スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤いシベのサフラン♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年10月25日 日曜日 [Edit] 




【学名】Crocus sativus
【科名】アヤメ科 Iridaceae 【属名】クロッカス属
【和名】サフラン 【別名】薬用サフランヤクヨウサフラン) または蕃紅花バンコウカ
【英名】Saffron crocusサフラン・クロッカス
【性状】耐寒性多年球根植物  【花期】10~11月  【草丈】10~15cm
【原産地】地中海沿岸 
【用途】地植え 鉢植え ハーブティー パエリア、サフランライスなどの料理

一時は移植に失敗してずいぶん数が減ってしまった感じでしたが、ようやくすこしずつ球根が分球してくれたようで、塊りになってお花も咲くようになり、収穫できるサフランも増えてきました~

雨よ降らないで!と祈りながら、毎朝せっせとメシベを摘んでおります^0^
パエリアなどのスパイスに欠かせないサフランですが、お花が咲いたら受粉してしまう前に収穫するのが品質が良いサフランということになりますので、お写真のように花粉がこぼれているような状態ですとちょっと遅すぎ・・・^^; まして収穫前にお花に残ったまま乾燥して萎びれてしまっているメシベを収穫ということではいけません!

このサフランばかりはお花をじっくり愉しむというより、メシベの採取に躍起です♪ 

【PR】 やっぱりスペイン産の乾燥サフランがいい感じ♪ at Rakuten

収穫自体は簡単で、一つの花に3つあるメシベは指で引き抜くとカンタンに採取することができます。
この子が咲く頃は、ラズベリーが二季目の収穫期とも重なるので、小さなザルを片手にお庭へでます。
でも秋ともなると我家の庭には、水霜などが降りることもあって湿り気味(^^ゞ
サフランもラズベリーももうちょっと暖地のほうが、美味しいものが採れそうですねぇ~

秋の長雨や台風がなければ、ゆっくり熟してゆくラズベリーは秋に採れるもののほうが美味しいような気もします!
[赤いシベのサフラン♪]の続きを読む
スポンサーサイト

ムスカリたち 三種♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年05月01日 金曜日 [Edit] 




【学名】Muscari botryoides 'Album'
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ムスカリ属
【和名】ムスカリ
【英名】Muscari(ムスカリ)  Grape hyacinth(グレープヒアシンス)
【別名】瑠璃ムスカリ 【性状】耐寒性球根植物(-15℃)
【花期】4~5月  【花色】白色 【品種名】ムスカリ・ボトリオイデス ‘アルバ’
【原産地】地中海沿岸  【用途】地植え 鉢植え ボーダー花壇
【相性】チューリップやスイセンとの寄せ植え

もうほぼ終焉に差し掛かっているムスカリたちです。

春に咲く秋植え球根植物のなかでも、とても育てやすく繁殖力も旺盛で、放任していてもスクスクそだってくれるところが良いですよね~

今日は3種類のうち、まず‘アルバ’から。この子は白色なのでなんとなく弱いかもしれないなぁ~と思い鉢植えで管理していたのですが、秋に地面に下ろしたものです。
隣人にはオダマキ、クロッカス、クリスマスローズちゃんたちなどが居て、今年は3~4個だけ花が咲きました。


ムスカリの球根「レディーブルー」5球入り
 472円也~ Flower&Green GARDENさかもとさんちで秋になれば入荷するでしょう~♪
【PR】 秋植え球根のムスカリを探そう! at Rakuten


オダマキの葉っぱが伸び始めると、日陰になっては大変とどんどん花茎が伸びていっているみたい(笑) クロッカスと同時期に咲いてくれると嬉しいのですが、やはりどうしてもずれ込みますので、クロッカスからバトンを渡してもらい、次にオダマキへとつながります。
もっともクリスマスローズちゃんとのコラボは楽しめました(^_-)-☆
[ムスカリたち 三種♪]の続きを読む

危うく収穫しそこなうところでした!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年11月20日 木曜日 [Edit] 




【学名】Crocus sativus
【科名】アヤメ科 Iridaceae 【属名】クロッカス属
【和名】サフラン 【別名】薬用サフランヤクヨウサフラン) または蕃紅花バンコウカ
【英名】Saffron crocusサフラン・クロッカス
【性状】耐寒性多年球根植物  【花期】10~11月  【草丈】10~15cm
【原産地】地中海沿岸 
【用途】地植え 鉢植え ハーブティー パエリア、サフランライスなどの料理

またしても、一番キレイな時期を見逃してしまいました。
そして、危うく雌しべの採取をしそこなうところでしたが、なんとかサフランライス作りに必要な量の3回分くらいの量は収穫でき、ただ今風通しのよいところで乾燥中です。

【PR】 5gで4000円以上もする乾燥サフランにびっくり(@o@) at Rakuten

1グラムの乾燥サフランを作るには、160個分の雌しべが必要なんだとか!
スパイスのコーナーに並ぶサフランの値段がダントツにお高いこともうなづけますよね。
雌しべは一つの花に必ず三つついています。指で引き抜くとカンタンに採取することができます。
[危うく収穫しそこなうところでした!]の続きを読む

蒼い花・・・

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年11月03日 月曜日 [Edit] 

2008年10月の青い花

秋に咲いた青色系のお花をまとめてみました!

弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ

ムスカリがようやく・・^_^;

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年04月23日 水曜日 [Edit] 

Muscari latifolium - ムスカリ・ラティフォリューム

Muscari latifolium - ムスカリ・ラティフォリューム
 今日の一句 「葡萄色 濃淡わけつつ 背高に 咲いてかわいい 春の色」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Muscari latifolium
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ムスカリ属
【和名】ムスカリ
【英名】Muscari(ムスカリ)  Grape hyacinth(グレープヒアシンス)
【別名】瑠璃ムスカリ
【花期】4~5月  【花色】白色
【品種名】ムスカリ・ラティフォリューム
【性状】耐寒性球根植物(-15℃)

ファンシーフリルが咲いてくれるとは思っていなかったうえに、この子を植えつけていることをすっかり忘れて、この子の手前にビオラやチューリップを植えてしまっていたから、ぜんぜん見えないー ヘ(x_x;)ヘ
またもオバカならびにケンボーショーを露呈してしまっている私です。

と思っておりましたら、そこは植物もなかなかのもの。日が経つにつれ、日陰になってはならじとグングン背を伸ばし、なかなかに見ごたえのある株になってきました!エライっ ^0^

本当なら↓のお写真のようにまとめて植えつけたら見ごたえがあったのにぃー


産直花だん屋
さんには初めて赴いてみましたが、産直なんですね~ お値段も一般的なお店で購入するよりも安価では!? 
予約注文受付中だそうで、これなら秋に買い忘れることないですねっ。




こちらは背面に石があり、ロックガーデン風にし足元にはちゃんとバークチップも置いてあるので、お花がいきているなぁ~
良いお手本ですよねっ。
[ムスカリがようやく・・^_^;]の続きを読む

サフランの番紅花

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年12月06日 木曜日 [Edit] 

Crocus sativus - サフラン

Crocus sativus - サフラン
 今日の一句 「秋に咲く サフランの花 短い命」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Crocus sativus
【科名】アヤメ科 Iridaceae 【属名】クロッカス属
【和名】サフラン 【別名】薬用サフラン(ヤクヨウサフラン)
【英名】Saffron crocus
【性状】耐寒性多年球根植物 【原産地】地中海沿岸 

すこしアップが遅くなりましたが、今日はサフランのお花をご紹介しています。

サフランには香りがあるのですが、その香りのの主成分はサフラナールと呼ばれているそうです。私の場合、地植えにしているため、寝転ばない限りは、その香りを楽しむことができないのです。今度鉢植えのものも作っておこうかな(笑)
[サフランの番紅花]の続きを読む

オダマキ タワーライトブルー

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年05月20日 日曜日 [Edit] 

Aquilegia vulgaris ‘Tower Light Blue’

Aquilegia vulgaris ‘Tower Light Blue’


 
【学名】 Aquilegia vulgaris ‘Tower Light Blue’
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属
【品種名】タワーライトブルー(ライトブルー/ホワイト)
【咲き方】ボンネット型 八重咲き 下向き
【和名】 西洋苧環(オダマキ) 【英名】 アクレイギア Aquilegia

昨年入手した苗を地植えにして二年目の開となったのが、このタワー。やっぱり地植えのほうが大きく育つわぁ~(^ヮ^)はい!
茎も幾つも枝分かれして、そのテッペンにはそれぞれ蕾があり、開待機中です。

蕾のときは、茎の色と同じ黄緑色をしていますが、おが満開に近づくにつれ、なんともいえないパステル調のブルーへと色が変化してゆきます。

春花壇宿根草の素材として、私のイチオシなのがこのオダマキ。
もっとも期は長いほうではないんですけど。(^^ゞ 私の中ではちょっとした、いわゆるマイブームであります。
[オダマキ タワーライトブルー]の続きを読む

ミヤマオダマキ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年05月16日 水曜日 [Edit] 

ミヤマオダマキの距



【学名】Aquilegia japonica  
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属 
【和名】深山苧環(ミヤマオダマキ) 【英名】Aquilegia アキレギア
【性状】耐寒性宿根草  【期】5月

苧環の品種のなかでも、我が家では一番株数の多いのが、この深山苧環です。
一度もタネマキをしたことは無いのですが、順繰りに世代交代がうまくいってくれていて、毎年消失せずにお庭のどこかで必ず咲いてくれます。

普通私は宿根系の草の場合、来年のためにタネをつけさせず茎をきるのですが、このオダマキは別。
自然に任せています。

と申しますのも、いずれにせよオダマキは寿命が短く長年同じ株を楽しめるわけではないからです。

先日アップした西洋オダマキの場合、まだ経験年数が短くてどんな感じなのかがわからないのですが、他に西洋オダマキを育てていらっしゃる方もこぼれたタネから結構発芽してくれるとおっしゃっておられたので、西洋オダマキの場合も自然の理に任せてみようかなぁ~と思っています。

それにしてもこの距は、くるくるカールでとってもかわいい♪
西洋オダマキにはないカールぶりです。
[ミヤマオダマキ]の続きを読む