スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眉刷毛万年青が開花!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年11月20日 金曜日 [Edit] 




【学名】Haemanthus albiflos Jacq.
【科名】ヒガンバナ科 Amaryllidaceae (Amaryllis and Daffodil Family) 
【属名】ハエマンサス属
【和名】眉刷毛万年青マユハケオモト) 
【英名】White Blood Lily, Paint Brush, Poeierkwas
【別名】ハエマンサスハエマンサス・アルビフロス
【性状】非耐寒性多年草  【花期】9~10月
【草丈】20センチ 【花色】 白色
【用途】鉢植え 

残念 ヘ(x_x;)ヘ

最盛期の一番美しい状態を写真に納めることができませんでした。
この‘マユハケオモト’は、母の友人がもう10年ほども前にプレゼントしてくれたもので、ほとんど手間がかからないので、取り立ててお世話もしていないのにずっと生き延びてくれております。

ただ耐寒性がないので鉢植えで管理し、冬期間は室内に取り込まねばならないのですけど。
10月中旬に蕾があがり、約1ヶ月ほどはお花を楽しめます。

花茎が伸び上がり、満開となった状態はまさにブラシのようです。
ちょうど頬紅などをつけるときに使う大きめのブラシみたいです。



【PR】こんな風に盆栽仕立てにするのもいい感じですね~マユハケオモトは多肉系なので水遣りは少なめがポイント♪です!

和風でも洋風でもOK! マユハケオモトを探そう! at Rakuten


子株の出具合も宜しく増殖も簡単なので、多肉植物が好きな方にお分けするのにももってこいであります。
現在、プラ鉢で管理しておりますが、イマヒトツ^^;
もう少しこの子を引き立ててあげられるような仕立て方を考えてあげないとなぁ~
でも、もうすでに株分け時期は過ぎているので、来年の秋にでも背高のっぽの陶鉢にでも植えつけてみることにいたします(^^ゞ




これまでいつも花茎を切り取ってしまい、花後にどんな姿になるのか見たことがないので、今年はこのままどんなカタチになるのか検証してみます。


マユハケオモトの育て方

■植え付け
水はけの良い用土に、浅植えします。鉢植えが向いています。
深く植えつけないように! 夏場は半日陰で管理します。

■水やり
葉っぱは肉厚で水をたっぷり保持しているので、控えめにします。
あまり多く与えると徒長したり、根腐れの原因になります。

■施肥
秋から冬が生育期になりますので、この時期に緩効性肥料を少し与えます。

■増やし方
株分けで殖やすことができます。株分け前に水遣りを控えめにしておきます。
適期は秋。
親株も子株ともに植え付け後、数日経ってから水遣りをするようにします。


弊ブログ内関連記事: マユハケオモト | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ



スポンサーサイト

寄せ植えの多肉たち

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年10月31日 土曜日 [Edit] 




【学名】Graptopetalum paraguayense (=Sedum weinbergii).
【科名】ベンケイソウ科 Crassulaceae 【属名】グラプトペタルム属
【品種名】朧月オボロツキ) 
【和名】おぼろ月 【英名】Ghost plant  【別名】
【原産地】メキシコ
【性状】非耐寒性多肉植物 【用途】鉢植え

昨年末に仕立て直しのため、挿し穂をとって寄せ植えにしておいた子たちのうち、このシュウレイは蕾を抱いていたみたいで、発根もしているのかどうか定かではないのに、お花を咲かせようとしていたのですが、さすがに挿し穂からでは開花できずに終わってしまうだろうと思ったのですが、その予想を裏切りお花を咲かせたのが3月。

お花なんぞを咲かせてしまっては、体力を消耗するでしょうに・・・ と思いつつも、結局咲かせてしまいました。切り取ろうかどうか迷ったのですけど。オレンジ色した小さなお花でした。
お写真が撮れませんでしたが。

秋になると徒長した子たちなどを整理しなおすのですが、今日は全部ではないですけど、以下に主だったものをご紹介してみようと思います。

【PR】 秋麗を探そう! at Rakuten

オバカな私は屋外に置いていた鉢に水をザンブリかけてしまって、そのせいで葉っぱに焼けどを負わせてしまいました_| ̄|○

でも葉っぱはキレイではないにせよ、株自体は元気です。

今年は初めての挑戦で、冬期間は室内で管理していた多肉たちを屋外管理してみようかと思っています。
ここ二・三年、屋外のモノいれに入れて検証してみたのですが、ほぼ水遣りを止めて、日当たりのよいところであれば、別の言い方をすれば凍らせることをしなければ、冬を外で越せるようなのです。
[寄せ植えの多肉たち]の続きを読む

満開のミセバヤたち

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年10月23日 金曜日 [Edit] 




【学名】Hylotelephium sieboldii (=Sedum sieboldii)
【科名】ベンケイソウ科 Crassulaceae 【属名】ムラサキベンケイソウ属
【和名】見せばや(ミセバヤ) 【別名】玉の緒タマノオ
【性状】耐寒性多肉植物 
【原産地】日本
【性状】耐寒性多肉植物 【草丈】 20cm 【花期】10月~11月
【用途】鉢植え 地植え

我家で秋に咲いてくれる数少ないお花のひとつ、ミセバヤです。
この子はホントに挿し芽が効きやすいこともあって、かなりの株数になっており、花壇の縁取りに使ったり、ハンギングにしたり、鉢植えの小鉢や大鉢にも植え込んでいるのです。

そのうち、今日はハンギング仕立てのものをご紹介♪洋風のテラコッタに植えつけてしまったけど、和風の感じにもできるんですよね~ (o^-')b


【PR】ホトトギスとミセバヤの寄せ植えは、 山野草と盆栽の専門店ヴェールモアさんちで5,250 円也~

我家にはホトトギスもあるので、今度は和モノ風にホトトギスを使ってしててみようかしらん♪この子は丈夫なので苔玉でも結構いけそうです!

ミセバヤを探そう! at Rakuten


花壇の縁取りに使っているものは、私に踏みつけられてしまう不運に見舞われて、お花が痛んでしまっていたりするので(^^ゞ 鉢植えにしてあるもののほうが記念撮影向きです。
[満開のミセバヤたち]の続きを読む

殖えた!アロエベラの子供達

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年07月27日 月曜日 [Edit] 




【学名】Aloe barbadensis (=Aloe vera)  アロエ・バルバデンシス (=アロエ・ベラ
【科名】ツルボラン科ユリ科) 【属名】 アロエ属
【英名】アロエ・ベラ 【和名】盧會ロカイ) 【別名】医者いらず
【原産地】アフリカ マダガスカル
【性状】非耐寒性多肉植物 (耐寒温度 0~3℃) 【草丈】 【花期】
【用途】鉢植え 食用 美容(保湿)

アロエの語源はアラビア語の苦いという意味の「アロッホ」。
でも、このアロエ・ベラは苦いわけではありません。どちらかというとみずみずしくて美味しい~のです。

以前、どこかの温泉旅館でアロエのお刺身がメニューのひとつにあがっていて、へぇ~と驚いたのですが、食べてよし、見てよし、触ってよし♪ といったところでしょうね。

これまたTVで叶姉妹様が、このアロエの外側の皮を剥いて、ジェル状の部分を皮膚に乗せて、お肌をツルツルにさせているのだとも・・・ まだ私は真似しておりませんが(笑) やったほうがよいお年頃の私です(^^ゞ


【PR】緑がみずみずしい!もう涼しすぎる!!【サボテン・多肉】ウエーブグラスポット寄せ植え(S)は、エメラルドプランツさんちで2340円也~

子株は夏仕様のために、ガラスの器に植えたものもあるとよいですねっ!私ったらただ駄温鉢に植えてるだけでして^_^;

アロエを探そう! at Rakuten


この子は、冬の間に切り取った株を新聞紙にくるんで越冬させておいたのですが、温かくなってから植えつけてみましたところ、元気に復活!というかめでたく独り立ちしてくれました~・・ヘ(^o^)/

次回の子株の植え付けのときには、植えつける鉢にも気を使い、ガラスの容器やワイヤーかご、あるいは和風の陶鉢などいろいろ選びたいと思います。

アロエというのは、土のない状態で売られているのもご覧になったことがあるかもしれませんが、本当に水の要らない多肉植物ですよね。
[殖えた!アロエベラの子供達]の続きを読む

オレンジ色の七福神

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年07月13日 月曜日 [Edit] 




【学名】Echeveria elegans
【科名】ベンケイソウ科 Crassulaceae  【属名】エケベリア属
【品種名】七福神シチフクジン
【英名】Hen and Chicks  Mexican snowball 
【性状】半耐寒性多肉植物 【花期】6月
【用途】鉢植え 地植え

もう1ヶ月ほど前から咲いていると思われる・・・(;´▽`lllA`` オレンジ色の小花たち。
以前、知人からいただいた多肉植物です。
品種名を聞かなかったので、どうも名前に自信がないのですが、おそらく‘七福神’ではないかと思います。

梅雨の時期なのに、屋外で管理しておりまして、少々徒長気味になってしまったのが気になりますが、軒下に移しましたし、除除に水遣りを控えればもう少しずっしりした感じになってくれるのではないかしらん。

多肉植物達をつかって、ウェルカムボードを作りたいっ♪ってずっと思っているのですけどなかなか実行に移せず・・

【PR】 ハンギングタブローを探そう! at Rakuten


株元には子株も上がってきています。
とても育てやすく、ほとんど放任しておりましたが、きっちりとお花が咲きました!
耐寒性もまずまずあるようで、暖かな場所でしたら地植えでも越冬できるようです。
[オレンジ色の七福神]の続きを読む

多肉 de デコレーション

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年01月06日 火曜日 [Edit] 




【学名】Pachyphytum oviferum
【科名】ベンケイソウ科 Crassulaceae 【属名】パキフィツム属
【和名】星美人(ホシビジン) 【英名】Pachyphytum oviferum (パキフィツム・オウィフィツム
【別名】星美人、桃美人、月美人など
【原産地】メキシコ
【性状】半耐寒性多肉植物 常緑多年草
【用途】鉢植え

久しぶりに多肉植物をご紹介するような気がします。この子たちは、2003年とか2004年くらいに入手した子たちで、順調に株数を増やしてくれているのですが、あまり脚光が当たらず・・・

当時、とても多肉にハマりかけていたのですが、最近クリローやクレマ、オダマキたちに傾倒しているので、ほとんど放置状態です。 ごめんね。

というわけで、今日はぷっくりと倒卵形の多肉葉をもつホシビジンちゃんをはじめ、ニジノタマやシュウレイ、などを使った寄せ植えをご紹介しています。

使った鉢は、母が焼いた手びねりの和風の鉢で、穴が空いていないので、あまり長くは愉しめないだろうなぁ~と思いつつ、冬の窓辺が寂しいので、適当にチョキチョキと切って、切り口を乾燥させたものをただ並べただけです。

ホシビジンは、葉っぱの数は20枚ほどにまでなり、葉っぱにちょと粉をふいたような感じのやさしい雰囲気の多肉で、私はまだ花を見たことが無いのですが、冬から春にかけて淡赤紫色の鐘形の花を咲かせるようです。

【PR】 ミニミニ多肉植物を飾ろう! at Rakuten

水遣りの回数が極端に少なくて済む多肉植物は、忙しい方にぴったり!
器の色や形を選ぶと、とてもスタイリッシュな感じにもなりますよね!
[多肉 de デコレーション]の続きを読む

マユハケオモトの子供たち

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年02月06日 水曜日 [Edit] 

Haemanthus albiflos Jacq. - 眉刷毛万年青(マユハケオモト)

Haemanthus albiflos Jacq. - 眉刷毛万年青(マユハケオモト)
 今日の一句 「肉厚の 葉が幾重にも 伸びてきて 真一文字に 伸びやかに」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Haemanthus albiflos Jacq.
【科名】ヒガンバナ科 Amaryllidaceae (Amaryllis and Daffodil Family) 
【属名】ハエマンサス属
【和名】眉刷毛万年青マユハケオモト) 
【英名】White Blood Lily, Paint Brush, Poeierkwas
【別名】ハエマンサス(ハエマンサス・アルビフロス)
【性状】非耐寒性多年草  【花期】9~10月

以前、万年青をご紹介していますが、この子は万年青という名前がくっついていても、ユリ科の万年青とは違う、ヒガンバナ科の植物です。
どちらかというと、多肉植物っぽい取り扱い方で屋内管理中です。

マユハケオモト
秋にはお花が咲くはずでした・・・ この花が、まるで眉をかく刷毛に似ているというところから、名前がついています。たしかにこの花で頬をなでなでしたくなるようなフワフワ感です。でもこの写真はおととしのもので、昨年は咲いてくれませんでした。


残念 il||li _| ̄|○ il||l

お日様が足りなかったのか、植え替えしてしまったせいだったのかしらん。

昨年、親株の回りにでていた子株を分けました。
[マユハケオモトの子供たち]の続きを読む

10年目で初開花!金のなる木

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年02月04日 月曜日 [Edit] 

Crassula portulacea - 金のなる木(カネノナルキ)

Crassula portulacea - 金のなる木(カネノナルキ)
 今日の一句 「桃色の 花にそっと 手を添える 永かった年月 貴方に会うまで」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 
 
【学名】Crassula portulacea または Crassula ovata 
【科名】ベンケイソウ科 Crassulaceae 【属名】クラッスラ属
【和名】淵紅弁慶フチベニベンケイ) 【別名】金のなる木カネノナルキ)/ 成金草(なりきんそう)
【英名】Dollar Plant / Jade Plant / Money Tree
【性状】常緑多肉低木  【耐寒温度】-1℃  【生育適正温度】20~25℃

遂に、遂に 開花です!

ながかったぁ~~ 蕾が見えてから咲き始めてくれるまでゆうに3ヶ月くらいかかっていると思います。なによりも花をみることができるまでに、10年ちかくかかっているわけでして・・・。

幹が手首ほどの太さにならないと、開花しないといわれている品種だったようです。‘花月’などは幼苗のうちから、割合と花を咲かせてくれるようですが、この子の場合は本当に本当になが~~~い時間がかかったのです。

お花を観察していてわかったのですが、オシベの赤い色した花粉。2日ほどですっかり落ちてしまって、真っ白になってしまいます。開花する時間がかかったわりには、かわいい点々を眺めていられる時間は短かっ (@o@)

千草園芸さんで「‘花月’ 金の成る木(カネノナルキ)」を見つけましたが、6号鉢で、2,415 円でした。ということは、我家のはおいくらまんえん?(爆)

でもその代わり、咲き始めてから完全にお花が終わるまでの時間も長いのではないかしらん。さて、いつまでこの小さき花を観賞できるのでしょうか。 うふふ♡

あまりに一つ一つが小さな花で、天眼鏡で観察です!
[10年目で初開花!金のなる木]の続きを読む

ミセバヤの冬

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年01月20日 日曜日 [Edit] 

Hylotelephium sieboldii - 見せばや(ミセバヤ)

Hylotelephium sieboldii - 見せばや(ミセバヤ)
 今日の一句 「寒い朝 雪を掻き分け ミセバヤは 春の準備に いそしんで」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Hylotelephium sieboldii (=Sedum sieboldii)
【科名】ベンケイソウ科 Crassulaceae 【属名】ムラサキベンケイソウ属
【和名】見せばや(ミセバヤ) 【別名】玉の緒(タマノオ)
【性状】耐寒性多肉植物  【原産】日本

寒い、寒い・・

でもこのミセバヤは着々と春の準備を実行中です。
この子は地植えになっているものです。昨年伸びた茎はすっかり枯れてしまってますが、その足元からは新しい命がちゃんと息づいています。
[ミセバヤの冬]の続きを読む

金のなる木に!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年12月11日 火曜日 [Edit] 

Crassula ovata - 金のなる木(カネノナルキ)

Crassula ovata - 金のなる木(カネノナルキ)
 今日の一句 「桃色の花 愛でる日近し 成金草」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Crassula portulacea または Crassula ovata 
【科名】ベンケイソウ科 Crassulaceae 【属名】クラッスラ属
【和名】淵紅弁慶フチベニベンケイ) 【別名】金のなる木(カネノナルキ)/ 成金草(なりきんそう)
【英名】Dollar Plant / Jade Plant / Money Tree
【性状】常緑多肉低木  【耐寒温度】-1℃  【生育適正温度】20~25℃

もう十年以上は育てていると思われるカネノナルキ。
今年になって初めて蕾をつけました!

ただし蕾がついている茎は、5箇所くらいでしょうか。まだ数えるほどです。11月の中旬頃に蕾を発見しました。それから約1ヶ月がたったところです。

蕾はヤモリの手(足?)のように丸くてかわいらしく、一体何色のお花が咲いてくれるのかしらん。と思っていたのですが、どうやらこの感じですと、薄桃色から白色の予感!お正月の頃に満開となるのかしらん。
楽しみです。
[金のなる木に!]の続きを読む

キダチアロエの紅葉

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年11月15日 木曜日 [Edit] 

Aloe arborescens - キダチアロエ(医者いらず)

Aloe arborescens - キダチアロエ(医者いらず)
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Aloe arborescens
【科名】ツルボラン科(ユリ科 Liliaceae)【属名】アロエ属
【和名】キダチアロエ【英名】  【別名】キダチロカイ
【流通名】アロエ(愛称:医者いらず)【品種名】不明 
【原産地】南アフリカ マダガスカル 【性状】常緑低木(多肉)
【草丈】15cm~3m 【花期】12~3月 【耐寒性】0~3℃

アロエには世界に200種以上もあるそうですが、我が家にあるのはこのキダチアロエとアロエべラ(食用)です。
アロエってどの種類のものも食べられるかというとそうではなくて、このキダチアロエはよくヨーグルトなどに使われているアロエではありません。

ヤケドや切り傷などに良いとされて外側の皮を剥きそれをぺたっと貼り付けるという方法で、お薬として使ったりされてますが、それはこのキダチアロエです。国内においては、このキダチアロエが一番流通しているそうです。

そろそろ朝の気温が0度に近くなってきましたので、記念撮影の後室内に取り込みました。太陽にしっかりと当てて、水遣りを控えめにするとうっすらと紅葉してくれます。
[キダチアロエの紅葉]の続きを読む

ミセバヤがたくさん!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年10月28日 日曜日 [Edit] 

Hylotelephium sieboldii - ミセバヤ

Hylotelephium sieboldii - ミセバヤ
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Hylotelephium sieboldii (=Sedum sieboldii)
【科名】ベンケイソウ科 Crassulaceae 【属名】ムラサキベンケイソウ属
【和名】見せばや(ミセバヤ

【学名】Hylotelephium sieboldii (=Sedum sieboldii)
【科名】ベンケイソウ科 Crassulaceae 【属名】ムラサキベンケイソウ属
【和名】見せばや(ミセバヤ)

10月3週目には開花していたのですが、記事にするのが遅くなってしまっておりましたミセバヤです。どうやら昨年も記事にする機会を逸しておりました。

このミセバヤは我が家で挿し芽から育てたものとしては、一番殖えたものだと思います。花壇の縁取りとして使っているのですが、何株あるんだろう~ 数えてみます。

・・・

数えてみました。 その数、17ありました~ 数え忘れている子もいそうですが(;´▽`lllA``

・・・
[ミセバヤがたくさん!]の続きを読む

犯人は誰だ!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年09月14日 金曜日 [Edit] 

サボテン

ナメクジの食害にあったサボテン
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



油断大敵です。サボテンをほったらかしにしておいたら、いつの間にか背が低くなってる??? (@o@) 

誰かさんに食べられてます。犯人は?
[犯人は誰だ!]の続きを読む