スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィンターコスモスも終焉

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年11月30日 月曜日 [Edit] 




【学名】Bidens laevis 'Kotohime'
【科名】キク科 Compositae または Asteraceae 【属名】センダングサ属
【和名】ウィンターコスモス 【英名】Winter cosmos, Bidens,Bur-marigold
【別名】ビデンス 【品種名】琴姫(コトヒメ)
【原産地】メキシコ・北アメリカ 【性状】耐寒性宿根草
【用途】地植え 鉢植え 切花

2メートルほどに育ってしまったウィンターコスモス。

大雨が降ったときに、折れてしまったので、剪定をかねて結構切り取りました。
そのまま室内に飾ろうかとも思いましたが、花粉がこぼれるしなぁ~と思いまして、結局ジョウロを花瓶代わりにしてに水をいれ、そのまま花束にして生け直射日光が当たらない屋外で愉しむことにしました!

屋外でもウィンターコスモスは寒さに強いこともあり、我が家のようにあすでにマイナスになる日があったりするような寒冷地でも、結構お花が長持ちするんですよね。
[ウィンターコスモスも終焉]の続きを読む
スポンサーサイト

ローマンカモミールで芝生を!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年11月07日 土曜日 [Edit] 




【学名】Chamaemelum nobilis
【科名】キク科 Asteraceae 【属名】カマエメルム属 または ローマカミツレ属
【和名】華密恋カミツレ) 【英名】Roman Chamomileローマン・カモミール) Garden camomile Ground apple Low chamomile  English chamomile Whig plant
【別名】アンセミス  【愛称】「植物のお医者さん」 「マザーハーブ母の薬草)」
【品種名】ローマン・カモミール
【原産地】ユーラシア温帯~寒帯
【性状】耐寒性多年草  【草丈】 20cm 【花期】6~7月
【用途】地植え 鉢植え ハーブティ コンパニオンプランツ

今年の春はいくつか種から育てたお花があるのですが、ハーブの種も播きました。
このカモミールもそうです!
種から育てると苗がたくさん、たくさんできるのですが、今回もくろんだのは、お庭の一部をこのカモミールで芝生っぽくすることです。

私は春に播きましたが、熱い地域の方は、夏越しが少しやっかいなので、秋播きのほうが育てやすいかもしれません。

コンテナの中で発芽したカモミールを間引きしながら大きくしたものを地面に定植いたしました。
あまり土壌の条件が良いところではないのですが^^; でも今のところ元気に育ってくれています。
耐寒性があるとのことですが、本格的な冬が来る前までに、しっかりと根っこを張ってもらわねばっ。

無事越冬ができれば、お花は来年咲くことになります^0^


宿根草ダブルフラワーカモミールChamaemelum nobileFlore Pleno')にすればよかったなぁ~(;´▽`lllA`` おぎはら植物園さんちで315 円 也~

八重咲きのカモミールの種、春に探したけど出会えなかったんですよぉ~ しゅ~ん 

【PR】ローマンカモミールで芝生を作ろう! at Rakuten


八重咲き種を選ばなかった自分にちょっと腹立たしさが残るものの、綺麗な緑の絨毯を夢見つつ育ちっぷりを眺めております。
以前、ジャーマンも育てましたが、カモミールにはアブラムシがつくのが難点・・・
もっとも考え方を変えれば、コンパニオンプランツとして周囲の植物たちを虫から守ってくれるというスゴい子でもあるのです。バラのそばに植えたりしても効果があるとか!
PLUS、弱った植物を癒す作用まであるとか? ホント、かしらぁ~
皆さん、試されたことありますか?

それになんといってもその香り^0^ 癒してくれますものね(^_-)-☆
[ローマンカモミールで芝生を!]の続きを読む

越冬率 75% ウィンターコスモス

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年10月24日 土曜日 [Edit] 




【学名】Bidens laevis 'Kotohime'
【科名】キク科 Compositae または Asteraceae 【属名】センダングサ属
【和名】ウィンターコスモス 【英名】Winter cosmos, Bidens,Bur-marigold
【別名】ビデンス 【品種名】琴姫(コトヒメ)
【原産地】メキシコ・北アメリカ 【性状】耐寒性宿根草
【用途】地植え 鉢植え 切花

育て始めて二年目のウィンターコスモスですが、地植えにした親株二つのうち、冬を乗り越えてくれたのは1株のみ。同じような環境だったのに、なぜだか一方は枯れてしまいました。

テキトーにズボッと地面に挿しておいたものは、小さいながらも夏のうちから咲き始めています。
草丈は、30センチほど。

というわけで、越冬率は75%だったわけです(^^ゞ

さて、生き残った親株のほうは2メートルくらいにまでなってしまいました。切り戻しするのを忘れてしまった!
昨年まで覚えていたんですけど、この時期に切り戻ししようかどうしようか、迷い中~です。
でも2メートルにまでなってしまうと、間近でお花が見れないので、切ってしまおうかな。
でももう花芽はすっかり出来上がっているはずだしなぁ~ とぐずぐずしているうちに満開の時期になってしまい、親株のほうは結局背の低い私にはお花を間近でみれない状態になっちゃいました(^^ゞ
まったく、昨年の反省を学習できていない私・・・


【PR】ビデンス開花大鉢「イエローキューピッド」Bidens laevis 'Yellow Cupid'は、Flower&Green GARDENさかもとさんちで1,260 円 也~

ビデンス自体は200ほども種類があり、ウィンターコスモスと呼ばれるのは
さらに数種あります。現在流通するものは這性タイプと高性タイプがあります。
開花期が合うのでアメジストセージとの組み合わせは、オータムガーデンの定番です!』との説明があり、秋花壇のアイデアとしていただき~

微笑み、えくぼ、誠心、イエローキューピットなどなど品種も豊富なウィンターコスモスは秋から咲き始めます! at Rakuten


でも挿し芽のほうから育ったほうは、やっぱり切り戻ししちゃおう!と、一度きり戻しができたので、私の膝くらいの高さで、こじんまりと咲いてくれました!
仕立て方次第で随分印象が違うものですね(^_-)-☆

来年こそは親株さんにも少し低いところで咲いてもらうようにいたしましょう~^^;
[越冬率 75% ウィンターコスモス]の続きを読む

石蕗の秋

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年10月23日 金曜日 [Edit] 




【学名】Farfugium japonicum
【科名】キク科 Asteraceae 【属名】ツワブキ属 または フキ属
【和名】石蕗ツワブキ) 【英名】 Japanese silver leaf
【別名】艶葉蕗ツヤハブキ) 火傷草ヤケドグサ石蕗イシブキ
【性状】耐寒性多年草  【花期】10月~11月
【原産地】日本 台湾 中国南部
【用途】地植え 鉢植え シェードガーデン

病気の心配もなく、常緑で冬の間もなんとか緑を保ちつつ、毎年必ず咲いてくれる黄色の花、ツワブキです。

マーガレットや菊の花のようですけど、この子はキク科の植物なのでお花そのものを拡大して写すとツワブキってわからないでしょう? でも遠目にみると丸い葉っぱが特徴的ですのですぐにわかりますけど。

もう随分植えっぱなしの状態ですので、いよいよ株分けしてみようかと思うのですが、適期は春。
実はこの子のお隣にクリスマスローズ‘ルーセピンク’を地植えにしてしまったので、この子のことを邪魔者扱いしている私・・ (;´▽`lllA``

丈夫なので、多少手荒に扱っても大丈夫なんじゃぁ~~ないかしら?
といいますか、この子を植えている場所が、クリスマスローズちゃんたちがお気に召すようなところなんですよ~ いい感じの半日陰でして。
クリロー狂の私としましては、クリローちゃんたちを地植えにできる場所作りに奔走中~ 
、ヒドイ場所しか残ってませんので本当にこの子には申し訳ないのですが、思い切ってザックリと掘りあげて二軍落ち・・・させてしまおうかと迷い中~です(;´▽`lllA``
私ってホント我儘。そんなことをしているとツワブキの神様の逆鱗に触れてしまいそうです(笑)

でも誤解しないでね~ 私、ツワブキは好き♪なんです。

【PR】 いまだに入手できていない斑入り種が欲しいなぁ~♪ at Rakuten

シェードガーデンにうってつけのお花ですから~~ 丸い葉っぱと細い葉っぱのものなどや、色の組み合わせで楽しい日陰のお庭が演出できるはずなんです。
[石蕗の秋]の続きを読む

斑入りの葉っぱの菊の花

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年10月20日 火曜日 [Edit] 




【学名】Aster ageratoides var. ovatus
【科名】キク科 Compositae 【属名】アスター属 または シオン属
【和名】野紺菊ノコンギク) または 紺菊コンギク
【英名】【別名】
【原産地】日本  【性状】耐寒性宿根草 【花期】9~10月
【用途】地植え 鉢植え 寄せ植え 

は菊の季節です!
キク科の植物もたくさんありますよね~ 園芸種でカラフルで愛らしいものもとても増えましたが、私はやっぱりコノテの野趣溢れる、「野菊」的なお花が好きです。

鉢植えと地植えにしてあるもの、両方とも満開からちょっと最盛期を過ぎたものと、イロイロです。

【PR】 紺菊を育ててみよう♪ at Rakuten

鉢植えにして寄せてあるものは、他の花たちが春~初夏にかけて咲き終わった頃、冬の休眠期に入る前に咲くのですが、鉢植えの子が一番斑入りの葉っぱが美しいので、現在は特等席に展示?中~です。

全く緑色が入らない、真っ白な葉っぱになってくれている部分もあります! 素敵でしょう~
[斑入りの葉っぱの菊の花]の続きを読む

古株のコレオプシス満開!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年10月06日 火曜日 [Edit] 




【学名】Coreopsis verticillata
【科名】キク科 Asteraceae 【属名】コレオプシス属
【和名】糸葉春車菊(イトバハルシャギク) 【英名】Threadleaf Coreopsis
【別名】宿根コスモス  【原産地】北アメリカ
【性状】耐寒性宿根草 【草丈】60cm 【花期】9~10月
【用途】地植え 鉢植え 

すこし脅威を覚えるようになってきた‘コレオプシス’。一昨年植え付け場所を変えたところでかなりの大株になってきました。そういえばアノ時、株分けもしてあげたような・・・

これまた大株になってきたシュウメイギクと競って咲いており、さらに同じくらいの草丈でサルビア‘ホットリップス’も開花中~なので、このコーナーは秋一番にぎやかです。

【PR】 咲き姿も様々!コレオプシスを育てよう~♪ at Rakuten

脅威ともうしましたのは、このコーナーには春に咲く花たちも植えつけてあり、あまりにこの子の根っこが張ってしまうと、悪影響を及ぼすのではないかしらと・・・。
シュウメイギクも地下茎でぐんぐん増えてゆく品種ですし、大丈夫かなぁ~
[古株のコレオプシス満開!]の続きを読む

ユーパトリューム ’チョコレート’の白い花

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年09月22日 火曜日 [Edit] 




【学名】Eupatorium rugosum 'Chocolate'
【科名】キク科 Compositae 【属名】ユーパトリウム属 またはヒヨドリバナ属
【和名】丸葉藤袴ハルバフジバカマ) 【英名】Tall Boneset(トールボネゼット) White snakeroot(ホワイトスネークルート) 
【別名】玉咲き銅葉藤袴タマザキドウバフジバカマ
【草丈】100cm 【花期】夏~秋
【原産地】北アメリカ
【性状】耐寒性宿根草 【用途】鉢植え 庭植え

鉢植えで育てているユーパトリュームが白い花を咲かせ始めています。

2009年5月初旬に地面にブスッと挿しておいたものからもちゃんとお花が咲きまして、無事に増殖任務も遂行きました。あとは小苗であっても越冬できるのかどうか、それが心配ですが、この子はかなり耐寒性があるようなので、楽観的に考えております。




チョコレート色をしていた葉っぱは、お花が咲く頃にはあまりチョコレート色が強くでなくなって、深い緑色になっています。

チョコレートという名前は、葉っぱの色からつけているのでしょうけど、お花は小花の集合体でありまして、真っ白です。


宿根草ユーパトリウム ’チョコレート’
価格 300円 ~

昨年、おぎはら植物園さんちでお世話になって、入手したものです。

【PR】 ユーパトリウムを育てよう♪ at Rakuten



親株のほうは、今年びっくりするぐらい背丈が伸びてしまい、鉢植えで寄せ植えにするには、バランスがとれないほどになってしまいました(^^ゞ 
私としては鉢植えならば、限られた領域内ですので、1メートルにはならず小型化するのではないかと予想していたのですけど、ぜんぜんそんなことはもろともせずにぐんぐんと成長しちゃいました。
[ユーパトリューム ’チョコレート’の白い花]の続きを読む

そろそろ採種♪リグラリア

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年09月20日 日曜日 [Edit] 




【学名】Ligularia dentata 'Brit-Mrie Crawford'
【科名】キク科 Compositae 【属名】リグラリア属 または メタカラコウ属
【和名】丸葉岳蕗マルバタケブキ) 【英名】Black-leaved Ligularia 【別名】丸葉張良草マルバチョウリョウソウ
【品種名】ブリットマリークロウフォード
【原産地】アジア
【性状】耐寒性宿根草 -30℃  【草丈】70~100cm  【花期】夏
【用途】シェードガーデン 庭植え 

リグラリア・デンタータ ’ブリットマリークロウフォード’黄色い花は、8月までにはほぼ一巡して終わり、その後はタネをつけ始めています。

鉢植えにしていなければ、きっともっともっと黒々とした葉っぱを大きく展開しさせたのでしょうけれど、いかんせん限られた領域で育っているので、今後は地植えにある姿を見たいなぁ~

終わったお花の花茎を1本だけ残して、あとは花柄は摘み取りました。すっかり茶色になったお花はドライフラワーっぽくなっているのですが、さて、どのタイミングでタネを採取できるのかしら?

イマヒトツ良くわからないのです。タネまきに挑戦したいのですけど。


宿根草リグラリア ’ブリットマリークロウフォード’は、おぎはら植物園さんちで、 価格 1000円 也~~

【PR】 ツワブキの代用品としてもオススメ! at Rakuten



一緒に寄せ植えにしているヒューケラの‘グリーンフィンチ’も夏の炎天下にあって、水切れの苦難をなんども乗り越えつつも、ダメージが大きいのですが、この子も水切れにあったときに、ほとんど萎れたようなこともありまして(^^ゞ すべて私の責任ですが。

この鉢には秋に白い花を咲かせるリリオペだけが、イキイキしています。
やはり宿根草だけの寄せ植えですと、インパクトはイマヒトツ^^; でもこのリグラリアの個性的な葉っぱのおかげで、なんとか寄せ植えらしさを残してくれてます。
[そろそろ採種♪リグラリア]の続きを読む

フィーバーフューの二番花^^;

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年09月03日 木曜日 [Edit] 




【学名】Chrysanthemum parthenium Tanacetum partheniumもしくはPyrethrum parthenium
【科名】キク科 Compositae 【属名】シカギク属Matricaria ヨモギギク属Tanacetum もしくはジョチュウギク属Pyrethrum
【和名】夏白菊ナツシロギク)【英名】Matricariaマトリカリア)【別名】ワイルドカモマイル
【原産地】西アジア、バルカン半島、ヨーロッパ東部など 【性状】耐寒性宿根草または一年草 【花期】6~8月 【草丈】40~60cm
【用途】鉢植え 地植え ハーブ(フィーバーフュー
【主成分】パルテノライド 【効能】リウマチや関節炎 こう鬱 偏頭痛 シミ・ソバカス 育毛 防虫

ナツシロギクが咲いたあと、切り戻しをしておきましたところ、二番花が咲き始めてくれました。
でも、お写真にあるように枯れこみが見られ、もうダメかと思っていたので、嬉しい~

やはり夏の蒸れには弱いようですね。もう少し剪定してあげるくらいでもよかったのかもしれません。
それにちょっと使った鉢が小さかったので、水切れも起こしていたような日もあったのです。水遣りのしすぎだったのか、あるいは水切れによるものだったのか、実は定かではありません(^^ゞ

でも9月に入り、涼しくなってきましたので、蒸れによる枯れこみはもう起こらないはずです。せっかくですので、挿し木もしておきたいところです。

この子達は、全部で3株ありますが、まだ地植えにしておらず、そろそろ地植えでもそだてられるのかどうかも検証したいなぁ~と思っています。

菊の仲間は、冬至芽を残すので、春先に残っている芽を挿すと元気な菊が咲きますが、この子もそうかしらん?です! 

まだ小さな苗なので、鑑賞するばかりで、まだあまりハーブとしての活躍の場がないのですが、お花摘んで熱湯をそそぎ、お茶をいただきました。
良薬は口に苦し!で、お薬だと思えばこそこそ飲みますが、他のレモンバームやミントのハーブティーのほうがダンゼン美味しいです(^^ゞ

次回は頭痛のときにすぐさま花を摘んで、効果があるかどうか試してみたいと思っております。


【PR】ハーブの苗 「フィーバーフュー 9cmポット」は、ハーブティー専門店 e-ティザーヌさんちで294円也~

種から育てれば、たくさん収穫できますよ~~ 自然にたよる民間療法的にハーブティーで頭痛を治せる!って良いですよね^0^

頭痛などに効き目があるサプリメントのフィーバーフューもあります! at Rakuten


お花の感じがカモミールに似ていますけど、お茶にするとカモミールのほうがやっぱり美味しいです。
春から育てているカモミールの葉っぱが茂ってはいるものの、お花は咲かずに秋。あれれ?お花が咲くまで二年かかるんでしたっけ?とりあえず、先日コンテナから地植えにしてみたのですが、咲くか知らん。
[フィーバーフューの二番花^^;]の続きを読む

シルバーリーフの朝霧草

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年09月03日 木曜日 [Edit] 




【学名】Artemisia schmidtiana
【科名】キク科 Asteraceae  または Compositae 【属名】アルテミシア属
【和名】朝霧草アサギリソウ) 【英名】 Satiny WormwoodサティニーワームウッドMugwortマグワート) 【別名】Artemisiaアルテミシア
【原産地】日本 サハリン
【性状】耐寒性多年草 【草丈】15~40cm 【花期】9月
【用途】鉢植え 地植え 寄せ植え ロックガーデン ナチュラルガーデン

おかしいな?もう何年もお付き合いしているアサギリソウなのに、このサイト内で検索しても記事がみつかりません。あれれ(@o@)

あまりにも当たり前すぎて記事にし忘れていたみたいです(^^ゞ この子は盆栽が好きだった7年前に亡くなった叔父から生前にいただいた子です。アサギリソウとフウチソウを入れた根洗い盆栽仕立てや地植えにして愉しんでいます。

秋を感じる頃になるとそうそうに蕾を上げますが、私はせっせと蕾は切り取りあまりお花を咲かすことはありません。

この子はフワフワした銀色の葉っぱを愉しむことに決めています(笑) なので記念撮影後は蕾を切り取ってしまいました。でもまたすぐに蕾を上げてしまうのですけど。


【PR】ふわふわとして銀白色の絹の毛のような葉が綺麗です。朝霧草・アサギリソウ 5本は、SORAさんちで1200円也~

アサギリソウを探そう! at Rakuten


叔父からもらった1株から挿し芽をとって殖やし、ちょっとした地面の隙間に植えたりしておくのですが、シルバーリーフが他の子たちの引きたて役となってくれます。
ストレスで心が病んでいるときに、この子のふさふさした葉っぱに触れるといやされます。
まるでビロードのような感触なんですよ~~
[シルバーリーフの朝霧草]の続きを読む

カレンデュラがようやく開花^_^;

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年08月25日 火曜日 [Edit] 




【学名】Calendula officinalis
【科名】キク科 Compositae 【属名】カレンデュラ属 または キンセンカ属
【和名】金盞花キンセンカ) 【英名】カレンデュラ 【別名】ポットマリーゴールド
【原産地】南ヨーロッパ 地中海沿岸
【性状】一年草 エディブルフラワー(食用花) 【草丈】30~90cm 【花期】3~6月
【用途】地植え 鉢植え ハーブティー サラダ 

通常ならば初夏までには開花するのでしょうが、我家では7月に入ってからようやく開花。
今回、カレンデュラを種から初めて育ててみました。

いわゆるキンセンカ。小さいときから身近で咲いていた花なのですが、最近になってこの子って色々な効能があることを知り、たくさん育ててみたくなったのです。

でもね、相変わらず場所がないっ。なので思ったほどにはたくさん育てることはできず、チマチマと花びらをとって乾燥させているのです(^^ゞ

さてどんな効能があるのか!


【PR】市場価格の半額以下!量はたっぷり高品質!花たね キンセンカ芸者ガール 1袋 (0.4g)は国華園さんちで50円~ 
何? 。゚( ゚^∀^゚)σ゚。ヶヶラヶラヶラ 芸者ガールって・・・(@o@) 笑える~ 

カレンデュラを探そう! at Rakuten


カレンデュラの成分には、お肌を労わり保湿効果があるのだそうです!お花から取り出した精油を切り傷や火傷などの外傷に塗るのが伝統療法として知られています。
それにルテインというカロチノイドを豊富に含むので、眼精疲労を回復させるらしく、この成分が入っているサプリメントなどは眼精疲労や白内障の方へのサポートにも役立っているらしいです。


◆ モンドセレクション最高金賞受賞商品 ◆『ルテインα』高純度ルテインを1粒に凝縮は、手軽に摂取できますね。
こちらはマリーゴールドからルテインを取り出しているようです。



定期購入して母娘で飲みたいと思っているトコロです。ブルーベリーのサプリメントと併用すれば、かなり目の疲れに効き目がありそうです。
私はPC画面の見すぎ?で目がしょぼしょぼ。母は白内障でしょぼしょぼな状態。
加齢が進むとサプリメントはかかせませんねぇ~
[カレンデュラがようやく開花^_^;]の続きを読む

種から開花したジニア

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年08月24日 月曜日 [Edit] 




【学名】Zinnia spp.
【科名】キク科 Compositae または Asteraceae 【属名】ジニア属
【和名】百日草ヒャクニチソウ) 【英名】 【別名】
【原産地】メキシコ
【性状】非耐寒性一年草 または 多年草 【草丈】30cm~1m 【花期】7月~10月
【用途】夏花壇 地植え 鉢植え 切花

アラ? ジニアも入っていたのだわ(o^-')b

私はなぜかあまりジニアには魅力を感じたことがなくて、これまで一度も育てたことがなかったのです。
ところが春先に播いたミックス種の袋には、この子も混入しておりました~
イベリス、矢車草、アリッサムなどとともに咲いてくれてます。

ちょっと緑がかったクリーム色をしているせいでしょうか。これまであまりかわいいと思ったことがないジニアでしたが、この子のことは気に入りました~


【PR】ジニアのタネ「プロフュージョン」Zinnia hybrida 'Profusion'は、Flower&Green GARDENさかもとさんちで525 円也~
ジニアといえば、夏の太陽のようなブライトカラーのイメージですねっ!

ジニアを探そう! at Rakuten


ところでこのジニアは、花後に3節ほど残して切り戻しをすると、再び開花するとのこと。
種が欲しいような気もしましたが、まだ次の開花時でも間に合いそうなので、切り戻しもしてみようと思います。
ヒャクニチソウという名前どおり、ちょこっとお手伝いしてあげたら、百日以上楽しめそうのです!

私が育てているジニアは矮性ではなく、1メートルくらいまで育つ大型のものです。
あるいはあまりにも雨続きで徒長しているだけだったりして?(笑)
[種から開花したジニア]の続きを読む

まんまるのエキノプシス

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年08月12日 水曜日 [Edit] 




【学名】Echinops ritro
【科名】キク科 Compositae 【属名】ヒゴタイ属
【和名】瑠璃玉薊ルリタマアザミ) 【英名】 【別名】ウラジロヒゴタイ エキノプス
【花期】7~8月 【花色】青色 【草丈】80~100cm
【原産地】ヨーロッパ 【性状】耐寒性宿根草

昨年もかわいらしく咲いてくれたエキノプシス(ルリ玉アザミ)でしたが、今年は春に移植してしまったので、ちゃんと根付くかどうか不安だったのですが、めでたく咲いてくれました~ (^o^)

エリンジュームのお隣に移動させたので、このエリアは涼しげなブルーのガーデン♪
夏の暑さを和らげてくれるのであります。
エリンジュームのほうが、ずっと早くお花を咲かせていてほぼ隆盛期は過ぎて種をたくさんつけているようです。

このエキノプシスはお花が終わると、ちょっとだらしない感じですよね(↑の写真)
こうなる前に切り取ってドライフラワーにさせちゃったほうがよいかもしれません。


【PR】●ルリタマアザミ(1ポット)は、charmさんちで、320 円也~
最近、私のお気に入りのショップです! お魚を飼いたくなっちゃうんですよね~
それにエアプランツの品揃えもよいのですよん

エキノプシスを探してみよう!


三つの株を移植したのですが、残念ながら一個は枯れてしまい、二株だけが開花しました。
背丈が割りあい高くなるので、花壇の後方にまとめて植えれば見ごたえがあるのかもしれませんが、一株だけですと、ちょっとインパクトが少ないかも。

エリンジュームと競演させている子は結構いい感じ♪ですけど。

アーチの横にあるので、支柱がわりにして、麻紐で抱え込むようにして縛って、倒れないようにしてあります。
[まんまるのエキノプシス]の続きを読む

漆黒の向日葵!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年08月01日 土曜日 [Edit] 




【学名】Hellianthus annuus
【科名】キク科 Compositae 【属名】ヘリアンサ属 または ヘリアンツス属
【和名】向日葵ヒマワリ) 【英名】Sunflower 【別名】日輪草(ニチリンソウ) 日車(ヒグルマ) サンフラワー
【品種名】ムーランルージュ
【原産地】北アメリカ
【性状】一年草 【草丈】180cm 【花期】7~9月 【生育適温】15~30℃
【用途】地植え 夏花壇 大型コンテナ 切花 

野生のものには60種ほどがあるそうですが、この子は園芸種っぽいですね。
属名のヘリアンサスには「太陽」と「花」という意味の2つの言葉からなっており、夏の花の代表花です。

一般的にヒマワリといえば、黄色の花というイメージでしょうけれど、今年私が選んだヒマワリは渋い赤茶色のヒマワリでした!名前も‘ムーランルージュ’という妖艶さただよう名前がついているのです。
シックでオトナっぽいヒマワリでしょう~?

ムーランリュージュといえば、パリのモンマルトルにあるキャバレーが有名ですね。今回、このヒマワリを選ぶに当たり、名前に惹かれて購入したようなところもある私です(^^ゞ

パリかぁ~ 行きたいなぁ~~ Y(=▽=)Y~☆




【PR】切り花にも最適!褐色のヒマワリ種 ヒマワリ ココアという黒色系もかわいい~~Y(=▽=)Y~☆ アグレさんちで、315円也~

ヒマワリをタネから育てよう! at Rakuten


春先に播いたタネから元気に育ち、7月の下旬に満開となりましたY(=▽=)Y~☆
でも今回悦び勇んで写したわりには、魅力がお伝えしきれていないなぁ~
肉眼でみるともっと魅力的なんですけど(^^ゞ

倒れないようにオベリスク内に播いたのですが、ちょっとかっこ悪かったなぁ~ ^_^;
やはり外側に播いて、後から紐で結んであげればよかったと。
これは来年の教訓とすることにします。
[漆黒の向日葵!]の続きを読む

リグラリアが咲きました~Y(=▽=)Y~☆

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年07月30日 木曜日 [Edit] 




【学名】Ligularia dentata 'Brit-Mrie Crawford'
【科名】キク科 Compositae 【属名】リグラリア属 または メタカラコウ属
【和名】丸葉岳蕗マルバタケブキ) 【英名】Black-leaved Ligularia 【別名】丸葉張良草マルバチョウリョウソウ
【品種名】ブリットマリークロウフォード
【原産地】アジア
【性状】耐寒性宿根草 -30℃  【草丈】70~100cm  【花期】夏
【用途】シェードガーデン 庭植え 

昨年入手し鉢にヒューケラやオダマキなどと寄せ植えにしていたリグラリア・デンタータ ’ブリットマリークロウフォード’。冬の間はほぼ地上に葉っぱがなくなり、もはやこれまでか!とも思ったのですが、めでたく春に復活(^o^)

どんどん黒々とした葉っぱを展開し、私が育てているツワブキよりももっと大きくて、ヒラヒラとやわらかい葉っぱをこの夏まで鑑賞していたのですが、7月吉日、めでたく開花しました~~

思っていた以上に黄色というよりもオレンジ色に近い鮮やかなお花です。花の形状はツワブキの花ととても似ています。今回は花茎は2本立ち上がり、1本にはさらに分岐が見られ本格的な満開の時期となれば、また見事だろうとY(=▽=)Y~☆

下のおぎはら植物園さんちからお借りしているくらいに溢れるような花数にさせるには、やはり地植えにしなくてはならなさそうです。


宿根草リグラリア ’ブリットマリークロウフォード’は、おぎはら植物園さんちで、 価格 1000円 也~~

【PR】 ツワブキの代用品としてもオススメ! at Rakuten



ヒューケラの‘グリーンフィンチ’もともに旺盛な育ち方をしているので、もう鉢がパンパンです(^^ゞ
思いのほか大きく育ってくれて、嬉しい悲鳴ではあるのですが。
この子は日当たりは好きですが、どちらかというと夏の暑さに弱く、鉢植えにしてあるせいか、ちょっとでも水遣りを忘れると葉っぱがしんなりとしてしまいます。植え込みすぎだからでしょうか。

シェードガーデン向きでもあるので、地植えにするときには夏の間は半日陰くらいのほうが良さそうな雰囲気♪
明るい葉っぱモノとあわせると相乗効果が高まるので、黄緑色や黄色系の細葉などが隣人なら最高~
[リグラリアが咲きました~Y(=▽=)Y~☆]の続きを読む

コスモス ‘シーシェルミックス’

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年07月20日 月曜日 [Edit] 




【学名】Cosmos bipinnatus
【科名】キク科 Compositae 【属名】コスモス属
【和名】大春車菊オオハルシャギク)【英名】Cosmos(コスモス) Mexican Asterメキシカン アスター)【別名】 秋桜(アキザクラ)【品種名】シーシェルミックス (早咲き種
【原産地】メキシコ 【性状】一年草 【草丈】100cm 【花期】7~11月
【用途】地植え 鉢植え

先日アップした記事でも少し触れましたが、春に種まきしたものから順次お花が咲き始めてくれています。
ものすご~~~く久しぶりに手元で育ててみたのが、このコスモス‘シーシェルミックス’です。
あまりコスモスは育てないのですけど、この子は花弁の姿が個性的なので、久しぶりに育ててみたくなったのです。


【PR】花びらがすべて筒のようになったコスモスです。[アウトレット]コスモス シーシェルミックスは、花の木楽天市場店さんちで、超特価の150円也~

本当はイロイロな色があるはずなのですが、今のところ開花してくれたのは白色のみです(^^ゞ

コスモスを探そう! at Rakuten


花占いといえば、定番のお花の一つですが、この子は花弁が筒状になっており、なんだか花占いで花びらをちぎるのがかわいそうな感じすらします。

やはり白色はかわいいわぁ~~ ハナグモも遊びに来ていました~ ・・ヘ(^o^)/
[コスモス ‘シーシェルミックス’]の続きを読む

かわいい~夏白菊の花

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年07月16日 木曜日 [Edit] 




【学名】Chrysanthemum parthenium Tanacetum partheniumもしくはPyrethrum parthenium
【科名】キク科 Compositae 【属名】シカギク属Matricaria ヨモギギク属Tanacetum もしくはジョチュウギク属Pyrethrum
【和名】夏白菊ナツシロギク)【英名】Matricariaマトリカリア)【別名】ワイルドカモマイル
【原産地】西アジア、バルカン半島、ヨーロッパ東部など 【性状】耐寒性宿根草または一年草 【花期】6~8月 【草丈】40~60cm
【用途】鉢植え 地植え ハーブ(フィーバーフュー
【主成分】パルテノライド 【効能】リウマチや関節炎 こう鬱 偏頭痛 シミ・ソバカス 育毛 防虫

新たに入手した夏白菊です! かわいい~~でしょう?
私は菊はほとんど育てたことがないのですが、この子は以前から気になっていたもの。
ハーブティーとして飲用することで、頭痛などに効果があるとされているのです。

数年前から時々頭痛に悩まされるようになってしまっていて、鎮痛剤などを多用するようになってしまいました。でも私はドラッグ漬けではありません(;´▽`lllA`` 念のため。
でも、自然からの恵みで頭痛が治るならば、こんなに嬉しいことはありません。

お花がかわいいうえに、お薬としても使えるとしたならば、すばらしい~と思いませんか!


【PR】ハーブの苗 「フィーバーフュー 9cmポット」は、ハーブティー専門店 e-ティザーヌさんちで294円也~

ホントはこちらを買おうと思っていたのですが、丸い咲き方のクリーム色のナツシロキクを選んでしまいました(^^ゞ ハーブティーにして最近頻繁に起こる頭痛などを軽減しようと思った次第^_^;

頭痛などに効き目があるサプリメントのフィーバーフューもあります! at Rakuten


他にも‘ゴールデンボール’などの花弁が黄色で見た目は、黄色一色の咲き方をするような子もいるんですよね。マトリカリアという名前で検索すると、カモミールともダブっているのですが、似たような効果が望めるようですね。
[かわいい~夏白菊の花]の続きを読む

都忘れ・・忘れず開く(^^ゞ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年05月16日 土曜日 [Edit] 




【学名】Aster savatieri  または Gymnaster savatieri
【科名】キク科  Compositae 【属名】ミヤマヨメナ属
【和名】都忘れミヤコワスレ
【別名】野春菊ノシュンギク) 東菊アズマギク) 深山嫁菜ミヤマヨメナ
【花期】4~6月  【草丈】20~70cm 【花色】青紫色 白色 桃色 紫色など
【性状】耐寒性宿根草 【原産】日本
【用途】地植え 鉢植え 花壇 シェードガーデン 切花 茶花 

あまりにもわが家ではフツーすぎて、注目することなく、というかどちらかというと雑草扱い(^^ゞ
他の植物が育たなさそうなヒドイところに植えてあり、かわいそうな存在。
肥料など一切与えずに放置。それがまたこミヤコワスレにはどーってことないらしく、どんどん殖えてゆきます。

今年は春に随分抜き去って処分したのですが、あらら ここにもあったんだったっけ?
と、あらぬところで居ているものもいます。

でも、こうして咲いてくれている姿は、その丈夫さとはウラハラに結構かわいいのです。

【PR】 何色がお好き?ミヤコワスレを探そう! at Rakuten

久しぶりのアップなのでと、それぞれ植えた場所ごとに花のようをチェック!
やはりほとんどお日様が当たらないようなところでは、花色悪い^_^;なぁ~ 徒長しちゃっている子や、本来紫色をしているはずが、ほぼ白色だったり・・・ ごめんねぇ~ m(__)m
[都忘れ・・忘れず開く(^^ゞ]の続きを読む

ユーパトリウム ’チョコレート’

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年05月16日 土曜日 [Edit] 




【学名】Eupatorium rugosum 'Chocolate'
【科名】キク科 Compositae 【属名】ユーパトリウム属 またはヒヨドリバナ属
【和名】丸葉藤袴ハルバフジバカマ) 【英名】Tall Boneset(トールボネゼット) White snakeroot(ホワイトスネークルート) 
【別名】玉咲き銅葉藤袴タマザキドウバフジバカマ
【草丈】100cm 【花期】夏~秋
【原産地】北アメリカ
【性状】耐寒性宿根草 【用途】鉢植え 庭植え

2009年5月初旬、元気そうな伸びてきた芽を摘芯し、その穂はまたも地面にブスッと挿しておきました。私のカンでは、多少粗雑な扱いをしても、発根してくれそうでしたので、挿し床は使わず、直に地面に二本だけ挿してみました。

まだ発根しているとは思えませんが、それでも葉っぱがしんなりとしてきていないので、どうやらこの子もカンタンに挿し穂から増やすことができそうな雰囲気♪です。

葉っぱはブロンズグリーンで、現在葉っぱの頂点部分に一番濃い銅色がでているところです。紫蘇の葉っぱと間違えそうな感じもありますが、もっと暑くなってくれば、白い花が咲くので、紫蘇と間違えることはないです(^^ゞ もとも葉っぱの質感は紫蘇よりももっと厚手でしっかりしています。


宿根草ユーパトリウム ’チョコレート’
価格 300円 ~

昨年、おぎはら植物園さんちでお世話になって、入手したものです。

【PR】 ユーパトリウムを育てよう♪ at Rakuten



下の写真で、背景に細い葉っぱと茎がわずかに認識できますが、これは宿根アマです。
双方を比べるとアマはどちらかというと乾燥気味に育て、この子はお水が好きなタイプなので、寄せ↑としての相性はあまりよろしくなかったのです(^^ゞ
でお、今のところは双方ともに元気です。
[ユーパトリウム ’チョコレート’]の続きを読む

冬の元気印!ユリオプスデイジー

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年11月15日 土曜日 [Edit] 




【学名】Euryops pectinatus
【科名】キク科 Compositae 【属名】ユリオプス属
【和名】ユリオプスデージー または  【英名】Golden Euryops または  Golden Daisy Bush 【別名】グレイリーブドユリオプス
【原産地】南アフリカ 【性状】非耐寒性常緑低木 【花期】11月~5月 【草丈】60cm~150cm
【用途】鉢植え 庭植え ロックガーデン 

我家では屋外の越冬は無理な植物なので、ガーデニングを始めたばかりのころ庭植えにしてしまって枯らしたことがあって、それ以来あまり育てようと思っていなかったのですが、昨年安価な苗を入手できたので、二年目の冬を迎えているユリオプスデイジー。もっとももともと高価で売られている苗ではありませんが。

10月後半から咲き始めました。寄せ植えにしてあり、現在はコクリュウ、ガーデニングシクラメン、それにラナンキュラス(か、アネモネか?)の球根が入っています。

ガーデニングシクラメンはなんとか夏越しできたものの、さっぱり元気がないのですが、その分この子が元気な黄色の花を咲かせ、蕾もたくさんあがっています。

【PR】 ユリオプスデージーを探そう! at Rakuten

寒い時期に咲いてくれる上、シルバーリーフなのでお花が無い時期でも愉しめるのです。
すくっと伸び上がる花茎のてっぺんに咲き、風にユラユラ揺れる姿もかわいいユリオプス。
でもさすがに真冬は屋外ですと、元気がなくなってしまいますので、軒下などで管理します。

前回育てたときには、木化して1mほどにまで成長したのですけど・・・
でも個人的には、茎が茶色に変わり、本来の「木」のような姿になるよりも、若い苗で葉っぱがついていて、茎も緑色の状態のほうが好きなんです。
なので、春になったら挿し芽をとって株を更新してゆくほうがよいかなぁ~
木化した茎を利用して、寄せ植え仕立てにしてあるのも素敵ですが。

挿し芽をとると、枝分かれもして、脇芽も育ち、こんもりとした姿にもなってくれますし。株が大きくなるにしたがって、老化が進むのか、花つきも悪くなるようです。
大きくなりすぎた場合には、全体の半分くらいの高さで剪定して仕立て直すとよいようです。
[冬の元気印!ユリオプスデイジー]の続きを読む

黒い葉っぱのリグラリア♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年11月04日 火曜日 [Edit] 




【学名】Ligularia dentata 'Brit-Mrie Crawford'
【科名】キク科 Compositae 【属名】リグラリア属 または メタカラコウ属
【和名】丸葉岳蕗マルバタケブキ) 【英名】Black-leaved Ligularia 【別名】丸葉張良草マルバチョウリョウソウ
【品種名】ブリットマリークロウフォード
【原産地】アジア
【性状】耐寒性宿根草 -30℃  【草丈】70~100cm  【花期】夏
【用途】シェードガーデン 庭植え 

小苗ですので、まだまだ本来の姿をご紹介できないのが残念なのですが、黒色がダイスキな私の心を捉えたこの子は、リグラリア・デンタータ ’ブリットマリークロウフォード’ というちょっと舌をかみそうな名前のカラーリーフプランツです。

小さな若い葉には、あまり黒い色がでてくれませんが、大きくなるにつれちょっと紫がかったようなブロンズ色のような黒々としてツヤツヤの葉っぱに育ってくれるはずです。

いきなり地植えでは少々不安でしたので、今年は鉢植えにして管理しております。


宿根草リグラリア ’ブリットマリークロウフォード’は、おぎはら植物園さんちで、 価格 1000円 也~~

【PR】 ツワブキの代用品としてもオススメ! at Rakuten



今育てているツワブキのお隣に地植えにしようと思いましたが、同じ丸葉ですし、それでは芸がないなぁ~ ホスタとの混色も素敵なお庭を演出してくれそうなので、もう少し植え付け場所を考えなくちゃ~
[黒い葉っぱのリグラリア♪]の続きを読む

艶艶、秋のツワブキ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年11月01日 土曜日 [Edit] 




【学名】Farfugium japonicum
【科名】キク科 Asteraceae 【属名】ツワブキ属 または フキ属
【和名】石蕗ツワブキ) 【英名】 Japanese silver leaf
【別名】艶葉蕗ツヤハブキ) 火傷草ヤケドグサ石蕗イシブキ
【性状】耐寒性多年草  【花期】10月~11月
【原産地】日本 台湾 中国南部
【用途】地植え 鉢植え シェードガーデン

黄色の花ってお写真に写そうとすると、色が飛んでしまうというか・・・
なかなか上手に撮れない・・・ _| ̄|○

本当はもっと黄色が濃いのですが、満開となったツワブキのご紹介です。
と申しますか、少々ご紹介が遅くなっておりまして、ほとんど終わりかけております^^;

【PR】 いまだに入手できていない斑入り種が欲しいなぁ~♪ at Rakuten

毎年、毎年、言っているのでもう聞き飽きたというかたもおられるでしょうが、やはりシェードガーデンならば白っぽいものがあると良いと思いません?
なので、我家にある緑一色のツワブキに変わって、斑入りのものに据え変えたいのですけど、いつもこのツワブキのことは後回しになってしまって、お花が咲くと欲しくなるんですよ。
斑入り種 (笑)

200810 秋のお花アルバム

蛇足ですが、10月に咲いていたお花をコラージュにしてみました!


[艶艶、秋のツワブキ]の続きを読む

秋だけど冬秋桜・・

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年10月31日 金曜日 [Edit] 




【学名】Bidens laevis ‘Kotohime’
【科名】キク科 Compositae Asteraceae【属名】センダングサ属
【和名】ウィンターコスモス 【英名】Winter cosmos, Bidens,Bur-marigold
【別名】ビデンス 【品種名】琴姫(コトヒメ)
【原産地】メキシコ・北アメリカ 【性状】耐寒性宿根草

昨年の12月にゲットしたウィンターコスモスが今が盛りと、秋空に向かって高く高く咲いています。
秋の空って、どうしてこんなに高く見えるのかしらぁ~~と思いつつ、鼻水をすすりながらしばしうっとりのすぅでございます(笑)

クリームイエローの花びらとのコントラストがよいわぁ~

【PR】 微笑み、えくぼ、誠心、イエローキューピットなどなど品種も豊富なウィンターコスモスは秋から咲き始めます! at Rakuten

秋まで鉢植えで管理すること、一年。
あまりに成育旺盛で2メートル近くまで背が伸びてしまい、鉢植えでは管理できなくなって、その上根っこは鉢からはみ出してました^^;

庭に植え付けしたときに、半分くらいは切り戻したのですが、この子の場合夏までに切り戻しをしないとこんもりと咲いてくれないとウワサで聞いていたので、もしかすると切り戻しをした時期が遅すぎたかも?と心配だったのですが、切り戻した部分にもお花が咲いてくれました。

chiemiiさんちの子は、もっとこんもりとたっぷりのお花が咲いています!

10月を振り返ると、色々なお花が咲いてくれました!

2008年10月に咲いた花

そんなお花たちの中でもこのウィンターコスモスは大のお気に入りになりました~

我家の場合には、9月中に切り戻しても大丈夫のようです。
後はこの後、地植えでもちゃんと越冬できるかどうかの実地検証を残すのみです。
鉢植えで越冬させたほうが、失敗は少ないのだろうと思うのですけど・・
保険をかけていなかったことに気がつきましたかお
庭に切り戻したときの茎をただただズボっと挿してあるものもあったのですが、そういえばあの子たちはどうしたかしら? ずっと風邪を引いていて、じっくりお庭の警邏をしていないのです。
[秋だけど冬秋桜・・]の続きを読む

やっと・・・紫色のダリア

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年10月19日 日曜日 [Edit] 




【学名】Dahlia cav.
【科名】キク科 Compositae 【属名】ダリア属
【和名】ダリア 【英名】Dahlia(ダリア) 【別名】(天竺牡丹テンジクボタン
【原産地】メキシコ、グアテマラの産地
【性状】非耐寒性塊根植物 【花期】6~10月 【草丈】100~150cm 【植付け】3~5月
【用途】花壇 鉢植え 切花

ダリア‘ベリーニ’白色ポンポン咲きのダリアが開花しておりますが、三番手に開花し始めたのがこの紫色系の中輪系のダリアです。

これまで咲いたダリアの中では小さめで、お花の大きさはさほど大きくないのですが、色がぐっとくるシックな色あいで、秋の庭を彩ってくれているます。

もう~~~ やっと・・・です。

すっかり秋も深まって、最低気温も10度をちょっと超える程度しかなくなってしまっていますので、どのダリアもちょっと欲求不満気味ではないでしょうか。

どれもなんとか咲いているけど、思いっきり咲けてはいないという印象です(;´▽`lllA``

【PR】 ダリアを探そう♪  at Rakuten

霜などが降りてしまっては、もはや終焉となってしまうので、もっと温かで晴天の日が続いてくれないとすべてのダリアを見ることができないんです。本当はあと三種類のダリアを今年は植えつけたのですが・・・ やっぱり私はダリアを育てるのが下手だなぁ~ _| ̄|○
[やっと・・・紫色のダリア]の続きを読む

宿根草ユーパトリウム ’チョコレート’

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年10月16日 木曜日 [Edit] 




【学名】Eupatorium rugosum 'Chocolate'
【科名】キク科 Compositae 【属名】ユーパトリウム属 またはヒヨドリバナ属
【和名】丸葉藤袴ハルバフジバカマ) 【英名】Tall Boneset(トールボネゼット) White snakeroot(ホワイトスネークルート) 
【別名】玉咲き銅葉藤袴タマザキドウバフジバカマ
【草丈】100cm 【花期】夏~秋
【原産地】北アメリカ
【性状】耐寒性宿根草 【用途】鉢植え 庭植え

これも10月に入手した苗ですが、育てるのがカンタンで丈夫な黒っぽい葉っぱのものが欲しくて、選んだものです。

我家には藤袴があり、桃色の花を咲かせている途中ですが、同じ仲間であります。
成育旺盛で地下茎で増え、他の子たちを脅かすほどの勢い。春先などには余分な根っこを抜き取ったりしなければならないのですが、そんな成育旺盛な子ですので、日陰だろうが用土に多少問題があろうが、必ず毎年咲く花です。

今回入手したものは、小種名がルゴサムというもので、丸い葉っぱとブロンズグリーンの葉っぱが良い感じ。先端にフワフワとした白いお花を咲かせます。
もう少し暗めの色の葉っぱを期待していたのですが、それほどでもなかったなぁ~

この子も10月5日に他の宿根草などと寄せ植えにしてあります。
ワイルドオーツは和風でしたが、今回は足の長い鉢に入れて、玄関先の背面を飾れるようなイメージで作りました♪
ルリマツリモドキと宿根アマそして斑入りのヤブランが仲間です。


宿根草ユーパトリウム ’チョコレート’
価格 300円
【PR】 ユーパトリウムを育てよう♪ at Rakuten



大きく育ってきたら、今度は和風に仕立ててみたいなぁ~と思っています。
庭植えですと草丈が1mにも達する大型の草花ですが、鉢植えで管理するとそれなりに小さめに育てることができますし。
[宿根草ユーパトリウム ’チョコレート’]の続きを読む

キイロのコレオプシス♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年10月08日 水曜日 [Edit] 




【学名】Coreopsis verticillata
【科名】キク科 Asteraceae 【属名】コレオプシス属
【和名】糸葉春車菊(イトバハルシャギク) 【英名】Threadleaf Coreopsis
【別名】宿根コスモス  【原産地】北アメリカ
【性状】耐寒性宿根草 【草丈】60cm 【花期】9~10月
【用途】地植え 鉢植え 

昨年来、植え付け場所を変えてあげたところが気に入ってくれたのか、とても大きな株となり、草丈も以前半日陰のようなところにあったときとは、エライ違い!

見事に大きくなり、花つきもよいキイロのコレオプシスです。  

【PR】 咲き姿も様々!コレオプシスを育てよう~♪ at Rakuten

丈夫で虫や病気の心配もほとんどなく、手間要らず!
今度は、桃色なども入手したいと思っている私です。常々目標とし、自分の庭のテーマとして目指したいのは「自活する庭」ですが、このコレオプシスはまさに適材といったところです。
このコーナーには、春は苧環、シラン、水仙などがさき、春から秋にはサルビア‘ホットリップス’そして秋になるとこのコレオプシスにバトンタッチするのです。
あっ、そうそう足元には、ダイアンサスが時々思い出したように咲きますし、今はコルチカムも咲いています。
[キイロのコレオプシス♪]の続きを読む

閉鎖花、千本槍の秋♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年10月07日 火曜日 [Edit] 



【学名】Gerbera anandria または Leibnitzia anandria
【科名】キク科 Asteraceae 【属名】センボンヤリ属
【和名】千本槍センボンヤリ
【別名】紫蒲公英ムラサキタンポポ
【性状】耐寒性宿根草   【草丈】10cm  【花期】3~4月
【用途】鉢植え 地植え 切花

タンポポみたいでしょう~~?

でもタンポポではないんだなぁ~ 今日は千本槍という草花が種を飛ばしているところをご紹介しています。昨年もこの種が飛び、新たに咲いた千本槍もありました。

鉢植えと地植えの両方で栽培中です!地植えのほうは、ちょっとかわいげが無いほどに背丈が高くなり、20センチくらいになっちゃってます(;´▽`lllA``
鉢植えのほうは、鉢の大きさにもよりますが、小さめの鉢で育てているものは、やっぱりこじんまりとかわいく咲いてくれるので、私は鉢植えのほうが好きです。

Gerbera anandria - 千本槍(センボンヤリ)
春にはこんなにかわいいお花を咲かせるセンボンヤリ
【PR】 かわいい山野草を盆栽仕立てで育ててみよう! at Rakuten
春にアップするのを忘れていたみたいです・・ このお写真は2年前のものです(^^ゞ



千本槍もお隣のオジサマから拝領したもので、元気に育ってくれているのが、とても嬉しい♫
でも少々、雑草化しつつある千本槍・・・ (;´▽`lllA`` 少し整理しなくちゃ~ 
お隣の大切にしているサクラソウをなぎ倒す勢いです(笑)
[閉鎖花、千本槍の秋♪]の続きを読む

斑入り紺菊の白い葉っぱ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年10月02日 木曜日 [Edit] 



【学名】Aster ageratoides var. ovatus
【科名】キク科 Compositae 【属名】アスター属 または シオン属
【和名】野紺菊ノコンギク) または 紺菊コンギク
【英名】【別名】
【原産地】日本  【性状】耐寒性宿根草 【花期】9~10月
【用途】地植え 鉢植え 寄せ植え 

ずっと名前がわからなかった菊でしたが、ようやく判明しました!

でも、間違っていたりして!? ラベルが無かったのと、どうも旅先で購入したものでお店へ再び行くことができず・・ 100%の自信は無いのですけど、恐らくノコンギクの園芸品種ではなかろうかと。

斑入りの葉っぱがとても美しく、モノによっては葉っぱのすべてが白色になってくれたりするんです。
かわゆいでしょう~?

【PR】 紺菊を育ててみよう♪ at Rakuten

本当は日向のほうがよいのかもしれませんが、私はこの斑入りをキープしたいので敢えて日当たりバリバリの場所では育てずに、半日陰くらいのところで育てています。
そのため、倒れやすいんですけど(^^ゞ

そして、少しでも緑色の葉っぱだけのものが成長しはじめたのを見つけたら、切り取って斑入りの葉っぱだけを残すようにしているんですよ~~

でも半日陰で育てているせいで、花つきはいまひとつ^^;
日向で育てたら、もっともっとたくさんのお花が咲くのでしょうが、この子に限っては斑入りの葉っぱを愉しみたいので、お花は逆にちょこっとだけ咲いてくれるくらいのほうが、儚い感じが残るのでスキなんです。
[斑入り紺菊の白い葉っぱ]の続きを読む

ダリア‘ベリーニ’の秋♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年09月23日 火曜日 [Edit] 



【学名】Dahlia cav.
【科名】キク科 Compositae 【属名】ダリア属
【和名】ダリア 【英名】Dahlia(ダリア) 【別名】(天竺牡丹テンジクボタン
【原産地】メキシコ、グアテマラの産地
【市販名】ギャラリーシリーズ ‘ベリーニ’
【性状】非耐寒性塊根植物 【花期】6~10月 【草丈】100~120cm 【植付け】3~5月
【用途】花壇 鉢植え 切花

秋のダリアも見事です!
暑さが一段落したからなのか、気温も影響しているのかしらん?

Dahlia cav. - ダリア 大型種
前回の記事にある写真
と比べていただくと、お分かりいただけるのですが、ダリア‘ベリーニ’のお花の色がとても濃くなってきています。


初めて育てたものですから、焦って記事にしてしまいましたが、前回のものは本当の姿ではありませんでした。さらに色濃くなったベリーニはかわいいというよりも高貴な感じすらいたします。
 
ダリアは夏に咲く花というイメージですが、早く咲き始めたものは切り戻しをすることで秋にも開花します。でも前回もお話したように、我家ではこれが始めての花。

一輪目が月に入ってから咲き始めたのです。
そしてゆっくりと二番目の花が開花しはじめました~ ヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノへ(^^ヘ)(ノ^^)ノ ちゃんかちゃんか♪

【PR】 ダリアを探そう♪  at Rakuten

少し液肥をあげたことが功を奏したのかもしれません。
花の色に本来の濃い紫がかったピンク色が現れて、それはそれは素敵です。
[ダリア‘ベリーニ’の秋♪]の続きを読む

ダリア‘ベリーニ’の一番花♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年09月09日 火曜日 [Edit] 



【学名】Dahlia cav.
【科名】キク科 Compositae 【属名】ダリア属
【和名】ダリア 【英名】Dahlia(ダリア) 【別名】(天竺牡丹テンジクボタン
【原産地】メキシコ、グアテマラの産地
【市販名】ギャラリーシリーズ ‘ベリーニ’
【性状】非耐寒性塊根植物 【花期】6~10月 【草丈】100~120cm 【植付け】3~5月
【用途】花壇 鉢植え 切花

白色の大型種ポンポン咲きダリアが開花してから、もう1ヶ月近くなってようやく二個目のダリアが開花しはじめています!前回のダリア同様いただいた球根から育てているものなので、開花してくれてホッとしているところなのですよ~~ (o^-')b  無事に咲いてくれました!とご報告ができて私もとても嬉しいのです。
 
ダリアには「デコラ咲きや」「コラレット咲き」「カクタス咲き」「ボール咲き」などいろいろあり、これはアメリカ・ダリア・ソサエティにより、16種類の咲き方に分類されたもののようです。
Wikipediaのダリアの頁をご参照ください。

今日ご紹介のダリアは、「カクタス咲き」のもので、大型種。
数え切れない細型の花弁に桃色と白色のグラデーションが素敵です。

もう9月になってしまっていますが、やはり植え付けの時期が少し遅すぎたのでしょうね。それに一時雨ばかり降ったりしていたのが、ダリアにとってはストレスだったのでしょう。
このところ、やっと気温が上昇し、雨から開放されてご機嫌が直ったみたいです。

【PR】 ダリアを探そう♪  at Rakuten

もしかすると皆さんのところでは、すでに切り戻しをされた株が、二番花をつけ始めているころなのでは?
時期的にも私のところでは二番花までを楽しめることは無いと思うので、切り戻しはせず、花柄のみを摘み取りながら、この株をじっくりこの秋堪能したいと思います。
[ダリア‘ベリーニ’の一番花♪]の続きを読む