スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蓮華升麻の秋

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年09月30日 水曜日 [Edit] 




【学名】Anemonopsis macrophylla
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】レンゲショウマ属
【和名】蓮華升麻レンゲショウマ)【英名】False Anemone
【別名】草蓮華クサレンゲ)【原産地】日本
【性状】耐寒性多年草 【用途】鉢植え 庭植え 

ダイスキなレンゲショウマですので、9月の最後にもう一度アップです(^^ゞ

今年は、ヒトツわかったことがあります。この子って全く切には向かないということ!
三本も立派な茎があがってくれたので、1本切り取って一輪挿しに生けてみたんです。そうしたら、あっという間に紫色にびらの色が変り、まるで毒でも盛られたかのうような様子になったかと思うと、数日で枯れてしまいました _| ̄|○

水揚げ方法をきちんととっていなかったからなのか、砂糖入りの水にバラを生けていたところへ放りこんだのが悪かったのか(^^ゞ 来年は砂糖抜きで生けてみます(笑)


【PR】【送料無料】楚々とした、蓮の花のようなレンゲショウマの花。八重咲きは豪華です。 は、諭吉様が一枚必要です ^_^; 片岡笑幸園「悠々の森」さんちで販売中~ 

レンゲショウマを育てよう♪ at Rakuten  



うつむき加減に後ろ向きで咲いていた今年。来年はどんな咲き方をしてくれるかしら?
お花が終わったので、種を採取するために1本だけ花茎を残し、あとはすべて剪定しました。
昨年、発芽率がよかったことに気をよくしているワタクシです。
[蓮華升麻の秋]の続きを読む
スポンサーサイト

秋にもたくさん!ロマンチカ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年09月26日 土曜日 [Edit] 




【学名】Clematis 'Romantika'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Romantika'
【系統】ジャックマニー系 Jackmanii 【咲き方】四季咲き(5~6月) 中輪咲き
【花径】8~12センチ 【高さ】200~300センチ【耐寒性】強い
【花色】黒色っぽい濃紫 【剪定】強い剪定 新枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】ロマンチカ
【作出者】Uno Kivistik, U. & A. Kivistik, Estonia in 1987
【用途】鉢植え 庭植え 切花
【備考】#C040

返り咲くタイプのクレマチスは、我家ではこの‘ロマンチカ’がバツグンにカッコイイのです。‘プリンス・チャールズ’君も頑張ってはくれたのですが、今年はサビ病が発生してしまったりして、イマヒトツでした。

でもなぜか、この‘ロマンチカ’にはほとんど発症せず・・・ 不思議です。

なぜかというと、この子の隣にはユーフォルビアと紫陽花‘クレナイが覆いかぶさるようになってしまって、風通しは悪そうですし^^;

なのに、これまでには無いほどのたくさんの花数となった今年。そんなにたくさん肥料をあげた覚えもないし、この植えつけた場所がすっかり気に入ってくれたらしいです。


【PR】クレマチス ’ロマンチカ’は、おぎはら植物園さんちで、525 円也~

ジャックマニー系のクレマチスを探そう! at Rakuten


でも、ひとつ残念なことがあります。
私の構想どおりには蔓が延びてくれなかったので、折角お花が咲いたというのに、ユーフォルビアに隠れてしまってあまりよく見えないのです。
ユーフォルビアも紫陽花もかなりの大株になっちゃってますので(^^ゞ 両者よりももっと上のほうで咲いてもらわないとなぁ~ 春の花後に剪定したときに、もう少し蔓を長めに切ればよかったのでしょうけど・・・
[秋にもたくさん!ロマンチカ]の続きを読む

シュウカイドウが満開!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年09月18日 金曜日 [Edit] 




【学名】Begonia grandis ssp.evansiana
【科名】シュウカイドウ科 Begoniaceae 【属名】ベゴニア属
【和名】秋海棠シュウカイドウ) 【英名】Hardy Begonia
【別名】瓔珞草ヨウラクソウ
【原産地】中国
【性状】耐寒性落葉宿根草 【花期】7~8月

我家ではどうも雑草に分類されるるあるのがシュウカイドウです(^^ゞ ムカゴをほおっておくと、翌年にはどんどん芽を出してしまい、際限なく増えていってしまいます。

でもやっぱりこうして秋にかわいい桃色の花を咲かせるとかわいい~Y(=▽=)Y~☆

やはり日本に古来からある植物というのは、手間要らずで育てやすいというか、勝手に育ってくれるものですよね。


【PR】山野草苗!ウラベニシュウカイドウは、庭子草さんちで 470 円也~ 
昨年からさがしているウラベニシュウカイドウですが、私にとってはこれまで出あったなかでは底値のようです ^0^ 

シュウカイドウを探してみよう~^0^ at Rakuten


のあちこちでお花が咲いていて、ちょうど花期が同じになるヒガンバナとの競演もあります!
秋はしっとりと和の装いのおであります。
華やかさではヒガンバナのほうが、ダンゼン上を行っていますけど、花色のかわいらしさではシュウカイドウのほうに軍配が上がりますね。
[シュウカイドウが満開!]の続きを読む

いんげんみたい!クレオメのタネ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年09月12日 土曜日 [Edit] 




【学名】Cleome hassieriana
【科名】フウチョウソウ科 Capparaceae 【属名】フウチョウソウ属
【和名】風蝶草フウチョウソウ) 【英名】Spider Flowerスパイダーフラワー) 【別名】酔蝶花スイチョウカ
【品種名】カラーファウンテン 【原産地】南アフリカ
【性状】非耐寒性一年草 【草丈】100cm 【生育温度】 15~30℃
種まき】4~5月 【花期】7~10月 【発芽温度】20~25℃
【用途】地植え 鉢植え(大コンテナで) 日向向き 夏花壇

個性的はお花を咲かせてくれていた‘クレオメ’たちももう終焉です。
クレオメは1本の花茎から、お花を残しつつも、花火がひらくがごとくに両腕を伸ばして、いんげんのような形の鞘の中にたくさんのタネを作っています。

春からタネを播いて育てたものが、またこうして子孫を残してくれるのは、嬉しいことです。
今回は鉢植えごと、花壇に置いてこぼれたタネから勝手に発芽してもらおうと、ズボラなことを考えているのですが・・・ 

このクレオメは‘カラーファウンテン’という品種ですが、三色の花が咲いたので、あるいは交配により、今年とは違う花色が咲くかシラン。


【PR】クレオメのタネ「カラーフォンテン」のタネは、Flower&Green GARDENさかもとさんちで157 円 也~

クレオメを探そう! at Rakuten


実はすべてのタネを播ききっておらず、少し手元に残っているので、秋播きもしてみようかな?とも思っているのですけど、いかんせん我家は冬の間が寒いので、フレームなどを使わなくてはならない花々を越冬させるのはちょっとツライのです。
やはり春巻き、違った 春播きのほうが無難でしょうね^^;
[いんげんみたい!クレオメのタネ]の続きを読む

ちょっと珍しい?ベッセラ・エレガンス♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年08月31日 月曜日 [Edit] 




【学名】Bessera elegance
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ベッセラ属
【和名】なし 【英名】Coral Dropsコーラル ドロップス) 【別名】ベッセラ・エレガンス
【原産地】メキシコ チリ
【性状】非耐寒性球根植物(5℃以上) 【草丈】40~60cm 【花期】7~9月 【植え付け期】3~5月
【用途】鉢植え 地植え 切花 

かわぇえ~~~ ^0^

この子はイタダキモノの春植え球根です。親戚から拝受し、初めて育てるので開花がとっても待ち遠しかったのですけれど、ようやく開花いたしました!
他にもいただいた球根からの開花待ちの花が幾つか残っており、ワクワク中~です♪

このベッセラはこれまで育てたことがなく、いただいたときに初めて知った球根植物でした!

もう今日で8月も終わり。夏色のお花もこの子が最後かなぁ~



【PR】ベッセラ エレガンスの球根Bessera elegansは、Flower&Green GARDENさかもとさんちで420 円 也~

ヒトツヒトツのお花は小さいけど、集まって咲く真紅のお花と、針のような細葉のコントラストが個性的です!下向きに傘を広げたように咲く姿がよいでしょう~

ベッセラ・エレガンスを探そう! at Rakuten


春植え球根ですので、この秋に入手するのはやや困難ですが、それでも最近はお店によっては予約を受け付けるところもありますよね。
9月は秋植え球根が出回る時期で、春の開花を踏まえての球根選びの時期ですけど。

皆さんはターゲットにしている子たち、いるのかな? 
私も幾つか欲しいものがあるのですが、サイドバーの「ホシイモノ」に記録を残しておきました~^0^
忘れがちですので(^^ゞ アリウムはなんどか挑戦するもいつもイマヒトツ。でも私の触手をくすぐるものが多いのです。
[ちょっと珍しい?ベッセラ・エレガンス♪]の続きを読む

ユリの最後は高砂百合

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年08月30日 日曜日 [Edit] 




【学名】Lilium formosanum
【科名】ユリ科 Liliaceae  【属名】ユリ属
【和名】高砂百合タカサゴユリ) 【英名】Easter Lily または White Trumpet Lily
【性状】耐寒性球根植物 【花期】8月 【草丈】
【用途】地植え 鉢植え 切花

ずっと昔から家人が‘テッポウユリ’と呼んでいたので、疑いものなく‘テッポウユリ’だと思っていたのですが、どうやらテッポウユリは開花が6月、一方タカサゴユリは8月・・・

ということは、この子はテッポウユリではなくタカサゴユリだったようですm(__)m
でも一般的にはテッポウユリという呼び方をされているのでしょう。ネットで検索しても高砂百合という名前でヒットする苗の数は少ないなぁ~

【PR】 テッポウユリを探そう! at Rakuten


以前はたくさんあった高砂百合たちでしたが、百合の取り扱いに未熟な私が園芸を始めたばかりのころに乾燥気味のところに移植してしまったために数が激減。
現在は3株しか残っておりません _| ̄|○ それでも8月に咲いてくれる純白の百合の咲き姿にはうっとりです。近くにハイブリッド系のピンクのバラも咲いていて、優雅なのです♪
[ユリの最後は高砂百合]の続きを読む

種から開花したジニア

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年08月24日 月曜日 [Edit] 




【学名】Zinnia spp.
【科名】キク科 Compositae または Asteraceae 【属名】ジニア属
【和名】百日草ヒャクニチソウ) 【英名】 【別名】
【原産地】メキシコ
【性状】非耐寒性一年草 または 多年草 【草丈】30cm~1m 【花期】7月~10月
【用途】夏花壇 地植え 鉢植え 切花

アラ? ジニアも入っていたのだわ(o^-')b

私はなぜかあまりジニアには魅力を感じたことがなくて、これまで一度も育てたことがなかったのです。
ところが春先に播いたミックス種の袋には、この子も混入しておりました~
イベリス、矢車草、アリッサムなどとともに咲いてくれてます。

ちょっと緑がかったクリーム色をしているせいでしょうか。これまであまりかわいいと思ったことがないジニアでしたが、この子のことは気に入りました~


【PR】ジニアのタネ「プロフュージョン」Zinnia hybrida 'Profusion'は、Flower&Green GARDENさかもとさんちで525 円也~
ジニアといえば、夏の太陽のようなブライトカラーのイメージですねっ!

ジニアを探そう! at Rakuten


ところでこのジニアは、花後に3節ほど残して切り戻しをすると、再び開花するとのこと。
種が欲しいような気もしましたが、まだ次の開花時でも間に合いそうなので、切り戻しもしてみようと思います。
ヒャクニチソウという名前どおり、ちょこっとお手伝いしてあげたら、百日以上楽しめそうのです!

私が育てているジニアは矮性ではなく、1メートルくらいまで育つ大型のものです。
あるいはあまりにも雨続きで徒長しているだけだったりして?(笑)
[種から開花したジニア]の続きを読む

夏の花 グラジオラスたち

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年08月23日 日曜日 [Edit] 




【学名】Gladiolus L.
【科名】アヤメ科 Iridaceae 【属名】グラジオラス属
【和名】唐菖蒲トウショウブ)  グラジオラス Corn Flag または Sword Lily 
【英名】Gladiolus 【別名】阿蘭陀菖蒲オランダショウブ
【原産地】小アジア、地中海、熱帯アフリカなど
【性状】半耐寒性球茎植物  【花期】6~9月 【草丈】80~100cm 【植え付け期】3~5月
【用途】花壇 鉢植え 切花

毎年咲いてくれている紫色のグラジオラスが咲いたら、まとめて記事にしようと思っておりましたが、今年は咲いてくれなくて・・・ ・゚・(ノД`)・゚・。
8月末までに、4種類のグラジオラスが咲きましたが、写真に納められたのは3種のみ(^^ゞ

あまりにも放置しすぎ?だったのか、そういえば肥料をアマリ上げなかったし、グラジオラスの球根を植えてある場所を他の植物のために掘り返してしまったり・・・ 弄ってしまったのがよくなかったのでしょうねぇ~ ブルーベリーの木が大きくなりすぎて、日陰の度合いがさらに進行してしまったのもよくなかったに違いないのです。とほほ。


【PR】球根 グラジオラス 日本の心 深海 8球は、アグレさんちで525円也~

シックなこの色あい Y(=▽=)Y~☆ 素敵だわぁ~ 春には忘れずに「深海」で検索せねばっ♪

グラジオラスを探してみましょ♪ at Rakuten


それでも、仏様に供えるには十分でありました。
グラジオラスには悪いのですが、我家では夏のお花の切花として、仏様用にされることも多いのがグラジオラスです。
[夏の花 グラジオラスたち]の続きを読む

レンゲショウマが大株に!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年08月21日 金曜日 [Edit] 




【学名】Anemonopsis macrophylla
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】レンゲショウマ属
【和名】蓮華升麻レンゲショウマ)【英名】False Anemone
【別名】草蓮華クサレンゲ)【原産地】日本
【性状】耐寒性多年草 【用途】鉢植え 庭植え 切

前回の蕾の状態をアップしてから、約2ヶ月。ようやくレンゲショウマが開しはじめました。今年は豪雨が多く、あまり期が長くなくて、すぐにびらが落ちてしまったりしているのですが、ヤツデを剪定したおかげで、お日様が前年よりも入るようになったため、数が多くなりました。

ただ、残念ながらカメラを構える位置からですと、後姿になってしまうのです。
残念(@o@)
でもまたヤツデも葉っぱをおおきく広げ始めているので、来年はまた反対側を向いてくれるようになるかしらん。

八重咲きのレンゲショウマにもかなり触手をそそられますが、なんといっても高い!
我家で育てているレンゲショウマのなかから突然変異で八重咲きが現れたりしてくれないかしらん(笑)


【PR】【送料無料】楚々とした、蓮の花のようなレンゲショウマの花。八重咲きは豪華です。 は、諭吉様が一枚必要です ^_^; 片岡笑幸園「悠々の森」さんちで販売中~ 

レンゲショウマを育てよう♪ at Rakuten  



固い蕾がぱっくりと開くと蝋細工のような白い花びらが開き始め、頭を垂れた状態で満開となってゆく様子は本当にかわいらしいのです。
[レンゲショウマが大株に!]の続きを読む

サワギキョウも咲いた!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年08月19日 水曜日 [Edit] 




【学名】Lobelia sessilifolia Lamb.
【科名】キキョウ科 Campanulaceae 【属名】ミゾカクシ属 (溝隠属
【和名】沢桔梗サワギキョウ) 【英名】インディアン・タバコ 【別名】宿根ロベリア
【原産地】日本、北アメリカ
【性状】耐寒性宿根草 【用途】地植え 鉢植え 切花 
【草丈】30cm~90cm 【花期】8月~9月

昨年来育てているの花‘サワギキョウ’が、二回りも大きくなって開花です。
平らな駄温鉢で育てているので、大きくならないかも?と心配でしたが、背丈は50センチ近くまで伸び、花茎は三本になりました ^0^

蕾の数も昨年とは全然違って、たくさんありますし。めでたいめでたい♪

ランキング1位

めでたい続き・・・ (///o///)ゞ
皆様からの日ごろのご愛顧のおかげで、ふっと覗いたFC2のランキング ガーデニング部門で1位の栄誉によくした記念すべき日でした。花の少ない夏場は御来訪者様の数が激減するわがサイトでございますのに、なんだか増えているなぁ~と思っていたのですが、このランキングのおかげだったのかしらん。
もっともこの地位はごく短期間のことでありましょうから(笑) 幻影へと変る前に記念にプリントスクリーンです(^^ゞ
このような画面は滅多に見ることはできないので、記録に残させていただきました m(__)m

さて、話を戻しますと、

先日もネットで色々見ていたら、尾瀬でよく見られる花の一つとして紹介されていましたので、この子にとって乾燥しているような状態やあまりの高温というのはよくないのだろうと想像しつつ、今年の長い梅雨と日照不足のおかげで元気に育ったのか!とも(^^ゞ
カンカン照りが続くような夏だったら、もしかするとこんなに元気に育たなかったかもしれません。


【PR】サワギキョウ (10.5cmポット苗)は、みちのくふるさと便さんちで390 円也~

ロベリア色々! さがしてみよう~ at Rakuten


実はこの子が芽吹きはじめた春のころ、冬の間の乾燥防止にとミズゴケをはっておいたのですが、それが小さな芽の邪魔をして、なかなかでてこなかったのです。
ちょっとだけ手伝って、穴を開けてあげたら新しい芽が二本でてきてくれたのですが、この子たちはそのせいでちょっと成長が遅いし、背丈も短くなってしまいました(;´▽`lllA``

でもそのせいで、高低差ができて見た感じも良いのです♪ ただ今の所、まだ蕾があがってくれていなーい 花期がずれたのもかえってよかったかも!
[サワギキョウも咲いた!]の続きを読む

巨大化しはじめたブッドレア^_^;

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年08月11日 火曜日 [Edit] 




【学名】Buddleja
【科名】フジウツギ科 Buddlejaceae または ゴマノハグサ科 Scrophulariaceae 
【属名】ブッドレア(フジウツギ)属
【和名】藤空木(フジウツギ)【英名】Butterfly Bush / Buddleia
【別名】バタフライブッシュ 【香り】あり (蝶々を引き寄せます)
【原産地】チリ 
【性状】耐寒性宿根低木、-15℃ 【開】5~10月 【草丈】3~5m
【用途】壇 地植え 切には不向き


夏の暑さがダイスキなブッドレアです。
我家のブッドレアは白色ですが、バリエーションが豊富でピンク、紫、黄色などイロイロあるのです。


【PR】ブッドレア ’イエローマジック’は、おぎはら植物園さんちで315 円也~
以前、ポール・スミザーさんのTV番組で紹介されていたのは、この子ではなかったかしら?黄色のポンポン咲きがかわいいですね~ ブッドレアを探そう~♪ at Rakuten
矮性のものもあったとは知らなかったなぁ~ 


昨年の夏に鉢植えで購入し、同年に地植えにしたのですが、その成長の早さたるや、ウワサには聞いておりましたが、もうびっくり(@o@) 予想をはるかに凌ぐ大きさになってしまいました。
お隣のロウバイをなぎ倒す勢いでして、近くに植えすぎちゃいました。
加えて、牡丹の木もすぐ近くにあるため、この牡丹の成長に悪影響を与えているようです。

参ったなぁ~ ^_^;

咲き進むうちにおが終わると茶色へ枯れこんでくると、柄摘みで忙しくなります。
茶色の部分が残っていると非常に見た感じがよろしくありません。
こまめに剪定することで、秋まできれいな状態でずっと咲き続けます!
[巨大化しはじめたブッドレア^_^;]の続きを読む

なんとか復活!ヘメロカリス

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年08月07日 金曜日 [Edit] 




【学名】Hemerocallis spp.
【科名】ヘメロカリス科 (ユリ科 Liliaceae) 【属名】ヘメロカリス属
【和名】 【英名】Day Lilyデイリリー) 【別名】ヘメロカリス
【原産地】日本・中国 園芸品種
【性状】多年草 【草丈】30cm-90cm 【花期】6月~8月
【用途】地植え 鉢植え 夏花壇 切花には不向き

久しぶりのアップ! ヘメロカリスたちです。
お花そのものは、一日でしぼんでしまいますが、株が充実していれば1本の花茎に蕾がどんどんあがるようになり、毎日毎日交代に咲くようになります。

キスゲやヒメカンゾウなどもこのヘメロカリスの仲間です。おととし、株を移植してしまったので、昨年は全くお花が咲かなかったのですが、今年は移植した株の3株が咲いてます。

一番濃い黄色をしてるものは、ブッドレアの白い花の下で咲くようになりました~


【PR】オランダより 希少なヘメロカリス ブルベリークリーム輸入 2年目株は、ハッピー ガーデンさんちで、1,942 円也~

ヘメロカリスを探そう! at Rakuten


ブルーベリーがあまりにも大きくなりすぎて、かなり日陰に入り込んでしまい、クリーム色のヘメロカリスはちょっと元気がありません^_^;
ごめんなさい・・・ 何のための移植だったのやら・・・(^^ゞ
[なんとか復活!ヘメロカリス]の続きを読む

カサブランカ系が満開!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年08月05日 水曜日 [Edit] 




【学名】Lilium Oriental Hybrid 
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ユリ属
【系統】オリエンタル ハイブリッド
【品種名】ロドルファ
【愛称】ミゼット・カサブランカ (Midget Casablanca
【和名】百合ユリ)【英名】Lily
【性状】耐寒性球根植物(鱗茎)  【育成地】オランダ
【花期】7~8月  【用途】鉢植え 地植え 【植え付け】10~3月 【草丈】40~50cm

我家にはカサブランカ系のユリが五種類あります。
日本の山林に自生している山百合、大型と小型のカサブランカ系オリエンタル、アジアティックハイブリッド とテッポウユリです。

今日まずご紹介しているのが、今年で二回目の開花となった‘ミゼット・カサブランカ’で、背丈が50センチほどと小ぶりで、隣人にはヒューケラの‘モカ’を植えてあるので、花期が一緒の小花とのコラボで鑑賞中~です。
ヒューケラのほうも昨年よりも大株になってくれたので、花茎も倍以上になり白色と渋いブロンズ色の葉っぱがミゼットを引き立ててくれるのですY(=▽=)Y~☆
ちょうど背丈も同じくらい、矮性の小さなユリですが、ちゃんとカサブランカらしさを兼ね備えています。


【PR】コンパクトカサブランカ「ミゼットシリーズ」の球根・2球入りは、Flower&Green GARDENさかもとさんちで573 円也~

秋に植えつけるカサブランカの球根をゲット! at Rakuten


5分咲きくらいになったところで、球根のために切り取って花瓶に生けて室内で愉しみます。
香りが室内に漂うと、一日の疲れも吹っ飛びます(o^-')b
今回はお写真を撮っていないのですけど、同じ時期に咲いてくれるグラジオラスの白色のものと葉物をあわせてアレンジしました!
[カサブランカ系が満開!]の続きを読む

赤色モントブレアの終焉

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年08月04日 火曜日 [Edit] 




【学名】Crocosmia × crocosmiiflora
【科名】アヤメ科 Iridaceae 【属名】モントブレチア属 またはクロコスミア属
【和名】檜扇水仙ヒオウギズイセン) 【英名】Crocosmia (クロコスミア
【別名】姫檜扇水仙ヒメヒオウギズイセン緋扇ヒオウギ) 檜扇ヒオウギ) モントブレチア
【性状】耐寒性球根 (秋植え)
【原産】南アフリカ 【草丈】60~150cm 【花期】7~8月
【用途】地植え 鉢植え 切花

お庭の隅っこに固めて植えてあるクロコスミアですが、もうすっかりお花は終わっているという頃に記事のアップ(^^ゞ 失礼いたしております。

この子はあまりにも当たり前に我家では毎年咲いているので、注目度が低くて・・(笑)
やや、ヤッカいモノ扱いになってしまっているのです。
開花の頃は夏の暑い時期で、真っ赤な花はさらに暑さを呼ぶような(^^ゞ

背丈も高くなるので、横倒しになったりするので、どうも扱いにくいのです。もっとも植えてある場所にも問題があり、これは私の(〃_ _)σ∥反省すべきところです。


【PR】クロコスミアの球根Crocosmia x crocosmiiflora
キイロもかわいいわぁ~~ 小型種は取り扱いも楽チンです♪

モントブレチアを探そう! at Rakuten


いつの間にか、株の数が増えているクロコスミアで、そろそろ球根を分けたりしなくちゃならないとは思うものの、あまり日当たりもよろしくない場所ですし、折角球根を分けるなら、別のところに植えたいと思っているので、迷いながら何年も経過している感じです(^^ゞ
[赤色モントブレアの終焉]の続きを読む

Euphorbia marginata Pursh

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年08月03日 月曜日 [Edit] 




【学名】Euphorbia marginata Pursh
【科名】トウダイグサ科 Euphorbiaceae 【属名】ユーフォルビア属
【和名】初雪草ハツユキソウ)【英名】Snow-on-the-mountainGhostweedなど
【別名】ユーフォルビアマルギナタ 【原産地】アメリカ
【性状】一年草(非耐寒性)または多年草の短日植物
【用途】壇 鉢植え 

やはり夏花壇には白色のおがあると、涼を運んでくれますよね~~
お手軽に育てられる初雪草。この子は昨年に引続き、こぼれからの開です(^o^)

こぼれたに頼ってばかりもいられませんので、来年はまきしてみようかしら~と検索したら↓の「氷河」という品を見つけました。我家の品は不明なのですが、「氷河」のほうがより白色の分量が多いような気がします。



【PR】少しスモーキーな緑と白のコントラストが涼しげ。[アウトレット]初雪草 氷河は、花の木楽天市場店さんちで70円也~
宿根系のユーフォルビアがオススメです! at Rakuten


この初雪草は一年草ですが、他に育てているユーフォルビアの仲間には、‘ブラックパール’や‘プルプレア’があります。‘ブラックパール’のほうは、繁殖に成功しているのですが、‘プルプレア’のほうがイマヒトツ元気がありません。
本当は‘プルプレア’のほうをなんとかさせたいのですけれど・・・
やはり私の性格としては、ほったらかしで毎年咲いてくれる宿根草がタヨリです(笑)
[Euphorbia marginata Pursh]の続きを読む

クレオメを種まきから~~

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年08月01日 土曜日 [Edit] 




【学名】Cleome hassieriana
【科名】フウチョウソウ科 Capparaceae 【属名】フウチョウソウ属
【和名】風蝶草フウチョウソウ) 【英名】Spider Flowerスパイダーフラワー) 【別名】酔蝶花スイチョウカ
【品種名】カラーファウンテン 【原産地】南アフリカ
【性状】非耐寒性一年草 【草丈】100cm 【生育温度】 15~30℃
種まき】4~5月 【花期】7~10月 【発芽温度】20~25℃
【用途】地植え 鉢植え(大コンテナで) 日向向き 夏花壇

初めて育てている夏の暑さに強い花、‘クレオメ’です。

DNA的にはアブラナ科の近種であることがわかってきたようです。クレオメには約270種ほどあり、一年草あるいは多年草がありますが、私が今回タネから育てているのは、一年草の品種で‘カラーファウンテン’。




草丈が1メートルほどになるので、本来は地植えで育てるべきなのですが、私はタネまきまえによくしらべなかったので、コンテナで育ててます。そのせいか、定植するときにストレスを与えてしまったためか、開花したときの草丈は50センチに満たない程度でした(^^ゞ 来年は地植えにしよう~ ^_^;
でもこの子、そんなに大きくなるなら支柱も必要! ズボラな私には、小ぶりに咲いてくれるくらいでちょうどよかったかも!?とあくまでも前向きです。


【PR】クレオメのタネ「カラーフォンテン」のタネは、Flower&Green GARDENさかもとさんちで157 円 也~

クレオメを探そう! at Rakuten


その名のとおり蝶々が舞うように咲きますね~~~ +゜*。:゜+(人*´∀`)ウットリ+゜:。*゜+.
種から育てた苗が花を咲かせるのは、やはり満足度が違います。
今回のクレオメの種には、白色、紫色、桃色などのミックス。色々楽しめて華やかです。
[クレオメを種まきから~~]の続きを読む

漆黒の向日葵!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年08月01日 土曜日 [Edit] 




【学名】Hellianthus annuus
【科名】キク科 Compositae 【属名】ヘリアンサ属 または ヘリアンツス属
【和名】向日葵ヒマワリ) 【英名】Sunflower 【別名】日輪草(ニチリンソウ) 日車(ヒグルマ) サンフラワー
【品種名】ムーランルージュ
【原産地】北アメリカ
【性状】一年草 【草丈】180cm 【花期】7~9月 【生育適温】15~30℃
【用途】地植え 夏花壇 大型コンテナ 切花 

野生のものには60種ほどがあるそうですが、この子は園芸種っぽいですね。
属名のヘリアンサスには「太陽」と「花」という意味の2つの言葉からなっており、夏の花の代表花です。

一般的にヒマワリといえば、黄色の花というイメージでしょうけれど、今年私が選んだヒマワリは渋い赤茶色のヒマワリでした!名前も‘ムーランルージュ’という妖艶さただよう名前がついているのです。
シックでオトナっぽいヒマワリでしょう~?

ムーランリュージュといえば、パリのモンマルトルにあるキャバレーが有名ですね。今回、このヒマワリを選ぶに当たり、名前に惹かれて購入したようなところもある私です(^^ゞ

パリかぁ~ 行きたいなぁ~~ Y(=▽=)Y~☆




【PR】切り花にも最適!褐色のヒマワリ種 ヒマワリ ココアという黒色系もかわいい~~Y(=▽=)Y~☆ アグレさんちで、315円也~

ヒマワリをタネから育てよう! at Rakuten


春先に播いたタネから元気に育ち、7月の下旬に満開となりましたY(=▽=)Y~☆
でも今回悦び勇んで写したわりには、魅力がお伝えしきれていないなぁ~
肉眼でみるともっと魅力的なんですけど(^^ゞ

倒れないようにオベリスク内に播いたのですが、ちょっとかっこ悪かったなぁ~ ^_^;
やはり外側に播いて、後から紐で結んであげればよかったと。
これは来年の教訓とすることにします。
[漆黒の向日葵!]の続きを読む

百合 - それぞれの表情!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年07月23日 木曜日 [Edit] 




【学名】Lilium ×maculatum
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ユリ属
【和名】透かし百合スカシユリ)【英名】Lily  
【品種名】クリスタルリリー (Crystal Lily) 【別名】アジア百合 【系統】アジアテック系園芸種
【系統】スカシユリ系園芸種
【性状】耐寒性球根植物  【花期】6~7月 【咲き方】受け咲き(上向き) 【草丈】70cm
【用途】花壇 鉢植え 切花 フラワーアレンジメント
【原産地】北半球全般  【性状】耐寒性球根植物

スカシユリたちはほぼ咲き終わり、中にはムカゴが大きくなっているものもあります。
昨年もムカゴが随分こぼれていて、そのまま放置しておいたのですが、昨年こぼれたムカゴからお花が咲いたものもあります。
一番優秀だったのが、黄色のスカシユリの子供でした!


【PR】◎カサブランカ&オリエンタルリリーの花束は、ウェルネスさんちで5775 円也~

やっぱり百合は素敵!Y(=▽=)Y~☆ at Rakuten

ウェルネスさんちはこれまでも何度が利用してまして、自分用ではなく遠方に住む友人などへお花を贈りたいときには、オススメのショップです・・ヘ(^o^)/ といってもあまり他のショップは知らないのですけど、皆さんはどんなお店を利用されているのかな?



でも残念だったのは、ニュアンスカラーとでも言ったらよいでしょうか。ベージュの子が咲いてくれなかったことです。
派手な色の子たちよりも、弱いのかなぁ~
なので、ロリポップの後に咲いたスカシユリは黄色とオレンジ色だけでした。
[百合 - それぞれの表情!]の続きを読む

コスモス ‘シーシェルミックス’

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年07月20日 月曜日 [Edit] 




【学名】Cosmos bipinnatus
【科名】キク科 Compositae 【属名】コスモス属
【和名】大春車菊オオハルシャギク)【英名】Cosmos(コスモス) Mexican Asterメキシカン アスター)【別名】 秋桜(アキザクラ)【品種名】シーシェルミックス (早咲き種
【原産地】メキシコ 【性状】一年草 【草丈】100cm 【花期】7~11月
【用途】地植え 鉢植え

先日アップした記事でも少し触れましたが、春に種まきしたものから順次お花が咲き始めてくれています。
ものすご~~~く久しぶりに手元で育ててみたのが、このコスモス‘シーシェルミックス’です。
あまりコスモスは育てないのですけど、この子は花弁の姿が個性的なので、久しぶりに育ててみたくなったのです。


【PR】花びらがすべて筒のようになったコスモスです。[アウトレット]コスモス シーシェルミックスは、花の木楽天市場店さんちで、超特価の150円也~

本当はイロイロな色があるはずなのですが、今のところ開花してくれたのは白色のみです(^^ゞ

コスモスを探そう! at Rakuten


花占いといえば、定番のお花の一つですが、この子は花弁が筒状になっており、なんだか花占いで花びらをちぎるのがかわいそうな感じすらします。

やはり白色はかわいいわぁ~~ ハナグモも遊びに来ていました~ ・・ヘ(^o^)/
[コスモス ‘シーシェルミックス’]の続きを読む

春の種まきから・・・!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年07月10日 金曜日 [Edit] 




春の種まき!いくつか4月の19日に播いてみました~ ^0^  あれから二ヶ月半が経過しています。
播いたものは、シノグロッサム、銅葉ヒマ、向日葵、コスモス、クレオメ、カモミール、ネトル、カレンデュラなどでしたが、そのほかオマケでもらった何が入っているかわからない種もばら撒いておきました。

そろそろそれらのタネから発芽した子たちにも花がつき始めたものがあり、播きっぱなしで放置しておりましたのに(^^ゞ 嬉しい開花です。

カモミール、カレンデュラ、クレオメはコンテナに播いたのですが、間引きのときに取り除いたものを地植えにしたりもしているのですが、お花はいまだに見ることができておりません^_^;
播くのが遅すぎたようで、カモミールなどはとっくに咲いていないとオカシイような期がするのですが(^^ゞ

銅葉ヒマに至っては、まったくうんともすんとも・・・ _| ̄|○
昨年は大きく育ってくれたのになぁ~ がっかりです。

お花をタネから育てよう! at Rakuten

地面にミックスされたオマケのタネを播いておいたもののほうが、自然に開花していまして、私は手を出さないほうが、勝手に育ってくれているみたいです(笑)
オマケのタネの袋には、イベリス、コーンフラワー、アリッサム、カスミソウなどの白色の花がさくものばかりが入っていたみたいです!
柔らかでやさしい感じのお花ばかりの詰め合わせだったようで、バラの花の脇役として活躍中です。
[春の種まきから・・・!]の続きを読む

頬染める山紫陽花クレナイ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年06月30日 火曜日 [Edit] 




【学名】Hydrangea macrophylla
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ハイドランジア属
【和名】紫陽花アジサイ) 【英名】 【別名】ハイドランジア 
【品種名】クレナイ) 【花期】 6~7月  【花色】 白色
【原産地】熱帯アジア 【性状】耐寒性落葉低木 
【用途】シェードガーデン 花壇 鉢植え

大好きな山紫陽花‘’が、真っ赤になりだして梅雨のどんよりした気分を一層してくれてますY(=▽=)Y~☆
梅雨の時期でしたが、このところ晴天が続いたせいか、一気に赤色が濃くなり昨年よりも赤みが増しているようです。(写真がありませんが(^^ゞ)
地植えで4株あるのですが、2株はかなり印象的になってまして、2株はほとんど日陰状態の環境が悪いところにあるためか、あまり生育度はよろしくないのです。鉢植えで挿した小さな苗も今年はお花こそつきませんでしたが、来年は鉢植えでお花が楽しめそうです。

最終的に真っ赤に色づく‘クレナイ’ですが、うっすら桃色に染まりかかっている時期くらいのほうが、私的にはスキなんです。




梅雨の間は、挿し芽がしやすい時期なので、ちょこちょこと挿し芽をしていますが、今年はもうこの子を増やすのは止めにしまして挿し芽はとっておりません(笑)
あっ、でも先日購入した綾姫はまだ保険をとってませんので、いずれとることになりそうです(^^ゞ
やはり鉢植えと地植えの両方で手元で育てませんと、不安です。




上の写真は、5月に葉っぱが出始めたころのもので、寒い冬の間は、すっかりからっぽになった株からきれいな緑色した葉っぱがきらめく様子もスキなのです。
アジサイというのは、蕾の段階ではほぼどんなお花が咲くのか想像できず、咲き始めてからもさらにどんな花色へと変化するのもわからないところが、見ていてオモシロイのです。

そしてなんといっても、本当のお花の部分のフワフワ感と装飾花とのコラボが楽しいのです。

【PR】アジサイ見つけよう! at Rakuen

[頬染める山紫陽花クレナイ]の続きを読む

清楚な純白の紫陽花

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年06月29日 月曜日 [Edit] 




【学名】Hydrangea macrophylla
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ハイドランジア属
【和名】紫陽花アジサイ) 【英名】 【別名】ハイドランジア
【原産地】熱帯アジア 【性状】耐寒性落葉低木
【用途】壇 シェードガーデン 庭植え ドライフラワー

鬱陶しい曇天が続く梅雨の間は、こうした純の助けでお庭を明るくしてくれますよね。
雨の当たっても花弁が痛むことはないですし、ほとんど病気にもかからないので、一度根付いてくれれれば、地植えで育てるのは楽チンな紫陽花です。

この子も入手したときは、ほんの小苗でちゃんと育ってくれるのかと不安でしたが、かなり立派になってくれています。
草丈も1メートルに届くほどにまでなってくれ、花茎も5本ほど。満開となれば、かなり目を引くまでになっています。 挿し芽をとった昨年のものも元気で、お花は咲かないものの、来年には恐らく開花のご報告ができそうな雰囲気です。


【PR】富士の滝 アジサイ 【紫陽花小苗】は、こぼんさいさんちで、1200円なり~
素敵なアジサイ育てよう! at Rakuten


紫陽花というと青色に変るものが、昔は一般的でしたけど、最近はホントに変化に富んだものがおおいですよね。実は我家にも大株があったのですが、手に負えなくて、8年前ほどでしょうか処分してしまったのです。今思えば、申し訳ないことをしてしまいました。
オーソドックスな紫陽花も素敵だったのにぃなぁ~
処分した紫陽花があったところは土壌が悪くて、他の子たちを育てようとしてもあまりうまく育ってくれなくて、ギボウシはシラン、アスチルベくらいしか育たないのです。
[清楚な純白の紫陽花]の続きを読む

フランネルソウ、輝く!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年06月28日 日曜日 [Edit] 




【学名】Lychnis coronaria (=Silene coronaria)
【科名】ナデシコ科 Caryophyllaceae 【属名】スイセンノウ属 または リクニス属
【和名】酔仙翁スイセンノウ) 一人娘ヒトリムスメ) 
【英名】Mullein pink(マイレンピンク) Rose Campion(ローズ カンピオン) Dusty Miller(ダスティーミラー)
【別名】フランネルソウ  リクニス  コロナリア
【性状】耐寒性多年草(または1年草)  【原産地】南ヨーロッパ
【用途】ボーダー花壇 コンテナ ロックガーデン 【草丈】70cm  【花期】5~8月

ボーダー花壇をあまりにも占領してしまったため、昨年かなり間引きまして、今年は大株が数株残っているだけなのですが、それでもショッキングピンクのような赤紫色のような花が咲き始めると周囲がにぎやかになりすぎてしまう傾向のあるフランネルソウです。

日当たりがよすぎる上、土壌もあまりよろしくないっ *o_ _)o彡 というようなところがあったら、お勧めのお花です。まぁ~とにかく屈強なお花であります。

だけれど、シルバーリーフを携えているので、この派手な赤紫色も少し柔らかな印象となります。



【PR】スイセンノウの大苗(フランネルソウ)Lychnis coronaria by Flower&Green GARDENさかもと

フランネルソウを探そう! at Rakuten


この子はお花を咲かせながら、タネをつけ始めてしまうので、こまめに花柄を切り取りタネをこぼさせないようにするのですが、それでもやっぱりこぼれてしまい、結局のところは殖やしてしまうハメになるのです。かわいそうだけれど、新しくでてきた芽は雑草扱いとなり、取り除きます。

フランネルソウだけでなく、梅雨の晴れ間を見て、どんどん伸びてきている雑草や込み合っているトコロを整理しておきませんと、植物も病気になりやすいので私も頑張り中です(;´▽`lllA``


ユニフォームなどの頑固な汚れに洗浄力抜群! ネットブラシ楽リーン(ラクリーン)ってご存知ですか?実は先日野球部に入ったばかりの中学生が親戚にいるのですが、毎日毎日泥だらけ・・・洗濯がとても大変だとこぼしていたのです。そうしたらタイムリーにもこのスポンジがNHKで紹介されていました~
とても良く落ちるのだそうです。私は野球部ではありませんが(^^ゞ 庭仕事で汚れた洋服などを洗濯するのに重宝しそう~~と思い、要チェック中~です・・ヘ(^o^)/

[フランネルソウ、輝く!]の続きを読む

まずはロリポップから!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年06月26日 金曜日 [Edit] 




【学名】Lilium ×maculatum 'Llipop'
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ユリ属
【和名】透かし百合スカシユリ)【英名】Lily  
【品種名】ロリポップ (Lolipop) 【系統】スカシユリ系園芸種
【性状】耐寒性球根植物  【花期】6~7月 【咲き方】受け咲き(上向き) 【草丈】70cm
【用途】花壇 鉢植え 切花 フラワーアレンジメント 

我家にあるユリはすべて地植えです。
春先には芽出し肥料を施し、芽が見えてきたら盛り土して球根を守るという二点に気をつけていますが、そのほか柔らかな芽を食べられないように、オルトランの細粒をばら撒いたりしています。

ところがこのロリポップにはあまり手をかけてあげていなかったのです。なのに一番に元気に咲いたのがこの子。どういうことかしらぁ~ (笑)
もっともこの子の近くには赤色系のクリスマスローズが植えてあり、春先にクリスマスローズに与えていると思っている肥料のおこぼれにあずかっているのかもしれませんね。
ただ十分ではなかったようで、赤色の出方が弱いなぁ~ もう少し赤色がはっきりでるはずなのですが。


【PR】ため息が出るほどの美しさ!すかし百合 【ロリポップ】 5球は、土っ子倶楽部さんちで780 円也~

スカシユリを探そう! at Rakuten


人気が高いらしく、ご近所さん宅でも育てている方は多いですね~
深い鉢にぞっくりと植えつけていらっしゃる方は、満開になった鉢を玄関先に移動させて鑑賞されたりしていますが、私はもうすっかり切り取って家の中に持ち込んで切花として愉しんでいます。
[まずはロリポップから!]の続きを読む

レンゲショウマに蕾!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年06月20日 土曜日 [Edit] 




【学名】Anemonopsis macrophylla
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】レンゲショウマ属
【和名】蓮華升麻レンゲショウマ)【英名】False Anemone
【別名】草蓮華クサレンゲ)【原産地】日本
【性状】耐寒性多年草 【用途】鉢植え 庭植え 切

夏に開するレンゲショウマ。毎年開が愉しみなのひとつです。
今年はこのレンゲショウマの木陰を作っているヤツデをかなり大胆に葉切りしたこともあってか、昨年よりもぐんと背丈も伸び、蕾をつけている枝も五本、確認しています。
ただここから蕾が大きくなって膨らむまでがまだまだ長いのですが。

一枚目(左側)のお写真は下段から分かれている茎の蕾で、二枚目のほうは頂点についた蕾です。
ちょっと成育具合が違うので、開の時期も少しづれてくれるかな。

種まきしたほうの子達も順調に成育中なんですよ~ 本葉がしっかりしてきたので、そろそろ植え替えてあげよう!

Anemonopsis macrophylla - 蓮華升麻(レンゲショウマ)
蝋細工のような素敵なおを咲かせるレンゲショウマが大好き!

蓮華升麻の花 クリックすると昨年夏の記事に飛びます!

【PR】 レンゲショウマを育てよう♪ at Rakuten  
おぎはら植物園さんちでも、日本の山野草レンゲショウマを780円ほどで販売中ですよ~~



お花が咲くまでには4~5年かかるレンゲショウマなので、まどろっこしいことはまどろっこしいのですが、それでもタから育てた植物が手元で開花するというのは、購入した苗からお花を咲かせるよりもずっと感動度がアップ↑します。

双葉からはなかなか本葉が現れてくれませんでしたが、だいたい1ヶ月半くらいでしょうか。やっと本葉がでてきてくれてます。でも二ヶ月たってもちょこっとしか本葉がでていない芽もあるんですよね~
駄温鉢が込み合っている感じだったので、半分くらいを別の鉢に移植しましたが、そちらには元肥えが入っているため、葉色がよいのです。

種まきに使った用土のほうは赤玉土だけでしたので、ちょっと本葉の葉色が悪いので、梅雨の間に鉢上げしておかなくてはなりません。
[レンゲショウマに蕾!]の続きを読む

ロマンチカとクレナイと・・・

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年06月16日 火曜日 [Edit] 




【学名】Clematis 'Romantika'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Romantika'
【系統】ジャックマニー系 Jackmanii 【咲き方】四季咲き(5~6月) 中輪咲き
【花径】8~12センチ 【高さ】200~300センチ【耐寒性】強い
【花色】黒色っぽい濃紫 【剪定】強い剪定 新枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】ロマンチカ
【作出者】Uno Kivistik, U. & A. Kivistik, Estonia in 1987
【用途】鉢植え 庭植え 切花
【備考】#C040

そもそもこの子は、黄色のモッコウバラとの競演を狙って地植えしたはずでした(^^ゞ
ですが、花期がずれておりまして・・・ 
反対側の半日陰に地植えにした山紫陽花の紅(クレナイ)との競演を愉しむこととなり、私としては結果オーライ ^0^

クレナイが私の予想以上に大きく成長し、といっても1メートルちょっとの樹高であります。
で、ロマンチカの下部につけた蕾がひょっこりと山紫陽花から顔を覗かせるようなトコロもあって、いい感じです。


【PR】クレマチス ’ロマンチカ’は、おぎはら植物園さんちで、525 円也~

ジャックマニー系のクレマチスを探そう! at Rakuten


といいますか、どちらかというと見る角度によって(シェードガーデンを奥手に見ると)は、紫陽花を背景として、深い紫色のロマンチカがとっても栄えるのです。

クレマチスというのは、洋風にも和風にも良く似合うわぁ~ と改めて感動 ^0^
[ロマンチカとクレナイと・・・]の続きを読む

ダイアナ様、カイカセリ!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年06月14日 日曜日 [Edit] 




【学名】Clematis texensis 'Princess Diana'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Leather Flower / Scarlet leather flower / Scarlet Clematis
【系統】テキセンシス系 【咲き方】四季咲き(夏から秋) チューリップ咲き
【花径】5~6センチ 【高さ】200~250センチ【耐寒性】強い
【花色】濃桃色  【剪定】強剪定 新枝咲き 
【流通名】テキセンシス 'プリンセス・ダイアナ'
【作出者】Barry Fretwell, England, 1984

今年の趣味の園芸でも紹介されていました‘プリンセス・ダイアナ’はとても人気がありますよね~

我家でもきれいなお花を咲かせ始めており、大満足の私でしたが、テレビに写った鉢植えの大株仕立てを見て、ガ━━━(゚ロ゚;)━━ン!!  まだまだ我家のテキセンシスはひよっこ。

行灯にグルグル巻きにしているとはいえ、見ごたえのある株にはなってくれておりません。
大株に仕立ててから、地植えにすべきだったのに、早すぎたんですよねぇ~ ^_^; 
でも明らかに昨年よりは大株となっているので、さらに大株へと成長してもらうように大事にそだてなければ!


クレマチス テキセンシス系の大苗Clematis texensisは、は夏にがんばるクレマチスです! by Flower&Green GARDENさかもと

【PR】 プリンセス・ダイアナをゲット! at Rakuten


クレマチスは移殖が大の苦手なので、植え付け場所をよくよく考えてから地植えにしなくてはなりません。加えて以前の記事で挿し芽をとって殖やそう~などと書いておりましたが、テキセンシスというのは挿し芽がきかない品種(^^ゞ 増やす場合にはタネから育てるしか手立てはないのです。

もっともこれまで株を充実させることに専念しておりますゆえ、タネなどをつけさせたことはないのです。今年は一輪だけ、タネをつけさせてみようと思います。
[ダイアナ様、カイカセリ!]の続きを読む

レンゲショウマの双葉!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年04月20日 月曜日 [Edit] 




【学名】Anemonopsis macrophylla
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】レンゲショウマ属
【和名】蓮華升麻レンゲショウマ)【英名】False Anemone
【別名】草蓮華クサレンゲ)【原産地】日本
【性状】耐寒性多年草 【用途】鉢植え 庭植え 切

我家には一株しかないので、ちゃんと実を結んでいるのかもわからずに種を播いたのが、昨年11月。心配していた空っぽの種?だはありませんでした~~

特になんらお世話することもなく、冬の間も屋外で管理したまま春を迎えた4月のある日。見つけちゃいました~ 双葉たち♪

でもね(;´▽`lllA`` おが咲くまでには4~5年かかるといわれている蓮華升麻(レンゲショウマ)なのです。無事に開までこぎつけることができるのかどうか、かなり不安ではありますが。

はじめて種から育てるのですが、ここからが大変そう~ 双葉からはなかなか本葉が現れないらしいのです。しかもこれからやってくる熱い夏を乗り切らねばなりません。

Anemonopsis macrophylla - 蓮華升麻(レンゲショウマ)
親株のほうも時を同じくして目覚め始め、現在葉っぱが三枚地面からにょきっと顔を上げ始めたところです。ツヤツヤとした光沢の葉っぱで、当然ながら双葉のようにまるっこくはなく、ギザギザとしたオトナの葉っぱです。

蓮華升麻の花 クリックすると昨年夏の記事に飛びます!

【PR】 レンゲショウマを育てよう♪ at Rakuten  
おぎはら植物園さんちでも、日本の山野草レンゲショウマを780円ほどで販売中ですよ~~



レンゲショウマは山林の木漏れ日が当たるようなところに自生しているので、私もそうした環境に似ている場所に鉢を置いてあげましょう~と、とりあえずクリスマスローズを退避させているところを選びました。
[レンゲショウマの双葉!]の続きを読む

レンゲショウマの種まき♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年12月09日 火曜日 [Edit] 




【学名】Anemonopsis macrophylla
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】レンゲショウマ属
【和名】蓮華升麻レンゲショウマ)【英名】False Anemone
【別名】草蓮華クサレンゲ)【原産地】日本
【性状】耐寒性多年草 【用途】鉢植え 庭植え 切花

鞘が割れているのを見つけたのは、11月の二週目の日曜日でした。
早速、採り播きすることにし、小粒の赤玉を駄温鉢に入れて、種をまいてみました。

種の写真を撮ってませんでしたが、種には綿毛っぽい外皮があって、2ミリほどの大きさ。割りに種としては大きめなので、取り扱いがラクでした。

でも昨日などもものすごい霜柱がたつような、寒い朝でしたし、採り播きしたものの、あまり期待できないなぁ~ うまく発芽してくれたとしても、お花が咲くまでには4~5年かかるといわれている蓮華升麻(レンゲショウマ)。私もどんどんオバアチャン化してゆくしなぁ~ (爆)

我家には一株しかないのですが、種が出来てくれたということは自家受粉できたということですよね?
折角種をまいたのに、まさか受粉していない空っぽの種?だったりして^^;

【PR】 レンゲショウマを育てよう♪ at Rakuten

それに今年初めて種をつけさせてしまったので、株が御疲れになっているのではないかと、ちょっと心配です。来年の春に顔をみるまでは・・・
[レンゲショウマの種まき♪]の続きを読む

ダイアナの葉っぱ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年11月17日 月曜日 [Edit] 




【学名】Clematis texensis 'Princess Diana'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Leather Flower / Scarlet leather flower / Scarlet Clematis
【系統】テキセンシス系 【咲き方】四季咲き(夏から秋) チューリップ咲き
【花径】5~6センチ 【高さ】200~250センチ【耐寒性】強い
【花色】濃桃色  【剪定】強剪定 新枝咲き 
【流通名】テキセンシス 'プリンセス・ダイアナ'
【作出者】Barry Fretwell, England, 1984
【用途】鉢植え 地植え 切花
【備考】#C026

我家で不作中の不作なるクレマチスといえば、テキセンシス系たちです。
今日ご紹介しているダイアナちゃんは二輪のみ、アルバニーにいたっては一輪も咲いてくれませんでした・・・ *o_ _)oバタッ彡☆

双方ともに、近すぎるところに木々が植えてあるのできっと栄養を根こそぎ持っていかれてしまうのだと思うのですかお

って、私が悪いんですけどぉ~ 絶対にスクスクと育ちそうもないところに植えつけてしまっているわけですから。



クレマチス テキセンシス ‘プリンセス ダイアナ’は夏にがんばるクレマチスです!

【PR】 プリンセス・ダイアナをゲット! at Rakuten


でもご存知のようにクレマチスは移殖が大の苦手。
枯れこんでしまうかと思うと、恐ろしくて移殖などには手がだせません。
でも来年こそは挿し芽をとっておいて保険をかけて、鉢植えで管理すべきと心に決めたのでした!
[ダイアナの葉っぱ]の続きを読む