スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(^^)/~~~ イカリソウ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年11月03日 火曜日 [Edit] 




【学名】Epimedium grandiflorum Morren
【科名】メギ科 Berberidaceae 【属名】イカリソウ属 
【和名】錨草イカリソウ
【英名】Barrenwort / Bishop's hat / Fairy wings / Horny goatweed
【性状】耐寒性落葉多年草

早春にかわいらしいおを咲かせた後には、ハートのカタチの葉っぱを揺らしながら、来年ののために頑張っていた葉っぱもいよいよ冬支度。

今年は茎も切り取らなかったですし、こぼれた種からの発芽もあるかしらん?

イカリソウは繊細なおの割りに丈夫で手間要らずです♪ 薬剤散布も必要ないですしね(^_-)-☆
葉っぱがついている枝も細い割には頑丈で、やすやすと折れたりもしませんし、ドウダンツツジやジンチョウゲの木の株元に植えてあったりするのですが、ついに葉っぱを落とすことにしたようです。

【PR】 検索していたら、なににこれ? イカリソウ ドリコステモン (Epimedium dolichostemon)って? 珍しい咲き方してますよね♪

桃色花、赤花、黄花、白花・・イカリソウを探そう! at Rakuten


山野草系はムズカイイというイメージがありますが、このイカリソウは本当に育てやすいっ!
といいますか、放任主義のほうがよいくらいです(^^ゞ
私は鉢植えのイカリソウはもっておらず、すべて地植えにしておりますけれど、根絶やしになってしまったエリアはありません。

Epimedium grandiflorum Morren - 錨草(イカリソウ)
4月30日付 「今年も会えた錨草」記事へジャンプ

イカリソウも来年の春にはまた可憐な花を見せてくれることでしょう~~~
どんどん落葉系の植物たちは葉っぱを落とす時期に突入しております。
後はクリローたちが咲くのを待つばかり♪ やはりクリローちゃんたちは常緑で冬のおにはなくてはなりませんネ



と、ついついクリローちゃんにお話しが逸れてしまって・・ m(__)m
ところでイカリソウですが、自然な状態ですと夏と冬を無事越せたものがまた春になって発芽します。
ご自身で播く場合には、冷蔵庫などに保存しておいて晩秋に播くことになるので、今が適期ですね!
交配で思わぬお花が生まれる可能性があるのは楽しいところですが、気が短い私は株分けで殖やします(^^ゞ
[(^^)/~~~ イカリソウ]の続きを読む
スポンサーサイト

今年も会えた錨草

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年04月30日 木曜日 [Edit] 




【学名】Epimedium grandiflorum Morren
【科名】メギ科 Berberidaceae 【属名】イカリソウ属 
【和名】錨草イカリソウ
【英名】Barrenwort / Bishop's hat / Fairy wings / Horny goatweed
【性状】耐寒性落葉多年草

昨年よりもさらに増えてくれている様子のイカリソウですY(=▽=)Y~☆
まだ白いのほうは咲いていないのですが、桃色の二種は咲いてくれてます。
大型と小型で、おの咲き方が違うのですよ~
大きく手を広げたようにして咲くタイプと、すごくこじんまりとしていて、ちょっとフウリンオダマキ風な子が競うように咲いてます。

種が交わってもどうかと思い、それぞれ遠くに離して地植えにしてあります。

【PR】 検索していたら、なににこれ? イカリソウ ドリコステモン (Epimedium dolichostemon)って? 珍しい咲き方してますよね♪

桃色花、赤花、黄花、白花・・イカリソウを探そう! at Rakuten


一口にイカリソウといっても、品種は様々で咲きっぷりも色あいも違ったものが多く、上記のように個性的なものもあるのですよね~
我家にあるものは、すべてまたしてもお隣のオジサマから拝受したものばかりです(^^ゞ
園芸をはじめたばかりの頃にいただいたと思うので、もう何年も毎年春になると、樹木の陰でひっそりといつの間にか咲いてくれるようになりました。




ほら、この子は白色と桃色の部分がはっきりと分かれていて、白色の手がびょ~~んと伸びています。
[今年も会えた錨草]の続きを読む

イカリソウが咲いた!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年05月09日 金曜日 [Edit] 

Epimedium grandiflorum Morren - 錨草(イカリソウ)

Epimedium grandiflorum Morren - 錨草(イカリソウ)
 今日の一句 「お星様 錨 お帽子 天使の羽 いずれの姿も それらしく」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Epimedium grandiflorum Morren
【科名】メギ科 Berberidaceae 【属名】イカリソウ属 
【和名】錨草イカリソウ
【英名】Barrenwort / Bishop's hat / Fairy wings / Horny goatweed
【性状】耐寒性落葉多年草

5月のはじめくらいだったでしょうか。この子がまたいつもの場所でお花をゆらゆらさせはじめています。
すでに開ききって桃色が薄桃色に変化しているものもあり、蕾を持っているものもあり、様々です。
白色のイカリソウも咲いています。写真忘れましたが。

この子よりももっと小さい子もいまして、おそらく我家にはこの三種類が自生してくれているみたいです。ほとんどなんの手助けもせず、花茎などを切り取ることも、肥料をあげることもせず、放任状態なのですが、可憐な花は毎年さいてくれてます。

案外と丈夫なんですよねっ。
[イカリソウが咲いた!]の続きを読む

汚れてますが・・白南天

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年01月23日 水曜日 [Edit] 

Nandina domestica - 白南天

Nandina domestica - 白南天
 今日の一句 「難を転ずる 白い実に 願いをかける 寒い朝」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Nandina domestica
【科名】メギ科 Berberidaceae  【属名】ナンテン属
【和名】南天(ナンテン) 【英名】Nandina
【花期】5~7月  【結実】11月~2月
【性状】耐寒性常緑広葉低木  【原産地】日本・中国・インド

先日、南天の赤い実をご紹介しておりましたが、そのお隣に植えてある白南天の実がなっていることに気がつかず、最近ようやくえっ?ってな感じで・・・

家人から「これは紅白の南天だから」とは聞いていたのですが、私がこの白い実をみるのは初めてでありました。ぜんぜん気がつかなかったなぁ~ シロナンテンだったなんて・・・失敬。もう十年近くも庭作業をしていたというのに、家人の言っていることを信用していなかった私ですが、これで立証されてしまいました。本当は二本並んで植えてあるので、今年一本抜いてしまおうかとも思っていたのです。

いったい何時実をつけてくれていたのか、なりたてならばもっとキレイな実だったでしょうに。
今はほとんどの実が落ち、または小鳥のエサとなり、数えるほどしか残っていないのでした。
[汚れてますが・・白南天]の続きを読む

南天の赤い実

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年12月25日 火曜日 [Edit] 

Nandina domestica - 南天

Nandina domestica - 南天
 今日の一句 「初雪の 帽子被った 南天の実」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Nandina domestica
【科名】メギ科 Berberidaceae  【属名】ナンテン属
【和名】南天(ナンテン) 【英名】Nandina
【花期】5~7月  【結実】11月~2月
【性状】耐寒性常緑広葉低木  【原産地】日本・中国・インド

クリスマスだというのに、それらしい雰囲気のものが我家にはないので、南天の赤い実で少しクリスマスカラーを出してみました(苦笑)

なんだかすでに随分野鳥などに食べられてしまったのか、実が落ちてしまったのか、あまり実が残っていないのですけど・・・。先日雪が降ったときに写したものなので、ちょっとホワイトクリスマス風です。
[南天の赤い実]の続きを読む

桃色のイカリソウ開花!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年05月05日 土曜日 [Edit] 

錨草(イカリソウ)



【学名】Epimedium grandiflorum Morren
【科名】メギ科 Berberidaceae 【属名】イカリソウ属 
【和名】錨草(イカリソウ)
【英名】Barrenwort / Bishop's hat / Fairy wings / Horny goatweed
【性状】耐寒性落葉多年草

UFOキャッチャーのような形をした錨草が開してます!

イカリソウは精力剤のお薬として、淫羊霍(いんようかく)とも呼ばれます。名前に「羊」があるのは、このイカリソウを食べた羊ちゃんたちが、精力旺盛になったという言い伝えによるものらしいのですが、英名ではそのまんまHorny goatweedなどと少々気恥ずかしい名前です。

また他にも英名Bishop's hat 「司教の帽子」などもあり、見方によって様々な呼び方がされています。
もともとはお船の錨の形に似ていることが、その名の由来ではありますが、現代人にはUFOキャッチャーのほうがわかりやすかも!? (笑)

もう何年も我が家に棲みついてくれ、毎年毎年同じ時期にひっそりと開する小さなイカリソウは私のお気に入りの山野草のひとつです。

メギ科植物は、このほかに南天(ナンテン)くらいしか育てていないのですが、ふとお隣のナンテンに目をやると、やはり初々しい柔らかな若い芽を出していていました。

[桃色のイカリソウ開花!]の続きを読む