スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深い蒼色のブルーバロー

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年05月17日 日曜日 [Edit] 




【学名】 Aquilegia vulgaris var.stellata ‘Blue Barlow’
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属
【品種名】ブルー・バロー
【咲き方】ポンポン咲き 八重咲き 下向き
【和名】 西洋苧環セイヨウオダマキ) 【英名】 Columbine
【性状】耐寒性宿根草
【用途】地植え 鉢植え 

昨年までオールドローズのそばでキレイに咲いていた‘ブルーバロー’の株が枯れてしまったので、残念に思っていたら、ちゃぁ~~んと別の場所で子孫を残していてくれました!

見ごたえのあるゴージャスな八重咲きの子なので、うれしい~ ^0^
一色咲きですが、重なりある青色の花弁には深みがあって、しっとりとした趣がありつつも、華やかな咲きっぷりです。


【PR】 宿根草オダマキ ‘ブルーバロー’は、おぎはら植物園さんちで315 円也~

オダマキを育てよう~! タネからも楽しいですよん^0^ at Rakuten


この子がこぼした種から育ったのかしら?
今年は、この子と全く同じ色あいの一重咲きの子がコンテナの中で育っています。
あるいは体力がなくて、八重になりきれなかったのかなぁ~ オダマキならそんなこともなさそうなのですけど。
ただちょっと記憶力が乏しくなっている私ですが、クレメンタインシリーズのタネを以前買ったことがあるはずなので、この子はクレメンタインなのかもしれず・・・(^^ゞ
[深い蒼色のブルーバロー]の続きを読む
スポンサーサイト

一番元気!ブルーバロー

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年05月14日 水曜日 [Edit] 

<i>Aquilegia vulgaris var.stellata</i> ‘Blue Barlow’ - 西洋苧環 ‘ブルーバロー’


 セイヨウオダマキ、ウルガリス‘ブルーバロー’です!
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】 Aquilegia vulgaris var.stellata ‘Blue Barlow’
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属
【品種名】ブルー・バロー
【咲き方】ポンポン咲き 八重咲き 下向き
【和名】 西洋苧環セイヨウオダマキ) 【英名】 Columbine
【性状】耐寒性宿根草

昨年よりもさらに株が大きくなってくれているように思え、ニンマリしているのがバローシリーズの中でもすがすがしい色あいの‘ブルーバロー’です。
開花して二年目ということもあり、しっかりとした株立ちとなり、バローシリーズのなかでは一番元気です。
この子は種から育てたのではなく、苗で購入したはず!

先日ご紹介したピンク色(種から育てたもの)もかわいらしかったですが、この子はもう少しオトナの風情がございます。
実物はもっと深いネイビーブルーに近い感じの色なのですが、写真ですとちょっと白っぽいなぁ~
下手な写真ですみませんm(__)m 下のお店の写真のほうが実物に近いです。


アクレギア ブルーバロー1鉢 Aquilgia vulgaris Blue Barlow
【PR】ハッピー ガーデンさんではおぎはら植物園さんよりもちょっとお安く、294円で売られているようです。
こちらにはバローシリーズのお写真がすべて揃っているようですので、他の子たちもご覧になれますよん。





薔薇ファンタンラトゥールのお隣に配しているので、二人の競演が待ち遠しいところなのですが、薔薇のほうの開花にはまだもう少し時間がかかりそう。じりじりとして待っている私です。
薔薇に負けまいとして、ぐんぐんと背丈を伸ばしており、次々にお花が咲いてます。
[一番元気!ブルーバロー]の続きを読む