スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株分け成功♪菫岩桐草

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年10月20日 火曜日 [Edit] 




【学名】Petrocosmea flaccida
【科名】イワタバコ科 Gesneriaceae 【属名】ペトロコスメア属
【和名】菫岩桐草スミレイワギリソウ) 【英名】Petrocosmea (ペトロコスメア
【別名】ペトロコスメア・フラッキダ
【原産地】中国 【性状】耐寒性多年草 
【草丈】5~15センチ  【花色】青紫色  【花期】9~10月 
【用途】鉢植え

秋に咲く菫‘スミレイワギリソウ’。実はスミレではなく、イワタバコ科の仲間です。そういえばイワタバコをお隣のオジサマからいただいたのに、そちらのほうはすっかりなくなってしまいました_| ̄|○

でも、こちらの‘スミレイワギリソウ’のほうはいたって元気♪春に株分けをしたので、倍に増えました~(o^-')b

通年お玄関内内で柔らかな光が当たるところが特等席。自然の雨が当たることは滅多にさせないのです。一昨年水遣りのときに外に出しっぱなしにして葉焼けを起こし、半分くらいダメになってしまったので、激減してしまってからやっと二年で元に、いやそれ以上に増えました。

現在は6~7株になりました。和風のイメージなので、信楽焼きっぽい浅い丸鉢に植えてあります。

【PR】 秋に咲く、スミレのような山野草 at Rakuten

でも先日とある園芸店でこの子が売られているのを見つけたのですが、我家の子と比べると、カラダの大きさが倍以上! あれれ~~ 私って上手に育てているつもりでしたが、ちょっと水やりを控えすぎているかしら?
[株分け成功♪菫岩桐草]の続きを読む
スポンサーサイト

鉢植えの竜胆も!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年10月16日 金曜日 [Edit] 




【学名】Gentiana triflora または Gentiana scabra var. buergeri
【科名】リンドウ科 Gentianaceae 【属名】リンドウ属(ゲンチアナ属)
【和名】深山竜胆ミヤマリンドウ)  【英名】Gentian
【別名】竜胆リンドウ
【性状】耐寒性宿根草 【花期】10~11月  【草丈】30cm
【用途】鉢植え 庭植え 花壇 ロックガーデン

ずっと鉢植えの状態で管理中のリンドウが咲いてくれて、私としては秋を満喫中~です^0^

この子は、ホトトギスの白色と紫色、それに白色のスィートアリッサムが一緒に植えてあって、皆一斉に開花しております。毎年、毎年、植え替えてあげようと思いつつ、放置・・・ m(__)m

このままではマズイなぁ~ 大丈夫かなぁ~と心配するもの、ちゃんと咲いてくれるのです。ありがたい、ありがたい♪

この色あいと真っ白なシベがかわいいのですけど、今回は蜂が邪魔してシベの様子を逃しております。




蕾がのんびり開き始めるときが一番好き♪ 蕾があがり始めてから開花するまで、結構じらされるのですが、そこもまたよいのです。

【PR】 リンドウには白色、ピンク色などもあります♪ at Rakuten

今年はアリッサムが真夏の間にもいい感じでずっと咲き続けてくれているので、この竜胆が咲かなくてもアリッサムのおかげでこの鉢は二軍落ちすることなく、夏の後半からこれまでずっと表舞台で活躍してくれております。
宿根草鉢モノは、どうしても開花時期以外はお世話が疎かになりがちなので、他の時期に咲くものを寄せ植えにしておくと、水遣りを忘れることもありません。
[鉢植えの竜胆も!]の続きを読む

ヨーグルトでアンティークに!?

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年07月21日 火曜日 [Edit] 




【学名】Rosa wichuraiana Crp.
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属 Rosa
【系統】原種系 【開花時期】一季咲き 【香り】微香
【花形】平咲きで房咲き 【樹形】這性系 
【英名】ローサ ウィクライアナ  【別名】ハイイバラ / メモリアルローズ
【花色】白 【樹高】50~100cm 【花径】小輪系 3cm
【流通名】照葉野茨(テリハノイバラ)  【性状】落葉つる性木本
【命名者】 Francois Crpin(1830-1903)
【用途】地植え 鉢植え 

大きくなってしまうので、鉢管理しているテリハノイバラも7月中旬までには咲き終わりました。
小さい鉢なのに、思いのほか伸びて、さすがはテリハノイバラちゃん、頑張るわぁ~
場所さえあれば、壁に這わせたいところですが、今の我家の状態ではちょっと無理^_^;

ハンギングで育てていたテリハノイバラでしたが、冬に素焼きの鉢に植え替えました!
苔むして、なかなか渋い感じの鉢になっておりますでしょう~ ・・ヘ(^o^)/
この鉢には特に何も施していないのですが、自然と鉢に苔がまわってくれたんですよ~

裏ワザとして、素焼きの鉢にヨーグルトを塗っておくと、新しい鉢も一気に年代者の鉢になってくれるそうです。


【PR】桃花 テリハノイバラ(照葉野薔薇)は、日本花卉ガーデンセンターさんちで1,260 円也~

テリハノイバラを探そう! at Rakuten


ちょっと残念なのは、黄金色のシベがあっという間に茶色へ変化してしまうところですが、それでもごく小さな苗を求めて育て始めてから、二年目に咲いた花は二十個ほどはあったでしょうか。
限られた鉢の中で蔓を伸ばしこれだけ咲いたのは驚きました。

最盛期のときには、鉢の大きさとちっともマッチしていなくて、見ていてかわいそうなほどでした。
ツルバラを盆栽のように仕立てるのは難しいのでしょうが、この子のことはなんとか鉢植えでこじんまりとした姿を愉しみたいと思っているのです。
[ヨーグルトでアンティークに!?]の続きを読む

白かった・・・紅花イワガラミ♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年07月02日 木曜日 [Edit] 




【学名】Schizophragma hydrangeoides 'Roseum'
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】イワガラミ属
【和名】紅花岩絡ベニバナイワガラミ) 【英名】Japanese hydrangea vine 
【品種名】ロゼウム 
【花期】6~7月  【背丈】10~15メートル
【原産地】日本
【性状】落葉蔓性木本  【耐寒性】強い

イワガラミはツルアジサイと間違えられやすいのですが、イワガラミの装飾花の萼片は1枚であるのに対し、ツルアジサイには4枚あり、葉っぱの鋸歯が細かいのです。

お花がさくまでには、もっと年月がかかるものとばかり思っておりましたが、紅花イワガラミに蕾が見えてきました!

やった~~~ ♪(゜▽^*)ノ⌒☆

でもねぇ~~ 私が清水の舞台から飛び降りるようにして購入したこの「紅花」イワガラミは、白花に比べお値段がぐ~~んとお高かったのですが、装飾花が見えてきてもなかなか桃色に色づいてくれません。

ホントに紅花なのぉ~~~ ヘ(x_x;)ヘ




今に紅色になるはず!と待って、待って・・・・
でも結局お花が白色から紅色になることはありませんでした _| ̄|○


土壌水分計・酸度計【郵送可 \250】は、いま何度さんちで2,940 円也~
今使っている酸度計は壊れてしまって・・・^_^;
新しいの買おうかな~


もっとも森の中で高い木に絡みつきながら、お花を咲かせるし、10メートルにまで成長するということでしたので、私が勝手に開花までには何年もかかるものとばかり思い込んでおりましたが、入手してから3年ほどでお花が咲くとは思ってもみなかったのです。

なので、開花したという点では大満足です。


【PR】もれなく小鉢プレゼント ! 【イワガラミ】ミニ盆栽は白花ですが、旬の盆栽工房 はなだてさんちなら980円でゲットできますよ~
イワガラミを探そう! at Rakuten


盆栽で植えつけるときに、鹿沼土を多用してしまったことが敗因かもしれません。
アジサイと同じように赤色を出すためには、ピートモスなどをつかうべきだったのかも?
と、次回の反省点もマジえつつ、今年の白色の花を愉しむことにいたします。

残念ながら満開の時期をちょこっとだけ、逸してしまったお写真になっているのですが、フワフワした小さなお花が咲いていたときも、すんごくかわいかったですよ~
[白かった・・・紅花イワガラミ♪]の続きを読む

ライト・ブルーのクレマ!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年06月18日 木曜日 [Edit] 




【学名】Clematis viticella 'Prince Charles'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Prince Charles'
【系統】ビチセラ系 Viticella 【咲き方】遅咲き 四季咲き(6~10月) 中輪咲き
【花径】10センチ 【高さ】200センチ 【耐寒性】強い
【花色】淡いブルー 【剪定】強い剪定 新枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】プリンス・チャールズ
【作出者】A. Keay  ニュージーランド 1976年
【用途】地植え 鉢植え ロックガーデン 切花
【備考】#C011

昨年は、三番花まで楽しめたクレマチスプリンス・チャールズ’♪
鉢植えで管理していおりましたが、秋に地植えにしちゃいました。よって根っこがちゃんと地面と仲良くしてくれているか心配でしたが、昨年の鉢植えと同様か、もしくはもっと蕾をもっているように見えます。

いよいよ一輪目が開き始めると、堰を切ったように皆が競争して咲き始めます^0^

ヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノへ(^^ヘ)(ノ^^)ノ ちゃんかちゃんか♪ ヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノへ(^^ヘ)(ノ^^)ノ ちゃんかちゃんか♪
もちろん、すぅめの小躍りダンスはいつにも増して・・・(^^ゞ


【PR】クレマチス ’プリンスチャールズ’は、おぎはら植物園さんちで、525円也~
ビチセラ系のクレマを探そう Rakutenでサーチ!


ホントに地植えが成功してよかったぁ~~ 冬場には地上部が完全になくなりますし、ともうしますか、がっつりと剪定しておきますゆえ、芽吹くまでも心配ですし、地植えにした場所を気に入ってくれたかも心配だったのです。
[ライト・ブルーのクレマ!]の続きを読む

お初♪ 紅花岩絡に蕾( ̄m ̄*)゚プッ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年05月26日 火曜日 [Edit] 




【学名】Schizophragma hydrangeoides 'Roseum'
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】イワガラミ属
【和名】紅花岩絡ベニバナイワガラミ) 【英名】Japanese hydrangea vine 
【品種名】ロゼウム 
【花期】6~7月  【背丈】10~15メートル
【原産地】日本
【性状】落葉蔓性木本  【耐寒性】強い

お花がさくまでには、もっと年月がかかるものとばかり思っておりましたが、紅花イワガラミに蕾が見えてきました!

やった~~~ ♪(゜▽^*)ノ⌒☆

Schizophragma hydrangeoides 'Roseum'  - 紅花岩絡
私が購入した植物のなかでもダントツにお高い系の紅花岩絡です。
葉っぱもこのように早春にはシルバーがかった小豆色を愉しめるも素敵でしょう~



森の中で高い木に絡みつきながら、お花を咲かせるし、10メートルにまで成長するということでしたので、私が勝手に開花までには何年もかかるものとばかり思い込んでおりましたが、入手してから3年ほどで蕾があがるとは思ってもみなかったのです。

【PR】 イワガラミを探そう! at Rakuten


あぁ~ 早くお花、見たいわぁ~
[お初♪ 紅花岩絡に蕾( ̄m ̄*)゚プッ]の続きを読む

ホワイトレディー様 (∇〃)。o〇○

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年04月30日 木曜日 [Edit] 




【学名】Clematis macropetala 'White Lady'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【種名】マクロペタラ macropetala (mak-roh-PET-uh-luh)
【和名】クレマチス 【英名】Clematis
【性状】耐寒性宿根草 暑さには少し弱い品種
【系統】マクロペタラ系 (アトランジェン系またはアトランジュ系
【咲き方】四季咲き(春から初夏) 八重咲き
【花径】5~6センチ 【高さ】250~300センチ【耐寒性】強い
【花色】白色  【剪定】弱剪定 旧枝咲き 
【流通名】マクロペタラ 'ホワイトレディー' 【原産地】  【作出者】
【備考】#C014 

4月末、有終の美を飾るのは・・・ ジャジャーン ‘ホワイトレディー’です ^m^

前回の蕾の記事から10日あまり、遂に‘白い淑女’の開花です^0^

ヘ(^^ヘ)ヘ(^^ヘ)ヨイヨイ(ノ^^)ノ(ノ^^)ノヨイヨイ  ヘ(^^ヘ)ヘ(^^ヘ)ヨイヨイ(ノ^^)ノ(ノ^^)ノヨイヨイ  

早咲きのクレマチスで、常緑のシルホサなどを除いたら、この春一番早い開花となり、途中で昨日のフレッダに追い越されてしまったかと思っておりましたが、最後にはこの子がゴールのテープを切りました~ まもなくフレッダも開く寸前ながら、予定の順番どおりです。

緑色のコロコロした蕾が、開花寸前には楕円形になり、先端から開き始めると、フレアースカートをひらめかせたようにして、ほぼどの蕾も同時に開いてゆきます。

ホントにかわえぇ~~ Y(=▽=)Y~☆


マクロペタラ ホワイト・レディ 4号鉢
で、2100円で購入しました!
私にしてはちょっとお高め(;´▽`lllA``
【PR】 マクロペタラ系のクレマチスを探そう! at Rakuten


新しい蔓もビュンビュン伸びていて、花後に剪定したならば、今年は再び花を見ることもできるのではないかと、今からワクワク・モードです。
この子は、返り咲く性質であるところもポイントが高いのです♪
相変わらず行灯が小さすぎている感じはありますが(^^ゞ どうにもならないほどになれば、冬までは行灯からは蔓をはずせないので、長い支柱をプラスすることにします。
[ホワイトレディー様 (∇〃)。o〇○]の続きを読む

元気一杯のホワイトレディー♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年04月13日 月曜日 [Edit] 




【学名】Clematis macropetala 'White Lady'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【種名】マクロペタラ macropetala (mak-roh-PET-uh-luh)
【和名】クレマチス 【英名】Clematis
【性状】耐寒性宿根草 暑さには少し弱い品種
【系統】マクロペタラ系 (アトランジェン系またはアトランジュ系
【咲き方】四季咲き(春から初夏) 八重咲き
【花径】5~6センチ 【高さ】250~300センチ【耐寒性】強い
【花色】白色  【剪定】弱剪定 旧枝咲き 
【流通名】マクロペタラ 'ホワイトレディー' 【原産地】  【作出者】
【備考】#C014 

冬の間は生きているんだか、死んでいるんだか、よくわからないクレマチスのなかでも、一番早く動きを見せていた‘ホワイトレディー’に、黄緑色の蔓が延び始め、小さな蕾も見えてきています。
途中で昨日のフレッダに追い越されましたが(^^ゞ

2月には黄色っぽかった蕾でしたが、今は白色の綿毛に覆われているようです。
モンタナは蕾の先端部分がやや尖っているのどえすが、このこはまん丸なところがまたかわゆいトコロ。

無理やり地植えにしたホワイトレディーは昨年枯れ方がはやかったので、もしかして店に召されたか?と諦めの心境・・・でも復活するかも!と、様子をみてましたが、やっぱり新芽はあがってきておりません。ところが、同時期に地植えにした‘ブルーダンサー’のほうは、なんとか生き残り、葉っぱを展開させようとしているものの、この鉢植えで管理している‘ホワイトレディー’の成育振りとは、雲泥の差があります。育て方って大事ですよね。


マクロペタラ ホワイト・レディ 4号鉢
で、2100円で購入しました!
私にしてはちょっとお高め(;´▽`lllA``
【PR】 マクロペタラ系のクレマチスを探そう! at Rakuten


これほどまでうまく育ってくれるとは思っていなかったので、行灯が小さすぎたかなぁ~と嬉しい誤算。
あっ、そうそうこの子は2月に鉢増しもしたんですよ~ 霜で土が盛り上がったりしてしまったので大丈夫だろうかと不安でしたが、よかったぁ~ 鉢増しのときにもっと長い支柱を使えばよかったなぁ~
[元気一杯のホワイトレディー♪]の続きを読む

きたぁ~ ホワイトレディーに蕾♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年02月07日 土曜日 [Edit] 




【学名】Clematis macropetala 'White Lady'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【種名】マクロペタラ macropetala (mak-roh-PET-uh-luh)
【和名】クレマチス 【英名】Clematis
【性状】耐寒性宿根草 暑さには少し弱い品種
【系統】マクロペタラ系 (アトランジェン系またはアトランジュ系
【咲き方】四季咲き(春から初夏) 八重咲き
【花径】5~6センチ 【高さ】250~300センチ【耐寒性】強い
【花色】白色  【剪定】弱剪定 旧枝咲き 
【流通名】マクロペタラ 'ホワイトレディー' 【原産地】  【作出者】
【備考】#C014 

やっぱりねぇ~~~ 

昨年、地植えにしたホワイトレディーは枯れてしまいました・・・ ただ以前お話しておりましたように、購入した株が二つに分かれてくれたので、鉢植えでも育てており、地植えのものは天国へ行ってしまったものの、鉢植えで管理しているほうは順調です。


マクロペタラ ホワイト・レディ 4号鉢
で、2100円で購入しました!
私にしてはちょっとお高め(;´▽`lllA``
【PR】 マクロペタラ系のクレマチスを探そう! at Rakuten


なんだか今日の写真は、闇夜に写したっぽい~(笑) のですが、日中に写したものです。
華やかさがちっとも感じられないのですが、もうあと数ヶ月で真っ白で可憐な八重咲きのお花を咲かせてくれるはずですので、それまでしばしお待ちください!

この子のことは、12月に入ってから鉢増しもして、鉢の大きさも十分にとりました!が、鉢から抜いたときに、たっぷりと根っこが回っていたわけではなかったので、鉢増しは早すぎたかもと思っていたのです。でもどうやら気にってくれたらしく、新芽を発見できました~~
[きたぁ~ ホワイトレディーに蕾♪]の続きを読む

雪とデンタータ ^0^

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年01月26日 月曜日 [Edit] 




【学名】Lavandula dentata
【科名】シソ科 Lamiaceae 【属名】ラバンデュラ属
【和名】フリンジドラベンダー  【別名】ラヴェンダー デンタータ
【英名】Dentata Lavender  【系統】デンタータラベンダー系
【性状】耐寒性宿根草  【耐寒性】マイナス5℃
【用途】鉢植え 庭植え 

頑張ってくれているなぁ~~ Y(=▽=)Y~☆

このラベンダーは鉢植えで管理しているのですが、ほとんど一年中咲いてくれていました!
そしてこの冬の間も咲き続けているのです。 不思議ぃ~~

もう一種のラベンダー、イングリッシュラベンダーのほうは今はなんとか葉っぱがついている程度なんです。雪の下になって枯れこみが進みますが、春になると葉っぱが展開してくれて春に花を咲かせますが、このデンタータ系のラベンダーの咲きっぷりにはびっくり!

こんなにも花期が長いと知っていたら、もっと違う扱い方もできたのにと、ちょっと後悔。
ためしに挿し芽を地面に挿しておいたらこれもカンタンに発根。
今現在雪の下にあって、その生死は春まで定かではありませんが、もしも地植えでも越冬が可能であるならば、量産作戦にでようと思っているラベンダーです。

ただ鉢植えのものは軒下で管理しているからこんなにも咲いてくれているだけの話かもしれません。
一昨年はほとんどお花が咲かなかったんですから~~ 

【PR】 色も性質も多彩!種類も豊富なラベンダーを探そう! at Rakuten

確かに鉢増しして土はリフレッシュさせてあげたように記憶しておりますが、これほどまでに我家の環境を好んでくれるラベンダーだったとは! びっくりです!
[雪とデンタータ ^0^]の続きを読む

秋の代表格!リンドウ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年11月09日 日曜日 [Edit] 




【学名】Gentiana triflora または Gentiana scabra var. buergeri
【科名】リンドウ科 Gentianaceae【属名】リンドウ属(ゲンチアナ属)
【和名】深山竜胆(ミヤマリンドウ) 【英名】Gentian
【別名】竜胆リンドウ
【性状】耐寒性宿根草 【花期】10~11月  【草丈】30cm
【用途】鉢植え 庭植え 花壇 ロックガーデン

桔梗の青色よりももっと深い青色が気に入っているリンドウが最盛期を迎えて、秋を彩っています。
でも、日中でないと開花しないので、出勤前にはお花が開かずなかなか写真のタイミングがあわず・・
やっとお写真に収めることができました。

風邪はなかなか治らずあまりお庭の警邏にもでないので、この時期のお花のキロクが少ないなぁ~でも休日の晴れた日に記念撮影に成功いたしました。

今年は株も大きくなって、蕾がたくさんつき、それらの蕾が一気に開花しましたので、見ごたえのある鉢になりました。

【PR】 リンドウには白色、ピンク色などもあります♪ at Rakuten

この鉢の中には、どこからか飛んできて根付いてしまった雑草や、お隣の鉢から迷い込んだホトトギスなども同棲してしまっているのですが、そのままの姿で愉しんでいます。
[秋の代表格!リンドウ]の続きを読む

菫岩桐草の花

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年10月11日 土曜日 [Edit] 




【学名】Petrocosmea flaccida
【科名】イワタバコ科 Gesneriaceae 【属名】ペトロコスメア属
【和名】菫岩桐草スミレイワギリソウ) 【英名】Petrocosmea (ペトロコスメア
【別名】ペトロコスメア・フラッキダ
【原産地】中国 【性状】耐寒性多年草 
【草丈】5~15センチ  【花色】青紫色  【花期】9~10月 
【用途】鉢植え

この子を育て初めてから何年になるかしら~~ おそらく10年近くなると思うんです。
舎弟からのイタダキモノなので、それはそれは慎重に慎重に、枯らさぬよう育てております(このブログを読んでいるかもしれないので(^^ゞ)
というか、とある植物店で私が欲しそうにしているところを見てオサイフと相談中の私をかわいそうに思ったのか、買ってくれたのですが(笑)
800円しなかったと思うのですけど、高山植物としては初めてといってよいほどの未経験者だったので手を出すのを臆していたのです。でも背中を押してもらう格好になり、その後徐徐に高山植物に目覚めてきた現在の私がいるきっかけにもなったスミレイワギリソウです。

高山植物ですので、水遣りに注意しつつ、かわいがり過ぎないように水遣りは控え気味にしています。通年室内で管理しているのですが、昨年水遣りのときに外に出しっぱなしにして忘れてしまい、もう少しで枯らしてしまうところでした。

というか1株から3株に増やしたものを、2株に減らしてしまう結果になったうえ、昨年はお花が咲いてくれなかったのです。

でも見事復活! 昨年お花を咲かすことができなかった鬱憤を晴らすかのように、このスミレイワギリソウの花数もおおく、フレッシュです!

【PR】 秋に咲く、スミレのような山野草 at Rakuten

セントポーリアにも似た感じですが、実はイワタバコ科の植物。
葉っぱは卵型で産毛があり、土に這うようにして円形になるところも、気に入っているのです。
お花のひとつひとつは1センチにも満たないほどの小さな、小さなお花です。

単に岩桐草とう、スミレが頭につかないイワギリソウもあるそうです。岩桐という名前は、産毛が生えている葉の形が桐の木に似ているからだといいます。
[菫岩桐草の花]の続きを読む

チャールズ王子と二度目の逢瀬!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年08月27日 水曜日 [Edit] 




【学名】Clematis viticella 'Prince Charles'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Prince Charles'
【系統】ビチセラ系 Viticella 【咲き方】遅咲き 四季咲き(6~10月) 中輪咲き
【花径】10センチ 【高さ】200センチ 【耐寒性】強い
【花色】淡いブルー 【剪定】強い剪定 新枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】プリンス・チャールズ
【作出者】A. Keay  ニュージーランド 1976年
【用途】鉢植え 地植え ロックガーデン 切花
【備考】#C011

一番花が咲き終わってから、全体を1/3程度まで剪定しておいたクレマチス‘プリンス・チャールズ’に二番花が咲き始めました♪

実は若い苗でしたし、もともと今年が初開花とだったので、二番花にはあまり期待していなかったのですが、いまのところ全部で10個ほどが咲いており、お花の大きさも一番最初に咲いたものとほぼ同じ。
やっぱりかわいいお花です。

よくよく考えたら、我家には大輪系と呼ばれるクレマチスは無く、ほとんどが中輪系からごく小さいものに類されるクレマチスばかりです。

【PR】ビチセラ系のクレマを探そう Rakutenでサーチ!

この子は、二日前にご紹介した‘ヘンダーソニー’よりもさらに淡い色のブルーというか紫色というか、やさしい色のクレマチスですが、本当に花つきがよいクレマチスだわぁ~という感想です。
今年鉢植えで管理していますが、この子が壁一面に咲くような仕立て方が出来たなら、どんなにか素敵でしょう~ ^0^ と早くも来年の咲かせ方に思いを馳せてしまいます。
[チャールズ王子と二度目の逢瀬!]の続きを読む

ホワイトレディーがびょ~~ん!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年07月02日 水曜日 [Edit] 

クレマチス ホワイトレディー


【学名】Clematis macropetala 'White Lady'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【種名】マクロペタラ macropetala (mak-roh-PET-uh-luh)
【和名】クレマチス 【英名】Clematis
【性状】耐寒性宿根草 暑さには少し弱い品種
【系統】マクロペタラ系 (アトランジェン系またはアトランジュ系
【咲き方】四季咲き(春から初夏) 八重咲き
【花径】5~6センチ 【高さ】250~300センチ【耐寒性】強い
【花色】白色  【剪定】弱剪定 旧枝咲き 
【流通名】マクロペタラ 'ホワイトレディー' 【原産地】  【作出者】 
【備考】#C014

春にかなり小躍りダンスを披露したこの子は、購入した鉢の中にラッキーにも二株入っていたらしく、今年の春地植えとそのまま鉢植えでの二本立ての管理となっているのですが、地植えにしたものはもうほとんど地上部の葉っぱが枯れてしまって・・・

地植えにしてあるクレマチス ホワイトレディー


もうダメか!と思ったら、ヒョロッとした新芽がなんとか残ってくれているんですけど、鉢植えにしてあるほうは、それはそれは元気で、グンと茎を伸ばしくれはじめています。
よかったぁ~ 全部鉢植えにしなくて ~(〃´o`)=3  地植えと鉢植えで、これほどに差がでてしまうとは! 危ない、危ない。

油断していたら、ツルがびよ~~んと飛び出してしまっているので、あわててビニタイで誘引しておきました。


マクロペタラ ホワイト・レディ 4号鉢
で、2100円也。私はおぎはら植物園さんで購入させていただきましたが、今年の苗は秋にならないと出回りません。前述の通り、二株に分けることができたので、単価は現在1050円でございます(笑) しめしめ ^m^


こんなにも元気に育っているマクロペタラ系の苗は無く、他の子たちは皆息も絶え絶え。
真剣に思い切ってすべての地植えにしてあるものを、鉢植えに戻そうと思案しているところなのです。
もっともこれから暑くなる時期ですし、それをするにしても秋ですけど。
[ホワイトレディーがびょ~~ん!]の続きを読む

プリンス・チャールズが満開!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年06月16日 月曜日 [Edit] 

Clematis Viticella 'Prince Charles'

Clematis Viticella 'Prince Charles'
 今日の一句 「王子様 涼しげに咲く たくさんの 花に見とれて これぞ イケメン」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis Viticella 'Prince Charles'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Prince Charles'
【系統】ビチセラ系 Viticella 【咲き方】遅咲き 四季咲き(6~10月) 中輪咲き
【花径】10センチ 【高さ】200センチ 【耐寒性】強い
【花色】淡いブルー 【剪定】強い剪定 新枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】プリンス・チャールズ
【作出者】A. Keay  ニュージーランド 1976年
【用途】鉢植え 地植え 切花
【備考】#C011

今年初めて我家で咲いてくれたこの‘プリンス・チャールズ’は、20個ほどの花を満開に咲かせてくれ、玄関先を彩ってくれています!
この子は鉢植えで管理しているので、鉢管理の下手な私は非常に心配していたのですが、無事の初開花であります。なんて麗しきプリンスチャールスちゃん!こんなにも花つきが良い品種だったのね~

想像していたよりも花の大きさは少し小さいのですが、ライト・ブルーの和紙っぽい質感と、透明感は絶品であります!



←おぎはら植物園さんちで入手しました!
プリンスチャールズは一年生苗で525円でありました(^^ゞ
まめに誘引をしてあげたこともあるのか、たくさんのお花が咲いてくれています。
オススメの一品ですよ~~~ y(^ヮ^)y


足元にラミウム‘アルバ'を配置しているのですが、コノ子達もまたかなり成育よろしく元気モリモリで、この子たちのコンビネーションもまた気に入っております。下草があるために、過剰な乾燥から守ってもらえているのかもしれません。

ただ、用意したトレリスの高さを少し超えるほどになったところで、ツルは伸びるのを辞めてしまいました。もっと長くなってくれるのかなぁ~と想像していたんですけど。
[プリンス・チャールズが満開!]の続きを読む

紅花岩絡の若葉

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年05月31日 土曜日 [Edit] 

Schizophragma hydrangeoides 'Roseum'  - 紅花岩絡

Schizophragma hydrangeoides 'Roseum' - 紅花岩絡
 今日の一句 「初夏の色 赤くそまった葉っぱには いぶした銀の 風格もあり」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Schizophragma hydrangeoides 'Roseum'
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】イワガラミ属
【和名】紅花岩絡ベニバナイワガラミ) 【英名】Japanese hydrangea vine 
【品種名】ロゼウム 
【花期】6~7月  【背丈】10~15メートル
【原産地】日本
【性状】落葉蔓性木本  【耐寒性】強い

うふっ、(^o^)

4月の萌えていた状態からさらに二ヵ月半が経ち、いよいよ葉っぱもオトナな雰囲気になってきているのが、紅花岩絡です!
なんともいえない質感の葉っぱで、銅色にシルバーをのせたようなものと、緑色のもの、ちょっと茶色っぽいようなものなどが混じってツルが伸びています。

まだぜんぜん蕾などの気配はないのですが、この葉っぱだけでも十二分に観賞価値がありますぞ!

前回ご紹介した保険、挿し芽したものも、二手に枝分かれして、地面で育ってくれていますし!

さらに先日また挿し芽をとってしまいました(^^ゞ これでまたさらに三つ目の株となれば、お高いかったこの子も一個千円ちょっと・・という値段になってくれるわけです。

ケチっぽーいですけど(笑)

そうやって殖やしてゆければ、お高い苗を購入した場合でも、罪の意識をやわらげることができるわけです。

[紅花岩絡の若葉]の続きを読む

舞う!ホワイトレディー

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年05月01日 木曜日 [Edit] 

Clematis macropetala  'White Lady'  - クレマチス マクロペタラ系 ‘ホワイト・レディー’

Clematis macropetala 'White Lady' - クレマチス マクロペタラ系 ‘ホワイト・レディー’
 いよいよクレマチスたちの芽吹きの季節です!
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis macropetala 'White Lady'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【種名】マクロペタラ macropetala (mak-roh-PET-uh-luh)
【和名】クレマチス 【英名】Clematis
【性状】耐寒性宿根草 暑さには少し弱い品種
【系統】マクロペタラ系 (アトランジェン系またはアトランジュ系
【咲き方】四季咲き(春から初夏) 八重咲き
【花径】5~6センチ 【高さ】250~300センチ【耐寒性】強い
【花色】白色  【剪定】弱剪定 旧枝咲き 
【流通名】マクロペタラ 'ホワイトレディー' 【原産地】  【作出者】 
【備考】#C014

今回は何の小踊りダンスにしようかな(笑)

ヘ(^m^ヘ)(ノ^m^)ノヘ(^m^ヘ)(ノ^m^)ノ ヒゲダンス♪ にしてみますた!

この子もなんと楚々としてかわいらしいクレマちゃんなんでしょう~
ブルーダンサーよりもやや小ぶりのその花の中には、ガク弁が重なりあっており、開き始めたときには中心に緑色が残っております。

この子は二年生の苗でございましたので、少々お高めでございましたが、結果としては今年お花を咲かせてくれたのでOK~マクロペタラ ホワイト・レディ 4号鉢で、2100円也。私はおぎはら植物園さんで購入させていただきましたが、今(4月18日現在)品切れみたいですね。ファーム フローラルさんにはまだあるようです。


下のように、蕾はコロコロとして黄緑色っぽかったのですが、風船がふくれるかのように開き始めると白っぽくなって、開いたら花弁はすけるような和紙でできた飾りもののような風合いです。

Clematis macropetala  'White Lady'  - クレマチス マクロペタラ系 ‘ホワイト・レディー’

Clematis macropetala 'White Lady' - クレマチス マクロペタラ系 ‘ホワイト・レディー’
 まんまるだった蕾がさらに風船のように膨らんで・・・
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



過湿は嫌うこの子ですが、屋外に置いてある鉢ですので、雨あがりには雫がくっついたりして、またこの雫をためた蕾もかわゆくて・・・^m^
[舞う!ホワイトレディー]の続きを読む

踊る!ブルーダンサー

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年04月30日 水曜日 [Edit] 

Clematis macropetala 'Blue Dancer' - クレマチス マクロペタラ ‘ブルーダンサー’

Clematis macropetala 'Blue Dancer' - クレマチス マクロペタラ ‘ブルーダンサー’
 今日の一句 「和紙のよな 生きているとは思えない 花はひらひら 風に舞う」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis macropetala 'Blue Dancer'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【種名】マクロペタラ (mak-roh-PET-uh-luh)
【和名】クレマチス 【英名】Clematis
【性状】耐寒性宿根草 暑さには少し弱い品種
【系統】マクロペタラ系 またはアルピナ系アトランジェン系またはアトランジュ系
【咲き方】四季咲き(春から初夏) 八重咲き
【花径】5~6センチ 【高さ】250~300センチ【耐寒性】強い
【花色】青色  【剪定】弱剪定 旧枝咲き 
【流通名】マクロペタラ 'ブルーダンサー'
【原産地】  【作出者】
【用途】鉢植え 地植え 切花 
【備考】#C003


遂に!その時がやってきました!

<( ^-^ )<( ^-^ )ゆ~ |(^ 0 ^) |(^ 0 ^)ほ~ ← 本日は昔なつかし、ピンクレディーバージョンで歓迎です(笑)

まさに青色の衣装で舞うかのごとく、かわいらしいその姿。 UFOを踊るというよりも、しっとりとした芸子さんが踊る感じでしょうね~

まずこの株の大きさにたいして、お花が大きいことにびっくり!
花弁はあくまでも細長く、地面に届きそうな勢いであります。



まさにおぎはら植物園さんちのHPで見たようなお花が咲きました!わが子の花弁(ガク)はもっと長いようにも見えます。ということはかなりしっかりとしたお花が咲いてくれたってことかしらん? うふふ


初めて咲く花が一番大きいような感じがします。他の蕾も日を追って大きくなってくれるのかどうか定かではありませんが、予備軍はあと4輪ございます!
[踊る!ブルーダンサー]の続きを読む

プリンス・チャールズが始動!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年04月30日 水曜日 [Edit] 

Clematis Viticella 'Prince Charles'

Clematis Viticella 'Prince Charles'
 今日の一句 「ラミウムと 一緒に悦ぶ 新芽たち ぐんぐん伸びよ 花咲かそ」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis viticella 'Prince Charles'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Prince Charles'
【系統】ビチセラ系 Viticella 【咲き方】遅咲き 四季咲き(6~10月) 中輪咲き
【花径】10センチ 【高さ】200センチ 【耐寒性】強い
【花色】淡いブルー 【剪定】強い剪定 新枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】プリンス・チャールズ
【作出者】A. Keay  ニュージーランド 1976年
【用途】鉢植え 地植え 切花
【備考】#C011

この子は鉢植えで管理しているプリンスチャールスちゃん!
足元にラミウム‘アルバ'を下草にして、他にもオダマキの萌芽がみられるクレマチスの寄せ植えバージョンであります!

新しく出てきた芽は昨年購入したときのまま、深植えにしておきましたところ、地中からも新たにもう一本の元気のよい芽も現われてくれて、トレリスの高さがぜんぜん足りないっとうれしい悲鳴の春であります。

産毛に守られた新芽はあっという間に黄緑色の葉っぱに変貌してゆき、ぐんぐん伸びているのです。



←おぎはら植物園さんちで入手しました!
プリンスチャールズは二年生苗だったとキオクしていたのですが、一年生苗で525円でありました(^^ゞ


初めて育てるビチセラ系ですので、このような姿になってくれるまではハラハラ・ドキドキでありました。
[プリンス・チャールズが始動!]の続きを読む

コンスタンスの復活!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年04月24日 木曜日 [Edit] 

<i>Clematis alpina</i> 'Constance' - クレマチス・アルピナ・コンスタンス

Clematis alpina 'Constance' - クレマチス・アルピナ・コンスタンス
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis alpina 'Constance'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】クレマチス属
【種名】マクロペタラ macropetala (mak-roh-PET-uh-luh)
【和名】クレマチス 【英名】Clematis
【性状】耐寒性宿根草 暑さには少し弱い品種
【系統】マクロペタラ系 (アトランジェン系またはアトランジュ系)Atragene Group
【流通名】アルピナ・コンスタンス 【英名】Clematis 'Constance'
【咲き方】一重または半八重咲き 【花期】四季咲き4~6月と夏や秋
【花色】紫色 クリムゾン・ピンク 【花径】 【背丈】200cm
【剪定】旧枝咲き
【作出】Mrs K. Goodman(イギリス)1992年
【原産地】中国 【性状】耐寒性宿根草木
【備考】#C017

これまたうれしい~~発見!

実はこの‘コンスタンス’一年生の苗を無理やり地植えにしたものだから、昨年もほとんど葉っぱは展開せず、青色吐息だったのです。
ウメモドキの木などですっかり木陰になっているし、土壌も固くフワフワしていないようなところでしたので、3月に思い切って掘りあげて、移殖しちゃいました。

そういたしましたところ、その気持ちに応えてくれて、こんなにみずみずしい若葉を展開させはじめてくれたのです。

見事、ふっかぁ~~~つ! でもすんごくちっちゃ(^^ゞ

<i>Clematis alpina</i> 'Constance'  - クレマチス・アルピナ・コンスタンス

Clematis alpina 'Constance' - クレマチス・アルピナ・コンスタンス
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



これは植え付け後、3月中旬にその葉芽を見つけたときの記念撮影です。
回りにバークチップを置いて、遅霜対策と乾燥予防もしてあげてます。
大きいサイズのバークチップではあるのですが、その芽の小ささがよくお分かりいただけるかと。
超マイクロミニな芽でありました!
[コンスタンスの復活!]の続きを読む

ホワイト・レディーも!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年04月16日 水曜日 [Edit] 

Clematis macropetala  'White Lady'  - クレマチス マクロペタラ系 ‘ホワイト・レディー’

Clematis macropetala 'White Lady' - クレマチス マクロペタラ系 ‘ホワイト・レディー’
 いよいよクレマチスたちの芽吹きの季節です!
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis macropetala 'White Lady'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【種名】マクロペタラ macropetala (mak-roh-PET-uh-luh)
【和名】クレマチス 【英名】Clematis
【性状】耐寒性宿根草 暑さには少し弱い品種
【系統】マクロペタラ系 (アトランジェン系またはアトランジュ系
【咲き方】四季咲き(春から初夏) 八重咲き
【花径】5~6センチ 【高さ】250~300センチ【耐寒性】強い
【花色】白色  【剪定】弱剪定 旧枝咲き 
【流通名】マクロペタラ 'ホワイトレディー' 【原産地】  【作出者】
【備考】#C014 

前回はホワイトレディーちゃんが芽吹いてくれたご報告をさせていただいておりましたが、今日はブルーダンサーに引き続きまして、蕾発見のご報告です!
ブルーダンサーのほうばかりでは申し訳ないので(^^ゞ

2月の様子から、約2ヶ月でかような成長振り!
ブルーダンサーよりももっとまるっこい蕾です! これはマークハムピンクにも似た形状!


お花の写真はお店からお借りしています。
マクロペタラ ホワイト・レディ 4号鉢で、2100円也。
私はおぎはら植物園さんで購入させていただきましたが、今(4月18日現在)品切れみたいですね。ファーム フローラルさんにはまだあるようです。



ここまで成長してくれれば、よほどのことが無い限り、近々お花を見ることができるはずです!
[ホワイト・レディーも!]の続きを読む

(∇〃)。o〇○ ブルーダンサーの蕾

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年04月15日 火曜日 [Edit] 

Clematis macropetala 'Blue Dancer' - クレマチス マクロペタラ ‘ブルーダンサー’

Clematis macropetala 'Blue Dancer' - クレマチス マクロペタラ ‘ブルーダンサー’
 今日の一句 「鰐口の 形にも似た 蕾には 産毛をまとい うつむいて」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis macropetala 'Blue Dancer'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【種名】マクロペタラ (mak-roh-PET-uh-luh)
【和名】クレマチス 【英名】Clematis
【性状】耐寒性宿根草 暑さには少し弱い品種
【系統】マクロペタラ系 またはアルピナ系アトランジェン系またはアトランジュ系
【咲き方】四季咲き(春から初夏) 八重咲き
【花径】5~6センチ 【高さ】250~300センチ【耐寒性】強い
【花色】青色  【剪定】弱剪定 旧枝咲き 
【流通名】マクロペタラ 'ブルーダンサー'
【原産地】  【作出者】 
【備考】#C003

葉っぱが展開しはじめると、蕾があがってくるまであっという間なんですね~
とにかく初めて開花するので、性状が良くわかっていないワタクシ。
毎日、毎日、お出かけ前にはその成長のほどを確めているのであります。
[(∇〃)。o〇○ ブルーダンサーの蕾]の続きを読む

紅花岩絡の萌えぇ~

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年04月14日 月曜日 [Edit] 

Schizophragma hydrangeoides 'Roseum'  - 紅花岩絡

Schizophragma hydrangeoides 'Roseum' - 紅花岩絡
 今日の一句 「早春に 吹きいでたる 新芽には 綿毛をまとって 花をいだけり」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Schizophragma hydrangeoides 'Roseum'
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】イワガラミ属
【和名】紅花岩絡ベニバナイワガラミ) 【英名】Japanese hydrangea vine 
【品種名】ロゼウム 
【花期】6~7月  【背丈】10~15メートル
【原産地】日本
【性状】落葉蔓性木本  【耐寒性】強い

最近、ヘラボちゃんとクレマちゃん、ばっかりなので、今日は趣向を替え、盆栽ちゃんのご紹介!
私がもっている植物の中で、もっとも高価なものであります。
って、申しましても3800円でございますが・・

でも直径10センチ深さ5センチたらずの鉢に入ってやってきたこの苗、私はかなりビビリつつ育てていたわけですが、この春めでたく萌え~~ ^0^

しかも保険をと、地面にぶっすり挿しておいた芽も展開中~~ これで単価が1600円になりましたよ( ̄m ̄*)゚プッ って言ってもそもそも枝が折れていたので、MOTTAINAIと思い挿しておいたものでしたので、拾いものでした! ニンマリ
[紅花岩絡の萌えぇ~]の続きを読む

‘ブルーダンサー’の萌えぇ~

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年04月09日 水曜日 [Edit] 

Clematis macropetala 'Blue Dancer' - クレマチス マクロペタラ ‘ブルーダンサー’

Clematis macropetala 'Blue Dancer' - クレマチス マクロペタラ ‘ブルーダンサー’
 今日の一句 「手で覆い 恥ずかしそうに 顔を出す 新芽の息吹 我も楽しむ」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis macropetala 'Blue Dancer'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【種名】マクロペタラ (mak-roh-PET-uh-luh)
【和名】クレマチス 【英名】Clematis
【性状】耐寒性宿根草 暑さには少し弱い品種
【系統】マクロペタラ系 またはアルピナ系アトランジェン系またはアトランジュ系
【咲き方】四季咲き(春から初夏) 八重咲き
【花径】5~6センチ 【高さ】250~300センチ【耐寒性】強い
【花色】青色  【剪定】弱剪定 旧枝咲き 
【流通名】マクロペタラ 'ブルーダンサー'
【原産地】  【作出者】 
【備考】#C003

まん丸なのは現われてきたときの芽の形です。

かわいいぃ~~~ Y(=▽=)Y~☆ ぷっくりしていて、元気そうです! 昨年秋から育てているものなので、今年の開花まで望めるかどうかはミミミです。

相変わらず鉢もちっこいし(^^ゞ

鉢を探しに行くものの、なかなかHCでは欲しい鉢が見つからず・・・ といいますか、お財布の中身との問題もあるのですが。安価で素敵な鉢を探そうっていうところに、かなり無理があるのです。

でも早く一回り大きな深鉢に植え替えてあげたいなぁ~ この葉っぱの出具合からしますと、かなり良い感じなんですよ~ 大きくそだってくれそう~


もうすぐ、こんな風にお花が咲いてくれるのかなぁ~
でもまだ二年目なので、少ししかお花は咲かないのかなぁ~



私といたしましては、この子と‘ホワイトレディー’を寄せ植えにして、白と青のコラボを夢見ているのです。お庭に地植えにしてアーチなどにからませるものと、大鉢にトレリスで踊らせるものと、二つのタイプで楽しみたーい (あくまでも構想は高く!)

私のイメージしている画にいたるには、まだ二年はかかると思いますが^_^;
[‘ブルーダンサー’の萌えぇ~]の続きを読む

ホワイトレディーの萌え~

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年03月27日 木曜日 [Edit] 

Clematis macropetala  'White Lady'  - クレマチス マクロペタラ系 ‘ホワイト・レディー’

Clematis macropetala 'White Lady' - クレマチス マクロペタラ系 ‘ホワイト・レディー’
 いよいよクレマチスたちの芽吹きの季節です!
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis macropetala 'White Lady'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【種名】マクロペタラ macropetala (mak-roh-PET-uh-luh)
【和名】クレマチス 【英名】Clematis
【性状】耐寒性宿根草 暑さには少し弱い品種
【系統】マクロペタラ系 (アトランジェン系またはアトランジュ系
【咲き方】四季咲き(春から初夏) 八重咲き
【花径】5~6センチ 【高さ】250~300センチ【耐寒性】強い
【花色】白色  【剪定】弱剪定 旧枝咲き 
【流通名】マクロペタラ 'ホワイトレディー' 【原産地】  【作出者】 
【備考】#C014

またまたクレマチスの萌えぇ~~であります!
今日マクロペタラ系。ホワイトレディーちゃんが芽吹いてくれたご報告~~ ^0^

2月に似たような写真を使って、記事を書いたばかりではあるのですが、どうにも気になって、気になって(笑)

昨年の秋、1年生苗で入手したものですから、このように春になってしっかりとした芽がでてくれるまではなかなか安心できなかったのですが、これでひとまずOK!

お花がどれほど咲いてくれるかは、あまり期待できませんが、今年はともかく鉢植えで管理し株を大きくしてあげることを念頭におきつつ育ててゆきたいと思っています。小ぶりでかわいい白い花、今年、咲くかなぁ~
[ホワイトレディーの萌え~]の続きを読む

マクロペタラ・ホワイトレディーの冬至芽

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年02月11日 月曜日 [Edit] 

Clematis macropetala 'White Lady' - クレマチス・マクロペタラ系 (アトランジェン系またはアトランジュ系)‘ホワイトレディー’

Clematis macropetala 'White Lady' - クレマチス・マクロペタラ系 (アトランジェン系またはアトランジュ系)‘ホワイトレディー’
 今日の一句 「ころころと お豆のような 蕾たち 春を待ちわぶ 立春の朝」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis macropetala 'White Lady'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【種名】マクロペタラ (mak-roh-PET-uh-luh)
【和名】クレマチス 【英名】Clematis
【性状】耐寒性宿根草 暑さには少し弱い品種
【系統】マクロペタラ系 (アトランジェン系またはアトランジュ系
【咲き方】四季咲き(春から初夏) 八重咲き
【花径】5~6センチ 【高さ】250~300センチ【耐寒性】強い
【花色】白色  【剪定】弱剪定 旧枝咲き 
【流通名】マクロペタラ 'ホワイトレディー'
【原産地】  【作出者】 
【備考】#C014

ちょこっと緑色の新芽が覗いているのは、マクロペタラ‘ホワイトレディー’。
マクロペタラのなかでも一番元気よく見えているのはこの子です。

昨年の秋にビニールポット苗(二年生)をゲットし、早速鉢に植えつけました。これまではすぐに地植えにしてしまっておりましたが、この子は鉢植えから育ててみようと思った次第です。

鉢は北風が当たらないようにモッコウバラに守ってもらってます。

軒下ですと、水の管理がちょっと難しいので、自然に任せてみることにしました。
結果、上出来!上出来!

地際にも新しい芽があり、さらに上部にも二つの芽を確認できました!


でも同じ用土で植えつけた同種の‘ブルーダンサー’のほうにはまだ出てきていないのです。
なんでだろう~~ (@o@) 深く植えすぎたかなぁ~
←私が育て写真を撮ったのではなくて、おぎはら植物園さんの画像です。


そうそう、先日「MONSTER ROSE GARDENを運営されているRockyさんのお宅で、マクロペタラ ウェッセルトンのお花を見ちゃいました。微妙に色が変化する青色系です・・・ パァー ゛ (゜・゜* ホレボレ 悶絶モノです。
またまた欲しい病が発症! 参ったなぁ~ 
[マクロペタラ・ホワイトレディーの冬至芽]の続きを読む

磐梯梅鉢草(バンダイウメバチソウ)

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年12月20日 木曜日 [Edit] 

Parnassia palustris - 磐梯梅鉢草(バンダイウメバチソウ)

Parnassia palustris - 磐梯梅鉢草(バンダイウメバチソウ)
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Parnassia palustris
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ウメバチソウ属
【和名】梅鉢草ウメバチソウ) 
【流通名】磐梯梅鉢草(バンダイウメバチソウ)
【原産地】    【性状】耐寒性宿根草

記事にしよう、しようと思いつつ、なかなかアップする機会がなかったウメバチソウです。
今はもう緑色はしていなくて、枯れたようなちょっと小豆色のような状態になっております。

ランナーで殖えてゆくのですが、鉢植えにしてあったものから、花壇に侵入したりしたものなどもあり、この子たちは我家のカバープランツ的な働きをしてくれそうな感じになってきています。
[磐梯梅鉢草(バンダイウメバチソウ)]の続きを読む

テリハノイバラの挿し芽

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年12月02日 日曜日 [Edit] 

Rosa wichuraiana Crp. - 照葉野茨(テリハノイバラ)

Rosa wichuraiana Crp. - 照葉野茨(テリハノイバラ)
 今日の一句 「幼苗に 心託して 秋の暮れ」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Rosa wichuraiana Crp.
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属 Rosa
【系統】原種系 【開花時期】一季咲き 【香り】微香
【花形】平咲きで房咲き 【樹形】這性系 
【英名】ローサ ウィクライアナ  【別名】ハイイバラ / メモリアルローズ
【花色】白 【樹高】50~100cm 【花径】小輪系 3cm
【流通名】照葉野茨(テリハノイバラ)  【性状】落葉つる性木本
【命名者】 Francois Crpin(1830-1903)

パソコンが壊れてしまって修理に出して降りましたり、諸般ございましてほぼ2週間ブログをお休みさせていただいてしまいました。
昨今、2週間もお休みしたということは無く、折角お残しいただいたコメントにお返事が出来なかったこと、またブログへも伺えなくて本当にすみませんでした m(__)m 記事のほうは予約タイマーの機能を働かせておりましたので、勝手に進行しておりましたが、自分はその記事を読めないという日々。この2週間というものほんとうにストレスでした・・・

12月に入り、今日からは通常の生活に戻れそうです^^ 勝手なことを申しますが、またよろしくお願いします(o^o^o)

さて、今日は9月に入手したテリハノイバラの苗は、超マイクロミニで未だに10センチほどの高さにしなかっていないのですが、10月に挿し芽をとって地面にぶっつりと挿しておいたものが、この子です。

二本くらいは保険をかけておきたかったのですが、親株のほうがまだまだ幼苗ですので、一本だけとっておきました。

11月になってこの状態ということは、ほぼ根付いてくれたような感じです! ヽ(*^^*)ノ ただこれから冬を迎えますし、まだまだ油断は大敵です。

なぜここに挿し芽をしておいたかと申しますと、この子を花壇の淵どりにしたかったのです。仕立て方として、横に這わせるようにして花壇に用いることができるとものの本に書いてあったので、やってみることにしました。
[テリハノイバラの挿し芽]の続きを読む

キダチアロエの紅葉

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年11月15日 木曜日 [Edit] 

Aloe arborescens - キダチアロエ(医者いらず)

Aloe arborescens - キダチアロエ(医者いらず)
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Aloe arborescens
【科名】ツルボラン科(ユリ科 Liliaceae)【属名】アロエ属
【和名】キダチアロエ【英名】  【別名】キダチロカイ
【流通名】アロエ(愛称:医者いらず)【品種名】不明 
【原産地】南アフリカ マダガスカル 【性状】常緑低木(多肉)
【草丈】15cm~3m 【花期】12~3月 【耐寒性】0~3℃

アロエには世界に200種以上もあるそうですが、我が家にあるのはこのキダチアロエとアロエべラ(食用)です。
アロエってどの種類のものも食べられるかというとそうではなくて、このキダチアロエはよくヨーグルトなどに使われているアロエではありません。

ヤケドや切り傷などに良いとされて外側の皮を剥きそれをぺたっと貼り付けるという方法で、お薬として使ったりされてますが、それはこのキダチアロエです。国内においては、このキダチアロエが一番流通しているそうです。

そろそろ朝の気温が0度に近くなってきましたので、記念撮影の後室内に取り込みました。太陽にしっかりと当てて、水遣りを控えめにするとうっすらと紅葉してくれます。
[キダチアロエの紅葉]の続きを読む

フリンジドラベンダー

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年11月11日 日曜日 [Edit] 

Lavandula dentata - フリンジドラベンダー

Lavandula dentata - フリンジドラベンダー
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Lavandula dentata
【科名】シソ科 Lamiaceae 【属名】ラバンデュラ属
【和名】フリンジドラベンダー 【別名】ラヴェンダー デンタータ
【英名】Dentata Lavender  【系統】デンタータラベンダー系
【性状】耐寒性宿根草  【耐寒性】マイナス5℃

私のところではマイナス10℃以下になることもあるので、屋外での越冬は難しいだろうと思い、昨年の冬は屋内で越冬させ、春になってから屋外で管理していたのですが、一向にお花をつけてくれる様子がなく、どうしたのだろうと思っていたら、盛夏を過ぎると蕾があがってきて今満開の状態になっているのが、このラベンダーです。

私の管理不行き届き!?で季節感をなくしてしまったのかしら?

春先に植え替えてあげようと思っていたのですが、結局そのまま放置してしまったので、用土は古いし (^^ゞ
[フリンジドラベンダー]の続きを読む