スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貧弱ながらも・・・なんとか開花!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年07月17日 金曜日 [Edit] 




【学名】Dianthus chinensis var. heddewigii ‘Black & White Minstrels’
【科名】ナデシコ科 Caryophyllaceae 【属名】ダイアンサス属 または ナデシコ属
【和名】撫子ナデシコ) 【英名】Chinese Pink / Japanese Pink / Indian Pink / Rainbow Pink 
【別名】石竹セキチク) 【品種名】ブラック&ホワイト ミンストレルズBlack & White Minstrels
【原産地】中国 【性状】耐寒性多年草(一年草扱い) 【耐寒】-10℃ 【草丈】30cm
【花期】春~初夏 切り戻しをすると秋にも開花 【香り】あり
【用途】鉢植え ハンギング 地植えには向きません

昨年、お花が終わったばかりなのに、もう今年の開花を楽しみにしていたお花のひとつ、ダイアンサス‘ブラック&ホワイト’ちゃんです!

随分、挿し芽などをとって殖やそうと躍起になったのですが、やはり親株が一番たくさんお花が咲きまして、挿し芽した株はイマヒトツ。地植えでも愉しみたいと挿し芽を移植してみましたが、地植えですと生育が鈍ります。

梅雨どきの過湿を嫌うのでしょうねぇ~~ ^_^; 冬の寒さも嫌いますし。

やっぱりこの子は箱入り状態のお嬢様扱いで、丁寧に育てなくてはなりません。



【PR】ダイアンサス ブラック&ホワイト1鉢 は、ハッピー ガーデンさんちで、262 円也~

ダイアンサスを探そう!at Rakuten


この子のかわいらしさはグンを抜いています。
この時期から咲いてくれるエレガントなお花が少ない我家においては、救世主的存在!ですから、年を越して二年目にも開花してくれたのは誠に嬉しいのです。マラカス

いわゆるカーネーションの咲き方をするのですが、私はこれまで随分と鉢植えでも地植えでも枯らしてしまった経験があるので、この子の開花にはもう悦びもヒトシオなんですよ~

がっ、
[貧弱ながらも・・・なんとか開花!]の続きを読む
スポンサーサイト

フランネルソウ、輝く!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年06月28日 日曜日 [Edit] 




【学名】Lychnis coronaria (=Silene coronaria)
【科名】ナデシコ科 Caryophyllaceae 【属名】スイセンノウ属 または リクニス属
【和名】酔仙翁スイセンノウ) 一人娘ヒトリムスメ) 
【英名】Mullein pink(マイレンピンク) Rose Campion(ローズ カンピオン) Dusty Miller(ダスティーミラー)
【別名】フランネルソウ  リクニス  コロナリア
【性状】耐寒性多年草(または1年草)  【原産地】南ヨーロッパ
【用途】ボーダー花壇 コンテナ ロックガーデン 【草丈】70cm  【花期】5~8月

ボーダー花壇をあまりにも占領してしまったため、昨年かなり間引きまして、今年は大株が数株残っているだけなのですが、それでもショッキングピンクのような赤紫色のような花が咲き始めると周囲がにぎやかになりすぎてしまう傾向のあるフランネルソウです。

日当たりがよすぎる上、土壌もあまりよろしくないっ *o_ _)o彡 というようなところがあったら、お勧めのお花です。まぁ~とにかく屈強なお花であります。

だけれど、シルバーリーフを携えているので、この派手な赤紫色も少し柔らかな印象となります。



【PR】スイセンノウの大苗(フランネルソウ)Lychnis coronaria by Flower&Green GARDENさかもと

フランネルソウを探そう! at Rakuten


この子はお花を咲かせながら、タネをつけ始めてしまうので、こまめに花柄を切り取りタネをこぼさせないようにするのですが、それでもやっぱりこぼれてしまい、結局のところは殖やしてしまうハメになるのです。かわいそうだけれど、新しくでてきた芽は雑草扱いとなり、取り除きます。

フランネルソウだけでなく、梅雨の晴れ間を見て、どんどん伸びてきている雑草や込み合っているトコロを整理しておきませんと、植物も病気になりやすいので私も頑張り中です(;´▽`lllA``


ユニフォームなどの頑固な汚れに洗浄力抜群! ネットブラシ楽リーン(ラクリーン)ってご存知ですか?実は先日野球部に入ったばかりの中学生が親戚にいるのですが、毎日毎日泥だらけ・・・洗濯がとても大変だとこぼしていたのです。そうしたらタイムリーにもこのスポンジがNHKで紹介されていました~
とても良く落ちるのだそうです。私は野球部ではありませんが(^^ゞ 庭仕事で汚れた洋服などを洗濯するのに重宝しそう~~と思い、要チェック中~です・・ヘ(^o^)/

[フランネルソウ、輝く!]の続きを読む

まるで雪が積もったかのように・・・

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年05月14日 木曜日 [Edit] 




【学名】Arenaria montana
【科名】ナデシコ科 Ericaceae 【属名】アレナリア属
【和名】アレナリア・モンタナ 【英名】Mountain Sandwort
【原産地】 ヨーロッパ南西部
【性状】耐寒性宿根草  【花期】5月~6月
【用途】地植え ロックガーデン 鉢植え ハンギング カバープランツ

昨年から比べ、ものすごい勢いで増えたのが、このアレナリア・モンタナちゃん♪
レイズドベットの淵に植えておいたところ、こぼれ出してしまっています。

英名のMountain Sandwortからも想像できるように、ジメジメした環境を嫌い、冷涼な気候を好むので、我家にはぴったりの春の花です。

絨毯のように群れて咲くものの花ですと、我家では、シバザクラ、アジュガ、アレナリアモンタナ、ダイアンサスとセラスチュームの順番で咲くのですが、ちょうど今の時期はそれらがすべて同時期に愉しめる季節です。



【PR】 幻想的な花色アレナリアの苗「かぐや姫」は、Flower&Green GARDENさかもとさんちで399 円也~  タネなら、210 円 です。
「かぐや姫」などという、かわいい品種もあるのですねぇ~ Y(=▽=)Y~☆
キイロのお花もあります(o^-')b  アレナリアを探そう! at Rakuten


もっともシバザクラはほぼ終わってしまっているため、あまりキレイではありませんけど(^^ゞ
双方が鬩ぎあっている部分では、色の重なりもあったりして、目を細めている私です。
挿し芽などもカンタンにできるので、ハンギングの脇役としても重宝しています。
[まるで雪が積もったかのように・・・]の続きを読む

ダイアンサス ブラック&ホワイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年07月18日 金曜日 [Edit] 

Dianthus chinensis var. heddewigii ‘Black & White Minstrels’ - ダイアンサス シネンシス ヘッジウィギー ‘ブラック&ホワイト ミンストレルズ’


【学名】Dianthus chinensis var. heddewigii ‘Black & White Minstrels’
【科名】ナデシコ科 Caryophyllaceae 【属名】ダイアンサス属 または ナデシコ属
【和名】撫子(ナデシコ) 【英名】Chinese Pink / Japanese Pink / Indian Pink / Rainbow Pink 
【別名】石竹(セキチク) 【品種名】ブラック&ホワイト ミンストレルズBlack & White Minstrels
【原産地】中国 【性状】耐寒性多年草(一年草扱い) 【耐寒】-10℃ 【草丈】30cm
【花期】春~初夏 切り戻しをすると秋にも開花 【香り】あり
【用途】鉢植え ハンギング

仕切りなおしのダイアンサス‘ブラック&ホワイト’です。
と申しますのも前回の記事で、‘ソーティー’と取り違えてしまっておりましたので(^^ゞ

今日はハンギンクにしてあるこの子がほぼ満開となったお知らせも兼ねています。庭植えにしてあるほうは、梅雨のジメジメした環境が嫌でたまらないらしく、株も大きくなりませんし、花つきもすこぶるよくありません。

やはり雨が当たらないように管理してあげることが、この子をキレイに咲かせてあげる一番のポイントのようです。

【PR】 ダイアンサスを探そう! at Rakuten

一方、同じハンギングのなかに植えてある、‘ソーティ’はまだ蕾があがってくれておらず・・・
挿し芽ほどの植え替えたときに剥がれ落ちた1本を植えただけということもあるのですが、暑さが一段落してから、開花してくれるのかなぁ~
[ダイアンサス ブラック&ホワイト]の続きを読む

撫子‘ソーティ’が開花!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年06月14日 土曜日 [Edit] 

Dianthus barbatus nigrescens 'Sooty' - ダイアンサス‘ソーティー’

Dianthus barbatus nigrescens 'Sooty' - ダイアンサス‘ソーティー’
 ブラック&ホワイト同様に・・想像と違ってます(@o@)
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Dianthus barbatus nigrescens 'Sooty'
【科名】ナデシコ科 Caryophyllaceae 【属名】ダイアンサス属 または ナデシコ属
【和名】撫子(ナデシコ)【英名】Sweet William 【別名】石竹セキチク
【原産地】ヨーロッパ【性状】耐寒性二年草 【香り】あり

前回の記事から二度目のアップです!そして今回はめでたく開花のご報告^m^

と・・・・ えっ、またまた違う! ぜんぜん違います・・・
ラベルのお写真とはかけ離れているのです!

なんだか頭がこんがらがってしまいました。マロン・チョコレート色したお花ってどんな感じなんだろう~と実物を見るまで、ジリジリしておりましたが、開いてみたらカーネンションのようで、↓にあるようなお店の写真とはベツモノの花が咲いてマス。


宿根草 ナデシコ ’ソーティー’
このソーティー、ちょっとスカビオサに似てませんか?
ぜんぜん、形状の違うお花で、頭が混乱中です

(;´▽`lllA``




どちらかというと、一昨日のブラック・アンド・ホワイトに似てますけどぉ~?ワタシが植え付けのときに取り違えたのか?とも思いましたが、そんなはずはない!

でも、お花自体は私好みでありますし、開花が喜ばしいことには違いないのですが。心境的にはちょっとフクザツです。

鉢植えにしてあるほうは、挿し芽から育ててますけど、根っこ付の苗で植えたブラック・・ちゃんのほうにおされ気味ではありますが、でもちゃんと根付いてくれたのもうれしいことです!
[撫子‘ソーティ’が開花!]の続きを読む

ちょっとハヤリのフランネルソウ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年06月13日 金曜日 [Edit] 

Lychnis coronaria (=Silene coronaria) - フランネルソウ - 酔仙翁(スイセンノウ)

Lychnis coronaria (=Silene coronaria) - フランネルソウ - 酔仙翁(スイセンノウ)
 今日の一句 「銀色に 波打つ翁 ほろ酔いで 赤いほっぺのフランネル」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Lychnis coronaria (=Silene coronaria)
【科名】ナデシコ科 Caryophyllaceae 【属名】スイセンノウ属 または リクニス属
【和名】酔仙翁スイセンノウ) 一人娘ヒトリムスメ) 
【英名】Mullein pinkマイレンピンク) Rose Campionローズ カンピオン) Dusty Millerダスティーミラー
【別名】フランネルソウ  リクニス  コロナリア
【性状】耐寒性多年草(または1年草)  【原産地】南ヨーロッパ
【用途】ボーダー花壇 コンテナ ロックガーデン 【草丈】70cm  【花期】5~8月

今年のお正月頃だったでしょうか、「趣味の園芸」でフランネルソウがオススメ花苗として紹介されていましたよね~

そもそも「フランネル」とは、軽くて柔らかい毛織物のこと。平織、綾織の両方があります。たんに「ネル」とだけ呼ばれる場合もありますが、私も冬用のパジャマやシーツでお世話になっている生地であります。表面が起毛している感じが心地よいのですが、綿・ウールなど様々な素材で作られていますよね。そんなフワフワした感触と同じ葉っぱをもっているのが、「フランネルソウ」であります。

5年前くらいでしょうか。仕事場の駐車場に咲いていたこの子の種をもらってきて、種から育てたのですけれど、今我家のボーター花壇の主役的な存在までになってくれてます!
[ちょっとハヤリのフランネルソウ]の続きを読む

撫子‘ブラック&ホワイト’の花

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年06月12日 木曜日 [Edit] 

Dianthus chinensis var. heddewigii ‘Black & White Minstrels’ - ダイアンサス シネンシス ヘッジウィギー ‘ブラック&ホワイト ミンストレルズ’

Dianthus chinensis var. heddewigii ‘Black & White Minstrels’ - ダイアンサス シネンシス ヘッジウィギー ‘ブラック&ホワイト ミンストレルズ’
 今日の一句 「開いた花は 黒色で 一重咲きなる 撫子は 予想と違う 見目形」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Dianthus chinensis var. heddewigii ‘Black & White Minstrels’
【科名】ナデシコ科 Caryophyllaceae 【属名】ダイアンサス属 または ナデシコ属
【和名】撫子(ナデシコ) 【英名】Chinese Pink / Japanese Pink / Indian Pink / Rainbow Pink 
【別名】石竹(セキチク) 【品種名】ブラック&ホワイト ミンストレルズBlack & White Minstrels
【原産地】中国 【性状】耐寒性多年草(一年草扱い) 【耐寒】-10℃ 【草丈】30cm
【花期】春~初夏 切り戻しをすると秋にも開花 【香り】あり

3月に入手したダイアンサス‘ブラック&ホワイト’に一輪目の花が咲きました!

でも・・・

お写真とぜんぜん違う! 


宿根草 ナデシコ ブラック&ホワイト
ほら、このようにお写真ですと、白い縁取りがあり、ちょっと八重咲きのような感じ(;´▽`lllA``
なのに、我家のは白色一色の一重咲きで、ついていたラベルにある写真とはベツモノのようです
ミミミ (-公-;)ムムッ


それともまだ一輪目なので、本来の姿を発揮していないのでしょうか?

やはり開花株を買うべきだったのか! あぁ~~ 悲しい シクシク ・゚・(ノД`)・゚・。
でもね、ワタシのダイスキな黒色系ではありますし、それはそれはシックないでたちのナデシコでありますので、結果的にはそうがっかりもしていないのですけど。

ただ、おぎはら植物園さんにはお伝えしたほうが良いのかしら?
なんだかクレーマーのようになってしまうのも、嫌だなぁ~~

もう少し、様子を見てみます!
[撫子‘ブラック&ホワイト’の花]の続きを読む

美女撫子たち

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年06月07日 土曜日 [Edit] 

<i>Dianthus barbatus</i> - 美女撫子(ビジョナデシコ)

Dianthus barbatus - 美女撫子(ビジョナデシコ)
 今日の一句 「入梅に 負けるな 撫子 たくさんの 小花を散らす 強い花」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Dianthus barbatus
【科名】ナデシコ科 Caryophyllaceae 【属名】ダイアンサス属
【和名】美女撫子ビジョナデシコ) 【英名】Sweet William 【別名】ヒゲナデシコ アメリカナデシコ
【原産地】ロシア南部 【性状】耐寒性宿根草 
【用途】花壇 鉢植え 切花   【花期】 5~6月  【草丈】60cm

先日も薄桃色の美女撫子をご紹介していたのですが、今日は他にも真紅色や濃い桃色などのビジョナデシコも咲きそろっているので、お写真をアップさせていただいています。

太陽の光をたっぷり浴びるのが好きな撫子、深くて濃い真紅色したものがたくさん咲いてくれ、初夏に彩りを添えてくれています。
此のところ雨が多かったのですが、思いのほか横倒しになるようなこともなく、空へ向かってくれてます!
[美女撫子たち]の続きを読む

美女撫子イロイロ♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年05月25日 日曜日 [Edit] 

<i>Dianthus barbatus</i> - 美女撫子(ビジョナデシコ)

Dianthus barbatus - 美女撫子(ビジョナデシコ)
 今日の一句 「撫子の やさしい花が いっぱいに 咲いた花壇に そよぐ風」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Dianthus barbatus
【科名】ナデシコ科 Caryophyllaceae 【属名】ダイアンサス属
【和名】美女撫子ビジョナデシコ) 【英名】Sweet William 【別名】ヒゲナデシコ アメリカナデシコ
【原産地】ロシア南部 【性状】耐寒性宿根草 
【用途】花壇 鉢植え 切花   【花期】 5~6月  【草丈】60cm

とても見慣れた花なのに、私は育てるのは初めてのビジョナデシコです。
昨年秋、家人がどこかのオマケかなにかでいただいた種をもらってきたので、ばら撒いておいたところ発芽率が高くて驚いたのですが、その後もフレームなどで管理せずとも越冬し、こうして開花するにいたりました。

この色だけでなく、真紅、濃いピンクなどもあり、花壇をにぎやかにしてくれています。
hanahhana1952さんのお宅では、ピンク一色のものが咲いています!

撫子は日本古来からあるものと、明治時代に海外からやってきたものがあり、このビジョナデシコは明治時代にやってきたもので、それまで日本に自生しているナデシコ類よりも美しいと「美女撫子」というの名前がつけられたようです。高性種から矮性種まであるようですが、今回私が育てているものは、高性種です。

足元には先日ご紹介したセラスチュームが咲いておりますが、ボケボケ感により、この子の背高のっぽな感じがおわかりいただけるかと思います。

別名ヒゲナデシコともいわれているのですが、総苞片が長くひげのようなので、そんなふうにも呼ばれています。一つのかたまりから、2cmほどの小さな花が十個以上は咲き、ちょっと頭でっかち。「美女」という名前がつく花の命名法においては、小さな花が丸い房になって咲くという意味もあるようです。
[美女撫子イロイロ♪]の続きを読む

セラスチュームの波

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年05月23日 金曜日 [Edit] 

Cerastium tomentosum - 夏雪草 (ナツユキソウ) - セラスチューム

Cerastium tomentosum - 夏雪草 (ナツユキソウ) - セラスチューム
 今日の一句 「億千の さざめく波の 白い花 白耳草は 今盛りなり」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Cerastium tomentosum
【科名】ナデシコ科 Caryophyllaceae  【属名】ケラスティウム属
【和名】夏雪草 (ナツユキソウ) 【英名】Snow in Summerスノーインサマー
【別名】白耳菜草シロミミナグサ) セラスチウム セラスチューム 
【品種名】シルバーカーペット 【花期】5~7月   【草丈】15cm
【原産地】イタリア、南ヨーロッパ 【性状】耐寒性多年草  【用途】グランドカバー 花壇 ロックガーデン

ちょっと増えすぎて困ったなぁ~とうれしい悲鳴を上げている私。
このセラスチュームは占有面積でいうと、現在トップを走っているナデシコ科の植物です。
今年はナデシコが大豊作!?で、木立性のものもお花を咲かせ始めていて、にぎやかモード。

ちょっと雨が多かったせいかしらん、少し徒長気味のような感じになってしまってますが、ほぼ満開となり、大雨で横倒しになってしまっているところなどもあります。
白色の小花系のなかでも、銀色の葉っぱを波のようにふくよかに見せつつ、5月になると一斉に咲きだす白い花たちがダイスキです。

生育旺盛で、他の植物たちに影響を及ぼすこともあるので、完全に放任するわけにはいかないほどで^^; うっかりすると他の植物たちを包み込んでしまいます。
今の時期はまだ朝晩冷涼ですし、なんとかなりますが、梅雨になったら蒸れてしまうので、気をつけなくちゃ。
[セラスチュームの波]の続きを読む

黒色のダイアンサス ’ソーティー’

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年04月27日 日曜日 [Edit] 

Dianthus barbatus nigrescens 'Sooty' - ダイアンサス‘ソーティー’

Dianthus barbatus nigrescens 'Sooty' - ダイアンサス‘ソーティー’
 撫子には色々ありまして、外来種については、ダイアンサスと呼ばれるようですね。

     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Dianthus barbatus nigrescens 'Sooty'
【科名】ナデシコ科 Caryophyllaceae 【属名】ダイアンサス属 または ナデシコ属
【和名】撫子(ナデシコ)【英名】Sweet William 【別名】石竹セキチク
【原産地】ヨーロッパ【性状】耐寒性二年草 【香り】あり

深いマロン・チョコレート色という言い方をされている方がいましたが、真っ黒というよりは少しチョコレート色をしているようです。そしてこのお花、いわゆるエーダブルフラワーで食べることができるそうです!

3月に入手した苗ですが、順調に生育中です!でも油断はキンモツ。昨年、とってもかわいい~~と地植えにしてあった伊勢撫子は我家を好いてはくれませんでした。
今年また出会いがあれば、この伊勢撫子も入手したいなぁ~ リベンジです!

この子は先般ご紹介したブラック・アンド・ホワイトと似た感じではあるのですが、こちらはお花の咲き方がちょっとマツムシソウに似ているような感じがしました。まだ実物を見てなくてラベルの写真で見ただけですが。


宿根草 ナデシコ ’ソーティー’
背丈はブラック&ホワイトに比べ、こちらのほうが高くなるようです。
昨年何かの付録で貰ったナデシコの種をバラバラ播いておいたところ、今年は地植えで結構発芽・越冬したので、多くのナデシコが咲きそろいそうな春です!


庭植えにするときに、ポロリと落ちた芽があったので、クリローのハンギングの中に、その小さな芽とブラックアンドホワイトの両方を植え付けてあります。クリローの花が終わったら、この子達が順次咲いてくれるようにと思ったのですが、うまく行くかなぁ~
[黒色のダイアンサス ’ソーティー’]の続きを読む

撫子 ブラック&ホワイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年04月21日 月曜日 [Edit] 

Dianthus chinensis var. heddewigii ‘Black & White Minstrels’ - ダイアンサス シネンシス ヘッジウィギー ‘ブラック&ホワイト ミンストレルズ’

Dianthus chinensis var. heddewigii ‘Black & White Minstrels’ - ダイアンサス シネンシス ヘッジウィギー ‘ブラック&ホワイト ミンストレルズ’
 今日の一句 「黒白の 花が開く 撫子に 蕾はまだかと じっと見る」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Dianthus chinensis var. heddewigii ‘Black & White Minstrels’
【科名】ナデシコ科 Caryophyllaceae 【属名】ダイアンサス属 または ナデシコ属
【和名】撫子(ナデシコ) 【英名】Chinese Pink / Japanese Pink / Indian Pink / Rainbow Pink 
【別名】石竹(セキチク) 【品種名】ブラック&ホワイト ミンストレルズBlack & White Minstrels
【原産地】中国 【性状】耐寒性多年草(一年草扱い) 【耐寒】-10℃ 【草丈】30cm
【花期】春~初夏 切り戻しをすると秋にも開花 【香り】あり

よく調べもせず、黒い花というだけで3月に入手したダイアンサス‘ブラック&ホワイト’です。3月中にすでにハンギングと庭植えにしております。

よくよく調べてみると、面白い品種名。Minstrelsには「吟遊詩人」という意味があったのですね~
でもheddewigiiをExcite翻訳で調べても和訳の意味は掲載されていませんでした。なんだろ?


宿根草 ナデシコ ブラック&ホワイト
寒さに耐えられる宿根草をと思い、ダイアンサスの黒が欲しいと選んだのです。でもどうやら一年草扱いで育てるのが一般的のよう(;´▽`lllA``
またまたフライング!ドテッ 


ならばいたしかたない!今年はたくさんのお花に咲いてもらって、種を採取するしかないではありませんか!
もちろん、もう少ししっかりした感じになったら、挿し芽も考えておりますぞ~
[撫子 ブラック&ホワイト]の続きを読む

カスミソウとラベンダー

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年07月17日 火曜日 [Edit] 

カスミソウとラベンダー

カスミソウとラベンダー
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Cryptotaenia japonica Hassk.  'Myris'
【科名】ナデシコ科 Caryophyllaceae 【属名】ミツバ属
【和名】宿根かすみ草
【品種名】ミリス 【栽培元】 Kirin 「ここち開花シリーズ」

梅雨の真っ只中に突入する前にすでに切り戻しを終え、今はお花が無い状態の宿根カスミソウです。
お隣にはバラやラベンダーなどを仲間にして植えてあるので、双方が満開のときにはとてもかわいらしかったです。
[カスミソウとラベンダー]の続きを読む

アレナリアモンタナの鬩ぎ合い

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年05月24日 木曜日 [Edit] 

Arenaria montana

Arenaria montana



【学名】Arenaria montana
【科名】ナデシコ科 Ericaceae 【属名】アレナリア属
【和名】アレナリア・モンタナ 【英名】Mountain Sandwort
【原産地】 ヨーロッパ南西部
【性状】耐寒性宿根草  【花期】5月~6月

大抵「モンタナ」と名前がつくものは、高山植物というか冷涼なところを好む植物ですよね。このアレナリアも山野草のような扱い方をするとうまく育つようです。

日当たりを好みますが、用土は砂質で排水の良いといころが好きなので、ロックガーデンなどの素材としても使えると思います。多湿は好まず、酸性土にならないところがポイントです。

英名が、Mountain Sandwortであることをみても、高山で瓦礫のようなところに自生していることがうかがえます。

増やすには種まきや株分けまた、挿し木も可能で、私はこの春に挿しておいたところ、すでにお花が咲いているのを発見したんです。なかなか順調、順調!

[アレナリアモンタナの鬩ぎ合い]の続きを読む