スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムスカリたち 三種♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年05月01日 金曜日 [Edit] 




【学名】Muscari botryoides 'Album'
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ムスカリ属
【和名】ムスカリ
【英名】Muscari(ムスカリ)  Grape hyacinth(グレープヒアシンス)
【別名】瑠璃ムスカリ 【性状】耐寒性球根植物(-15℃)
【花期】4~5月  【花色】白色 【品種名】ムスカリ・ボトリオイデス ‘アルバ’
【原産地】地中海沿岸  【用途】地植え 鉢植え ボーダー花壇
【相性】チューリップやスイセンとの寄せ植え

もうほぼ終焉に差し掛かっているムスカリたちです。

春に咲く秋植え球根植物のなかでも、とても育てやすく繁殖力も旺盛で、放任していてもスクスクそだってくれるところが良いですよね~

今日は3種類のうち、まず‘アルバ’から。この子は白色なのでなんとなく弱いかもしれないなぁ~と思い鉢植えで管理していたのですが、秋に地面に下ろしたものです。
隣人にはオダマキ、クロッカス、クリスマスローズちゃんたちなどが居て、今年は3~4個だけ花が咲きました。


ムスカリの球根「レディーブルー」5球入り
 472円也~ Flower&Green GARDENさかもとさんちで秋になれば入荷するでしょう~♪
【PR】 秋植え球根のムスカリを探そう! at Rakuten


オダマキの葉っぱが伸び始めると、日陰になっては大変とどんどん花茎が伸びていっているみたい(笑) クロッカスと同時期に咲いてくれると嬉しいのですが、やはりどうしてもずれ込みますので、クロッカスからバトンを渡してもらい、次にオダマキへとつながります。
もっともクリスマスローズちゃんとのコラボは楽しめました(^_-)-☆
[ムスカリたち 三種♪]の続きを読む
スポンサーサイト

内緒のお話‘テータテート’

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年04月30日 木曜日 [Edit] 




【学名】Narcissus 'Tete-a-Tete'
【科名】ヒガンバナ科 Amaryllidaceae  【属名】スイセン属
【系統】キクラミネウス
【流通名】ミニ水仙 ‘ティタティタ’ 【英名】Cyclamen-flowered daffodil
【原産地】ポルトガル、スペイン 【性状】耐寒性球根
【草丈】10~20センチ 【咲き方】房咲き または早咲きシクラメン咲き
【品種名】テータテート
【用途】地植え 鉢植え 切花

ガ━━━(゚ロ゚;)━━ン!!

下のお写真を見てくださいませ・・・ 実は昨年の写真なんです。
で、上の写真は今年のモノ^^; 一輪しか咲いてくれませなんだー 

恐らく、昨年バラやオダマキを移植したときに球根をざっくりとやってしまったか、あるいはバラに肥料をあげたものを食べすぎたのだと思うのです。

もともと水仙は肥料を多く必要としない花なので、満腹になりすぎて花を咲かせるのが億劫になったのかもしれませんね(爆) でもとりあえず生きていてくれたことだけは確認できましたので、よし!とすることにします。

んんん、あっそうか、バラの葉っぱなどの影になり、日光もあまり当たら無くなってしまったかも。
他にも日陰すぎて花つきの悪いスイセンたちもかなりあるので、秋に忘れなければ(^^ゞ 移植してあげましょう~と思っておりマス。

【PR】 かわいいスイセンを育てよう! at Rakuten


私が秋に買いたいなぁ~と思っているのが、ペチコート咲きのバルボコジュームです。白色と黄色があるのですが、私は白が欲しいのですよ~

またしても秋に買い忘れないようにしないとっ ^^; 今のところ、秋に植えたいものリストには、水仙のバルボコジュームとガリル、そのほかスノードロップがあります。
[内緒のお話‘テータテート’]の続きを読む

多彩なフラミンゴたち ^m^

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年05月15日 木曜日 [Edit] 

Tulipa gesneriana ‘Flamingo’- チューリップ‘フラミンゴ’

Tulipa gesneriana ‘Flamingo’- チューリップ‘フラミンゴ’
 グラデーションが楽しめるチューリップ、フラミンゴちゃんたちです!
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Tulipa gesneriana ‘Flamingo’
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】チューリップ属
【和名】チューリップ 【英名】Tulip 
【別名】鬱金草(うっこんそう) 【品種名】フラミンゴ
【原産地】地中海沿岸 【性状】球根  【草丈】25~45cm
【系統】シングル 

フラミンゴというと、あの片足で立つ鳥のほうのフラミンゴを連想される方がほとんどでしょうね~
でも、あくまでも今日ご紹介しているのはチューリップのほうであります。
たしかにあの鳥のほうのフラミンゴの色あいに似たものがあって、命名としては悪くないかと。でも少々紛らわしいですよね。

この子たちは、昨年秋に知人から拝領したもので、秋に植えたばかり!
これまで植えつけたチューリップの中でも一番お花が大きく見ごたえのあったチューリップでした!

そして球根が入っていたラベルにもあるように、球根ごとに微妙に色あいが違っており、そのグラデーションを楽しむことができたのです~ めでたい!めでたい!

今日はお写真ばっかりですが、そのフラミンゴたちのすべてを網羅した写真集です!

Tulipa gesneriana ‘Flamingo - チューリップ・フラミンゴ

Tulipa gesneriana ‘Flamingo - チューリップ・フラミンゴ
 
     

 

球根が入っていたラベルにあるようにすべての色合いのお花が咲いてくれましたが、思いのほかお花が大きくてびっくりしました!
どの子よりも一番大きかったです ^0^  花びらの高さは10センチ以上はありました。
土を随分耕し、腐葉土もたっぷりすきこんであったのがよかったのかしらん。




ラベルにあるまんまのお花が咲くとうれしいものです。
なんだか時々失敗してしまって、ラベルとはちょっと違うものになってしまうことがあるものですからぁ~(笑)
[多彩なフラミンゴたち ^m^]の続きを読む

水滴コロコロ、白色ムスカリ!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年04月28日 月曜日 [Edit] 

Muscari botryoides 'Album' - ムスカリ・アルバム

Muscari botryoides 'Album' - ムスカリ・アルバム
 今日の一句 「雨上がり 無数に溜まった 雫たち 白さが映える 春の花」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Muscari botryoides 'Album'
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ムスカリ属
【和名】ムスカリ
【英名】Muscari(ムスカリ)  Grape hyacinth(グレープヒアシンス)
【別名】瑠璃ムスカリ 【性状】耐寒性球根植物(-15℃)
【花期】4~5月  【花色】白色 【品種名】ムスカリ・ボトリオイデス ‘アルバ’
【原産地】地中海沿岸  【用途】地植え 鉢植え ボーダー花壇
【相性】チューリップやスイセンとの寄せ植え

昨年、地植えにしたところに少し残して、鉢植えで管理したのですが、地植えのものは発芽せず、鉢植えにしてあったものだけお花が咲きました。
地植えのほう、何が悪かったんだろー 花壇を弄りすぎちゃったかな。

でも鉢植えにしておいても、やっぱりあまり元気がなくて、そもそも青色をしているものを白色に改良したのでしょうから、体力がないのかなぁ~ 白色のムスカリは私にとってはちょっと難しい存在です。
ほとんど増えてくれていないような・・・(;´▽`lllA``

でもこうして咲いてくれただけ、よし!としなくては。また来年大きな花(大きくなかった)を咲かせるようがんばります。この子には特別他の子よりも花後の肥料を多めにあげてみようかと。
[水滴コロコロ、白色ムスカリ!]の続きを読む

アルメニアカムと雪柳

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年04月26日 土曜日 [Edit] 

Muscari  armeniacum - ムスカリ・アルメニアカム

Muscari armeniacum- ムスカリ・アルメニアカム 
今日の一句 「雪柳 我家にひょっこり やってきて 青色の子と 楽しく語らう」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Muscari armeniacum
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ムスカリ属
【和名】ムスカリ
【英名】Muscari(ムスカリ)  Grape hyacinth(グレープヒアシンス)
【別名】瑠璃ムスカリ 【性状】耐寒性球根植物(-15℃)
【花期】4~5月  【花色】白色 【品種名】ムスカリ・アルメニアカム【原産地】地中海沿岸  
【用途】地植え 鉢植え ボーダー花壇
【相性】チューリップやスイセンとの寄せ植え

我家において、もっとも株数の多いもの、それはこのムスカリになるのではないかと思います。
道路沿いのボーダー花壇に植えっぱなし(^^ゞ 春になると当たり前のようにニョキニョキとでてきて、スイセンの花と狂喜乱舞であります。

が、今年はちょっと違った風景に出会えました。

この雪柳、おそらくお隣から飛んできたと思われる種から発芽し、我家に着地。お気にいってくれたとみえ、大きくなってきています。
とはいえ、まだ背が低いので、ムスカリとの競演を見ることができました!

真白な雪柳とブルーのムスカリとのコンビもなかなかグ~♪であります(← パクリ)
[アルメニアカムと雪柳]の続きを読む

チューリップが始動!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年03月06日 木曜日 [Edit] 

Tulipa gesneriana - チューリップ

Tulipa gesneriana - チューリップ
 黒色系のチューリップを育てるのは初めて!ワク♪o(^0^o)(o^0^)oワク♪ 
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Tulipa gesneriana ???
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】チューリップ属
【和名】チューリップ 【英名】Tulip 
【別名】鬱金草うっこんそう)  【品種名】忘れてしまいました・・・
【花色】黒色
【原産地】地中海沿岸 【性状】球根

駄目ね・・・ 私って

このチューリップは、サカタの種の帯がついていたはずで、ちゃんとした名前があったのですが、正式名称を忘れてしまいました。

でも黒色系であることは間違いない・・・はず!?

木製のプランターに植えつけたものです。他のチューリップたちも時を同じくしていよいよ葉っぱが伸び始めてきています。この状態から開花までは約1ヶ月から2ヶ月近くかかると思うのですが、今後のお天気の動向にも左右されますよね。

でてきた葉っぱを見比べてみますと、一昨年またはそれ以前から育てているチューリップの葉っぱは弱弱しい感じなのですが、この子のように昨年の冬に入手し植えつけたものは、体力がたっぷりとアル感じ♪ 葉っぱも肉厚です。

命の息吹を感じる瞬間です!
[チューリップが始動!]の続きを読む

チューリップの球根たち

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年01月15日 火曜日 [Edit] 

Tulipa gesneriana ‘Angelique’ - チューリップ・アンジェリケ

Tulipa gesneriana ‘Angelique’ - チューリップ・アンジェリケ
 八重咲きの薄桃色の花が咲きます。名前もかわゆい!
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Tulipa gesneriana ‘Angelique’
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】チューリップ属
【和名】チューリップ 【英名】Tulip 
【別名】鬱金草(うっこんそう)  【品種名】アンジェリケ
【原産地】地中海沿岸 【性状】球根
【系統】ダブルレイト系 晩生  【草丈】45~60cm
【交配者】D.W. Lefeber & Co

先日いただいた球根のご紹介が途中になっておりました。その中には、チューリップも三種類入っていました。新たに加わった品種で2008年春に開花予定のものです。今日はその三種、・フラミンゴ ・ユニオンジャック ・アンジェリケのご紹介です。

まずはアンジェリケ。生産者はいずれも「サカタのタネ」。生産地はオランダとなっているので、正確には輸入元ということになるのかしらん。

今年咲いてくれるはずの我が家のチューリップは以下のとおり。
・ライラックパーフェクション 晩生咲き
・フレーミングパーロット 晩生咲き
・アントワネット 晩生咲き
・バレリーナ 晩生咲き
・ワシントン
・エステララインゴールド

でもどの球根もまだうんともすんとも(笑) はっぱの頭すら見えておりません。
[チューリップの球根たち]の続きを読む

ユリがイロイロと!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年07月02日 月曜日 [Edit] 

Lilium<br />

Lilium


 
【学名】Lilium
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ユリ
【和名】透かし百合(スカシユリ
【英名】Lily 【別名】アジア百合
【系統】アジアテック系園芸種
【原産地】【性状】耐寒性球根植物

そもそもどうしてスカシユリと、「透かし」っていうのかしらん。とギモンに思っていたのです。どこも透けてないって・・・

でも透けている部分があるのです。花弁の基部が細くなっていて、間が透けて見えることに由来するのだそうです。
もっともスカシユリという名前で流通しているもののなかには、透けていないものもあるようです。益々ややこしい(;´▽`lllA``

昨年の秋にいただいた球根を植えておきましたところ、スカシユリが一番に咲き始めました。
[ユリがイロイロと!]の続きを読む

今頃!?西洋甘菜

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年05月30日 水曜日 [Edit] 

Ipheion uniflorum

Ipheion uniflorum



【学名】Ipheion uniflorum
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】イフェイオン属
【和名】花韮(ハナニラ)【英名】Springstar
【別名】西洋甘菜(セイヨウアマナ)または イフェイオン 
【性状】耐寒性球根植物 -20度 【花径】3cm  【花色】白色
【原産地】メキシコ、アルゼンチン、ウルグアイ


追記: 2009年5月9日
ずっとハナニラだと思っていたのですが、これはオオアマナだと思います。
訂正しました m(__)m

【学名】Ornithogalum umbellatum
【科名】ユリ科  Liliaceae 【属名】オーニソガラム属 または アマナ属
【和名】大甘菜オオアマナ) 【英名】Star of Bethlehem / Grass Lily / Nap-at-Noon / Eleven-o'clock Lady 【別名】ベツレヘムの星
【原産地】ヨーロッパ、西アジア、地中海沿岸など 【性状】耐寒性春植え球根 
【花期】3月~5月  【草丈】30cm
【用途】地植え 鉢植え 半日陰

秋植え球根植物であるハナニラです。きっと皆さんのところではとっくの昔に咲き終わっているのではないでしょうか?

昨年、私は使い古しの土に後で植えつけよう~などと球根をそのままプランターに入れて北側に置いたまま、忘れ去っていたんです。

なのに、咲いてくれました。
[今頃!?西洋甘菜]の続きを読む

道路側の春花壇

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年04月29日 日曜日 [Edit] 

ストライプのシバザクラ



我が家の敷地内ではありますが、道路側に面している細い隙間に植えてある花たちは、ほとんど春に咲くものばかり。
今が盛りなのがシバザクラ。ピンク色とストライプのものがあります。

[道路側の春花壇]の続きを読む

白色のムスカリ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年04月24日 火曜日 [Edit] 

Muscari(ムスカリ)



【学名】Muscari botryoides 'Album'
【科名】ユリ科  【属名】ムスカリ属
【和名】ムスカリ
【英名】Muscari(ムスカリ)  Grape hyacinth(グレープヒアシンス)
【別名】瑠璃ムスカリ 【性状】耐寒性球根植物(-15℃)
【花期】4~5月  【花色】白色
【品種名】ムスカリ・アルバム

あわわ。今朝はお寝坊しちゃいました。
お写真のアップがせいいっぱいでございます。m(__)m

紫色の二種類のムスカリが満開になる頃になって、咲き始めてくれたアルバムちゃん。白色というのはやはりちょっと弱いのかしら~
それとも鉢植えの管理が悪かったのかしらー

アイビーやチューリップなどと寄せ植えにしています。


[白色のムスカリ]の続きを読む

‘ライラックパーフェクション’

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年04月19日 木曜日 [Edit] 

‘ライラックパーフェクション’



【学名】Tulipa gesneriana ‘Lilac Perfection’
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】チューリップ
【和名】チューリップ 【英名】Tulip 
【別名】鬱金草(うっこんそう)
【原産地】地中海沿岸 【性状】耐寒性球根
【品種名】チューリップ ‘ライラックパーフェクション’
【系統】 ダブルレイト系 晩生

11月末に植えつけておいたチューリップ球根たちのなかで、地植えにしておいた‘ライラックパーフェクション’が一番に名乗りを上げました!

昨年たくさんの球根をいただいたものなので、無事に開花してくれてとってもうれしいです。楽しい春を届けてくれてありがとう~と、再びこの場をお借りして、お礼をいわせてくださーい!

んんん、ということは以前植えていた原種系の黄色いチューリップは、いつも一番に咲いていたので、おそらくご臨終ということです。

春先は悲喜交交。思いがけないところから、育てていたはずのない植物と出会えたり、今年も咲いてくれるだろうと思っていたら、我が家には定着してくれなかったり。

特にわかった形や色のチューリップは寿命が短いような印象です。

[‘ライラックパーフェクション’]の続きを読む

チューリップの息吹

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年03月04日 日曜日 [Edit] 

チューリップの芽



【学名】Tulipa gesneriana
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】チューリップ
【和名】チューリップ 【英名】Tulip 
【別名】鬱金草(うっこんそう)
【原産地】地中海沿岸 【性状】球根

まっ、まずい!

昨年の暮れ2006年11月に植えつけておいたチューリップたち。
ラベルをつけていなかったので、どのチューリップちゃんが吹いてくれたのかが、わからなくなってしまいました。Σ(´ロ`;

それでなくても、この頃キオクりょくが減退気味なので、もしかすると間違っている可能性が高いのですが・・・。

おそらくワシントンちゃんたちではなかろうかと・・・

チューリップは、品種によって咲き始めの時期が違うので、発の時期も違っているはず。

[チューリップの息吹]の続きを読む

チューリップ植え付け完了!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2006年11月30日 木曜日 [Edit] 

チューリップ



【学名】Tulipa gesneriana
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】チューリップ
【和名】チューリップ 【英名】Tulip 
【別名】鬱金草(うっこんそう)
【原産地】地中海沿岸 【性状】球根

先日親戚からいただいたチューリップ球根たちの中から、今日は3種類をピックアップです。この球根サカタのタネのもので、ラベルをみるとどの球根も、生産地はオランダとなっています。

これまで真剣にチューリップについて深く掘り下げてお勉強したことがなかったので、キレイに咲かせるためもう一度育て方のおさらいです。


【育て方】

球根を植えつけるときのポイントは、浅植えにしないこと。
植えつけた後は、乾燥させないように冬場も水を与えること。


チューリップは改良に改良が重ねられており、様々な種類があります。その種類は約8000種あるといわれており、そのうち約3500種が出回っているそうです。よく見られるのはそのうち、約250種ほどで、私がおチューリップとして知っている品種を考えるとまだまだ知らない品種が多数あることを改めて実感。これらのチューリップは、系統別に分かれています。
参照:
Elegant Tulip Bulbshttp://www.elegant-tulip-bulbs.com/tulip-groups.html

園芸サポート.com http://www.engei-support.com/topic_mame_02.html

お花の咲き方によって、八重咲き、ユリ咲き、パーロット咲きなど様々。
また原種系の品種も小さくてかわいらしいです。y(^ヮ^)y

チューリップには、咲く時期により「早生種」「中生種」「晩生種」のように大まかに分かれます。
球根を選ぶときにそれそれの品種を考えれば、長い間楽しむことができます。

「早生種」シングルアーリー、フォステリアナなど

「中生種」トライアンフ、ダーウィンなど

「晩生種」ダブルレイト、リリー、フリンジなど

中でもダーウィン系は病気にもなりにくく、育てやすい品種だそうです。

【植え付け】

球根は、ボトリチス(灰色かび)病になる場合があるので、植えつけるときに、オーソサイドやベンレートなどの消毒剤に15分ほど浸してからから植え付けると効果的です。またその際、元肥を忘れてはなりません。芽が出てきてからは、液肥(10日に1回程度)などもあげるとさらにきれいなお花を咲かせることができます。

また植え付けるときには、ただ植えつけるのではなく、球根を良く見て、同じ方向になるように植えつけることで、葉っぱの出方が揃ってお花の咲き方がキレイになります。

植え付けの際につかう土は、市販の「球根の土」が楽ですが、有機質に富んだ水はけのよい土ならばOKで、例えば、赤玉土(小)7 腐葉土2 川砂1 などの配合で土作りをします。

植え付けの時期ですが、チューリップは秋植え球根ですので、寒さが本格的になる前に植えつけます。霜が降りる前に終わらせておきたいものです。

さて、球根の茶色い皮はどうします?

簡単にはがれるならば、はがしたほうが病気になりにくくなります、しかし無理にはがすと芽をいためることもあるので、つるっとむけないならば、そのまま植えます。

球根の高さの3個分くらいに土の高さがあるようにして植えつけます。
密集させて植えつけるとお花が咲いたときに豪華ですよね~

花が終わったら、花首から切り取っておいて、葉っぱが枯れてから彫り上げておき、涼しい場所でネットなどに入れて吊り下げておくと、球根が腐らないのですが、植えたままにしておくと、夏の間に蒸れて腐ってしまったりします。植えたままでも大丈夫なときもありますが、やはりほりあげるほうがよいですね。

もっともチューリップの場合は、何年も楽しむものではなく、毎年球根を購入したほうが、お花の咲きそろい方もよいですよね。

というわけで、今回いただいた球根たちは、それぞれどんな特性を持っているのかしらぁあ~~

[チューリップ植え付け完了!]の続きを読む