スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローズカメレオンに蕾♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年11月16日 月曜日 [Edit] 




【学名】Helleborus x Hybridus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘレボラス属ヘレボルス属
【別名】クリスマスローズオリエンタリス / ヘレボレ / ガーデン・ハイブリッド / ヒブリドゥス / レンテンローズ
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン
【英名】 Lenten rose (hellebore) 【別名】雪おこしユキオコシ
【品種名】ローズカメレオン Party Dress  'Rose Chameleon'
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 【花期】2月~4月
【草丈】90センチ 【花径】4~5センチ  【花色】緑色 ~ 紫色
【咲き方】剣弁 八重咲き スポットあり リバーシブル
【生産販売】MIYOSHI パーティドレス系
【備考】#029

今年は前回よりも約1ヶ月早い動きを見せているのが、四年苗であるMIYOSHIのパーティドレス系 ‘ローズカメレオン’です。

昨年の12月にを見つけたときにはそれはそれは驚いたのですが、今年はさらに驚かされまして、11月にを上げてしまったわけです。早咲きのニゲルたちとほぼ同時!
ニゲルにしましても通年は年を越してからが現れてくるので、今年はコレまで育てていて一番早い動きを見せています(o^-')b

Helleborus x Hybridus - ヘラボレス八重咲き ‘ローズカメレオン’

こちらが、今年2月に咲いた‘ローズカメレオン’ちゃんです。
かわいいぃ~~でしょう?
← お写真をクリックすると記事にジャンプします


【PR】まだまだ欲しいクリスマスローズちゃん! at Rakuten 


今日のところはまだはヒトツですけど、一体幾つさいてくれるかなぁ~~と愉しみ♪
昨年初めて咲いた‘ローズカメレオン’は、3つくらいしか咲かなかったような記憶があるのですけど、今年は鉢増しもいたしておりますし、のびのび大きく開花して欲しいものです。

でも蕾の大きさでいうと、昨年とあまり変らないのです。
[ローズカメレオンに蕾♪]の続きを読む
スポンサーサイト

株分け決行!古参の八重咲きヘラボ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年11月08日 日曜日 [Edit] 




【学名】Helleborus x Hybridus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘレボラス属ヘレボルス属
【別名】クリスマスローズオリエンタリス / ヘレボレ / ガーデン・ハイブリッド / ヒブリドゥス / レンテンローズ
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン
【英名】 Lenten rose (hellebore) 【別名】雪おこしユキオコシ
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 【花期】2月~4月
【草丈】90センチ 【花径】4~5センチ  【花色】桃色 ~ 小豆色
【咲き方】剣弁 八重咲き スポットあり
【用途】地植え 鉢植え 切花
【備考】#006

すこぶる元気に育ってくれていた八重咲きクリスマスローズちゃん♪

我家にはオトナのダブル咲きの苗が少ないものですから、個体数を増やす作戦にでました!
そう、株分けしちゃいました~~ ( ̄m ̄*)゚プッ

9月になってあっという間に目が動き始めていたので、焦りつつもなるべく早く分けちゃいましょう!とザックリと大きめに穴を掘り、ハサミで切れない感じでしたので、大型のスコップでザックリと切り分けました。

私ってヒドイ^^;人・・ スコップのほうは消毒もしておりませんし(^^ゞ もっとちゃんと土も落としてあげるべきでしたけど、何しろ大雑把なものですからぁ~~

もともとあったところに油粕やマグアンプなどを梳きこみ、新しい赤玉土も加えて、ヒトツは元あったところに、もうひとつは西側の花壇にあったミヤコワスレなどを引き抜いたところに植えてみました。
あっ、もちろん直接根っこに肥料がつかないように配慮いたしました!

株を分けるとにきは、芽が3~4つほどついている状態で分けるようにし、あまり細かく分けすぎないようにしたほうが危険が少ないようです。
株わけはこれまで何度か試していますが、大きく分けるというか、二個にしか分けたことがないせいなのか、失敗をしたことがないので、あまり心配はしていなかったものの、こうして分けた株から新しい葉っぱが上がってくれて初めて安堵♪します。


【PR】 英国アシュード・ナーセリー輸入苗を親株に使用した交配株です! クリスマスローズ BIC交配は、すでに完売御礼の模様・・
3500円也~でございましたが、アシュード・ナーセリーとBIC交配・・なんだかそれだけで買いたくなりますねぇ~

黒色系のフリフリ・・・ダブル咲き! 今のところ3万5千円が一番の高値らしい(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

見ているだけで幸せなキブンになります at Rakuten


株わけしようとするならば、気温が低めで曇天で雨が降りそうもない週を選びます。
真夏や真冬は根っこの活着がムズカシ時期ですのでやめたほうが良いと思います。

ご覧のとおり昨年から伸びた葉っぱを残した状態ですけど、ある程度は古葉は切ってあり、葉っぱからの蒸散を防いでおります。

植えつけた後に、私の場合ベンレートなどを使って水遣りしてます。
そうすれば、病気にならないかという心配から少し開放されますので(^^ゞ
[株分け決行!古参の八重咲きヘラボ]の続きを読む

ハンギングと地植えの黄色系 

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年11月06日 金曜日 [Edit] 




【学名】Helleborus hybridus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘラボレス属 または ヘレボラス属 Helleborus
【別名】クリスマスローズ・オリエンタリス ヘレボラス
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン
【英名】 Lenten rose (hellebore)  レンテンローズヘラボレ
【流通名】ガーデン・ヒヴリデゥス / ガーデン・ハイブリッド / オリエンタリス系 / クリスマスローズ など
【別名】雪おこしユキオコシ)  冬姫牡丹フユヒメボタン
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 マイナス15℃ メリクロン苗 【花期】2月~4月
【草丈】40センチ 【花径】4~5センチ  【花色】緑色  【咲き方】剣弁 一重咲き スポットなし
【蜜管】黄色
【生産者】駿河(クレマコ-ポレ-ション)
【用途】地植え 鉢植え シェードガーデン 切花 押し花 など
【備考】#070

地植えのほうの黄色のヒブリドゥスは、今年の春に2~3輪ほどだったと思いますが、開花してくれたのに、このハンギングで管理している子のほうは、残念ながらお花が咲かなかったのです。

今年こそはと春に用土をリフレッシュしておいたので、この秋はそのまま様子をみているのですが、新たに葉っぱが伸びてくてくれて、~(〃´o`)=3
よかったぁ~

Helleborus hybridus- ヘラボラス・ヒブリドゥス

黄色といっても様々ありますが、この子はライト・イエローとでも申しましょうか。明るい黄色の花が咲きます。でも私はここ数年話題に上っている「ゴールド」が欲しいなぁ~とまたしても欲を出しているのでありました(笑)

キイロのクリローも初開花!」の記事へジャンプします

背景に写っているニゲルの八重咲きですが、この子とあまりにも接近しすぎて、風通しが悪くなってしまったので、移植しました・・



でも、このやわらかな葉っぱ、あまりにも晴天すぎた日に萎びてしまったときがあり、(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
大丈夫かしらと心配でしたが、なんとか復活 ホッ

一応、ハンギングにしてある場所は、あまり直射日光は当たらないようにしてあげていたつもりだったのですけど。もっともこれからの時期は直射日光がバンバン当たるくらいで管理しませんと、お花のつきがよくないはずです。


【PR】開花株!クリスマスローズ■一重咲き-ゴールド・微フラッシュ329は、価格は、花*こてつplantsさんちでなんと8,190円也~ まだまだ高いなぁ~^^;

ゴールドのクリスマスローズを育てよう! at Rakuten



このクリスマスローズは、クレマチスの苗を生産している駿河(クレマコーポレーション)が扱っている苗です。私はいつものおぎはら植物園さんちでゲットしたのでありました!
しかもすでに入手していることを忘れて、半年遅れで購入し、二株になってしまったわけです。

そんな経緯もあり、同じメリクロンでの地植えとハンギングの生育具合を検証中~なのです。
[ハンギングと地植えの黄色系 ]の続きを読む

緑色系ヒブリドゥスも!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年11月02日 月曜日 [Edit] 




【学名】Helleborus hybridus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘラボレス属 または ヘレボラス属 Helleborus
【別名】クリスマスローズ・オリエンタリス ヘレボラス
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン
【英名】 Lenten rose (hellebore)  レンテンローズヘラボレ
【流通名】ガーデン・ヒヴリデゥス / ガーデン・ハイブリッド / オリエンタリス系 / クリスマスローズ など
【別名】雪おこしユキオコシ)  冬姫牡丹フユヒメボタン
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 マイナス15℃ メリクロン苗 【花期】2月~4月
【草丈】40センチ 【花径】4~5センチ  【花色】クリーム色~緑色  【咲き方】剣弁 一重咲き スポットなし
【蜜管】緑色
【生産者】駿河(クレマコ-ポレ-ション)
【用途】地植え 鉢植え シェードガーデン 切花 押し花 など
【備考】#021

早咲きのニゲルにもまさるともおとらずに、早春からイノイチバンに咲き始めるヒブリドゥスがこの子です。

ラベルには「緑色系のヒブリドゥス」とあったのですが、かなり咲き進まないと、というか終焉をむかえるころにようやく緑色になる感じで、どちらかというとクリーム色系とよんだ方が適切かもしれません。

お隣に植えてあるユーフォルビア‘ブラックパール’があまりにも巨大化してしまったため、この子のために先日剪定してあげちゃいました(^^ゞ 申し訳なかったのですが。

2009年春の緑色系ヘラボレス・ヒブリドゥス

今年3月に咲いたときのようすです。日々変化する花色がよいでしょう?
この子は本当に花の時期も長い優秀な株です。


葉っぱの出方も非常に健康的で、葉柄もしっかりしており、来春の花もかなり期待できそうです。
花数も多くだしてくれるんですよ~


【PR】ひらひらのクリローがお好みならば、新商品クリスマスローズ  ‘エレガンスピンクスポット’がオススメ!価格は、1200円也~ 
おぎはら植物園さんちの情報によれば、『 仕入れ先生産失敗の為、今期は急遽入荷がなくなりました  大変申し訳ございません 』とありました^^; 私は昨年入手しておいてよかったわぁ~

エレガンスピンクスポットを育てよう! at Rakuten



この子には、今年の春に初めて種をつけさせてみたのですが、結局こぼしてしまいました(^^ゞ

もしかするとこの親株の株元から、初めての発芽がみられるかもしれません。もしそうなっても開花までには3年はかかりますが・・・。
[緑色系ヒブリドゥスも!]の続きを読む

今期はどうかなアウグチフォリウス

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年11月01日 日曜日 [Edit] 




【学名】Helleborus argutifolius
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ コルシカス
【英名】Corsican Hellebore(コルシカン・ヘラボレ), Corsican Rose(コルシカン・ローズ)
【別名】木立性クリスマスローズ コルシカス
【品種名】アーグティフォリウス / アウグチフォリウス
【系統】原種系 有茎種 【原産地】コルシカ島、サウジニア島
【性状】常緑耐寒性宿根草(有茎種) 【耐寒性】マイナス15℃ 【花期】2月~5月
【草丈】50-60センチ 【花径】3センチ  【花色】緑色  【咲き方】一重咲き 房咲き やや剣弁咲き 平咲き スポットなし 【蜜腺】 黄緑色 
【用途】鉢植え 地植え 寄せ植え 切花 押し花 
【備考】#018

続々・瀕死のアウグチフォリウス ・゚・(ノД`)・゚・。 であります ~(〃´o`)=3

それにしても一度病気にさせてしまうと、なかなか復活しないものですねぇ~ 

2007年に開花したときのアウグチフォリウス
前回は2007年に咲いた時が一番きれいでダイナミックでありました~
今年こそ、3本あがっている花茎すべてにたっぷりとお花をさせてほしいものです♪


アウグチフォリウスはちょっと寒さに弱いので、鉢植えにしてあげて軒下で管理してあげるほうがよさそうではあるのですが、どうしても地植えで育てたい私です。

移植といえば、ニゲルの八重咲きも場所が込み合ってしまったので、この秋に移植(^^ゞ 早咲きのニゲルの花が終わる頃に、このアウグチフォリウスが咲いてくれるだろうという予想から、お隣に植えました!


【PR】クリスマスローズ アグチフォリウス(コルシカス) ポット苗は、イングの森さんちで498 円也~

斑入りのアウグチフォリウスあるかな? at Rakuten 
 


昨年は、斑入りのアウグチフォリウスを入手いたしましたが、こちらは鉢植えで大事に育ててあげているせいか、花茎は1本しかないですけど、この古参のアウグチフォリウスにくらべたら、別もののようです。

でも斑入りのほうにも悩みがあって、あまり斑がでてこなくなってしまいました。
お日様に当てすぎかしら? 
[今期はどうかなアウグチフォリウス]の続きを読む

三年目のアネモネ咲き 編

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年10月30日 金曜日 [Edit] 




【学名】Helleborus Hybridus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘレボラス属ヘレボルス属
【別名】クリスマスローズオリエンタリス / ヘレボレ / ガーデン・ハイブリッド / ヒブリドゥス / レンテンローズ
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン
【英名】 Lenten rose (hellebore) 【別名】雪おこしユキオコシ
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎種 【花期】2月~4月
【草丈】90センチ 【花径】4~5センチ  【花色】桃色  【蜜管】桃色~黄色
【咲き方】剣弁 半八重咲きアネモネ咲き?) セミダブル スポットあり
【生産者】不明
【用途】地植え 鉢植え 切花 押し花   
【備考】#009

地植えにしているクリスマスローズの中でも、安心して来春の開花を待ってるもののヒトツです。

昨年はちょっと花びらが痛んでしまったりしたのですが、それでもなんとかかわいいセミダブル咲きというかアネモネ咲きっぽい感じで、あまりのかわいらしさに+゜*。:゜+(人*´∀`)ウットリ+゜:。*゜+.

一年目では本来の姿はフツーの子っぽくて、蜜腺部分が発達していなかったのですが、二度目の開花からはヒラヒラ化してくれたのです!

ますますオトナになってくれれば、あるいはもっとセミダブル化が進んでくれたりするのではないかしらんと愉しみなクリスマスローズなのです。

Helleborus x Hybridus  - クリスマスローズ 桃色 丸弁 半八重咲き
← こちらが昨年咲いたアネモネ咲き半八重咲き)のヒブリドゥスです。クリックして昨年の記事にジャンプしまーす^0^ この蜜腺部分が昨年と一昨年と比べてどう変化するのか愉しみ♪

【PR】 セミダブルのクリスマスローズを探そう! at Rakuten


この子はたぶん親御さんはダブル×ダブルのはずなんですけど、生まれてきたのはセミダブルで八重咲きにはなってくれなかったんです。

昨年は4月中旬に開花しましたので、まだまだ開花までは時間がかかりますけど、寒い冬を無事に乗り越えて立派なお花を咲かせて欲しいものです。

クリスマスローズの人口受粉
さて、実は昨年「人口受粉」に着手してみました~~ ( ̄m ̄*)゚プッ
この写真をご覧になるとわかるようにメシベよりも先に発達するオシベを切り取って、同じ時期に咲いたMIYOSHIの‘ローズカメレオン’の花粉をつけてみたのですけど、一応種ができましたので、10月に播種してみました~~ 発芽するかなぁ~ ワクワク自家受粉した種もありましたので、それらは株元にばらまきておいたりもしました。私が種まきするよりも、採り播きして自然のチカラに頼るほうが発芽しやすかったりしますので(^^ゞ 


シベ・フリークの私としては、シベがないお花の姿にはちょっと寂しい~けれど、個性的な子を生み出す!という試みは今後も続けてみたいと思っております。
これもクリスマスローズを育てる上での愉しみのひとつでありますから~ ^0^

一般的な草花ですと、他の子と交配しても親御さんと同じ見目形になるものがおおいですけど、クリスマスローズの場合には、思いもよらない子が生まれてくる可能性があるので、自分だけのお花が得られるという醍醐味がありますY(=▽=)Y~☆
[三年目のアネモネ咲き 編]の続きを読む

‘スモーキーグレー’様ご来訪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年10月27日 火曜日 [Edit] 




【学名】Helleborus x Hybridus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘレボラス属ヘレボルス属
【別名】クリスマスローズオリエンタリス / ヘレボレ / ガーデン・ハイブリッド / ヒブリドゥス / レンテンローズ
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン
【英名】 Lenten rose (hellebore) 【別名】雪おこしユキオコシ
【品種名】スモーキーグレー 'Smokey Grey'
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 【花期】2月~4月
【草丈】90センチ 【花径】4~5センチ  【花色】灰色 ~ 紫色 シルバーメタリック
【咲き方】やや丸弁 アネモネ咲き スポットなし リバーシブル
【生産販売】MIYOSHI 地元のHCで2009年10月購入
【備考】#073

今年最初に選んだクリスマスローズは、原種系の‘クロアチカス’と‘デュメトラム’でしたが、この秋最初のヒブリドゥスはMIYOSHI様の‘スモーキーグレー’ちゃん♪でした~
昨年度は、機会を逸してしまったのですが、今年は絶対欲しい~と思っていた、とてもシックな装いのクリスマスローズです。
その蜜腺の部分が変化したところがアネモネ咲きのような形になるわけですが、その部分はどうやら黄色と灰色がかった紫色のバイカラーのようです(∇〃)。o〇○ポワァーン

‘スモーキーグレー’の名前のように灰色がかったような、シルバーメタリックを思わせるような咲きっぷり!

早速おうちへ連れ帰り、鉢増し作業も完了させましたよん。早めに植えつけて我家の環境に慣れさせることができたなら、あるいは春に咲いてくれるかもしれませんし、大事に大事に育てたいと思います。


【PR】ミヨシのクリスマスローズ スモキーグレー アネモネ咲き ポット苗は、イングの森さんちで980円です!一年苗で3号ポットに植えられているものです。私も今年はHCで出会えたのですが、やはり980円でした~ 
開花株ですと、ぐんと値段があがり(;´▽`lllA`` 三千円前後になると思います。

シルバーメタリックなスモーキーグレーを育てよう! at Rakuten 


まだ入荷したばかりだったとみえ、たくさんの苗が残っていたのですが、どうやらわが町の方々は黄色のクリスマスローズがお好きなのか、この子だけがちょっとお高めだったのが、原因なのか、かなり残っておりました。

なので、選び放題♪

新しい葉っぱが元気で、株元部分が太いものを選んでみました。本当は苗をポットから抜いて、根っこの周り具合を確認したかったですけど、そこまではお店に失礼かと思いまして、やめておきました(笑)

同じ980円で、今年初めてHCで見た「第一園芸」さんちの八重咲きの花を両親にもつハイブリッドの苗もあったのですが、当然八重咲きの子がギャランティーされているわけではありませんし、親と同じお花が咲く確率は低いので、購入は止めておきました。

第一園芸さんを非難しているわけでは毛頭なくて、あるいは逆にものすごく素敵な子供が生まれる可能性も秘めているので、そういう意外でびっくり箱的な愉しみ方で良いと思えるならば、それはそれでアリだと思います。ただラベルを見て、同じものを想像するのはどうかなぁ~って思うのです。

第一園芸さん、そのラベルにある写真から生まれてきた子供が成長してどんなふうに咲いたか、是非教えてくださーい!結果が知りたいです(^^ゞ

八重咲きの白色系の糸ピコか、アプリコット系のやはりバイカラー系が次の狙い目なので、かなり触手をそそられました!

しかし、以前こうした苗を買ったら、一重咲きの子しか咲いてくれませんでしたので・・・ _| ̄|○
もっとも少しだけ蜜腺が大きめではありましたが・・
八重咲き×八重咲きの交配から八重咲きが生まれるとは限らないっ!!!
[‘スモーキーグレー’様ご来訪]の続きを読む

葉っぱが大きい!オドルス

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年10月12日 月曜日 [Edit] 




【学名】Helleborus odorus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】ヘレボルス・オドルス 【英名】 Odorus
【別名】クリスマスローズ 冬姫牡丹フユヒメボタン
【系統】原種系 無茎種 【咲き方】 一重咲き 平咲き やや丸弁 【花色】緑色~淡黄緑色 【草丈】30~50センチ 【蜜管】緑色  【香り】あり
【原産地】ルーマニア、ボスニア、マケドニア、スロベニア、クロアチア、ハンガリーなど  【性状】耐寒性宿根草 -15℃
【用途】鉢植え 寄せ植え 地植え 切花 押し花
【備考】#033

いつの間にか大きくなった‘オドルス’です。春に葉っぱを展開させてはくれたものの、予想通りお花が咲くことはなく、そのまま夏を越した原種系のクリスマスローズです。

先日のムルティフィダスに比べると葉っぱの枚数は少ないのですが、その大きさはどの原種系よりも立派といえそうです。アトロルーベンスとこのオドルスは、もしかすると来春にはお花がさいてくれるかもしれません。トラヌタヌキかもしれませぬが。


【PR】新商品クリスマスローズオドルス小苗
価格は、 400円也 でゲットしたものです。がっ、大苗ですと2,625 円 です。
この秋に入手した原種系のクリスマスローズは、クロアチカスとデュメトラムです。他にもまだまだあるのですが、やはり一番欲しいのは香るシクロフィルスですね~


他にも原種系のクリスマスローズでヴェシカリウスという品種がホスィ。

ヴェシカリウスはクリスマスローズの中でも一番の気難しい子といわれ、加えてとても入手しにくいようです。
なかなか出会いがないなぁ~~ カネに物言わせず・・ということなら入手できるのでしょうが、私は安価で入手したいので、なかなかゲットできないのです。。゛(ノ><)ノ ヒィ
[葉っぱが大きい!オドルス]の続きを読む

今年も早いかな?ローズカメレオン^0^

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年10月10日 土曜日 [Edit] 




【学名】Helleborus x Hybridus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘレボラス属ヘレボルス属
【別名】クリスマスローズオリエンタリス / ヘレボレ / ガーデン・ハイブリッド / ヒブリドゥス / レンテンローズ
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン
【英名】 Lenten rose (hellebore) 【別名】雪おこしユキオコシ
【品種名】ローズカメレオン Party Dress  'Rose Chameleon'
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 【花期】2月~4月
【草丈】90センチ 【花径】4~5センチ  【花色】緑色 ~ 紫色
【咲き方】剣弁 八重咲き スポットあり リバーシブル
【生産販売】MIYOSHI パーティドレス系
【備考】#029

今年の春、未完成のカタチながらも初開花したクリスマスローズ、MIYOSHIのパーティドレス系 ‘ローズカメレオン’。

が開き始めました。蕾が小さいうちに一つだけ摘み取りましたが、現在一つだけが開花していて、他に二つの蕾が待機中です!

早咲きのニゲルよりも先に咲いたのです。この子はなんだか気が早いといいますか、早咲き系のDNAでも入っているのか、妙に他の子たちと比べ生育時期のパターンが早いのです。
鉢植えで管理しておりますゆえ、冬の間も雪の下にならないように軒先のお日様が当たるところで冬越しさせる予定なので、きっと今年の春同様に早めに開花してくれるのではないかしらん?

何しろこの子は友人からのプレゼント♪ですので、大事に大事に育てております。
プレゼントしてもらったときは、小さなビニールポットに入っていて、無事育つかどうか、とても心配でしたけど、今のところは順調です♪



【PR】クリスマスローズ・パーティードレス・ローズカメレオン開花株は、前シーズンは千草園芸さんちで6千円ほどでした~ 我家でも今年の春に咲いたので、高級品の仲間入り~ (笑) 

ローズカメレオンを育てよう! at Rakuten 


新しい葉っぱも真夏に出てきておりました^^; 夏の間に少し冷涼な期間があったせいで、秋と勘違いしたのかもしれないのですが、折角出てくれた葉っぱはその後の太陽光線に当たってしまって、葉焼けを起こしてしまい、その後の生育に支障があるのではないかと案じておりましたが、ここにきてさらに葉っぱを展開してくれている↓ので、どうやらなんとか根ぐされなどせずに夏越ししてくれた様子です。ほっ。
[今年も早いかな?ローズカメレオン^0^]の続きを読む

がんばれ!プルプラケンス

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年10月03日 土曜日 [Edit] 




【学名】Helleborus purpurascens
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】ヘレボルス・プルプラスケンス またはプルプラセンス 【英名】Helleborus purpurascens
【別名】冬姫牡丹(冬姫牡丹)
【系統】原種系 無茎種 【咲き方】 一重咲き カップ咲き バイカラー やや丸弁 リバーシブル 覆輪 ベイン 【花色】緑色~紫色 灰色 【草丈】40センチ 【蜜管】黄緑色 
【原産地】ウクライナ、ルーマニア、ポーランド、モルドバなど  【性状】耐寒性宿根草 -15℃
【用途】鉢植え 地植え 切花 押し花
【備考】#032

アトロルーベンスに比べ、やや生育具合がよろしくないのが、プルプラケンスです。

私ったら、春の鉢増しの際にちょっと深植えにしてしまったみたい(@o@) 秋になり他の子たちがメキメキと大きく葉っぱを展開させているというのに、この子はちっとも動かないっ。未だに葉っぱが二枚しかありません _| ̄|○ 

大丈夫かしら?加えて古い葉っぱには黒色に変色したような跡も残っていて、夏越し中に根ぐされでも起こしてしまったのではないかしら?心配だなぁ~


【PR】新商品クリスマスローズパープラッセンス小苗
『ポーランド、ウクライナなどに自生 花の外側は薄紫で内側は緑がかった 紫色のカップ咲き 紫系の交配親に使用される 冬は落葉する 40cmぐらいになる 耐寒性は強い』 価格は、 600円也~ いつものおぎはら植物園さんちでお世話になりました ^0^ 今年は100円値上がりしているような・・・^^;
原種系のクリスマスローズを育てよう! at Rakuten


MIYOSHI様のヒブリドゥス系のクリスマスローズたちは、目覚め方も早かったし、成育スピードにも目を見張るものがあるのですが、原種系のものはのんびりやさんです。

プルプラケンスは、この分だと開花までまだ2年ほどはかかりそうで、来年の春の開花は無いかもしれないなぁ~ 微妙です。お金持ちだったら、開花株で購入できましたが、一年生苗で入手しましたので、そうやすやすとはお花を見ることができないのです。

でも育てる愉しみはあります!辛抱強く開花を待つことにいたしましょう~
[がんばれ!プルプラケンス]の続きを読む

別モノのようなムルティフィダス

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年10月03日 土曜日 [Edit] 




【学名】Helleborus multifidus multifidus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】ヘラボラス・ムルチフィダス またはムルティフィダス 【英名】Multifidus
【別名】冬姫牡丹(冬姫牡丹)
【系統】原種系 無茎種 【咲き方】 一重咲き  【花色】緑色  【草丈】20~30センチ
【原産地】クロアチア、ヘルツェゴビア、アルバニア 【性状】耐寒性宿根草 -15℃
【用途】鉢植え 地植え 切花 押し花
【備考】#053

3月にはすっかり枯れこんでしまっていたムルティフィダスでしたが、見事に復活♪ 現在、ヒブリドゥスに比べると葉っぱは小さいながらもワサワサです。

葉っぱの数で言えば、このムルティフィダスが一番といえるかもしれません。

鉢を南側へ移動はさせたものの、大鉢に植えてあるニゲルの日陰になるように北側に置き、あまり直射日光は当たらないようにしています。なんとなくですが・・・ なんだかあまりにも小さくて、急激に日光に当たってしまったら、葉焼けでもしそう~な不安があったのです。たぶんそんなことはないのでしょうけど(^^ゞ まだまれに真夏のような太陽もでる可能性がありますし。
除除に太陽に慣らすほうが危険がすくないです。



相変わらず自宅では未だお花の現物を見ておりませんので、花の写真はおぎはら植物園さんちからお借りしていますかお
クリスマスローズムルチフィダスは、3,150 円 也~ 緑色一色です。

【PR】 まだあるかしらん? ムルティフィダス・・・ at Rakuten


これだけ元気ならば、今度こそお花が咲いてくれるはずです。ワクワク マラカス

春に鉢増ししているので、今年の秋は鉢増しはせずにそのまま越冬させようと思います。
この子は冬の間に落葉するので、春の芽吹きまでとっても心配になる子です。
原種系は他にオドルスやヴィリディスなどは冬の間に落葉する子たちが多いですよね。
ただ我家のような寒冷地でないところでは、落葉しなかったりすると聞いていますが、育てておられるかたいかがですか?
[別モノのようなムルティフィダス]の続きを読む

デュメトラムもお持ち帰り!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年10月02日 金曜日 [Edit] 




【学名】Helleborus dumetorum
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】ヘレボルス・デュメトラム 【英名】 dumetorum
【別名】クリスマスローズ 冬姫牡丹フユヒメボタン
【系統】原種系 無茎種 【咲き方】 一重咲き  【花色】黄緑色 【草丈】15~30センチ 【蜜管】   【香り】
【原産地】スロベニア・ハンガリー・オーストリア・ルーマニアなど  【性状】耐寒性宿根草 -15℃
【用途】鉢植え 寄せ植え 地植え 切花 押し花
【備考】#064

昨日ご紹介した‘クロアチアカス’に引続きまして、今日は同時に入手した‘デュメトラム’のご報告です^0^

原種系のクリスマスローズの中でも非常に小型で、かわいらしいお花をつけるという‘デュメトラム’。はやり東欧が自生地であります。
豪華なヒブリドゥスもよいけれど、最近は小型の原種系に目がありません(^^ゞ

お花を見るまでには数年かかるので↓のお写真を拝借m(__)m


【PR】ヘレボルス デュメトルム開花株Helleborus dumetorum価格は、 昨年Flower&Green GARDENさかもとさんんちで3990 円也~ ^^;
開花株でなくても3000円近くするのです。私はごく小型であるゆえか、お花屋さんで600円でした ラッキー^0^

選択肢がたくさん!今が狙い目のクリスマスローズを探そう! at Rakuten


お花を愉しむのは数年先・・・ でも育てる愉しみ♪がありますゆえ、がんばりますぞ~~
葉っぱの直径は、目測ですが4センチくらいでしょうか。たった二枚の葉っぱでその柄も1ミリたらずで触るのも怖い感じでしたが、ビニールポットのままというわけにはいかないので、早速鉢増ししてみました。

夏に落葉し休眠するタイプので、クリスマスローズの中でも夏の蒸れに弱いだろうと思い、かなり水はけよくしちゃいました。デリケートな山野草を育てるような感覚です。
少し葉っぱにはシルバーがかったような雰囲気もあって、素敵^0^
[デュメトラムもお持ち帰り!]の続きを読む

クロアチカスをゲット!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年10月01日 木曜日 [Edit] 




【学名】Helleborus croaticus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】>ヘレボルス・クロアチカス 【英名】 croaticus
【別名】クリスマスローズ 冬姫牡丹フユヒメボタン
【系統】原種系 無茎種 【咲き方】 一重咲き 平咲き やや剣弁 ベイン 【花色】濃紫色~淡紫色 【草丈】10~25センチ 【蜜管】黄色  【香り】 
【原産地】クロアチア、ハンガリーなど  【性状】耐寒性宿根草 -15℃
【用途】鉢植え 寄せ植え 地植え 切花 押し花
【備考】#063

9月22日に入手した‘クロアチアカス’です。その名の通り、クロアチア原産のクリスマスローズなんですよ^0^

昨年は縁がなくて、入手できませんでしたが、今年は早々にゲットできちゃいました(^^ゞ

原種系のものを安価で入手すると、一年生苗なので開花まで4~5年かかったりしますし、かなり小さな株なので、丈夫に大きく育てることができるだろうかと心配で心配で。



【PR】ヘレボルス クロアチカスの苗Helleborus croaticus 価格は、Flower&Green GARDENさかもとさんちで2625 円也~

まだ販売開始になっていないかも?10月くらいから出回り始めます!そろそろですねY(=▽=)Y~☆
早期予約! at Rakutenを行っているお店もありますよ(^_-)-☆ 


さて、入手して早々に鉢増しをいたしました!
落葉すると思っていましたが、この子は夏の間に葉っぱを残していたのではないかしら?
今年になってから出たような葉っぱには見えないのです。
お花屋さんに聞いてみればよかったな。
[クロアチカスをゲット!]の続きを読む

パシフィックフロストの葉っぱがっ!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年09月18日 金曜日 [Edit] 




【学名】Helleborus argutifolius 'Pacific Frost'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ コルシカス
【英名】Corsican Hellebore(コルシカン・ヘラボレ), Corsican Rose(コルシカン・ローズ)
【別名】木立性クリスマスローズ コルシカス
【品種名】アーグティフォリウス / アウグチフォリウス ‘パシフィックフロスト’
【系統】原種系 有茎種 【原産地】コルシカ島、サウジニア島
【性状】常緑耐寒性宿根草(有茎種) 【耐寒性】マイナス15℃ 【花期】2月~5月
【草丈】50-60センチ 【花径】3センチ  【花色】緑色  【咲き方】一重咲き 房咲き やや剣弁咲き 平咲き スポットなし 【蜜腺】 黄緑色 【葉】斑入り
【入手先】WAKAIZUMI
【用途】鉢植え 地植え 寄せ植え 切花 押し花
【備考】#042 

2008年秋に購入しちょうど丸一年ほどになるクリスマスローズたちのなかでも、ちょっと気になっているのがアウグチフォリウス‘パシフィックフロスト’です。

夏場は数時間は直射日光が当たってしまうようなところで管理していたのですが、葉焼けなのか、きれいな斑入りの葉っぱに黒色のシミっぽいものがでています。加えて虫に食べられた痕まであるのです。

ガ━━━(゚ロ゚;)━━ン!!

もしかして、これって病気? まっ、まさかブラックデスでは無いでしょうねぇ~(;´▽`lllA``

あるいは、夏に薬剤散布したときに、この葉っぱについたのが、原因かしら。


【PR】斑入りアーグチフォリウス「パシフィックフロスト」Helleborus argutifolius 'Pacific Frost'は、Flower&Green GARDENさかもとさんちで6300円也~ (;´▽`lllA``
大株はこっ、こんなにもまだ高いのか! すぅよ、枯らしてはなりませぬ。

斑入りのアウグチフォリウスあるかな? at Rakuten


もっとも草丈は昨年の3倍ほどにはなってくれていますので、そこそそ体力はあると思うのです。ブラックデス以外の病気や単なる葉焼けならば、この秋からはまたさらに大きくなってくれるでしょう。と、楽観的に(笑)
[パシフィックフロストの葉っぱがっ!]の続きを読む

八重咲きクリロー まだ咲いてます(^^ゞ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年09月04日 金曜日 [Edit] 




【学名】Helleborus x Hybridus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘレボラス属ヘレボルス属
【別名】クリスマスローズオリエンタリス / ヘレボレ / ガーデン・ハイブリッド / ヒブリドゥス / レンテンローズ
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン
【英名】 Lenten rose (hellebore) 【別名】雪おこしユキオコシ
【品種名】パーティドレスシリーズ バターイエロースポット (Butter Yellow Spot
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 【花期】2月~4月
【草丈】90センチ 【花径】4~5センチ  【花色】黄色 ~ 小豆色
【咲き方】剣弁 八重咲き スポットあり
【生産販売】MIYOSHI
【備考】#028 

えっ? 今頃何?とびっくりされました?

実はこのお花、5月に咲いたものなんです。イチオー、シベの部分はむしりとってありますけど、なんと5ヶ月に亘ってその花を枯らさずに、また切り取ることもなく温存させちゃいました(^^ゞ もう少し前には茶色の部分もなかったのですが、さすがに茶色になってきました。

やっちゃぁ~~~いけねぇ~なぁ~という声が多数聞こえてきそうな・・・ ( ̄m ̄*)゚プッ

あの瀕死の状態から、5月にようやく咲いたかと思ったら、一気に体力を増したご様子。

ありえないでしょう? 私のオバカぶりも・・・

さすがにそろそろ活動が活発になる秋を迎えておりますので、刺激を与えるために切り取ってみようかと。まだあまり新葉があがっていないようですし。


【PR】 おぎはら植物園さんちでもクリスマスローズ ’バターイエロースポット’ が、そろそろ再販されるころかしらん。

バターイエロースポットを一緒に育てませんか^0^  at Rakuten


摩訶不思議なバターイエロースポットちゃんの今年のゆくえが愉しみでもあります。

我家では宿根草を色々育てさせていただいているわけですが、私がもっとも住みやすいと思っていてくれている宿根草だと自負しているのが、クリスマスローズたちなんです。
この子等は、恐らく私がたとえ死んだとしても、こぼれた種からでも成長して子孫を残してくれるのではないかしら。

鉢植えで管理している子たちも、ゆくゆくは地植えにしてあげて・・・ などと思うと、結局は他の宿根草の行き場がなくなるのですが、この先もガーデニングを続けてゆくと、辿り着くのはこのクリスマスローズになるのかなぁ~ そんな予感です!
でも、まだまだ育ててみたいお花たちはたくさんありますけど、体力が持たなくなってきています。
[八重咲きクリロー まだ咲いてます(^^ゞ]の続きを読む

クリスマスローズをタネから育てる!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年06月27日 土曜日 [Edit] 




【学名】Helleborus hybridus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae  【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【別名】ヘラボレス・ヒブリドゥス または クリスマスローズ・オリエンタス
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン) 【英名】 Lenten Rose(レンテンローズ)
【品種名】なし 【別名】雪おこしユキオコシ
【性状】耐寒性常緑多年草 
【花期】2月~4月  【草丈】60センチ 【花径】4~5センチ  【花色】不明  【咲き方】不明 
【用途】鉢植え 地植え 切花 押し花
【備考】#

クリスマスローズに出来た種たちが、鞘を開いてこぼれだしたのは6月にはいってからです。
5月のうちにすでに袋かけは終えておりまして、すべてではなく1株につき1袋だけかけておき、あとはこぼれ種にまかせることに(^^ゞ

今年の春も地植えにしてある親株の株元から、結構発芽したので、鉢上げしたのですが、今のところ今年のベイビーたちも順調に育っています。

実はラナンキュラスの鉢に、ダメモトで採り播きしておいたものが、すくすくと育ったので、今年はほとんどのものを採り播きしてみることにしました。

【PR】 クリスマスローズをタネから育てよう! at Rakuten


秋に播く方法のほうが、奨励されているようですが、ズボラな私が冷蔵庫で管理していると、かえってダメにしてしまう可能性も高いと思いまして・・・(^^ゞ

秋にタネを播くときに、タネにシワシワが寄ってしまっているようですと、発芽率がぐんと下がるようですので、乾燥させないように管理しなくてはなりません。ですが、他のクリスマスローズの鉢などの親株の足元に播いておけば、水遣りも忘れませんし、かえってうまく育つのではないかと思った次第です。




今年はニゲル系のタネはとらず、こぼれ種だけに任せてしまいました。これまで花茎を切り取ってしまい、種をつけさせたことはほとんどないのですが、それでもきり忘れたような花から発芽していたりして、ニゲルは数が増えてきたのです。
ただダブルのほうはタネからは発芽がなかったので、今期は放置し、タネをこぼしてもらいました。来年どのくらい発芽するか愉しみです。
[クリスマスローズをタネから育てる!]の続きを読む

バターイエローも狂い咲き(@o@)

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年05月08日 金曜日 [Edit] 




【学名】Helleborus x Hybridus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘレボラス属ヘレボルス属
【別名】クリスマスローズオリエンタリス / ヘレボレ / ガーデン・ハイブリッド / ヒブリドゥス / レンテンローズ
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン
【英名】 Lenten rose (hellebore) 【別名】雪おこしユキオコシ
【品種名】パーティドレスシリーズ バターイエロースポット (Butter Yellow Spot
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 【花期】2月~4月
【草丈】90センチ 【花径】4~5センチ  【花色】黄色 ~ 小豆色
【咲き方】剣弁 八重咲き スポットあり
【生産販売】MIYOSHI
【備考】#028 

今年開花見込み株であったにもかかわらず、成育不良でほかの子たちが次々と開花しているというのに、瀕死の状態にまでなってしまっていた‘バターイエロースポット’でしたが、なんと5月に入ってから、ようやく一輪が開花となりました~(苦笑)

同様に同時期から育てていたMIYOSHI様のパーティドレスシリーズの‘エレガンスホワイト’のほうは、すっかり子房を膨らませているというのに・・・

もっとも今年は開花したとしても、数輪だろうとは予想していましたが、なぜに今の時期になってしまったのか!?(@o@)




おぎはら植物園さんちにアップされている写真と比べると、色は黄色というより、白に近い上、すでに花弁(ガク弁)には、緑色が混じった感じになってます。


そろそろ撮り溜めた写真、プリントしなくちゃ~ 今なら、12円だし(^^ゞ 


活動が活発になるはずの時期に、新しい葉っぱがなかなか展開せず、ようやく年末くらいになって葉っぱが大きくなり出したのです。鉢植えでの管理でしたが、おそらく用土の配合を間違えたか、ひりょうを施しすぎたか、水遣りしすぎたか・・・ 敗因はんなところでしょう^^;


【PR】 おぎはら植物園さんちでもクリスマスローズ ’バターイエロースポット’ すでに完売御礼♪の模様です。秋にまた狙いましょう~

バターイエロースポットを一緒に育てませんか^0^  at Rakuten


そういえば、そうそうに開花した‘ローズカメレオン’にもこの5月、一つ蕾があがっているのを発見! あわわ・・・ と、そちらのほうは摘雷いたしました。




たった一輪とはいえ、やはり開花は嬉しいなぁ~かお
紫色のスポットが中央に固まるようにして入り、初年度ながらもしっかりした八重咲きになってくれました。さすがメリクロン♪
でも恐らく来年はもう少し大人の顔になって、咲いてくれるはずです。
[バターイエローも狂い咲き(@o@)]の続きを読む

エレガンスホワイトの緑化♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年05月03日 日曜日 [Edit] 




【学名】Helleborus x Hybridus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘレボラス属ヘレボルス属
【別名】クリスマスローズオリエンタリス / ヘレボレ / ガーデン・ハイブリッド / ヒブリドゥス / レンテンローズ
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン
【英名】 Lenten rose (hellebore) 【別名】雪おこしユキオコシ
【品種名】エレガンスホワイトElegance White
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 【花期】2月~4月
【草丈】90センチ 【花径】4~5センチ  【花色】白色 ~ 小豆色
【咲き方】剣弁 八重咲き スポットあり
【生産販売】MIYOSHI
【備考】#030 

うふふ ( ̄m ̄*)゚プッ

エレガンスホワイトが私の好きな緑色へ変化しはじめています。

これはそろそろお花の時期が終わりですよ~というサインであって、最盛期の姿ではありませんが、私としてはうっとりモード(笑) もともと萼なのですから緑色をしていておかしくないのがクリスマスローズの花色ではないかと思うのです。

でも濃い桃色系の八重咲きはあまり緑色を見せずに茶色になったので、この子が終焉を迎える前にこのように緑色の花色になったのを愉しんでおります。

4月23日撮影 Helleborus x Hybridus - ヘレボルス ヒブリドゥス ‘エレガンスホワイト’の子房

ただ、先日の記事でもご紹介しましたように、一輪目の花は肥料障害で、お花が分化した状態。ちょっと変な格好です(^^ゞ

でも二輪目の花は正規の形で咲きましたし、今は三輪目が咲いたところです。このてっぺんに咲いた最後の花は記念撮影後に摘み取りました。

摘み取った花にはオシベがついて花粉を落とし始めていたので、他のクリスマスローズになすりつけて回り(爆) あわよくば八重咲きの子供が生まれないかともくろんだりしております(^^ゞ
もっともほとんどのクリスマスローズたちはすでに受粉が完了している状況ですので、あまり受粉させられませんけど。


【PR】 クリスマスローズ  ’エレガンスホワイト’
私は2008年春に2000円で入手したが、大苗は6000円ほどいたします・・・今年三年目の春、めでたく開花報告です!
ヘラボ・パーティドレスを育てよう! at Rakuten


初開花ですので、種はつけさせないほうがよいのですが、この一輪目の花だけには種をつけさせてみようと思っています。この春、花が咲いている状態で大振りの鉢に植え替えたので、こぼれた種をそのまま放置する形になると思いますが(笑)




親株の株元に落ちる種のほうが、私がビニールポットなどに播くよりもダンゼン発芽率がよいようです(^^ゞ 現在は、この子と宿根イベリスを挿したものだけのシンプルな鉢です。

宿根イベリスを挿したのは、同じ白系の花であることと、あまり根っこが張らない小苗なので、クリスマスローズに影響をおよばさないだろうと思ったのであります。それに背丈があまり高くならないので、クーの邪魔にならないですものね。
[エレガンスホワイトの緑化♪]の続きを読む

桃色の八重咲きクリローも終焉

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年05月01日 金曜日 [Edit] 




【学名】Helleborus x Hybridus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘレボラス属ヘレボルス属
【別名】クリスマスローズオリエンタリス / ヘレボレ / ガーデン・ハイブリッド / ヒブリドゥス / レンテンローズ
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン
【英名】 Lenten rose (hellebore) 【別名】雪おこしユキオコシ
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 【花期】2月~4月
【草丈】90センチ 【花径】4~5センチ  【花色】桃色 ~ 小豆色
【咲き方】剣弁 八重咲き スポットあり
【用途】地植え 鉢植え 切花
【備考】#006

5月ともなると、ほとんどのクリローの花は枯れ始め、種の製造に大忙しです。私は見守っているだけですが。
この小豆色かかった濃い桃色の八重咲き種は、他の白色の品種などが一度緑色になってから茶色に変わるのに対し、あまり色の変化がなく、そのまま花びら(ガク弁)が、みすぼらしくなっていきます。

栽培の記録を残すのが、このブログの趣旨でありますゆえ、終焉のようすもとどめておくことにします。

今年はあまり株立ちがよくなかったこともあり、1本の花茎から伸びて3~4つの花をつける無茎種のヒブリドゥスたちには一様に頂点に咲く(最後に咲く)蕾は摘み取ってしまい、あまり体力を消耗させないようにしています。そのかわり種は採取したいなと。

時々、同時期に咲いたエレガンスホワイト(八重咲き)の花粉をくっつけてみたりしていますが(笑)
あと1ヶ月もすれば、種がこぼれるようになります。


【PR】 有名種苗家ダブルブラックではありえないくらい貴重な花形です!!【現品限り】すごい確率です...とあった黒色系のフリフリ・・・ダブル咲き! じゅうまんえんもするのかぁ~~

他にもまだあるかな? at Rakuten


いまだにキレイにさいている花もあるのですが、やはりこう気温も上がってくると、花も小さいですし、咲かせているのが辛そうに見えます。
今年は一気に気温があがってしまったのと、私のあげた肥料にリン酸の成分比率が少ないものを播いてしまったせいか、早い時期から葉っぱがグングン伸びてしまって、開花し始めたのが遅めだったメインのお花が葉っぱの成長に負けてしまってよく見えなかったりしています(^^ゞ

ところで、この子の種を採取しようと出来具合を見てみたら、なんとちっとも受粉に成功していないらしく、子房は全く膨らんでおりませんでした。
八重咲きの場合、花弁(ガク弁)が結婚の邪魔をするようで、自然受粉しにくいようです。
[桃色の八重咲きクリローも終焉]の続きを読む

続々・・世界にたったひとつ^^;

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年04月22日 水曜日 [Edit] 




【学名】Helleborus Hybridus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘレボラス属ヘレボルス属
【別名】クリスマスローズオリエンタリス / ヘレボレ / ガーデン・ハイブリッド / ヒブリドゥス / レンテンローズ
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン
【英名】 Lenten rose (hellebore) 【別名】雪おこしユキオコシ
【流通名】スペシャル交配種 ダブルピンク×ダブルピンク
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎種 【花期】2月~4月
【草丈】90センチ 【花径】4~5センチ  【花色】桃色~紫色  【蜜管】桃色~黄緑色
【咲き方】剣弁 半八重咲きアネモネ咲き?) セミダブル スポットなし ベイン 
【生産者】 【用途】地植え 鉢植え 切花 押し花   
【備考】#001

かなり遅れをとっていた出来損ないのクリスマスローズが開花しました(笑)
処分品で2007年に二年生苗で購入~ ダブル×ダブルとの表示に開花を待っておりましたが、昨年蜜腺部分がやや変化をしておりましたので、今年は八重咲きは望めないもののアネモネ咲きっぽくなってくれるかと、その変化を期待していたのですが、軽~~くその期待は裏切られてしまいました。
でも、ほんの少しだけセミダブルの雰囲気があるような・・・

私ったら、昨年最後にこの子の花柄摘みを怠ったらしく、今年は株元にワンサカとこぼれ種から発芽した子達を見つけ・・・^^; あまり成熟していなかった昨年の株に申し訳ないことをしちゃいました。

そんなこともあってか、どうも昨年よりも花びら(ガク弁)の発色がよろしくありません。
まったく違ったお花に見えるほどであります(^^ゞ 昨年はどちらかというと濃い紫色系と言ってよかったのですが、今年の花は桃色とグリーンのバイカラーっぽい感じ^^; 色が薄いせいか、ペインが目立ちます。もしかすると気温の上昇が著しいために、こんな色になってしまったのかしら。
去年はあまりベインが入っているという印象はなかったのですが・・・ ^^;

【PR】 セミダブルのクリスマスローズを探そう! at Rakuten


その上、地植えにした場所は雪を掃いたあとの、雪が高く積まれる場所でして、目覚めも遅かったのです。また肥料のやり方もあまりよくなかったのかなぁ~
それに昨年は近くに大きなダリアを植えてしまったので、ほとんど日光もさえぎられていたのかもしれません。 ごめんねぇ~ m(__)m 
[続々・・世界にたったひとつ^^;]の続きを読む

こぼれ種たちの鉢上げ!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年04月18日 土曜日 [Edit] 




追記です。実は4月上旬に鉢上げしたときに、取りこぼしがありまして・・・
恐らく、親御さんはMIYOSHIのアプリコット、または八重咲きになりきれなかったものから発芽した子だろうと思うのです。

ほかにも一芽だけなのですが、ルーセブラックと八重咲きの交配ではないかと思われる子がいました。でもこの子、私が踏みつけたらしく、本葉が根元から切れかかっている状態。
ちゃんと育つか不安です。

今回は、ひとつ実験的に試していることがあります。
それはセラミックの玉を発泡スチロールの底に敷いて、その上にビニールポットを設置しているのです。もちろん発泡スチロールには、水を抜くための穴を開けています。
どうやら、この方法のほうが、苗の生長が活発な様子なのですが、あるいは徒長させてしまっているだけなのかしら?




鉢上げ後は、翌日の朝から水遣りを開始。
メネデールをあげようとしたら、容器の中身はからっぽ。あわてて購入してきました。
次の水遣り時に施すつもりです。

追記:2009年4月28日 
以下の記述は下へいくほど日にちが古くなります。
================================================================
[こぼれ種たちの鉢上げ!]の続きを読む

八重咲きの桃色のスポット入り

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年04月10日 金曜日 [Edit] 




【学名】Helleborus x Hybridus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘレボラス属ヘレボルス属
【別名】クリスマスローズオリエンタリス / ヘレボレ / ガーデン・ハイブリッド / ヒブリドゥス / レンテンローズ
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン
【英名】 Lenten rose (hellebore) 【別名】雪おこしユキオコシ
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 【花期】2月~4月
【草丈】90センチ 【花径】4~5センチ  【花色】桃色 ~ 小豆色
【咲き方】剣弁 八重咲き スポットあり
【用途】地植え 鉢植え 切花
【備考】#006

小豆色かかった濃い桃色の八重咲き種が、遂に開花しはじめました!

ヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノへ(^^ヘ)(ノ^^)ノ ちゃんかちゃんか♪

昨年は、株が元気そうでしたので少し種なども採取したのですが、種まきの管理をちゃんとしておらず、どの子から採取したのかがわからないので、この子から発芽しているかどうかよくわからない・・・
だめだなぁ~ 私って。
ビニールポットにまいたものは全滅でしたので。

昨年はこぼれ種ではなく、自分が採取したのはこの子とルーセブラック、ニゲルくらいなものだったのに(^^ゞ 私は黒色の八重咲きが欲しいので、単純にルーセとこの子を隣同士にしておけば、もしかすると偶発的に黒色の八重咲きが生まれるかも?などと安易に考えていたりしたわけですが、メンデル様の法則によれば、そうカンタンなものではないはず ( ̄m ̄*)゚プッ

↓で売られているようダブルとか、きれいな剣弁が幾重にも重なっているような、そんな子が欲しいです!


【PR】 有名種苗家ダブルブラックではありえないくらい貴重な花形です!!【現品限り】すごい確率です...とあった黒色系のフリフリ・・・ダブル咲き! じゅうまんえんもするのかぁ~~

他にもまだあるかな? at Rakuten


それはさておき、この子ずいぶんがあがってくれてます! 昨年種を採取したわりには、元気だなぁ~ もっともすべてに種をつけさせるようなことはしませんでしたけど。

今年は初開花してくれた‘ローズカメレオン’と交配させてみたいかったけど、鉢植えで管理しているカメレオンちゃんのオシベはすでに落ちて、ガク弁だけになってます。
カメレオンのオシベはアネモネ咲きのヒブリドゥスにくっつけてみたりしたのですが、はてさてどんなことになるのやら。
私のところですと、どうしても低温となり、ポットの中の土が霜などで盛り上がってしまったりするので、冬場の管理方法をもう少し工夫しないとなぁ~

コンテナなどで管理するほうが楽そうな感じがします。
[八重咲きの桃色のスポット入り]の続きを読む

やっと緑色へ・・・ 

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年04月08日 水曜日 [Edit] 




【学名】Helleborus hybridus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘラボレス属 または ヘレボラス属 Helleborus
【別名】クリスマスローズ・オリエンタリス ヘレボラス
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン
【英名】 Lenten rose (hellebore)  レンテンローズヘラボレ
【流通名】ガーデン・ヒヴリデゥス / ガーデン・ハイブリッド / オリエンタリス系 / クリスマスローズ など
【別名】雪おこしユキオコシ)  冬姫牡丹フユヒメボタン
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 マイナス15℃ メリクロン苗 【花期】2月~4月
【草丈】40センチ 【花径】4~5センチ  【花色】クリーム色~緑色  【咲き方】剣弁 一重咲き スポットなし
【蜜管】緑色
【生産者】駿河(クレマコ-ポレ-ション)
【用途】地植え 鉢植え シェードガーデン 切花 押し花 など
【備考】#021

ラベルには緑色系のヒブリドゥスとあったのですが、咲いているとき蜜腺が散ら無いうちはどうみてもクリーム色でしたが、ここにきて子房が膨らみ始めるとともに、緑色になってきました。
しかし、どうも納得がかないなぁ~ 緑色系ではなく、白色系またはクリーム色系のほうが正しいように思うのですが(;´▽`lllA``

昨年は緑色になったこの子の記録をアップせずに終わってしまったので、今年は忘れずにアップです!

クリスマスローズのよいところは、寒い時期の1月くらいから咲き始め5月までは十分に愉しめるトコロです。この子が地植えのクリスマスローズのなかではいの一番に咲き始めたので。3ヶ月経っても、まだてっぺんの3~4個めのクリーム色の花も存在中~です。

様々なさきっぷりの微妙に色あいの異なる花が愉しめる4月です。

Helleborus hybridus - ヘラボレス・ヒヴリデゥス


3月に咲いたときのようすを上の写真にまとめてみました~
どの顔立ちもかわゆいでしょう~ ^m^


【PR】ひらひらのクリローがお好みならば、新商品クリスマスローズ  ‘エレガンスピンクスポット’がオススメ!価格は、 2000円也~  おぎはら植物園でゲットできますよ~~!

エレガンスピンクスポットを育てよう! at Rakuten



これまでこの子には一切種をつけさせておりませんでしたが、今年は種を採取してみようと思っています。種をつけさせてしまうと、来年の花数は減ることになりますが、子孫も残したいですしね。

もっとも採取といっても種まきからの管理はなかなか難しいので、こぼれ種にたよることになるやもしれませんが。(笑)
[やっと緑色へ・・・ ]の続きを読む

バレンタイン・グリーンも♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年04月01日 水曜日 [Edit] 




【学名】Helleborus x nigercors 'Valentine Green'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】ヘレボラス属
【別名】クリスマスローズ ヘレボラス 
【和名】冬姫牡丹ヒメフユボタン) 雪おこしユキオコシ
【品種名】バレンタイン・グリーン  【交配】Helleborus x nigercors 
【性状】耐寒性多年草 無茎種 早咲き系 【期】2月~4月
【草丈】30~40センチ 【径】4~5センチ  【色】緑色 【咲き方】一重咲き 剣弁 スポットなし 
【用途】鉢植え 地植え 寄せ植え 切 
【備考】#010

一昨年株分けしてから、やっと今年開してくれたバレンタイン・グリーンです。

立派に咲いてくれた!とは間違っても言えないほど、貧弱ではありますが、それでも私の大好きな緑色系のおの開花♪は嬉しいものです。

入手したばかりのオドルスやグリーンカクテルなどは、今年はお花は咲きませんし、キレイなグリーン系はこの子だけでしょうね。
あっ、ヒブリドゥスで緑色系のものがあるのですが、どうも私にはクリーム色にしかみえず、ほぼ種の子房が成熟したころに初めて、ガク弁が緑色になるので、あちらの子は緑色とは言えないよのです。

やはり今のところ、この子が一番きれいな緑色をしているクリスマスローズということになります。

それから、アウグチフォリウスもなんとか咲いてはくれましたが、これも病気でイマヒトツ元気には咲いておりませんし、先日春の雪に見舞われ、せっかく開き始めた花がダメになってしまってます。がっかり。

【PR】 早咲き系のニゲルとコルシカスとの交配種、緑色した‘バレンタイングリーン’を探そう! at Rakuten

かくいうこの子も春の雪のあと、ほぼ開こうとしていたのに、まだ花びらを閉じようとしてたりして、逆戻り・・・(苦笑) 
イクラ寒さにつよいクリスマスローズとはいえ、思いがけない気温の変化や霜に当たると、つらそうです。
[バレンタイン・グリーンも♪]の続きを読む

双子のエレガンスホワイト^_^;

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年03月25日 水曜日 [Edit] 




【学名】Helleborus x Hybridus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘレボラス属ヘレボルス属
【別名】クリスマスローズオリエンタリス / ヘレボレ / ガーデン・ハイブリッド / ヒブリドゥス / レンテンローズ
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン
【英名】 Lenten rose (hellebore) 【別名】雪おこしユキオコシ
【品種名】エレガンスホワイトElegance White
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 【花期】2月~4月
【草丈】90センチ 【花径】4~5センチ  【花色】白色 ~ 小豆色
【咲き方】剣弁 八重咲き スポットあり
【生産販売】MIYOSHI
【備考】#030 

さて、昨年の春に二年苗で入手した、MIYOSHI様のパーティドレス系‘エレガンスホワイト’。
名前からもご想像できますように、白色系の八重咲きです。
パーティドレス系にはピンク色、紫色、黄色、濃紫色などがありま。八重咲きで申しますと、今年はいの一番に咲いてくれたのがローズカメレオンでした。同じように鉢植えで管理していたのに、こちらのほうが出遅れ気味です。

桃のような蕾が見えてから、3月初旬に鉢増しをいたしました。今のところ単植ですが、株元が寂しいので、なにか仲間をかんがえてあげなくちゃ!と思い、宿根イベリスの穂先を切り取り、ズボッと挿しておきました!




初開花ですし、まだ苗が若いのでお花は二つしか咲かないのですが、それでも初めて見るお花は嬉しい~ Y(=▽=)Y~☆

でもねぇ~~ 私の肥料のやり方にモンダイがあったのだと思うのですが、分化して双子の花になっちゃいました。おわかりになるかしら? 一つの花の中にもうひとつ花ができてしまっていたんです。
なので、丸く咲かずにゆがんだ開き方になってます。

まっ、これもオモシロイといえば、オモシロイのですけど。


【PR】 クリスマスローズ  ’エレガンスホワイト’
私は2008年春に2000円で入手したが、大苗は6000円ほどいたします・・・今年三年目の春、めでたく開花報告です!
ヘラボ・パーティドレスを育てよう! at Rakuten


昨年の記事では、葉っぱだけのお写真でしたが、今年はお花のキロクを残せました~ ♪
[双子のエレガンスホワイト^_^;]の続きを読む

病気でも咲いてくれた・・^_^;

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年03月24日 火曜日 [Edit] 




【学名】Helleborus argutifolius
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ コルシカス
【英名】Corsican Hellebore(コルシカン・ヘラボレ), Corsican Rose(コルシカン・ローズ)
【別名】木立性クリスマスローズ コルシカス
【品種名】アーグティフォリウス / アウグチフォリウス
【系統】原種系 有茎種 【原産地】コルシカ島、サウジニア島
【性状】常緑耐寒性宿根草(有茎種) 【耐寒性】マイナス15℃ 【花期】2月~5月
【草丈】50-60センチ 【花径】3センチ  【花色】緑色  【咲き方】一重咲き 房咲き やや剣弁咲き 平咲き スポットなし 【蜜腺】 黄緑色 
【用途】鉢植え 地植え 寄せ植え 切花 押し花 
【備考】#018

続・瀕死のアウグチフォリウス ・゚・(ノД`)・゚・。

2月にご紹介したときに、葉っぱにかなり黒色の点々が現れていたうえ、葉柄が腐っているような感じでしたので、葉っぱはすべて捨て去りました。
ベンレートで消毒してみたりしましたが、たぶんこのこ冷害にあったためにこうなったのではないかと思うのです。

3本立ち上がっていた花茎でしたが、この3月に入ってから1本は枯れてしまいました。
枯れたものは地際から切り取ったのですが、残りの2本についている蕾が膨らみ始めています。

咲かせるべきではないのでしょうが、やっぱりお花が見たくて・・・

この子なりに2本ならばお花を咲かせることができると判断したのではないかと思い、その自活力に任せていたところ・・・




咲き始めました~~ ヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノへ(^^ヘ)(ノ^^)ノ ちゃんかちゃんか♪

久しぶりにこの子の顔を観ることができたのです!前回は2007年に咲きましたが、それっきりでしたので(^^ゞ

【PR】 斑入りのアウグチフォリウスあるかな? at Rakuten 
Sakamotoさんちのクリスマスローズちゃんたち、お写真見ているだけでも+゜*。:゜+(人*´∀`)ウットリ+゜:。*゜+.  


かなり小ぶりでいまひとつの咲き方ではありますが(^^ゞ
[病気でも咲いてくれた・・^_^;]の続きを読む

二年目のアネモネ咲き 編

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年03月22日 日曜日 [Edit] 




【学名】Helleborus Hybridus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘレボラス属ヘレボルス属
【別名】クリスマスローズオリエンタリス / ヘレボレ / ガーデン・ハイブリッド / ヒブリドゥス / レンテンローズ
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン
【英名】 Lenten rose (hellebore) 【別名】雪おこしユキオコシ
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎種 【花期】2月~4月
【草丈】90センチ 【花径】4~5センチ  【花色】桃色  【蜜管】桃色~黄色
【咲き方】剣弁 半八重咲きアネモネ咲き?) セミダブル スポットあり
【生産者】不明
【用途】地植え 鉢植え 切花 押し花   
【備考】#009

昨年は初開花ということもあってか、体力がなかったのかしら~ ニゲルなどよりも遅い開花でしたが、今年はニゲルよりも早くさいてくれたセミダブルのクリスマスローズちゃん。

いよいよ開き始めました~ ^0^

まだ開きたてなので、蜜腺部分がよく見えていませんが、ここがもっと発達してヒラヒラした感じへと変貌してゆくのですよ~

昨年よりもさらに花弁(ガク)は厚みを帯びており、成人したという感触です!今年の花は本来のお花の形となると思います。

手前に植えてあるヒューケラ‘ピーチフランバ’も無事越冬して、先日古い葉っぱを整理して切り取って、春の新しい葉っぱが展開するのをまっているところです。この子達の競演も間近です。

Helleborus x Hybridus  - クリスマスローズ 桃色 丸弁 半八重咲き
← こちらが昨年咲いたアネモネ咲き半八重咲き)のヒブリドゥスです。クリックして昨年の記事にジャンプしまーす^0^
この蜜腺部分が昨年と比べてどう変化するのか愉しみ♪


【PR】 セミダブルのクリスマスローズを探そう! at Rakuten


昨年は4月中旬に開花しておりましたので、ほぼ1ヶ月あまり早い開花でした~ 先んじて咲き始めた八重咲きのクリスマスローズ‘ローズカメレオン’はシックですが、この子はピンク色でホントにかわゆい立ち姿です。
[二年目のアネモネ咲き 編]の続きを読む

アプリコットちゃんは二芽♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年03月16日 月曜日 [Edit] 




【学名】Helleborus Hybridus 'Apricot' または Helleborus orientalis 'Apricot'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae  【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【別名】クリスマスローズ・オリエンタス または ガーデン・ヒブリドゥス
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン) 【英名】 Lenten Rose(レンテンローズ)
【品種名】ガーデン・ヒヴリディス ‘アプリコット’ 
【別名】雪おこし(ユキオコシ)  冬姫牡丹(フユヒメボタン)
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎  【花期】2月~4月
【草丈】90センチ 【花径】4~5センチ  【花色】アプリコット
【生産者】MIYOSHI
【備考】#002

やっぱりねぇ~~ この場所はクリスマスローズちゃんにとってあまりよろしくない場所のようです。
ここは冬の間、雪が降ると掃いた雪がうず高く積まれてしまうところなんです。

ほとんど冬の間雪の下で過ごすのですが、雪が溶けたときには葉っぱがぺったりと土にくっついてぺちゃんこですし、他の花たちよりも日が当たらないので、花芽があがるのも遅いし、ジメジメしているのです。

ごめんねぇ~ 

一昨年、鉢から地植えにしたはずなのですが、どうもイマヒトツの成育振りです。
でもそのおかげで、他の子たちと時差があり、おそらく4月に入ってからの開花になると思われます。
それはそれで、良いことなのかもと前向きに考えている私です。


今年の秋には、忘れずにこの八重咲きのスノードロップの球根をゲットして、地植えでクリスマスローズとのコラボを愉しみたいわ~

【PR】 まだあるかな? クリスマスローズを探そう! at Rakuten


現在、土のなかから顔をだしはじめているのは二つ。
それぞれに3個くらいづつ花芽があがるとして、6つくらいは咲いてくれるかな。

寒いだろうと思って、竹炭でマルチングなどもしてあげたんですけど。
今後のお花の咲き方がきになるところです。
[アプリコットちゃんは二芽♪]の続きを読む

オドルスも復活!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年03月05日 木曜日 [Edit] 




【学名】Helleborus odorus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】ヘレボルス・オドルス 【英名】 Odorus
【別名】クリスマスローズ 冬姫牡丹フユヒメボタン
【系統】原種系 無茎種 【咲き方】 一重咲き 平咲き やや丸弁 【花色】緑色~淡黄緑色 【草丈】30~50センチ 【蜜管】緑色  【香り】あり
【原産地】ルーマニア、ボスニア、マケドニア、スロベニア、クロアチア、ハンガリーなど  【性状】耐寒性宿根草 -15℃
【用途】鉢植え 寄せ植え 地植え 切花 押し花
【備考】#033

なんだかどんぐりみた~~い!

肥料でおかしくなったのかしら? それともこれが普通の新芽なのかしら?
入手したばかりで、その生態の全容がわかっていないオドルスちゃん♪

先日のムルティフィダスよりはまだ葉っぱの枯れこみは少ないのですが、古葉はほとんどその機能を果たしていないようすです。


【PR】新商品クリスマスローズオドルス小苗
価格は、 400円也 でゲットしたものです。がっ、大苗ですと2,625 円 です。
他にも欲しい原種系はあるのですが、今回またしても入手できなかったものが多数ありました・・・


しつこいようですが、次に挑戦したいと思っている原種系のクリスマスローズには、ヴェシカリウスという品種があります。とにかく欲しいものをただただ入手しているだけでは、私の老後のたくわえがなくなりますし(^^ゞ


いつか実現させたいと思っている「クリスマスローズの自生地への旅」への積み立てもしなくては!あまり余生は残っていないので(^^ゞ 夢に終わってしまうかもしれませんが・・・(笑)


でもなかなかクリスマスローズちゃんたちを追い求めるツアーってないですよね。
しかも期間限定・・ 開花の時期に行かないと意味がないですし。
以前、クリスマスローズ協会で主催されたツアーがあったみたいですけど、もう企画はないのかなぁ~ でも私は会員ではないのですが(;´▽`lllA``
敷居が高くて トテモ、トテモ ・・・ _| ̄|○
[オドルスも復活!]の続きを読む

ムルティフィダスのその後

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年03月04日 水曜日 [Edit] 




【学名】Helleborus multifidus multifidus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】ヘラボラス・ムルチフィダス またはムルティフィダス 【英名】Multifidus
【別名】冬姫牡丹(冬姫牡丹)
【系統】原種系 無茎種 【咲き方】 一重咲き  【花色】緑色  【草丈】20~30センチ
【原産地】クロアチア、ヘルツェゴビア、アルバニア 【性状】耐寒性宿根草 -15℃
【用途】鉢植え 地植え 切花 押し花
【備考】#053

すっかり枯れこんでしまっていたムルティフィダス・・・

心配していたのですが、5ミリ程度の小さな若々しい芽を発見! よかったぁ~~ ~(〃´o`)=3
ダメかと思っていたのですが、お花は咲かないかもしれませんが、なんとか越冬できたようです。

枯れこんできたところで、石灰硫黄剤なんぞをまいたりしてしまったので、土の中の状態を考えると新芽が待機していたはずなので、心配だったのですけどね!


相変わらず自宅では未だお花の現物を見ておりませんので、花の写真はおぎはら植物園さんちからお借りしていますかお
クリスマスローズ ムルチフィダスは緑色一色です。

【PR】 まだあるかしらん? ムルティフィダス・・・ at Rakuten


この葉っぱの上がり方だと、花芽があるようには見えず・・・
またしてもじらされて、来年以降の開花となるのかなぁ~ 今年も開花の可能性は低そうです。
[ムルティフィダスのその後]の続きを読む