スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨーグルトでアンティークに!?

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年07月21日 火曜日 [Edit] 




【学名】Rosa wichuraiana Crp.
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属 Rosa
【系統】原種系 【開花時期】一季咲き 【香り】微香
【花形】平咲きで房咲き 【樹形】這性系 
【英名】ローサ ウィクライアナ  【別名】ハイイバラ / メモリアルローズ
【花色】白 【樹高】50~100cm 【花径】小輪系 3cm
【流通名】照葉野茨(テリハノイバラ)  【性状】落葉つる性木本
【命名者】 Francois Crpin(1830-1903)
【用途】地植え 鉢植え 

大きくなってしまうので、鉢管理しているテリハノイバラも7月中旬までには咲き終わりました。
小さい鉢なのに、思いのほか伸びて、さすがはテリハノイバラちゃん、頑張るわぁ~
場所さえあれば、壁に這わせたいところですが、今の我家の状態ではちょっと無理^_^;

ハンギングで育てていたテリハノイバラでしたが、冬に素焼きの鉢に植え替えました!
苔むして、なかなか渋い感じの鉢になっておりますでしょう~ ・・ヘ(^o^)/
この鉢には特に何も施していないのですが、自然と鉢に苔がまわってくれたんですよ~

裏ワザとして、素焼きの鉢にヨーグルトを塗っておくと、新しい鉢も一気に年代者の鉢になってくれるそうです。


【PR】桃花 テリハノイバラ(照葉野薔薇)は、日本花卉ガーデンセンターさんちで1,260 円也~

テリハノイバラを探そう! at Rakuten


ちょっと残念なのは、黄金色のシベがあっという間に茶色へ変化してしまうところですが、それでもごく小さな苗を求めて育て始めてから、二年目に咲いた花は二十個ほどはあったでしょうか。
限られた鉢の中で蔓を伸ばしこれだけ咲いたのは驚きました。

最盛期のときには、鉢の大きさとちっともマッチしていなくて、見ていてかわいそうなほどでした。
ツルバラを盆栽のように仕立てるのは難しいのでしょうが、この子のことはなんとか鉢植えでこじんまりとした姿を愉しみたいと思っているのです。
[ヨーグルトでアンティークに!?]の続きを読む
スポンサーサイト

テリハノイバラの挿し芽

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年12月02日 日曜日 [Edit] 

Rosa wichuraiana Crp. - 照葉野茨(テリハノイバラ)

Rosa wichuraiana Crp. - 照葉野茨(テリハノイバラ)
 今日の一句 「幼苗に 心託して 秋の暮れ」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Rosa wichuraiana Crp.
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属 Rosa
【系統】原種系 【開花時期】一季咲き 【香り】微香
【花形】平咲きで房咲き 【樹形】這性系 
【英名】ローサ ウィクライアナ  【別名】ハイイバラ / メモリアルローズ
【花色】白 【樹高】50~100cm 【花径】小輪系 3cm
【流通名】照葉野茨(テリハノイバラ)  【性状】落葉つる性木本
【命名者】 Francois Crpin(1830-1903)

パソコンが壊れてしまって修理に出して降りましたり、諸般ございましてほぼ2週間ブログをお休みさせていただいてしまいました。
昨今、2週間もお休みしたということは無く、折角お残しいただいたコメントにお返事が出来なかったこと、またブログへも伺えなくて本当にすみませんでした m(__)m 記事のほうは予約タイマーの機能を働かせておりましたので、勝手に進行しておりましたが、自分はその記事を読めないという日々。この2週間というものほんとうにストレスでした・・・

12月に入り、今日からは通常の生活に戻れそうです^^ 勝手なことを申しますが、またよろしくお願いします(o^o^o)

さて、今日は9月に入手したテリハノイバラの苗は、超マイクロミニで未だに10センチほどの高さにしなかっていないのですが、10月に挿し芽をとって地面にぶっつりと挿しておいたものが、この子です。

二本くらいは保険をかけておきたかったのですが、親株のほうがまだまだ幼苗ですので、一本だけとっておきました。

11月になってこの状態ということは、ほぼ根付いてくれたような感じです! ヽ(*^^*)ノ ただこれから冬を迎えますし、まだまだ油断は大敵です。

なぜここに挿し芽をしておいたかと申しますと、この子を花壇の淵どりにしたかったのです。仕立て方として、横に這わせるようにして花壇に用いることができるとものの本に書いてあったので、やってみることにしました。
[テリハノイバラの挿し芽]の続きを読む