーン 【草丈】40cm
【用途】地植え 鉢植え 寄せ植え シェードガーデン ロックガーデン

先日ご紹介したアンバーウェーブと同時にやはり半額でゲットしたのが、今日ご紹介するヒューケラ レジーナです。アンバーウェーブが葉色を愉しむならば、この子は葉脈も愉しむことができるのです!
そしてどちらかというと成長期にはシルバーリーフっぽい感じに薄紫色がでるような雰囲気♪
現在はあまり葉脈は目だっていないのですが・・・

凍てつく寒さの中地植えにしてしまったので、越冬が危ぶまれますが・・・
冬場はマルチングが必要なヒューケラなのです^^;


【PR】ツボサンゴ・コレクション(3)13.5cmポット大苗(ヒューケラ) 13.5cmポット苗 Flower&Green GARDENさかもとで入手できます! 前回、私が入手したアンバーウェーブも素敵ですよ~~!




アンバーウェーブとクリローの苗、そのほか土留め用にジャノヒゲをナツツバキの下に円状に植えつけました。いずれも12月の作業になってしまって、これらの子たちには本当に申し訳ない気持ちです。

なんとか頑張って欲しいなぁ~
[Heuchera Regina]の続きを読む

Heuchera Amber Waves

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年01月12日 月曜日 [Edit] 




【学名】Heuchera 'Amber Waves' 
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ツボサンゴ属
【和名】壺珊瑚ツボサンゴ)  【英名】Fancy-leaf Coral Bells
【別名】コーラル・ベルズ / ヒューケラ  【品種名】 アンバーウェーブ
【原産地】北アメリカ 
【性状】耐寒性宿根草 (-15℃)  常緑多年草 【花期】初夏  【花色】薄桃色 【葉色】ライム色~琥珀色 【草丈】40cm
【用途】地植え 鉢植え 寄せ植え シェードガーデン ロックガーデン


今日は‘アンバーウェーブ’のご紹介です。先日ご紹介したキャラメルちゃんに引き続きまして、今回はネットショッピングではなく、地元のHCのバーゲンセールで出会えてしまいました~~ ^0^

半額になっていたんですよ~  (* ^-^)ノ(* ^-^)ノ  紅葉の時期のため、琥珀色というよりは少し赤色っぽいのかもしれません。葉っぱの裏側はいつも赤いのだと思うのですが、表側は黄緑色と琥珀色と赤色が混じったような雰囲気で、見ていて飽きないのです。

昨年秋以降、色々と苗を買ってしまい植えつける鉢がなくなり、その鉢を買う予算もなくなり・・・
仕方なく地植えで越冬させることにしました。
植えつけたのは、これまた先日植え替えたばかりのナツツバキの足元です。

一枚目の写真にある緑色の葉っぱは、クリローのこぼれ種から発芽したもので、親元から引き離しやはりお隣に植えちゃいました。この厳寒の時期に無謀とも思えますが・・・

でもナツツバキのために、かなりの量の腐葉土を入れて土壌を改良したので、まだふかふかな状態ですし、元肥えもたっぷりなので、マルチングをたくさんしてあげればなんとかなるかなぁ~と、やや浅はかながらも敢行しちゃいました!
このアンバーウェーブは、肥料が切れると葉色が悪くなるそうです。



【PR】ツボサンゴ・コレクション(1)10.5cmポット苗(ヒューケラ) 10.5cmポット苗
アンバーウェーブを探そう! at Rakuten


ユキノシタ科に属する常緑多年草ではありますが、冬の間はやや葉っぱが枯れ落ちて寒さに耐えている感じなります。他のヒューケラたちも葉っぱがぺったりと地面に貼り付いているのです。

ヒューケラには、約50種類の仲間があるといえわれ、これにハマりだしている私は、またしてもお財布の中身をチラ見しつつ・・・の日々であります。
[Heuchera Amber Waves]の続きを読む

ワインといえば、ボジョレー ? 

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年12月08日 月曜日 [Edit] 




【学名】Heuchera ‘Beaujolais' 
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ツボサンゴ属
【和名】壺珊瑚ツボサンゴ)  【英名】Fancy-leaf Coral Bells
【別名】コーラル・ベルズ / ヒューケラ  【品種名】ボジョレー 
【原産地】北アメリカ 
【性状】耐寒性宿根草 (-15℃)  【花期】初夏  【花色】薄桃色 【葉色】桃色~臙脂色 銅色 【草丈】40cm
【用途】地植え 鉢植え 寄せ植え シェードガーデン ロックガーデン

それは、ワイン!でも私の場合はヒューケラちゃんです!
こちらは葉っぱのほうです。 そう!ワイン色したヒューケラが今日の主役です。
実は先日ご紹介した‘キャラメル’と一緒に購入したものだったのですが、なんだか苗がちょっと元気がなくて、‘キャラメル’に比べると小さいなぁ~

とよくよくラベルをみると英語です。この子は苗そのものが輸入されたもののようで、運搬しやすくするためにかなり小さめに作ってるのでしょうね。
一方、‘キャラメル’のほうはHardinのものでしたが、栽培しているのは日本ではないのかと想像している私です。


【PR】新商品 宿根草ツボサンゴ ‘ボジョレー’9cmポット苗
『芽吹きは深いワイン色で除々にオレンジがかるシックな色合い  低温期は葉色が濃く、美しいパープルレッドに紅葉し見事  花は淡いピンク色』
価格は、 500円也




ところで、ボジョレーといえばワインが有名ですが、コルクを抜くときに往生するときありますよね。

そんなとき・・・ワインウィザードというたった1秒でコルクが抜けるワインオープナーがあるのです!TVなどでみて欲しいなぁ~と思っているのですが、お花には財布のヒモがゆるゆるなのに、他のものには財布のヒモがきつい私(笑) 
かお
とてもオモシロそうですし、今年の自分へのクリスマスプレゼントはこれにしようかなぁ~ って、随分この秋から初冬にかけて、自分へのご褒美として苗を購入してるのですが(笑)



話を本題に戻します・・
[ワインといえば、ボジョレー ? ]の続きを読む

やっと、キャラメルをGET!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年12月06日 土曜日 [Edit] 




【学名】Heuchera 'Caramel' 
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ツボサンゴ属
【和名】壺珊瑚ツボサンゴ)  【英名】Fancy-leaf Coral Bells
【別名】コーラル・ベルズ / ヒューケラ  【品種名】キャラメル
【原産地】北アメリカ 【性状】耐寒性宿根草 (-15℃)
【花期】初夏 【草丈】40cm 【販売元】Jardinハルディン
【用途】地植え 鉢植え 寄せ植え シェードガーデン ロックガーデン

といっても、あの花畑牧場のキャラメルではありません・・・ (爆)

この子のすばらしいところは、季節季節で葉色を変えるところです。
今回入手した時期は秋ということもあり、下にある写真のようなキャラメル色ではなく、紅葉してちょっと小豆色した葉っぱの色あいです。

これが夏になるとキャラメル色に変化するんですよね~~ この子と細葉のカラーリーフ、それに主となるものを決めて、来年の寄せ植えづくりの素材用に購入したのです。

今のところ、鉢増しだけして単品で植えてあります。


【PR】ツボサンゴ ’キャラメル’ 『キャラメル色の葉が美しい新品種 葉の幅が広く形も良い 秋冬はやや褐色に 紅葉し春はオレンジ、夏はやや黄色が出て四季を通じて変化が楽しめる 花は白 』かお
4月にこの子を注文したら、欠品で入手ができずやっとこの秋手元にやってきてくれました! 価格 はおぎはら植物園さんちで、500円也でした! 

もっと違う種類のヒューケラを見る! at Rakuten


我家でもヒューケラが結構増えてきました! それでもなおまだまだ欲しいヒューケラはたくさんあるんです。先日も‘グリーンフィンチ’を入手したばかりだったのですが。
現在、9種類かな?

昨年か一昨年、購入しはじめるようになっているので、株そのものはあまりまだ大きくはなく、早く株分けできるほどに成長して欲しいと思っているのです!
[やっと、キャラメルをGET!]の続きを読む

黒い葉っぱのリグラリア♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年11月04日 火曜日 [Edit] 




【学名】Ligularia dentata 'Brit-Mrie Crawford'
【科名】キク科 Compositae 【属名】リグラリア属 または メタカラコウ属
【和名】丸葉岳蕗マルバタケブキ) 【英名】Black-leaved Ligularia 【別名】丸葉張良草マルバチョウリョウソウ
【品種名】ブリットマリークロウフォード
【原産地】アジア
【性状】耐寒性宿根草 -30℃  【草丈】70~100cm  【花期】夏
【用途】シェードガーデン 庭植え 

小苗ですので、まだまだ本来の姿をご紹介できないのが残念なのですが、黒色がダイスキな私の心を捉えたこの子は、リグラリア・デンタータ ’ブリットマリークロウフォード’ というちょっと舌をかみそうな名前のカラーリーフプランツです。

小さな若い葉には、あまり黒い色がでてくれませんが、大きくなるにつれちょっと紫がかったようなブロンズ色のような黒々としてツヤツヤの葉っぱに育ってくれるはずです。

いきなり地植えでは少々不安でしたので、今年は鉢植えにして管理しております。


宿根草リグラリア ’ブリットマリークロウフォード’は、おぎはら植物園さんちで、 価格 1000円 也~~

【PR】 ツワブキの代用品としてもオススメ! at Rakuten



今育てているツワブキのお隣に地植えにしようと思いましたが、同じ丸葉ですし、それでは芸がないなぁ~ ホスタとの混色も素敵なお庭を演出してくれそうなので、もう少し植え付け場所を考えなくちゃ~
[黒い葉っぱのリグラリア♪]の続きを読む