スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月の入手苗たち!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年10月30日 金曜日 [Edit] 




【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss) センニンソウ属
【英名】Clematis
【性状】落葉宿根草  【用途】鉢植え 地植え 切花 押し花


今回もいつものごとくおぎはら植物園さんちにお世話になり、この新たに仲間をおうちに呼び入れたワタクシです!

ワタシの場合、春との二回ちょっとまとめてネットで購入するのが常なのです。
この度新しい仲間となったのは以下のクレマチスクリスマスローズたちです♪
今回は意識不明ではなく、もう何年も欲しいぃ~~と切望していた子たちばかりをゲットしています。
本当は春咲きの球根なども買おうかと思ったのですが、予算オーバーしてしまいそうでしたので、今回は見送りました(笑)

それぞれの子達のことはまた個別にお勉強してゆくとして、今日は私のための備忘録♪
記憶力が減退しておりますので、購入日時や大きさ、状態などをちゃんと記録しておこうと思います。
後ほど、個々に詳しい育て方や性状などもお勉強して、記事にしようと思っております。


クレマチス 'アーリーセンセーション' 価格 500円
Clematis 'Early Sensation'

【備考】#C041



クレマチス ペトリエイ 価格 500円
Clematis petriei

【備考】#C042



クレマチス ’フェアリー ブルー’ 価格 500円
Clematis 'Fairy Blue'

【備考】#C043



クレマチス ソシアリス 価格 500円
Clematis socialis

【備考】#C044



クレマチス ビチセラ ‘ベティコーニング’ 価格 500円
Clematis 'Betty Corning'

【備考】#C045



クレマチス '踊場’(オドリバ) 価格 500円
Clematis 'Odoriba'

【備考】#C046


クレマチスの育て方

■植え付け
私の場合、地植えで管理中です。夏の暑さに少々弱いようなので、足元にはあまりガンガン太陽が当たらないようなところに植えつけました。

■水やり
地植えの場合にはほとんど不要です。

■施肥
生育中は定期的に与えます。

■増やし方
挿し木で殖やすことができます。
適期は春です。

■剪定
新枝咲きですので、休眠期には強剪定ができます。


【PR】 お気に入りのクレマチスを探そう! at Rakuten


いずれも一年生苗ですので、鉢増しが必要~~ というわけで早速実行いたしました!
ポイントは1節は深めに植えてあげるということになります。
これは立ち枯れ病などの予防になるだけでなく、春からでてくる新芽を元気にしてあげるのです。

弊ブログ内関連記事: クレマチス |クレマチスの種類と育て方 | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ

そして、クレマチスだけではなく、モチロン、クリスマスローズちゃんもゲットです!↓
[10月の入手苗たち!]の続きを読む
スポンサーサイト

斑入りの葉っぱの菊の花

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年10月20日 火曜日 [Edit] 




【学名】Aster ageratoides var. ovatus
【科名】キク科 Compositae 【属名】アスター属 または シオン属
【和名】野紺菊ノコンギク) または 紺菊コンギク
【英名】【別名】
【原産地】日本  【性状】耐寒性宿根草 【花期】9~10月
【用途】地植え 鉢植え 寄せ植え 

は菊の季節です!
キク科の植物もたくさんありますよね~ 園芸種でカラフルで愛らしいものもとても増えましたが、私はやっぱりコノテの野趣溢れる、「野菊」的なお花が好きです。

鉢植えと地植えにしてあるもの、両方とも満開からちょっと最盛期を過ぎたものと、イロイロです。

【PR】 紺菊を育ててみよう♪ at Rakuten

鉢植えにして寄せてあるものは、他の花たちが春~初夏にかけて咲き終わった頃、冬の休眠期に入る前に咲くのですが、鉢植えの子が一番斑入りの葉っぱが美しいので、現在は特等席に展示?中~です。

全く緑色が入らない、真っ白な葉っぱになってくれている部分もあります! 素敵でしょう~
[斑入りの葉っぱの菊の花]の続きを読む

サワギキョウも咲いた!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年08月19日 水曜日 [Edit] 




【学名】Lobelia sessilifolia Lamb.
【科名】キキョウ科 Campanulaceae 【属名】ミゾカクシ属 (溝隠属
【和名】沢桔梗サワギキョウ) 【英名】インディアン・タバコ 【別名】宿根ロベリア
【原産地】日本、北アメリカ
【性状】耐寒性宿根草 【用途】地植え 鉢植え 切花 
【草丈】30cm~90cm 【花期】8月~9月

昨年来育てているの花‘サワギキョウ’が、二回りも大きくなって開花です。
平らな駄温鉢で育てているので、大きくならないかも?と心配でしたが、背丈は50センチ近くまで伸び、花茎は三本になりました ^0^

蕾の数も昨年とは全然違って、たくさんありますし。めでたいめでたい♪

ランキング1位

めでたい続き・・・ (///o///)ゞ
皆様からの日ごろのご愛顧のおかげで、ふっと覗いたFC2のランキング ガーデニング部門で1位の栄誉によくした記念すべき日でした。花の少ない夏場は御来訪者様の数が激減するわがサイトでございますのに、なんだか増えているなぁ~と思っていたのですが、このランキングのおかげだったのかしらん。
もっともこの地位はごく短期間のことでありましょうから(笑) 幻影へと変る前に記念にプリントスクリーンです(^^ゞ
このような画面は滅多に見ることはできないので、記録に残させていただきました m(__)m

さて、話を戻しますと、

先日もネットで色々見ていたら、尾瀬でよく見られる花の一つとして紹介されていましたので、この子にとって乾燥しているような状態やあまりの高温というのはよくないのだろうと想像しつつ、今年の長い梅雨と日照不足のおかげで元気に育ったのか!とも(^^ゞ
カンカン照りが続くような夏だったら、もしかするとこんなに元気に育たなかったかもしれません。


【PR】サワギキョウ (10.5cmポット苗)は、みちのくふるさと便さんちで390 円也~

ロベリア色々! さがしてみよう~ at Rakuten


実はこの子が芽吹きはじめた春のころ、冬の間の乾燥防止にとミズゴケをはっておいたのですが、それが小さな芽の邪魔をして、なかなかでてこなかったのです。
ちょっとだけ手伝って、穴を開けてあげたら新しい芽が二本でてきてくれたのですが、この子たちはそのせいでちょっと成長が遅いし、背丈も短くなってしまいました(;´▽`lllA``

でもそのせいで、高低差ができて見た感じも良いのです♪ ただ今の所、まだ蕾があがってくれていなーい 花期がずれたのもかえってよかったかも!
[サワギキョウも咲いた!]の続きを読む

閉鎖花、千本槍の秋♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年10月07日 火曜日 [Edit] 



【学名】Gerbera anandria または Leibnitzia anandria
【科名】キク科 Asteraceae 【属名】センボンヤリ属
【和名】千本槍センボンヤリ
【別名】紫蒲公英ムラサキタンポポ
【性状】耐寒性宿根草   【草丈】10cm  【花期】3~4月
【用途】鉢植え 地植え 切花

タンポポみたいでしょう~~?

でもタンポポではないんだなぁ~ 今日は千本槍という草花が種を飛ばしているところをご紹介しています。昨年もこの種が飛び、新たに咲いた千本槍もありました。

鉢植えと地植えの両方で栽培中です!地植えのほうは、ちょっとかわいげが無いほどに背丈が高くなり、20センチくらいになっちゃってます(;´▽`lllA``
鉢植えのほうは、鉢の大きさにもよりますが、小さめの鉢で育てているものは、やっぱりこじんまりとかわいく咲いてくれるので、私は鉢植えのほうが好きです。

Gerbera anandria - 千本槍(センボンヤリ)
春にはこんなにかわいいお花を咲かせるセンボンヤリ
【PR】 かわいい山野草を盆栽仕立てで育ててみよう! at Rakuten
春にアップするのを忘れていたみたいです・・ このお写真は2年前のものです(^^ゞ



千本槍もお隣のオジサマから拝領したもので、元気に育ってくれているのが、とても嬉しい♫
でも少々、雑草化しつつある千本槍・・・ (;´▽`lllA`` 少し整理しなくちゃ~ 
お隣の大切にしているサクラソウをなぎ倒す勢いです(笑)
[閉鎖花、千本槍の秋♪]の続きを読む

斑入り紺菊の白い葉っぱ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年10月02日 木曜日 [Edit] 



【学名】Aster ageratoides var. ovatus
【科名】キク科 Compositae 【属名】アスター属 または シオン属
【和名】野紺菊ノコンギク) または 紺菊コンギク
【英名】【別名】
【原産地】日本  【性状】耐寒性宿根草 【花期】9~10月
【用途】地植え 鉢植え 寄せ植え 

ずっと名前がわからなかった菊でしたが、ようやく判明しました!

でも、間違っていたりして!? ラベルが無かったのと、どうも旅先で購入したものでお店へ再び行くことができず・・ 100%の自信は無いのですけど、恐らくノコンギクの園芸品種ではなかろうかと。

斑入りの葉っぱがとても美しく、モノによっては葉っぱのすべてが白色になってくれたりするんです。
かわゆいでしょう~?

【PR】 紺菊を育ててみよう♪ at Rakuten

本当は日向のほうがよいのかもしれませんが、私はこの斑入りをキープしたいので敢えて日当たりバリバリの場所では育てずに、半日陰くらいのところで育てています。
そのため、倒れやすいんですけど(^^ゞ

そして、少しでも緑色の葉っぱだけのものが成長しはじめたのを見つけたら、切り取って斑入りの葉っぱだけを残すようにしているんですよ~~

でも半日陰で育てているせいで、花つきはいまひとつ^^;
日向で育てたら、もっともっとたくさんのお花が咲くのでしょうが、この子に限っては斑入りの葉っぱを愉しみたいので、お花は逆にちょこっとだけ咲いてくれるくらいのほうが、儚い感じが残るのでスキなんです。
[斑入り紺菊の白い葉っぱ]の続きを読む

蒼い沢桔梗の花♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年09月08日 月曜日 [Edit] 



【学名】Lobelia sessilifolia Lamb.
【科名】キキョウ科 Campanulaceae 【属名】ミゾカクシ属 (溝隠属
【和名】沢桔梗サワギキョウ) 【英名】インディアン・タバコ 【別名】宿根ロベリア
【原産地】日本、北アメリカ
【性状】耐寒性宿根草 【用途】地植え 鉢植え 切花 
【草丈】30cm~90cm 【花期】8月~9月

ある意味、私にとって再挑戦!の花‘サワギキョウ’です。
以前、赤色洋種紅花宿根ロベリアを地植えにして育てようとしたのですが、翌年再生することなく消失してしまったお花。

一年草のロベリアのほうはそれなりに育ってくれたのですが、私にとって宿根ロベリアは難しいというトラウマがございます。

でも、昨日の岩沙参とともに、産直ショップで目が合ってしまいまして、お家に連れて帰ったのです。
今回は慎重に慎重に育てねばっ!とビニールポットから引き抜き早速鉢植えにし終えたところです。

【PR】 沢桔梗をゲット♪ at Rakuten

まるで羽根を広げたような鶴のよう・・ 花色は白色ではありませんが。
でもその一方でこの子には毒があるようです。
植え替えしているときには、ちゃんと調べていなかったのでその恐ろしさをわかっておりませなんだ・・・ ヘ(x_x;)ヘ

金田一耕助の「悪魔の手毬唄」という映画、覚えておられます? 映画の中のワンシーンで歌われている「お庄屋殺し」の毒とは、この沢桔梗のことなのだそうです。知らなかったぁ~

で、その毒は芽や茎を切ったときにでる汁など、この植物全体に潜んでおり、ロベリン(lobeline) と呼ばれる毒は、頭痛、嘔吐、下痢、血圧降下、呼吸麻痺、心臓麻痺 などなどの症状を引き起こすらしいのです。 こわっ。

でも毒というのはその使い方により、お薬にもなるようで、構造がニコチンと似ているところから禁煙補助剤にもなったり、覚醒剤、コカイン等の薬物依存症の治療薬として利用できるのだそうです。
[蒼い沢桔梗の花♪]の続きを読む

暑かった夏、駒草の復活

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年09月09日 日曜日 [Edit] 

<i>Dicentra peregrina</i> - 駒草(コマクサ)

Dicentra peregrina - 駒草(コマクサ)
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Dicentra peregrina
【科名】ケマンソウ科 Fumariaceae / ケシ科 Ranunculales  【属名】コマクサ属  
【和名】駒草(コマクサ)  【英名】Rudolph(ルドルフ)
【花色】ピンク色 【花径】2cm
【性状】耐寒性宿根草

今年もなんとかかわいらしい花を咲かせてくれ、実生から新たにベイビーが誕生していたのですが、今年の暑さで枯れかかっていたものが、ようやくここにきて復活してきました。

お隣のオジサマからいただいたものですので、ホッとしました!

折角発芽したものが枯れてしまったのは、とても残念なのですが、親がなんとか生き残ってくれたので、また来年に期待することにします。

枯れかかっていたときには、葉っぱが茶色で↓、もはやこれまでか!と思っていたのです。水遣りもしたかったのですが、お隣のオジサマから「水道水などを与えたりせず、とにかく自然のままで管理すればよろしい」とも申し付かっておりましたので、そのまま手をこまねいているほかなかったのです。

でもさすがに今年の暑さについては、二重鉢にするなどして温度管理はすべきでしたネ (;´▽`lllA``
[暑かった夏、駒草の復活]の続きを読む

センボンヤリの不思議

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年08月19日 日曜日 [Edit] 

Gerbera anandria

Gerbera anandria
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Gerbera anandriaまたは Leibnitzia anandria
【科名】キク科 Asteraceae 【属名】センボンヤリ属
【和名】千本槍(センボンヤリ)
【別名】紫蒲公英(ムラサキタンポポ)
【性状】耐寒性宿根草

四月にかわいいお花を咲かせていたセンボンヤリ。

去年もどういうこと????ととっても不思議だったのですが、夏になってニョキニョキと花茎が伸びてきたわぁ~と思ったら、その先端からいきなりタンポポのようなフワフワとした種が現れました。

いったいどういう生態なんざんしょ。

ちょっと調べてみると、こういった形状を「閉鎖花」と呼ぶらしいです。そっかー いきなり種ができているわけではなくて、一応これって花になるわけなのね~ びっくり! 花を咲かせるとエネルギーを消耗するので、キレイなお花で虫などをひきつけなくても、このお花はちゃんと種を作れるものなのかぁ~!!!
[センボンヤリの不思議]の続きを読む