スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Helleborus liguricus

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年11月07日 土曜日 [Edit] 




【学名】Helleborus liguricus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ 【英名】 Hellebore 【別名】 冬姫牡丹フユヒメボタン
【系統】原種系 無茎種 【咲き方】 一重咲き  【花色】白みがかった緑色 【草丈】20~30センチ 【蜜管】 黄色  【香り】あり
【原産地】北イタリア沿岸  【性状】耐寒性宿根草 -15℃
【用途】鉢植え 寄せ植え 地植え 切花 押し花
【備考】#079

先日入手したクリスマスローズ三種のうち、一番気になっている‘リグリスク’からご紹介です!クリスマスローズのなかでも「香りの王様」と呼ばれているのですよ~~^0^

この子は‘ムルティフィダス’から独立した新しい品種で、同様にアブルジクス、ボッコネイもそれぞれ独立した種に分類されるようになりました。北イタリアのトスカーナ地方の海岸付近に自生しているもので、香りでは他の植物に比べるとやや魅力的とは言えないクリスマスローズの中にあって、スカンク的な香りではなく(^^ゞ 良い香りを放つといわれています。

香りのする原種には‘フェチダス’‘シクロフィルス’や‘オドルス’などがありますが、我家のフェチダスは超~くさいっ。枯らしてしまった‘フェチダス’はそんなに臭くなかったんですけど、二つ目の‘フェチダス’はキョウレツです(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

ようやく2007年くらいから市場に出回り始めたばかりという、まだ希少な苗なので、来春の開花見込み株ではないのに、3500円もしちゃいました~ *o_ _)oバタッ彡☆
でもとても欲しかった品種なので、仕方が無いです・・・


新商品クリスマスローズ リグリクス 価格 3500円
Helleborus liguricus
やや小型の原種系クリスマスローズ。名前の由来は、自生地であるイタリアのLigure湾からとったもの。わずか3箇所にしか見られないそうです。シクロフィルス同様、柑橘系の香りがするといわれています。
ただし、個体差があり香りの種類については、たとえばバラのようにギャランティされているものではありません。


おぎはらさんのHPの説明にも
『苗は小さめです ご了承下さい
Helleborus liguricus 12cmポット苗
開花は来シーズンとなる見込み
近年より独立した種として扱われるようになったまだ新しい原種 イエローグリーンの花でやや早咲き 今までで最も香りの強い原種としてとても注目を集める 株によって香りの強弱があるが、柑橘系にやや甘さを加えたような素晴らしい香りを持つ個体も出る 比較的丈夫で育て易い 夏は常緑で冬も葉は残る 北イタリア原産』


と書かれておりました。確かに苗は小さかったです(笑)

この入手した苗の大きさですと、開花まで2~3年はかかりますねぇ~ ^^;
その開花の日までどんな香りがするのか、神のみぞ知る!であります。
香りに個体差があるということは、開花株を購入しなければならなかったでしょうけど、運を天に任せて思わずクリックしてしまいました~~
[Helleborus liguricus]の続きを読む
スポンサーサイト

モンタナ ’グリーンアイズ’

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年10月13日 月曜日 [Edit] 




【学名】Clematis montana ’Green Eyes’
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】鉄線テッセン) ボタンヅル 【英名】Anemone Clematis
【系統】モンタナ系 【咲き方】一季咲き(春) 半八重咲き 
【花径】5~6センチ 【高さ】600~800センチ【耐寒性】強い -10℃
【花色】白色  【剪定】弱剪定 旧枝咲き 
【流通名】モンタナ・グリーンアイズ
【用途】地植えがオススメ 鉢植えも可能
【作出者】Hiroshi Hayakawa 2001年
【備考】#C023

ガ━━━(゚ロ゚;)━━ン!!
植えつけようとビニールポットから苗を抜いたところ、残念ながらこの子の根っこは黒く変色していました・・・
葉っぱを見ただけではわからないっ!おぎはら様でもこうなっていたことはわからなかったでしょうね。いつも状態の良いものですので、時にはこういうこともある。と言い聞かせ・・(笑) ガーデナーとしてのやりがいを見出すことにしました!こうした元気のない苗を丈夫にし、大きく育てるという経過も愉しんでしまえばよいのです。

先端の3分の1くらいの量を切り取り、鉢増ししてあげることにしました。モンタナ系の場合、我家においては1年生苗を植えつけても失敗することはほとんど無かったのですが、今回は鉢植えにして1年間様子を見ることにします。
寒冷地であるので、こうした無理もきくのだろうと思うのですが、やはり1年~2年間は鉢植えにして様子を見てから地面に下ろしたほうが良いでしょうね。
でも二年生苗ならば、深植えにしておけばたぶん問題なく、根っこは活着すると思います。
あっ、そういえばモンタナのブロートンスターは活着後、すぐに立ち枯れ病のようになってしまった苦い経験を思い出しました。あれはやはり小苗のうちに植えつけたことも原因だったのかもしれません。


クレマチス モンタナ ’グリーンアイズ’ 価格 400円 
あっ、そうそう  前略おぎはら様へ・・・ どうもスペルが違っているようです Eiseではなくて、Eyesではないでしょうか?

【PR】 モンタナには一重、八重、桃色、白色などなど色々あります! at Rakuten



この子は前回入手した‘スターライト’にも似た感じだったのですが、ほぼ似たような形状のクレマチス・モンタナなのに、結局ゲットしてしまったのでした。これで我家にあるクレマチスでいうと品種的にはモンタナ系が一番多いということになります。

花芯がわずかにグリーンを帯びる美しい八重咲きのモンタナです。
開花が進むとホワイトに色変化します。他の八重咲き品種同様に多花性ではありませんが一つ一つの花に存在感があります。モンタナといえば欧米のイメージがありますがグリーンアイズは日本生まれの品種だそうですよ。
[モンタナ ’グリーンアイズ’]の続きを読む