スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3年目のスカーレットちゃん♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年11月24日 火曜日 [Edit] 




【学名】Anemone L.
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】イチリンソウ属
【和名】牡丹一華ボタンイチゲ)・ 花一華ハナイチゲ
【英名】Poppy Anemone  【別名】紅花翁草ベニバナオキナグサ
【品種名】St.Bridgett Scarletセントブリジット スカーレット) 
【咲き方】八重咲き(菊咲き) 【花期】4~5月 【草丈】30cm 
【原産地】地中海沿岸 【性状】耐寒性塊茎
【用途】鉢植え 地植え(関東以西)

ほとんど忘れてしました・・・(笑)
植えっぱなしにしていたアネモネちゃんが、葉っぱを展開させていてくれているのを見たときには、あぁ~ちゃんと息づいてくれていたのだと、ありがたい気持ちになりました。

このアネモネの球根はそもそも知人から拝受したものでしたので、本当はもっとお世話しなければならなかったのに、夏場にはすっかり葉っぱを枯らしてしまうので、こうして目覚めてくれるまで放置状態・・・ 

他に地植えにしたものは、球根を掘り上げなかったために、すべて消失してしまったのですけど、この子を植えた場所は、土が凍りにくいところで一段高くしている花壇であるせいか、3回目の開花が見込めそうです!

「真っ赤なアネモネちゃん」の記事へジャンプ

今年4月に咲いたアネモネは夏場には葉っぱを枯らしておりましたが、9月末くらいには新たに葉っぱを展開中です^0^
葉っぱの出方が前年度よりもイイ感じなので、早春に見せるお花もたぶんゴージャスなはずです♪




アネモネには他に白色や紫色っぽいもの、黄色っぽいものなど色々あって、この子は園芸種ですけど、↓のように原種系の白色のアネモネも素敵ですよね~。
私がダイスキなクリスマスローズとよく似合うと思うのです。
クリスマスローズの株の間には、早春に咲くクロッカス、ムスカリ、チオノドグサそれに今年はフリチラリアも加えております。
どれも植えっぱなしでOKなものばかり。でもアネモネはクリスマスローズは育ってくれるような場所では、耐寒性の問題があって、植えっぱなしはちょっと難しい~のです。



【PR】宿根草アネモネ レベイレイは、おぎはら植物園さんちで630円也~
原種系のアネモネも楚々としてかわいいなぁ~ Y(=▽=)Y~☆

かわいいアネモネ、育てましょ! at Rakuten


なのである程度耐寒性があり、植えっぱなしでもよいアネモネをと探していたところ、レベイレイに到達したのですけど、ちょっと入手して植え付けるには時期を逸したかな。
春に開花株を忘れずにゲットしましょ♪
[3年目のスカーレットちゃん♪]の続きを読む
スポンサーサイト

ピーチフランバ、一踏ん張り中~

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年11月13日 金曜日 [Edit] 




【学名】Heuchera 'Peach Flambe'
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ツボサンゴ属
【和名】壺珊瑚ツボサンゴ)  【英名】Fancy-leaf Coral Bells
【別名】コーラル・ベルズ / ヒューケラ 【品種名】ピーチフランバ
【原産地】北アメリカ 【性状】耐寒性宿根草 (-15℃) 【販売元】Jardinハルディン
【花期】初夏 【草丈】40cm
【用途】鉢植え 地植え シェードガーデン ロックガーデン

何しろ、私にとって耐寒性が強いというのは、植物を選ぶときに一番気になるところです。
このヒューケラはマイナス15度くらいまで耐えますので、その点申し分なし^0^
そのうえ葉っぱの色のバリエーションが豊富なので、選び放題です(^^ゞ

黒色系や赤色、キャラメル色、様々ありますが、今日の主役は‘ピーチフランバ’で、この子は赤みがかった感じがかわいい~でしょう?
11月上旬に早々に降雪がありまして、雪そのものはすぐに溶けてしまいましたが、この子の上にも雪がかぶり、その耐えている感じがけなげだったので記念撮影です。


【PR】一年中楽しめるカラーリーフヒューケラピーチフランバ 9cmポット苗
『いろんなカラーと葉の形がある種類豊富なカラーリーフ「ヒューケラ」
半日陰で十分育つのでシェードガーデンにもってこいです!一年中楽しめる常緑多年草で春から夏にかけて小さな可憐な花を咲かせます。花壇はもちろん、ハンギングや寄せ植えにも使えます。
花は白色』という説明がありました~^0^
価格は、 400円で今の最安値かな?
【PR】 お好みのヒューケラを探そう! at Rakuten


上の小さな写真はお店からお借りしているものですが、かなり黄色っぽい葉っぱの色でしょう?でもこの葉っぱの色はかわるのですよ~
若い葉っぱは葉枝の部分も含め、裏側のほうが真っ赤です。でも表側は落ち着いた感じの黄色みがかった茶色に近い風合い。




この子の周囲には、クリスマスローズの‘バレンタイングリーン’や同じヒューケラの‘オブシディアン’、斑入りのリュウノヒゲなども植栽して、葉色とともに、丸葉や細葉などの形を愉しめるエリアにしております。
さらに奥手には、バラも植えてあるのですけど、ヒューケラとバラって相性バツグンですよね(^_-)-☆
[ピーチフランバ、一踏ん張り中~]の続きを読む

ホワイトレディー様 (∇〃)。o〇○

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年04月30日 木曜日 [Edit] 




【学名】Clematis macropetala 'White Lady'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【種名】マクロペタラ macropetala (mak-roh-PET-uh-luh)
【和名】クレマチス 【英名】Clematis
【性状】耐寒性宿根草 暑さには少し弱い品種
【系統】マクロペタラ系 (アトランジェン系またはアトランジュ系
【咲き方】四季咲き(春から初夏) 八重咲き
【花径】5~6センチ 【高さ】250~300センチ【耐寒性】強い
【花色】白色  【剪定】弱剪定 旧枝咲き 
【流通名】マクロペタラ 'ホワイトレディー' 【原産地】  【作出者】
【備考】#C014 

4月末、有終の美を飾るのは・・・ ジャジャーン ‘ホワイトレディー’です ^m^

前回の蕾の記事から10日あまり、遂に‘白い淑女’の開花です^0^

ヘ(^^ヘ)ヘ(^^ヘ)ヨイヨイ(ノ^^)ノ(ノ^^)ノヨイヨイ  ヘ(^^ヘ)ヘ(^^ヘ)ヨイヨイ(ノ^^)ノ(ノ^^)ノヨイヨイ  

早咲きのクレマチスで、常緑のシルホサなどを除いたら、この春一番早い開花となり、途中で昨日のフレッダに追い越されてしまったかと思っておりましたが、最後にはこの子がゴールのテープを切りました~ まもなくフレッダも開く寸前ながら、予定の順番どおりです。

緑色のコロコロした蕾が、開花寸前には楕円形になり、先端から開き始めると、フレアースカートをひらめかせたようにして、ほぼどの蕾も同時に開いてゆきます。

ホントにかわえぇ~~ Y(=▽=)Y~☆


マクロペタラ ホワイト・レディ 4号鉢
で、2100円で購入しました!
私にしてはちょっとお高め(;´▽`lllA``
【PR】 マクロペタラ系のクレマチスを探そう! at Rakuten


新しい蔓もビュンビュン伸びていて、花後に剪定したならば、今年は再び花を見ることもできるのではないかと、今からワクワク・モードです。
この子は、返り咲く性質であるところもポイントが高いのです♪
相変わらず行灯が小さすぎている感じはありますが(^^ゞ どうにもならないほどになれば、冬までは行灯からは蔓をはずせないので、長い支柱をプラスすることにします。
[ホワイトレディー様 (∇〃)。o〇○]の続きを読む

真っ赤なアネモネちゃん

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年04月17日 金曜日 [Edit] 




【学名】Anemone L.
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】イチリンソウ属
【和名】牡丹一華ボタンイチゲ)・ 花一華ハナイチゲ
【英名】Poppy Anemone  【別名】紅花翁草ベニバナオキナグサ
【品種名】St.Bridgett Scarletセントブリジット スカーレット) 
【咲き方】八重咲き(菊咲き) 【花期】4~5月 【草丈】30cm 
【原産地】地中海沿岸 【性状】耐寒性塊茎
【用途】鉢植え 地植え(関東以西)

アネモネは朝はしぼんでいるのですが、太陽がでてくると一気に、本当にあっというまに全開するのです。
今日アップした写真も横向きの上がり始めたばかり蕾の写真を除けば、一日で変遷した様子なのですよ~

私はカップ咲き程度に開いているときが好きなんですけど。

【PR】 かわいいアネモネ、秋に球根がでまわります! at Rakuten

この子、地植えにしてあるもので、西日の当たらないところで、霜もなるべく当たらないよう、雪が溶けやすいような、そんなところを選んで二年前の秋に植えたものです。
昨年の春には開花しなかったのに、今年は環境に順応してくれたのか、あるいは暖冬によるものなのか、定かではないのですが、めでたく開花してくれました!

いただきものの球根なので、こうして開花させることができて、とても嬉しい~のです。
[真っ赤なアネモネちゃん]の続きを読む

元気一杯のホワイトレディー♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年04月13日 月曜日 [Edit] 




【学名】Clematis macropetala 'White Lady'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【種名】マクロペタラ macropetala (mak-roh-PET-uh-luh)
【和名】クレマチス 【英名】Clematis
【性状】耐寒性宿根草 暑さには少し弱い品種
【系統】マクロペタラ系 (アトランジェン系またはアトランジュ系
【咲き方】四季咲き(春から初夏) 八重咲き
【花径】5~6センチ 【高さ】250~300センチ【耐寒性】強い
【花色】白色  【剪定】弱剪定 旧枝咲き 
【流通名】マクロペタラ 'ホワイトレディー' 【原産地】  【作出者】
【備考】#C014 

冬の間は生きているんだか、死んでいるんだか、よくわからないクレマチスのなかでも、一番早く動きを見せていた‘ホワイトレディー’に、黄緑色の蔓が延び始め、小さな蕾も見えてきています。
途中で昨日のフレッダに追い越されましたが(^^ゞ

2月には黄色っぽかった蕾でしたが、今は白色の綿毛に覆われているようです。
モンタナは蕾の先端部分がやや尖っているのどえすが、このこはまん丸なところがまたかわゆいトコロ。

無理やり地植えにしたホワイトレディーは昨年枯れ方がはやかったので、もしかして店に召されたか?と諦めの心境・・・でも復活するかも!と、様子をみてましたが、やっぱり新芽はあがってきておりません。ところが、同時期に地植えにした‘ブルーダンサー’のほうは、なんとか生き残り、葉っぱを展開させようとしているものの、この鉢植えで管理している‘ホワイトレディー’の成育振りとは、雲泥の差があります。育て方って大事ですよね。


マクロペタラ ホワイト・レディ 4号鉢
で、2100円で購入しました!
私にしてはちょっとお高め(;´▽`lllA``
【PR】 マクロペタラ系のクレマチスを探そう! at Rakuten


これほどまでうまく育ってくれるとは思っていなかったので、行灯が小さすぎたかなぁ~と嬉しい誤算。
あっ、そうそうこの子は2月に鉢増しもしたんですよ~ 霜で土が盛り上がったりしてしまったので大丈夫だろうかと不安でしたが、よかったぁ~ 鉢増しのときにもっと長い支柱を使えばよかったなぁ~
[元気一杯のホワイトレディー♪]の続きを読む

きたぁ~ ホワイトレディーに蕾♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年02月07日 土曜日 [Edit] 




【学名】Clematis macropetala 'White Lady'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【種名】マクロペタラ macropetala (mak-roh-PET-uh-luh)
【和名】クレマチス 【英名】Clematis
【性状】耐寒性宿根草 暑さには少し弱い品種
【系統】マクロペタラ系 (アトランジェン系またはアトランジュ系
【咲き方】四季咲き(春から初夏) 八重咲き
【花径】5~6センチ 【高さ】250~300センチ【耐寒性】強い
【花色】白色  【剪定】弱剪定 旧枝咲き 
【流通名】マクロペタラ 'ホワイトレディー' 【原産地】  【作出者】
【備考】#C014 

やっぱりねぇ~~~ 

昨年、地植えにしたホワイトレディーは枯れてしまいました・・・ ただ以前お話しておりましたように、購入した株が二つに分かれてくれたので、鉢植えでも育てており、地植えのものは天国へ行ってしまったものの、鉢植えで管理しているほうは順調です。


マクロペタラ ホワイト・レディ 4号鉢
で、2100円で購入しました!
私にしてはちょっとお高め(;´▽`lllA``
【PR】 マクロペタラ系のクレマチスを探そう! at Rakuten


なんだか今日の写真は、闇夜に写したっぽい~(笑) のですが、日中に写したものです。
華やかさがちっとも感じられないのですが、もうあと数ヶ月で真っ白で可憐な八重咲きのお花を咲かせてくれるはずですので、それまでしばしお待ちください!

この子のことは、12月に入ってから鉢増しもして、鉢の大きさも十分にとりました!が、鉢から抜いたときに、たっぷりと根っこが回っていたわけではなかったので、鉢増しは早すぎたかもと思っていたのです。でもどうやら気にってくれたらしく、新芽を発見できました~~
[きたぁ~ ホワイトレディーに蕾♪]の続きを読む

2008年に咲いた黄色い花

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年12月29日 月曜日 [Edit] 

黄色い花 2008年

プチ・シリーズ化しております、花色別の構成で振り返る2008年です。
いよいよ押し迫ってきましたね!

風水によれば、黄色いモノは西側へおくと、金運アップとなるとか。
どうぞIEならば「右クリック → 名前をつけて画像を保存」の手順で、ダウンロードしてお使いくださいませ~ ^0^
[2008年に咲いた黄色い花]の続きを読む

2008年に咲いた黒色の花

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年12月27日 土曜日 [Edit] 

黒色 2008年 グリッド
[2008年に咲いた黒色の花]の続きを読む

まだ咲いてます! スカビオサ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年11月23日 日曜日 [Edit] 




【学名】Scabiosa atropurpurea
【科名】マツムシソウ科 Dipsaceae または Dipsacaceae  【属名】マツムシソウ属
【品種名】Ivory (アイボリー)【和名】松虫草マツムシソウ)【英名】Pincushion Flowers
【別名】スカビオサ 【原産地】ヨーロッパ アジア アフリカ
【性状】一年草/ 二年草 / 多年草

11月に入ってもまだ咲いてくれていた白色のスカビオサ。
越冬できるのかどうか未だに良くわからないので、とりあえず株を養生させましょ!っと切花にして愉しむことにしました~ かお

この子は切花としてもすこぶる優秀で花持ちがよいのです!

【PR】Rakutenでスカビオサをサーチ!

Scabiosa atropurpurea 個性派スカビオサの苗・特選品種 エースオブスペード は黒色の美しいスカビオサで、今年絶滅してしまったので、また春になったら挑戦したいわぁ~と思っていますが、この白色系も少し種がとれましたので、種まきしてみなくちゃ!
[まだ咲いてます! スカビオサ]の続きを読む

ヤツデの葉切りにトライ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年11月21日 金曜日 [Edit] 




【学名】Fatsia japonica
【科名】ウコギ科 Araliaceae 【属名】ヤツデ属
【和名】八手ヤツデ) 【英名】Japanese aralia またはFatsia 【別名】天狗の葉団扇テングノハウチワ
【性状】常緑低木 【原産地】日本
【用途】地植え 縁起木 記念樹

秋の空は本当に高いなぁ~
ヤツデもお花が真っ盛りの時期です。遠目で見てもかなり目だってます!

【PR】 ヤツデを育てよう! at Rakuten

もともと我家に植えてあったものですし、勝手に成長してくれるので、私は育てているという意識はないのです。邪魔になるひこばえなどを整理する程度で、肥料もこの子にあげているという意識もなく・・・

お隣にオオバギボウシや山野草などが植えてあるので、その子たちにあげているつもりの肥料を一緒にもらっているのかもしれません(笑)
[ヤツデの葉切りにトライ]の続きを読む

ヤブランの花♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年09月04日 木曜日 [Edit] 



【学名】Liriope muscari ‘Akebono' または Liriope muscari (Decne.) L.H.Bailey
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ヤブラン属
【和名】藪蘭ヤブラン)【英名】Liriope, Border Grass, Lily-turf など
【品種名】アケボノ
【別名】リリオペ / サマームスカリ 【原産地】東アジア
【性状】耐寒性宿根草  【花期】8月~10月

地植えのものにはまだ花茎があがってくれていないのですが、鉢植えにしてあるほうの株にはお花が咲きました!
両者の違いは日当たり。地植えにしたものは半日陰に植えてあるので、少し開花が遅れているのかもしれません。

薄紫色の小さなお花の塊りは穂状でロゼット状の葉っぱの真ん中からすっくと立ち上がり、まだ育て始めて一年目の苗ながら、しっかりとしたお花です。
購入した苗はとても小さかったので、貧相なお花しかさかないかしらんと思っていたのですが。

通勤路でこの花を丸い和風の丸鉢に一種のみ植えてあるヤブランがあって、大株に育ちそれは見事に花穂が上がっているのを見かけて、「私も欲しい!」と大株になることを夢見ているのです。
寄せ植えにせず、ヤブランだけを植えてあるのですけど、鉢からこぼれんばかりに葉っぱが茂ってそれは見事なんです。あの鉢は何年くらいなのかなぁ~


宿根草 ヤブラン ’アケボノ’
   このお写真はお店からお借りしているものですが、‘ヤブラン’は葉っぱが斑入りになるというよりも、白っぽくなるはずなのですが、写真のようには白っぽくなってくれていないのです。お日様不足だったかしらん。

【PR】 育てやすいヤブラン♪ at Rakuten


一方、一般的によく見かける地植えにしてある斑入りのヤブランのほうは、葉色もツヤツヤとしっかりとした白の縦じまになってくれてます。開花が待ち遠しい~♪
お花自体は、両者ともに薄い紫色で変わらないのですが、葉っぱの姿が違うのです。
[ヤブランの花♪]の続きを読む

タマゴの形!?スカビオサ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年07月11日 金曜日 [Edit] 

Scabiosa  - スカビオサ ‘アリボリー’


【学名】Scabiosa atropurpurea
【科名】マツムシソウ科 Dipsaceae または Dipsacaceae  【属名】マツムシソウ属
【品種名】Ivory (アイボリー)【和名】松虫草マツムシソウ)【英名】Pincushion Flowers
【別名】スカビオサ 【原産地】ヨーロッパ アジア アフリカ
【性状】一年草/ 二年草 / 多年草

先日お花の記事をアップさせていただいておりましたが、いよいよ種ができつつあります。

現在のコノ株には・・・ 蕾、満開の花、そして種をつけ始めたものが混在しているのです。
体力あるなぁ~ と妙に感心して眺めております。

この子も白色でかわいいのですが、やはり‘チリブラック’のように、黒色を咲かせられなかったのは、残念だったなぁ~ 無くなってしまってホントにがっかりです。

ホントは黒色が欲しくて、黒と白色のスカビオサがミックスされた種をゲットしていたわけです。種を播いたときに袋を捨ててしまったので、はっきり品種名がわからなかったのです。
ところが検索していたら、スカビオサのエボニーアイボリー!の種を見て、思い出しました! 私が播いた種はこれだったようです。
そして、エボニーは発芽してくれず、アイボリーのほうだけが育ってくれたようです。ようやくすっきりしましたぁ~

【PR】Rakutenでスカビオサをサーチ!

でも、欲しい‘チリブラック’はまだ見つからず、あっ、 ブリティッシュシード様へ行ってみようかな。

・・・・

残念! やはり見つけることができませなんだ _| ̄|○ まぁ~そのうちに機会が巡ってくることもあろうかと。
Scabiosa atropurpurea 個性派スカビオサの苗・特選品種 エースオブスペード も黒色の美しいスカビオサ。
どちらかは、入手したいです! この分ならば白色は、この子からたくさん種が採れそうですので。
[タマゴの形!?スカビオサ]の続きを読む

ホワイトレディーがびょ~~ん!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年07月02日 水曜日 [Edit] 

クレマチス ホワイトレディー


【学名】Clematis macropetala 'White Lady'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【種名】マクロペタラ macropetala (mak-roh-PET-uh-luh)
【和名】クレマチス 【英名】Clematis
【性状】耐寒性宿根草 暑さには少し弱い品種
【系統】マクロペタラ系 (アトランジェン系またはアトランジュ系
【咲き方】四季咲き(春から初夏) 八重咲き
【花径】5~6センチ 【高さ】250~300センチ【耐寒性】強い
【花色】白色  【剪定】弱剪定 旧枝咲き 
【流通名】マクロペタラ 'ホワイトレディー' 【原産地】  【作出者】 
【備考】#C014

春にかなり小躍りダンスを披露したこの子は、購入した鉢の中にラッキーにも二株入っていたらしく、今年の春地植えとそのまま鉢植えでの二本立ての管理となっているのですが、地植えにしたものはもうほとんど地上部の葉っぱが枯れてしまって・・・

地植えにしてあるクレマチス ホワイトレディー


もうダメか!と思ったら、ヒョロッとした新芽がなんとか残ってくれているんですけど、鉢植えにしてあるほうは、それはそれは元気で、グンと茎を伸ばしくれはじめています。
よかったぁ~ 全部鉢植えにしなくて ~(〃´o`)=3  地植えと鉢植えで、これほどに差がでてしまうとは! 危ない、危ない。

油断していたら、ツルがびよ~~んと飛び出してしまっているので、あわててビニタイで誘引しておきました。


マクロペタラ ホワイト・レディ 4号鉢
で、2100円也。私はおぎはら植物園さんで購入させていただきましたが、今年の苗は秋にならないと出回りません。前述の通り、二株に分けることができたので、単価は現在1050円でございます(笑) しめしめ ^m^


こんなにも元気に育っているマクロペタラ系の苗は無く、他の子たちは皆息も絶え絶え。
真剣に思い切ってすべての地植えにしてあるものを、鉢植えに戻そうと思案しているところなのです。
もっともこれから暑くなる時期ですし、それをするにしても秋ですけど。
[ホワイトレディーがびょ~~ん!]の続きを読む

越冬二年目のスカビオサ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年06月21日 土曜日 [Edit] 

Scabiosa caucasica Bieb.  - スカビオサ・カウカシカ

Scabiosa caucasica Bieb.  - スカビオサ・カウカシカ
 今日の一句 「冬を越え 春に芽吹いた 松虫草 初夏には開く 嬉しや小花」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Scabiosa caucasica Bieb.
【科名】マツムシソウ科 Dipsaceae または Dipsacaceae
【属名】マツムシソウ属
【和名】西洋松虫草セイヨウマツムシソウ) 【英名】Pincushion Flowers
【品種名】コーカサス または カウカシカ
【別名】スカビオサ 【原産地】ヨーロッパ コーカサス地方
【性状】多年草

この子はヨレヨレの状態で雪の下から顔を出してくれ、無事に越冬し開花してくれたスカビオサちゃんです!
先般ご紹介した白色のスカビオサは高性。こちらは矮性です。
ちょっぴり紫がかったブルーをしていて、この子もかわいいでしょう~(*^_^*)
一年草のスカビオサ(またはスカビオーサ)だとばかり思っていたので、すごく得した気分なわけですが、春先にさらに株分けなどをしたので、株も増えてくれてとても嬉しいのです!

やはりラベルのない、お値打ち品コーナーでであったこの子でしたが、結果オーライでありました!
いよいよ、こちらでも入梅した模様で、今朝もしとしとと雨が降っています。
スカビオサちゃんたちは、乾燥しているほうが好きなので、此の時期はツライんだろうなぁ~

ただ、こぼれ種から発芽した様子はないんですよね~
あるいはたくさんそんな子たちがいてくれるのかもぉ~と期待していたんですけど、そこは残念。
こぼれ種では発芽しにくいようで・・・どこかのページで、スカビオサはタネから育てるのが、ちょっとムズカシと掲載されていたような気がするんですけど。
[越冬二年目のスカビオサ]の続きを読む

(゚Д゚≡゚д゚)エッ!? 白色のスカビオサ! 

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年06月20日 金曜日 [Edit] 

Scabiosa  atropurpurea - スカビオサ

Scabiosa atropurpurea - スカビオサ
 今日の一句 「家人より 背高のっぽの 松虫草 白きポンポン 揺らして 微笑む」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Scabiosa atropurpurea
【科名】マツムシソウ科 Dipsaceae または Dipsacaceae  【属名】マツムシソウ属
【品種名】
【和名】松虫草マツムシソウ)【英名】Pincushion Flowers
【別名】スカビオサ 【原産地】ヨーロッパ アジア アフリカ
【性状】一年草/ 二年草 / 多年草

苗から育てとても気に入ってしまったスカビオサの‘チリ・ブラック’だとばかり思っていました。
ところが、開いてみたら、純白・・・ (゚Д゚≡゚д゚)エッ!?
‘チリブラック’ちゃんは、いずこに? そして、この子、タネを播いたのは2年前。
今頃になって巨大化 (笑) 私の背丈よりも大きくなっておりまする。

【PR】Rakutenでスカビオサをサーチ!

あぁ~そういえば、スカビオサは開花まで二年かかるものがほとんどでした(^^ゞ
でも昨年葉っぱがでていたことに気がつかなかった、オバカな私をまたまた露呈。
花壇にただばら撒いておいたタネだったので、こうして無事に開花したのは奇跡的なできごとです。
[(゚Д゚≡゚д゚)エッ!? 白色のスカビオサ! ]の続きを読む

Heuchera  'Ebony & Ivory'

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年06月02日 月曜日 [Edit] 

Heuchera 'Ebony & Ivory'  - ヒューケラ エボニーアンドアイボリー

Heuchera 'Ebony & Ivory' - ヒューケラ エボニーアンドアイボリー
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Heuchera 'Ebony & Ivory'
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ツボサンゴ属
【和名】壺珊瑚ツボサンゴ)  【英名】Alum root / Fancy-leaf / Coral Bells
【別名】コーラル・ベルズ / ヒューケラ 【品種名】エボニーアンドアイボリー
【原産地】北アメリカ 【性状】耐寒性宿根草 (-15℃)
【花期】初夏 【草丈】40cm

ヒューケラが続々と咲き始めてくれていますが、先日いの一番に開花した‘ミントチョコレート’に引き続きまして、今日は‘エボニーアンドアイボリー’のご紹介です。

葉っぱは黒っぽく、咲いたお花は真っ白なので‘エボニーアンドアイボリー’という名前になったのかな?

ヒューケラはユキノシタ科に属するもので世界に約50種あるといわれています。ヒューケラという名前はJohann Heinrich von Heucherというドイツ人医師の名前からとられています。

葉っぱにはうっすらと産毛が生えていてましたが、お花が咲いてみたらこのヒューケラのお花は産毛で覆われていて、とても柔らな印象のお花でした! 
[Heuchera  'Ebony & Ivory' ]の続きを読む

斑入りのヤブラン

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年05月07日 水曜日 [Edit] 

Liriope muscari ‘Akebono'- 藪蘭(ヤブラン)‘あけぼの'

Liriope muscari ‘Akebono'- 藪蘭(ヤブラン)‘あけぼの'
 今日の一句 「白々と 伸びる新芽に 朝露が くるくる回って 遊んでる」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Liriope muscari ‘Akebono' または Liriope muscari (Decne.) L.H.Bailey
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ヤブラン属
【和名】藪蘭ヤブラン)【英名】Liriope, Border Grass, Lily-turf など
【品種名】アケボノ
【別名】リリオペ / サマームスカリ 【原産地】東アジア
【性状】耐寒性宿根草  【花期】8月~10月
【用途】シェードガーデン ボーダー花壇 庭植え 鉢植え

この子は4月の下旬に株分けしてすでに庭植えとビニールポットに植えつけました。
ビニールポットに植えたのは、小さな芽で根っこから落ちてしまったものなのです。挿し芽にしておきました。

この子もおぎはら植物園さんでお世話になったわけですが、二つも買わなくてよかったみたい! だってビニールポットから引き抜いたら、それぞれ株を簡単に分けることができて、結局合計で7つほどの苗がとれちゃったんですものぉ~

単価がかなりお安くなりました~ ^0^
[斑入りのヤブラン]の続きを読む

セントブリジットの赤!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年05月03日 土曜日 [Edit] 

Anemone L - アネモネ・セントブリジット スカーレット

Anemone L - アネモネ・セントブリジット スカーレット
 今日の一句 「赤と黒 やっと開いた その顔に ありがとうねと 声かける」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Anemone L.
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】イチリンソウ属
【和名】牡丹一華ボタンイチゲ)・ 花一華ハナイチゲ
【英名】Poppy Anemone  【別名】紅花翁草ベニバナオキナグサ
【品種名】セントブリジット スカーレット 
【咲き方】八重咲き(菊咲き) 【花期】4~5月 【草丈】30cm 
【原産地】地中海沿岸 【性状】耐寒性塊茎

この子って矮性だったの? 

と思えるほどに小さな背丈にしか伸びてくれなかったのが、このスカーレットちゃん。
初めて育ててみたアネモネでしたが、どうも大成功というわけには参りませんでした。

この子は鉢植えにしているのですが、他にも植えつけたはずの球根は死に絶えてしまったようです。
・゚・(ノД`)・゚・。

そのうえ、地植えにしたものは春先に芽がでてきたので、悦んでいたらそのまま2月の寒さで枯れてしまったものも多数ありました。まだ花が咲かず葉っぱだけのものも幾つかあるのですが・・・

やはり温暖な気候が好きな球根系を育てるのはやっぱり私、苦手です。
フリージアも結局蕾があがっているのは、現在のところ一株しかありませんし・・・

ツライです _| ̄|○

でも、こうしてまがりなりにも赤色に黒目の素敵なお花を見ることができ、今回は今のところ蕾を含めて5輪ほどありますので、アネモネ初心者としては仕方がなかったかな~
[セントブリジットの赤!]の続きを読む

舞う!ホワイトレディー

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年05月01日 木曜日 [Edit] 

Clematis macropetala  'White Lady'  - クレマチス マクロペタラ系 ‘ホワイト・レディー’

Clematis macropetala 'White Lady' - クレマチス マクロペタラ系 ‘ホワイト・レディー’
 いよいよクレマチスたちの芽吹きの季節です!
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis macropetala 'White Lady'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【種名】マクロペタラ macropetala (mak-roh-PET-uh-luh)
【和名】クレマチス 【英名】Clematis
【性状】耐寒性宿根草 暑さには少し弱い品種
【系統】マクロペタラ系 (アトランジェン系またはアトランジュ系
【咲き方】四季咲き(春から初夏) 八重咲き
【花径】5~6センチ 【高さ】250~300センチ【耐寒性】強い
【花色】白色  【剪定】弱剪定 旧枝咲き 
【流通名】マクロペタラ 'ホワイトレディー' 【原産地】  【作出者】 
【備考】#C014

今回は何の小踊りダンスにしようかな(笑)

ヘ(^m^ヘ)(ノ^m^)ノヘ(^m^ヘ)(ノ^m^)ノ ヒゲダンス♪ にしてみますた!

この子もなんと楚々としてかわいらしいクレマちゃんなんでしょう~
ブルーダンサーよりもやや小ぶりのその花の中には、ガク弁が重なりあっており、開き始めたときには中心に緑色が残っております。

この子は二年生の苗でございましたので、少々お高めでございましたが、結果としては今年お花を咲かせてくれたのでOK~マクロペタラ ホワイト・レディ 4号鉢で、2100円也。私はおぎはら植物園さんで購入させていただきましたが、今(4月18日現在)品切れみたいですね。ファーム フローラルさんにはまだあるようです。


下のように、蕾はコロコロとして黄緑色っぽかったのですが、風船がふくれるかのように開き始めると白っぽくなって、開いたら花弁はすけるような和紙でできた飾りもののような風合いです。

Clematis macropetala  'White Lady'  - クレマチス マクロペタラ系 ‘ホワイト・レディー’

Clematis macropetala 'White Lady' - クレマチス マクロペタラ系 ‘ホワイト・レディー’
 まんまるだった蕾がさらに風船のように膨らんで・・・
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



過湿は嫌うこの子ですが、屋外に置いてある鉢ですので、雨あがりには雫がくっついたりして、またこの雫をためた蕾もかわゆくて・・・^m^
[舞う!ホワイトレディー]の続きを読む

コンスタンスの復活!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年04月24日 木曜日 [Edit] 

<i>Clematis alpina</i> 'Constance' - クレマチス・アルピナ・コンスタンス

Clematis alpina 'Constance' - クレマチス・アルピナ・コンスタンス
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis alpina 'Constance'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】クレマチス属
【種名】マクロペタラ macropetala (mak-roh-PET-uh-luh)
【和名】クレマチス 【英名】Clematis
【性状】耐寒性宿根草 暑さには少し弱い品種
【系統】マクロペタラ系 (アトランジェン系またはアトランジュ系)Atragene Group
【流通名】アルピナ・コンスタンス 【英名】Clematis 'Constance'
【咲き方】一重または半八重咲き 【花期】四季咲き4~6月と夏や秋
【花色】紫色 クリムゾン・ピンク 【花径】 【背丈】200cm
【剪定】旧枝咲き
【作出】Mrs K. Goodman(イギリス)1992年
【原産地】中国 【性状】耐寒性宿根草木
【備考】#C017

これまたうれしい~~発見!

実はこの‘コンスタンス’一年生の苗を無理やり地植えにしたものだから、昨年もほとんど葉っぱは展開せず、青色吐息だったのです。
ウメモドキの木などですっかり木陰になっているし、土壌も固くフワフワしていないようなところでしたので、3月に思い切って掘りあげて、移殖しちゃいました。

そういたしましたところ、その気持ちに応えてくれて、こんなにみずみずしい若葉を展開させはじめてくれたのです。

見事、ふっかぁ~~~つ! でもすんごくちっちゃ(^^ゞ

<i>Clematis alpina</i> 'Constance'  - クレマチス・アルピナ・コンスタンス

Clematis alpina 'Constance' - クレマチス・アルピナ・コンスタンス
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



これは植え付け後、3月中旬にその葉芽を見つけたときの記念撮影です。
回りにバークチップを置いて、遅霜対策と乾燥予防もしてあげてます。
大きいサイズのバークチップではあるのですが、その芽の小ささがよくお分かりいただけるかと。
超マイクロミニな芽でありました!
[コンスタンスの復活!]の続きを読む

ホワイト・レディーも!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年04月16日 水曜日 [Edit] 

Clematis macropetala  'White Lady'  - クレマチス マクロペタラ系 ‘ホワイト・レディー’

Clematis macropetala 'White Lady' - クレマチス マクロペタラ系 ‘ホワイト・レディー’
 いよいよクレマチスたちの芽吹きの季節です!
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis macropetala 'White Lady'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【種名】マクロペタラ macropetala (mak-roh-PET-uh-luh)
【和名】クレマチス 【英名】Clematis
【性状】耐寒性宿根草 暑さには少し弱い品種
【系統】マクロペタラ系 (アトランジェン系またはアトランジュ系
【咲き方】四季咲き(春から初夏) 八重咲き
【花径】5~6センチ 【高さ】250~300センチ【耐寒性】強い
【花色】白色  【剪定】弱剪定 旧枝咲き 
【流通名】マクロペタラ 'ホワイトレディー' 【原産地】  【作出者】
【備考】#C014 

前回はホワイトレディーちゃんが芽吹いてくれたご報告をさせていただいておりましたが、今日はブルーダンサーに引き続きまして、蕾発見のご報告です!
ブルーダンサーのほうばかりでは申し訳ないので(^^ゞ

2月の様子から、約2ヶ月でかような成長振り!
ブルーダンサーよりももっとまるっこい蕾です! これはマークハムピンクにも似た形状!


お花の写真はお店からお借りしています。
マクロペタラ ホワイト・レディ 4号鉢で、2100円也。
私はおぎはら植物園さんで購入させていただきましたが、今(4月18日現在)品切れみたいですね。ファーム フローラルさんにはまだあるようです。



ここまで成長してくれれば、よほどのことが無い限り、近々お花を見ることができるはずです!
[ホワイト・レディーも!]の続きを読む

ホワイトレディーの萌え~

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年03月27日 木曜日 [Edit] 

Clematis macropetala  'White Lady'  - クレマチス マクロペタラ系 ‘ホワイト・レディー’

Clematis macropetala 'White Lady' - クレマチス マクロペタラ系 ‘ホワイト・レディー’
 いよいよクレマチスたちの芽吹きの季節です!
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis macropetala 'White Lady'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【種名】マクロペタラ macropetala (mak-roh-PET-uh-luh)
【和名】クレマチス 【英名】Clematis
【性状】耐寒性宿根草 暑さには少し弱い品種
【系統】マクロペタラ系 (アトランジェン系またはアトランジュ系
【咲き方】四季咲き(春から初夏) 八重咲き
【花径】5~6センチ 【高さ】250~300センチ【耐寒性】強い
【花色】白色  【剪定】弱剪定 旧枝咲き 
【流通名】マクロペタラ 'ホワイトレディー' 【原産地】  【作出者】 
【備考】#C014

またまたクレマチスの萌えぇ~~であります!
今日マクロペタラ系。ホワイトレディーちゃんが芽吹いてくれたご報告~~ ^0^

2月に似たような写真を使って、記事を書いたばかりではあるのですが、どうにも気になって、気になって(笑)

昨年の秋、1年生苗で入手したものですから、このように春になってしっかりとした芽がでてくれるまではなかなか安心できなかったのですが、これでひとまずOK!

お花がどれほど咲いてくれるかは、あまり期待できませんが、今年はともかく鉢植えで管理し株を大きくしてあげることを念頭におきつつ育ててゆきたいと思っています。小ぶりでかわいい白い花、今年、咲くかなぁ~
[ホワイトレディーの萌え~]の続きを読む

よれよれの松虫草

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年03月13日 木曜日 [Edit] 

Scabiosa caucasica Bieb.  - スカビオサ・カウカシカ

Scabiosa caucasica Bieb.  - スカビオサ・カウカシカ
 今日の一句 「一旦は 雑草なのかと 見まごうて 抜き去るところ 冷汗たらり」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Scabiosa caucasica Bieb.
【科名】マツムシソウ科 Dipsaceae または Dipsacaceae
【属名】マツムシソウ属
【和名】西洋松虫草セイヨウマツムシソウ) 【英名】Pincushion Flowers
【品種名】コーカサス または カウカシカ
【別名】スカビオサ 【原産地】ヨーロッパ コーカサス地方
【性状】多年草

このところ、雪の下から現われてきたものを観察する日々が続いております。

へぇ~~とびっくりしたのは、このスカビオサ・カウカシカ(コーカサス)。
私はすっかり一年草のマツムシソウを育てているとばかり思っていたのです。
そしたら生きながらえてました(^^ゞ

やはりラベルのしっかりした苗を買わないとだめですねぇ~
確かこの子はお値打ち品コーナーで見つけたものだったはず。秋に植えつけたような・・・ まったくもっておぼろげなるキオクです。

出身地の名前を貰っておりまして、コーカサス地方に自生しておりますものですが、最近は園芸種が増えておりますので、花色も多様化しているようですね。我家のは薄紫色した花が咲きます。 おっ、ということはもしかすると昨年咲いた花から種がこぼれているやもしれませぬ。今後は注意深く観察しなくては!

私は雑草がはびこるのが嫌なので、この寒い時期にまだちょこっと芽が出たようなスズメのカタビラやナズナなどを親の仇とばかりにせっせと抜いています。雑草はあっという間に花を咲かせ、種をどんどんこぼしてゆくので、放任してしまうとエライことになります。

雑草はとにかく小さなうちに摘み取るのが一番です。って、なんだか雑草の話に脱線・・・^m^
このスカビオサがどうも雑草にしか見えなかったりしていたものですから(笑)
雑草だと勘違いして、抜いてしまうこともシバシバですので、お花が咲いていないときの葉っぱの形もキチンと頭の中に記憶させておかねばなりませんよね。
[よれよれの松虫草]の続きを読む

たぶんチリ・ブラック^_^;

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年03月11日 火曜日 [Edit] 

Scabiosa 'Chile Black'  - スカビオサ‘チリ・ブラック’

Scabiosa 'Chile Black' - スカビオサ‘チリ・ブラック’
 今日の一句 「春の陽に 向かって伸びる 新芽から 黒い花咲く日は 間近か」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Scabiosa 'Chile Black'
【科名】マツムシソウ科 Dipsaceae または Dipsacaceae  【属名】マツムシソウ属
【品種名】チリ・ブラック
【和名】松虫草マツムシソウ)【英名】Pincushion Flowers
【別名】スカビオサ 【原産地】ヨーロッパ アジア アフリカ
【性状】一年草/ 二年草 / 多年草

昨年は苗から育てとても気に入ってしまった‘チリ・ブラック’。そこで種を入手し花壇にまいておいたところ、どうやら無事越冬してくれて元気モリモリになってき始めました。

スカビオサ=マツムシソウでありますが、この子は二年草であるわけでして、種を播いてから翌年の開花となるようです。でもこうして元気なのは軒下のちいさなスペースにあるものだけで、雪の下になってしまうところにあるものたちは、冷害で葉っぱは溶けかかっていますし、支柱も立ててあげていなかったので、地面に這い蹲るようにして、冬を耐えていました。

復活してくれるかなぁ~ 私は地植えのものは寒さに耐え切れないだろうと、半ば諦めてしたのですが、葉っぱが茶色になっていないので、まだ期待していてもよさそうです。
[たぶんチリ・ブラック^_^;]の続きを読む

アネモネの葉っぱ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年03月08日 土曜日 [Edit] 

Anemone L. - アネモネ セントブリジット スカーレット

Anemone L. - アネモネ セントブリジット スカーレット
 今日の一句 「花一華 可憐な朱色の 春の花 育ててわかる 葉も美しき」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Anemone L.
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】イチリンソウ属
【和名】牡丹一華ボタンイチゲ)・ 花一華ハナイチゲ
【英名】Poppy Anemone  【別名】紅花翁草ベニバナオキナグサ
【品種名】セントブリジット スカーレット 
【咲き方】八重咲き(菊咲き) 【花期】4~5月 【草丈】30cm 
【原産地】地中海沿岸 【性状】耐寒性塊茎

ウィンターコスモス、ガーデンシクラメンとともに寄せ植えにしてしまい、ちょっと鉢が小さすぎたかなぁ~と(〃_ _)σ∥反省

混みあいすぎてしまった感はあるのですが、なんとか葉っぱが展開しはじめてくれたアネモネです。

アネモネは初めて育てているものですので、キョウミシンシン。鉢を玄関先に置いているので、外出帰宅の度に毎日その様子を伺っています。

発芽してくれてから数週間経つかしらん。

葉っぱがイキイキとしていて、思いっきり光合成しているって感じです!
[アネモネの葉っぱ]の続きを読む

マクロペタラ・ホワイトレディーの冬至芽

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年02月11日 月曜日 [Edit] 

Clematis macropetala 'White Lady' - クレマチス・マクロペタラ系 (アトランジェン系またはアトランジュ系)‘ホワイトレディー’

Clematis macropetala 'White Lady' - クレマチス・マクロペタラ系 (アトランジェン系またはアトランジュ系)‘ホワイトレディー’
 今日の一句 「ころころと お豆のような 蕾たち 春を待ちわぶ 立春の朝」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis macropetala 'White Lady'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【種名】マクロペタラ (mak-roh-PET-uh-luh)
【和名】クレマチス 【英名】Clematis
【性状】耐寒性宿根草 暑さには少し弱い品種
【系統】マクロペタラ系 (アトランジェン系またはアトランジュ系
【咲き方】四季咲き(春から初夏) 八重咲き
【花径】5~6センチ 【高さ】250~300センチ【耐寒性】強い
【花色】白色  【剪定】弱剪定 旧枝咲き 
【流通名】マクロペタラ 'ホワイトレディー'
【原産地】  【作出者】 
【備考】#C014

ちょこっと緑色の新芽が覗いているのは、マクロペタラ‘ホワイトレディー’。
マクロペタラのなかでも一番元気よく見えているのはこの子です。

昨年の秋にビニールポット苗(二年生)をゲットし、早速鉢に植えつけました。これまではすぐに地植えにしてしまっておりましたが、この子は鉢植えから育ててみようと思った次第です。

鉢は北風が当たらないようにモッコウバラに守ってもらってます。

軒下ですと、水の管理がちょっと難しいので、自然に任せてみることにしました。
結果、上出来!上出来!

地際にも新しい芽があり、さらに上部にも二つの芽を確認できました!


でも同じ用土で植えつけた同種の‘ブルーダンサー’のほうにはまだ出てきていないのです。
なんでだろう~~ (@o@) 深く植えすぎたかなぁ~
←私が育て写真を撮ったのではなくて、おぎはら植物園さんの画像です。


そうそう、先日「MONSTER ROSE GARDENを運営されているRockyさんのお宅で、マクロペタラ ウェッセルトンのお花を見ちゃいました。微妙に色が変化する青色系です・・・ パァー ゛ (゜・゜* ホレボレ 悶絶モノです。
またまた欲しい病が発症! 参ったなぁ~ 
[マクロペタラ・ホワイトレディーの冬至芽]の続きを読む

アネモネの植え付け

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年12月09日 日曜日 [Edit] 

Anemone L. - アネモネ セントブリジット スカーレット

Anemone L. - アネモネ セントブリジット スカーレット
 今日の一句 「球根は 上下正しく 間違えず」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Anemone L.
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】イチリンソウ属
【和名】牡丹一華(ボタンイチゲ)・ 花一華(ハナイチゲ)
【英名】Poppy Anemone  【別名】紅花翁草(ベニバナオキナグサ)
【品種名】セントブリジット スカーレット 
【咲き方】八重咲き(菊咲き) 【花期】4~5月 【草丈】30cm 
【原産地】地中海沿岸 【性状】耐寒性塊茎

実は生まれて初めて育てるアネモネのご紹介です!
先日たくさん色々な球根をいただいたのですが、その中の一つです。いただいた球根は、これまで私が育てたことのないものがたくさんあって、舞いあがって喜んでいる日々です。

ラベルには植えつけ期は11月までとされているところが、気になりましたが12月中旬だというのに、植えつけてしまいました!
少々心配ではありますが、アネモネはなかなか寒さには強いようなのでダイジョウブ!と楽天的に考えております。いずれにせよ、この球根は寒さにきっちり当てないと花が咲かないそうですし!

初めて育てるお花ですので、いつものごとくお勉強タイムです!

アネモネは世界に約120種類ほどあります。語源はギリシア語で「風」を意味し、またギリシア神話では女神「アフロディーテ」が愛した美少年で有名なアドニスが流した血から、このアネモネが産まれたともされています。

また園芸種には、大別すると3種類はり、「コロナリア系」「ブランダ系」「フルゲンス系」 があるそうです。
「コロナリア系」は、大輪種で切り花にあう
「ブランダ系 」は、小型種で青色の系統が多い
「フルゲンス系」は 高温多湿に弱く少々育てにくい

調べていてアドニス?って私が育てている植物にもあったなぁ~とよくよく考えてみましたが、あっ、そう!福寿草もアドニスと呼ばれていたわぁ~と思いつくにいたり、おなじキンポウゲ科である点でもつながりました。葉っぱの形が双方でとてもよく似ていますよね。
[アネモネの植え付け]の続きを読む

10月の入手苗 ヘラボ編

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年11月10日 土曜日 [Edit] 

Helleborus x Hybridus - 吉田交配‘ダークネクタリーフラッシュ’

Helleborus x Hybridus - 吉田交配‘ダークネクタリーフラッシュ’
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Helleborus x Hybridus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【別名】クリスマスローズ レンテンローズ ガーデン・ヒブリドゥス
【和名】姫冬牡丹(ヒメフユボタン) 【英名】 Lenten rose (hellebore)
【品種名】ダークネクタリーフラッシュ
【流通名】レンテンローズ   【別名】雪おこし(ユキオコシ)
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 【花期】2月~4月
【草丈】90センチ 【花径】4~5センチ  【花色】白色~小豆色
【咲き方】平咲き 一重咲き  フラッシュ
【交配】吉田交配(北海道) 
【備考】#007

吉田交配のヘラボは始めての入手です。以前から北海道で育てられているという吉田交配の苗には興味があったのですが、おぎはら植物園さんで取り扱っていたのです。

ダークネクタリー・フラッシュMIX
この株はインターネットで購入したものなので、ラベルを見ることはできませんでした。手元に届いてその裏側を知ることになったわけです。

Click!していただくと拡大します。



年々か経過すると大抵このラベルは風で吹き飛ばされたり、風化してしまったりしてなくなってしまいますので、こちらに記録をとっておきますね。

1.イギリス フィダーナーセリーのフラッシュダークネクタリーの優良花を選抜・育種しました。貴重価値の高い良花が期待できます。ダークネクタリーは80%程度期待できますが、フラッシュの入り方はさまざまです。

2.気温の低い北海道で育成した12cm深ポットの大苗です。購入後すぐか、11月下旬までに15cm深鉢に植え替えると約70%が翌春5月までに開花します。(昨年実績)ただし、栽培条件により翌々春になる場合があります。

3.水はけの良い用土を使い、元肥・追肥は休眠期に肥料が切れるよう60日~90日タイプの化成肥料か、ボカシ肥料を秋と春に与えます。(この苗はアルゴフラッシュ・フルールを使用しています)

4.地域により夏場の遮光が必要です。

などと記載されていました。

私は立派な苗だったので、いきなり地植えにしちゃいましたが、現在は元気にスクスクと新しい葉っぱを展開してくれてます。
[10月の入手苗 ヘラボ編]の続きを読む

マクロペタラ‘ホワイトレディー’

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年11月05日 月曜日 [Edit] 

Clematis macropetala 'White Lady' - マクロペタラ系(アトランジェン系)'ホワイトレディー'

Clematis macropetala 'White Lady' - マクロペタラ系(アトランジュ系)'ホワイトレディー'
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis macropetala 'White Lady'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【種名】マクロペタラ (mak-roh-PET-uh-luh)
【和名】クレマチス 【英名】Clematis
【性状】耐寒性宿根草 暑さには少し弱い品種
【系統】マクロペタラ系 (アトランジェン系またはアトランジュ系)
【咲き方】四季咲き(春から初夏) 八重咲き
【花径】5~6センチ 【高さ】250~300センチ【耐寒性】強い
【花色】白色  【剪定】弱剪定 旧枝咲き 
【流通名】マクロペタラ 'ホワイトレディー'
【原産地】  【作出者】 
【備考】#C014

このクレマチスには四季咲き性があるところと、真っ白な八重咲きである点が気に入りまして、入手とあいなりました。こちらもおぎはら植物園様から購入させていただいたものです。

マクロペタラ系のものは、敗戦続き・・・ _| ̄|○

なんとか生きながらえているような状態のものばかりです。それもこれも二年生苗だったので、高をくくり地植えにしてしまったのが要因かと思い、今回はちゃんと鉢増ししました。

でもちょっと鉢の深さ、足りなかったかな。元肥入りの用土を使い腐葉土をすきこんだ土に植えつけました。
[マクロペタラ‘ホワイトレディー’]の続きを読む

危うし!Clematis alpina 'Constance'

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年09月08日 土曜日 [Edit] 

<i>Clematis alpina</i> 'Constance' - クレマチス・アルピナ・コンスタンス

Clematis alpina 'Constance' - クレマチス・アルピナ・コンスタンス
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis alpina 'Constance'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】クレマチス属
【系統】アトラゲネ系 Atragene Group
【流通名】アルピナ・コンスタンス 【英名】Clematis 'Constance'
【咲き方】一重または半八重咲き 【花期】四季咲き4~6月と夏や秋
【花色】紫色 クリムゾン・ピンク 【花径】 【背丈】200cm
【剪定】旧枝咲き
【作出】Mrs K. Goodman(イギリス)1992年
【原産地】中国 【性状】耐寒性宿根草木
【備考】#C017

暑さが嫌いだと聞いたので、ウメモドキの木の下に植えたのですが、さすがに日照不足過ぎたようで、瀕死の状態の‘コンスタンス’です。
しかも土壌改良も不十分だったようで、春からずっと姿は変わらず、ほとんど生育が見られなくて、ここにきて葉っぱに枯れもみられるようになってしまいました。

このままですと越冬する体力もなさそうな感じ。かといって肥料をあげたから元気になるというものでもなく・・・。涼しくなってきたので、これから少しは元気を取り戻してくれるのかしら・・と不安です。

植え付けた時期もちょっと芽が動き出していた頃でしたので、それもよくなかった要因かと。
[危うし!Clematis alpina 'Constance' ]の続きを読む