スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィンターコスモスも終焉

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年11月30日 月曜日 [Edit] 




【学名】Bidens laevis 'Kotohime'
【科名】キク科 Compositae または Asteraceae 【属名】センダングサ属
【和名】ウィンターコスモス 【英名】Winter cosmos, Bidens,Bur-marigold
【別名】ビデンス 【品種名】琴姫(コトヒメ)
【原産地】メキシコ・北アメリカ 【性状】耐寒性宿根草
【用途】地植え 鉢植え 切花

2メートルほどに育ってしまったウィンターコスモス。

大雨が降ったときに、折れてしまったので、剪定をかねて結構切り取りました。
そのまま室内に飾ろうかとも思いましたが、花粉がこぼれるしなぁ~と思いまして、結局ジョウロを花瓶代わりにしてに水をいれ、そのまま花束にして生け直射日光が当たらない屋外で愉しむことにしました!

屋外でもウィンターコスモスは寒さに強いこともあり、我が家のようにあすでにマイナスになる日があったりするような寒冷地でも、結構お花が長持ちするんですよね。
[ウィンターコスモスも終焉]の続きを読む
スポンサーサイト

越冬率 75% ウィンターコスモス

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年10月24日 土曜日 [Edit] 




【学名】Bidens laevis 'Kotohime'
【科名】キク科 Compositae または Asteraceae 【属名】センダングサ属
【和名】ウィンターコスモス 【英名】Winter cosmos, Bidens,Bur-marigold
【別名】ビデンス 【品種名】琴姫(コトヒメ)
【原産地】メキシコ・北アメリカ 【性状】耐寒性宿根草
【用途】地植え 鉢植え 切花

育て始めて二年目のウィンターコスモスですが、地植えにした親株二つのうち、冬を乗り越えてくれたのは1株のみ。同じような環境だったのに、なぜだか一方は枯れてしまいました。

テキトーにズボッと地面に挿しておいたものは、小さいながらも夏のうちから咲き始めています。
草丈は、30センチほど。

というわけで、越冬率は75%だったわけです(^^ゞ

さて、生き残った親株のほうは2メートルくらいにまでなってしまいました。切り戻しするのを忘れてしまった!
昨年まで覚えていたんですけど、この時期に切り戻ししようかどうしようか、迷い中~です。
でも2メートルにまでなってしまうと、間近でお花が見れないので、切ってしまおうかな。
でももう花芽はすっかり出来上がっているはずだしなぁ~ とぐずぐずしているうちに満開の時期になってしまい、親株のほうは結局背の低い私にはお花を間近でみれない状態になっちゃいました(^^ゞ
まったく、昨年の反省を学習できていない私・・・


【PR】ビデンス開花大鉢「イエローキューピッド」Bidens laevis 'Yellow Cupid'は、Flower&Green GARDENさかもとさんちで1,260 円 也~

ビデンス自体は200ほども種類があり、ウィンターコスモスと呼ばれるのは
さらに数種あります。現在流通するものは這性タイプと高性タイプがあります。
開花期が合うのでアメジストセージとの組み合わせは、オータムガーデンの定番です!』との説明があり、秋花壇のアイデアとしていただき~

微笑み、えくぼ、誠心、イエローキューピットなどなど品種も豊富なウィンターコスモスは秋から咲き始めます! at Rakuten


でも挿し芽のほうから育ったほうは、やっぱり切り戻ししちゃおう!と、一度きり戻しができたので、私の膝くらいの高さで、こじんまりと咲いてくれました!
仕立て方次第で随分印象が違うものですね(^_-)-☆

来年こそは親株さんにも少し低いところで咲いてもらうようにいたしましょう~^^;
[越冬率 75% ウィンターコスモス]の続きを読む

石蕗の秋

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年10月23日 金曜日 [Edit] 




【学名】Farfugium japonicum
【科名】キク科 Asteraceae 【属名】ツワブキ属 または フキ属
【和名】石蕗ツワブキ) 【英名】 Japanese silver leaf
【別名】艶葉蕗ツヤハブキ) 火傷草ヤケドグサ石蕗イシブキ
【性状】耐寒性多年草  【花期】10月~11月
【原産地】日本 台湾 中国南部
【用途】地植え 鉢植え シェードガーデン

病気の心配もなく、常緑で冬の間もなんとか緑を保ちつつ、毎年必ず咲いてくれる黄色の花、ツワブキです。

マーガレットや菊の花のようですけど、この子はキク科の植物なのでお花そのものを拡大して写すとツワブキってわからないでしょう? でも遠目にみると丸い葉っぱが特徴的ですのですぐにわかりますけど。

もう随分植えっぱなしの状態ですので、いよいよ株分けしてみようかと思うのですが、適期は春。
実はこの子のお隣にクリスマスローズ‘ルーセピンク’を地植えにしてしまったので、この子のことを邪魔者扱いしている私・・ (;´▽`lllA``

丈夫なので、多少手荒に扱っても大丈夫なんじゃぁ~~ないかしら?
といいますか、この子を植えている場所が、クリスマスローズちゃんたちがお気に召すようなところなんですよ~ いい感じの半日陰でして。
クリロー狂の私としましては、クリローちゃんたちを地植えにできる場所作りに奔走中~ 
、ヒドイ場所しか残ってませんので本当にこの子には申し訳ないのですが、思い切ってザックリと掘りあげて二軍落ち・・・させてしまおうかと迷い中~です(;´▽`lllA``
私ってホント我儘。そんなことをしているとツワブキの神様の逆鱗に触れてしまいそうです(笑)

でも誤解しないでね~ 私、ツワブキは好き♪なんです。

【PR】 いまだに入手できていない斑入り種が欲しいなぁ~♪ at Rakuten

シェードガーデンにうってつけのお花ですから~~ 丸い葉っぱと細い葉っぱのものなどや、色の組み合わせで楽しい日陰のお庭が演出できるはずなんです。
[石蕗の秋]の続きを読む

西洋オトギリ草♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年08月06日 木曜日 [Edit] 




【学名】Hypericum perforatum
【科名】オトギリソウ科 Guttiferae 【属名】オトギリソウ属
【和名】西洋弟切草セイヨウオトギリソウ)【英名】St. Johnswortセント・ジョーンズ・ワート
【性状】耐寒性宿根草 【花期】6月~7月  【草丈】20~60センチ 
【用途】庭植え 鉢植え ハーブティー

  
いつの間にか、ボーダー花壇に根付いたセント・ジョーンズワート。西洋オトギリソウです。
背丈も60センチほどで、一株から3本の花茎が伸びています。よく見るとこぼれた種からの発芽も周囲にある様子ですが、増えすぎると困るので、折角でてくれましたが、これらは雑草扱い(^^ゞ 根こそぎ撤去で、親株のみを残すことにしました。

何気ない咲き姿ですが、よく見ると黄色のお花のひとつひとつのシベたちもかわいらしい~でしょう?


【PR】【ハーブ苗 ハーブティー用】セントジョーンズワートは、大神ファームさんちで300円也~

大神ファームさんちとは、まだお付き合いの無い私ですが、大分県の別府にあるショップで、もし九州旅行ができたら、行ってみたい!とあこがれているところです。

オトギリソウを探そう~ at Rakuten



ハーブティーとして愉しむ場合には、ペパーミントとのコンビが良いようです。
飲むだけでなく、焼酎に漬け込んだものは、傷薬としても使えます。 
[西洋オトギリ草♪]の続きを読む

黄色のパティオローズ ‘コーネリア’

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年06月22日 月曜日 [Edit] 




【学名】Rosa 'Cornelia Poulhi019'
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】 バラ属
【品種名】パティオヒットシリーズ ‘コーネリア
【系統名】パティオローズ? ミニチュアになるのかしら?
【花径】5~8cm【花色】ミディアムイエロー
【樹高】20~40センチ 【香り】ほとんどなし
【咲き方】八重咲き 花弁25枚以上香り
【作出】Poulsen Roser A/S(デンマーク)

我家に唯一ある黄色系のバラ、コーネリアです。
そしてこの子はミニバラパティオローズに類される小型のバラです。

挿し芽も成功したので現在3株がありますが、半日陰になるようなところに植えてあるのに、この一輪目がもっとも日照条件が悪いというのに、元気にお花を咲かせたのです。
ちょっと嬉しいびっくり♪ その代わり、他に蕾はないんです(^^ゞ

【PR】 ミニバラならポールセン!^0^ at Rakuten


でも半日陰を明るく彩ってくれるのは、ありがたい!
この一輪があるだけで、随分このエリアがパッと華やぎます。この子の奥手には、黄緑色の葉っぱがきれいなフウチソウやギボウシを植えてあり、ちょっと和風の感じにしてあるんですよ(^_-)-☆
[黄色のパティオローズ ‘コーネリア’]の続きを読む

内緒のお話‘テータテート’

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年04月30日 木曜日 [Edit] 




【学名】Narcissus 'Tete-a-Tete'
【科名】ヒガンバナ科 Amaryllidaceae  【属名】スイセン属
【系統】キクラミネウス
【流通名】ミニ水仙 ‘ティタティタ’ 【英名】Cyclamen-flowered daffodil
【原産地】ポルトガル、スペイン 【性状】耐寒性球根
【草丈】10~20センチ 【咲き方】房咲き または早咲きシクラメン咲き
【品種名】テータテート
【用途】地植え 鉢植え 切花

ガ━━━(゚ロ゚;)━━ン!!

下のお写真を見てくださいませ・・・ 実は昨年の写真なんです。
で、上の写真は今年のモノ^^; 一輪しか咲いてくれませなんだー 

恐らく、昨年バラやオダマキを移植したときに球根をざっくりとやってしまったか、あるいはバラに肥料をあげたものを食べすぎたのだと思うのです。

もともと水仙は肥料を多く必要としない花なので、満腹になりすぎて花を咲かせるのが億劫になったのかもしれませんね(爆) でもとりあえず生きていてくれたことだけは確認できましたので、よし!とすることにします。

んんん、あっそうか、バラの葉っぱなどの影になり、日光もあまり当たら無くなってしまったかも。
他にも日陰すぎて花つきの悪いスイセンたちもかなりあるので、秋に忘れなければ(^^ゞ 移植してあげましょう~と思っておりマス。

【PR】 かわいいスイセンを育てよう! at Rakuten


私が秋に買いたいなぁ~と思っているのが、ペチコート咲きのバルボコジュームです。白色と黄色があるのですが、私は白が欲しいのですよ~

またしても秋に買い忘れないようにしないとっ ^^; 今のところ、秋に植えたいものリストには、水仙のバルボコジュームとガリル、そのほかスノードロップがあります。
[内緒のお話‘テータテート’]の続きを読む

満開の福寿草~♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年03月19日 木曜日 [Edit] 




【学名】Adonis amurensis 
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】フクジュソウ属
【和名】福寿草フクジュソウ)  【英名】Far East Amur adonis
【別名】元日草ガンジツソウ)   朔日草ツイタチソウ
【性状】耐寒性宿根草  【開花時期】2~3月
【用途】地植え 鉢植え

この子は4年ほどまえに花市で苗を買ってきて、地植えにしたものなのです。
昨年よりも2週間ほど早く開花しはじめまして、すでに満開!

この福寿草が咲くと、あぁ~~やっと春が巡ってきたんだなぁ~とココロウキウキにさせてくれる花です。キイロの花からは元気がもらえるような気がして・・・

【PR】 福寿草を探そう! at Rakuten

昨年よりも花芽は増えていてくれているのかしらん? と昨年の記憶を探ると・・・
あまり変わっていないような(^^ゞ 夏越しや施肥に問題があったかしら?
実はこの子のとなりに昨年クレマチス・モンタナを植えてしまい、地植えだからとちょっと穴を大きめに掘ったのですが、その時この福寿草にストレスを与えてしまったかもしれません。
というか、根っこを痛めちゃったかも!? だとしたら、ごめんね、福寿草ちゃん。
[満開の福寿草~♪]の続きを読む

艶艶、秋のツワブキ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年11月01日 土曜日 [Edit] 




【学名】Farfugium japonicum
【科名】キク科 Asteraceae 【属名】ツワブキ属 または フキ属
【和名】石蕗ツワブキ) 【英名】 Japanese silver leaf
【別名】艶葉蕗ツヤハブキ) 火傷草ヤケドグサ石蕗イシブキ
【性状】耐寒性多年草  【花期】10月~11月
【原産地】日本 台湾 中国南部
【用途】地植え 鉢植え シェードガーデン

黄色の花ってお写真に写そうとすると、色が飛んでしまうというか・・・
なかなか上手に撮れない・・・ _| ̄|○

本当はもっと黄色が濃いのですが、満開となったツワブキのご紹介です。
と申しますか、少々ご紹介が遅くなっておりまして、ほとんど終わりかけております^^;

【PR】 いまだに入手できていない斑入り種が欲しいなぁ~♪ at Rakuten

毎年、毎年、言っているのでもう聞き飽きたというかたもおられるでしょうが、やはりシェードガーデンならば白っぽいものがあると良いと思いません?
なので、我家にある緑一色のツワブキに変わって、斑入りのものに据え変えたいのですけど、いつもこのツワブキのことは後回しになってしまって、お花が咲くと欲しくなるんですよ。
斑入り種 (笑)

200810 秋のお花アルバム

蛇足ですが、10月に咲いていたお花をコラージュにしてみました!


[艶艶、秋のツワブキ]の続きを読む

秋だけど冬秋桜・・

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年10月31日 金曜日 [Edit] 




【学名】Bidens laevis ‘Kotohime’
【科名】キク科 Compositae Asteraceae【属名】センダングサ属
【和名】ウィンターコスモス 【英名】Winter cosmos, Bidens,Bur-marigold
【別名】ビデンス 【品種名】琴姫(コトヒメ)
【原産地】メキシコ・北アメリカ 【性状】耐寒性宿根草

昨年の12月にゲットしたウィンターコスモスが今が盛りと、秋空に向かって高く高く咲いています。
秋の空って、どうしてこんなに高く見えるのかしらぁ~~と思いつつ、鼻水をすすりながらしばしうっとりのすぅでございます(笑)

クリームイエローの花びらとのコントラストがよいわぁ~

【PR】 微笑み、えくぼ、誠心、イエローキューピットなどなど品種も豊富なウィンターコスモスは秋から咲き始めます! at Rakuten

秋まで鉢植えで管理すること、一年。
あまりに成育旺盛で2メートル近くまで背が伸びてしまい、鉢植えでは管理できなくなって、その上根っこは鉢からはみ出してました^^;

庭に植え付けしたときに、半分くらいは切り戻したのですが、この子の場合夏までに切り戻しをしないとこんもりと咲いてくれないとウワサで聞いていたので、もしかすると切り戻しをした時期が遅すぎたかも?と心配だったのですが、切り戻した部分にもお花が咲いてくれました。

chiemiiさんちの子は、もっとこんもりとたっぷりのお花が咲いています!

10月を振り返ると、色々なお花が咲いてくれました!

2008年10月に咲いた花

そんなお花たちの中でもこのウィンターコスモスは大のお気に入りになりました~

我家の場合には、9月中に切り戻しても大丈夫のようです。
後はこの後、地植えでもちゃんと越冬できるかどうかの実地検証を残すのみです。
鉢植えで越冬させたほうが、失敗は少ないのだろうと思うのですけど・・
保険をかけていなかったことに気がつきましたかお
庭に切り戻したときの茎をただただズボっと挿してあるものもあったのですが、そういえばあの子たちはどうしたかしら? ずっと風邪を引いていて、じっくりお庭の警邏をしていないのです。
[秋だけど冬秋桜・・]の続きを読む

セント・ジョーンズ・ワートの花

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年07月23日 水曜日 [Edit] 

Hypericum perforatum - 西洋弟切草(セイヨウオトギリソウ)


【学名】Hypericum perforatum
【科名】オトギリソウ科 Guttiferae 【属名】オトギリソウ属
【和名】西洋弟切草セイヨウオトギリソウ)【英名】St. Johnswortセント・ジョーンズ・ワート
【性状】耐寒性宿根草 【用途】庭植え 鉢植え ハーブティー
【花期】6月~7月  【草丈】20~60センチ
  
先般記事にさせていただいたオトギリソウの仲間、ヒペリカムは樹木ですが、こちらは草。
ハーブとしてもその効能に様々あるセント・ジョーンズ・ワートです。
放任しておくと、横に広がり、やたらに増えてしまうので要注意!

我家にはこれを焼酎に漬け込んだものがあって、もう何年もそれを切り傷と薬として使ったり、うがい薬として使ったりしています。

【PR】 オトギリソウを探そう~ at Rakuten

それにしてもオトギリソウの英名は、セント・ジョーンズワート。
ぐっと雰囲気がグレードアップしますねぇ~ 
[セント・ジョーンズ・ワートの花]の続きを読む

夏のオンシジューム

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年07月22日 火曜日 [Edit] 

Oncidium 'Aloha Iwanaga' - オンシジューム


【学名】OncidiumAloha Iwanaga
【科名】ラン科 Orchidaceae  【属名】オンシジューム属
【英名】Butterfly Orchid
【性状】非耐寒性宿根草  【用途】鉢植え 切花

春に一度キレイに咲いたのですけど、また花茎が1本あがってきてくれて、再び二番花が咲いてくれたオンシジューム。
8分咲きとなったので、株元から切り取ってお部屋に飾っています。
他にあわせるものがなかったので、一輪挿しにしました。

やはり蘭は豪華ですね~ 1本しかなくても花もたくさんついていますし。

【PR】 オンシジュームを育てよう! at Rakuten

オンシジュームは蘭の中でも育てやすいので、蘭がニガテな私でも冬場に枯らすことなく育てることができています。今年はシンビジュームのほうも一鉢株分けして、初めてハンギングで管理しているものが一鉢あるのですが、この子もハンギング用の鉢に植え替えてあげてみようかな?

そのほうが風通しのよいところで育ててあげられますものねっ。
[夏のオンシジューム]の続きを読む

黄色い薔薇のコーネリア

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年06月08日 日曜日 [Edit] 

Rosa 'Cornelia Poulhi019' - パティオヒットシリーズ‘コーネリア’

Rosa 'Cornelia Poulhi019' - パティオヒットシリーズ‘コーネリア’
 今日の一句 「日陰にも 窮屈さにも 耐えてくれ なんとか開花の コーネリア」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Rosa 'Cornelia Poulhi019'
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】 バラ属
【品種名】パティオヒットシリーズ ‘コーネリア
【系統名】パティオローズ? ミニチュアになるのかしら?
【花径】5~8cm【花色】ミディアムイエロー
【樹高】20~40センチ 【香り】ほとんどなし
【咲き方】八重咲き 花弁25枚以上香り
【作出】Poulsen Roser A/S(デンマーク)

オバカな私を露呈です(;´▽`lllA``

この子は小型のバラであるのに、南側に苧環、北側にユリたちを植えつけてしまった真ん中で必死に太陽を求めつつ、開花にこぎつけたのが、黄色のバラ‘コーネリア’です。

しかもこの花壇には、ルリ玉アザミ、フランネルソウ、ツルニチニチソウやガウラニチカなどもあって、もうそれは窮屈この上ないのです。悪いことしたなぁ~ もっとも耐陰性があるそうなので、なんとかなったのでしょうね。でもそろそろウドンコ病などが発生したとしても、ちっともおかしくない状態です。

おとなしく!? 鉢植えにしておいてあげればよかったのに、無理やり地植えにしてしまったものですから~ 

でも地植えにしたおかげで、この子の本来の姿を見ることができましたよ!鉢植えのときには、黄色というよりはどちらかというとクリーム色していたのに、すごくはっきりとした黄色であったことが判明!
[黄色い薔薇のコーネリア]の続きを読む

福寿草がようやく・・・

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年03月24日 月曜日 [Edit] 

Adonis amurensis - 福寿草(フクジュソウ) 

Adonis amurensis - 福寿草(フクジュソウ)
 今日の一句 「おめでたい 黄色の花を開いては 春を満喫 福寿草」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Adonis amurensis 
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】フクジュソウ属
【和名】福寿草フクジュソウ)  【英名】Far East Amur adonis
【別名】元日草ガンジツソウ)   朔日草ツイタチソウ
【性状】耐寒性宿根草  【開花時期】2~3月

3月上旬に、ようやくとんがり帽子を確認してから1ヶ月あまり。
やっと満開になったのがフクジュソウです。芽がでてから開花までの時間が短っ!

この近辺でももうかなり前から開花していて、お隣のオジサマは植え方も育て方も上手なので、確か2月くらいには咲いていたんですよ。なのに我家ときたら・・・

オジサマ宅では、雪があまり積もらないように、軒を作ってあげていて、日当たり万全、寒風にもあまりあたらない環境づくりをしてあげているのですが、我家はほぼ日陰で大量の雪が載ってしまうエリア。

お隣のオジサマ宅よりも1ヶ月以上も遅い開花です。でもなんとか咲いてくれたので、うれしい~
Y(=▽=)Y~☆ 満開です!
[福寿草がようやく・・・]の続きを読む

楽しんでます!オンシジューム

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年12月30日 日曜日 [Edit] 

Oncidium Aloha Iwanaga - オンシジューム

Oncidium 'Aloha Iwanaga' - オンシジューム
 今日の一句 「ゆっくりと 開けば 阪神タイガース」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】OncidiumAloha Iwanaga
【科名】ラン科 Orchidaceae  【属名】オンシジューム属
【英名】Butterfly Orchid
【性状】非耐寒性宿根草 

開花まで時間がかかるといえば、やはりこのオンシジュームも筆頭クラスです。
ゆっくり、ゆっくりと開き始めてから1ヶ月あまりでようやく満開となりました!
今年はお正月にあわせて咲いてくれたような感じです。
シンビジュームのほうがお正月に間に合わなかったので、ありがたや~

やはりランは豪華な雰囲気をかもしだしてくれますよねっ。

そろそろ根元から切り取って、花瓶に生けて楽しむ時期になりました。蕾が8割がた開いたところで、切り取り後は株を養生させることにしています。これからは厳寒期になりますので、水遣りのタイミングが難しいのです。けれど、ランのなかでも丈夫なものですから、なんとかすでに5年くらいは枯れずにがんばってくれてます。

ところで、今年はお花が開いたときに、緑色したアブラムシがついていてびっくり!この寒い時期にもくっつくのですね。これも暖冬の影響でしょうか。
[楽しんでます!オンシジューム]の続きを読む

ようやく・・・爪白のウィンターコスモス

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年12月10日 月曜日 [Edit] 

Bidens laevis ‘Kotohime’- ウィンターコスモス‘琴姫(コトヒメ)’

Bidens laevis ‘Kotohime’- ウィンターコスモス‘琴姫(コトヒメ)’
 今日の一句 「黄色の衣 風に舞い うつむく姿」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Bidens laevis ‘Kotohime’
【科名】キク科 Compositae Asteraceae【属名】センダングサ属
【和名】ウィンターコスモス 【英名】Winter cosmos, Bidens,Bur-marigold
【別名】ビデンス 【品種名】琴姫(コトヒメ)
【原産地】メキシコ・北アメリカ 【性状】耐寒性宿根草

ようやくウィンターコスモスをゲットできました~ ちょっと季節遅れではありますが、宿根草ですので来年も咲いてくれることを祈りつつ、お値打ち品コーナーに並んでいたビニールポット苗を購入しました。

コスモスではないコスモス! 実は菊科の植物で秋から咲いてくれるお花です。我が家では夏から秋~冬に咲くお花が少ないので、秋から咲く植物を収集中です。

耐寒性もあり零度を下回っても越冬できるようですが、まだ小さい苗ですので、今年は鉢植えで管理することにしました!
[ようやく・・・爪白のウィンターコスモス]の続きを読む

満開のツワブキ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年11月08日 木曜日 [Edit] 

Farfugium japonicum - 石蕗(ツワブキ)

Farfugium japonicum - 石蕗(ツワブキ)
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Farfugium japonicum
【科名】キク科 Asteraceae 【属名】ツワブキ属 または フキ属
【和名】石蕗ツワブキ) 【英名】 Japanese silver leaf
【別名】艶葉蕗(ツヤハブキ) 火傷草(ヤケドグサ)石蕗(イシブキ)
【性状】耐寒性多年草  【花期】10月~11月
【原産地】日本 台湾 中国南部

10月初旬ににょっきりと頭を上げ始めて、ゆっくりとゆっくりと咲いてくれたツワブキの花。そろそろ終焉なのですが、一番お花がきれいだった10月末の写真でのご報告です。

今年は通年よりも花つきがよかったのです。なぜかしら?
と考えたところ・・

おそらくお隣に植え付けた球根‘カサブランカ’ちゃんのためにせっせと肥料などを施してあげたからでしょう。知らぬ間にユリの恩恵を受けていたみたいです。私としてはツワブキちゃんに肥料をあげているという意識はあまりなかったのですが(^^ゞ
[満開のツワブキ]の続きを読む

フリージアの芽(@o@)

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年11月02日 金曜日 [Edit] 

Freesia hybrida - 八重咲きのフリージア

Freesia hybrida - 八重咲きのフリージア
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



【学名】Freesia hybrida
【科名】アヤメ科 Iridaceae 【属名】フリージア属
【和名】浅黄水仙(アサギスイセン)、香雪蘭(コウセツラン)  【英名】Freesia (フリージア
【流通名】フリージア 【原産地】南アフリカ
【性状】半耐寒性球根植物 (休眠期 夏) 要!堀上げ

本当は11月くらいが植付けの適期であるフリージアの球根。
鉢植えにしてあったものを、夏に掘り起こしておいたのですが9月に植えてしまった馬鹿な私です。この写真は10月5日に撮影したものなのですが、おそらくフリージアは春だと思ってしまったのではないかと(;´▽`lllA`` いわゆる「高温障害」です。
[フリージアの芽(@o@)]の続きを読む

コジマデンキの向日葵

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年09月07日 金曜日 [Edit] 

Helianthus annuus - 向日葵(ヒマワリ)

Helianthus annuus - 向日葵(ヒマワリ)
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Helianthus annuus
【科名】キク科 Compositae 【属名】
【和名】向日葵(ヒマワリ)【英名】Sunflower 
【別名】日輪草(ニチリンソウ) 日車(ヒグルマ) サンフラワー
【花期】7月~9月 【草丈】30センチ~3メートル
【原産地】北アメリカ 【性状】非耐寒性一年草

なぜにコジマデンキなのかというと、このヒマワリはオマケでいただいた種をさらに私が友人からいただいたものだったんです。

コジマデンキのイラストのようなヒマワリが咲くのかしらと思っていたのですが、あのニコニコしたイラストとはちょっとイメージが違っていて、ヒマワリというよりもより菊に近い感じのヒマワリでした。どっか~~んと大きなヒマワリが咲くのだろうと思ってました(^^ゞ

ところで、ヒマワリ。キク科であるというところで、へぇ~とお勉強したことがあります。小学校の授業ではここまでは教えてもらえなかったようなキオクです。ヒマワリには二種類のお花のスタイルが混在していたのでした! それは・・
[コジマデンキの向日葵]の続きを読む

福寿草が二分咲き

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年03月11日 日曜日 [Edit] 

福寿草の蕾



【学名】Adonis amurensis 
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】フクジュソウ属
【和名】福寿草(フクジュソウ)  【英名】Far East Amur adonis
【別名】元日草(ガンジツソウ)   朔日草(ツイタチソウ)
【性状】耐寒性宿根草  【開花時期】2~3月

2月末に蕾を発見してから約2週間でフクジュソウが咲き始めました!
我が家では初めての地植えでの開花です。

+゜*。:゜+(人*´∀`)ウットリ+゜:。*゜+.

まさに春の訪れを告げるお花の代表ですね~
元気のでるキイロです。

葉っぱもまだ完全に展開はしておらず、初々しいやわらかな葉っぱで、深いのに銀色がかったような色味もいい感じ。
[福寿草が二分咲き]の続きを読む

地植えの福寿草

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年02月27日 火曜日 [Edit] 

福寿草の蕾



【学名】Adonis amurensis 
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】フクジュソウ属
【和名】福寿草(フクジュソウ)  【英名】Far East Amur adonis
【別名】元日草(ガンジツソウ)   朔日草(ツイタチソウ)
【性状】耐寒性宿根草  【開花時期】2~3月

昨年2006年2月に地植えにしたフクジュソウです。
私の住む地域でも、日向のぽかぽかしているところで育てられている福寿草はすでに満開になっているというのに、私が植えたところはちょっと日陰であるせいか、蕾がでてくるのがおそくてハラハラしていました。

ようやくでてきました~~

確認できたのは、全部で四っ。
[地植えの福寿草]の続きを読む

フリージアの芽

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年01月24日 水曜日 [Edit] 

フリージア



【学名】Freesia hybrida
【科名】アヤメ科 Iridaceae 【属名】フリージア
【和名】浅黄水仙(アサギスイセン)、香雪蘭(コウセツラン)  【英名】Freesia (フリージア
【流通名】フリージア 【原産地】南アフリカ
【性状】球根植物 (休眠期 夏) 要!堀上げ

12月の初旬に植え付けをしたフリージアの球根が順調に育ってくれ、ちょこんと小さな芽を出してくれました~

いただいた球根なので、開花まではまだまだ先が長いとはいえ、第一段階をクリアーできて、ホッとしています。

つい先日まで鉢をダンボールに入れた状態で、軒下においておいたのですが、さすがに寒かろうと思い部屋の窓辺に置いたところ、芽を出してくれたんです。
[フリージアの芽]の続きを読む

PATIOHIT コーネリアのその後

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年01月23日 火曜日 [Edit] 

コーネリア



【学名】Rosa 'Cornelia Poulhi019'
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】 バラ属
【品種名】パティオヒットシリーズ‘コーネリア
【系統名】パティオローズ? ミニチュアになるのかしら?
【花径】5~8cm【花色】ミディアムイエロー
【樹高】20~40センチ 【香り】ほとんどなし
【咲き方】八重咲き 花弁25枚以上香り
【作出】Poulsen Roser A/S(デンマーク)

2006年の暮れに鉢植えで購入したときに、記事にさせていただいておりましたが、無加温の玄関においた鉢植えは本当にゆっくりゆっくりと花びらを開いていて、ほぼ満開の状態になりました!

切花などよりも長い時間お花を保持してくれています。
冬に咲くバラの鉢を管理するなどということは、初めてでどうなることかと思いましたが、上手に育ててくれた鉢を出荷してくれていたのでしょうね~~

鉢増しまでしてしまったというのに、蕾も落ちることはなく、まだまだこんな冬の時期なのに楽しませてくれそうです。

でもこんなことをしてしまっていたら、本来のお花盛りにはお花が咲いてくれないのではないかと、不安。
[PATIOHIT コーネリアのその後]の続きを読む

フリージアの植え付け

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2006年12月09日 土曜日 [Edit] 

フリージアの球根



【学名】Freesia hybrida
【科名】アヤメ科 Iridaceae 【属名】フリージア
【和名】浅黄水仙(アサギスイセン)、香雪蘭(コウセツラン)  【英名】Freesia (フリージア
【流通名】フリージア 【原産地】南アフリカ
【性状】球根植物 (休眠期 夏) 要!堀上げ

園芸を始めたばかりの頃、球根を植えつけて育ててみたのですが、結局ひとつの芽すら出てくれなかった、苦い思い出を持つのがこのフリージアです。

いただいた球根なので、なんとか開花までこぎつけたいのですが、何しろ南アフリカが原産のこの植物。寒さにはいたって弱いとお見受けしています。なんとしても咲かせたいので、いつものごとくお勉強!

さて、まずは出身地。どこで育ったかを知れば、育てるときのヒントになります。東京あたりでも地植えでは、霜よけが必要で、お日様がタップりあたるところで管理する必要があります。

といっても、お勉強の前に植えつけてしまったんですけどね。(⌒_⌒; タラタラ あまり遅く植えつけると、大きなお花にならないと、どこかに書いてあったので、焦って植えつけました。

ドイツ人のエフロンという人が、南アフリカで発見し、親友であったフレーゼ医師の名をつけて紹介したところから、現在フリージアと呼ばれるようになったとか。

今回初めて知ったのですが、フリージアってアヤメ科なんですねぇ~
たしかに葉っぱはアヤメにちょっと似ているけど、お花の姿は似てないなぁ~

その後、オランダで品種改良が加えられたりして、現在では 150 種類以上のフリージアがあるのだそうですが、私には驚くべき数字! そっ、そんなにフリージアって存在していたの? 黄色がメジャーですが、白、紫、ピンク色などなど色も多岐にわたっています。
そしてこの球根もそうですが、八重咲きのものもあります。
昔は一重のものしかなかったけどなぁあ~ 


【育て方】

球根の植え付けの適期は、11月ごろ。早く植えすぎると、葉が茂りすぎて倒れてしますようです。支柱を立てるなどの工夫が必要です。

霜に当てたり凍らせたりしてはいけないので、氷点下となるようなところでは、日中よく日の当たる場所室内で管理します。

水遣りですが、芽が出てくるまでは、土が乾きはじめたらたっぷりと与え、葉がでてきてからは、やや控えめ。

肥料は植え付ける土に化成肥料を元肥として施し、お花が咲くまでは液肥をあげます。

植えつける用土は、水もち水はけのよい土とし、赤玉土(小粒)6:腐葉土3:バーミキュライト1などがよく、清潔なものを用います。フリージアはウィルスなどに弱いので、古い土などはもってのほか!

お花が咲いたら、また来年も楽しむためには、花茎に種をつけさせないように、切り取ります。
[フリージアの植え付け]の続きを読む