スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まずは古参のリリオペが開花!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年09月09日 水曜日 [Edit] 




【学名】Liriope muscari
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ヤブラン属
【和名】藪蘭ヤブラン)【英名】Liriope, Border Grass, Lily-turf など
【別名】リリオペ / サマームスカリ 
【原産地】東アジア 【性状】耐寒性宿根草  【花期】8月~10月
【用途】地植え 鉢植え 

やはり地植えのものには勝てません! 古参ゆえ他の白斑入りヤブランと比べ、生育旺盛でお花を咲かせるのも早かったのが、黄緑色のスジスジのヤブランでした。

斑入りのほうは鉢植えで限られた領域で育てているので、大きさでもこの地植えのことは比べようもないのです。

地植えにしたものは半日陰に植えてあるのですが、日陰を作っていたキンモクセイを剪定したり、生垣を透かしたりしたので、太陽が当たるようになったので、開花が早かったのかな。
私が気づいた8月下旬には、もう結構花茎があがっていました(^^ゞ 放任していても勝手に育ってくれる手のかからない子です。


【PR】宿根草黄斑ヤブランは、おぎはら植物園さんちで420円也~

黄色と白色の斑入り、斑が入らないものなどヤブランには大まかに三種類ありますよ~

育てやすいヤブランを育てましょ♪ at Rakuten


ですが、私的にはやはり白色がはっきりくっきりとでる白斑入りのほうが好き♪
寄せ植えの花材としても白斑入りのほうが、利用価値が高いと思います。

地植えにしてある子は、遠目にみると傍に植えてあるフウチソウと似ていてちょっと植え付け場所を間違ったかな。
でも冬場でも葉っぱを残しているところではポイントが高いのです。ただフウチソウほどは風になびかないという点では、フウチソウに軍配があがるかなぁ。
[まずは古参のリリオペが開花!]の続きを読む
スポンサーサイト

完結編 グラジオラス2008

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年08月18日 月曜日 [Edit] 

Gladiolus L. - グラジオラス


【学名】Gladiolus L.
【科名】アヤメ科 Iridaceae 【属名】グラジオラス属
【和名】唐菖蒲トウショウブ)  グラジオラス Corn Flag または Sword Lily 
【英名】Gladiolus 【別名】阿蘭陀菖蒲オランダショウブ
【原産地】小アジア、地中海、熱帯アフリカなど
【性状】半耐寒性球茎植物  【花期】6~9月 【草丈】80~100cm 【植え付け期】3~5月
【用途】花壇 鉢植え 切花

先週来、イロイロとグラジオラスをご紹介しましたが、今日で最後です。
この紫色のグラジオラスは、お隣のオジサマではなく、反対側にお住まいのご近所さんからいただいた紫色のグラジオラスです。
10個ほども球根をいただいたはずなのですが、今年は4本くらいしか咲かなかったなぁ~
ちょっとばかり、この子を植えた場所は気に入ってくれなかったのやもしれません。

と申しますのもブルーベリーの木が大きく茂ってきてしまっていて、半日陰っぽくなってしまい始めているのです。それに球根も掘り上げずに植えっぱなしで越冬させてますしねぇ~

ごめんなさい m(__)m でも咲いたものに関しては、とても立派! ビロードのような風合いの気品のあるグラジオラスであります!

【PR】 グラジオラスを探してみましょ♪ at Rakuten

最後にご紹介はしていますが、咲いた時期はほかの子たちとほぼ同時。
植えっぱなしで越冬した球根も今年春に植えた球根も開花期が一緒でした。
この子には白色のカサブランカとあわせて、切花として一緒に玄関を飾ってもらいましたが、とても品よく収まりましたよ~ ^0^
[完結編 グラジオラス2008]の続きを読む