スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤いシベのサフラン♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年10月25日 日曜日 [Edit] 




【学名】Crocus sativus
【科名】アヤメ科 Iridaceae 【属名】クロッカス属
【和名】サフラン 【別名】薬用サフランヤクヨウサフラン) または蕃紅花バンコウカ
【英名】Saffron crocusサフラン・クロッカス
【性状】耐寒性多年球根植物  【花期】10~11月  【草丈】10~15cm
【原産地】地中海沿岸 
【用途】地植え 鉢植え ハーブティー パエリア、サフランライスなどの料理

一時は移植に失敗してずいぶん数が減ってしまった感じでしたが、ようやくすこしずつ球根が分球してくれたようで、塊りになってお花も咲くようになり、収穫できるサフランも増えてきました~

雨よ降らないで!と祈りながら、毎朝せっせとメシベを摘んでおります^0^
パエリアなどのスパイスに欠かせないサフランですが、お花が咲いたら受粉してしまう前に収穫するのが品質が良いサフランということになりますので、お写真のように花粉がこぼれているような状態ですとちょっと遅すぎ・・・^^; まして収穫前にお花に残ったまま乾燥して萎びれてしまっているメシベを収穫ということではいけません!

このサフランばかりはお花をじっくり愉しむというより、メシベの採取に躍起です♪ 

【PR】 やっぱりスペイン産の乾燥サフランがいい感じ♪ at Rakuten

収穫自体は簡単で、一つの花に3つあるメシベは指で引き抜くとカンタンに採取することができます。
この子が咲く頃は、ラズベリーが二季目の収穫期とも重なるので、小さなザルを片手にお庭へでます。
でも秋ともなると我家の庭には、水霜などが降りることもあって湿り気味(^^ゞ
サフランもラズベリーももうちょっと暖地のほうが、美味しいものが採れそうですねぇ~

秋の長雨や台風がなければ、ゆっくり熟してゆくラズベリーは秋に採れるもののほうが美味しいような気もします!
[赤いシベのサフラン♪]の続きを読む
スポンサーサイト

分球しちゃったコルチカム(^^ゞ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年10月08日 木曜日 [Edit] 




【学名】Colchicum autumnale
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】イヌサフラン属 または コルチカム属
【和名】犬サフラン(イヌサフラン)  【英名】Meadow Saffronメドーサフラン)   Autumn crocusオータムクロッカス
【別名】コルチカム またはコルキカム
【性状】耐寒性球根植物鱗茎)  【花期】9~10月  【草丈】15~20cm 
【原産】ヨーロッパ、北アフリカ  【成育温度】15~25度
【用途】花壇 鉢植え 地植え バスケット

さて、秋に咲いてくれる球根植物‘コルチカム’です。

植えっぱなしなので、随分増えてしまい、お花の時期はよいのですが、葉っぱが茂っているときには、込み込み状態^^;

お花が咲き始めているというのに、掘りあげて植え替えてしまいました(^^ゞ

お花がすぐにしぼんでしまうかな?と思いましたが、十分に生育している球根ならば、ただバスケットの中に入れておいたり、机の上に転がしておいてもお花を咲かせるほどなので、この時期でもどうやら大丈夫そう~

植え替え後にも愉しんでおります!

【PR】 コルチカムの球根をゲット! at Rakuten

花後にでてくる葉っぱが冬の間も青々としているので、ちょっと寂しいところに植えつけました。
本当はもう一箇所、分球したほうがよさそうなところもあるのですが、それはまた次の機会に♪




秋に咲くサフランといえば、食用のサフランがまだだわ。
ちょっと減り気味なんですよねぇー^^;
まだ売っていそうだから、買おうかな。
[分球しちゃったコルチカム(^^ゞ]の続きを読む

ウメモドキの実

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年11月22日 土曜日 [Edit] 




【学名】Ilex serrata
【科名】モチノキ科 Aquifoliaceae 【属名】モチノキ属
【和名】梅擬ウメモドキ)【英名】Japanese Winterberry (ジャパニーズウィンターベリー) Finetooth Holly(ファイントゥースホーリー) 【別名】
【性状】耐寒性落葉樹 (低木) 雌雄異株 【樹高】2~3メートル
【花期 】5月~6月  【実】9月~1月
【用途】庭植え 鉢植え  【剪定】冬の落葉時期  【植え付け】冬の落葉時期
【原産地】日本 

あまりにも昔から我家にあり、私が育てているという感覚がなかったせいでしょうか。
ブログをはじめて早丸四年になろうとしているのに、初めて記事にするようです(^^ゞ

私も年をとってきたせいかなぁ~ こうした日本で昔から親しまれていたような、何気ない樹木にも心いやされるようになってきました。
ガーデニングをはじめたばかりの頃は、横文字の華やかなお花にばかり目がいっていたのですが。

お隣の盆栽上手なオジサマの影響もあるのかも!?

【PR】 盆栽仕立ても楽しそう~^0^ at Rakuten

秋が深まるとこの木に真っ赤な実がなって、人気がないときには小鳥たちもこの実をついばんでいる様子です。
自然に樹形が整い、そう大型化しないので剪定もほとんどしませんし、手間要らずの庭木として重宝しますね。冬場に赤い実をならすのはこの木と南天くらいなものです。

木々の色が褪せていっている今、ちょっと目を上へ上げるとこの子がひっそりと頑張ってくれていたのでした。
[ウメモドキの実]の続きを読む

危うく収穫しそこなうところでした!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年11月20日 木曜日 [Edit] 




【学名】Crocus sativus
【科名】アヤメ科 Iridaceae 【属名】クロッカス属
【和名】サフラン 【別名】薬用サフランヤクヨウサフラン) または蕃紅花バンコウカ
【英名】Saffron crocusサフラン・クロッカス
【性状】耐寒性多年球根植物  【花期】10~11月  【草丈】10~15cm
【原産地】地中海沿岸 
【用途】地植え 鉢植え ハーブティー パエリア、サフランライスなどの料理

またしても、一番キレイな時期を見逃してしまいました。
そして、危うく雌しべの採取をしそこなうところでしたが、なんとかサフランライス作りに必要な量の3回分くらいの量は収穫でき、ただ今風通しのよいところで乾燥中です。

【PR】 5gで4000円以上もする乾燥サフランにびっくり(@o@) at Rakuten

1グラムの乾燥サフランを作るには、160個分の雌しべが必要なんだとか!
スパイスのコーナーに並ぶサフランの値段がダントツにお高いこともうなづけますよね。
雌しべは一つの花に必ず三つついています。指で引き抜くとカンタンに採取することができます。
[危うく収穫しそこなうところでした!]の続きを読む

土が無くても花が咲く球根♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年10月02日 木曜日 [Edit] 



【学名】Colchicum autumnale
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】イヌサフラン属 または コルチカム属
【和名】犬サフラン(イヌサフラン)  【英名】Meadow Saffronメドーサフラン)   Autumn crocusオータムクロッカス
【別名】コルチカム またはコルキカム
【性状】耐寒性球根植物鱗茎)  【花期】9~10月  【草丈】15~20cm 【用途】花壇 鉢植え 地植え バスケット
【原産】ヨーロッパ、北アフリカ  【成育温度】15~25度

この子は、親戚のオバが畑から掘り起こしたものを頂戴して植えたもので、随分増えてくれました!
実は葉っぱがびろ~~んとして花が無い時期が長かったりするので、どう扱ったら(植えつけたら)よいのか、迷ってしまうものの一つではあるのですが、こうして秋に可憐な花を咲かせてくれると、やはりかわいいものです。

【PR】 コルチカムの球根をゲット! at Rakuten

花が終わると葉っぱがでてきて冬の間も青々しいので、カタチはよれっとしてはいますけど、冬場に緑がほとんどなくなってしまう我家においては、ちょっとした助っ人にもなってくれるのです。常緑樹を除けば、冬の間も青々として落葉しないものは、他にクリスマスローズくらいなものです。

耐寒性が強いものには、水仙などもありますが、冬の間には葉っぱを出さないですしね。
植えっぱなしでもOKというところも、手間がかからず、丈夫であり、病気もほとんどありません。
もっとも有害な毒をそのカラダのなかに溜め込んでいるせいかもしれませんが・・ クワバラクワバラ・・
名前こそ、イヌサフランですが、あのお料理などにつかうサフランや春に咲くクロッカスとは全くベツモノですので、ご注意ください。

もうしばらくすれば、食用のサフランもお花がでてきてくれるはずなので、また改めてご紹介いたしますねっ!
[土が無くても花が咲く球根♪]の続きを読む

丸葉ハボタンと雪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年02月17日 日曜日 [Edit] 

Brassica oleracea var - 葉牡丹(ハボタン)

Brassica oleracea r - 葉牡丹(ハボタン)
 今日の一句 「雪帽子 被って 冬を彩れり 丸葉牡丹の 幾重もの葉よ」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Brassica oleracea
【科名】アブラナ科 Brassicaceae 【属名】アブラナ属
【和名】葉牡丹(ハボタン) 【英名】Ornamental Kale
【性状】耐寒性宿根草 【原産】ヨーロッパ南西部

今年に入ってからビニールポット苗で入手したハボタンです。
モチロン、お値打ち品! 30円くらいだったでしょうか。
こう寒さが強い今の時期に、植付けをしても失敗するのではないかと思い、ビニールポットのまま寄せ植えしてある鉢に植え込んでしまいました。
根っこをちゃんと育てるには、やはり遅くとも11月までには植えつけておかないとなぁ~

今年はバンジーやビオラなどもあまり買わなかったので、特に寒々しく見え、少し色物がほしかったのです。白色と紫色の丸葉系で、二つは足の長いバージョン。一つは枝分かれしているタイプのものでした。

↑の写真は、背の低いタイプ。

ハボタンは毎年毎年、新しい見目形のものがでてくるので、選ぶのが楽しいですよね。
[丸葉ハボタンと雪]の続きを読む

サフランの番紅花

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年12月06日 木曜日 [Edit] 

Crocus sativus - サフラン

Crocus sativus - サフラン
 今日の一句 「秋に咲く サフランの花 短い命」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Crocus sativus
【科名】アヤメ科 Iridaceae 【属名】クロッカス属
【和名】サフラン 【別名】薬用サフラン(ヤクヨウサフラン)
【英名】Saffron crocus
【性状】耐寒性多年球根植物 【原産地】地中海沿岸 

すこしアップが遅くなりましたが、今日はサフランのお花をご紹介しています。

サフランには香りがあるのですが、その香りのの主成分はサフラナールと呼ばれているそうです。私の場合、地植えにしているため、寝転ばない限りは、その香りを楽しむことができないのです。今度鉢植えのものも作っておこうかな(笑)
[サフランの番紅花]の続きを読む