スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流木とメラノクラテル トリコロール

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年11月29日 日曜日 [Edit] 




【学名】Tillandsia tricolor var. melanocrater
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】ティランジア属 またはチランジア属
【和名】 【英名】  【別名】エアープランツ
【品種名】ティランジア メラノクラテル トリコロール(1株) 220円
【原産地】メキシコ 中央アメリカ 
【性状】半耐寒性着生植物 【耐寒温度】5℃  低温性 【生育適温】15~25℃ 【湿度】高め 
【系統】緑葉系 中型 【草丈】20×30cm 【花期】9~11月 【花色】藍色 【花苞】赤色 黄色
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ
【備考】A#013

二株あるメラノクラテル トリコロール のうち、先日ご紹介した子は松明風~にアレンジそして、こちらの子は流木にくっつけた状態です。

ちょっと遮光しすぎたのかしら。顔色があまりよろしくないのが気になります(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
一本の流木に‘ベリッキアーナ’もくっつけているのですけど、水遣り後の水切りをよくしようと、麻紐でくくりつけて、ほぼ逆さま状態です。



こんな感じのアレンジをe-28(観葉植物&ガーデニング)さんちで見つけました~~ (チランのオブジェ(エアープランツ)【PUP090529MJ05】

承諾なく、アイデアいただきままして、ウスネオイデスとともにアレンジし、簡単オブジェで愉しんでおりますが、そちらも今のところ元気です。





お手軽育成!!●ティランジア メラノクラテル(1株)は、charmさんちでは、 620円にてゲットできますよ~
三色のキレイなお花が咲く、トリカラー色、見たいですね(^_-)-☆

【PR】 メラノクラテル トリコロール を探そう! at Rakuten


少しは大きくなってくれているんだろうか?
購入してから2ヶ月あまりが経過しておりますが、なんだかうんともすんとも・・・(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
腐らせるのが怖いので、かなり水遣りは控えめにしているので、育つスピードも緩慢ではあるのですが、それにしましても変化がないなぁ~ でもこうして生き延びてくれているだけでもよしとしますか!
[流木とメラノクラテル トリコロール]の続きを読む
スポンサーサイト

ラベル訂正!? イオナンタ No.15

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年11月27日 金曜日 [Edit] 




【学名】Tillandsia ionantha (ee-oh-NAHN-tha)
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】ティランジア属 またはチランジア属
【和名】チランジア イオナンタ 【英名】 【別名】エアープランツ 
【原産地】メキシコ、ガテマラ など 熱帯アメリカ 【標高】450~1700m
【性状】非耐寒性着生植物   【耐寒温度】5℃ 【生育適温】15~25℃ 【湿度】高め
【系統】銀葉系 中型 【草丈】15cm 【花期】5~7月 【花色】紫色 【花苞】赤色
【購入先】ダイソー 【販売元】
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ 素焼き鉢 水苔 流木 コルク板
【備考】A#025

先日ご紹介した偽?オアクサカーナ(お写真が似たようなモノでスミマセン^^;)卵の殻に飾っているのは、やはりダイソーさんちでもちろん100円で買った子です。袋にプリントされていたのはNo.15でしたが、品種名は白い紙で隠され、黒字で「T.イオナンタ」とスタンプが押されておりました~

名前のイオナンタ(ionantha)にはギリシャ語で「ion=紫色」、「anthos=花」という意味があり、文字通り紫色のお花が咲きます。開花時期には葉っぱもクリムゾン色に紅葉し、花後には群生するかわいい小型のタイプのティランジアです。トリコームも美しく、まるでウニのような形です。もっとも流通しているティランジアのひとつになります。

原生地においては、子株が群生してクランプとなり、丸い鞠のような形となって樹木に着生したりするそうです。ガテマラとメキシコ原産のものでは、大きさが異なり、ガテマラのものは10cm程度、メキシコのものはもう少し小型で5-6cm、標高450~1700mくらいに自生しています。

イオナンタには、交配種がイロイロあって一口にイオナンタと言えないようですが、かくいう我家にもすでに‘ルブラ’、スカポーサ(コルビー)、そしてイオナンタイオナンタの三種があります。
交配では、ほかにへぇ~と思ったのは、カプトメデューサエとの交配品種もあるんですよ~
神様ったら粋なお計らい^0^ なんだかそうした結婚から生まれた子供ってどんな咲き方するのかしらぁ~ キョウミシンシンです♪

とにかくエアプラを育ててみよう!ということでしたら、このイオナンタがオススメです(o^-')b

昨日ご紹介した‘ベルティナ’と‘偽オアクサカーナ’とともに、卵の殻に入れて三つをまとめて篭盛りで愉しんでおります。もっとも‘ベリティナ’は思いのほか生育が早くて飛び出しはじめておりますが。
[ラベル訂正!? イオナンタ No.15]の続きを読む

Tillandsia pseudobaileyi

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年11月23日 月曜日 [Edit] 




【学名】Tillandsia pseudobailey
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】ティランジア属 またはチランジア属
【和名】 【英名】  【別名】エアープランツ
【品種名】ティランジア プセウドベイレイ または ティランジア シュードベイレイ(1株) 220円
【原産地】中南米熱帯 熱帯アメリカ~アルゼンチン
【性状】半耐寒性着生植物 【系統】銀葉系  【耐寒温度】10℃ 【生育適温】15~25℃ 【湿度】高め 
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ
【備考】A#016

前回購入時にご紹介した‘ベイレイ’ですが、よくよく調べてみましたら、正式には‘プセウドベイレイ’だったことがわかりましたので、訂正いたしました m(__)m

なかなかアレンジ方法が定まらず、未だに仮置きの状態なのです。

長く伸びた葉っぱがアンバランスに広がっているので、設置しにくいのです^^;

結局、垂直に飾るためには、ワイングラスのなかにセラミスを半分ほどいれ、その上にウスネオイデスをいれ、そのウスネオイデスを支えにして、立たせている状態です。

でもこれですと、ちょっと空気が回りにくいので、ソーキング後には逆さまにしてすっかり乾かしてから設置しませんと、またしても腐ってしまうのではないかと、ハラハラ。

実は観察中にツボ型の部分がふんにゃりしてしまい、大慌て。気がつくのが早かったので、なんとか今も生きてくれております。


【PR】 浅めの器に砂を入れて、ちょこんと立てておくのもかわいい~Y(=▽=)Y~☆
モダン空間を上品に演出♪インテリア性抜群♪人気のベイレイ!シンプル&モダンのホワイトは、euro plants studioさんちで2700円也~

まだカラーサンドをゲットできておらず、上のようなアレンジができていないのですけど、バークチップなどに固定させてから、砂に埋めるような形にしないと、すぐに倒れてしまいそうですし。

エアプランツを探そう! at Rakuten


あるいは、備長炭があるので、炭を使いたいとも思っているのです。
水遣りが楽ですもの。




他にツボ型のものは、コルク板に飾っているのですが、この子は葉っぱが円形に伸びているので、一方がコルク板にぶつかってしまってうまくコルク板につけられなかったのです。
あっ、そいういえば、そのブルボーサとブッツィーをご紹介していなかったですね!
次回、ご紹介しますネ!

エアープランツの育て方ティランジア プセウドベイレイの育て方)】

■管理場所
生育温度は、5~35℃。多湿を好み乾燥に弱いタイプです。
適温は15℃~20℃。春と秋が生育期間です。直射日光を当てずにカーテン越しなどで1年を通して明るい窓辺で管理します。蒸れには弱いので風通しをよくします。

■水やり
最大のポイントといえる水遣りのほうほですが、二通りあります。
葉水とソーキング(浸水させる方法)の二つです。

葉水は3~4日に1回、ソーキングは2週間に1回を目安に行います。夏と冬は生育が鈍るのでやや乾かし気味にし蒸れを防ぎます。最悪、腐ることがあります。

空気中の水分を吸収するので、水を与える必要がないと誤解されがちですが、水は必要不可欠です。購入したてのティランジアは、脱水状態にあると考え、室温になじませたバケツの水に一晩(約8~10時間)完全につけ込みむとよいようですが、これは購入先のお店の方に聞いてからにしたほうがよいかもしれません。 水を欲しがっている状態になると、葉っぱの曲がりが強くなり、表面に皺が出てきます。ギリギリまで待つくらいのほうが、腐らせることはないかと思います。
特に梅雨から夏の間で、30℃以上になるなら水遣りは控えるようにし、また夜間に与えるほうがよいでしょう。

ソーキングの後にはしっかり水切りをし、いつまでも濡れたままにしないことが大切です。霧吹きでも水分補給は可能ですが、たいていは水分が吸収される前に蒸発してしまい、脱水状態を回復させることは出来ません。葉っぱの状態をよく観察することが肝心です。

温室のような環境がなければ、霧吹きよりもソーキングのほうがうまく育つそうです。しかしこれもイオナンタ、テクトラム、パレアセアなどのような品種であれば、霧吹きだけでも何ら問題はないようです。

■施肥
多肥は好みません。
液肥を1000倍に薄めたものを霧吹きで全体に散布するか、5000倍液を年に数回ソーキングに使用すれば十分です。

■増やし方
種まきまたは株分けで殖やすことができます。
親株は子株をつけると除々に枯れていきますので、そうなるまでは株分けをしないほうがよいようです。どうしても分けたいならば目安として親株の半分の大きさになった頃に子株を分けます。

種から育てる場合、タネを木片などにつけて水やりすれば自然に発芽するとのこと。遮光を50%程度にし、1日1度霧吹きで水を与えます。ただ室内で育てる場合、発芽率は極端に悪く、根っこがない分、発芽後も生育のスピードは遅いため、最低5~6年かかり大型種になればなるほど、開花までの時間がかかることになります。

弊ブログ内関連記事: プセウドベイレイ | エアープランツ | チランジア | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ



今度は元気!偽オアクサカーナ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年11月17日 火曜日 [Edit] 




【学名】Tillandsia oaxacana
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】チランジア属 または ティランジア属
【流通名】ティランジア オアクサカーナ または オアサカナ 【英名】  【別名】エアープランツ  【旧名】Tillandsia feldhoffii
【品種名】ティランジア オアクサカーナ?(1株) 100円
【原産地】メキシコ 熱帯アメリカ~アルゼンチン
【性状】半耐寒性   【耐寒温度】5℃ 【生育適温】15~25℃(高温に弱い) 【湿度】高め
【草丈】小型種 【花期】 【花色】アメジスト色 【花苞】黄緑色
【購入先】ダイソー 【販売元】
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ 素焼き鉢 水苔 流木 コルク板 
【備考】A#023

先日ご紹介したように、前回百均でお持ち帰りのティランジア ‘オアクサカーナ’は、完全にミイラになってしまい、バラバラ事件・・・ _| ̄|○

その後再び百均へGO ε=ε=ε=(ノ^∇^)ノ
そうしたら、今度は元気な株が入荷されておりました! 故に即お買い上げ~

まるで別人のような美人さんです^0^

百均で売られているオアクサカナは、どうもベリッキアーナらしいのですが、すでに入手しているベリッキアーナと比べると、大きさもまったく違うので、同種にはみえないのです。
今回入手した子の葉っぱには、まだカールは見受けられないのです。 大人にならないと葉っぱは曲がり始めないのでしょうね。



ベリッキアーナはグアテマラが原産です。
チランジア ベリッキアーナは1株620円でした。
このようなドーム型のガラスの器に飾るのもかわいい~Y(=▽=)Y~☆

【PR】 ベリッキアーナを探そう! at Rakuten


ともかく今回百均で入手した子たちは、卵の殻の器に補綴させるためこれまた百均で買った土を入れ、その上にポンと置いてみました~
かわいいでしょ?
卵から生まれたばかりのような子達♪この器は陶器でできているのですよん。
[今度は元気!偽オアクサカーナ]の続きを読む

やはり レスキューできず_| ̄|○

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年11月12日 木曜日 [Edit] 




【学名】Tillandsia oaxacana
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】チランジア属 または ティランジア属
【流通名】ティランジア オアクサカーナ または オアサカナ 【英名】  【別名】エアープランツ  【旧名】Tillandsia feldhoffii
【品種名】ティランジア オアクサカーナ?(1株) 100円
【原産地】メキシコ 熱帯アメリカ~アルゼンチン
【性状】半耐寒性   【耐寒温度】5℃ 【生育適温】15~25℃(高温に弱い) 【湿度】高め
【草丈】小型種 【花期】 【花色】アメジスト色 【花苞】黄緑色
【購入先】ダイソー 【販売元】
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ 素焼き鉢 水苔 流木 コルク板 
【備考】A#017

実はもうこの子が息絶えてから随分時間が経過しているのです・・・

ごめんねぇ~~ m(__)m

先日、‘カプトメデューサエ’のバラバラ事件について記事にしたばかりでしたが、やはり百均から持ち帰った逝去寸前のティランジア偽?‘オアクサカーナ’もやはり再生してあげることは、できませんでした。

やはりキホンは元気な株をゲットしなくてはなりませんよねぇ~。それでなくてもエアプラ初心者なのに、ほぼミイラ化しているような子を育てるなど、所詮私には無理だったのです。とほほ

この子は楊枝と同じくらいの背丈しかないうえに、株元の部分は黒ずんでいました。でも中心部分にまだ緑色が残っていたので、あるいは生き残れるかもしれないと思っていたのですが・・・

_| ̄|○ 私のような初心者にレスキューは無理だったようです。ごめんね。

オアクサカナでも、やはりこの子もカプトメデューサエと同様に、ヒャッキンで二株目をゲットできているので、元気な子のほうを大事に育ててゆこうと決意を新たにした私です。



ベリッキアーナはグアテマラが原産です。
チランジア ベリッキアーナは1株620円でした。
このようなドーム型のガラスの器に飾るのもかわいい~Y(=▽=)Y~☆

【PR】 ベリッキアーナを探そう! at Rakuten


ヒャッキンで売られているオアクサカーナベリッキアーナということならば、ベリッキアーナとして売られていた株も育てているので、二株あるということになります。
いずれにせよ、寒い冬も近づいていて、今後この子のみならず、他のエアプラたちがどうなってゆくのか、不安で不安で仕方がありません( ̄∇ ̄;)
[やはり レスキューできず_| ̄|○]の続きを読む

ブラキカウロスと流木と・・

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年11月06日 金曜日 [Edit] 




【学名】Tillandsia brachycaulos (brah-ki-COW-los)
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】ティランジア属 またはチランジア属
【和名】 【英名】  【別名】エアープランツ
【品種名】ティランジア ブラキカウロス (1株) 220円
【原産地】メキシコ グアテマラ 中央アメリカ 標高600~1200m
【性状】半耐寒性着生植物 【耐寒温度】10℃ 【生育適温】15~25℃ 【湿度】高め(毎日霧吹き) 
【系統】緑葉系 中型 【草丈】25×12cm 【花期】月 【花色】紫色 【花苞】赤色~チェリー色
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ
【備考】A#015

思い切って屋外で管理してみることにしました~~ 室内で管理するとばかり思っておりましたが、オンモに出すことで花付きがよくなるとおっしゃっているかたもおられ、適度な湿度と風通し、および日光があいまって、ティランジアたちも成育もよくなるのではないかしらんと。

秋はそう日の光も強烈ではありませんし、きっと大丈夫 大丈夫と 自分を励ましつつ、意を決しました!

ところが、あっという間に朝晩の気温がぐ~~~んと下がり始め、結局ちょっとだけ屋外で管理しただけで、またオウチの中に逆戻りです。

ブラキカウロスには顕著に見られないトリコームですが、やはりよく調べてみたら、肉眼では見えにくいだけでちゃんとあるんですね。
トリコームがなければ、葉っぱから水分や養分を摂取できませんので、トリコームが一切ないというティランジアは無い!ということになるのです。

たとえツルっとして濃緑色の葉っぱをしているものでも、電子顕微鏡などでみるとキレイに並んだトリコームを見ることができるのだそうですよ~


【PR】花序が真っ赤に色づいて、個性的な花を咲かせます! 今インテリアとしても大注目♪土がいらない観葉植物♪チランジア苗♪ 「ブラキカウロス ラージサイズは、大きさ17センチほどで、840円也~ R-Styleさんちでゲットできます!

ブラキカウロスを探そう! at Rakuten


この子は水遣り(ミスティング)を数日怠ると、あっさりと枯れてしまうこともあるようです。
気をつけねばっ (;´▽`lllA``
デリケートな子だたのでした・・・
[ブラキカウロスと流木と・・]の続きを読む

‘ルブラ’とデミダスコーヒーカップ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年10月18日 日曜日 [Edit] 




【学名】Tillandsia ionantha 'Rubra'
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】ティランジア属 またはチランジア属
【和名】 【英名】  【別名】エアープランツ
【品種名】ティランジア イオナンタ ‘ルブラ’(1株) 220円
【原産地】中南米熱帯 熱帯アメリカ~アルゼンチン
【性状】半耐寒性着生植物 【系統】銀葉系  【耐寒温度】5℃ 【生育適温】15~30℃ 【湿度】標準 
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ
【備考】A#014

イオナンタの交配種‘ルブラ’です!9月頃ゲットしましたが、今のところ元気に育っております。

同様にゲットした‘イオナンタイオナンタ’と‘イオナンタ・スカポーサ’も元気ですが、一番小型でかわいい~~のがこの子(o^-')b

生育のスピードも両者と比べ遅いような気がします。もともと手元に来たときからして、とにかくその小ささにびっくりしたのですけど。

ところが根っこの長さで言えば、この子の根っこが一番長く伸びているんですよ~ 不思議!


【PR】空気中の水分と微量要素を吸収し土がなくても生育するとっても不思議な植物たちです。Fairy’s Gardenさんちで、315 円でげっとできますよん!

お花が早く見たいっ!ですね~~ 

イオナンタを探そう! at Rakuten


今日はトリコームもしっかり見えるくらいのマクロモードで写してみました!
びゅーんと伸びている根っこもしっかり記念撮影です。
どうアレンジしようかと迷っていましたが、リサイクル、リサイクル(^^ゞ
どちらかからのイタダキモノだったのでしょう、なぜか一客しか無いデミダスコーヒーカップに、セラミスを入れて、ただポンと置いてあるだけでございます。

でも、かわいいでしょう?後々、どのくらい大きくなったかの比較もしやすいですし、水遣りもたやすいのであります。
[‘ルブラ’とデミダスコーヒーカップ]の続きを読む

もうひとつのメラノクラテル トリコロール

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年10月17日 土曜日 [Edit] 




【学名】Tillandsia tricolor var. melanocrater
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】ティランジア属 またはチランジア属
【和名】 【英名】  【別名】エアープランツ
【品種名】ティランジア メラノクラテル トリコロール(1株) 220円
【原産地】メキシコ 中央アメリカ 
【性状】半耐寒性着生植物 【耐寒温度】5℃  低温性 【生育適温】15~25℃ 【湿度】高め 
【系統】緑葉系 中型 【草丈】20×30cm 【花期】9~11月 【花色】藍色 【花苞】赤色 黄色
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ
【備考】A#022

この子は二株ゲットしています。以前購入したばかりのときに、記事にさせていただきましたが、お皿に飾っていただけでしたが、ちょっと物足りないなぁ~ さてどうやって仕立てようかと迷っておりましたところ、ネットをウロウロしていたら・・・



こんな感じのアレンジをe-28(観葉植物&ガーデニング)さんちで見つけました~~ (チランのオブジェ(エアープランツ)【PUP090529MJ05】

承諾なく、アイデアいただきます m(__)m どうやらこれはイオナンタのようでトリコロール ではないようですが、あまり気にせずに(^^ゞ



てなわけで、以前ヒャッキンで支柱として使おうと思っていた木の棒があったので、適当な大きさに切ってこれまた手元にあった麻紐で三本組みのスタンドをこしらえました。大・中・小の三つのタイプをつくりました。
これに‘メラノクラテル トリコロール ’と‘ウスネオイデス’を飾って簡単オブジェの完成です^0^
スタンドの上にのせるティランジアの大きさによって、切る長さを変えればOKですよ~

私見ですが、カプトメデューサエやジュンセアなどのような縦長のタイプよりも丸っこい感じのもののほうが合うみたい♪です。私は麻紐を使いましたが、カラフルなラフィアやリボンを使えばもっとかわいいかも^0^

購入後は室内で管理していたのですが、屋外のほうがお花がつきやすいという話をきき、軒下においてあったハクチョウゲの鉢の上に転がしておいただけだったのです(^^ゞ
早くどうにかしてあげなくちゃ~と思っていたのですが、ほとんどオカネをかけずにかわいいオブジェを作ることができちゃいました!

オトナの株でしたが、9月~11月に咲くそうらしいので、買ったばかりの苗ではありますが、一縷の望みをかけて水遣り中~です。



お手軽育成!!●ティランジア メラノクラテル(1株)は、charmさんちでは、 620円にてゲットできますよ~
三色のキレイなお花が咲く、トリカラー色、見たいですね(^_-)-☆

【PR】 メラノクラテル トリコロール を探そう! at Rakuten


小さな苗ですし今年の花は咲くかどうかわかりませんが、葉っぱだけでも私にとって観賞価値は高いので、しばらくはこのスタイルで愉しむことにいたします。

ところでもうヒトツの子ですが、木工用ボンドで流木に貼り付けたりもしているのですけど、やはり調べてみるとグルーガン(ホットタイプ) at Rakutenのほうが、木工用ボンドよりも渇きがダンゼン早いのでエアープランツを定着させるのには向いているようです。

ただしヒートガンやボンドでつける場合には、根っこがでている付近、芯の部分に着いてしまうと、枯れてしまいますのでご注意を!

あっ、もうヒトツ注意点としてやってしまう失敗があるそうで・・・
どうしても流木の穴や岩の穴に向かって株を押し込み定着させたくなりますが、そうすると株元が乾きにくくなり腐ってしまいます。
大型の株はボンドでは定着しにくいので、釣り糸やワイヤーなどで固定させるほうがよいようです。
[もうひとつのメラノクラテル トリコロール ]の続きを読む

瀕死のオアクサカーナ(仮) No.18

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年10月14日 水曜日 [Edit] 




【学名】Tillandsia oaxacana
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】チランジア属 または ティランジア属
【流通名】ティランジア オアクサカーナ または オアサカナ 【英名】  【別名】エアープランツ  【旧名】Tillandsia feldhoffii
【品種名】ティランジア オアクサカーナ?(1株) 100円
【原産地】メキシコ 熱帯アメリカ~アルゼンチン
【性状】半耐寒性   【耐寒温度】5℃ 【生育適温】15~25℃(高温に弱い) 【湿度】高め
【草丈】小型種 【花期】 【花色】アメジスト色 【花苞】黄緑色
【購入先】ダイソー 【販売元】
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ 素焼き鉢 水苔 流木 コルク板 
【備考】A#017

ティランジア ‘オアクサカーナ’は、前回購入した‘ベリッキアーナ’のお勉強をしていて、目にした品種名だったのですが、先日訪れた百均ショップで、出会い、「あぁ~これかぁ~」とまじまじと見入ってしまいました。

上の学名などはラベルに印刷してあった、オアクサカナに準じておりますが、かなり眉唾です(^^ゞ

前回のベリッキアーナの記事でも『どうも‘ティランジア オアサカナ’と表示されて売られていることが多いそうなのですが、実際には‘オアサカナ’という品種は、ほとんど流通していないので、ラベルにそう表示されていても‘オアクサカナ’と思ったほうが良いとか。』というふうに記述しておりますが、どうやらそのウワサの根源もこのアタリにあるのではないかしらと。

どうみてもミイラ化が始まっていて、丈夫に育ってくれそうもなかったのですが、お持ち帰り~(@o@)
で、成果はというと、やはりね(;´▽`lllA`` まもなく完全にご他界される模様です(^^ゞ

この子は楊枝と同じくらいの背丈しかないうえに、株元の部分は黒ずんでいました。でも中心部分にまだ緑色が残っていたので、あるいは生き残れるかもしれないと思っていたのですが・・・

_| ̄|○ 私のような初心者にレスキューは無理だったようです。ごめんね。

オアクサカナは、入手が困難らしくほとんどこの名で出回っているのは、ベリッキアーナ
近い未来には入手しやすくなると良いのですが。



ベリッキアーナはグアテマラが原産です。
チランジア ベリッキアーナは1株620円でした。
このようなドーム型のガラスの器に飾るのもかわいい~Y(=▽=)Y~☆

【PR】 ベリッキアーナを探そう! at Rakuten


オアクサカーナとベリッキアーナでは、花が咲く時期がすこしずれるようで、ベリッキアーナのほうが先に開花するというウワサも聞きました。

とりあえず私の場合、ベリッキアーナちゃんを大事に育てるしかないのです。
[瀕死のオアクサカーナ(仮) No.18]の続きを読む

ヒャッキンのブッツィー(^^ゞ No.17

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年10月10日 土曜日 [Edit] 




【学名】Tillandsia butzii
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】ティランジア属 またはチランジア属
【和名】 【英名】  【別名】エアープランツ
【品種名】ティランジア ブッツィー (1株) 220円
【原産地】メキシコ 熱帯アメリカ~アルゼンチン
【性状】半耐寒性着生植物 【耐寒温度】0℃ 【生育適温】15~30℃ 【湿度】高め
【系統】銀葉系 小型 【草丈】20cm 【花期】月 【花色】ピンク色 【花苞】チェリー色 
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ
【購入先】ダイソー 【販売元】
【備考】A#021

すでに入手済みの‘ブッツィー’でしたが、ヒョウ柄が気に入って100均で見つけてしまったので、お持ち帰りです(^^ゞ

今回はその大きさをメモっておこうと爪楊枝をメジャー代わりに一緒に撮影してみました!
小さいでしょ? 前回購入したものと比べても球根(ではないけど)の部分のぷっくり感も少ないのですが、ちゃんとオトナのカタチはしています。

ほぼ毎日水遣りをして、大きくなぁ~~れ大きくなぁ~~れと祈願中(笑)


【PR】 繊細&湾曲スタイル抜群!ブッツィ。シンプル&モダングラスアレンジ!デコレートサンドの連想♪は、euro plants studioさんちで1400円也~

空気孔のあいた小袋につめられて売られていたせいか、少し葉っぱが曲がってしまっている感じはありましたが、ジュンセアの曲がり具合がひどかったので、この子の曲がりはあまり気にならなかったです。
といいますか、ジュンセアは直立しているほうがそれらしいですけど、この子の場合には、四方八方に葉っぱが伸びてゆくようがカッコイイ感じ♪

カラーサンドでアレンジを愉しもう~^0^ at Rakuten


その曲線美を生かす見せ方を考えなくては!
と、あれこれお試し中~なのですが、次回はアレンジしたものをご紹介いたしたく思っております。
[ヒャッキンのブッツィー(^^ゞ No.17]の続きを読む

今度はヒャッキンで(^^ゞ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年10月07日 水曜日 [Edit] 




【学名】Tillandsia spp.
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】チランジア属 または ティランジア属
【和名】チランジアティランジア)【英名】 ティランジア(Tillandsia) 【別名】エアープランツ
【系統】銀葉系 
【原産地】熱帯アメリカ ベネズエラ アルゼンチン パラグアイ など
【性状】半耐寒性着生植物   【耐寒温度】5℃ 【生育適温】15~25℃ 【湿度】高め
【水遣り】10日に1回のソーキング または 3日に一度のミスティング
【購入先】ダイソー 【販売元】
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ 素焼き鉢 水苔 流木 コルク板
【備考】A#

あさがおさんのお言葉をお借りすれば「新型熱性ティランジア病」に罹り、ちっとも回復しないワタクシです。

今度は百均ショップへ走りマスタ・・・ ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌( ̄ー ̄)┘

わが町にある百均ショップはたぶん全部で3つ。その中でも一番大きなお店へ出かけました。
ダイソーさんちです。

さすがに百円でゲットできるティランジアですので、種類は限られておりますし、状態もよろしくないものも見受けられました。

あぁ~~救ってあげたいっ

ビニールの袋に閉じ込められて、棚に吊り下げられているのですが、どうみてもミイラ化が進んでいるものもあり・・・ もやは絶命の危機が濃厚です。

でも復活できそうもないようなものだけでなく、すんごく元気なものもあります。
やはり乾燥に強い品種はそれなりに環境に耐えているようです。

売られている袋にはナンバリングがあり、ネットでイロイロさがしてみると・・・

No.9.イオナンタ No.10.カプットメデューサ No.11.コルビー No.12.ベルティナ No.13.メラノクラテル No.14.ストリクタ No.15.ブルボーサ No.16.ジュンセア No.17.ブッツィー No.18.オアクサカーナ(ベリッキアーナかも?) No.19.マグヌシアーナ No.20.チランジア(たぶんフックシー)


というところまでわかりました。
私が今回お家に連れ帰ったのは、上記のうち、以下の5種類。
No.10.カプットメデューサ
No.16.ジュンセア
No.17.ブッツィー
No.18.オアクサカーナ ←どうも百円で入手できる品種ではないようで、ベリッキアーナらしい・・^^;
No.20.チランジア ← 漠然としすぎな表記です。

オアクサカーナは、もうほぼ枯れかかっていましたが、連れてかえってみることにしました。
お写真↑の真ん中、一番小さくて、いまにも壊れそうにみえる子です。



【PR】お手軽育成!!●チランジア ストリクタ ハードリーフ(1株)Tillandsia var.stricta )は、先日charmさんちで購入したストリクタにはお花が咲きました~ お写真とほぼ同じ感じです(o^-')b

エアープランツを探そう! at Rakuten


ヒャッキンで購入しなかったものは、さすがにそれなりのお値段と大きさでありますので、ストリクタに関しては、初心者の私の手元でもお花を咲かせてくれたわけです(お写真撮ったらアップします(^_-)-☆)が、百均の子たちは、小さいしぃ~

ちゃんとお花が咲いてくれるかどうか不安。大きく育てられるかしら?
夏から育てているものと品種がかぶっているので、オアクサカーナ以外は育てやすそう~^0^

チランジア カプトメデューサエTillandsia caput-medusae)は、やはり以前 620円てcharmさんちでゲットしましたが、100均で買ったものも同じくらいの大きさでした(^^ゞ この子は、100均で購入して得した感じ♪


カゴに入れたりして複数を寄せて置くのもよいですね~
この子はお気に入り♪なので、またヒャッキンで見つけたら、買ってしまいそうです。
オーラを出すといわれているので、たんまりと枕元に置いて就寝したいと思っているワタクシなのです


それぞれのティランジアの様子はまた改めてということになります。よって10月もティランジア月間になりますゆえ、ご了承くださいませm(__)m
[今度はヒャッキンで(^^ゞ]の続きを読む

Tillandsia brachycaulos

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年10月01日 木曜日 [Edit] 




【学名】Tillandsia brachycaulos
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】ティランジア属 またはチランジア属
【和名】 【英名】  【別名】エアープランツ
【品種名】ティランジア ブラキカウロス (1株) 220円
【原産地】メキシコ パナマ 中南米熱帯 熱帯アメリカ~アルゼンチン 標高0~1500m
【性状】半耐寒性着生植物 【耐寒温度】10℃ 【生育適温】15~25℃ 【湿度】高め(毎日霧吹き) 
【系統】緑葉系 中型 【草丈】20cm 【花期】月 【花色】紫色 【花苞】赤色~チェリー色
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ
【備考】A#015

葉っぱの感じが柔らかくて、なるほど寒さにちょっと弱そうな感じがするのが、‘ブラキカウロス’です。
この子はやってきたときに、少し紫が入ったような緑色をしていて、おや、紅葉しようとしているのかしらん?と思って眺めているところです。

でも花芽があがらなければ、真っ赤には紅葉しないのかしら?

とにかく初めて育てる子の性状はよくわからないなぁ~ (;´▽`lllA`` この子は、以前購入したカピタータの近種に当たるらしいのですが、ロゼット状にでている葉っぱの姿は確かに似ていますが、カピタータは白銀色でキレイなトリコームがあるのに、この子にはトリコームはほとんど見られません。
うっすらとそれらしく見えるような気もしますが、でもこれはトリコームではないのかも。いずれにしても粉を吹いたような状態でないことは確かです。



【PR】【送料無料】27種類の中から5個を選んでください♪今インテリアとしても大注目♪チランジア5苗4200円也~ R-Styleさんちでゲットできます!
5種類お好みのティランジアを選ぶことができるんですって(o^o^o)
今の私の選択肢は、T.フィリフォリア、パウシフォリア、セレリアナ、ファシクラータ、ハリシーかしらん? 

ブラキカウロスを探そう! at Rakuten


でも我家のは直径が7センチほどでしょうか。まだまだ小さな苗で、今年株分けしたか、実生で育ったものなのかは定かではありませんが、お花はしばらくは期待できないだろうなぁ~。
それでもエアープランツは、葉っぱだけでもかなりの観賞価値がありますので、わたし的には全く問題ないのであります^0^
[Tillandsia brachycaulos]の続きを読む

Tillandsia baileyi

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年09月30日 水曜日 [Edit] 




【学名】Tillandsia baileyi Tillandsia pseudobaileyi
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】ティランジア属 またはチランジア属
【和名】 【英名】  【別名】エアープランツ
【品種名】ティランジア ベイレイ ティランジア プセウドベイレイ (1株) 220円
【原産地】中南米熱帯 熱帯アメリカ~アルゼンチン
【性状】半耐寒性着生植物 【系統】銀葉系  【耐寒温度】10℃ 【生育適温】15~25℃ 【湿度】高め 
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ
【備考】A#016

今回入手した株元が球根のように太ったタイプのエアープランツのひとつ‘ベイレイ’です。

またかぁ~~という声が聞こえてきそうですが(笑) 記念撮影のため、またしても似たような写真の羅列でもうしわけないですm(__)m
そのうちに違ったアレンジの写真をご紹介できるかと思います(^^ゞ

何しろのんびりやでして、構想や理想は高いのですが、実がなかなか伴わず・・・ 越冬のことも考えるとなかなか定位置を決めることができないのです。
我家では冬期間によく日が当たるところが限られているのと、カーテンというものがほとんどないのですよ(;´▽`lllA`` 障子ばっかり・・

当然、和室なので和風の感じに仕立てるのが、インテリアプランツとして愉しむには、しっくりくるのですが、スタイリッシュな洋風のものにも触手が動きますし。


【PR】 浅めの器に砂を入れて、ちょこんと立てておくのもかわいい~Y(=▽=)Y~☆
モダン空間を上品に演出♪インテリア性抜群♪人気のベイレイ!シンプル&モダンのホワイトは、euro plants studioさんちで2700円也~

そういえば使っていない花器もあるので、このようなアレンジを参考にして、自分もやってみよう~!と意欲満々です^0^

エアプランツを探そう! at Rakuten


サラーサンドは手元にないので、とりあえずセラミスを使って、この竹炭の器にどれかをかざろうと画策もしております。セラミスは、室内で観葉植物などを育てるときに、土を持ち込まないのがよいところですよね。

他に鉢底に穴が空いていない器を使って多肉植物を育てているのですが、それらにもこのセラミスを使ったりしています。エアープランツ用にもっと細かいセラミスがあるとよいのですけど。
[Tillandsia baileyi]の続きを読む

Tillandsia tricolor var. melanocrater

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年09月29日 火曜日 [Edit] 




【学名】Tillandsia tricolor var. melanocrater
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】ティランジア属 またはチランジア属
【和名】 【英名】  【別名】エアープランツ
【品種名】ティランジア メラノクラテル トリコロール(1株) 220円
【原産地】メキシコ 中南米熱帯 熱帯アメリカ~アルゼンチン
【性状】半耐寒性着生植物 【耐寒温度】10℃ 【生育適温】15~25℃ 【湿度】高め 
【系統】葉系 型 【草丈】30cm 【花期】9~11月 【花色】藍色 【花苞】赤色 黄色
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ
【備考】A#013

この子のことを調べているときに、詳しく掲載されているサイトと出会い、大いに勉強させてもらったのですが、トリカラーという名前がついているからには、きっと何かが三色になるのだろうと想像しておりました。

この子のお花の咲き方にその名前の由来が隠されていたようです。
チェリー、カナリヤ(耀くような黄色)とインディゴ(藍色)に彩られるところからこの名がつけられました。
と書かれてあります。お~~~そんなにこの子のお花はかわいいのか!と二株お買い上げ^^;

現地では9月~11月に咲くそうですが、私が買ったものはごく小さな苗ですし、今年その花を見ることができるとは思えませんでしたが、万がヒトツの可能性もあるかも?などと思い、よく調べもせずゲットしちゃいました(^^ゞ



お手軽育成!!●ティランジア メラノクラテル(1株)は、charmさんちでは、 620円にてゲットできますよ~
三色のキレイなお花が咲く、トリカラー色、見たいですね(^_-)-☆

【PR】 メラノクラテル トリコロール を探そう! at Rakuten


おそらく今年分けたばかりの子株でしょうから、100%、いや120%お花は咲きそうもありませぬ。

さてエアープランツの愉しみ方として、コルク板、流木、ヘゴなどに貼り付けたり、あるいは菊炭や木製の器に飾ったり、ガラスのコップ、あるいはキャンドルホルダーに差し込んでみたりとイロイロです。

ボンドで貼り付けることができるというのは、他の植物にはあまりできないワザでこれこそ、エアープランツの魅力のひとつでもありますね。
特別なボンドが必要なのかと思ったら、ご家庭にある木工用ボンドで十分なのだそうです。
根っこの芯の部分にだけつけないように気をつければ、あとはどこにつけてもOK♪
[Tillandsia tricolor var. melanocrater]の続きを読む

Tillandsia butzii

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年09月28日 月曜日 [Edit] 




【学名】Tillandsia butzii
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】ティランジア属 またはチランジア属
【和名】 【英名】  【別名】エアープランツ
【品種名】ティランジア ブッツィー (1株) 220円
【原産地】メキシコ 熱帯アメリカ~アルゼンチン
【性状】半耐寒性着生植物 【耐寒温度】0℃ 【生育適温】15~30℃ 【湿度】高め
【系統】銀葉系 小型 【草丈】20cm 【花期】月 【花色】ピンク色 【花苞】チェリー色 
【販売元】南紀グリーンハウス [http://www.za.ztv.ne.jp/sibayan/]
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ
【備考】A#012

またかいなー ^^; 

と、いう声が聞こえてきそうですが・・・ 9月はエアープランツ月間なのです(^^ゞ でもさらに10月もつづくはずです(笑)

ブッツィーを購入したときに、やってみたかったのは壁掛けにするか、あるいはワイングラスなどに飾るもの。
上記のお写真では竹炭の器に載せて記念撮影しましたが、早いとこカラーサンドをゲットして、グラススに飾りたいのです。

球根のように根元がぷっくりとしているタイプのものは、この‘ブッツィー’、‘ベイレイ’それにおなじみの‘ブルボーサ’を今回入手したのですが、これらの三種をそれぞれ同じワイングラスに1個ずつ入れて、並べようか、あるいはコルク板で絵画風に飾りたいと思っているのです。


【PR】 繊細&湾曲スタイル抜群!ブッツィ。シンプル&モダングラスアレンジ!デコレートサンドの連想♪は、euro plants studioさんちで1400円也~

グラスにお好みのカラーサンドを入れて、アレンジするのも素敵ですよねっ!
単色でも良いし、何色かあわせて模様を作っても楽しそう~

カラーサンドでアレンジを愉しもう~^0^ at Rakuten


透明のグラスならワイングラスだけでなくて、四角い形でも、楕円形でもどんな器でもあうのではないかしら~~と思いますが、ちょっと心配なのは砂に埋もれさせてしまったら、株元が蒸れて枯れこんでしまうのではないかという点です。

ティランジアの中でもお水が好きな部類で、割り合いと水遣りを頻繁にしなくてはならない品種たちです。毎日ミスティングしてもよいくらいだそうで・・・(^^ゞ 頻繁に水遣りはしますが、その後の管理には通気性が必要であることは他のティランジアたちと同じです。
そのアタリ、どうなのかしらぁ~~~? 砂に植えていらっしゃる方、どうか教えてくださーいm(__)m
[Tillandsia butzii]の続きを読む

Tillandsia bulbosa

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年09月27日 日曜日 [Edit] 




【学名】Tillandsia bulbosa
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】ティランジア属 またはチランジア属
【和名】 【英名】  【別名】エアープランツ
【品種名】ティランジア ブルボーサ(1株) 220円
【原産地】中南米熱帯 メキシコ エクアドル 北ブラジル グアテマラ 標高1300メートルくらい
【性状】半耐寒性着生植物 【耐寒温度】10℃ 【生育適温】15~35℃ 【湿度】高め 
【系統】銀葉系 小型 【草丈】15×12cm 【花期】9~10月 【花色】紫色 【花苞】赤色
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ テラリューム向き
【備考】A#011

この子の名前を呼んだとき、あぁ~この子は球根ぽいのかな?と思ったらアタリでした。
英語でも球根は、‘bulb’ですものね。

株元がぷっくりと膨らんでいてかわいい‘ブルボーサ’さんは、ヒャッキンでも大抵扱いがあるエアープランツですね~

ティランジアの品種のなかでも、私のような初心者向けで、とても育てやすい品種のようです。日本の室内に何もせずにただ置いておいては枯れてしまいますが、ある程度の日照と水遣りを忘れなければ、栽培難度は低いほうだそうですよ~


【PR】流木を使えば、あっという間にインテリア^0^ カゴに入れたりして複数を寄せて置くのもよいですね~
お手軽育成!お部屋のグリーンに!●ティランジア ブルボーサ1株 ミニ流木付きは、1010円也~

この子は、葉っぱの数が少なくて縦長。タンクに水を溜めるので風通しをよくして育てます! ブルボーサを探そう! at Rakuten


流木に貼り付けてもよいのですが、軽石を敷き詰めた鉢の上に設置するもよし!浴用のスポンジに穴を開けて、立てるもよし、コルク板に垂直にワイヤーなどで留めたりと、バリエーションが楽しめそうです。

強い直射日光や、室内ランプも嫌うようなので、トイレなどに置いてもかわいいかも。
トイレってほとんどの家庭で、南向きの直射日光は当たっていないでしょうから。
手洗いがついているタンクがあるなら、手洗いついでにパパッと水をかけられるので、水遣り忘れの心配もありませんね(笑)
加えてトイレに置くなら、炭とのコラボがオススメです。炭には脱臭の効果がありますもの。それに適度な湿度を保ってくれるはずです。
[Tillandsia bulbosa]の続きを読む

Tillandsia ionantha 'Rubra'

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年09月27日 日曜日 [Edit] 




【学名】Tillandsia ionantha 'Rubra'
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】ティランジア属 またはチランジア属
【和名】 【英名】  【別名】エアープランツ
【品種名】ティランジア イオナンタ ‘ルブラ’(1株) 220円
【原産地】中南米熱帯 熱帯アメリカ~アルゼンチン
【性状】半耐寒性着生植物 【系統】銀葉系  【耐寒温度】5℃ 【生育適温】15~30℃ 【湿度】標準 
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ
【備考】A#014

手元に来たときには、直径5cmほどしかない子株でありまして、手で持ち上げても重量をほとんど感じないほどでありました!

すでに手元にある‘イオナンタイオナンタ’と形状がほぼ一緒なので、ラベルをキッチリ管理してきませんと、どっちがどっちがわからなくなりそうです。
‘イオナンタ・スカポーサ’は、この子達よりもやや大きめなので、まだ見分けがつくのですが。


【PR】エアープランツ イオナンタ・ルブラは、アヴェル楽天市場店さんちで450円也~

理科の実験を思い出し、浅いシャーレなどに砂を敷いて、ポンと置いておくのもかわいいかも~~

イオナンタを探そう! at Rakuten


にしましても、イオナンタという名前からの変異種って多いのですね~
イオナンタだけを集めようとしても、タイヘンそうです^^;
銀葉が好きで、小型の個なら、やっぱりイオナンタって感じなのかしらん。
[Tillandsia ionantha 'Rubra']の続きを読む

そしてまた意識不明に・・・(苦笑)

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年09月26日 土曜日 [Edit] 




【学名】Tillandsia spp.
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】チランジア属 または ティランジア属
【和名】チランジアティランジア)【英名】 ティランジア(Tillandsia) 【別名】エアープランツ
【系統】銀葉系 
【原産地】熱帯アメリカ ベネズエラ アルゼンチン パラグアイ など
【性状】半耐寒性着生植物   【耐寒温度】5℃ 【生育適温】15~25℃ 【湿度】高め
【水遣り】10日に1回のソーキング または 3日に一度のミスティング
【販売元】南紀グリーンハウス [http://www.za.ztv.ne.jp/sibayan/]
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ 素焼き鉢 水苔 流木 コルク板
【備考】A#

意識不明になったかのようです・・・

またしても買い足してしまいました (^^ゞ どうしてこんなにも突然目覚めてしまったのかしら?
冬場に室内で管理しなくてはならない植物はもう増やさないと誓ったはずの私でしたが^^;

自制心がまるで無いのは、何かの病気?と思わざるをえません、です。

流木が欲しくて検索し、流木を買おうとしていたのに、またエアープランツに手を出してしまいました。
でも、私が買ったエアープランツは小さいものが多いので、冬場の窓際のスペースはそう広範囲には必要としないでしょうし、と自分自身で納得させつつです。

今回購入したのは、ブッツィーTillandsia butzii)、ブルボーサTillandsia bulbosa)、メラノクラテル トリコロールTillandsia tricolor var. melanocrater)、イオナンタ ルブラTillandsia ionantha 'Rubra')、ブラキカウロスTillandsia brachycaulos)、ベイレイTillandsia baileyi)です。どれも一個200円ほどでした。これらの品種ならば、あるいは百均ショップで入手できるかな?と思ったのですが、倍の値段でも栽培者が明確なもののほうが、安心できます。
ヒャッキンにあるものは極度の脱水状態にあったりすることもあり、ビニール袋に入れられたままどのくらいの時間が経過しているのかもわかりませんし^^; 毎日通って入荷の日がわかれば別でしょうが。

この子らには南紀グリーンハウスさんちのラベルがついていたので、やはり安心して購入できました。
どんな植物にもいえることですが、栽培してゆく上で、その植物の性状を理解する上で、ラベルは命に等しいです!

とくにティランジアは品種によって、水遣り頻度や生育温度などが違いますので、間違った栽培方法をしてしまうと、枯らしてしまうようなことにもなる危険性があります。



【PR】ユニークで独創的なブルボーサの3連奏♪NEW!!ロングブラックリーフ47cm!!スタイリッシュ&モダンは、euro plants studioさんちで、4800円也~
インテリアプランツとして愉しむなら、器や飾り方にこだわりたいものです。
euro plants studioさんちのサイトは、見ているととても参考になるわぁ~Y(=▽=)Y~

エアープランツを探そう! at Rakuten


今回購入したことにより、手元にあるティランジアは全部で16種類17個体となってしまひました(;´▽`lllA``
今から、どう越冬させようかと頭を痛めています。
冬の間ももちろんミスティングはもちろんするわけですが、気温は5度以上を保たせなくてはならないうえ、風通しも良くしておかなくてはなりません。
我家は室内でもマイナスになりますから、やはり簡易温室が必要そう~^^;
加湿器を用いると良いというかたもいらっしゃいますけど、どう設置すればよいのかなぁ~
見た目でいえば、水槽のようなガラスの器に入れたいところですが、それですと通気性はないですし。
[そしてまた意識不明に・・・(苦笑)]の続きを読む

イオナンタイオナンタで風鈴を作る!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年09月15日 火曜日 [Edit] 




【学名】Tillandsia ionantha ionantha 
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】チランジア属
【和名】チランジア イオナンタイオナンタ 【英名】 【別名】エアープランツ
【原産地】熱帯アメリカ~アルゼンチン ニカラグア
【性状】非耐寒性着生植物   【耐寒温度】5℃ 【生育適温】15~35℃ 【湿度】普通 乾燥に強い
【系統】銀葉系 小型 【草丈】15cm 【花期】5月~11月 【花色】紫色 【花苞】
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ
【販売元】南紀グリーンハウス [http://www.za.ztv.ne.jp/sibayan/]
【備考】A#004

土がなくても育つ不思議なプランツ。インテリアプランツとしてもグーです。
8月16日に放送された「趣味の園芸」の「フルール」のコーナーで、鴨下ふみえ先生がいろんなアレンジ方法を紹介してくれてました。
HP → http://www.nhk.or.jp/engei/engei/fleurs/090823.html

主に紹介されたエアープランツは。ハリシー、ブッツィー、パウシフォリア、コルビー、カピタータなど。
キャンドルホルダー(パウシフォリア)やガラスの器に飾ったり、軽さを生かすならイオナンタやコルビー。貝殻と紐で作ったモールにぶら下げたり。

ぬいぐるみの上におかれていたのは、エスピノーサ、麦藁帽子のツバの回りに絡めていたのは、ウスネオイデス。

風鈴とあわせて吊り下げたりしたのは、ベルティナ。

三種類のエアープランツをワイヤーで絡めてハンギングにしていたのをアイデアにいただき、私も真似をしてみたくなりました~。我家にはキャンドルホルダーなどというオシャレなものはありませんゆえ、手持ちの風鈴を使ってアレンジしてみることに。

テツヤさんは流木と合わせたり、ダーツの先にファシクラータ。 

お手入れ方法は、週に一度は霧吹き。ソーキングは月に一度と奨励されてましたが、私の場合梅雨から夏の間は生育が鈍るので、水遣りは控えめでしたが、ぐっと秋めいてきましたので最近は標準に戻しました。

風鈴は昨年安価にてHCで購入したものがすでに手元にありましたので、一番下についていたガラス製の丸いところに、絹糸をぐりぐり巻きにしたイオナンタイオナンタを吊り下げてみました♪
風が吹くとくるくる回りながら、やさしい音を奏でます。 いい感じ~~
[イオナンタイオナンタで風鈴を作る!]の続きを読む

またもGET!エアープランツたち

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年09月05日 土曜日 [Edit] 




【学名】Tillandsia spp.
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】チランジア属 または ティランジア属
【和名】チランジアティランジア)【英名】 ティランジア(Tillandsia) 【別名】エアープランツ
【系統】銀葉系 
【原産地】熱帯アメリカ ベネズエラ アルゼンチン パラグアイ など
【性状】半耐寒性着生植物   【耐寒温度】5℃ 【生育適温】15~25℃ 【湿度】高め
【水遣り】10日に1回のソーキング または 3日に一度のミスティング
【購入先】charm
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ 素焼き鉢 水苔 流木 コルク板

ちょうど5倍ポイントセールでしたし(^^ゞ またしても 買ってしまいました~~ 
新たに5種類のエアープランツをゲットです! 今回はcharmさんちでお世話になりました。
メダカが欲しいなぁ~ 流木も欲しいなぁ~と検索していて、ばったりと出あったショップさんだったのですが、エアープランツのお取り扱いもあるではありませんか!
加えて私の好きなコルジリネ‘レッドスター’もあるし、即買いでありました^^;
どうして、私はこうも購買自制力が欠如しているのか! 欲しいと思うと結局手を出してしまいます。

ともかく大事に育てれば無駄遣いにはならないので、がんばらねばっ!
と、今回購入したエアープランツ、チランジアの記録をとっておきます。

以下の五種を入手しましたが、本当はエアープランツの王様‘キセログラフィカ’が一番欲しかったけど、単価が高すぎ^^; この子達を無事育てることができるようになったら入手することにします。
お財布の紐がちぎれかかっているゆえ、効果なものはガマンして、安価なものばかりです。
それでも私にとっては結構清水の舞台からダイビング状態でして・・・

とにかくエアープランツ初心者の私^^; ドキドキするなぁ~ 枯れないでね。お願いm(__)m

まずは上記のお写真のチランジア ストリクタ ハードリーフからご紹介です。この子は730円でございました。

お写真でみるともう少し緑色が強くでているのかしらんと思っていたのですが、そうでもなかったのです。
他の子たちの葉っぱよりもカールが強くでているところも予想と違っていました。
今回入手したエアープランツの中では、コットンキャンディーが一番カールが強いのです。



【PR】お手軽育成!!●チランジア ストリクタ ハードリーフ(1株)Tillandsia var.stricta )は、こうしてお写真でみるとクルクマのようなお花ですね~
今回はじめてcharmさんちでお世話になりました(o^-')b

エアープランツを探そう! at Rakuten


さて、この子たち、いつ水遣りしてくれたのかしらん?
梱包が丁寧で、ペーパータオルに包まれたうえ、ビニールの袋または容器に入れられてやってきました。早々に開封できたのでよかったのですが、インターネットでエアープランツを買うときは夏は避けたほうがよいですね。宅配されている間に高温で痛んでしまうこともあるかもしれません。

やはりこのストリクタもお写真にはお花がありましたけど、手もとに届いたものにはお花がさいておりませんでした。
あぁ~お花がナマで見たいわぁ~ Y(=▽=)Y~☆
でもねぇ~ どうもエアープランツというのは一生に一回しかお花をさかせないとか。
その後にできる子株たちにお花は委ねるらしいです。

で、話を戻しますと、触った感じではしっとりしていましたので、霧吹きなのかソーキングなのかは定かではありませんが、恐らく出荷前に水遣りはしてくださっていたのではないかしらん。
と思い、ヒャッキンで売られているようなエアープランツとは違って、それほど脱水症状には陥っていなさそうです。
様子を見ながら、水遣りは開始することにしました!
[またもGET!エアープランツたち]の続きを読む