スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋にもたくさん!ロマンチカ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年09月26日 土曜日 [Edit] 




【学名】Clematis 'Romantika'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Romantika'
【系統】ジャックマニー系 Jackmanii 【咲き方】四季咲き(5~6月) 中輪咲き
【花径】8~12センチ 【高さ】200~300センチ【耐寒性】強い
【花色】黒色っぽい濃紫 【剪定】強い剪定 新枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】ロマンチカ
【作出者】Uno Kivistik, U. & A. Kivistik, Estonia in 1987
【用途】鉢植え 庭植え 切花
【備考】#C040

返り咲くタイプのクレマチスは、我家ではこの‘ロマンチカ’がバツグンにカッコイイのです。‘プリンス・チャールズ’君も頑張ってはくれたのですが、今年はサビ病が発生してしまったりして、イマヒトツでした。

でもなぜか、この‘ロマンチカ’にはほとんど発症せず・・・ 不思議です。

なぜかというと、この子の隣にはユーフォルビアと紫陽花‘クレナイが覆いかぶさるようになってしまって、風通しは悪そうですし^^;

なのに、これまでには無いほどのたくさんの花数となった今年。そんなにたくさん肥料をあげた覚えもないし、この植えつけた場所がすっかり気に入ってくれたらしいです。


【PR】クレマチス ’ロマンチカ’は、おぎはら植物園さんちで、525 円也~

ジャックマニー系のクレマチスを探そう! at Rakuten


でも、ひとつ残念なことがあります。
私の構想どおりには蔓が延びてくれなかったので、折角お花が咲いたというのに、ユーフォルビアに隠れてしまってあまりよく見えないのです。
ユーフォルビアも紫陽花もかなりの大株になっちゃってますので(^^ゞ 両者よりももっと上のほうで咲いてもらわないとなぁ~ 春の花後に剪定したときに、もう少し蔓を長めに切ればよかったのでしょうけど・・・
[秋にもたくさん!ロマンチカ]の続きを読む
スポンサーサイト

ロマンチカとクレナイと・・・

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年06月16日 火曜日 [Edit] 




【学名】Clematis 'Romantika'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Romantika'
【系統】ジャックマニー系 Jackmanii 【咲き方】四季咲き(5~6月) 中輪咲き
【花径】8~12センチ 【高さ】200~300センチ【耐寒性】強い
【花色】黒色っぽい濃紫 【剪定】強い剪定 新枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】ロマンチカ
【作出者】Uno Kivistik, U. & A. Kivistik, Estonia in 1987
【用途】鉢植え 庭植え 切花
【備考】#C040

そもそもこの子は、黄色のモッコウバラとの競演を狙って地植えしたはずでした(^^ゞ
ですが、花期がずれておりまして・・・ 
反対側の半日陰に地植えにした山紫陽花の紅(クレナイ)との競演を愉しむこととなり、私としては結果オーライ ^0^

クレナイが私の予想以上に大きく成長し、といっても1メートルちょっとの樹高であります。
で、ロマンチカの下部につけた蕾がひょっこりと山紫陽花から顔を覗かせるようなトコロもあって、いい感じです。


【PR】クレマチス ’ロマンチカ’は、おぎはら植物園さんちで、525 円也~

ジャックマニー系のクレマチスを探そう! at Rakuten


といいますか、どちらかというと見る角度によって(シェードガーデンを奥手に見ると)は、紫陽花を背景として、深い紫色のロマンチカがとっても栄えるのです。

クレマチスというのは、洋風にも和風にも良く似合うわぁ~ と改めて感動 ^0^
[ロマンチカとクレナイと・・・]の続きを読む

フルディーンを地植えに(^^ゞ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年04月23日 木曜日 [Edit] 




【学名】Clematis 'Huldine' 
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Huldine' 
【系統】ビチセラ系(Viiticella) × ジャックマニー系(Jackmanii) 
【咲き方】一重咲き 遅咲き 四季咲き(6~10月) 大輪咲き
【花径】6~8 センチ 【高さ】300~600センチ 【耐寒性】強い
【花色】パールホワイト 【剪定】強剪定 新枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】フルディーン   【別名】
【作出者】 1934年 Francisque Morel(フランス リヨン)
【受賞】RHS Award of Merit in 1934 ・ RHS Garden Merit in 1984
【用途】鉢植え 地植え 切花
【備考】#C025

昨年の春に購入し、その年の秋に鉢増ししていた‘フルディーン’がこの春とても元気のよい芽を出し始め、いつもの悪い癖で地植えにしたくなってしまいました・・・

本当ならあと一年は、鉢植えで管理する予定でしたが・・・ そもそも鉢増ししたときにやや小さい鉢を選んでしまったこともよくなかったのです。 どうみても今年秋まで持たなさそうだし、ええいままよとばかりに、お庭のほぼ真ん中に設置したオベリスクの足元に植えてしまいました(;´▽`lllA``

‘フルディーン’は、賞もいただいている良種で、成育が早く強健で育て易い品種ということもあり、二年生になったので、なんとかなるのではないかしらんと思ったわけです。

春に出てきた芽の部分まで隠れるようにして地面に植えたのですが、あっという間に地面からニョキニョキと芽を伸ばしはじめたかと思ったら、数日で蔓がびよ~~んと伸びてきています。よかったぁ~と思っていたのも束の間。

伸びはじめた蔓に元気がないっ! オロオロ・・・ だっ、大丈夫だろうか。
もうこれ以上はいじれませんので、このまま経過を見守るしかありません。


クレマチス ’フルディーン’ 2年苗 価格 1,575 円
暑さの中でも白い花がびっしり咲くクレマチス! 扱いが楽な二年生をオススメします♪
【PR】 クレマチス‘フルディーン’を探そう♪ at Rakuten


上のおぎはら植物園さんちの写真のようにすべてを多い尽くすほどのお花がオベリスク全体に回るようになれば、かなり見ごたえがあるはず!

嗚呼、夏場に咲いてくれたら、白いお花が涼を運んでくれそう~です♪が、最大で全長が6メートルとなりますと、多い尽くすとまでにはいかないかな。でもオベリスクが全部隠れてしまうようでも、見せ方としてはNGかしらぁ~ などと、まだまだ先のコトを心配している私です(笑)

お願い! 生き残って!
[フルディーンを地植えに(^^ゞ]の続きを読む

クレマチス フルディーン

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年10月15日 水曜日 [Edit] 




【学名】Clematis 'Huldine' 
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Huldine' 
【系統】ビチセラ系(Viiticella) × ジャックマニー系(Jackmanii) 
【咲き方】一重咲き 遅咲き 四季咲き(6~10月) 大輪咲き
【花径】6~8 センチ 【高さ】300~600センチ 【耐寒性】強い
【花色】パールホワイト 【剪定】強剪定 新枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】フルディーン   【別名】
【作出者】 1934年 Francisque Morel(フランス リヨン)
【受賞】RHS Award of Merit in 1934 ・ RHS Garden Merit in 1984
【用途】鉢植え 地植え 切花
【備考】#C025

‘フルディーン’は、真夏の暑い日差しの中でもびっしりと白い花を咲かせるというので、今回選びました。我家では、春先にはモンタナ系がたくさん咲いてくれるのですが、モンタナが終わってしまうと、びしりとダイナミックに咲いてくれるクレマチスが無いのです。

Clematis on the Webサイトでの説明によるとフランスのモレル氏が育て、1934年イギリスのErnest Markham 氏により登録された品種で、実際にはWilliam Rollinson氏の作出ではないかとされている‘フルディーン’は、賞もいただいている良種です。

成育が早く強健で育て易い品種というおぎはら植物園さんの説明を信じ、購入しました!
もっとも一年生苗なので、来年の夏は咲いてくれたとしても大量には咲いてくれないかもしれませんが。


クレマチス ’フルディーン’ 2年苗 価格 1,575 円
暑さの中でも白い花がびっしり咲くクレマチス! 扱いが楽な二年生をオススメします♪
【PR】 クレマチス‘フルディーン’を探そう♪ at Rakuten


本来、強剪定する種類のものですが、手元に届いた苗はまだすごく小さいので、剪定はせずにそのまま鉢増しただけにとどめました。
10月5日に鉢増し作業が終了しています。本当は完全に休眠に入ってからのほうが良いのだと思うのですが、寒さの中で作業するのはとても辛い私・・・ 
鉢増しする程度ならば、大丈夫かなと思いまして今回購入した苗はすべて10月初旬に終わらせてしまいました。
[クレマチス フルディーン]の続きを読む

第二弾!ロマンチカ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年07月31日 木曜日 [Edit] 

Clematis 'Romantika' - クレマチス ジャックマニー系 ‘ロマンチカ’


【学名】Clematis 'Romantika'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Romantika'
【系統】ジャックマニー系 Jackmanii 【咲き方】四季咲き(5~6月) 中輪咲き
【花径】8~12センチ 【高さ】200~300センチ【耐寒性】強い
【花色】黒色っぽい濃紫 【剪定】強い剪定 新枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】ロマンチカ
【作出者】Uno Kivistik, U. & A. Kivistik, Estonia in 1987
【用途】鉢植え 庭植え 切花
【備考】#C040

ここ数日、立て込んでおりまして・・・
皆様のところへも伺えず、このブログのアップも儘ならず、申し訳ありません m(__)m

コメントへのお返事も滞ってしまって、折角お越しいただいているというのに、今日はクレマチスロマンチカのお写真の羅列となってしまっておりますが、ご容赦ください。

【PR】 ロマンチカをゲットしよう!at Rakuten

6月に一輪だけ咲いたロマンチカ。
その後の行方が気になっていたのですが、7月になってから蕾がどんどんでてきてくれました。

ほっ。
[第二弾!ロマンチカ]の続きを読む

(-公-;)ムムッ 一輪だけのロマンチカ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年06月17日 火曜日 [Edit] 

Clematis 'Romantika' - クレマチス ジャックマニー系 ‘ロマンチカ’

Clematis 'Romantika' - クレマチス ジャックマニー系 ‘ロマンチカ’
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis 'Romantika'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Romantika'
【系統】ジャックマニー系 Jackmanii 【咲き方】四季咲き(5~6月) 中輪咲き
【花径】8~12センチ 【高さ】200~300センチ【耐寒性】強い
【花色】黒色っぽい濃紫 【剪定】強い剪定 新枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】ロマンチカ
【作出者】Uno Kivistik, U. & A. Kivistik, Estonia in 1987
【用途】鉢植え 庭植え 切花
【備考】#C040

今年は成育具合が悪いなぁ~ やっと一輪目の花をつけてくれた初夏咲きのジャックマニー系‘ロマンチカ’ですが、なんと今のところこの一輪のみ。
他にはまだ蕾を発見できていないんです。

どうしたんだろー

誘引はきっちり行ってきたのですが、今年は肥料が足りなかったのかなぁ~
がっかり・・・

でもまだまだ復活してもらえる可能性は十分にあると思っているので、様子を見ながら頑張りたいと思っているのですが・・・

【PR】苗をゲットできるかな? Rakutenでサーチ!

お隣にいるユーフォルビアやモッコウバラがすんごく大きくなっているので、それらに栄養を吸い取られてしまって、この子にはいきわたらないのかもしれません ~(〃´o`)=3

でも開いてくれた一輪目の花は写真で見るよりももっと濃い紫色といいますが、黒色に近い感じj♪
私好みのクレマチスであります!モチロン、昨日の‘プリンス・チャールズ’のように、涼しげなブルーも好きなんですけど、こうしたシックな装いのクレマはもっと好き♪
[(-公-;)ムムッ 一輪だけのロマンチカ]の続きを読む

バイバイ^^ ‘ロマンチカ’

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年11月22日 木曜日 [Edit] 

Clematis 'Romantika' - クレマチス ジャックマニー系 ‘ロマンチカ’

Clematis 'Romantika' - クレマチス ジャックマニー系 ‘ロマンチカ’
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis 'Romantika'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Romantika'
【系統】ジャックマニー系 Jackmanii 【咲き方】四季咲き(5~6月) 中輪咲き
【花径】8~12センチ 【高さ】200~300センチ【耐寒性】強い
【花色】黒色っぽい濃紫 【剪定】強い剪定 新枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】ロマンチカ
【作出者】Uno Kivistik, U. & A. Kivistik, Estonia in 1987
【用途】鉢植え 庭植え 切花
【備考】#C040

春から秋にかけて咲き続けてくれた‘ロマンチカ’もとっくに最後の一輪を散らしてしまい、枯れ葉とが混在しているような状態になっています。

冬の間はすっかり葉っぱは枯れるのですが、今年はどのくらい剪定しようかなぁ~ 
お隣に植えてあるモッコウバラがすごい勢いで伸びてしまったために株元はかなりの日陰になってしまっています。

現在の蔓が延びた位置ですと太陽が当たるので、あまり極端に剪定しないほうが良いようにも思っているのですが・・・
[バイバイ^^ ‘ロマンチカ’]の続きを読む

返り咲きのクレマチス‘ロマンチカ’

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年09月21日 金曜日 [Edit] 

Clematis 'Romantika' - クレマチス ジャックマニー系 ‘ロマンチカ’

Clematis 'Romantika' - クレマチス ジャックマニー系 ‘ロマンチカ’
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis 'Romantika'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Romantika'
【系統】ジャックマニー系 Jackmanii 【咲き方】四季咲き(5~6月) 中輪咲き
【花径】8~12センチ 【高さ】200~300センチ【耐寒性】強い
【花色】黒色っぽい濃紫 【剪定】強い剪定 新枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】ロマンチカ
【作出者】Uno Kivistik, U. & A. Kivistik, Estonia in 1987
【用途】鉢植え 庭植え 切花
【備考】#C040

昨日のハゼランの記事でも少し触れておりました‘ロマンチカ’の今年最後の姿を記録に残しておこうと思います。
初夏に地際から、二節残して、切り戻しをしておいたものです。

‘ヘンダーソニー’と同様に、秋に咲いてくれたものは、お花の大きさは小ぶりでしたが、地植えにして一年目にしてはなかなかのもので、8つのお花がほぼ同時に咲きました。

濃い紫色の‘ロマンチカ’は、優美でかわいらしいというよりもシックな装いです。大抵の場合、葉っぱがでているところから二つの蕾があがるので、咲いたらお互いに邪魔になるのではないかしらと思うのですが、ちゃんと上手にお互いの花を咲かせます。
[返り咲きのクレマチス‘ロマンチカ’ ]の続きを読む

Clematis 'Romantika'

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年06月14日 木曜日 [Edit] 

Clematis 'Romantika'

Clematis 'Romantika'

 

【学名】Clematis 'Romantika'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Romantika'
【系統】ジャックマニー系 Jackmanii 【咲き方】四季咲き(5~6月) 中輪咲き
【花径】8~12センチ 【高さ】200~300センチ【耐寒性】強い
【花色】黒色っぽい濃紫 【剪定】強い剪定 新枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】ロマンチカ
【作出者】Uno Kivistik, U. & A. Kivistik, Estonia in 1987

6月の初旬からポツポツと咲き出してくれているのが、‘ロマンチカ’。
昨年購入した一年苗を二年目になる今年、早春に地植えにしたところ、小さいながらもお花が咲いてくれました~ Y(=▽=)Y~☆

今年は朝の警邏で、カタツムリやナメクジを多数発見!
このロマンチカもお花をナメクジになめられてしまって、ぼろぼろになってしまったものもありましたが、記念撮影はできました。
[Clematis 'Romantika' ]の続きを読む