スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二年目の吉祥草

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年10月21日 水曜日 [Edit] 




【学名】Raineckea carnea
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】キチジョウソウ属
【和名】吉祥草キチジョウソウ)  【英名】   【別名】観音草カンノンクサ
【原産地】日本(本州・以南) 中国 【性状】耐寒性多年草 (-15℃くらい)
【花期】9~10月 【草丈】20cm 【用途】庭植え 鉢植え シェードガーデン グラウンドカバー

一昨年、葉っぱだけの姿でやってきて、ちゃんと咲いてくれたキチジョウソウですが、今年はコンテナに寄せ植えして、カタバミやリリオペなどとともにキレイな葉姿を保ってくれておりました。

10月に入り、お花が咲き始めています~ (∇〃)。o〇○ポワァーン

この子が咲くと何か良いコトが起こりそうなので(^^ゞ、 そんなこともあって開花が嬉しいわたしです。
でも、思いのほかこの子は葉っぱの草丈が伸びてしまい、寄せ植えにしたものの、どうもバランスがイマヒトツ。

もう少し葉っぱが枝垂れるかと思っていたのですが、直立・・・ ( ̄m ̄*)゚プッ

それに大型のコンテナだったせいか、のびのび育ちすぎてしまったようです。
奥手にあるお花はちっともみえないしぃ~~ この子はやっぱりボーダー花壇向けかしら。


【PR】 キチジョウソウ■グランドカバー■シェードガーデンにもキチジョウソウ10.5cmポット苗3個セットは、ペットエコ&ザガーデン楽天市場店さんちで、960円也~

まとめ買いでグランドカバーにしよう~! at Rakuten


来年の春には、植え替えてあげませんと、ちょっとスペース的にも余裕がなくなりかけてますので、コンテナからはこの子は引越してもらって、何か別なものをと考えたりしています!
宿根草だけではなくて、一年草の子も取り混ぜたほうがよさそう~な気がするのですけど。
[二年目の吉祥草]の続きを読む
スポンサーサイト

小鉢で育てるチシマラッキョウ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年10月18日 日曜日 [Edit] 




【学名】Allium splendens var. kurilense
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ネギ属 またはアリウム属
【和名】千島辣韮チシマラッキョウ) 【英名】Splendid Flowering Onion
【別名】生糸辣韮キイトラッキョウ
【性状】耐寒性球根植物  
【用途】鉢植え 苔玉素材

昨年はイマヒトツ、綺麗に咲いてくれなかった‘チシマラッキョウ’ですが、今年はたっぷりと日光にあて水遣りもし、気にかけてあげたことに応えてくれたのです。

この子は、いわゆる豆鉢で育ててまして、すんごく小さいのです。その分お世話が忙しかったぁ~
[小鉢で育てるチシマラッキョウ]の続きを読む

秋の憂いのホトトギス

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年10月11日 日曜日 [Edit] 




【学名】Tricyrtis hirta
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ホトトギス属
【和名】杜鵑ホトトギス) 【英名】Toad Lily
【性状】耐寒性多年草  【期】9~10月
【原産地】東アジア、インド  【用途】地植え 鉢植え シェードガーデン

この子達、随分増えてしまったので、夏の間に地植えのものはずいぶん抜いてしまったので、今年咲いたのは鉢の中で育ったものがほとんどです。

いくら繁殖旺盛とはいえ、このままでは地植えのものがなくなってしまうかも?しれません。
鉢モノに種ができたら、どこかホトトギスが育って欲しいところに鉢ごと置いておいて、種をこぼしてもらったほうがよいかな。

【PR】 ホトトギスを育てよう♪ at Rakuten

今年の夏に鉢への水遣りの仕方があまりうまくいかなくて、葉っぱがキイロに変ってしまっていたりもしています^^; ごめんね~ ホトトギスちゃんm(__)m

さて、草物盆栽はリンドウとの寄せ植えもあり、そろそろリンドウも満開の時期です。
他に銀杏の木と寄せ植えにしたものもあったりしています。
地植えのものとくらべると、かなり背丈が短くてこじんまりしたカタチになり、小さな鉢に植えたものもなかなかかわいい~のですよ!
[秋の憂いのホトトギス]の続きを読む

分球しちゃったコルチカム(^^ゞ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年10月08日 木曜日 [Edit] 




【学名】Colchicum autumnale
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】イヌサフラン属 または コルチカム属
【和名】犬サフラン(イヌサフラン)  【英名】Meadow Saffronメドーサフラン)   Autumn crocusオータムクロッカス
【別名】コルチカム またはコルキカム
【性状】耐寒性球根植物鱗茎)  【花期】9~10月  【草丈】15~20cm 
【原産】ヨーロッパ、北アフリカ  【成育温度】15~25度
【用途】花壇 鉢植え 地植え バスケット

さて、秋に咲いてくれる球根植物‘コルチカム’です。

植えっぱなしなので、随分増えてしまい、お花の時期はよいのですが、葉っぱが茂っているときには、込み込み状態^^;

お花が咲き始めているというのに、掘りあげて植え替えてしまいました(^^ゞ

お花がすぐにしぼんでしまうかな?と思いましたが、十分に生育している球根ならば、ただバスケットの中に入れておいたり、机の上に転がしておいてもお花を咲かせるほどなので、この時期でもどうやら大丈夫そう~

植え替え後にも愉しんでおります!

【PR】 コルチカムの球根をゲット! at Rakuten

花後にでてくる葉っぱが冬の間も青々としているので、ちょっと寂しいところに植えつけました。
本当はもう一箇所、分球したほうがよさそうなところもあるのですが、それはまた次の機会に♪




秋に咲くサフランといえば、食用のサフランがまだだわ。
ちょっと減り気味なんですよねぇー^^;
まだ売っていそうだから、買おうかな。
[分球しちゃったコルチカム(^^ゞ]の続きを読む

Fritillaria meleagris

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年10月06日 火曜日 [Edit] 




【学名】Fritillaria meleagris
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】フリチラリア属 (バイモ属
【流通名】メレアグリス 【英名】Snake's Head Fritillary, Checkered Daffodil, Chess Flower, Frog-cup, Guinea-hen Flower, Leper Lily, Snake's Head,Fritillary 【別名】フリチラリー
【原産地】フランス、スロベニア、クロアチアなどヨーロッパ
【性状】耐寒性球根植物 マイナス5℃ 【草丈】15~20cm 【花期】4~5月 【花色】白色 赤紫色 市松模様 【植え付け】9~11月
【用途】地植え 鉢植え  【販売元】アイリスオーヤマ
【毒性】あり (アルカロイド)

普段はネットで買うことが多いのですけど、今回は地元のHCで出会いがありました~
ずっと育てたかった春咲きの球根植物‘フリチラリア’です。

ラベルをみるとアイリスオーヤマさんちのもののようで、ネット販売もしているようです。
でもネットで買うよりも60円ほど安く売られていたので、ちょっと得したキブン♪

10個いりのものを二つ入手して、早速お庭に植えました。二箇所にそれぞれまとめて植えてみました。
私の場合には、クリスマスローズとのコラボを愉しみたかったので、今年庭植えにした小苗の近くに植えたりしたのですけど、よくよく考えてみたら、結構クリスマスローズも大きく育つので少し近くに植え付けすぎたかも!? ^^; 西日を遮る塀の近くに植えました。

もう一箇所はやはりクリスマスローズの傍で、ブルーベリーの木が木陰を作るところを選びました♪

二色ミックスだったので、白色と赤紫色ごとに植えつけられなかったのがちょっと残念。


【PR】楽天HC【e-netshop】~今注目の品種~【送料無料】フリチラリア メレアグリスミックス 10球は、e-netshopガーデニングライフさんちで397 円也~

ワンランクアップの春花壇にオススメ!フリチラリアをさがそう~~~(o^-')b at Rakuten


以前育てたことのある北海道土産の「黒ユリ」をダメにしてしまった経験から、慎重に土壌を改良して植えつけましたよ~
前回は、半日陰が良いとはいえ、あまりフカフカしていないところでしかも生育期に当たる日光量が少なかったのだと思うのです。

今回は大丈夫(^_-)-☆ のはずです・・・ 結果は来年の春までわかりませんけど。
[Fritillaria meleagris]の続きを読む

Liriope muscari 'Variegated White'

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年09月12日 土曜日 [Edit] 




【学名】Liriope muscari 'Variegated White'
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ヤブラン属
【和名】藪蘭ヤブラン)【英名】Liriope, Border Grass, Lily-turf Lilyturfなど
【品種名】ヴァリーゲイティッド・ホワイト
【別名】リリオペ / サマームスカリ 【原産地】東アジア
【性状】耐寒性宿根草  【花期】8月~10月  【花色】桃色
【用途】グランドカバー 花壇 鉢植え 

我家にあるヤブランリリオペ)の中で、もっともお気に入りの子がこの子です。
ヤブランというと紫色の花穂を想像される方も多いかと思いますが、この子は葉っぱに白斑が入るうえ、お花が純白なのですよ~~

この秋まで鉢植えで管理していたせいか、葉っぱの幅も細め。たおやかな女性を連想させるリリオペです。

今年、ワイルドオーツなどと寄せ植えにしておいたものに子株も見え始めてきたので、思い切ってこの子だけ鉢から抜いて、地植えにしました! 一枚目の写真に見える茶色の葉っぱは、先般購入したばかりのコルジリネ‘レッドスター’です。

両者のコラボがとても気に入っておりますY(=▽=)Y~☆


ヤブランの白斑入り品種  シルバードラゴン 0.2m前後 グランドカバーに 価格 420円也~

何しろ冬場でも葉っぱを残してくれるというのは、私にとって強い味方です!
そして斑入りの白色が明るさを運んできてくれるのです。

【PR】 お気に入りのヤブランを見つけよう~♪ at Rakuten



残念ながら、子株を引き離してユーパトリュームたちの鉢に植えたものは、成長がかんばしくなくて、お花は咲かなさそうなのですが、吉祥草や岩絡などと一緒に植えつけたものは、小さいながらもお花が咲いてくれています。
[Liriope muscari 'Variegated White']の続きを読む

まずは古参のリリオペが開花!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年09月09日 水曜日 [Edit] 




【学名】Liriope muscari
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ヤブラン属
【和名】藪蘭ヤブラン)【英名】Liriope, Border Grass, Lily-turf など
【別名】リリオペ / サマームスカリ 
【原産地】東アジア 【性状】耐寒性宿根草  【花期】8月~10月
【用途】地植え 鉢植え 

やはり地植えのものには勝てません! 古参ゆえ他の白斑入りヤブランと比べ、生育旺盛でお花を咲かせるのも早かったのが、黄緑色のスジスジのヤブランでした。

斑入りのほうは鉢植えで限られた領域で育てているので、大きさでもこの地植えのことは比べようもないのです。

地植えにしたものは半日陰に植えてあるのですが、日陰を作っていたキンモクセイを剪定したり、生垣を透かしたりしたので、太陽が当たるようになったので、開花が早かったのかな。
私が気づいた8月下旬には、もう結構花茎があがっていました(^^ゞ 放任していても勝手に育ってくれる手のかからない子です。


【PR】宿根草黄斑ヤブランは、おぎはら植物園さんちで420円也~

黄色と白色の斑入り、斑が入らないものなどヤブランには大まかに三種類ありますよ~

育てやすいヤブランを育てましょ♪ at Rakuten


ですが、私的にはやはり白色がはっきりくっきりとでる白斑入りのほうが好き♪
寄せ植えの花材としても白斑入りのほうが、利用価値が高いと思います。

地植えにしてある子は、遠目にみると傍に植えてあるフウチソウと似ていてちょっと植え付け場所を間違ったかな。
でも冬場でも葉っぱを残しているところではポイントが高いのです。ただフウチソウほどは風になびかないという点では、フウチソウに軍配があがるかなぁ。
[まずは古参のリリオペが開花!]の続きを読む

ちょっと珍しい?ベッセラ・エレガンス♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年08月31日 月曜日 [Edit] 




【学名】Bessera elegance
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ベッセラ属
【和名】なし 【英名】Coral Dropsコーラル ドロップス) 【別名】ベッセラ・エレガンス
【原産地】メキシコ チリ
【性状】非耐寒性球根植物(5℃以上) 【草丈】40~60cm 【花期】7~9月 【植え付け期】3~5月
【用途】鉢植え 地植え 切花 

かわぇえ~~~ ^0^

この子はイタダキモノの春植え球根です。親戚から拝受し、初めて育てるので開花がとっても待ち遠しかったのですけれど、ようやく開花いたしました!
他にもいただいた球根からの開花待ちの花が幾つか残っており、ワクワク中~です♪

このベッセラはこれまで育てたことがなく、いただいたときに初めて知った球根植物でした!

もう今日で8月も終わり。夏色のお花もこの子が最後かなぁ~



【PR】ベッセラ エレガンスの球根Bessera elegansは、Flower&Green GARDENさかもとさんちで420 円 也~

ヒトツヒトツのお花は小さいけど、集まって咲く真紅のお花と、針のような細葉のコントラストが個性的です!下向きに傘を広げたように咲く姿がよいでしょう~

ベッセラ・エレガンスを探そう! at Rakuten


春植え球根ですので、この秋に入手するのはやや困難ですが、それでも最近はお店によっては予約を受け付けるところもありますよね。
9月は秋植え球根が出回る時期で、春の開花を踏まえての球根選びの時期ですけど。

皆さんはターゲットにしている子たち、いるのかな? 
私も幾つか欲しいものがあるのですが、サイドバーの「ホシイモノ」に記録を残しておきました~^0^
忘れがちですので(^^ゞ アリウムはなんどか挑戦するもいつもイマヒトツ。でも私の触手をくすぐるものが多いのです。
[ちょっと珍しい?ベッセラ・エレガンス♪]の続きを読む

ユリの最後は高砂百合

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年08月30日 日曜日 [Edit] 




【学名】Lilium formosanum
【科名】ユリ科 Liliaceae  【属名】ユリ属
【和名】高砂百合タカサゴユリ) 【英名】Easter Lily または White Trumpet Lily
【性状】耐寒性球根植物 【花期】8月 【草丈】
【用途】地植え 鉢植え 切花

ずっと昔から家人が‘テッポウユリ’と呼んでいたので、疑いものなく‘テッポウユリ’だと思っていたのですが、どうやらテッポウユリは開花が6月、一方タカサゴユリは8月・・・

ということは、この子はテッポウユリではなくタカサゴユリだったようですm(__)m
でも一般的にはテッポウユリという呼び方をされているのでしょう。ネットで検索しても高砂百合という名前でヒットする苗の数は少ないなぁ~

【PR】 テッポウユリを探そう! at Rakuten


以前はたくさんあった高砂百合たちでしたが、百合の取り扱いに未熟な私が園芸を始めたばかりのころに乾燥気味のところに移植してしまったために数が激減。
現在は3株しか残っておりません _| ̄|○ それでも8月に咲いてくれる純白の百合の咲き姿にはうっとりです。近くにハイブリッド系のピンクのバラも咲いていて、優雅なのです♪
[ユリの最後は高砂百合]の続きを読む

なんとか復活!ヘメロカリス

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年08月07日 金曜日 [Edit] 




【学名】Hemerocallis spp.
【科名】ヘメロカリス科 (ユリ科 Liliaceae) 【属名】ヘメロカリス属
【和名】 【英名】Day Lilyデイリリー) 【別名】ヘメロカリス
【原産地】日本・中国 園芸品種
【性状】多年草 【草丈】30cm-90cm 【花期】6月~8月
【用途】地植え 鉢植え 夏花壇 切花には不向き

久しぶりのアップ! ヘメロカリスたちです。
お花そのものは、一日でしぼんでしまいますが、株が充実していれば1本の花茎に蕾がどんどんあがるようになり、毎日毎日交代に咲くようになります。

キスゲやヒメカンゾウなどもこのヘメロカリスの仲間です。おととし、株を移植してしまったので、昨年は全くお花が咲かなかったのですが、今年は移植した株の3株が咲いてます。

一番濃い黄色をしてるものは、ブッドレアの白い花の下で咲くようになりました~


【PR】オランダより 希少なヘメロカリス ブルベリークリーム輸入 2年目株は、ハッピー ガーデンさんちで、1,942 円也~

ヘメロカリスを探そう! at Rakuten


ブルーベリーがあまりにも大きくなりすぎて、かなり日陰に入り込んでしまい、クリーム色のヘメロカリスはちょっと元気がありません^_^;
ごめんなさい・・・ 何のための移植だったのやら・・・(^^ゞ
[なんとか復活!ヘメロカリス]の続きを読む

カサブランカ系が満開!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年08月05日 水曜日 [Edit] 




【学名】Lilium Oriental Hybrid 
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ユリ属
【系統】オリエンタル ハイブリッド
【品種名】ロドルファ
【愛称】ミゼット・カサブランカ (Midget Casablanca
【和名】百合ユリ)【英名】Lily
【性状】耐寒性球根植物(鱗茎)  【育成地】オランダ
【花期】7~8月  【用途】鉢植え 地植え 【植え付け】10~3月 【草丈】40~50cm

我家にはカサブランカ系のユリが五種類あります。
日本の山林に自生している山百合、大型と小型のカサブランカ系オリエンタル、アジアティックハイブリッド とテッポウユリです。

今日まずご紹介しているのが、今年で二回目の開花となった‘ミゼット・カサブランカ’で、背丈が50センチほどと小ぶりで、隣人にはヒューケラの‘モカ’を植えてあるので、花期が一緒の小花とのコラボで鑑賞中~です。
ヒューケラのほうも昨年よりも大株になってくれたので、花茎も倍以上になり白色と渋いブロンズ色の葉っぱがミゼットを引き立ててくれるのですY(=▽=)Y~☆
ちょうど背丈も同じくらい、矮性の小さなユリですが、ちゃんとカサブランカらしさを兼ね備えています。


【PR】コンパクトカサブランカ「ミゼットシリーズ」の球根・2球入りは、Flower&Green GARDENさかもとさんちで573 円也~

秋に植えつけるカサブランカの球根をゲット! at Rakuten


5分咲きくらいになったところで、球根のために切り取って花瓶に生けて室内で愉しみます。
香りが室内に漂うと、一日の疲れも吹っ飛びます(o^-')b
今回はお写真を撮っていないのですけど、同じ時期に咲いてくれるグラジオラスの白色のものと葉物をあわせてアレンジしました!
[カサブランカ系が満開!]の続きを読む

Hosta 'Christmas Candy'

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年07月29日 水曜日 [Edit] 




【学名】Hosta ‘Christmas Candy’
【科名】ユリ科 Liliaceae またはリュウゼツラン科【属名】ギボウシ属
【和名】ギボウシ 【英名】Hosta(ホスタ)Plantain Lily | Corfu Lily | Day Lily
【別名】擬宝珠ギボウシ)  【品種名】クリスマス・キャンディー【性状】耐寒性宿根草

ほとんどのギボウシは地植えで育てていますが、この‘クリスマスキャンディー’と‘ヤクシマギボウシ’は鉢植えで管理しております。休眠期に鉢増しなどしたりしなかったのに順調に育ち昨年よりも大株になってきました!
次回は二回りほど大きな素敵な鉢に植え替えてあげたいなぁ~

こぼれたタネから発芽したオダマキがいるのですが、今年も開花しませんでした。
鉢の大きさにしては、宿根草の両者が育つにはちょっと狭すぎるようです。


【PR】ギボウシ(ホスタ) ホワイトクリスマスも限りなく白色の葉っぱが素敵!おぎはら植物園さんちで、2100 円也~

ホスタをお庭に植えよう! at Rakuten


地植えにしているホスタたちはかなりの日陰のせいか、まだほとんどお花が咲いてくれていません。
他のホスタたちは機会があれば、また改めでご紹介仕様と思います。
[Hosta 'Christmas Candy']の続きを読む

殖えた!アロエベラの子供達

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年07月27日 月曜日 [Edit] 




【学名】Aloe barbadensis (=Aloe vera)  アロエ・バルバデンシス (=アロエ・ベラ
【科名】ツルボラン科ユリ科) 【属名】 アロエ属
【英名】アロエ・ベラ 【和名】盧會ロカイ) 【別名】医者いらず
【原産地】アフリカ マダガスカル
【性状】非耐寒性多肉植物 (耐寒温度 0~3℃) 【草丈】 【花期】
【用途】鉢植え 食用 美容(保湿)

アロエの語源はアラビア語の苦いという意味の「アロッホ」。
でも、このアロエ・ベラは苦いわけではありません。どちらかというとみずみずしくて美味しい~のです。

以前、どこかの温泉旅館でアロエのお刺身がメニューのひとつにあがっていて、へぇ~と驚いたのですが、食べてよし、見てよし、触ってよし♪ といったところでしょうね。

これまたTVで叶姉妹様が、このアロエの外側の皮を剥いて、ジェル状の部分を皮膚に乗せて、お肌をツルツルにさせているのだとも・・・ まだ私は真似しておりませんが(笑) やったほうがよいお年頃の私です(^^ゞ


【PR】緑がみずみずしい!もう涼しすぎる!!【サボテン・多肉】ウエーブグラスポット寄せ植え(S)は、エメラルドプランツさんちで2340円也~

子株は夏仕様のために、ガラスの器に植えたものもあるとよいですねっ!私ったらただ駄温鉢に植えてるだけでして^_^;

アロエを探そう! at Rakuten


この子は、冬の間に切り取った株を新聞紙にくるんで越冬させておいたのですが、温かくなってから植えつけてみましたところ、元気に復活!というかめでたく独り立ちしてくれました~・・ヘ(^o^)/

次回の子株の植え付けのときには、植えつける鉢にも気を使い、ガラスの容器やワイヤーかご、あるいは和風の陶鉢などいろいろ選びたいと思います。

アロエというのは、土のない状態で売られているのもご覧になったことがあるかもしれませんが、本当に水の要らない多肉植物ですよね。
[殖えた!アロエベラの子供達]の続きを読む

百合 - それぞれの表情!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年07月23日 木曜日 [Edit] 




【学名】Lilium ×maculatum
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ユリ属
【和名】透かし百合スカシユリ)【英名】Lily  
【品種名】クリスタルリリー (Crystal Lily) 【別名】アジア百合 【系統】アジアテック系園芸種
【系統】スカシユリ系園芸種
【性状】耐寒性球根植物  【花期】6~7月 【咲き方】受け咲き(上向き) 【草丈】70cm
【用途】花壇 鉢植え 切花 フラワーアレンジメント
【原産地】北半球全般  【性状】耐寒性球根植物

スカシユリたちはほぼ咲き終わり、中にはムカゴが大きくなっているものもあります。
昨年もムカゴが随分こぼれていて、そのまま放置しておいたのですが、昨年こぼれたムカゴからお花が咲いたものもあります。
一番優秀だったのが、黄色のスカシユリの子供でした!


【PR】◎カサブランカ&オリエンタルリリーの花束は、ウェルネスさんちで5775 円也~

やっぱり百合は素敵!Y(=▽=)Y~☆ at Rakuten

ウェルネスさんちはこれまでも何度が利用してまして、自分用ではなく遠方に住む友人などへお花を贈りたいときには、オススメのショップです・・ヘ(^o^)/ といってもあまり他のショップは知らないのですけど、皆さんはどんなお店を利用されているのかな?



でも残念だったのは、ニュアンスカラーとでも言ったらよいでしょうか。ベージュの子が咲いてくれなかったことです。
派手な色の子たちよりも、弱いのかなぁ~
なので、ロリポップの後に咲いたスカシユリは黄色とオレンジ色だけでした。
[百合 - それぞれの表情!]の続きを読む

まずはロリポップから!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年06月26日 金曜日 [Edit] 




【学名】Lilium ×maculatum 'Llipop'
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ユリ属
【和名】透かし百合スカシユリ)【英名】Lily  
【品種名】ロリポップ (Lolipop) 【系統】スカシユリ系園芸種
【性状】耐寒性球根植物  【花期】6~7月 【咲き方】受け咲き(上向き) 【草丈】70cm
【用途】花壇 鉢植え 切花 フラワーアレンジメント 

我家にあるユリはすべて地植えです。
春先には芽出し肥料を施し、芽が見えてきたら盛り土して球根を守るという二点に気をつけていますが、そのほか柔らかな芽を食べられないように、オルトランの細粒をばら撒いたりしています。

ところがこのロリポップにはあまり手をかけてあげていなかったのです。なのに一番に元気に咲いたのがこの子。どういうことかしらぁ~ (笑)
もっともこの子の近くには赤色系のクリスマスローズが植えてあり、春先にクリスマスローズに与えていると思っている肥料のおこぼれにあずかっているのかもしれませんね。
ただ十分ではなかったようで、赤色の出方が弱いなぁ~ もう少し赤色がはっきりでるはずなのですが。


【PR】ため息が出るほどの美しさ!すかし百合 【ロリポップ】 5球は、土っ子倶楽部さんちで780 円也~

スカシユリを探そう! at Rakuten


人気が高いらしく、ご近所さん宅でも育てている方は多いですね~
深い鉢にぞっくりと植えつけていらっしゃる方は、満開になった鉢を玄関先に移動させて鑑賞されたりしていますが、私はもうすっかり切り取って家の中に持ち込んで切花として愉しんでいます。
[まずはロリポップから!]の続きを読む

鈴蘭、3年ぶりにアップ(^^ゞ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年05月30日 土曜日 [Edit] 




【学名】Convallaria majalis
【科名】ユリ科  Liliaceae 【属名】スズラン属
【和名】鈴蘭スズラン) 【英名】ドイツスズランリリー・オブザ バレー
【別名】君影草キミカゲソウ
【性状】耐寒性宿根草  【花期】4~5月  【草丈】15cm~20cm  【花色】白色
【用途】鉢植え 地植え グランドカバー シェードガーデン ロックガーデン

今年もわずかながらお花を咲かせたスズランです。

でも、すでにほぼ花色は茶色となり、枯れてしまっております(^^ゞ アップが遅っ^_^;

今年は気温が高くて、スズランのみならず、花の寿命が短いなぁ~

【PR】 ピンク色のスズランもありますよ~! at Rakuten


今年は、葉っぱの成育具合がよかったので、もう少しお花が咲くのかシラン?と思っていたのですけど、残念ながらあがった花茎は1本のみでした。
ちょっと乾燥しすぎる場所かもしれません。それに、あまりにも周囲にイロイロ植えすぎていて、混みあっていますし(^^ゞ ごめんねぇ~
[鈴蘭、3年ぶりにアップ(^^ゞ]の続きを読む

舞鶴草もキレイでした♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年05月28日 木曜日 [Edit] 




【学名】Maianthemum dilatatum (A.W.Wood) A.Nelson et J.F.Macbr.
【科名】スズラン科 Ruscaceae または ユリ科 Liliaceae 【属名】マイヅルソウ属
【和名】舞鶴草マイヅルソウ
【英名】Snakeberry |  Two-leaved Solomon's Seal  | Wild Lily of the Valley 【別名】マイズルソウ
【原産地】日本 ロシア 朝鮮半島など 【性状】耐寒性宿根草 
【花期】4~5月 【草丈】10~20cm
【用途】鉢植え 地植え グランドカバー シェードガーデン

ハートのカタチの可愛い山野草舞鶴草もほとんど終わり、すでに茶色に変色しているのですが、今頃になってアップです(^^ゞ

とにかく先はアップしたいものが多いのですが、記事が間に合わなくて・・・

鉢植えで管理中なのですけれど、スミレの花が混じりこんでしまい、本来の葉っぱとはベツモノが写っていたりしていますが、ご容赦のほどm(__)m

実は昨年はお花が咲かなかったので(^^ゞ あるいは私が見落とした?のかもしれませんが、記事にしていなかったようです^_^;



【PR】 マイヅルソウ (9cmポット)
みちのくふるさと便では、330円也~ 

マイヅルソウを育ててみよう! at Rakuten


赤い実がなるはずなのですが、見逃してしまっているようで、まだ見たことがなく・・・
忘れなければ(^^ゞ 秋には記事にしたいと思ってます。

背丈が低いお花なので、やはり群生させてあげないと、見栄えがしないのです。
[舞鶴草もキレイでした♪]の続きを読む

殖えました!稚児百合たち

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年05月20日 水曜日 [Edit] 




【学名】Disporum smilacinum
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】チゴユリ属 Disporum
【和名】稚児百合(チゴユリ) 【英名】Japanese Fairy Bells
【性状】耐寒性宿根草 擬似一年草 【自生地】中国 日本 韓国  【期】4~5月  【草丈】30cm
【用途】地植え 鉢植え カバープランツ シェードガーデン

久しぶりのアップになりますが、今日は山野草「稚児百合」です。
もうすっかりおは終わってしまっているのですが、春先は記事のアップが間に合わず、開の最盛期を随分過ぎてからアップしているものも多くて、すみません m(__)m

このチゴユリもおなりのオジサマから拝受したもので、地植えにしましたら、見事に殖えてくれまして、日陰のちょっとしたスペースの下草として利用できるようになりました。
あまり条件がよいとはいえないようなところなのですが、他の植物たちにとってはあまり好ましくない場所でしょうに、この子は元気モリモリです(笑)


【PR】山野草 赤花チゴユリ 600 円 也~

赤色もあるんですね~ 気になるなぁ~ ・・ヘ(^o^)/
チゴユリを育てよう! at Rakuten


これまた丈夫でどんな環境にも適合しやすい宿根草のミヤコワスレが隣人で、ほぼ同時期におを咲かせて、かわいらしいセッションを見せてくれたのです。
幅30センチたらず、長さ2メートルほどの場所なのですが、他にもヘデラ、ギボウシやフウチソウなどを植えておりますので、冬場は土が丸見えですが、春からは新しい葉っぱがどんどんでていて、すっかり地面がみえないようになります。
[殖えました!稚児百合たち]の続きを読む

植えっぱなしOK!の大甘菜

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年05月15日 金曜日 [Edit] 




【学名】Ornithogalum umbellatum
【科名】ユリ科  Liliaceae 【属名】オーニソガラム属 または アマナ属
【和名】大甘菜オオアマナ) 【英名】Star of Bethlehem / Grass Lily / Nap-at-Noon / Eleven-o'clock Lady 【別名】ベツレヘムの星 / オーニソガラム・ウンベラタム
【原産地】ヨーロッパ、西アジア、地中海沿岸など 【性状】耐寒性秋植え球根 
【花期】3月~5月  【草丈】10~30cm
【用途】地植え 鉢植え 半日陰

以前はこの子のことをハナニラだと思い込んでいたのですが、ちっともニラの匂いがしないので、なんか違うなぁ~と(^^ゞ

で、よくよく調べてみましたら、どうやらオオアマナであったみたいですm(__)m

私が園芸にハマル以前から、もうず~~~っと我家の庭のどこかで咲いていたのですが、いつ誰が植えたのか家人に尋ねてもわからないのでした。随分処分したのですが、それでも絶えることなくどこかで咲くのです。

でも、ふっと鉢植えで群生させたら結構見ごたえあるかもぉ~と思い、昨年の秋に大振りの鉢に植えつけましたところ、たくさんの蕾を上げ、5月初旬に咲き始めました。

【PR】 オーニソガラムを探そう! at Rakuten


カンカン照りは嫌うようで、そろそろ鉢を半日陰くらいのところに移動させたほうがよいかしらんと思っているのです。植え込みすぎたこともあったのと、あまり良い土を使ってあげなかったので、水もちが悪いんです(;´▽`lllA``
[植えっぱなしOK!の大甘菜]の続きを読む

ムスカリたち 三種♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年05月01日 金曜日 [Edit] 




【学名】Muscari botryoides 'Album'
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ムスカリ属
【和名】ムスカリ
【英名】Muscari(ムスカリ)  Grape hyacinth(グレープヒアシンス)
【別名】瑠璃ムスカリ 【性状】耐寒性球根植物(-15℃)
【花期】4~5月  【花色】白色 【品種名】ムスカリ・ボトリオイデス ‘アルバ’
【原産地】地中海沿岸  【用途】地植え 鉢植え ボーダー花壇
【相性】チューリップやスイセンとの寄せ植え

もうほぼ終焉に差し掛かっているムスカリたちです。

春に咲く秋植え球根植物のなかでも、とても育てやすく繁殖力も旺盛で、放任していてもスクスクそだってくれるところが良いですよね~

今日は3種類のうち、まず‘アルバ’から。この子は白色なのでなんとなく弱いかもしれないなぁ~と思い鉢植えで管理していたのですが、秋に地面に下ろしたものです。
隣人にはオダマキ、クロッカス、クリスマスローズちゃんたちなどが居て、今年は3~4個だけ花が咲きました。


ムスカリの球根「レディーブルー」5球入り
 472円也~ Flower&Green GARDENさかもとさんちで秋になれば入荷するでしょう~♪
【PR】 秋植え球根のムスカリを探そう! at Rakuten


オダマキの葉っぱが伸び始めると、日陰になっては大変とどんどん花茎が伸びていっているみたい(笑) クロッカスと同時期に咲いてくれると嬉しいのですが、やはりどうしてもずれ込みますので、クロッカスからバトンを渡してもらい、次にオダマキへとつながります。
もっともクリスマスローズちゃんとのコラボは楽しめました(^_-)-☆
[ムスカリたち 三種♪]の続きを読む

チオノドグサ、二回目の開花

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年04月07日 火曜日 [Edit] 




【学名】Chionodoxa spp.
【科名】ユリ科 Liliaceae  【属名】チオノドグサ属
【和名】チオノドグサ  【英名】 Glory of the snow 【別名】雪解百合(ユキゲユリ)
【原産地】クレタ島 キプロス島 トルコ
【性状】耐寒性秋植え球根 【花期】3~4月
【花径】2cm  【草丈】10~20cm

やった~ 春に咲く球根植物のなかでも好きな子のひとつ‘チオノドグサ’です♪

一昨年自分で購入した上に知人からプレゼントしていただいたので、3箇所に固めてうえつけたのですが・・・

ガーン ガ━━━(゚ロ゚;)━━ン!! ガっ

飛び切りは花数が少なくなってしまっているではありませんか! ショック ・゚・(ノД`)・゚・。
これはいかなることなのか!
夏越しに失敗してしまったのかなぁ~ ぁあ~ 残念 しょぼん

【PR】 秋には忘れずにゲット! at Rakuten

ですけれど、なんとかそれぞれの場所で開花しはじめてくれたのでよしとしますか。

いえいえ、そんなことは言っておられません。このままではすべてが消失してしまう可能性も大です。
夏越しでもっと涼しくしてあげることと、近くにクリスマスローズやバラなどがあり肥料が多すぎることを考えて、なんとか三年はこのまま育て、その後は移植せねば。
[チオノドグサ、二回目の開花]の続きを読む

チュリーっププッ ( ̄m ̄*)、早々に芽吹き♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年02月26日 木曜日 [Edit] 




【学名】Tulipa gesneriana 'Black Hero'
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】チューリップ属
【和名】チューリップ 【英名】Tulip 
【別名】鬱金草うっこんそう)  【品種名】ブラックヒーロー 
【花色】黒色
【原産地】地中海沿岸 【性状】耐寒性球根植物
【作出者】J. Beerepoot

この日、軽~~く雪が積もりました。 あっという間に溶けてしまったのですが、朝出勤前に記念撮影したものです。
そろそろ地熱もあがっているのでしょうね~ 残雪となることもほぼないはずです。

昨年は3月に入ってから、芽吹いているのを確認していたのですが、今年は2週間ほど早くでてきています。ものによっては1ヶ月あまり早く三角形した頭が見えはじめているのですよ~

やっぱり今年は暖かい冬だったようですね(* ^-^)ノ(* ^-^)ノ

この球根たちは、昨年鉢植えで管理していた‘ブラックヒーロー’と 何か・・・^^;
ラベルをつけてなかったので、忘れてしまいました m(__)m

長方形のコンテナにかなりの数を植えたのですが、昨年花が咲くほど十分に育っていない球根もあったので、芽がでているものすべてに花が咲くとは限りません。

【PR】 今年は、切り取ってアレンジにも挑戦したいなぁ~  at Rakuten

でもこうして育てれば、球根も太り来年か再来年までには大きくなって、お花が咲いてくれるかと。
昨年、球根を掘りあげたときに、ちょっと時期が早すぎたんです。
一昨年は遅すぎて球根が腐りかけていたものもあったりしたので、早めに掘り起こしたのですが、さすがにちょっと早すぎたかなぁ~と反省中。だって葉っぱがかなり緑色を残していたというか、あまり黄色に変色していないうちに掘りあげてしまったものですから。

でもこうして先っぽを見ていると、結構元気そうですし、からなずいくばくかは咲いてくれると思うんです。
[チュリーっププッ ( ̄m ̄*)、早々に芽吹き♪]の続きを読む

万年青の赤!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年01月16日 金曜日 [Edit] 

Rohdea japonica - 万年青(オモト)

Rohdea japonica - 万年青(オモト)
 すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Rohdea japonica
【科名】ユリ科 Liliaceae / スズラン科 Ruscaceae 【属名】オモト属
【和名】万年青オモト) 【英名】Nippon Lily, Sacred Lily, Japanese Sacred Lily
【別名】萬年青(オモト) 万年青根(マンネンセイコン) 万年青葉(マンネンセイヨウ) 万年青花(マンネンセイカ)
【原産地】日本、アジア 【性状】常緑多年草 古典植物
【用途】地植え 鉢植え シェードガーデン 

門松もすっかり取り払われ、お祝いの飾りもなくなって、お正月気分はどこへやら・・・
通常モードですねぇ~

昨年はこのオモトちゃんで、お正月をお迎えしようと思っていたのに、クリローにばかり目がいってしまっていて、またもすっかり忘れてしまっていた私です(笑)

これまであまり実のならなかった我家のオモトでしたが、お隣のオジサマからいただいたりして今年は3株に真っ赤な実がなった状態でお正月を迎えることができました!

めでたい! めでたい!

しかもかなりの逆境に植えつけたオモトにまで実がなったので、びっくりです (^_-)-☆
[万年青の赤!]の続きを読む

黒竜の冬

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年01月13日 火曜日 [Edit] 




【学名】Ophiopogon planiscapus
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ジャノヒゲ属
【和名】大葉蛇の髭オオバジャノヒゲ) 【英名】Mondo grass / Lilly Turf  【別名】竜の髭リュウノヒゲ
【品種名】黒竜コクリュウ) 
【原産地】中国 日本 【性状】耐寒性宿根草(-15℃) 【花期】 6~7月 【花色】淡紫色
【用途】寄せ植え グラウンドカバー シェードガーデン

このコクリュウはユリオプスデイジー、ラナンキュラスとともにテラコッタに寄せ植えしてあるのですが、2007年秋から植え替えずに放置状態^^; 一緒に植えていたガーデンシクラメンがダメになってしまったので、抜き取ったため、空間ができてしまってます。
その隙間にパンジーでも植えてあげればよかったのですが、まだ手をつけていないので貧相な寄せ植えの鉢で、全体像のご紹介はできずコクリュウのアップばかりですみません m(__)m

地植えにできる葉っぱ系でグラウンドカバーにできるジャノヒゲ系は、とても扱いやすく私はリュウノヒゲやオオバジャノヒゲを随分とお庭に植えているのですが、この子はまだ一株だけなので大事に鉢植えで管理中です。でももしかするとお庭に下ろしてあげたほうが返って伸びやかに育てることができるのかもしれません。

【PR】 コクリュウをゲットしよう~! at Rakuten

もう少し増えてくれると他の鉢モノにも多用できて嬉しいのですが、地下茎で増えてゆくこの子には今現在、新しい芽が一つだけでまだあまり増えてくれていないのです。
もう少し買い足そうかなぁ~ 黒色に弱い私は、このコクリュウが大好きなんですよ~
[黒竜の冬]の続きを読む

さよなら、ギボウシたち

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年12月03日 水曜日 [Edit] 




【学名】Hosta ‘Christmas Candy’
【科名】ユリ科 Liliaceae またはリュウゼツラン科【属名】ギボウシ属
【和名】ギボウシ 【英名】Hosta(ホスタ)Plantain Lily | Corfu Lily | Day Lily
【別名】擬宝珠(ギボウシ)  【品種名】クリスマス・キャンディー【性状】耐寒性宿根草

苧環がこぼれダネからいつの間にか発芽しており、ちゃっかり根付いていました!ギボウシの‘クリスマスキャンディー’は鉢植えで管理しておりますが、ハテサテ、種はどの子の種なのか。
開花するまで不明です。

いよいよギボウシの葉っぱが枯れだすと、初冬の雰囲気が。

宿根草のほとんど、冬場に落葉するものは、もう冬支度で、我家の庭も枯山水系になります。
もっとも山も水もないけれど、枯れているという部分だけ(^^ゞ



ギボウシ クリスマスキャンディー ポット入苗 1株 
ショップ e-フラワーでは、1600円也~

【PR】 ホスタをお庭に植えよう! at Rakuten


今年は昨年植えつけた小型の品種に元気がなくて・・・
ご紹介できませんでした。というかあまりにも目立たなくて、忘れていた!という感じ(^^ゞ
来年はもそっとご紹介できるように、植栽を考えますかお
[さよなら、ギボウシたち]の続きを読む

メデタイ吉祥草が咲いた♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年11月03日 月曜日 [Edit] 




【学名】Raineckea carnea
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】キチジョウソウ属
【和名】吉祥草キチジョウソウ)  【英名】   【別名】観音草カンノンクサ
【原産地】日本(本州・以南) 中国 【性状】耐寒性多年草 (-15℃くらい)
【花期】9~10月 【草丈】20cm 【用途】庭植え 鉢植え シェードガーデン グラウンドカバー

9月の中旬に葉っぱだけの姿でありましたが、植えつけてからほぼ1ヶ月。なんと、あまり期待していなかったのに、‘吉祥草’が咲いてくれました♪

めでたい、めでたい ヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノへ(^^ヘ)(ノ^^)ノ ちゃんかちゃんか♪

この小さな桃色の花を咲かせると、佳きことが起こるといわれているので、年末ジャンボ宝くじでも買いに走ろうか!と思ったりしております(笑)

どうやら地下茎からも新芽を伸ばしてくれているようで、新しい葉っぱも土の中からY(=▽=)Y~☆を出してくれています。ランナーを出して広がりっていくといのことでしたが、ふむふむこれはかなり成育旺盛のようです。


【PR】 斑入りの吉祥草もよいわぁ~ ^0^
カバープランツとしてもオススメの吉祥草♪ at Rakuten



ちょうどこの子と一緒に植えた、カタバミも淡い桃色の花を咲かせており、桃色と桃色の優しい色あいのお花とのコラボも同時に楽しめているのでした!
やはり細葉の斑入りのヤブランが明るい白色で脇をしめてくれていて、なかななによい出来栄えの和風の鉢となりました~ 後は来年岩絡が咲いてくれたらいうことないのですけど。
[メデタイ吉祥草が咲いた♪]の続きを読む

チシマラッキョウの花

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年10月30日 木曜日 [Edit] 




【学名】Allium splendens var. kurilense
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ネギ属 またはアリウム属
【和名】千島辣韮チシマラッキョウ) 【英名】Splendid Flowering Onion
【別名】生糸辣韮キイトラッキョウ
【性状】耐寒性球根植物  【用途】鉢植え 苔玉素材

鉢植えにしてある鉢モノの木々は黄葉したり紅葉したりしているのですが、秋に花咲く山野草もちょっとだけ咲いているものがあります。
すご~~く小さなお花、チシマラッキョウもその一つです。
細い糸のような葉っぱの間から蕾が上がり、半球状にお花を散らします。

【PR】 山野草にチャレンジ♪ at Rakuten

昨年のお花はいまひとつだったのですが、今年は3つある鉢植えのうち二つに花が咲きました。
咲かなかった一つは平鉢で管理していたせいか、水遣りに問題があったのかなぁ~
[チシマラッキョウの花]の続きを読む

今が植え頃、斑入りのヤブラン♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年10月23日 木曜日 [Edit] 




【学名】Liriope muscari ‘Variegated White’
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ヤブラン属
【和名】藪蘭ヤブラン)【英名】Liriope, Border Grass, Lily-turf Lilyturfなど
【品種名】ヴァリーゲイティッド・ホワイト
【別名】リリオペ / サマームスカリ 【原産地】東アジア
【性状】耐寒性宿根草  【花期】8月~10月  【花色】桃色
【用途】グランドカバー 花壇 鉢植え 

以前購入し、とても気に入ったのがLiriope platyphyllaという黄色い斑入りのもの。
その後、白い斑入りの‘あけぼの’もゲットしたのですが、いまさらなぜにヤブランなの?と思われるかもしれませんが、三種目のヤブランです。
今回は真っ白です!といっても成長とともに、真っ白ではなくなるのです。
一枚目の写真をご覧いただくとわかるのですが、生まれたての新芽は真っ白なのですよ~
灰色がかったような葉っぱにしっかりと白色の線状に斑が入るので、丹精な顔立ちです。


白斑ヤブラン 価格 400円

何しろ冬場でも葉っぱを残してくれるというのは、私にとって強い味方です!
そして斑入りの白色が明るさを運んできてくれるのです。

【PR】 お気に入りのヤブランを見つけよう~♪ at Rakuten


一枚目の写真は、地下茎から出た芽を先日ご紹介したユーパトリュームたちの仲間に加えて植えつけたもので、二枚目の写真は吉祥草や岩絡などと一緒に植えつけたものです。
いずれも成育旺盛すぎるモノタチなので、選択肢を誤ったかもしれませんが^^;

写真にはないのですが、ワイルドオーツの寄せ植えの素材にも仲間として使いました!
和風仕立ての寄せ植えにはカラーリーフとして使えそうでしょう?
[今が植え頃、斑入りのヤブラン♪]の続きを読む

紫色のホトトギス

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年10月04日 土曜日 [Edit] 




【学名】Tricyrtis hirta
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ホトトギス属
【和名】杜鵑ホトトギス) 【英名】Toad Lily
【性状】耐寒性多年草  【花期】9~10月
【原産地】東アジア、インド  【用途】地植え 鉢植え シェードガーデン

先日は白色のホトトギスをご紹介しましたが、今日は一般的な形状のほうをご紹介です!
マダラ模様の紫色。私は白花のほうがスキ♪なのではありますが、栽培記録はとっておくことにいたしました!
とはいえ、結構鉢植えで寄せ植えに使っていたりして、結構使っているんですけどねっ。

【PR】 ホトトギスを育てよう♪ at Rakuten

白色のものは岩沙参と寄せ植えにしてあり、こちらの紫色は黒花フウロと寄せ植えにしたりしているのですが、植えたはずのない鉢からも種がこぼれたのでしょうねえ~ 結構お花が咲いてくれちゃったりしています。
[紫色のホトトギス]の続きを読む

土が無くても花が咲く球根♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年10月02日 木曜日 [Edit] 



【学名】Colchicum autumnale
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】イヌサフラン属 または コルチカム属
【和名】犬サフラン(イヌサフラン)  【英名】Meadow Saffronメドーサフラン)   Autumn crocusオータムクロッカス
【別名】コルチカム またはコルキカム
【性状】耐寒性球根植物鱗茎)  【花期】9~10月  【草丈】15~20cm 【用途】花壇 鉢植え 地植え バスケット
【原産】ヨーロッパ、北アフリカ  【成育温度】15~25度

この子は、親戚のオバが畑から掘り起こしたものを頂戴して植えたもので、随分増えてくれました!
実は葉っぱがびろ~~んとして花が無い時期が長かったりするので、どう扱ったら(植えつけたら)よいのか、迷ってしまうものの一つではあるのですが、こうして秋に可憐な花を咲かせてくれると、やはりかわいいものです。

【PR】 コルチカムの球根をゲット! at Rakuten

花が終わると葉っぱがでてきて冬の間も青々しいので、カタチはよれっとしてはいますけど、冬場に緑がほとんどなくなってしまう我家においては、ちょっとした助っ人にもなってくれるのです。常緑樹を除けば、冬の間も青々として落葉しないものは、他にクリスマスローズくらいなものです。

耐寒性が強いものには、水仙などもありますが、冬の間には葉っぱを出さないですしね。
植えっぱなしでもOKというところも、手間がかからず、丈夫であり、病気もほとんどありません。
もっとも有害な毒をそのカラダのなかに溜め込んでいるせいかもしれませんが・・ クワバラクワバラ・・
名前こそ、イヌサフランですが、あのお料理などにつかうサフランや春に咲くクロッカスとは全くベツモノですので、ご注意ください。

もうしばらくすれば、食用のサフランもお花がでてきてくれるはずなので、また改めてご紹介いたしますねっ!
[土が無くても花が咲く球根♪]の続きを読む