スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殖えた!宿根イベリス♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年05月15日 金曜日 [Edit] 




【学名】Iberis sempervirens
【科名】アブラナ科 Brassicaceae 【属名】イベリス属
【和名】常葉なずなトキワナズナ) 【英名】Evergreen Candytuft (キャンディータフト) 【別名】イベリス・センペルヴレンス
【原産地】ギリシャ 西アジア スペインのイベリア 【性状】耐寒性宿根草 這性 【耐寒性】-15~20℃
【花期】3~5月  【草丈】15cm
【用途】地植え 鉢植え ロックガーデン グランドカバー

キャンディータフト」とも呼ばれる砂糖菓子のようなイベリス。昨年以前は一年草の子ばかりを育てていたのですが、宿根イベリスを育てるようになってから、この子の丈夫さには敬服しているのです。

何より耐寒性が強いこと。そして挿し芽で増やすのがカンタンであること。


【PR】宿根イベリスの苗「ブライダルブーケ」Iberis sempervirensは、Flower&Green GARDENさかもとさんちで、262 円なり~

お菓子のようにかわいいイベリスを探そう! at Rakuten


地植えでも鉢植えにしても、どんな植物とも相性バツグンです♪やったね!

今年、春先に挿した穂にも早々に蕾がでているものもあるのです。
[殖えた!宿根イベリス♪]の続きを読む
スポンサーサイト

踊りだした!?葉牡丹

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年11月19日 水曜日 [Edit] 




【学名】Brassica oleracea
【科名】アブラナ科 Brassicaceae 【属名】アブラナ属
【和名】葉牡丹ハボタン) 【英名】Ornamental Kale
【性状】耐寒性宿根草 【用途】鉢植え 地植え 切花
【原産】ヨーロッパ南西部

昨年から鉢植えで管理中の二種類の葉牡丹。無事に夏越しができて涼しくなってからはイキイキとし始めている感じです。

ちりめんタイプは数年前に枯らしてしまったので、現在は丸葉の紫色と緑色の二種類です。
一つはミセバヤと寄せ植え、もう一つはアイビーとのハンギングにしています。

うっすらとですが^^;、一枚目の写真の背景にあるのが、ミセバヤの花のピンクです。

【PR】 ハボタンでお正月のお飾りを! at Rakuten

そろそろお正月用として寄せ植えを作りたいなぁ~ ハボタンを植えつけるなら本格的な冬が来る前に終わらせておかないと、我家の気候では枯れこんでしまったりしますし。
[踊りだした!?葉牡丹]の続きを読む

イベリス ‘アップルブロッサム’

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年07月15日 火曜日 [Edit] 

Iberis umbellata 'Appleblossom' - イベリス ‘アップルブロッサム’


【学名】Iberis umbellata 'Appleblossom'
【科名】アブラナ科  Brassicaceae 【属名】イベリス属
【和名】常葉なずなトキワナズナ) 【英名】Candytuftキャンディタフト
【別名】キャンディタフト
【品種名】アップルブロッサム Appleblossom
【原産地】南ヨーロッパ 北アフリカ 西アジア
【性状】非耐寒性一年草 【草丈】20~30cm 【花期】4~7月
【用途】庭植え 鉢植え ボーダー花壇 寄せ植え 切花

春に入手した白色の宿根イベリスのほうは、もうすっかり葉っぱだけになってしまっているのですが、春に種を播いて育て始めた‘アップルブロッサム’の花がようやく咲き始めました!
曇りの日に撮影したせいか、白っぽくなってしまいましたが、本来はもう少し桃色が濃いお花です。

私のところは寒冷地なので、春に種を播きましたが、秋に種を播いておけばもっと早くから咲き始めて、春からお庭を彩ってくれたのでしょうけど。
秋にこぼれた種からも育ってくれたことがあるのですが、以前育てていたものは今年の開花はありませんでした。

残念・・・

【PR】 イベリスを探そう!

まだ少し種を残しておいたので、秋にも播いてみようかな?
霜が当たらないように管理すれば、早春から咲いてくれると思うのです!

一方、宿根イベリスのほうは少し挿し穂などをとって、お庭に挿して置きました。
宿根イベリスのほうは割りと簡単に挿し芽からふやすことができます!
[イベリス ‘アップルブロッサム’]の続きを読む

丸葉ハボタンと雪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年02月17日 日曜日 [Edit] 

Brassica oleracea var - 葉牡丹(ハボタン)

Brassica oleracea r - 葉牡丹(ハボタン)
 今日の一句 「雪帽子 被って 冬を彩れり 丸葉牡丹の 幾重もの葉よ」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Brassica oleracea
【科名】アブラナ科 Brassicaceae 【属名】アブラナ属
【和名】葉牡丹(ハボタン) 【英名】Ornamental Kale
【性状】耐寒性宿根草 【原産】ヨーロッパ南西部

今年に入ってからビニールポット苗で入手したハボタンです。
モチロン、お値打ち品! 30円くらいだったでしょうか。
こう寒さが強い今の時期に、植付けをしても失敗するのではないかと思い、ビニールポットのまま寄せ植えしてある鉢に植え込んでしまいました。
根っこをちゃんと育てるには、やはり遅くとも11月までには植えつけておかないとなぁ~

今年はバンジーやビオラなどもあまり買わなかったので、特に寒々しく見え、少し色物がほしかったのです。白色と紫色の丸葉系で、二つは足の長いバージョン。一つは枝分かれしているタイプのものでした。

↑の写真は、背の低いタイプ。

ハボタンは毎年毎年、新しい見目形のものがでてくるので、選ぶのが楽しいですよね。
[丸葉ハボタンと雪]の続きを読む

スィート・アリッサムと雪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年12月22日 土曜日 [Edit] 

Lobularia maritima - 庭なずな(ニワナズナ) または スィート・アリッサム

Lobularia maritima - 庭なずな(ニワナズナ) または スィート・アリッサム
 今日の一句 「初雪に 凛と咲きつつ 微笑んで」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Lobularia maritima  
【科名】アブラナ科 Brassicaceae  【属名】ロブラリア属
【英名】Sweet Alyssum  【和名】庭なずな(ニワナズナ
【流通名】スィート・アリッサム
【草丈】10cm  【花径】2mm~3mm
【性状】多年草(一年草扱い)  【原産地】地中海沿岸

雪の綿帽子を被ったアリッサムです!

夏の暑さに弱いアリッサムですが、冬の寒さには意外と強いのであります。夏越ししたものなのか、秋にこぼれた種から発芽してくれたものなのかは定かではありませんが、この12月には白色、ピンク色、紫色などの小花がレイズドベッドの縁取りにしてある石垣にもたれかかるようにして、咲いてくれています。

名わき役のアリッサムですが、この時期は我家では主役の座を射止めている感じ(笑) パンジーなども植え付け時期が遅かったせいで、あまりぱっとしませんし、鉢植えのものを除けば、庭植えでキレイに咲いてくれている小花系はこのアリッサムくらいなものです。
[スィート・アリッサムと雪]の続きを読む

夏越し後のスィート・アリッサム

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年09月22日 土曜日 [Edit] 

Lobularia maritima - ニワナズナ

Lobularia maritima - ニワナズナ
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Lobularia maritima  
【科名】アブラナ科 Brassicaceae  【属名】ロブラリア属
【英名】Sweet Alyssum  【和名】庭なずな(ニワナズナ)
【流通名】スィート・アリッサム
【性状】多年草(一年草扱い)  【原産地】地中海沿岸
【草丈】10cm 【花径】2mm~3mm

何度もアップしているようなキオクだったのですが、実はアリッサムを主体としている記事って無かったことに気がつきました。

というわけで、暑さが一段落してお花がきれいに咲き始めた、名わき役であるスィート・アリッサムのご紹介となりました。

さてアリッサムには約80種類もあるそうなのですが、一般的に私達がアリッサムと呼んでいるものは、ロブラリア属になった一種で、他のアリッサムはアリッサム属に分類されます。
[夏越し後のスィート・アリッサム]の続きを読む