スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Clematis socialis

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年11月12日 木曜日 [Edit] 




【学名】Clematis socialis
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss) センニンソウ属
【英名】Clematis
【系統】インテグリフォリア系 木立性 四季咲き性 【咲き方】壷型 【草丈】50cm 
【花期】5月~秋まで(要剪定)  【花色】白色~紫色 【シベ】色 【剪定】強剪定 
【性状】落葉宿根つる植物  【用途】鉢植え 地植え 切花 押し花
【生産者】駿河[http://clematis.co.jp/]
【備考】#C044

これまでインテグリフォリア系では、‘アリョヌシカ’と‘ヘンダーソニー’を育てていますが、今回は原種モノのソシアリスを選びました~ ^0^

でも、ちょっと心配・・・ 葉っぱにシミのようなものが見受けられます・・・ ミミミ
病気持ちではないのかしら?

茎そのものは土から二本立ちになっていて、しっかりした感じではあるのですけど。


クレマチス ソシアリス 価格 500円
Clematis socialis
今回もいつものごとくおぎはら植物園さんちにお世話になり、この秋新たに仲間をおうちに呼び入れたワタクシです!
インテグリフォリア系はこれで3種めになりました~ ^0^

【PR】 四季咲きが嬉しい ソシアリスを探そう! at Rakuten


あまり深く考えないことにして(^^ゞ
早速、鉢増しいたしました~~ ビニールポットから抜くと、根っこは新鮮でグルグルとよく回っておりますので、まぁ~大丈夫でしょう!
[Clematis socialis]の続きを読む
スポンサーサイト

クレマチス‘ヘンダーソニー’に雪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年12月29日 土曜日 [Edit] 

Clematis integrifolia'Hendersonii' - クレマチスインテグリフォリア系 ‘ヘンダーソニーに雪’

Clematis integrifoli a 'Hendersonii' - クレマチスインテグリフォリア系 ‘ヘンダーソニーに雪
 今日の一句 「紫の花 くり返し咲く ゆっくりと」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis integrifolia 'Hendersonii'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属 (センニンソウ属)
【英名】Clematis x diversifolia 'Hendersonii'
【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(5~10月) 半鐘咲き 
【花径】6センチ 【高さ】60~70センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】青紫色 【剪定】強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】ヘンダーソニー 【作出者】Henderson氏
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella
【備考】#C015

よくよく考えてみると、この‘ヘンダーソニー’今年は何度もアップしているような・・・(笑)
それだけ私が育てている子たちのなかでも気になる存在なのです。

今年、2年目の冬を迎えます。株が充実してきているのか、昨年に比べ葉っぱを落とす時期が遅くなっているような木がするのです。‘アルバ’のほうは、今年数輪しか咲かず、早々に葉っぱも落ちてしまっているのですが、‘ヘンダーソニー’と‘アリョヌシカ’はまだまだ葉っぱが緑色をしております。

このままの状態で来年2月の一番寒い時期に、地際で切り取るという剪定作業が残っているのです。昨年は年内に剪定してあげたような・・・ うっすらとしたキオクですが。
[クレマチス‘ヘンダーソニー’に雪]の続きを読む

ちっちゃ!クレマ‘ヘンダーソニー’

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年09月20日 木曜日 [Edit] 

Clematis integrifolia 'Hendersonii' - インテグリフォリア系‘ヘンダーソニー’

Clematis integrifolia 'Hendersonii' - インテグリフォリア系‘ヘンダーソニー’
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis integrifolia'Hendersonii'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属 (センニンソウ属)
【英名】Clematis x diversifolia 'Hendersonii'
【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(5~10月) 半鐘咲き 
【花径】6センチ 【高さ】60~70センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】青紫色 【剪定】強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】ヘンダーソニー 【作出者】Henderson氏
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella
【備考】#C015

「返り咲き」という点で、一番成績が優秀だった我が家にあるクレマチスはこの‘ヘンダーソニー’でした。
もう秋も深まってきましたし、さすがにこの花が今年最後の花だろうと思います。

一番花から比べると大きさが小さくなってきていて、今回のお花はまた格別小さかったです。お隣にある緑色の葉っぱは、ローズマリーなのです。比較していただくといかに小さなお花になっているかが、おわかりいただけるかと。
[ちっちゃ!クレマ‘ヘンダーソニー’]の続きを読む

クレマチス‘富士の草ぼたん’

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年09月18日 火曜日 [Edit] 

Clematis stans 'Kusabotan' - クレマチス‘富士の草ぼたん’

Clematis stans 'Kusabotan' - クレマチス‘富士の草ぼたん’
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis stans 'Kusabotan'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【種名】スタンス
【和名】クレマチス 【英名】Clematis
【性状】耐寒性宿根草 
【系統】原種系 【咲き方】一季咲き(秋) チューリップ咲き
【花径】1.5~2センチ 【高さ】100~150センチ【耐寒性】強い
【花色】ペール・ブルー  【香り】百合の香
【剪定】強剪定 新枝咲き 
【流通名】草牡丹(クサボタン)
【原産地】日本【紹介年】1860年
【用途】庭植え向き
【備考】#C039

そもそも草牡丹は、日本に自生している山野草ともいえるもので、つる性ではなく木立性のテッセンに類していたもののようです。

シーボルトの標本にも収められており、現在でも山歩きなどをすると秋にはその花の姿を自然の形で見ることができるのだそうです。
でも山歩きをしない私は自生しているものは見たことないです。

2003年に入手した株だと記憶しているこの子は、購入したときのラベルに「富士の草ボタン」とかかれておりました。正確には原種として山にあるものは「草牡丹(クサボタン)」で、この子は品種改良を施されたものであると思います。
[クレマチス‘富士の草ぼたん’]の続きを読む

インテグリフォリア系‘アルバ’の復活

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年07月30日 月曜日 [Edit] 

Clematis integrifolia 'Alba'

Clematis integrifolia 'Alba' インテグリフォリア系‘アルバ’

 

【学名】Clematis integrifolia 'Alba'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属 (センニンソウ属)
【英名】Clematis integrifolia 'Alba'
【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 integrifolia 【咲き方】遅咲き(5~10月) 半鐘咲き 
【花径】6センチ 【高さ】木立性 60~70センチ
【耐寒性】やや強い -5℃ 【花色】白色 
【剪定】強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】アルバ
【用途】鉢植え 地植え ロックガーデン 切花
【備考】#C016

遅咲きの木立性クレマチスインテグリフォリア系白いお花が咲きました。このクレマチスにはハラハラさせられましたよ~

他のインテグリフォリア系‘ヘンダーソニー’のほうは、もうなんども繰り返しさいているというのに、この‘アルバ’ときたら、芽がでてくるのも遅かったし、すっかり枯れてしまったとばかり思っていました。
[インテグリフォリア系‘アルバ’の復活]の続きを読む

三番花の‘ヘンダーソニー’

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年06月21日 木曜日 [Edit] 

Clematis integrifolia 'Hendersonii'

Clematis integrifolia 'Hendersonii'

 

【学名】Clematis integrifolia 'Hendersonii'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属 (センニンソウ属)
【英名】Clematis x diversifolia 'Hendersonii'
【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(5~10月) 半鐘咲き 
【花径】6センチ 【高さ】60~70センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】青紫色 【剪定】強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】ヘンダーソニー 【作出者】Henderson氏
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella
【備考】#C015

このクレマチス‘ヘンダーソニー’は、一番花が咲いたのが5月下旬。
その後、その一番花が咲いたあと、花柄を摘んでおいたところ、脇芽が伸びてきて、お花が咲きました。
この脇から出た芽が咲く前にも、他の茎からもお花が咲いているので、時期的には三回目の開花です。

脇芽はちゃんと二本でてくれて、お花も二つ咲きましたが、今度はその脇芽のそれそれの部分にも蕾が出ていて、しかも一つの茎に複数の蕾が出てまして、なかなか順調に長い期間咲いてくれています。

このクレマチスは、想像していた以上に繰り返し咲くので、とっても嬉しい私です~

ただ、一番花に比べるとお花の大きさが小さくて、ちょっと花弁の色が褪せたような感じ。んんん~施肥の仕方に問題があるのかもしれません。というわけで、せっせと液肥を施しております。

加えて昨今の太陽光線!あまりに激しいので、少し焼けてしまっているのかなぁ~とも。
[三番花の‘ヘンダーソニー’]の続きを読む

Clematis integrifolia 'Alionushka'

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年06月03日 日曜日 [Edit] 

Clematis 'Alionushka'

Clematis 'Alionushka'



【学名】Clematis integrifolia 'Alionushka'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属 (センニンソウ属)
【英名】Clematis 'Alionushka' 【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(6~9月) 半鐘咲き 
【花径】8センチ 【高さ】150~200センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】濃桃色 【剪定】木立性 強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】アリョヌシカ  【作出者】A. N. Volosenko-Valenis(1969年ロシア)
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella  
【用途】地植え 鉢植え 切花 ロックガーデン
【備考】#C012

先日ご紹介した蕾の様子から形状を一変させ、フリフリのドレスのような花弁を見せ始めているのは、「アリョヌシカ」です。濃桃色のインテグリフォリア系クレマチスです。

とてもかわいいクレマチスで、ほぼつるを絡ませる場所がなくなりつつある我が家で育てることができるクレマチスは、もはや木立性クレマチスになっているんですよね。あはは。

(;´▽`lllA``

[Clematis integrifolia 'Alionushka' ]の続きを読む

クレマチス‘ヘンダーソニー’

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年05月27日 日曜日 [Edit] 

Clematis x diversifolia 'Hendersonii'

Clematis x diversifolia 'Hendersonii'

 

【学名】Clematis integrifolia 'Hendersonii'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属 (センニンソウ属)
【英名】Clematis x diversifolia 'Hendersonii'
【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(5~10月) 半鐘咲き 
【花径】6センチ 【高さ】60~70センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】青紫色 【剪定】強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】ヘンダーソニー 【作出者】Henderson氏
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella
【備考】#C015

クレマチスの中でもおろおろしながら、待っていたヘンダーソニーの開花です! インテグリフォリア系クレマチスはこれが始めての開花!
耐寒性があまりないので、越冬できるかどうかとても不安だったんです。

そして、白色の‘アルバ’のほうは天国へ召されてしまった模様です。
がっかり。この時期に芽がでていないということは、きっと発芽しないのだと思うんです。似たような環境で育てていたはずなのですが、水切れを起こしてしまったのかなぁ~とも思ったり、肥料のやり方に問題があったのかなぁ~と思ったり・・・

とてもショックな私です。ガビーン三( ロ)゜ ゜
[クレマチス‘ヘンダーソニー’]の続きを読む

その後のフェチダス

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2006年12月18日 月曜日 [Edit] 

フェチダスの蕾



【学名】Helleborus foetidus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ 【英名】Stinking hellebore, Dungwort, or Bear's foot
【別名】木立性クリスマスローズ
【流通名】フォエティドゥス フェチダス フェチェダス フェヂチス【系統】原種系 有茎種 【原産地】西ヨーヨッパ・南ヨーロッパ
【性状】耐寒性常緑多年草 【花期】2月~3月
【草丈】90センチ 【花径】3センチ  【花色】緑色

昨日ご紹介した霜の様子をみてもお分かりのように、冬本番。
寒さも本格的になってきたのですが、冬の花であるクリスマスローズたちは元気もりもり!

なかでもこのフェチダスの蕾が頭を持ち上げ始めてきました!

うふふ。

あとどのくらいで満開になるのかなぁ~ 
[その後のフェチダス]の続きを読む