スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒竜の冬

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年01月13日 火曜日 [Edit] 




【学名】Ophiopogon planiscapus
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ジャノヒゲ属
【和名】大葉蛇の髭オオバジャノヒゲ) 【英名】Mondo grass / Lilly Turf  【別名】竜の髭リュウノヒゲ
【品種名】黒竜コクリュウ) 
【原産地】中国 日本 【性状】耐寒性宿根草(-15℃) 【花期】 6~7月 【花色】淡紫色
【用途】寄せ植え グラウンドカバー シェードガーデン

このコクリュウはユリオプスデイジー、ラナンキュラスとともにテラコッタに寄せ植えしてあるのですが、2007年秋から植え替えずに放置状態^^; 一緒に植えていたガーデンシクラメンがダメになってしまったので、抜き取ったため、空間ができてしまってます。
その隙間にパンジーでも植えてあげればよかったのですが、まだ手をつけていないので貧相な寄せ植えの鉢で、全体像のご紹介はできずコクリュウのアップばかりですみません m(__)m

地植えにできる葉っぱ系でグラウンドカバーにできるジャノヒゲ系は、とても扱いやすく私はリュウノヒゲやオオバジャノヒゲを随分とお庭に植えているのですが、この子はまだ一株だけなので大事に鉢植えで管理中です。でももしかするとお庭に下ろしてあげたほうが返って伸びやかに育てることができるのかもしれません。

【PR】 コクリュウをゲットしよう~! at Rakuten

もう少し増えてくれると他の鉢モノにも多用できて嬉しいのですが、地下茎で増えてゆくこの子には今現在、新しい芽が一つだけでまだあまり増えてくれていないのです。
もう少し買い足そうかなぁ~ 黒色に弱い私は、このコクリュウが大好きなんですよ~
[黒竜の冬]の続きを読む
スポンサーサイト

斑入りジャノヒゲ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年01月18日 金曜日 [Edit] 

Ophiopogon japonicus - 大葉蛇の髭(オオバジャノヒゲ)

Ophiopogon japonicus - 大葉蛇の髭(オオバジャノヒゲ)
 今日の一句 「小ぶりでも 鋭い葉っぱは 剣のごとし 」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Ophiopogon japonicus
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ジャノヒゲ属
【和名】大葉蛇の髭(オオバジャノヒゲ) 【英名】Mondo grass / Lilly Turf 【別名】竜の髭(リュウノヒゲ
【品種名】白竜(ハクリュウ) または 斑入り玉竜(タマリュウ)
【原産地】中国 日本 【性状】耐寒性宿根草(-15℃)

我が家にはコレ系のものが数種存在しております。
一番のお気に入りは黒い色をした「黒竜」。もっとも一般的なもので緑一色の「玉竜」とその斑入り縦縞。それよりも葉っぱが長い大葉系とその斑入り種。

ジャノヒゲ系は名前が色々あって、呼ばれ方も統一されていないので、いつもこんがらかってしまいます(汗)

今日は大葉系で斑入りのものをご紹介しております。

寒さにも暑さにも強く、どんどん殖えるので昔から下草として日本庭園などでも用いられていますが、我が家でもスキマを埋める植物として、また土留めのような使い方をしています。

でもこの斑入り種は別モノ。まだあまり増えていないので、寄せ植えなどに使っています。

まだ「散竜(チルリュウ)」を入手していないので、次に欲しいなぁ~と思い、出会いを待っているところです。ネットで買うほどでもないかなぁ~と思いつつ、検索しちゃいました。
[斑入りジャノヒゲ]の続きを読む