スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そろそろ採種♪リグラリア

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年09月20日 日曜日 [Edit] 




【学名】Ligularia dentata 'Brit-Mrie Crawford'
【科名】キク科 Compositae 【属名】リグラリア属 または メタカラコウ属
【和名】丸葉岳蕗マルバタケブキ) 【英名】Black-leaved Ligularia 【別名】丸葉張良草マルバチョウリョウソウ
【品種名】ブリットマリークロウフォード
【原産地】アジア
【性状】耐寒性宿根草 -30℃  【草丈】70~100cm  【花期】夏
【用途】シェードガーデン 庭植え 

リグラリア・デンタータ ’ブリットマリークロウフォード’黄色い花は、8月までにはほぼ一巡して終わり、その後はタネをつけ始めています。

鉢植えにしていなければ、きっともっともっと黒々とした葉っぱを大きく展開しさせたのでしょうけれど、いかんせん限られた領域で育っているので、今後は地植えにある姿を見たいなぁ~

終わったお花の花茎を1本だけ残して、あとは花柄は摘み取りました。すっかり茶色になったお花はドライフラワーっぽくなっているのですが、さて、どのタイミングでタネを採取できるのかしら?

イマヒトツ良くわからないのです。タネまきに挑戦したいのですけど。


宿根草リグラリア ’ブリットマリークロウフォード’は、おぎはら植物園さんちで、 価格 1000円 也~~

【PR】 ツワブキの代用品としてもオススメ! at Rakuten



一緒に寄せ植えにしているヒューケラの‘グリーンフィンチ’も夏の炎天下にあって、水切れの苦難をなんども乗り越えつつも、ダメージが大きいのですが、この子も水切れにあったときに、ほとんど萎れたようなこともありまして(^^ゞ すべて私の責任ですが。

この鉢には秋に白い花を咲かせるリリオペだけが、イキイキしています。
やはり宿根草だけの寄せ植えですと、インパクトはイマヒトツ^^; でもこのリグラリアの個性的な葉っぱのおかげで、なんとか寄せ植えらしさを残してくれてます。
[そろそろ採種♪リグラリア]の続きを読む
スポンサーサイト

リグラリアが咲きました~Y(=▽=)Y~☆

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年07月30日 木曜日 [Edit] 




【学名】Ligularia dentata 'Brit-Mrie Crawford'
【科名】キク科 Compositae 【属名】リグラリア属 または メタカラコウ属
【和名】丸葉岳蕗マルバタケブキ) 【英名】Black-leaved Ligularia 【別名】丸葉張良草マルバチョウリョウソウ
【品種名】ブリットマリークロウフォード
【原産地】アジア
【性状】耐寒性宿根草 -30℃  【草丈】70~100cm  【花期】夏
【用途】シェードガーデン 庭植え 

昨年入手し鉢にヒューケラやオダマキなどと寄せ植えにしていたリグラリア・デンタータ ’ブリットマリークロウフォード’。冬の間はほぼ地上に葉っぱがなくなり、もはやこれまでか!とも思ったのですが、めでたく春に復活(^o^)

どんどん黒々とした葉っぱを展開し、私が育てているツワブキよりももっと大きくて、ヒラヒラとやわらかい葉っぱをこの夏まで鑑賞していたのですが、7月吉日、めでたく開花しました~~

思っていた以上に黄色というよりもオレンジ色に近い鮮やかなお花です。花の形状はツワブキの花ととても似ています。今回は花茎は2本立ち上がり、1本にはさらに分岐が見られ本格的な満開の時期となれば、また見事だろうとY(=▽=)Y~☆

下のおぎはら植物園さんちからお借りしているくらいに溢れるような花数にさせるには、やはり地植えにしなくてはならなさそうです。


宿根草リグラリア ’ブリットマリークロウフォード’は、おぎはら植物園さんちで、 価格 1000円 也~~

【PR】 ツワブキの代用品としてもオススメ! at Rakuten



ヒューケラの‘グリーンフィンチ’もともに旺盛な育ち方をしているので、もう鉢がパンパンです(^^ゞ
思いのほか大きく育ってくれて、嬉しい悲鳴ではあるのですが。
この子は日当たりは好きですが、どちらかというと夏の暑さに弱く、鉢植えにしてあるせいか、ちょっとでも水遣りを忘れると葉っぱがしんなりとしてしまいます。植え込みすぎだからでしょうか。

シェードガーデン向きでもあるので、地植えにするときには夏の間は半日陰くらいのほうが良さそうな雰囲気♪
明るい葉っぱモノとあわせると相乗効果が高まるので、黄緑色や黄色系の細葉などが隣人なら最高~
[リグラリアが咲きました~Y(=▽=)Y~☆]の続きを読む

貧弱ながらも・・・なんとか開花!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年07月17日 金曜日 [Edit] 




【学名】Dianthus chinensis var. heddewigii ‘Black & White Minstrels’
【科名】ナデシコ科 Caryophyllaceae 【属名】ダイアンサス属 または ナデシコ属
【和名】撫子ナデシコ) 【英名】Chinese Pink / Japanese Pink / Indian Pink / Rainbow Pink 
【別名】石竹セキチク) 【品種名】ブラック&ホワイト ミンストレルズBlack & White Minstrels
【原産地】中国 【性状】耐寒性多年草(一年草扱い) 【耐寒】-10℃ 【草丈】30cm
【花期】春~初夏 切り戻しをすると秋にも開花 【香り】あり
【用途】鉢植え ハンギング 地植えには向きません

昨年、お花が終わったばかりなのに、もう今年の開花を楽しみにしていたお花のひとつ、ダイアンサス‘ブラック&ホワイト’ちゃんです!

随分、挿し芽などをとって殖やそうと躍起になったのですが、やはり親株が一番たくさんお花が咲きまして、挿し芽した株はイマヒトツ。地植えでも愉しみたいと挿し芽を移植してみましたが、地植えですと生育が鈍ります。

梅雨どきの過湿を嫌うのでしょうねぇ~~ ^_^; 冬の寒さも嫌いますし。

やっぱりこの子は箱入り状態のお嬢様扱いで、丁寧に育てなくてはなりません。



【PR】ダイアンサス ブラック&ホワイト1鉢 は、ハッピー ガーデンさんちで、262 円也~

ダイアンサスを探そう!at Rakuten


この子のかわいらしさはグンを抜いています。
この時期から咲いてくれるエレガントなお花が少ない我家においては、救世主的存在!ですから、年を越して二年目にも開花してくれたのは誠に嬉しいのです。マラカス

いわゆるカーネーションの咲き方をするのですが、私はこれまで随分と鉢植えでも地植えでも枯らしてしまった経験があるので、この子の開花にはもう悦びもヒトシオなんですよ~

がっ、
[貧弱ながらも・・・なんとか開花!]の続きを読む

悲惨な状態の‘パープレア’

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年05月10日 日曜日 [Edit] 




【学名】Euphorbia amygdaloides ‘Purpurea’
【科名】トウダイグサ科 Euphorbiaceae 【属名】ユーフォルビア属
【和名】灯台草トウダイグサ)【英名】Wood Spurge
【別名】ユーフォルビア・アミグダロイデス プルプレア  【原産地】ヨーロッパ
【性状】耐寒性宿根草 【期】初夏 【草丈】40cm~80cm
【用途】鉢植え 地植え 

昨年は5月に入ってから咲いた‘プルプレア’でしたが、今年は2週間ほど早い開でした。

どうやら、地植えにした親株はその場所を気に入らなかったようなのです。
みるみるうちに元気がなくなってしまって、ほぼ瀕死の状態^^;

一方、昨年挿し芽を地面にさしておいたものは、なんとか開にこぎつけました~
昨日ご紹介したカラシアス‘ブラックパール’にくらべ、草丈も半分程度にしかならないので、こじんまりとした様相です。

実生のものも今のところ見つけることができておりませんので、忘れずに挿し芽を採らないと、最後の一株まであの世に行ってしまったら、今生の別れとなってしまいます。


宿根草ユーフォルビア ‘パープレア’は、おぎはら植物園さんちで、小苗なら630 円です!

【PR】 個性派のユーフォルビアを探そう! at Rakuten


地下茎で増えるはずなのに、増えている様子もなく・・・ 夏場には半日陰くらいのほうがよかろうと思ったのですが、日光はともかく、土壌が肥え過ぎていている上、ジメジメしすぎていたのでしょう。

毎度のことながら、(〃_ _)σ∥反省 
[悲惨な状態の‘パープレア’]の続きを読む

種から開花‘チョコレート・ソールジャー’

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年05月05日 火曜日 [Edit] 




【学名】Aquilegia viridiflora 'Chocolate Soldier'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 
【属名】オダマキ属 または ヒメウズ属 
【和名】苧環オダマキ) 
【英名】Aquilegia(アキレギア) Columbine(コロンバン)
【品種名】チョコレート・ソールジャー (またはソルジャー)またはアクレイギア・ヴィリデイフローラ 
【原産地】ヨーロッパ 【性状】耐寒性多年草 耐寒性(強) 
【系統】原種系  【草丈】40cm  【花径】1.5cm  【花期】5月~6月
【用途】鉢植え 地植え 

個性的なオダマキ‘チョコレート・ソールジャー’。
白色のムスカリの隣に植えたことを忘れていました・・・ ^^; 思いがけず見つけた花に感動~です。
トンプソン&モーガンから入手した種だったと記憶しているのですが、あるいは自宅で採取した種とも混じってしまっていたかもしれず^^;
はっきりとした記憶ながいのですが、種まきをした記憶はあるのです。
一昨年に種まきをして、昨年の秋に地植えにしたもので、無事に越冬し、開花にいたりました!

ヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノへ(^^ヘ)(ノ^^)ノ ちゃんかちゃんか♪


宿根草オダマキ ’チョコレートソルジャー’ 315 円也~
初めて育てたときは、おぎはら植物園さんちから、苗を購入したのです。

【PR】 チョコレート・ソールジャーを探そう! at Rakuten


とてもお気に入りのオダマキの一つなので、たくさん咲かせたい!と種から育てることにしたわけですが、作戦成功です^m^
[種から開花‘チョコレート・ソールジャー’]の続きを読む

チュリーっププッ ( ̄m ̄*)、早々に芽吹き♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年02月26日 木曜日 [Edit] 




【学名】Tulipa gesneriana 'Black Hero'
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】チューリップ属
【和名】チューリップ 【英名】Tulip 
【別名】鬱金草うっこんそう)  【品種名】ブラックヒーロー 
【花色】黒色
【原産地】地中海沿岸 【性状】耐寒性球根植物
【作出者】J. Beerepoot

この日、軽~~く雪が積もりました。 あっという間に溶けてしまったのですが、朝出勤前に記念撮影したものです。
そろそろ地熱もあがっているのでしょうね~ 残雪となることもほぼないはずです。

昨年は3月に入ってから、芽吹いているのを確認していたのですが、今年は2週間ほど早くでてきています。ものによっては1ヶ月あまり早く三角形した頭が見えはじめているのですよ~

やっぱり今年は暖かい冬だったようですね(* ^-^)ノ(* ^-^)ノ

この球根たちは、昨年鉢植えで管理していた‘ブラックヒーロー’と 何か・・・^^;
ラベルをつけてなかったので、忘れてしまいました m(__)m

長方形のコンテナにかなりの数を植えたのですが、昨年花が咲くほど十分に育っていない球根もあったので、芽がでているものすべてに花が咲くとは限りません。

【PR】 今年は、切り取ってアレンジにも挑戦したいなぁ~  at Rakuten

でもこうして育てれば、球根も太り来年か再来年までには大きくなって、お花が咲いてくれるかと。
昨年、球根を掘りあげたときに、ちょっと時期が早すぎたんです。
一昨年は遅すぎて球根が腐りかけていたものもあったりしたので、早めに掘り起こしたのですが、さすがにちょっと早すぎたかなぁ~と反省中。だって葉っぱがかなり緑色を残していたというか、あまり黄色に変色していないうちに掘りあげてしまったものですから。

でもこうして先っぽを見ていると、結構元気そうですし、からなずいくばくかは咲いてくれると思うんです。
[チュリーっププッ ( ̄m ̄*)、早々に芽吹き♪]の続きを読む

2008年に咲いた黒色の花

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年12月27日 土曜日 [Edit] 

黒色 2008年 グリッド
[2008年に咲いた黒色の花]の続きを読む

ダイアンサス ブラック&ホワイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年07月18日 金曜日 [Edit] 

Dianthus chinensis var. heddewigii ‘Black & White Minstrels’ - ダイアンサス シネンシス ヘッジウィギー ‘ブラック&ホワイト ミンストレルズ’


【学名】Dianthus chinensis var. heddewigii ‘Black & White Minstrels’
【科名】ナデシコ科 Caryophyllaceae 【属名】ダイアンサス属 または ナデシコ属
【和名】撫子(ナデシコ) 【英名】Chinese Pink / Japanese Pink / Indian Pink / Rainbow Pink 
【別名】石竹(セキチク) 【品種名】ブラック&ホワイト ミンストレルズBlack & White Minstrels
【原産地】中国 【性状】耐寒性多年草(一年草扱い) 【耐寒】-10℃ 【草丈】30cm
【花期】春~初夏 切り戻しをすると秋にも開花 【香り】あり
【用途】鉢植え ハンギング

仕切りなおしのダイアンサス‘ブラック&ホワイト’です。
と申しますのも前回の記事で、‘ソーティー’と取り違えてしまっておりましたので(^^ゞ

今日はハンギンクにしてあるこの子がほぼ満開となったお知らせも兼ねています。庭植えにしてあるほうは、梅雨のジメジメした環境が嫌でたまらないらしく、株も大きくなりませんし、花つきもすこぶるよくありません。

やはり雨が当たらないように管理してあげることが、この子をキレイに咲かせてあげる一番のポイントのようです。

【PR】 ダイアンサスを探そう! at Rakuten

一方、同じハンギングのなかに植えてある、‘ソーティ’はまだ蕾があがってくれておらず・・・
挿し芽ほどの植え替えたときに剥がれ落ちた1本を植えただけということもあるのですが、暑さが一段落してから、開花してくれるのかなぁ~
[ダイアンサス ブラック&ホワイト]の続きを読む

Heuchera 'Obsidian' - ヒューケラ‘オブシディアン’

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年07月17日 木曜日 [Edit] 

Heuchera 'Obsidian'  - コーラル・ベルズ または ヒューケラ‘オブシディアン’


【学名】Heuchera 'Obsidian'
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ツボサンゴ属
【和名】壺珊瑚ツボサンゴ)  【英名】Fancy-leaf Coral Bells
【別名】コーラル・ベルズ / ヒューケラ 【品種名】オブシディアン
【原産地】北アメリカ 【性状】耐寒性宿根草 (-15℃)
【花期】初夏 【草丈】40cm

もっとこの子の成長振りをご報告していたのかと思っていたら、霜が降りている頃真冬のアップが最後でした。

先日は‘モカ’の記事をアップしておりましたが、‘オブシディアン’はやはり銅葉といいますか黒色系のヒューケラです。初めて入手したヒューケラはこの子でした!
株もなかなかに大きくなり、今年の秋か、来年には株分けもできそう~な感じです。

【PR】 ヒューケラを見つけよう! at Rakuten

未だ欲しいと思っている‘キャラメル’は手元におらず、虎視眈々と狙っているところ。
今度は明るい色の黄色っぽい葉っぱをしている子が狙い目です。

オブシディアンはお隣にダイアンサスのこれまた黒色の子が隣人なのですが、梅雨を嫌うダイアンサスは、いまひとつの咲きっぷり。なかなか私が思い描いていたような両者の絡みを見ることができていません。

反対側に陣取っているのは、‘ピーチフランバ’ですが、ちょっとボケすぎていて、わかりにくいですね。
右億に明るめの葉っぱが見えていると思うのですけど。
そして奥手にはクリスマスローズ。やっぱ密集させすぎですねぇ~ ^_^;
[Heuchera 'Obsidian' - ヒューケラ‘オブシディアン’]の続きを読む

ヒューケラ ‘モカ’ の花♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年07月08日 火曜日 [Edit] 

Heuchera  'Mocha' - ヒューケラ ‘モカ’


【学名】Heuchera 'Mocha'
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ツボサンゴ属
【和名】壺珊瑚ツボサンゴ)  【英名】Fancy-leaf Coral Bells
【別名】コーラル・ベルズ / ヒューケラ 【品種名】モカ
【原産地】北アメリカ 【性状】耐寒性宿根草 (-15℃)
【花期】初夏 【草丈】40cm  【用途】花壇 寄せ植え 鉢植え シェードガーデン

今年春に入手した小さな苗でしたが、ちゃんと育ってくれてお花が咲いてくれていたのですけど、ご報告がすっかり遅くなってしまった、ヒューケラ‘モカ’です。

入手したばかりのときには、少し黄緑がかった部分もあったのですが今はすっかりシックなオトナへと変貌~~ Y(=▽=)Y~☆ 米粒ほどの大きさで、ちょっと綿毛をあしらったかわいいお花を次々に咲かせております。 ヒューケラって思いのほか、花期が長いですね~~♪ 


おぎはら植物園さんから、3月に入手した苗のひとつ、ヒューケラのモカです。光沢の無い、黒っぽく銅色の葉っぱがお気に入りです! ツボサンゴ  ’モカ’
価格は 500円也。

【PR】探してみよう!お気に入りのヒューケラたち!at Rakuten

この子は花壇で、レディースマートルやリュウノヒゲ、クリスマスローズなどが隣人。それぞれがぐんぐん領域を拡大してゆく子たちばかりなので、油断大敵!
マメに株分けなどをしてあげなくてはと思っていますが、今のところはそう混み合いすぎずにそれぞれが個性的な葉っぱで競演中です。
[ヒューケラ ‘モカ’ の花♪]の続きを読む

撫子‘ソーティ’が開花!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年06月14日 土曜日 [Edit] 

Dianthus barbatus nigrescens 'Sooty' - ダイアンサス‘ソーティー’

Dianthus barbatus nigrescens 'Sooty' - ダイアンサス‘ソーティー’
 ブラック&ホワイト同様に・・想像と違ってます(@o@)
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Dianthus barbatus nigrescens 'Sooty'
【科名】ナデシコ科 Caryophyllaceae 【属名】ダイアンサス属 または ナデシコ属
【和名】撫子(ナデシコ)【英名】Sweet William 【別名】石竹セキチク
【原産地】ヨーロッパ【性状】耐寒性二年草 【香り】あり

前回の記事から二度目のアップです!そして今回はめでたく開花のご報告^m^

と・・・・ えっ、またまた違う! ぜんぜん違います・・・
ラベルのお写真とはかけ離れているのです!

なんだか頭がこんがらがってしまいました。マロン・チョコレート色したお花ってどんな感じなんだろう~と実物を見るまで、ジリジリしておりましたが、開いてみたらカーネンションのようで、↓にあるようなお店の写真とはベツモノの花が咲いてマス。


宿根草 ナデシコ ’ソーティー’
このソーティー、ちょっとスカビオサに似てませんか?
ぜんぜん、形状の違うお花で、頭が混乱中です

(;´▽`lllA``




どちらかというと、一昨日のブラック・アンド・ホワイトに似てますけどぉ~?ワタシが植え付けのときに取り違えたのか?とも思いましたが、そんなはずはない!

でも、お花自体は私好みでありますし、開花が喜ばしいことには違いないのですが。心境的にはちょっとフクザツです。

鉢植えにしてあるほうは、挿し芽から育ててますけど、根っこ付の苗で植えたブラック・・ちゃんのほうにおされ気味ではありますが、でもちゃんと根付いてくれたのもうれしいことです!
[撫子‘ソーティ’が開花!]の続きを読む

撫子‘ブラック&ホワイト’の花

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年06月12日 木曜日 [Edit] 

Dianthus chinensis var. heddewigii ‘Black & White Minstrels’ - ダイアンサス シネンシス ヘッジウィギー ‘ブラック&ホワイト ミンストレルズ’

Dianthus chinensis var. heddewigii ‘Black & White Minstrels’ - ダイアンサス シネンシス ヘッジウィギー ‘ブラック&ホワイト ミンストレルズ’
 今日の一句 「開いた花は 黒色で 一重咲きなる 撫子は 予想と違う 見目形」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Dianthus chinensis var. heddewigii ‘Black & White Minstrels’
【科名】ナデシコ科 Caryophyllaceae 【属名】ダイアンサス属 または ナデシコ属
【和名】撫子(ナデシコ) 【英名】Chinese Pink / Japanese Pink / Indian Pink / Rainbow Pink 
【別名】石竹(セキチク) 【品種名】ブラック&ホワイト ミンストレルズBlack & White Minstrels
【原産地】中国 【性状】耐寒性多年草(一年草扱い) 【耐寒】-10℃ 【草丈】30cm
【花期】春~初夏 切り戻しをすると秋にも開花 【香り】あり

3月に入手したダイアンサス‘ブラック&ホワイト’に一輪目の花が咲きました!

でも・・・

お写真とぜんぜん違う! 


宿根草 ナデシコ ブラック&ホワイト
ほら、このようにお写真ですと、白い縁取りがあり、ちょっと八重咲きのような感じ(;´▽`lllA``
なのに、我家のは白色一色の一重咲きで、ついていたラベルにある写真とはベツモノのようです
ミミミ (-公-;)ムムッ


それともまだ一輪目なので、本来の姿を発揮していないのでしょうか?

やはり開花株を買うべきだったのか! あぁ~~ 悲しい シクシク ・゚・(ノД`)・゚・。
でもね、ワタシのダイスキな黒色系ではありますし、それはそれはシックないでたちのナデシコでありますので、結果的にはそうがっかりもしていないのですけど。

ただ、おぎはら植物園さんにはお伝えしたほうが良いのかしら?
なんだかクレーマーのようになってしまうのも、嫌だなぁ~~

もう少し、様子を見てみます!
[撫子‘ブラック&ホワイト’の花]の続きを読む

優雅なアンジェリケ ^m^

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年05月12日 月曜日 [Edit] 

Tulipa gesneriana ‘Angelique’- 鬱金草(うっこんそう) - チューリップ‘アンジェリケ’

Tulipa gesneriana ‘Angelique’- 鬱金草(うっこんそう) - チューリップ‘アンジェリケ’
 今日の一句 「」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Tulipa gesneriana ‘Angelique’
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】チューリップ属
【和名】チューリップ 【英名】Tulip 
【別名】鬱金草うっこんそう)  【品種名】アンジェリケ
【原産地】地中海沿岸 【性状】耐寒性球根植物
【系統】ダブルレイト系 晩生  【草丈】45~60cm
【交配者】D.W. Lefeber & Co

もしかするとワタシは一番美しく咲いてくれていたときを見逃してしまっているのかもしれません。
本来、もう少し桃色がかった色あいになるはずなのですが、すでに白っぽい桜色になっちゃってます^_^;
GW中1週間ほどお世話できなかったし、観察することもできなかったのです(泣)
ワタシとしてはGWやお盆にはお出かけなど本当はあまり歓迎しないことなのですが、そういう個人的なワタシの趣味で周囲に迷惑をかけるわけにも参りませんし。
長期間のお出かけは冬場に限りますが、それはそれで室内のお花たちが心配(ーー;)
結局、ガーデナーは家からあまりはなれることができない体質になってゆくのではないでしょうか?

どちらかというと引きこもりがちなワタシでありますが、お花が好きになってからは本当にお出かけってしなくなりました。皆さんはいかがですか?
[優雅なアンジェリケ ^m^]の続きを読む

ブラック ^m^ チューリップ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年05月10日 土曜日 [Edit] 

Tulipa gesneriana 'Black Hero' - チューリップ 鬱金草(うっこんそう)

Tulipa gesneriana 'Black Hero' - チューリップ 鬱金草(うっこんそう)
 今日の一句 「黒色に 光沢放つ 鬱金草 驚くほどの 色味かな」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Tulipa gesneriana 'Black Hero'
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】チューリップ属
【和名】チューリップ 【英名】Tulip 
【別名】鬱金草うっこんそう)  【品種名】ブラックヒーロー 
【花色】黒色
【原産地】地中海沿岸 【性状】耐寒性球根植物
【作出者】J. Beerepoot

やっぱり品種名がわからないのはイライラします。Elegant Tulip Bulbs [http://www.elegant-tulip-bulbs.com/tulip-name.html]でblackで検索してみたら

'Black Beauty' Single Late - - -
'Black Diamond' Single Late black late 65-80
'Black Hero' Double Late dark purple late 40-60
'Black Horse' Single Late black late 65-80
'Black Jack' Triumph dark purple mid 40-60
'Black Out' Triumph black mid 40-60
'Black Parrot' Parrot purple late 50-65
'Black Pearl' Single Late - - -
'Black Star' Triumph dark purple mid 40-60
'Black Swan' Single Late - - -
'Blackout' Triumph - - -
'Blackpool'

のようにブラックという名前があるもの様々あって・・・ よくわからんと思いましたが、八重咲きであり、パロットでもトライアンフでもないとなると、と消去法! あらら、八重咲き種はヒーローちゃんだけですわ^^;

'Black Beauty' Single Late - - -
'Black Diamond' Single Late black late 65-80
'Black Hero' Double Late dark purple late 40-60
'Black Horse' Single Late black late 65-80
'Black Jack' Triumph dark purple mid 40-60
'Black Out' Triumph black mid 40-60
'Black Parrot' Parrot purple late 50-65
'Black Pearl' Single Late - - -
'Black Star' Triumph dark purple mid 40-60
'Black Swan' Single Late - - -
'Blackout' Triumph - - -
'Blackpool' この子は写真がなく詳細がわからなかったのでしたが。

というわけでモンダイ解決! 我家のチューリップは‘ブラックヒーロー’でありました!
あぁ~すっきり!
[ブラック ^m^ チューリップ]の続きを読む

ユーフォルビア・アミグダロイデス‘プルプレア'

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年05月02日 金曜日 [Edit] 

Euphorbia amygdaloides ‘Purpurea’- ユーフォルビア・アミグダロイデス‘プルプレア'

Euphorbia amygdaloides ‘Purpurea’- ユーフォルビア・アミグダロイデス‘プルプレア'
 今日の一句 「春先に 咲いたお花は 緑色 無数の小花 揺れて 微笑む」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Euphorbia amygdaloides ‘Purpurea’
【科名】トウダイグサ科 Euphorbiaceae 【属名】ユーフォルビア属
【和名】灯台草トウダイグサ)【英名】Wood Spurge
【別名】ユーフォルビア・アミグダロイデス プルプレア  【原産地】ヨーロッパ
【性状】耐寒性宿根草 【花期】初夏 【草丈】40cm~80cm

昨年来、我家に居て元気に育っていたアミグダロイデス‘プルプレア'もついに開花となりました!
思っていた以上に早い開花で、まだちょっと小寒い春先から十分に楽しめるのだと再確認~ 
寒冷地に住む私にとってはうれしいお知らせでありました。
4月の中旬くらいから咲き始めておりますので、ちょっと記事のアップが遅れをとっております
m(__)m

まだ二年目ですが、この子を育ててみた感想!

まずぜんぜん虫がつかなかったし、支柱なしでもなんとか自立してくれたし、挿し芽をしたものからもお花が開花してくれた!ということナシ^0^

今年の春も挿し芽をとって増やしますゾ ( ̄m ̄*)゚プッ 何しろ私がダイスキな黒色の葉っぱに緑色の花という絶妙のコンビネーションを演出してくれる植物であり、かつ簡単に厳冬を乗り切ってしまうのですからぁ~ どんどん殖やさねばっ。


目下、私が次に狙っているのは、ユーフォルビア マルティニ(マチーニー)Euphorbia x martiniiでございます!
このプルプレアとカラキアスの交配種で、レッドブラックアイ!のお花が咲くのですよ~~
(∇〃)。o〇○ポワァーン



どうも色々集めたがる私・・・最近とみにその傾向が強くなってきているのですが、このユーフォルビア系も例にたがわず。コレクションは増えてゆきそうです。

上のものと、もうひとつ。


ユーフォルビア「シルバースワン」Euphorbia characias 'Silver Swan'という斑入りのユーフォルビアです。
黒色もよいけれど、斑入りの白っぽいものもシェードガーデンに植えつけるにはもってこい、でしょう~?



早くもっといろんなユーフォルビア、出回ってくれないかなぁ~
私の近所のHCではあまり取り扱われないんですよねっ。 なんでだろう?
[ユーフォルビア・アミグダロイデス‘プルプレア']の続きを読む

黒色のダイアンサス ’ソーティー’

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年04月27日 日曜日 [Edit] 

Dianthus barbatus nigrescens 'Sooty' - ダイアンサス‘ソーティー’

Dianthus barbatus nigrescens 'Sooty' - ダイアンサス‘ソーティー’
 撫子には色々ありまして、外来種については、ダイアンサスと呼ばれるようですね。

     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Dianthus barbatus nigrescens 'Sooty'
【科名】ナデシコ科 Caryophyllaceae 【属名】ダイアンサス属 または ナデシコ属
【和名】撫子(ナデシコ)【英名】Sweet William 【別名】石竹セキチク
【原産地】ヨーロッパ【性状】耐寒性二年草 【香り】あり

深いマロン・チョコレート色という言い方をされている方がいましたが、真っ黒というよりは少しチョコレート色をしているようです。そしてこのお花、いわゆるエーダブルフラワーで食べることができるそうです!

3月に入手した苗ですが、順調に生育中です!でも油断はキンモツ。昨年、とってもかわいい~~と地植えにしてあった伊勢撫子は我家を好いてはくれませんでした。
今年また出会いがあれば、この伊勢撫子も入手したいなぁ~ リベンジです!

この子は先般ご紹介したブラック・アンド・ホワイトと似た感じではあるのですが、こちらはお花の咲き方がちょっとマツムシソウに似ているような感じがしました。まだ実物を見てなくてラベルの写真で見ただけですが。


宿根草 ナデシコ ’ソーティー’
背丈はブラック&ホワイトに比べ、こちらのほうが高くなるようです。
昨年何かの付録で貰ったナデシコの種をバラバラ播いておいたところ、今年は地植えで結構発芽・越冬したので、多くのナデシコが咲きそろいそうな春です!


庭植えにするときに、ポロリと落ちた芽があったので、クリローのハンギングの中に、その小さな芽とブラックアンドホワイトの両方を植え付けてあります。クリローの花が終わったら、この子達が順次咲いてくれるようにと思ったのですが、うまく行くかなぁ~
[黒色のダイアンサス ’ソーティー’]の続きを読む

マットな感じ♪ ヒューケラ ‘モカ’ 

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年04月23日 水曜日 [Edit] 

Heuchera 'Mocha' - ヒューケラ‘モカ’

Heuchera 'Mocha' - ヒューケラ‘モカ’
 今日の一句 「日が経つと 赤色の葉は 黒々と 渋みを増しつつ 蕾を抱えん」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Heuchera 'Mocha'
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ツボサンゴ属
【和名】壺珊瑚ツボサンゴ)  【英名】Fancy-leaf Coral Bells
【別名】コーラル・ベルズ / ヒューケラ 【品種名】モカ
【原産地】北アメリカ 【性状】耐寒性宿根草 (-15℃) 【販売元】Jardinハルディン
【花期】初夏 【草丈】40cm

おぎはら植物園さんから、3月に入手した苗のひとつ、ヒューケラのモカです。

ラベルの写真よりも新芽はもっと赤色を帯びており、ちょっとベニカナメモチのような赤さがあります。
大人になるにつれ、葉っぱの色が黒色を強く出すようになるんですよねっ。



ツボサンゴ  ’モカ’
   まさにモカ色のコーヒーのごとく、光沢のない黒色の葉っぱが素敵です!
価格 500(円) (税別、送料別)


なぜか、他のヒューケラよりも100円高かったけど、なんでだろ?
ちょっとレアーなのかしらん。などと思いつつ、黒色好きの私はこの子を早速お庭に植えたのであります!
実は昨日ご紹介した‘ピーチフランバ’よりもこの子のほうを咲きに入手し、地植えにしておいたのですが、記事が前後してしまいました。
[マットな感じ♪ ヒューケラ ‘モカ’ ]の続きを読む

撫子 ブラック&ホワイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年04月21日 月曜日 [Edit] 

Dianthus chinensis var. heddewigii ‘Black & White Minstrels’ - ダイアンサス シネンシス ヘッジウィギー ‘ブラック&ホワイト ミンストレルズ’

Dianthus chinensis var. heddewigii ‘Black & White Minstrels’ - ダイアンサス シネンシス ヘッジウィギー ‘ブラック&ホワイト ミンストレルズ’
 今日の一句 「黒白の 花が開く 撫子に 蕾はまだかと じっと見る」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Dianthus chinensis var. heddewigii ‘Black & White Minstrels’
【科名】ナデシコ科 Caryophyllaceae 【属名】ダイアンサス属 または ナデシコ属
【和名】撫子(ナデシコ) 【英名】Chinese Pink / Japanese Pink / Indian Pink / Rainbow Pink 
【別名】石竹(セキチク) 【品種名】ブラック&ホワイト ミンストレルズBlack & White Minstrels
【原産地】中国 【性状】耐寒性多年草(一年草扱い) 【耐寒】-10℃ 【草丈】30cm
【花期】春~初夏 切り戻しをすると秋にも開花 【香り】あり

よく調べもせず、黒い花というだけで3月に入手したダイアンサス‘ブラック&ホワイト’です。3月中にすでにハンギングと庭植えにしております。

よくよく調べてみると、面白い品種名。Minstrelsには「吟遊詩人」という意味があったのですね~
でもheddewigiiをExcite翻訳で調べても和訳の意味は掲載されていませんでした。なんだろ?


宿根草 ナデシコ ブラック&ホワイト
寒さに耐えられる宿根草をと思い、ダイアンサスの黒が欲しいと選んだのです。でもどうやら一年草扱いで育てるのが一般的のよう(;´▽`lllA``
またまたフライング!ドテッ 


ならばいたしかたない!今年はたくさんのお花に咲いてもらって、種を採取するしかないではありませんか!
もちろん、もう少ししっかりした感じになったら、挿し芽も考えておりますぞ~
[撫子 ブラック&ホワイト]の続きを読む

たぶんチリ・ブラック^_^;

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年03月11日 火曜日 [Edit] 

Scabiosa 'Chile Black'  - スカビオサ‘チリ・ブラック’

Scabiosa 'Chile Black' - スカビオサ‘チリ・ブラック’
 今日の一句 「春の陽に 向かって伸びる 新芽から 黒い花咲く日は 間近か」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Scabiosa 'Chile Black'
【科名】マツムシソウ科 Dipsaceae または Dipsacaceae  【属名】マツムシソウ属
【品種名】チリ・ブラック
【和名】松虫草マツムシソウ)【英名】Pincushion Flowers
【別名】スカビオサ 【原産地】ヨーロッパ アジア アフリカ
【性状】一年草/ 二年草 / 多年草

昨年は苗から育てとても気に入ってしまった‘チリ・ブラック’。そこで種を入手し花壇にまいておいたところ、どうやら無事越冬してくれて元気モリモリになってき始めました。

スカビオサ=マツムシソウでありますが、この子は二年草であるわけでして、種を播いてから翌年の開花となるようです。でもこうして元気なのは軒下のちいさなスペースにあるものだけで、雪の下になってしまうところにあるものたちは、冷害で葉っぱは溶けかかっていますし、支柱も立ててあげていなかったので、地面に這い蹲るようにして、冬を耐えていました。

復活してくれるかなぁ~ 私は地植えのものは寒さに耐え切れないだろうと、半ば諦めてしたのですが、葉っぱが茶色になっていないので、まだ期待していてもよさそうです。
[たぶんチリ・ブラック^_^;]の続きを読む

ヒューケラ・オブシディアンに霜!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年02月01日 金曜日 [Edit] 

Heuchera 'Obsidian'  - コーラル・ベルズ または ヒューケラ‘オブシディアン’

Heuchera 'Obsidian' - コーラル・ベルズ または ヒューケラ‘オブシディアン’
 今日の一句 「漆黒の 葉っぱに降りた 凍る霜 結晶の花 自然の美」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Heuchera 'Obsidian'
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ツボサンゴ属
【和名】壺珊瑚ツボサンゴ)  【英名】Fancy-leaf Coral Bells
【別名】コーラル・ベルズ / ヒューケラ 【品種名】オブシディアン
【原産地】北アメリカ 【性状】耐寒性宿根草 (-15℃)
【花期】初夏 【草丈】40cm

いよいよ2月ですね~ もう少しで立春。節分になるとあぁ~後もう少しで春がやってくる!という気分になります。でも本当の寒さはこれからだったりするのですが。

寒い朝には、地面が10センチ以上も盛り上がるほどの霜柱がたつこともあり、そうした寒い朝には、葉っぱなどにもこのように雪の結晶ができたりします。

この子は耐寒性が強いので、あまり心配はしませんが、それにしてもよくまぁ~こんなに寒いのに生き延びることができるものです。
[ヒューケラ・オブシディアンに霜!]の続きを読む

ティントネーロの冬

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年01月26日 土曜日 [Edit] 

Trifolium repens - テントネーロ

Trifolium repens - テントネーロ
 今日の一句 「白ツメクサ なれど葉っぱは 漆黒の 緑の縁取り 冬に輝く」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Trifolium repens
【科名】マメ科 Fabaceae 【属名】トリフォリウム属
【流通名】クローバー 【品種名】テントネーロ
【英名】Black Clover 【別名】阿蘭陀蓮華(オランダレンゲ)
【原産地】ヨーロッパ 【性状】耐寒性宿根草 【花期】5~10月 【販売元】Jardinハルディン) 

冬になって気温がぐっと下がってくると、周囲の環境が変わるせいか、この黒クローバーがもっとステキに見えるみたい (o^^o)ふふっ♪

春から夏の間は紫外線が強すぎて、せっかくの黒色の葉っぱにハレーションを起こす感じになるのか、シックな黒色さがいまひとつ。でも日光量の少ない今の時期なればこそ、この子らしさを楽しむことができます。先日、雪が降ったときなどは、白黒が対照的でまたかわいかったわぁ~ パァー ゛ (゜・゜* ホレボレ

お写真は、地植えではなくハンギングにしてあるものです。お仲間はハツユキカヅラ。
ハツユキカヅラも紅葉し、真っ赤になったり黒色になったりしているので、同色での競演となっています。花物がないのがちと寂しいところです。

昨年はベルフラワーやユーフォルビアなどとも寄せ植えにして楽しみましたo(^^o) (o^^o) (o^^)o ♪ 今年はランナーから植えたものを庭の花壇の端っこのあちこちで殖えているので、それらを使って寄せ植えにもできますし。ルン♪
[ティントネーロの冬]の続きを読む

スカビオサ‘チリブラック’

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年07月07日 土曜日 [Edit] 

Scabiosa 'Chile Black'

Scabiosa 'Chile Black'

 

【学名】Scabiosa 'Chile Black'
【科名】マツムシソウ科 Dipsaceae または Dipsacaceae
【属名】マツムシソウ属
【品種名】チリ・ブラック
【和名】松虫草(マツムシソウ)【英名】Pincushion Flowers
【別名】スカビオサ 【原産地】ヨーロッパ アジア アフリカ
【性状】一年草/ 二年草 / 多年草

黒色好きの私にとって、嬉しい開となったのが、スカビオサ・チリブラック。
以前、ブルーのセイヨウマツムシソウをご紹介済みでありますが、今回はブラック!

入梅となってから、地植えにしたブルーのスカビオサには元気がなくて・・・ がっくり。
ちょっと葉っぱなどに病気が発生してしまっているような気がします。

でもこのチリブラックは、ハンギングにしてあるので雨に当たらないせいか、とても元気。ステムもかなり長くなりました。
[スカビオサ‘チリブラック’]の続きを読む

黒クローバー ‘ティントネーロ’

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年06月30日 土曜日 [Edit] 

Trifolium repens

Trifolium repens

 

【学名】Trifolium repens
【科名】マメ科 Fabaceae 【属名】トリフォリウム属
【流通名】クローバー 【品種名】テントネーロ
【英名】Black Clover 【別名】阿蘭陀蓮華(オランダレンゲ)
【原産地】ヨーロッパ 【性状】耐寒性宿根草 【花期】5~10月 【販売元】Jardinハルディン

‘ダークダンサー’と呼ばれているような四つ葉のクローバーもありますが、我が家のツメクサは三つ葉。色は黒い色に少し緑色が混じります。購入するときによく調べなかったので、三つ葉のものを買ってしまいましたが、やはり買うなら四つ葉タイプがよかったかなぁ~ シアワセになれそうだし。(笑) でも育て方によっては、三つ葉に戻ってしまう場合もあるとか。

クローバーにはざっと300種もあり、お花の色や形もさることながら、葉っぱの色も赤いもの、黄色っぽいものなどイロイロです。

マメ科植物には、土の中のチッソを吸い取る機能があるとのこと。
あぁ~納得!それで畑などの連作を嫌う植物などのために、マメを植えたりするんだ~! 我が家にはマメ科植物は他にサミダレハギくらいしかなかったので、よく知らなかったんです。

加えて寄せ植えにしてある、カンパニュラやビオラたちの生育がやけに旺盛だと思っていたのですが、この子のチカラによるところが大きかったのかもしれません。

大きくなってきたので、ランナーを挿し芽したりして増殖中です。
小さなポットから移植したところ、かなりの大株になってきています。
[黒クローバー ‘ティントネーロ’]の続きを読む

黒花フウロのタネ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年06月10日 日曜日 [Edit] 

Geranium phaeum var. phaeum

Geranium phaeum var. phaeum

 

【学名】Geranium phaeum var. phaeum
【科名】フウロソウ科 Geraniaceae【属名】フウロウソウ属
【和名】黒花風露草(クロバナフウロソウ)【英名】Mourning Widows Crane's-bill
【別名】ファエウム 【原産地】ピレネー
【性状】耐寒性 初夏咲き多年草 【咲き方】一重咲き中輪

黒花フウロもそろそろをつけ始めています。
地植えのものにはをつけさせることにして、鉢植えのものは地際から花茎を切り取って整理し、花が盛りのものだけ2本残した状態にしています。

以前、ゼラニウムのを発芽させようとして失敗したのですが、このフウロは増やしたいので、ぜひともタネマキに挑戦したいと思っているんです。

槍のようなツンと伸びたの形はゼラニウムのの鞘とそっくりです。ちょっと細めですけど。

[黒花フウロのタネ]の続きを読む

西洋オダマキの種

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年06月06日 水曜日 [Edit] 

Aquilegia vulgaris var.stellata ‘Ruby Port’

Aquilegia vulgaris var.stellata ‘Ruby Port’

 

【学名】 Aquilegia vulgaris var.stellata
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ
【咲き方】ポンポン咲き 八重咲き 下向き
【和名】 西洋苧環オダマキ) 【英名】 ColumbineまたはGranny's Bonnet
【性状】耐寒性宿根草

まずはブルーバローの種。

他にもたくさんおが咲いているのですが、それでも一番最初に頂点で咲いていたはすっかりこのような種の形を形成しております。

しっかりと肥料も吸い込んでくれたのか!(笑)
プクプクとした種の鞘です。たくさん種が入ってそうです。ワクワク!
[西洋オダマキの種]の続きを読む

ブラックバロー Y(=▽=)Y~☆

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年05月23日 水曜日 [Edit] 

Aquilegia vulgaris var.stellata ‘Black Barlow’

Aquilegia vulgaris var.stellata ‘Black Barlow’



【学名】 Aquilegia vulgaris var.stellata ‘Black Barlow’
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ
【品種名】ブラック・バロー
【咲き方】ポンポン咲き 八重咲き 下向き
【和名】 西洋苧環オダマキ) 【英名】 Granny's bonnetまたはColumbine
【性状】耐寒性宿根草

ご報告が遅くなりましたが、バローシリーズが開し始めております。
すでに一部はびらが散り、タネを作り始めてしまっています。

これはタネから育てたのではなく、今年苗で入手したもの。
先日ご紹介したタワーと同様、今年はなんとかタネを採り、もう少し株の数を増やしたいと思っている品種です。

昨年タネを播いた西洋オダマキのうち、ジャイアント系はスクスクそだっているのですが、Sweet Rainbowsたちは未だそのおを見せてはくれておらず、どうもうまく越冬できなかった模様!?
(O_O;)Shock!!
ナメクジにやられ、霜にもやられてしまったので、株も小さいし・・・
咲いてくれるかなぁ~ 

[ブラックバロー Y(=▽=)Y~☆]の続きを読む

咲いた!黒花フウロ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年05月12日 土曜日 [Edit] 

黒花風露草(クロバナフウロソウ)



【学名】Geranium phaeum var. phaeum
【科名】フウロソウ科 Geraniaceae【属名】フウロウソウ属
【和名】黒花風露草(クロバナフウロソウ)【英名】Mourning Widows Crane's-bill
【別名】ファエウム 【原産地】ピレネー
【性状】耐寒性 初夏咲き多年草 【咲き方】一重咲き中輪

あっという間に開花しはじめてくれてま~す!黒花風露。
なんて素敵! 黒いといってもやはり少々紫色がかっています。

メシべとオシベの形もよ~~く見てみると、なんとも不思議なカタチ。

[咲いた!黒花フウロ]の続きを読む

黒花風露草の蕾

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年05月10日 木曜日 [Edit] 

黒花風露草(クロバナフウロソウ)



【学名】Geranium phaeum var. phaeum
【科名】フウロソウ科 Geraniaceae【属名】フウロウソウ属
【和名】黒花風露草(クロバナフウロソウ)【英名】Mourning Widows Crane's-bill
【別名】ファエウム 【原産地】ピレネー
【性状】耐寒性 初夏咲き多年草 【咲き方】一重咲き中輪

今年早春に株分けして地植えにした株、三株すべてに蕾が上がってきました~ 去年から持ち越しで鉢植えにしておいたものにも蕾が出てきてます。

それにしても地植えと鉢植えでは葉っぱの大きさがぜんぜん違うなぁ~
やっぱり地植えのほうが、のびの~~びとしていて、鉢植えのものの倍以上の大きさがあります。

咲いてみないとわかりませんが、この分ですとお花の大きさもかなり違うのかしらん? 開花が楽しみです!
[黒花風露草の蕾]の続きを読む

Heuchera 'Obsidian'

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年05月09日 水曜日 [Edit] 

ヒューケラ



【学名】Heuchera 'Obsidian'
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ツボサンゴ属
【和名】壺珊瑚(ツボサンゴ)  【英名】Fancy-leaf Coral Bells
【別名】コーラル・ベルズ / ヒューケラ 【品種名】オブシディアン
【原産地】北アメリカ 【性状】耐寒性宿根草 (-15℃)
【花期】初夏 【草丈】40cm

先日ヒューケラの蕾のようすをご紹介しておりましたが、いよいよ小花たちが開き始めました。

もっとも今年入手した苗ですので、私が育てているとは言いがたいのです。咲いて当然といえば、当然!
無事越冬し、来年開花してくれて初めて私が育てたヒューケラの開花ということになるのでしょうが・・・

でもこのヒューケラ。お花を楽しむというよりは葉っぱを楽しむという感じですねっ。黒色というか暗紫色のツヤヤカさがたまらな~~~い!

[Heuchera 'Obsidian' ]の続きを読む

ヒューケラの蕾

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年04月12日 木曜日 [Edit] 

ヒューケラ・オブシディアン



【学名】Heuchera 'Obsidian'
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ツボサンゴ属
【和名】壺珊瑚(ツボサンゴ)  【英名】Fancy-leaf Coral Bells
【別名】コーラル・ベルズ  【品種名】オブシディアン
【原産地】北アメリカ 【性状】耐寒性宿根草 (-15℃)
【花期】初夏 【草丈】40cm

初めて育て始める植物、ツボサンゴのご紹介です。
初体験ですので、いつものようにお勉強しなくちゃー!
ヒューケラを育てたことがある方には、イロイロとアドバイスをいただければうれしい~です。

ところでこの苗のラベルにはヒューケラ‘オブデシディアン’と書かれていたのですが、当初私には、ツボサンゴとニューケラとの区別はどうなっているのかしらんと思っておりましたが、ヒューケレラはツボサンゴとティアレラの交配種(Heucherella × Tiarella)だったのですね。ツボサンゴも英語的にはヒューケラですが、日本のスダヤクシュの仲間であるそうです。


【育て方】

耐寒性多年草ですが、寿命は意外に短いので3~4年育てたところで株分けなどの更新が必要です。
耐寒性はありますが、高温多湿に弱いので夏場は半日陰で管理します。特に夏の日差しで葉焼けなどをおこさせないような工夫を。

[ヒューケラの蕾]の続きを読む