スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蕾が見えないっ^^; シルホサ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年11月22日 日曜日 [Edit] 




【学名】Clematis cirrhosa
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【英名】Old man's beard,  Traveller's joy,  Virgin's bower
【系統】シルホサ系 【咲き方】常緑の冬咲きクレマチス 
【花径】4~5センチ 【高さ】300~400センチ【耐寒性】強い 最低温度-5℃
【花色】クリーム色 【剪定】弱剪定 旧枝咲き
【流通名】クレマチス・シルホサ
【用途】鉢植え 地植え 切花
【備考】#C010 2008年3月入手 

昨年春に入手したシルホサは、花数は少なめながらその冬から開花してくれたのですけど、私がいきなり地植えにしてしまったせいで、今年は未だ蕾が現れてくれておりません。

昨年は11月には蕾が見えていたのになぁ~ それに地植えにしてある‘日枝’だって、もう開花してくれているのにぃ~ ‘日枝’よりも環境としては、寒風も当たりませんし、日当たりもバツグンのところに植えてあるのですが、夏場には熱すぎたのかな。
夏の休眠期間が長かったせいで、目覚めも遅かったのです。

でも若い葉っぱやツルはビュンビュンではじめているので、いずれは咲いてくれますでしょう^^;

Clematis cirrhosa - クレマチス・シルホサ

今年1月に咲いたシルホサです。
かわいい~でしょう?
はやり地植えにするのは、ちょっと早かったのか、蕾があがってくれません^^;

先日は満開のシルホサ‘ジングルベル’をご紹介しましたが、アチラは鉢植え。
やはり我家の環境ですと、鉢植えで育てるべきなんですよねぇ~~ 
_| ̄|○
でもなんとしても冬咲きのクレマチスを地植えで定着させたいのです♪




今年のお正月の頃にちょうど満開だったこのシルホサは、たぶん背丈というかツルの長さが30~40センチ程度しかなかったと思うのですが、開花後にもツルを伸ばして成長し、今は恐らく1メートル以上にはなってくれているはずです。

蛇行させながらトレリスと木の枝に誘引しているので、正確に計測していないのですけど。

来年は夏場にもう少し遮光させる工夫をすれば、もう少しイイ感じに育ってくれるのではないかしらん。
夏までにどうやって遮光するか、考えておかなくちゃ!


【PR】もっと欲しい!冬咲きクレマチスシルホサ系の大苗Clematis cirrhosaは、Flower&Green GARDENさかもとさんちにあります!

我家にある冬咲きのクレマチス・シルホサは、昨年3月におぎはら植物園さんで買ったものです。

他にもイロイロ、冬咲きのクレマチスをゲットしよう~! at Rakuten



先に開花している‘ジングルベル’よりもやや生育スピードが遅いようなので、そんな事情もあるのでしょうけど、お花の大きさも‘シルホサ’のほうがやや小さめで控えめな感じがよいのです。
足元に実生から発芽したクリスマスローズのヒブリドゥスを植え込んでいるので、来年の夏にはこのクリスマスローズの葉っぱが足元を夏場の暑さから守ってくれるのではないかなぁ~と思っているのですけど。
もっともクリスマスローズのほうも、夏の暑さから遮光してあげなくてはならない場所です(^^ゞ
[蕾が見えないっ^^; シルホサ]の続きを読む
スポンサーサイト

ローズカメレオンに蕾♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年11月16日 月曜日 [Edit] 




【学名】Helleborus x Hybridus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘレボラス属ヘレボルス属
【別名】クリスマスローズオリエンタリス / ヘレボレ / ガーデン・ハイブリッド / ヒブリドゥス / レンテンローズ
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン
【英名】 Lenten rose (hellebore) 【別名】雪おこしユキオコシ
【品種名】ローズカメレオン Party Dress  'Rose Chameleon'
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 【花期】2月~4月
【草丈】90センチ 【花径】4~5センチ  【花色】緑色 ~ 紫色
【咲き方】剣弁 八重咲き スポットあり リバーシブル
【生産販売】MIYOSHI パーティドレス系
【備考】#029

今年は前回よりも約1ヶ月早い動きを見せているのが、四年苗であるMIYOSHIのパーティドレス系 ‘ローズカメレオン’です。

昨年の12月にを見つけたときにはそれはそれは驚いたのですが、今年はさらに驚かされまして、11月にを上げてしまったわけです。早咲きのニゲルたちとほぼ同時!
ニゲルにしましても通年は年を越してからが現れてくるので、今年はコレまで育てていて一番早い動きを見せています(o^-')b

Helleborus x Hybridus - ヘラボレス八重咲き ‘ローズカメレオン’

こちらが、今年2月に咲いた‘ローズカメレオン’ちゃんです。
かわいいぃ~~でしょう?
← お写真をクリックすると記事にジャンプします


【PR】まだまだ欲しいクリスマスローズちゃん! at Rakuten 


今日のところはまだはヒトツですけど、一体幾つさいてくれるかなぁ~~と愉しみ♪
昨年初めて咲いた‘ローズカメレオン’は、3つくらいしか咲かなかったような記憶があるのですけど、今年は鉢増しもいたしておりますし、のびのび大きく開花して欲しいものです。

でも蕾の大きさでいうと、昨年とあまり変らないのです。
[ローズカメレオンに蕾♪]の続きを読む

祝!初開花のジングルベル♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年10月26日 月曜日 [Edit] 




【学名】Clematis cirrhosa var purpurascens 'Jingle Bells'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【英名】Old man's beard,  Traveller's joy,  Virgin's bower
【系統】シルホサ系 【咲き方】常緑系 冬咲きクレマチス 
【花径】2~5センチ 【高さ】400~500センチ 【耐寒性】弱い 最低温度-5℃
【花色】クリーム色 【花期】11月~3月 【剪定】弱剪定 旧枝咲き
【流通名】クレマチス・シルホサ‘ジングルベル’
【作出者】 Robin Savill、イギリス  1992年 (‘フレックス’の改良品種)
【備考】#C032

2008年10月にゲットして、鉢増ししておいたシルホサ系のクレマチス‘ジングルベル’です!

( ̄m ̄*)゚プッ 咲きました~~~

夏の間の休眠期間が短くて、8月後半にちょこっとだけ葉っぱを枯らしたような雰囲気があっただけで、9月に入ってからすぐに目覚め葉っぱが出てきたかと思ったら、豆粒、というか米粒のようなごく小さい円形の蕾を発見!

あっというまに蕾は細長い円筒のような形になり、10月中旬に開花の運びとなりました!

昨年はお花を見ることができず、手元で咲いてくれたのは地植えにしちゃったほうの(^^ゞ シルホサのほうだったのですが、とても似た品種なので買おうか、買わないこととしようか迷ったのですが、やっぱり買ってよかったぁ~~




年内にこんなに早く咲いてくれるなんて、思ってもいませんでした~~
一足も二足も早いクリスマスプレゼントがやってきてくれた感じ♪です (o^-')b


クレマチス シルホサ ’ジングルベル’は、おぎはら植物園さんちで 価格 525円也~

寒い冬の中にあって常緑のツヤツヤした葉っぱがあり、やさしいクリーム色の花を咲かせます♪
‘シルホサ’よりもお花は少し大きめで、生育のスピードも‘シルホサ’に比べると早いのがよいところです(o^-')b
【PR】 冬にも咲いちゃうクレマチスをゲットしよう~~~ at Rakuten


昨年ゲットした常緑系のクレマチスたちは順調に育ってくれており、めでたく‘フレックルス’のほうも競うようにして咲いてくれたので、すぅとしては小躍りダンス中であります(笑)

ただねぇ~ 反省点あり・・
誘引するときに、私は支柱を3本組んで、三角柱のような形にしたのですが、これって誘引しにくい^^;ですね。
やはり円形の行灯を買ってくるか、もしくは直線の支柱4本を四角に組めばよかったなぁ~
次回の誘引ではやり直そうとおもってマス
[祝!初開花のジングルベル♪]の続きを読む

フレックス、今年は早っ(o^-')b

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年10月22日 木曜日 [Edit] 




【学名】Clematis cirrhosa var purpurascens 'Freckles'
     または Clematis cirrhosa 'Freckles'  Clematis cirrhosa var balearica 'Freckles'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【英名】Fern Leafed Clematis, Old man's beard,  Traveller's joy,  Virgin's bower
【系統】シルホサ系 キルローサ系 シルフォーサ系 シルローサ系など
【咲き方】常緑冬咲きクレマチス  【花期】11~3月咲き
【花径】4~5センチ 【高さ】400~500センチ【耐寒性】強い 最低温度-5℃~-15℃
【花色】赤いドットがかわいい(少し変化する)【剪定】弱剪定 旧枝咲き
【流通名】シルホサ・フレックレス / フレックレス
【作出者】Raymond Evison of Guernsey Clematis Nursery, 1989  イギリス
【受賞】RHS AGM - Award of Garden Merit 1993 (詳細はこちらです)
     クレマチスの受賞品種のすべてのものをご覧になるならこちら
【用途】鉢植え 庭植え(関東以西) 切花
【備考】#C033

びっくりぃ~~~

こんなに早く咲いちゃいました! 常緑系のクレマチス‘フレックルス’です^0^
私はいままでこんなに早い時期に咲いてくれたという経験はなかったので、嬉しくて嬉しくて!

小躍り中~ ヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノへ(^^ヘ)(ノ^^)ノ ちゃんかちゃんか♪

他にジングルベルズや日枝にも蕾が上がっており、米粒大の蕾が日に日に膨らんで、もう開花寸前です!




突然死してしまったフレックルスは、二年前の11月に綺麗な花を咲かせました!

今年は開花に気がついたのは、10月9日だったかな。
夏場に休眠するとはわかっていても、8月も後半になってから、急に葉っぱが枯れ始めていたので、もしかして、またも悪夢の再来かとビクビクしていましたが、枯れ込み方は少なくて、すぐに復活しました。
[フレックス、今年は早っ(o^-')b ]の続きを読む

八重咲きクリロー まだ咲いてます(^^ゞ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年09月04日 金曜日 [Edit] 




【学名】Helleborus x Hybridus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘレボラス属ヘレボルス属
【別名】クリスマスローズオリエンタリス / ヘレボレ / ガーデン・ハイブリッド / ヒブリドゥス / レンテンローズ
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン
【英名】 Lenten rose (hellebore) 【別名】雪おこしユキオコシ
【品種名】パーティドレスシリーズ バターイエロースポット (Butter Yellow Spot
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 【花期】2月~4月
【草丈】90センチ 【花径】4~5センチ  【花色】黄色 ~ 小豆色
【咲き方】剣弁 八重咲き スポットあり
【生産販売】MIYOSHI
【備考】#028 

えっ? 今頃何?とびっくりされました?

実はこのお花、5月に咲いたものなんです。イチオー、シベの部分はむしりとってありますけど、なんと5ヶ月に亘ってその花を枯らさずに、また切り取ることもなく温存させちゃいました(^^ゞ もう少し前には茶色の部分もなかったのですが、さすがに茶色になってきました。

やっちゃぁ~~~いけねぇ~なぁ~という声が多数聞こえてきそうな・・・ ( ̄m ̄*)゚プッ

あの瀕死の状態から、5月にようやく咲いたかと思ったら、一気に体力を増したご様子。

ありえないでしょう? 私のオバカぶりも・・・

さすがにそろそろ活動が活発になる秋を迎えておりますので、刺激を与えるために切り取ってみようかと。まだあまり新葉があがっていないようですし。


【PR】 おぎはら植物園さんちでもクリスマスローズ ’バターイエロースポット’ が、そろそろ再販されるころかしらん。

バターイエロースポットを一緒に育てませんか^0^  at Rakuten


摩訶不思議なバターイエロースポットちゃんの今年のゆくえが愉しみでもあります。

我家では宿根草を色々育てさせていただいているわけですが、私がもっとも住みやすいと思っていてくれている宿根草だと自負しているのが、クリスマスローズたちなんです。
この子等は、恐らく私がたとえ死んだとしても、こぼれた種からでも成長して子孫を残してくれるのではないかしら。

鉢植えで管理している子たちも、ゆくゆくは地植えにしてあげて・・・ などと思うと、結局は他の宿根草の行き場がなくなるのですが、この先もガーデニングを続けてゆくと、辿り着くのはこのクリスマスローズになるのかなぁ~ そんな予感です!
でも、まだまだ育ててみたいお花たちはたくさんありますけど、体力が持たなくなってきています。
[八重咲きクリロー まだ咲いてます(^^ゞ]の続きを読む

バターイエローも狂い咲き(@o@)

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年05月08日 金曜日 [Edit] 




【学名】Helleborus x Hybridus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘレボラス属ヘレボルス属
【別名】クリスマスローズオリエンタリス / ヘレボレ / ガーデン・ハイブリッド / ヒブリドゥス / レンテンローズ
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン
【英名】 Lenten rose (hellebore) 【別名】雪おこしユキオコシ
【品種名】パーティドレスシリーズ バターイエロースポット (Butter Yellow Spot
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 【花期】2月~4月
【草丈】90センチ 【花径】4~5センチ  【花色】黄色 ~ 小豆色
【咲き方】剣弁 八重咲き スポットあり
【生産販売】MIYOSHI
【備考】#028 

今年開花見込み株であったにもかかわらず、成育不良でほかの子たちが次々と開花しているというのに、瀕死の状態にまでなってしまっていた‘バターイエロースポット’でしたが、なんと5月に入ってから、ようやく一輪が開花となりました~(苦笑)

同様に同時期から育てていたMIYOSHI様のパーティドレスシリーズの‘エレガンスホワイト’のほうは、すっかり子房を膨らませているというのに・・・

もっとも今年は開花したとしても、数輪だろうとは予想していましたが、なぜに今の時期になってしまったのか!?(@o@)




おぎはら植物園さんちにアップされている写真と比べると、色は黄色というより、白に近い上、すでに花弁(ガク弁)には、緑色が混じった感じになってます。


そろそろ撮り溜めた写真、プリントしなくちゃ~ 今なら、12円だし(^^ゞ 


活動が活発になるはずの時期に、新しい葉っぱがなかなか展開せず、ようやく年末くらいになって葉っぱが大きくなり出したのです。鉢植えでの管理でしたが、おそらく用土の配合を間違えたか、ひりょうを施しすぎたか、水遣りしすぎたか・・・ 敗因はんなところでしょう^^;


【PR】 おぎはら植物園さんちでもクリスマスローズ ’バターイエロースポット’ すでに完売御礼♪の模様です。秋にまた狙いましょう~

バターイエロースポットを一緒に育てませんか^0^  at Rakuten


そういえば、そうそうに開花した‘ローズカメレオン’にもこの5月、一つ蕾があがっているのを発見! あわわ・・・ と、そちらのほうは摘雷いたしました。




たった一輪とはいえ、やはり開花は嬉しいなぁ~かお
紫色のスポットが中央に固まるようにして入り、初年度ながらもしっかりした八重咲きになってくれました。さすがメリクロン♪
でも恐らく来年はもう少し大人の顔になって、咲いてくれるはずです。
[バターイエローも狂い咲き(@o@)]の続きを読む

バレンタイン・グリーンも♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年04月01日 水曜日 [Edit] 




【学名】Helleborus x nigercors 'Valentine Green'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】ヘレボラス属
【別名】クリスマスローズ ヘレボラス 
【和名】冬姫牡丹ヒメフユボタン) 雪おこしユキオコシ
【品種名】バレンタイン・グリーン  【交配】Helleborus x nigercors 
【性状】耐寒性多年草 無茎種 早咲き系 【期】2月~4月
【草丈】30~40センチ 【径】4~5センチ  【色】緑色 【咲き方】一重咲き 剣弁 スポットなし 
【用途】鉢植え 地植え 寄せ植え 切 
【備考】#010

一昨年株分けしてから、やっと今年開してくれたバレンタイン・グリーンです。

立派に咲いてくれた!とは間違っても言えないほど、貧弱ではありますが、それでも私の大好きな緑色系のおの開花♪は嬉しいものです。

入手したばかりのオドルスやグリーンカクテルなどは、今年はお花は咲きませんし、キレイなグリーン系はこの子だけでしょうね。
あっ、ヒブリドゥスで緑色系のものがあるのですが、どうも私にはクリーム色にしかみえず、ほぼ種の子房が成熟したころに初めて、ガク弁が緑色になるので、あちらの子は緑色とは言えないよのです。

やはり今のところ、この子が一番きれいな緑色をしているクリスマスローズということになります。

それから、アウグチフォリウスもなんとか咲いてはくれましたが、これも病気でイマヒトツ元気には咲いておりませんし、先日春の雪に見舞われ、せっかく開き始めた花がダメになってしまってます。がっかり。

【PR】 早咲き系のニゲルとコルシカスとの交配種、緑色した‘バレンタイングリーン’を探そう! at Rakuten

かくいうこの子も春の雪のあと、ほぼ開こうとしていたのに、まだ花びらを閉じようとしてたりして、逆戻り・・・(苦笑) 
イクラ寒さにつよいクリスマスローズとはいえ、思いがけない気温の変化や霜に当たると、つらそうです。
[バレンタイン・グリーンも♪]の続きを読む

丸まって・・イワヒバ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年02月10日 火曜日 [Edit] 




【学名】Selaginella tamariscina ( Beauv. ) Spring
【科名】イワヒバ科 Selaginellaceae 【属名】イワヒバ属
【和名】岩檜葉イワヒバ)【英名】Selaginellaセラギネア
【別名】岩松イワマツ長寿草チョウジュグサ) 万年草
【原産地】日本、シベリア~東南アジア~インド
【性状】常緑多年草

久しぶりにアップするような・・・ 今日は地味めのイワヒバです。
越冬中の丸まった姿が個性的な植物。
夏の間は葉っぱを広げておりますが、冬場に乾燥するとクルクルと丸まって、じっと我慢。
良くみるとその葉っぱは鱗片状で、ヘビがとぐろを巻いているようです。

【PR】 イワヒバを探そう! at Rakuten

でもさらによく観察していると、雪解けのお水から英気をもらったのか、葉っぱを広げていた子も居ました。我家ではほとんどのものを地植えにしてしまっているので、冬場の水遣りなどにも気を使う必要もないのですが、日陰に植えつけてしまいすぎているのはちょっとよろしくないのです。
中には綺麗に紅葉してくれるものもあるのかもしれないのですが、日照不足で紅葉はあまり愉しめず(;´▽`lllA``

今年は春にこの子達を鉢モノにしてみようかしらん。
[丸まって・・イワヒバ]の続きを読む

バレンタイングリーン♪も復活~

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年01月27日 火曜日 [Edit] 




【学名】Helleborus x nigercors 'Valentine Green'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】ヘレボラス属
【別名】クリスマスローズ ヘレボラス 
【和名】冬姫牡丹ヒメフユボタン) 雪おこしユキオコシ
【品種名】バレンタイン・グリーン  【交配】Helleborus x nigercors 
【性状】耐寒性多年草 無茎種 早咲き系 【花期】2月~4月
【草丈】30~40センチ 【花径】4~5センチ  【花色】緑色 【咲き方】一重咲き 剣弁 スポットなし 
【用途】鉢植え 地植え 寄せ植え 切花 
【備考】#010

一昨年、株分けして以前とはまったく別の場所に植えつけてみたところ、昨年は花も一つも咲くことなく、瀕死の状態で一年を過ごした‘バレンタイン・グリーン’でしたが、どうやら今年は少しだけお花を咲かせる気持ちになってくれたようです^0^

蕾になりそうなカタチをした部分を見つけました!

株分けしたものの一つはかなり日当たりが良いのですが、乾燥気味のところ、もう一方はちょっと土壌の状態も悪くてジメっとした半日陰になるところに、地植えにしてあります。

双方ともに本当にこの子が好きだと思われるような環境ではないのですが・・・

【PR】 早咲き系のニゲルとコルシカスとの交配種、緑色した‘バレンタイングリーン’を探そう! at Rakuten

なのに、今年はお花を観ることができそうで、嬉しい♪のです。
よくよく見ていると、奥手に本葉を展開しはじめた、一年目のこぼれ種から発芽した赤ちゃんもいることに気がついたのですが、しばらくこの親には種をつけさせていなかったはずなので、ニゲルあたりの種がこぼれていたのかなぁ~ 本葉の感じは似ているのですが・・
親株から近すぎるので、春になったら移植をしなくちゃ!
[バレンタイングリーン♪も復活~]の続きを読む

控えめが好き♪ 雛侘介

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年01月24日 土曜日 [Edit] 




【学名】Camellia japonica 'Hina-wabisuke'
【科名】ツバキ科 Theaceae  【属名】ツバキ属 または カメリア属
【和名】侘介椿ワビスケツバキ)【英名】Camellia(カメリア)
【品種名】雛侘介ヒナワビスケ
【花期】11~3月 【咲き方】一重筒 ラッパ咲き
【原産地】中国 【性状】耐寒性常緑樹
【用途】鉢植え 地植え 切花 茶花

耐えているなぁ~~ ( iдi ) ハウー

まだ幼い苗、しかも地植えの雛侘介には受難の時期です。11月以降強い霜が降ったかと思えば、1月になってからは雪も降り積もるようになり、最低気温も連日マイナス5℃以下です。

開花時期と受難の時期が重なってしまうため、なかなか綺麗な咲きっぷりを見ることができないワタクシです。雪囲いというものをしてあげないとダメかなぁ~

蕾が膨らみつつあり、花弁の桃色も現れ始めているというのに・・

【PR】 お花を探そう! at Rakuten

昨年も開花時期と寒波により、ほとんど蕾がダメになってしまって・・・
もっと株に体力がついてくれればなぁ~ もう少し頑張れるのかもしれないのですが。
[控えめが好き♪ 雛侘介]の続きを読む

ホワイトエンジェルも活着♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年01月20日 火曜日 [Edit] 




【学名】Clematis urophylla ‘White Angel’ (anshuensis; clarkeana; yunnanensis)
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属
【英名】Winter Bell (ウインターベル)【別名】ベルクレマチス ウンナンシス アンスンエンシス 
【品種名】ホワイトエンジェル【流通名】アンスンエンシス または ウンナンシス ウロフィラ
【系統】冬咲き系 【咲き方】一季咲き(12~2月) 半鐘咲き 
【花径】5センチ 【高さ】300~500センチ【耐寒性】やや強い -10℃
【花色】白色 【花期】1月~3月 【剪定】弱剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【性状】常緑クレマチス 宿根草
【原産】中国 
【用途】地植え 庭植え 鉢植え 切花
【備考】#C031

三ヶ月ぶりのご紹介です!10月に鉢増ししたホワイトエンジェル
やっと元気になってきました~~ Y(=▽=)Y~☆

鉢増しのときにもう一節深植えにしたかったのですが、出来なかったため、根っこが活着してくれるかどうかとても不安だったのですが、なんとか新葉が展開しはじめてくれてます。ホッ

昨年の葉っぱと思われる購入したときについていた葉っぱは黄緑色もしくは茶色に枯れこんでしまったので、とても心配したのですが、新しくでてきた葉っぱは光沢もあり、深い緑色をしていて元気に育ってくれているのが良くわかります。ただ、深植えにしていないので、春先からの立ち枯れ病の不安はまだありますが・・・。

なんといってもウンナンシスを立ち枯れ病でダメにしてしまったというトラウマが私を不安な気持ちにさせるのです。


クレマチス ホワイトエンジェル
価格 500円

寒い時期にベル型の白い花を咲かせるウロフィラ。ウンナンシス系統よりも耐寒度があります!

【PR】 ホワイトエンジェルをゲットしよう~♪ at Rakuten



前向きに! 前向きに!
この子も冬咲き種ではありますが、まだ若いですしお花はあまり期待していないのですけど、たったひとつでも咲いてくれたら嬉しいのになぁ~ と夢は膨らむのでした。

私のようにガマンがきかないオンナはすぐに地植えにしたくなるので(^^ゞ 今年はいかにそのこらえ性のなさを克服できるかにかかっております。  
[ホワイトエンジェルも活着♪]の続きを読む

ジングルベル♪ ジングルベル♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年01月14日 水曜日 [Edit] 




【学名】Clematis cirrhosa var purpurascens 'Jingle Bells'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【英名】Old man's beard,  Traveller's joy,  Virgin's bower
【系統】シルホサ系 【咲き方】常緑系 冬咲きクレマチス 
【花径】2~5センチ 【高さ】400~500センチ 【耐寒性】弱い 最低温度-5℃
【花色】クリーム色 【花期】11月~3月 【剪定】弱剪定 旧枝咲き
【流通名】クレマチス・シルホサ‘ジングルベル’
【作出者】 Robin Savill、イギリス  1992年 (‘フレックス’の改良品種)
【備考】#C032

2008年10月に購入後、すぐに鉢増ししたのですがしばらくはあまり動きがなく、あれれ、私の配合土、お気に召さなかったかしらん?と心配していたのですが、ここにきて元気モリモリになってきました!

最近は随分寒さも強くなってきているのですが、多少は霜に当たってしまうものの、この子は軒下でちょっとした陽だまりになり、強風もあまり当たらないところで管理してあげているのが功を奏したのか、銅色の新葉を展開したり、葉っぱも艶っとしたいい感じになり始めています。

二年苗ですので、この冬の花は期待していないのですが、でももしかすると、もしかするかも!?
はたまた、トラヌタヌキの皮算用か(爆)


クレマチス シルホサ ’ジングルベル’は、おぎはら植物園さんちで 価格 525円也~

寒い冬の中にあって常緑のツヤツヤした葉っぱがあり、白い花を咲かせます♪

【PR】 冬にも咲いちゃうクレマチスをゲットしよう~~~ at Rakuten


シルホサのほうが数輪咲いて、すでにその開花時期はほぼ終わってしまい、一輪のみが咲いているところなのです。日枝は強風にあおられて、枝が折れてしまいましたし。
_| ̄|○
誘引の仕方が悪かったんですよね。 (〃_ _)σ∥反省
[ジングルベル♪ ジングルベル♪]の続きを読む

蝋梅 - Winter Sweet!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年01月08日 木曜日 [Edit] 




【学名】Chimonanthus praecox 'Mangetsu'
【科名】ロウバイ科 Calycanthaceae 【属名】ロウバイ属
【品種名】満月(マンゲツ)
【和名】蝋梅ロウバイ)または 朧梅(ロウバイ)
【別名】唐梅カラウメ) 【中国名】 蝋梅(ロウバイ)  【英名】Winter Sweet または Wintersweet
【花径】2-3cm 【花色】黄色  【花期】1~2月 【樹高】400cm
【原産地】中国中部  【性状】落葉低木 
【用途】庭植え 鉢植え 盆栽 切花

我家の寒々とした殺風景な庭にあって、蕾と交代しつつ葉っぱを落としてゆく蝋梅。
今はほとんど葉っぱは残っておらず、蕾とお花だけです。
学名のキモナンサスはギリシア語で「冬の花」という意味。地植えにしてあるもので、開花中なのは現在、この子と冬咲きクレマチスの‘日枝’とシルホサのみです。

今年が育て始めてから3年目。大木というほどにまでは育っておらず、背丈はおよそ2メートルくらいでしょうか。それでも、脇から伸びた枝の先にコロコロとした可愛い蕾たちがひっついております(笑) 成木で4メートルほどになるはずですので、まだまだ半人前。んんん? 半木前です。

株立ちさせないように、ヒコバエが見えたら、株元から切り取るようにして、すっとした1本だちの樹形を保とうと目を光らせている私です。今年は、この子の株元にこぼれ種から発芽し、本葉を展開させはじめていたクリローちゃんも移植してみたりしてます。

【PR】 蝋梅を探そう! at Rakuten

この子は花市でお店の方に値段交渉しつつ購入した苗で、真冬の寒風吹きすさぶなか鼻水をたらしつつ、持ち帰った苗なんです。あまり樹木は購入しない私なのですが、透き通ったような花弁にほれ込んで、購入しました。

冬場はお庭にお花が少ないので、雪を背景にこの花が咲くと一層綺麗なんですよ~~
[蝋梅 - Winter Sweet!]の続きを読む

冬咲きのシルホサが開花!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年01月02日 金曜日 [Edit] 




【学名】Clematis cirrhosa
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【英名】Old man's beard,  Traveller's joy,  Virgin's bower
【系統】シルホサ系 【咲き方】常緑の冬咲きクレマチス 
【花径】4~5センチ 【高さ】300~400センチ【耐寒性】強い 最低温度-5℃
【花色】クリーム色 【剪定】弱剪定 旧枝咲き
【流通名】クレマチス・シルホサ
【用途】鉢植え 地植え 切花
【備考】#C010 2008年3月入手 

11月に蕾を見つけてから、1ヶ月あまり。12月初旬から開き始めておりましたのに、ご報告が遅くなりましたが・・・

めでたく開花の運びとなりました~~~ ヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノへ(^^ヘ)(ノ^^)ノ ちゃんかちゃんか♪

実は、この子に対して、大変申し訳ないことをしている私 ( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ
折角、ここまで鉢植えで管理していたのに、やっぱり地面に下ろしたくなり、蕾がついている状態のなか、地面におろしますた。

しかもかなりお写真が撮りにくい(^^ゞ場所であります。オバカ


【PR】クレマチス シルホサ
冬枯れの庭にあって、やさしい花を咲かせてくれる冬咲きのクレマチスは、いくつあってもよいわぁ~~ 私はおぎはら植物園さんで買いました!
シャカシャカ ""8(^∇^8)(8^∇^)8""

他にもイロイロ、冬咲きのクレマチスをゲットしよう~! at Rakuten



でも、いいんです (強がり?)
この場所に居ついてくれるクレマチスを見つけるまで、しつこく植えつけるつもりのワタクシです(爆)
玄関隣のスペースは、冬が陽だまり、でも夏は灼熱地獄にある可能性があるので、冬の間は快適でも、夏越しに成功してもらってから、初めて活着成功ということになります。 

蕾は純白というよりは、クリーミーな色あいですが、咲き進むに従い、色が少しだけ白色に近づいてゆくような感じ♪ かわいいなぁ~
[冬咲きのシルホサが開花!]の続きを読む

Clematis cirrhosa 'Freckles'

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年12月05日 金曜日 [Edit] 




【学名】Clematis cirrhosa var purpurascens 'Freckles'
     または Clematis cirrhosa 'Freckles'  Clematis cirrhosa var balearica 'Freckles'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【英名】Fern Leafed Clematis, Old man's beard,  Traveller's joy,  Virgin's bower
【系統】シルホサ系 キルローサ系 シルフォーサ系 シルローサ系など
【咲き方】常緑の冬咲きクレマチス  【花期】11~3月咲き
【花径】4~5センチ 【高さ】400~500センチ【耐寒性】強い 最低温度-5℃~-15℃
【花色】赤いドットがかわいい(少し変化する)【剪定】弱剪定 旧枝咲き
【流通名】シルホサ・フレックレス / フレックレス
【作出者】Raymond Evison of Guernsey Clematis Nursery, 1989  イギリス
【受賞】RHS AGM - Award of Garden Merit 1993 (詳細はこちらです)
     クレマチスの受賞品種のすべてのものをご覧になるならこちら
【用途】鉢植え 庭植え(関東以西) 切花
【備考】#C033

昨日のモンタナ系「マジョリー」に引き続きまして、同時にゲットした「フレックス」のキロクです^^;
育てておりましたのものが、天に召されてしまったのでリベンジです。
去年の11月には綺麗な花をさかせていたのですよ~~ それなのに、突然死でした。
立ち枯れ病ってやつでしょうか。 

前回は、フレックスと日枝を同時に購入したのですが、日枝のほうは生き延びたのに、フレックスはダメになってしまったのです。かなしぃ~~ ・゚・(ノД`)・゚・。
似たような顔立ちをしてますし、何もフレックスにこだわらなくてもよかったのですけど・・・。
やっぱりどうしても欲しかったのです。


【PR】 クレマチス シルホサ ‘フレクレス’
価格は、 おぎはら植物園さんちで525円也~でございました!
シルホサ系のクレマチスを育てよう! at Rakuten


今回はどんなに地植えにしたくなっても、ガマンして地植えにするのはやめようかと。
もっとも日陰すぎないところならば、地植えでも生き延びてくれそうな印象なのですが。前回失敗したのは、絶対に!日照不足だったゆえのはずなのです。
[Clematis cirrhosa 'Freckles']の続きを読む

Butter Yellow Spot ^m^

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年11月26日 水曜日 [Edit] 




【学名】Helleborus x Hybridus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘレボラス属ヘレボルス属
【別名】クリスマスローズオリエンタリス / ヘレボレ / ガーデン・ハイブリッド / ヒブリドゥス / レンテンローズ
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン
【英名】 Lenten rose (hellebore) 【別名】雪おこしユキオコシ
【品種名】パーティドレスシリーズ バターイエロースポット (Butter Yellow Spot
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 【花期】2月~4月
【草丈】90センチ 【花径】4~5センチ  【花色】黄色 ~ 小豆色
【咲き方】剣弁 八重咲き スポットあり
【生産販売】MIYOSHI
【備考】#028 

あぁ~~ 待ち遠しい!

この子も春に友人からプレゼントしていただいたものです♪
ところが私ったら、記事にしていませんでした ^_^; 先日ご紹介した‘エレガンスホワイト’と同様、MIYOSHI様のパーティドレスシリーズのうちの一つです。

ビニールポット苗でやってきたのですが、おそらく来年の春にはこの子も見事開花してくれるはず。もっとも初開花では本来の姿を見せてくれるかどうか、わかりませんが。

そうしたわけで相変わらず花の写真はおあずけなので、おぎはら植物園さんちからまたもやお写真は借りてマス(笑)


【PR】 おぎはら植物園さんちにはまだクリスマスローズ ’バターイエロースポット’ あるみたいです♪

バターイエロースポットを一緒に育てませんか^0^  at Rakuten


パーティドレスシリーズのうち、我家にはこの‘バターイエロースポット’、‘エレガンスホワイト’そして‘ローズカメレオン’の三種類があることになります。

いずれも来春開花見込みかお

でもはじめての開花ですので、おそらく咲いても数輪でしょうけれど。
[Butter Yellow Spot ^m^]の続きを読む

そして、シルホサにも蕾!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年11月07日 金曜日 [Edit] 




【学名】Clematis cirrhosa
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【英名】Old man's beard,  Traveller's joy,  Virgin's bower
【系統】シルホサ系 【咲き方】常緑の冬咲きクレマチス 
【花径】4~5センチ 【高さ】300~400センチ【耐寒性】強い 最低温度-5℃
【花色】クリーム色 【剪定】弱剪定 旧枝咲き
【流通名】クレマチス・シルホサ
【用途】鉢植え 庭植え(関東以西) 切花
【備考】#C010

先般、`日枝’が開花のニュースを記事にさせていただいたり、この秋にゲットしたシルホサ系のクレマチスたちをご紹介しておりましたが、今日ご紹介しているのは`日枝’より一年小さいシルホサで鉢植えで管理中のものです。まだ二年目の株でありまして、古参というほどの古参でもなく、株自体もまだまだ小さいのですが、夏に狂い咲きしてしまったりしていたので、この秋から冬にかけてはあまりお花が咲いてくれないかもしれないなぁ~と心配しておりましたのに、こうして少ないながらも蕾をつけてくれました~ ホッ 


クレマチス シルホサ
こちらが私がお世話になったおぎはら植物園からお借りしているお写真。
早くこんなふうに咲いてくれないかなぁ~

【PR】 シルホサ系のクレマチスを探してみよう♪ at Rakuten



限りなく白色にちかいクリーム色をしているクレマチスで、純な感じを醸してくれるこの子。
現在、お玄関先に鉢を置いて管理中です。
地植えにしてある、‘日枝’のほうが早くお花を咲かせたということは、私のこの鉢植えで管理しているシルホサはややその環境を嫌っている部分があるのかなぁ~と。
‘日枝’のほうが日当たりもいまひとつよくないのですけど。もっとも‘日枝’のほうが一年先輩なので、株が大きいから体力もあるのかな。
[そして、シルホサにも蕾!]の続きを読む

クレマチス ホワイトエンジェル

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年10月27日 月曜日 [Edit] 




【学名】Clematis urophylla ‘White Angel’ (anshuensis; clarkeana; yunnanensis)
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属
【英名】Winter Bell (ウインターベル)【別名】ベルクレマチス ウンナンシス アンスンエンシス 
【品種名】ホワイトエンジェル【流通名】アンスンエンシス または ウンナンシス ウロフィラ
【系統】冬咲き系 【咲き方】一季咲き(12~2月) 半鐘咲き 
【花径】5センチ 【高さ】300~500センチ【耐寒性】やや強い -10℃
【花色】白色 【花期】1月~3月 【剪定】弱剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【性状】常緑クレマチス 宿根草
【原産】中国 
【用途】地植え 鉢植え 切花
【備考】#C031

以前、ウンナンシスが突然死 ・゚・(ノД`)・゚・。
冬場に枯れたわけではなく、春先のことだったので立ち枯れ病ではなかったのかしらんと思っているのですが・・・
耐寒性もこのウロフィラ系統のほうはマイナス10℃で寒さにも強めなので、ゲットしました!
しつこくも、なんとか地植えにしたいのです(笑)
おぎはら植物園様のページには『この系統では花付き一番良く、小柄な葉とのバランスも良い』と説明されていたことも選択の理由の一つです。

でも購入後調べてみると、White AngelまたはWhite Engelでの登録がRHSやClematis on the Webにも見当たりません。Clematis urophylla 'Winter Beauty'に似ているのかな? どうもすっきりこないのですが、そのうち判明することもあろうかと。‘ウィンター・ビューテイ’は日本原産のものなんですけど、この子は中国産のようですし。でも非常に似通っていますよね。


クレマチス ホワイトエンジェル
価格 500円

寒い時期にベル型の白い花を咲かせるウロフィラ。ウンナンシス系統よりも耐寒度があります!

【PR】 ホワイトエンジェルをゲットしよう~♪ at Rakuten



真っ白な花が真っ白な雪に覆われてしまうようなことになると、ちょっと命のキケンがありそうなので、まずは鉢植えで管理し、挿し芽などもとって保険をかけてから、地植えに挑戦という作戦を立てていますが、ハテサテいかがあいなりますことやら。
[クレマチス ホワイトエンジェル]の続きを読む

シルホサ ’ジングルベル’

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年10月22日 水曜日 [Edit] 




【学名】Clematis cirrhosa var purpurascens 'Jingle Bells'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【英名】Old man's beard,  Traveller's joy,  Virgin's bower
【系統】シルホサ系 【咲き方】常緑系 冬咲きクレマチス 
【花径】2~5センチ 【高さ】400~500センチ 【耐寒性】弱い 最低温度-5℃
【花色】クリーム色 【花期】11月~3月 【剪定】弱剪定 旧枝咲き
【流通名】クレマチス・シルホサ‘ジングルベル’
【作出者】 Robin Savill、イギリス  1992年 (‘フレックス’の改良品種)
【用途】鉢植え 地植え 切花
【備考】#C032

どうやら天国へ召されてしまった‘フレックス’・゚・(ノД`)・゚・。 の代役として選んだのが、‘ジングルベル’です。今度こそ、上手に育てなくては!

現在は、シルホサ系では地植えにしてある‘日枝’と鉢植えで管理中のシルホサがありますが、この‘ジングルベル’と‘ホワイト・エンジェル’の2種が加わりました。

この子は‘フレックス’から生まれたもので、種から育てても同じお花は咲かないようです。


クレマチス シルホサ ’ジングルベル’は、おぎはら植物園さんちで 価格 525円也~

寒い冬の中にあって常緑のツヤツヤした葉っぱがあり、白い花を咲かせます♪

【PR】 冬にも咲いちゃうクレマチスをゲットしよう~~~ at Rakuten


未だ‘日枝’の花は見ておりませんし、シルホサのほうは狂い咲きしていまして・・・^^;
夏場には少しだけ葉っぱを残して休眠していましたが、10月に入ってからは新たに葉っぱを出し始めており、活動を再開しています。
常緑クレマチスについては、二度も失敗しており前途多難でありますが、今度こそキレイに咲かせたいなぁ~
[シルホサ ’ジングルベル’]の続きを読む

鉢植えのフェチダス

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年09月12日 金曜日 [Edit] 




【学名】Helleborus foetidus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ  【英名】Stinking hellebore, Dungwort,   Bear's foot
【別名】木立性クリスマスローズ
【流通名】フォエティドゥス フェチダス フェチェダス フェヂチス 【系統】原種系 有茎種
【原産地】西ヨーヨッパ・南ヨーロッパ
【性状】耐寒性常緑多年草  【花期】2月~3月
【草丈】90センチ  【花径】3センチ  【花色】緑色
【用途】庭植え(我家では不向き) 鉢植え 

庭植えにしていたフェチダスが枯れてしまったので、リベンジとばかりに春に購入し、鉢で管理しているフェチダスも元気!
夏の暑さで一瞬、葉っぱの先端に枯れこみが入り、ぎゃっとビクビクしましたがなんとか再生!
夕方に水撒きするなど、気は使っていたのですが、たった一日怠っただけで大変な目に遭いそうになりました。でも今はフレッシュ・グリーンの葉っぱが確認でき、よかった、よかった~

クリスマスローズ フェチダス今育てているものが、天国へ行ってしまいそうな雰囲気だったで、購入しました! 価格 600(円) (税別、送料別) 也。
いつものようにおぎはら植物園さんから入手したのものです。

【PR】 フェチダスをゲット! at Rakuten



今年狙っているのは、斑入り種と黄色フェチダスです。
もっとも欲しいもの全部を入手するには、お財布の中身がまったく足りていないので、10月までにフルイにかけようとは思っているのです(^^ゞ 私にとってはかなり高価・・
そういえば、昨年30万円もする品種が市場にでいていてびっくりしたなぁ~(;´▽`lllA``
[鉢植えのフェチダス]の続きを読む

二代目のフェチダス

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年06月07日 土曜日 [Edit] 

Helleborus foetidus - ヘラボレス・フェチダス

Helleborus foetidus - ヘラボレス・フェチダス
 2008年3月に入手した苗。まだ到着したばかりで植え替え前です!
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Helleborus foetidus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ  【英名】Stinking hellebore, Dungwort, or Bear's foot
【別名】木立性クリスマスローズ
【流通名】フォエティドゥス フェチダス フェチェダス フェヂチス 【系統】原種系 有茎種
【原産地】西ヨーヨッパ・南ヨーロッパ
【性状】耐寒性常緑多年草  【花期】2月~3月
【草丈】90センチ  【花径】3センチ  【花色】緑色

3月に入手した苗のご紹介のうち、漏れてしまっていたフェチダスです。
今頃って感じもありますが、記録を残しておきませんと(^^ゞ
↑の写真はまだビニールポットに入っていたときのもので、鹿沼土などが使われていたようです。


クリスマスローズ フェチダス今育てているものが、天国へ行ってしまいそうな雰囲気だったで、購入しました!今度は大きくなるまで鉢植えにしようと思います。
価格 600(円) (税別、送料別)
いつものようにおぎはら植物園さんから入手したのものです。



ところで、3月にはまだ復活を期待していたのですが、さすがにもうダメ・・・
_| ̄|○
天国へ行ってしまったフェチダスの生前の姿がコレ↓です。
[二代目のフェチダス]の続きを読む

シルホサが狂い咲き!?

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年05月29日 木曜日 [Edit] 

Clematis cirrhosa - クレマチス・シルホサ

Clematis cirrhosa - クレマチス・シルホサ
 狂い咲きしそうなシルホサ。鉢増ししてから二ヶ月が経過。5月下旬に撮影したものです!
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis cirrhosa
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【英名】Old man's beard,  Traveller's joy,  Virgin's bower
【系統】シルホサ系 【咲き方】常緑の冬咲きクレマチス 
【花径】4~5センチ 【高さ】300~400センチ【耐寒性】強い 最低温度-5℃
【花色】クリーム色 【剪定】弱剪定 旧枝咲き
【流通名】クレマチス・シルホサ
【用途】鉢植え 地植え(関東以西)
【備考】#C010

あらら、蕾が一つあがってきてしまいました! 微妙な心境・・・

冬咲きのクレマチス‘シルホサ’は、ただ今鉢植えで管理中~なのですが、まだまだ若い苗でありまして、蕾がついてしまうとは思ってもいませんでした。しかも此の時期にに!
もう夏も近いんですよ~ シルホサちゃん!と声をかけたくなりましたが(爆)

クリーム色の蕾に雫がついているご様子。産毛があるせいで、キレイな水滴が蕾の側面に溜まっていてかわいかったので、記念撮影です。

それにしてもこの子、本当に咲いてしまうつもりなのかなぁ~ 本来ならば摘み取るべきところでしょうけど、このまま様子を見てみることにします。


クレマチス シルホサ

冬枯れの庭をなんとかお花で飾りたくて、やっぱりまた手を出したのがこのシルホサであります。
今度はシルホサに挑戦です。! リベンジなるか!



万が一、咲いてくれたなら、もちろんさらに記念撮影し皆様にもご報告しますねっ。
GW明けにぐっと気温が低くなった時期があったので、テイカカズラと同様秋がやってきた!と勘違いしたのかなぁ~
[シルホサが狂い咲き!?]の続きを読む

クレマチス・シルホサ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年04月10日 木曜日 [Edit] 

Clematis cirrhosa - クレマチス・シルホサ

Clematis cirrhosa - クレマチス・シルホサ
 2008年3月に入手した株。プラ鉢に早速植え替え終了!
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis cirrhosa
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【英名】Old man's beard,  Traveller's joy,  Virgin's bower
【系統】シルホサ系 【咲き方】常緑の冬咲きクレマチス 
【花径】4~5センチ 【高さ】300~400センチ【耐寒性】強い 最低温度-5℃
【花色】クリーム色 【剪定】弱剪定 旧枝咲き
【流通名】クレマチス・シルホサ
【用途】鉢植え 地植え(関東以西)
【備考】#C010

私って、ホント懲りないヤツ・・・^_^;

我家の場合、冬期間マイナス10度になったりするので、常緑のクレマチスを育てるのは難しいのです。
手元にある、日枝もフレックスも今年の冬には枯らしかけているわけで・・・
なのにまた手を出してしまいました(^^ゞ

日枝とフレックスはそっとほりあげて、地植えから鉢植えにしようかとも思ったのですが、今年なんとか冬を乗り切れたので、次の冬にはもしかしたらもう少し寒さに順応してくれるかもしれませんし、私が風よけなどの対策をとってあげればあるいは開花してくれるかもしれません。もしくは暖冬がすすんでおりますので、あるいは次冬季はあまり気温が下がらないかもしれません。

今年はとにかく2月に冬の嵐がやってきたときの対処がまずかった!_| ̄|○
あの時、もう少しなんとかしてあげるべきでした。

フレックスは何輪か秋に咲いてくれたので、本来冬の間ポツポツ咲いてくれる冬咲きのクレマチスたちは我家においては、秋咲きのクレマチスという項目で、はなから冬は咲かないと思えば、一度はお花を見ることができるかもしれないですし。

で、このシルホサについては今後地植えにはせず、鉢植えで管理することにしました。
ビニールポットから引き抜いて、鉢増し作業を終えた写真です。


クレマチス シルホサ

冬枯れの庭をなんとかお花で飾りたくて、やっぱりまた手を出したのがこのシルホサであります。
今度はシルホサに挑戦です。! リベンジなるか!



それにしても日枝もフレックルスもかなりのダメージ。
枯れかかってしまっており、まったく元気が無い状態 ~(〃´o`)=3
でも4月に入ったら、枯れ葉の真ん中から双方ともに新芽を確認することができました!
地上部は枯れているように見えてましたが、根っこまでには冷害を受けていなかったみたいです。
クレマチスの場合、枯れこんでいるように見えても、息づいていることが多々あるので、諦めずに静観することも大事です。
[クレマチス・シルホサ]の続きを読む

力強い(^o^) ルーセ・ブラック

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年03月15日 土曜日 [Edit] 

Helleborus orientalis 'Ruse Black' - ガーデン・ヒヴリディス ‘ルーセ・ブラック’ 

Helleborus orientalis 'Ruse Black' - ガーデン・ヒヴリディス ‘ルーセ・ブラック’
 今日の一句 「早く見せてよ 黒い花 早く見たいな 白い蕊」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Helleborus hybrids 'Ruse Black' または Helleborus orientalis 'Ruse Black'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae  【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【別名】クリスマスローズ・オリエンタス
【和名】姫冬牡丹(ヒメフユボタン) 【英名】 Lenten Rose(レンテンローズ)
【品種名】ガーデン・ヒヴリディス ‘ルーセ・ブラック’ 
【別名】雪おこしユキオコシ)  冬姫牡丹フユヒメボタン
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎  【花期】2月~4月
【草丈】90センチ 【花径】4~5センチ  【花色】黒色
【備考】#005

皆さんのところではすっかり満開となっているようですが、我家ではまだこんな状態です。
今年は芽がでるのが早かったのですが、その後の寒波で成長が止まってしまった感じ。
1月に発芽を確認してから2ヶ月あまり経つというのに、まだほんのちょっと黒っぽいというか銅色の葉っぱがちょこっと見えている程度です。

あぁ~待たせるなぁ~ これを回避するのならば、やはり鉢植えで管理するものも手元に置いておかなきゃかな。

ルーセブラック

←今年1月の発芽を確認したときの写真です。
2ヶ月も経つのにこれしか成長してくれてません。

【PR】おぎはら植物園さんにはクリスマスローズ ’ルーセブラック’がまだあるようです!




私が育てているヘラボのなかで、軍を抜いて生育度がよいのが、この子なのです。
他のガーデン・ヒヴリディス系はまだ若苗だったり、秋に株分けをしてしまったりしたために、この子よりもさらに生育が遅いですし、地面からは1個か2個しか花芽が上がっていません。
[力強い(^o^) ルーセ・ブラック]の続きを読む

紫色したパンジー

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年03月05日 水曜日 [Edit] 

<i>Viola</i> X <i>wittrockiana</i> - 菫(スミレ)  パンジー

Viola X wittrockiana - 菫(スミレ)  パンジー
 今日の一句 「陽光に 顔を向けつつ ひっそりと 可憐に彩る 雪解けの日に」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Viola X wittrockiana または Viola tricolor hortensis 
【科名】スミレ科 Violaceae  【属名】ビオラ属
【別名】菫(スミレ)  パンジー  【英名】Pansy
【性状】耐寒性一年草(本来は多年草) 【原産】ヨーロッパ

秋から冬そして春を彩る花の代表格パンジー。そして久しぶりに色のついた写真です(^^ゞ
我家では植え付け時期も遅かったし、地植えにしてあるものはまだ雪の下。
この子だけは、鉢植えで軒下にあるためにようやく元気を取り戻しお花を咲かせ始めたのであります。
3月に入ってからは太陽の光も角度を上げてきていて、暖かで柔らかな日差しになっているのをお花たちは見逃したりしないのです。

でも、我家では3月になってもお庭は華やいではくれず、ほとんどお花が無い状態。
小球根たちもようやく目覚め始めた感じで、一番に咲いてくれるはずのムスカリも葉っぱをまさぐっても、まだ頭すら見えていないのです。

次に開花のお知らせができるのは、何の花かしらん。しばらくは発芽の話題ばかりになりそう。
[紫色したパンジー]の続きを読む

雛侘介の可憐さ!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年02月28日 木曜日 [Edit] 

Camellia japonica 'Hina-wabisuke' - 雛侘介(ヒナワビスケ)

Camellia japonica 'Hina-wabisuke' - 雛侘介(ヒナワビスケ)
 今日の一句 「凍る朝 開き始めた蕾には 驚くほどの寒さかな」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Camellia japonica 'Hina-wabisuke'
【科名】ツバキ科 Theaceae  【属名】ツバキ属 または カメリア属
【和名】侘介椿ワビスケツバキ)【英名】Camellia(カメリア)
【品種名】雛侘介ヒナワビスケ
【原産地】中国 【性状】耐寒性常緑樹

首を長くしてまっているのに、なかなか咲いてくれないヒナワビスケ。
1月が暖かだったのに、2月に入ってから大雪と寒波に見舞われ、その気になっていた植物達のなかには、葉っぱや花芽が痛んでしまったものが多数あります。

クリスマスローズなどもかなり痛みが激しいのですが、この雛侘介もそうなんです。
この状態では、折角開花したとしても花びらに影響がでそうだなぁ~

まだ固いつぼみのうちならば、大丈夫だったでしょうけど、開こうと思っていた矢先に寒波がきてしまってあたふたしているように見えます。
[雛侘介の可憐さ!]の続きを読む

ブナの盆栽

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年02月26日 火曜日 [Edit] 

Fagus crenata - 山毛欅(ブナ)

Fagus crenata - 山毛欅(ブナ)
 今日の一句 「橅の冬 我は古着で じっと待つ 鶯色の 春にこがれる」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Fagus crenata
【科名】ブナ科 Fagaceae 【属名】ブナ属
【和名】山毛欅 または 橅(ブナ)【英名】Beech Tree
【別名】シロブナ ソバグリ コハブナ オオバブナ
【性状】耐寒性落葉樹 


雪と植物たちとのコラボ的写真の掲載もそろそろ終わりになってきました。
弥生間近であります。

ブナは新芽がでてくるまで葉っぱを落とさずに、ぎりぎりまで枯れた葉っぱをつけたままです。
大抵の落葉樹は晩秋には丸裸になるというのに。そんな葉っぱの上に雪が積もり、春に展開する芽は鋭く尖っています。

この葉っぱが落ち始めると本格的な春がきたぁー!と実感するのです。

このブナはお隣のオジサマからいただいた鉢植えで、いただいてから一度も植え替えをしてあげていません。昨年はちょっと元気が無かったようですので、今年は植え替えなくちゃなぁ~と思いつつも、寒さの中の作業に身震いし、なかなか手が出せずにいる私です。

本来、横着モノなんですよねぇ~ ^_^;

加えて植え替えをすることで枯らしてしまうのも怖いのです。
[ブナの盆栽]の続きを読む

がんばれ~~ステルニーたち!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年02月20日 水曜日 [Edit] 

Helleborus Sternii  'Silver Star' - ステルニー‘シルバースター’

Helleborus Sternii 'Silver Star' - ステルニー
 2月は大雪と寒波が繰り返しやってきたために葉っぱが痛んでしまっています。
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Helleborus Sternii 'Silver Star'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【別名】クリスマスローズ ヘレボラス
【和名】冬姫牡丹(ヒメフユボタン)
【品種名】ステルニー ‘シルバースター’
【性状】耐寒性多年草 
【交配】Helleborus lividusHelleborus argutifolius
    原種リビダス×原種アーグチフォリウス

ブログの記事を拝見していると、あちらこちらで満開の便りが掲載されているというのに、うちの子たちは、かわいそうな状況に陥ってしまっています。

ステルニー二種にまったく元気がありません。あぁ~やはり鉢植えで管理するんだったなぁー
昨年は暖冬で雪もあまり降らなかったので、こんなにも葉っぱが痛んだりはしなかったのですが、今年の冬はこの子たちにとっては、過酷な冬だったようです。

リビダスを親にもつステルニーは、お花はリビダスにとても似ておりますが、その葉っぱに特徴がありリビダスよりもギザギザがはいる葉っぱが見分けるコツです。
我家には、この‘シルバースター’と後述のステルニーの二種を育てているところなのですが、どうも発育がよくありません。

リビダスはすっかり雪の中に埋もれていますし。リビダスも我家の環境では、地植えに向かないので、今年の春か秋には、鉢植えに戻すつもりでいます。

他のオリエンタリス系などと比べ幾分低温に弱いので、昨年くらい暖冬ならば地植えでも耐えられたのでしょうが、今年はいまだに鈍い成長振り。ともうしますか、葉っぱもかなりの痛みかたです。
[がんばれ~~ステルニーたち!]の続きを読む

丸葉ハボタンと雪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年02月17日 日曜日 [Edit] 

Brassica oleracea var - 葉牡丹(ハボタン)

Brassica oleracea r - 葉牡丹(ハボタン)
 今日の一句 「雪帽子 被って 冬を彩れり 丸葉牡丹の 幾重もの葉よ」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Brassica oleracea
【科名】アブラナ科 Brassicaceae 【属名】アブラナ属
【和名】葉牡丹(ハボタン) 【英名】Ornamental Kale
【性状】耐寒性宿根草 【原産】ヨーロッパ南西部

今年に入ってからビニールポット苗で入手したハボタンです。
モチロン、お値打ち品! 30円くらいだったでしょうか。
こう寒さが強い今の時期に、植付けをしても失敗するのではないかと思い、ビニールポットのまま寄せ植えしてある鉢に植え込んでしまいました。
根っこをちゃんと育てるには、やはり遅くとも11月までには植えつけておかないとなぁ~

今年はバンジーやビオラなどもあまり買わなかったので、特に寒々しく見え、少し色物がほしかったのです。白色と紫色の丸葉系で、二つは足の長いバージョン。一つは枝分かれしているタイプのものでした。

↑の写真は、背の低いタイプ。

ハボタンは毎年毎年、新しい見目形のものがでてくるので、選ぶのが楽しいですよね。
[丸葉ハボタンと雪]の続きを読む

アジサイの越冬

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年02月03日 日曜日 [Edit] 

Hydrangea macrophylla -紫陽花(アジサイ)

Hydrangea macrophylla -紫陽花(アジサイ)
 今日の一句 「冬至芽に お花隠して 春を待つ 紫陽花 家人ときめく」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Hydrangea macrophylla
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ハイドランジア属
【和名】紫陽花(アジサイ) 【英名】 【別名】ハイドランジア
【原産地】熱帯アジア 【性状】耐寒性落葉低木

この子は、旅先の花屋さんのお値打ち品コーナーで見つけたものです。
お花が咲いていない状態でしたので、それがどのくらいに成長するのかもよくわからずに連れてかえってしまいました。

ただわかっているのは、白い球状のお花が咲くということだけです^^;

お店の方は、‘白雪’とか‘初雪’という品種だといっていたのですが・・・ なんだか自信がないようでした。で、伺った名前でググッてみましたが、私もこれかしらというものにたどり着くことができませんでした。あわわ。

でも良いのです! 白色の紫陽花が欲しかったので(^^ゞ

【PR】アジサイ見つけよう! 花季寄のショッピング at 楽天


昨年のうちに早速地植えにしたのですが、元気に越冬中であります。去年の葉っぱは枯れて枝には冬至芽が二つあるだけの、小さな株です。

他にカシワバアジサイがありますが、いまだに紅葉中で半分ほどの葉っぱは落ちているものの、まだ観賞価値があるんです。おなじ紫陽花でも越冬の仕方って違うものです。クレナイのほうは、たくさんの小枝のテッペンに冬至芽があり、かなりの花芽がある感じです。

この紫陽花の場合、うまく行っても2輪の花が咲くのみでしょうけれど、それでも開花が待ち遠しいのです。
[アジサイの越冬]の続きを読む