スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレマチス咲きのオダマキ???

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年06月10日 水曜日 [Edit] 




【学名】 Aquilegia vulgaris
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属
【品種名】不明
【咲き方】一重咲き 横向き  【花色】紺色
【和名】 西洋苧環セイヨウオダマキ) 【英名】 アクレイギア Aquilegia
【性状】耐寒性宿根草 (二年草) 【用途】地植え 鉢植え

濃い紺色がシックな上に、大輪でクレマチスと間違えそうな咲きっぷりのセイヨウオダマキです。

直径は8センチくらいでしょうか。ホントに大きいのですよ~
こんなに大輪になるオダマキを育てている意識は全くなかったワタシです^_^;

品種名がもしあるのならば、知りたいっ! それとも我家で生まれた世界にたったひとつの交配種?
んなわけないか(笑)


【PR】八重咲きオダマキのタネ「ウィンキーダブル」もかわいい~ ^0^

タネから育てよう! at Rakuten


春の嵐に見舞われ、支柱で支えてあげているのです。
この子も今年一株しか咲いておりません。もっと群生させたいなぁ~
やはりタネまきにいそしむしかないようです。こぼれ種にも期待して、採取組と放置組の二本立ての作戦でいこうと思います(笑)
[クレマチス咲きのオダマキ???]の続きを読む
スポンサーサイト

紫色と白色のコンビで!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年05月27日 水曜日 [Edit] 




【学名】 Aquilegia vulgaris
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属
【品種名】不明
【咲き方】二重咲き 二色咲き 横向き  【花色】紫色×白色
【和名】 西洋苧環セイヨウオダマキ) 【英名】 アクレイギア Aquilegia
【性状】耐寒性宿根草 (二年草) 【用途】地植え 鉢植え

濃い紫色と白色のコンビネーションがシックでかわいいセイヨウオダマキです。
先日ご紹介したライトブルーのオダマキと同じような咲き方なのですが、外側のガクがもっと濃い紫色をしており、こちらもまた良い感じです♪

そしてライトブルーのオダマキと同様に、タワーのような八重咲きになっているお花もチラホラと見受けられ、1つで二度愉しめる状況です(笑)


【PR】八重咲きオダマキのタネ「ウィンキーダブル」もかわいい~ ^0^

タネから育てよう! at Rakuten


春の嵐に見舞われ、支柱で支えてあげているのです。
この子も今年一株しか咲いておりません。もっと群生させたいなぁ~
やはりタネまきにいそしむしかないようです。こぼれ種にも期待して、採取組と放置組の二本立ての作戦でいこうと思います(笑)
[紫色と白色のコンビで!]の続きを読む

タワーブルーをありがとう~m(__)m

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年05月23日 土曜日 [Edit] 




【学名】 Aquilegia vulgaris ‘Tower Light Blue’
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属
【品種名】タワーライトブルー(ライトブルー/ホワイト)
【咲き方】ボネット型 八重咲き 下向き
【和名】 西洋苧環セイヨウオダマキ) 【英名】 アクレイギア Aquilegia
【性状】耐寒性宿根草 (二年草) 【用途】地植え 鉢植え

昨年は一株しか咲かなかったのですが、種を頂き、二年越しで育った株から花をさせてくれるようになり、今年はにぎやかになりました~~ 

+゜*。:゜+(人*´∀`)ウットリ+゜:。*゜+.

タネを下さったMさんそれにAさん、ありがとうございました~~~ m(__)m
この場をお借りして熱くそして厚く御礼申し上げます!!!

やはりオダマキの中ではダントツのかわいらしさです。
現在はすべて地植えとなっており、先日ご紹介したブラックバローを隣人としている子や、ブルーベリーの木の下で咲いている子。
あるいはヒューケラのお隣にいる子など、いたるところで咲いてます! うふふ ニンマリ

【PR】 セイヨウオダマキを探そう! at Rakuten


咲き始めは、私の好きなライトグリーンなのですが、咲き進むにつれてライトブルーへと変化してゆきます。花びらが八重なので、その変化を眺めるのも楽しいオダマキです。
[タワーブルーをありがとう~m(__)m]の続きを読む

ピンク色のセイヨウオダマキ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年05月19日 火曜日 [Edit] 




【学名】 Aquilegia vulgaris
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属
【品種名】不明
【咲き方】一重咲き 一色咲き 下向き  【花色】ピンク
【和名】 西洋苧環セイヨウオダマキ) 【英名】 アクレイギア Aquilegia
【性状】耐寒性宿根草 (二年草) 【用途】地植え 鉢植え

今年、一番の大株となり数え切れないほどのお花を抱えている苧環はこの子です。
パステル調のピンクの大振りのお花を鈴なりにつけており、見応えがあります。

頭でっかちだったのに、支柱を立ててあげていなかったために、先日強風で倒れそうになり、遅まきながらレスキューいたしました(^^ゞ
この子、1メートルには届かないと思いますが、かなりの背丈にまでなっているのです。


【PR】八重咲きオダマキのタネ「ウィンキーダブル」もかわいい~ ^0^
やっぱりウィンキーちゃんが手元にないのは寂しいなぁ~

タネから育てよう! at Rakuten


これほどまでに大きくなるとは思えずに、お隣のクレマチスと近すぎて、まもなく開花のクレマチスがよくみえなくなっちゃいました(^^ゞ
加えて、これもまた想像以上に大株となり殖え続けている、黒花フウロとも激しい領域争いを繰り広げています。
少し黒花フウロには犠牲になってもらいました。ごめんね m(__)m
[ピンク色のセイヨウオダマキ]の続きを読む

深い蒼色のブルーバロー

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年05月17日 日曜日 [Edit] 




【学名】 Aquilegia vulgaris var.stellata ‘Blue Barlow’
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属
【品種名】ブルー・バロー
【咲き方】ポンポン咲き 八重咲き 下向き
【和名】 西洋苧環セイヨウオダマキ) 【英名】 Columbine
【性状】耐寒性宿根草
【用途】地植え 鉢植え 

昨年までオールドローズのそばでキレイに咲いていた‘ブルーバロー’の株が枯れてしまったので、残念に思っていたら、ちゃぁ~~んと別の場所で子孫を残していてくれました!

見ごたえのあるゴージャスな八重咲きの子なので、うれしい~ ^0^
一色咲きですが、重なりある青色の花弁には深みがあって、しっとりとした趣がありつつも、華やかな咲きっぷりです。


【PR】 宿根草オダマキ ‘ブルーバロー’は、おぎはら植物園さんちで315 円也~

オダマキを育てよう~! タネからも楽しいですよん^0^ at Rakuten


この子がこぼした種から育ったのかしら?
今年は、この子と全く同じ色あいの一重咲きの子がコンテナの中で育っています。
あるいは体力がなくて、八重になりきれなかったのかなぁ~ オダマキならそんなこともなさそうなのですけど。
ただちょっと記憶力が乏しくなっている私ですが、クレメンタインシリーズのタネを以前買ったことがあるはずなので、この子はクレメンタインなのかもしれず・・・(^^ゞ
[深い蒼色のブルーバロー]の続きを読む

地植えのオダマキ 'Sweet Rainbows'

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年05月11日 月曜日 [Edit] 




【学名】Aquilegia 'Sweet Rainbows'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】オダマキ属
【和名】西洋苧環セイヨウオダマキ) 【英名】Colombine
【別名】アキレイギア アクイレギア 【品種名】スィート・レインボーズSweet Rainbows
【性状】耐寒性宿根草  【花期】5~6月  【草丈】 80~90センチ  【花色】藍色~青色×白

地植えのオダマキたちも次々と開花し始めています。

地植えにしてあるオダマキの中で、一番に開花しはじめたのが、‘チョコレートソールジャー’でしたが、シックで野趣あふれる花から、今度は一転して、とてもゴージャスな咲きっぷりの西洋オダマキスィートレインボーズ’のうちの一つ、このブルー系の花が咲きました~

ヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノへ(^^ヘ)(ノ^^)ノ ちゃんかちゃんか♪

Tompson & Morgan社の種から育てた苗が昨年二年越しで開花した株で、今年二年目を迎えているのです。

昨年よりも一回り大きく成長してくれたように見えます。

私の予想では、ブラックバローが一番に咲くと思っていたのですけど、ハズレでした(笑)
もうまもなく開花しそうですけど^0^

この子は蕾のときには、深い藍色をしているのですが、咲き進むにつれ明るい青色へと変化します。
花弁にフリフリがついていて、その部分には、白色が混じり顔色を明るく照らすような品種です。

【PR】 オダマキを探そう! at Rakuten


お隣には臙脂色と白色に咲くオダマキもあり、すべてが咲きそろうとにぎやかになりすぎてしまうほどです(^^ゞ
[地植えのオダマキ 'Sweet Rainbows']の続きを読む

臙脂と黄色の苧環

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年06月08日 日曜日 [Edit] 

Aquilegia hybrida - 西洋苧環(セイヨウオダマキ)

Aquilegia hybrida - 西洋苧環(セイヨウオダマキ)
 今日の一句 「雨の日に ようやく咲いた 苧環は 鮮やかなる 臙脂色」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Aquilegia hybrida
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属
【咲き方】二重咲き 下向き  【花色】 桜色×クリーム色 
【和名】 西洋苧環セイヨウオダマキ) 【英名】 アクレイギア Aquilegia
【性状】耐寒性宿根草  【用途】ボーダー花壇 鉢植え

これがおそらく苧環の中でもっとも遅く開花したものです。
鮮やかなオレンジがかったような緋色とこれまたもっとも濃い黄色とのコンビネーションの苧環で、マッカナジャイアント系ではないかと思われます。 このタイプでもっと淡い色あいのものもあるのですが、もしかするとこの子のこぼれ種だったのかもしれません。

ロウバイのそばに植えてあるので、ロウバイに栄養を吸い取られ、狼狽していたのかもしれないのですが、背丈も1メートル以上になっており、花数もまずまずで見事に最盛期を迎えています。

お花の姿はおそらくこれが最期の記事になると思うんですよ~ 苧環シリーズは完結です。
でも、種の様子などはまた追ってご報告したいとは思っているのですが。
[臙脂と黄色の苧環]の続きを読む

桜色×クリーム色のオダマキ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年05月29日 木曜日 [Edit] 

Aquilegia hybrida - 西洋苧環(セイヨウオダマキ)

Aquilegia hybrida - 西洋苧環(セイヨウオダマキ)
 今日の一句 「やさしさに 包まれながら 早朝に ふわりふわりと 揺れる苧環」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Aquilegia hybrida
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属
【咲き方】二重咲き 下向き  【花色】 桜色×クリーム色 
【和名】 西洋苧環セイヨウオダマキ) 【英名】 アクレイギア Aquilegia
【性状】耐寒性宿根草  【用途】ボーダー花壇 鉢植え

そろそろ苧環たちも種の鞘が膨らんできはじめてます。
この桜色とクリーム色のコンビの苧環も、こうして花びらを散らし、どんどん種を作る参段をし始めているのです。

苧環は花びらの散り方もはかなくて、ハラハラと突然ちってしまうのです。花びらはいつまでも残っておらず、ある日突然まだキレイな花弁だというのに、パラパラっと落としてしまったかと思ったら、もう種が出来初めていて、あれよあれよという間に膨らみ始めるという感じです。

大雨の後などは、その落ちた花弁がくっついてしまって、見苦しくなってしまうこともあるのが難点です。

それに切花にして生けても花持ちがあまりよくなくて、そうしてスグに花びらが落ちてしまい、散った花びらが床に散乱してしまうので、切花としてはあまり長い期間愉しむことはできないのです。
[桜色×クリーム色のオダマキ]の続きを読む

オトナの紫苧環

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年05月26日 月曜日 [Edit] 

Aquilegia hybrida - 西洋苧環(セイヨウオダマキ)

Aquilegia hybrida - 西洋苧環(セイヨウオダマキ)
 今日の一句 「しっとりと 咲いた苧環 紫の 花弁を揺らす 初夏の花」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Aquilegia hybrida
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属
【咲き方】二重咲き 下向き  【花色】紫×紫
【和名】 西洋苧環セイヨウオダマキ) 【英名】 アクレイギア Aquilegia
【性状】耐寒性多年草  【用途】花壇 ロックガーデン 

今日は・・ 今日も!?

苧環です! いいかげん飽き飽きしてしまいますかしらん? (爆)

今年は株こそ残っているのですが、風鈴苧環が咲いてくれず、シックな紫色をした苧環が無いな~と思っていたのですが、この子ががんばってくれました!
今年、初めて開花したタイプです。

明るい紫というよりも、暗い感じの紫ですが、日の光にすけたりするとキレイな色を放ちます。
落ち着いたお庭にしたいというときには、もってこいの感じです。

苧環は和風のお庭にも映えますが、セイヨウオダマキですとちょっと違和感があるなぁ~とも思う色あいのものがありますけど、この子は和風のお庭にあいそうです。
[オトナの紫苧環]の続きを読む

クリーム色の西洋オダマキ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年05月25日 日曜日 [Edit] 

Aquilegia hybrida - 西洋苧環(セイヨウオダマキ)

Aquilegia hybrida - 西洋苧環(セイヨウオダマキ)
 今日の一句 「やさしさに 包まれながら 早朝に ふわりふわりと 揺れる苧環」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Aquilegia hybrida
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属
【品種名】タワーライトブルー(ライトブルー/ホワイト)
【咲き方】ボネット型 八重咲き 下向き
【和名】 西洋苧環セイヨウオダマキ) 【英名】 アクレイギア Aquilegia

しつこく!?また苧環です(;´▽`lllA``
先日の苧環は黄色×黄色でしたが、今日の子はクリーム色×黄色ちゃんです。
似た感じなのですが、外側の花びらはうっすらクリーム色をしておりまして、先日のものとはまたちょっと違うやさしい雰囲気のあるものなんです。

でも写真だとちょっと濃い黄色に見えるなぁ~

この子も背高のっぽで、かなり目を引くんですよ~ 今年は花つきも非常に良いのです。
[クリーム色の西洋オダマキ]の続きを読む

黄色の西洋苧環

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年05月24日 土曜日 [Edit] 

Aquilegia hybrida - 西洋苧環(セイヨウオダマキ)

Aquilegia hybrida - 西洋苧環(セイヨウオダマキ)
 今日の一句 「背高の 苧環の花 群れて咲く 皐月の空に 向かいつつ」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Aquilegia hybrida
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属
【咲き方】二重咲き 横向き  【花色】 黄色×黄色
【和名】 西洋苧環セイヨウオダマキ) 【英名】 アクレイギア Aquilegia
【性状】耐寒性宿根草  【用途】ボーダー花壇 鉢植え 

この子は、一番背高のっぽに育ってくれてまして、植え付け場所が気に入ってくれたみたいです。
花数も一番! お花の大きさも一番!
どちらかというと苧環はうつむき加減に咲くものが多いのですが、この子は横向き系。

先日の大雨でちょっと横倒しっぽくなりかけてしまったので、支柱を立ててあげたのです。
おとなりにはスカビオサ(高性)がもう少しでお花をつけてくれそうなのですけど、競演を見ることができるかなぁ~ と期待中!
叶えば、黄色と黒色のコラボです。

この黄色の苧環の北側にバラを植えてしまい、これがパティオローズの黄色系なものですから、バラのほうが日陰になってしまって、ちょっとバラにはヨロシクない状況になってしまっていることが、気がかり。それになによりも葉っぱが茂りすぎ・・ 

もう少しでバラの季節です!
[黄色の西洋苧環]の続きを読む

Aquilegia vulgaris ‘Tower Light Blue’

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年05月22日 木曜日 [Edit] 

Aquilegia vulgaris ‘Tower Light Blue’ - 西洋苧環 アキレギア ‘タワー ライトブルー’

 Aquilegia vulgaris ‘Tower Light Blue’ - 西洋苧環 アキレギア ‘タワー ライトブルー’
 今日の一句 「ひっそりと 木陰で咲いた 水色の 爽やかな花 奥ゆかし」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】 Aquilegia vulgaris ‘Tower Light Blue’
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属
【品種名】タワーライトブルー(ライトブルー/ホワイト)
【咲き方】ボネット型 八重咲き 下向き
【和名】 西洋苧環セイヨウオダマキ) 【英名】 アクレイギア Aquilegia
【性状】耐寒性宿根草 (二年草) 【用途】地植え 鉢植え

そもそも西洋苧環の世界に飛び込むことになったきっかけとなったのは、この子との出会いだったと思います。
あまりにもかわいらしくて、これってなんと言うお花かしらんと思ったら、なんとオダマキ!
我家ではミヤマオダマキが新旧交代しながら、もうン十年も咲き続けているのですが、親戚だなんてちっとも思わなかったです。で、イロイロ調べてみたら、なんと豊富な種類があることかとびっくり!

そんなこともあって、それ以来我家ではなくてはならない西洋苧環となったのが、‘タワーライトブルー’なわけです。

お顔が見えにくいので、ちょっとつまんで片手でシャッターを切りました。もっともうつむき加減に咲くところが、奥ゆかしくて好きなんですけどね~
開きだしたばかりの‘タワーライトブルー’は、まだ青みがしっかりしていませんが、ここから数日するとはっきりとした水色に変わってきます。ただこの子、ちょっと日陰なので発色がいまひとつかも!?

でもそんな状況下でも、健気に咲くその姿もかわいいのですけど。

株元にしろっぽく写っているのは、ラミウム‘ビーコンシルバー’で、お隣には冬咲きのクレマチス‘日枝’やテキセンシス‘ダッチェス・オブ・アルバニー ’、薔薇‘アブラハムダービー’が仲間です。

テキセンシスは、このオダマキが終わる頃にバトンを渡すのかな? ‘アブラハムダービー’はそろそろ開花してくれるはず。二人の競演も楽しみです。
[Aquilegia vulgaris ‘Tower Light Blue’]の続きを読む

白色の苧環 ノラバロー

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年05月21日 水曜日 [Edit] 

Aquilegia vulgaris 'Nora Barlow' - 西洋オダマキ ‘ノラバロー’

Aquilegia vulgaris 'Nora Barlow' - 西洋オダマキ ‘ノラバロー’
 今日の一句 「桃色の 幾重にも 舞う 花びらに 乙女のごとき 頬を思ふ」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Aquilegia vulgaris 'Nora Barlow'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属
【品種名】ノラ・バロウ またはノラバロー
【和名】西洋苧環セイヨウオダマキ)【英名】Columbine
【別名】アキレイギア またはアクイレギア
【性状】耐寒性宿根草  【花色】薄桃色

困ったことに全くキオクに無いのです・・・この子の名前は一体何だったのかしらん^^;
と、一瞬わからなかったのですが、あっ、そうでした! あのNora Barlowの種からでてくれたものに違いありません。

なぜにノラ・バローだと思わなかったかと申しますと、初めて咲いた花ったら、どうしたわけか一重の花びらしかなかったんですよ。
で、あららこんな一重咲き、私育てている覚えないわーなんて思っていたのですが、次々に咲き始めてみると、ちゃんとヒラヒラしてました~

というわけで、今日はノラバローの白色、というか薄桃色した子をご紹介です。
[白色の苧環 ノラバロー]の続きを読む

Aquilegia Sweet Rainbows 其の二

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年05月21日 水曜日 [Edit] 

Aquilegia  'Sweet Rainbows'  - 西洋苧環 ‘スィート・レインボーズ’

Aquilegia 'Sweet Rainbows' - 西洋苧環 ‘スィート・レインボーズ’
 今日の一句 「瑠璃色に 開いた花は 涼しげで 可憐な苧環 春の花」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Aquilegia 'Sweet Rainbows'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】オダマキ属
【和名】西洋苧環セイヨウオダマキ) 【英名】Colombine
【別名】アキレイギア アクイレギア 【品種名】スィート・レインボーズSweet Rainbows
【原産地】
【性状】耐寒性宿根草  【花期】5~6月  【草丈】 80~90センチ 【花色】ライトブルー

昨日ご紹介した藍色のスィートレインボーよりも、もう少し薄い青色をしているのが、この子。
八重の花びらの先端にうっすらと白色が残り、涼しげな顔立ちながら可憐さは残しています。

これまた私好みだわぁ~~ 花弁のひらひらとしたカールの仕方に気品があります。

種から育てて二年目での開花。順当な育ち方をしてくれました~
[Aquilegia Sweet Rainbows 其の二]の続きを読む

Aquilegia Sweet Rainbows 其の一

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年05月19日 月曜日 [Edit] 

Aquilegia  'Sweet Rainbows'  - 西洋苧環 ‘スィート・レインボーズ’

Aquilegia 'Sweet Rainbows' - 西洋苧環 ‘スィート・レインボーズ’
 今日の一句 「藍色に 少し斑入りの 苧環に 心を寄せる 家人かな」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Aquilegia 'Sweet Rainbows'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】オダマキ属
【和名】西洋苧環セイヨウオダマキ) 【英名】Colombine
【別名】アキレイギア アクイレギア 【品種名】スィート・レインボーズSweet Rainbows
【性状】耐寒性宿根草  【花期】5~6月  【草丈】 80~90センチ  【花色】藍色×白

Tompson & Morgan社の種から育てた苗が二年越しで遂に開花してくれました~~
オダマキの‘スィートレインボー’です!20粒入りで、840円でございました~~ 5種類のお花のミックスなので、どの色の花が咲くか、ワクワクしていたワタシです。100%の発芽率ですと、4株づつ楽しめることになるのですが、この子の苗も開花前にご近所さんに分けてしまっているので、手元に残っていない種類もあるのではないかと。こちらのサイトにある写真の一番左側に写っているのがこの子だと思うんです。

命名がスィートレインボーなのに、5色なんですよね。ちょっと突っ込みたくなります。
7色ではないのか?と (笑)
で、我家で咲いている子たちなのですが、今のところ二種類しか確認できてない無くて。

ワタシとしては上側に写っているブロンズ色の子を実際に見てみたい!と毎日キョロキョロ庭を観察しているのですが、未だに咲いてくれてません。
ご近所さんちでは咲いているのかしら?でもいまひとつ、その苗がどこに植えられているのかがわからず。里子に出した子は元気にしてくれているのかなぁ~
[Aquilegia Sweet Rainbows 其の一]の続きを読む

一番元気!ブルーバロー

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年05月14日 水曜日 [Edit] 

<i>Aquilegia vulgaris var.stellata</i> ‘Blue Barlow’ - 西洋苧環 ‘ブルーバロー’


 セイヨウオダマキ、ウルガリス‘ブルーバロー’です!
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】 Aquilegia vulgaris var.stellata ‘Blue Barlow’
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属
【品種名】ブルー・バロー
【咲き方】ポンポン咲き 八重咲き 下向き
【和名】 西洋苧環セイヨウオダマキ) 【英名】 Columbine
【性状】耐寒性宿根草

昨年よりもさらに株が大きくなってくれているように思え、ニンマリしているのがバローシリーズの中でもすがすがしい色あいの‘ブルーバロー’です。
開花して二年目ということもあり、しっかりとした株立ちとなり、バローシリーズのなかでは一番元気です。
この子は種から育てたのではなく、苗で購入したはず!

先日ご紹介したピンク色(種から育てたもの)もかわいらしかったですが、この子はもう少しオトナの風情がございます。
実物はもっと深いネイビーブルーに近い感じの色なのですが、写真ですとちょっと白っぽいなぁ~
下手な写真ですみませんm(__)m 下のお店の写真のほうが実物に近いです。


アクレギア ブルーバロー1鉢 Aquilgia vulgaris Blue Barlow
【PR】ハッピー ガーデンさんではおぎはら植物園さんよりもちょっとお安く、294円で売られているようです。
こちらにはバローシリーズのお写真がすべて揃っているようですので、他の子たちもご覧になれますよん。





薔薇ファンタンラトゥールのお隣に配しているので、二人の競演が待ち遠しいところなのですが、薔薇のほうの開花にはまだもう少し時間がかかりそう。じりじりとして待っている私です。
薔薇に負けまいとして、ぐんぐんと背丈を伸ばしており、次々にお花が咲いてます。
[一番元気!ブルーバロー]の続きを読む

オダマキとロマンチカ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年06月18日 月曜日 [Edit] 

Aquilegia × hybrida

Aquilegia × hybrida

 

【学名】Aquilegia × hybrida
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属
【品種名】不詳 【和名】西洋オダマキ   
【英名】Columbine  【別名】アキレイギアAquilegia
【性状】耐寒性多年草 耐寒性(強)  【系統】中型  
【草丈】40~60cm  【花径】5cm  【花期】5月~6月  

西洋オダマキは開花しはじめてから、すでに種を作り始めているのですがなかなか鞘を開いてくれず、早く採取したいのにとジリジリしている私です。

種を作りつつもきれいに開花しているものと、蕾とが混在しているのでオダマキは意外と長い期間お花を楽しむことができます。

でも来年も宿根草として開花してくれるはずなので、採取しないところは切り取ったりして、無駄に種を作らせないようにしつつ管理中です。

クレマチスの‘ロマンチカ’と寄せ植えにしたこの臙脂色のオダマキがとてもきれいに咲いていてくれてます。‘ロマンチカ’と距離があって後ろで写っているのがボケてしまってますが。
[オダマキとロマンチカ]の続きを読む

西洋オダマキ 白色×白色

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年06月05日 火曜日 [Edit] 

西洋オダマキ 白色×白色

西洋オダマキ 白色×白色



【学名】Aquilegia × hybrida
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属
【品種名】不詳 【和名】西洋オダマキ   
【英名】Columbine  【別名】アキレイギアAquilegia
【性状】耐寒性多年草 耐寒性(強)  【系統】大型  
【草丈】40~60cm  【花径】5cm  【花期】5月~6月  

満開の時期が過ぎて、オダマキたちはせっせとタネを作り始めてます。
この白色のオダマキも花びらを散らして、タネ作りにとりかかりはじめることにした模様。

オダマキの場合、花びらはヒラヒラと散るので、足元が花びらだらけになっちゃうのですが、これからの梅雨の時期を考えるとカビの原因になるのではないかと思い、なるべく取り去るように心がけております。
[西洋オダマキ 白色×白色 ]の続きを読む

西洋オダマキ 暗紫色×白色

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年06月05日 火曜日 [Edit] 

西洋オダマキ 暗紫色×白色

西洋オダマキ 暗紫色×白色



【学名】Aquilegia × hybrida
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属
【品種名】不詳 【和名】西洋オダマキ   
【英名】Columbine  【別名】アキレイギアAquilegia
【性状】耐寒性多年草 耐寒性(強)  【系統】大型  
【草丈】40~60cm  【花径】5cm  【花期】5月~6月  

オダマキシリーズもほぼ終盤に差し掛かってきました。
今日はもっともシックな装いといえそうな配色のご紹介です。
濃い紫色と限りなく白色に近いコンビです。

このタイプの咲き方をするもののなかに、真っ黒なものがあるので、昨年入手したかったのですが、種が売り切れていたんです。
そんな黒色にとても近いと思います。こちらの写真たちは太陽光線のせいか、ちょっと白っぽい紫色に見えてしまっているのですが。
[西洋オダマキ 暗紫色×白色 ]の続きを読む

西洋オダマキ 薄桃色×薄黄色

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年06月03日 日曜日 [Edit] 

西洋オダマキ 薄桃色×薄黄色

西洋オダマキ 薄桃色×薄黄色



【学名】Aquilegia × hybrida
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属
【品種名】不詳 【和名】西洋オダマキ   
【英名】Columbine  【別名】アキレイギア(Aquilegia
【性状】耐寒性多年草 耐寒性(強)  【系統】大型  
【草丈】40~60cm  【径】5cm  【期】5月~6月  

またオダマキ?なのぉ~ と食傷気味ですか? もうしばらくお付き合いを!(笑)

ちょっとだけ外側が薄桃色がかっていて、内側はやさしい黄色をしている西洋オダマキです。
[西洋オダマキ 薄桃色×薄黄色 ]の続きを読む

西洋オダマキ 橙色×黄色

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年06月02日 土曜日 [Edit] 

西洋オダマキ 橙色×黄色

西洋オダマキ 橙色×黄色



【学名】Aquilegia × hybrida
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属
【品種名】不詳 【和名】西洋オダマキ   
【英名】Columbine  【別名】アキレイギア(Aquilegia
【性状】耐寒性多年草 耐寒性(強)  【系統】中型  
【草丈】40~60cm  【径】5cm  【期】5月~6月  

こちらも先般ご紹介した小豆色と同じくらいの大きさで、ちょっと小さめ。まだ株が充実していないのかしらん。
臙脂色というよりもすこしオレンジ色がかった感じで、これもお気に入りの一品です。
[西洋オダマキ 橙色×黄色]の続きを読む

西洋オダマキ 臙脂色×黄色

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年06月02日 土曜日 [Edit] 

西洋オダマキ 臙脂色×黄色

西洋オダマキ 臙脂色×黄色

 

【学名】Aquilegia × hybrida
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属
【品種名】不詳 【和名】西洋オダマキ   
【英名】Columbine  【別名】アキレイギアAquilegia
【性状】耐寒性多年草 耐寒性(強)  【系統】中型  
【草丈】40~60cm  【花径】5cm  【花期】5月~6月  

しばらくはオダマキWEEKになりそうな予感!
今日は緋色と黄色のオダマキです。昨年播いたタネから今のところ三株の開花を確認しています。

これはクレマチス‘ジャックマニー’のお隣に植えてあるもので、このクレマチスが咲いたなら、きっともっと楽しめそうです。

[西洋オダマキ 臙脂色×黄色 ]の続きを読む

西洋オダマキ 小豆色×黄色

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年05月30日 水曜日 [Edit] 

西洋オダマキ

【学名】Aquilegia × hybrida
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属
【品種名】不詳 【和名】西洋オダマキ   
【英名】Columbine  【別名】アキレイギア(Aquilegia
【性状】耐寒性多年草 耐寒性(強)  【系統】中型  
【草丈】40~60cm  【径】5cm  【期】5月~6月  

タネから育てている西洋オダマキたちが、大体咲きそろってきたようなので、順次弁の色別にご紹介していこうと思っております。

プチ・マイブームである「苧環」。Trackback Peopleサマのカテゴリーまでも作成してしまいました。うふふ。
皆様、是非苧環の様子をご紹介くださいませ!
PINGはこちらです。↓↓↓
http://member.blogpeople.net/tback/08327

さて、先週まではバローシリーズをアップし続けておりましたが、今日からは西洋オダマキの園芸種を弁の色ごとにご紹介してゆこうかと!

今日は小豆色と黄色のコンビです。

[西洋オダマキ 小豆色×黄色]の続きを読む

ブラックバローの発芽

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年05月27日 日曜日 [Edit] 

Aquilegia vulgaris var.stellata ‘Black Barlow’

Aquilegia vulgaris var.stellata ‘Black Barlow’

 

【学名】 Aquilegia vulgaris var.stellata ‘Black Barlow’
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属
【品名】ブラック・バロー
【咲き方】ポンポン咲き 八重咲き 下向き
【和名】 西洋苧環(オダマキ) 【英名】 Granny's bonnetまたはColumbine
【性状】耐寒性宿根草

西洋オダマキにもがどんどん出来初めてますが、お庭に地植えにしてある‘ブラックバロー’にもが出来始めてます。

今年育てている苧環の中でも、一番を採っておきたいと思っている品の一つ。

[ブラックバローの発芽]の続きを読む

ブルーバロー y(^ヮ^)y

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年05月26日 土曜日 [Edit] 

Aquilegia vulgaris var.stellata ‘Blue Barlow’

Aquilegia vulgaris var.stellata ‘Blue Barlow’

 

【学名】 Aquilegia vulgaris var.stellata ‘Blue Barlow’
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属
【品種名】ブルー・バロー
【咲き方】ポンポン咲き 八重咲き 下向き
【和名】 西洋苧環(オダマキ) 【英名】 Columbine
【性状】耐寒性宿根草

さて、先日ご紹介したブラックバローに引き続きまして、今日は青色のブルーバローです。
ブルーといってもやっぱりちょっと紫色というか、いわゆるブルーという色あいとはちょっと違う感じではありますが、苗にささっていたラベルには、確かに「ブルーバロー」と書いてありました。

こちらは、ブラックバローとルビーポートの違う種類を三種類集めた鉢植えにしてあり、昨年から育てております。
植え替えもしておりませんでしたが、スクスクと育ち、地植えにしてあるブラックバローよりも花径が大きいんです。肥料をあげすぎちゃったかしら。もう少し小ぶりに咲いて欲しかったと、贅沢な悩み。(笑)
[ブルーバロー y(^ヮ^)y]の続きを読む

距(きょ)が長っ!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年05月13日 日曜日 [Edit] 

【学名】Aquilegia × hybrida



【学名】Aquilegia × hybrida
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属
【品種名】不詳 【和名】西洋オダマキ   
【英名】Columbine  【別名】アキレイギア(Aquilegia
【性状】耐寒性多年草 耐寒性(強)  【系統】大型  
【草丈】40cm  【花径】5cm  【花期】5月~6月

昨年まではミヤマオダマキを主に育てたていたのですが、2006年春にタネマキから育てはじめた苧環。いよいよ開花となりました~\(*^▽^*)/ たぶんこれはサカタのたねで売られている大型種。

本当はバローの開花を待ち望んでいる私なのですが、いい加減な私は地植えにしたときにラベルを立てておかなかったので、咲いてくれないとどの品種なのかわからない状態 (;´▽`lllA``

黄色の大型種が一番乗りの開花宣言です。
[距(きょ)が長っ!]の続きを読む

西洋オダマキと雫

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年04月17日 火曜日 [Edit] 

Aquilegia vulgaris 'Nora Barlow'



【学名】Aquilegia vulgaris 'Nora Barlow'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属
【品種名】ノラ・バロウ
【和名】西洋オダマキ  【英名】Columbine
【別名】アキレイギア Aquilegia
【原産地】ヨーロッパ 【性状】耐寒性多年草 耐寒性(強) 
【系統】原種系  【草丈】30cm 
【花径】2cm  【花期】5月~6月

先日の「NHK趣味の園芸」では、西洋オダマキを特集してましたね。
私も去年は種からがんばって育てています。秋には虫くいにあったりして、冬を越せる体力があるか不安でしたが、地植えにしたほとんどの苗が無事越冬して、この春葉っぱを展開しはじめています。

私の場合はポット苗に直播したものを地植えに移植するというスタイルをとりましたが、大出先生は圧縮ピートを使った種まきの方法を紹介されていましたね。とっても簡単そうでした。私は財政上の理由により、種まき専用の小物を購入したりすることはなく、ほとんどポットに播くか、地面にそのまま直播するかどちらかです。オダマキは直播したことはありませんが、結構こぼれた種からも発芽するというお話を聞くので、水切れを起こさせなければ大丈夫なのでしょうね。

現在、我が家には、このノラバロー、スィートレインボー、ミヤマオダマキ、そして先日ご紹介した今年新しく仲間となったフウリンオダマキチョコレートソルジャーなどがあります。
[西洋オダマキと雫]の続きを読む