スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最盛期のインテグリフォリアたち

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年06月08日 月曜日 [Edit] 




【学名】Clematis integrifolia 'Hendersonii'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属センニンソウ属
【英名】Clematis x diversifolia 'Hendersonii'
【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(5~10月) 半鐘咲き 
【花径】6センチ 【高さ】60~70センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】青紫色 【剪定】強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】ヘンダーソニー 【作出者】Henderson氏
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella
【備考】#C015

今年は油断しちゃいました (^^ゞ

肥料のやり方が足りなかったようです。それでも10本以上の花茎が立ち上がり、てっぺんでフリンジつきの傘を開いたように一気に満開となり、とてもかわいかった‘ヘンダーソニー’です。
実は大雨の後、花弁が痛んだこともあって、記念撮影後にはもう地際から1~2節目のところで、剪定が終わっております。



あと1~2回は咲いてくれるはずですので、今度はちゃんと肥料をあげなくては!


クレマチス インテグリフォリア系の苗

【PR】 クレマチス インテグリフォリアを探そう! at Rauten
我家にはまだ有名な‘花島’や‘篭口’がないので、次回のチャンスにはリストからもらさないようにしなくては!


先日ご紹介したオールドローズの‘ファンタンラツゥール’と開花時期がほぼ同じで、加えてラミウムの白色の花が咲く‘アルバ’も足元でほころんでいます。
向こう側にはナデシコたちが猛威をふるっています(笑)

あるいは、以外と肥料を使うラミウムが栄養を横取り?しちゃったのかしらん。でも銀色の葉っぱとも良くお似合いなのですよ~~ (^_-)-☆

‘ファンタンラトゥール’の葉っぱが日陰を作ってしまうこともこの子にとってはストレスなんだろうなぁ~



【学名】Clematis integrifolia 'Alionushka'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属センニンソウ属
【英名】Clematis 'Alionushka'  【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(6~9月) 半鐘咲き 
【花径】8センチ 【高さ】150~200センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】濃桃色 【剪定】木立性 強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】アリョヌシカ  【作出者】A. N. Volosenko-Valenis(1969年ロシア)
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella  
【用途】鉢植え 地植え ロックガーデン
【備考】#C012

ヘンダーソニー’よりも大きな花を咲かせたのが‘アリョヌシカ’です。一番元気がない‘アルバ’には、未だに蕾があがらないので、今日はご紹介はナシです。 

5月下旬から咲き始めた‘アリョヌシカ’には、花茎が三本のみですが、身長は‘ヘンダーソニー’の2倍ほどにもなっていて、昨年よりもさらに大きな花になっているように思います。
こちらのほうは肥料のやり方がよかったみたいです。
[最盛期のインテグリフォリアたち]の続きを読む
スポンサーサイト

雨でも頑張るヘンダーソニー

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年08月25日 月曜日 [Edit] 




【学名】Clematis integrifolia 'Hendersonii'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属センニンソウ属
【英名】Clematis x diversifolia 'Hendersonii'
【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(5~10月) 半鐘咲き 
【花径】6センチ 【高さ】60~70センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】青紫色 【剪定】強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】ヘンダーソニー 【作出者】Henderson氏
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella
【備考】#C015

このところ、毎日、毎日雨です・・
昨日の日曜日、少し雨足が弱くなったときに、濡れつつ写真撮影したクレマチス‘ヘンダーソニー’ですが、こう毎日雨が続くとさすがに鬱陶しいらしく、花弁にも元気がありません。

でも記念撮影には、水も滴るイイ女のごとく、艶やかさがでるみたいです。

【PR】 秋のお花を探そう~♪ at Rakuten

二番花は少し小ぶり。茎も細いのですが、立ち上がった茎の数は一番初めに咲いたときとあまりかわらない、若しくは少し多いくらいです。
ただ日照不足かしら、あまり花つきがよくないなぁ~

秋晴れの晴天、見たいですね~ そうすれば、クレマチスをはじめとし、他の植物たちも元気になるのでしょうけど。
[雨でも頑張るヘンダーソニー]の続きを読む

ひらひら~~とヘンダーソニー

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年05月27日 火曜日 [Edit] 

Clematis integrifolia 'Hendersonii' - クレマチス インテグリフォリア系 ‘ヘンダーソニー’

Clematis integrifolia 'Hendersonii' - クレマチス インテグリフォリア系 ‘ヘンダーソニー’
 今日の一句 「青色の チュチュは 揺れつつ 輝いて 美しきこと このうえもなし」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis integrifolia 'Hendersonii'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属センニンソウ属
【英名】Clematis x diversifolia 'Hendersonii'
【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(5~10月) 半鐘咲き 
【花径】6センチ 【高さ】60~70センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】青紫色 【剪定】強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】ヘンダーソニー 【作出者】Henderson氏
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella
【用途】地植え 鉢植え ロックガーデン 切花
【備考】#C015

満開です!

待ちに待ったクレマチス‘ヘンダーソニー’が開花いたしました。
芽出しのころに、摘芯はしなかったのですが、株立ちは10以上でそのすべての茎のてっぺんでひらひらと青色の花弁を揺らしています。

大雨のときに横倒しになってしまったものもありましたが、なんのその。
倒れながらも咲いてくれている様子もまた愛おしい~~ パァー ゛ (゜・゜* ホレボレ

ヘンダーソニー

おぎはら植物園さんで入手し、1年生苗から育てはじめているので、今年でピカピカの三年生のはず。




下のお写真は先日ご紹介したビジョナデシコちゃん。
他にアレナリアモンタナ、オダマキやバラたちが隣人であります。少々ひしめき合いすぎの感じもありますが、それぞれ元気なのでまぁ~よしとしましょう~

でも梅雨の時期がねぇ~ 蒸れてしまう可能性もあり、ちょっと心配ですけど。
[ひらひら~~とヘンダーソニー]の続きを読む

林のごとく!ヘンダーソニー

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年04月25日 金曜日 [Edit] 

Clematis integrifolia 'Hendersonii' - クレマチス インテグリフォリア系 ‘ヘンダーソニー’

Clematis integrifolia 'Hendersonii' - クレマチス インテグリフォリア系 ‘ヘンダーソニー’
 今日の一句 「冬に耐え ようやく迎えた その時に 花を重ねて まんじりと待つ」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis integrifolia 'Hendersonii'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属センニンソウ属
【英名】Clematis x diversifolia 'Hendersonii'
【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(5~10月) 半鐘咲き 
【花径】6センチ 【高さ】60~70センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】青紫色 【剪定】強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】ヘンダーソニー 【作出者】Henderson氏
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella
【用途】鉢植え 地植え ロックガーデン 切花
【備考】#C015

3月に萌え始めていた銀色の芽もすっかり黄緑色になり、マトリョーシカ宜しく葉っぱを展開させつつどうやらそろそろ花芽を隠しているような感じになってます。
先端の葉っぱは花芽を隠すようにして包み込んでいるのですが、これが気を持たせる!

葉っぱが開いたので花芽かなぁ~と思うと、また次に現われるのは葉っぱで、なかなか紫色した蕾が見えてこないんですよね~ これが (笑)
結構深く植えつけてあるはずで、2芽はかならず地中にあるはずですから、マトリョーシカが5回目くらいになれば、蕾がでてくるはずなんですけど。

ヘンダーソニー

おぎはら植物園さんで入手し、1年生苗から育てはじめているので、今年でピカピカの三年生のはず。




さて、今日はほぼ1週間ごとにこの子の生育の様子をカメラに収めておきましたので、いかに芽吹きからダッシュで成長していっているか、その様子を見ていただきましょう~
[林のごとく!ヘンダーソニー]の続きを読む

ヘンダーソニーの萌えぇ~

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年03月25日 火曜日 [Edit] 

Clematis integrifolia 'Hendersonii' - クレマチス インテグリフォリア系 ‘ヘンダーソニー’

Clematis integrifolia 'Hendersonii' - クレマチス インテグリフォリア系 ‘ヘンダーソニー’
 今日の一句 「冬に耐え ようやく迎えた その時に 花を重ねて まんじりと待つ」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis integrifolia 'Hendersonii'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属センニンソウ属
【英名】Clematis x diversifolia 'Hendersonii'
【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(5~10月) 半鐘咲き 
【花径】6センチ 【高さ】60~70センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】青紫色 【剪定】強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】ヘンダーソニー 【作出者】Henderson氏
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella
【用途】地植え 鉢植え ロックガーデン 切花
【備考】#C015

またも萌えぇ~確認!

たっぷりとマルチングしてあるクレマチスたちの新枝咲きの子たちが、無事越冬し目覚めているかが心配でその成長振りを確認。

お~ 萌えてます^^

これまた白アスパラガスのごとし! ちょこっとだけすでに緑色っぽくなってくれているものもあります。
昨年と同じくらいの立ち上がり方ですし、なかなかに良い感じ!

ヘンダーソニー

2007年開花時の様子です。クリックすると昨年の記事にジャンプします^^

おぎはら植物園さんで入手し、1年生苗から育てています!






そうだ! 芽出し肥料をあげなくちゃ~~
 ねっ(^v^)

昨年は、剪定もちゃんとしてあげましたし、3番花まで長い期間楽しむことができました!
今年は昨年に比べ、出てきている芽の数も倍くらいになっているような感じです。花もたくさん咲いてくれそうな予感~
[ヘンダーソニーの萌えぇ~]の続きを読む

クレマチス‘ヘンダーソニー’に雪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年12月29日 土曜日 [Edit] 

Clematis integrifolia'Hendersonii' - クレマチスインテグリフォリア系 ‘ヘンダーソニーに雪’

Clematis integrifoli a 'Hendersonii' - クレマチスインテグリフォリア系 ‘ヘンダーソニーに雪
 今日の一句 「紫の花 くり返し咲く ゆっくりと」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis integrifolia 'Hendersonii'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属 (センニンソウ属)
【英名】Clematis x diversifolia 'Hendersonii'
【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(5~10月) 半鐘咲き 
【花径】6センチ 【高さ】60~70センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】青紫色 【剪定】強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】ヘンダーソニー 【作出者】Henderson氏
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella
【備考】#C015

よくよく考えてみると、この‘ヘンダーソニー’今年は何度もアップしているような・・・(笑)
それだけ私が育てている子たちのなかでも気になる存在なのです。

今年、2年目の冬を迎えます。株が充実してきているのか、昨年に比べ葉っぱを落とす時期が遅くなっているような木がするのです。‘アルバ’のほうは、今年数輪しか咲かず、早々に葉っぱも落ちてしまっているのですが、‘ヘンダーソニー’と‘アリョヌシカ’はまだまだ葉っぱが緑色をしております。

このままの状態で来年2月の一番寒い時期に、地際で切り取るという剪定作業が残っているのです。昨年は年内に剪定してあげたような・・・ うっすらとしたキオクですが。
[クレマチス‘ヘンダーソニー’に雪]の続きを読む