スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アキノカホリのキンモクセイ!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年10月04日 日曜日 [Edit] 




【学名】Osmanthus fragrans v. aurantiacus
【科名】モクセイ科 Oleaceae  【属名】モクセイ属  
【和名】金木犀キンモクセイ
【英名】Sweet Olive, Fragrant Tea Olive / Fragrant orange-colored olive
【別名】桂花ケイカ)雅な花という意味 / 丹桂タンケイ-中国語読み)
【原産地】中国  【性状】常緑低木 【草丈】3~6メートル  【花期】秋  【花色】オレンジ色 
【用途】地植え 鉢植え(大型コンテナ) アロマ

9月に満開でしたので、すっかり記事のアップが遅くなってしまっておりますが、秋の香りといえば、このキンモクセイですよね~~ かわいいオレンジ色の花です。カテゴリー分けに黄色の花しかないので、オレンジ色ですけど黄色の花にいれちゃいましたけど(^^ゞ

この子の香りには本当に癒されます♪ それに樹木としても丈夫で育てやすいところがGOODです。
我家ではクリスマスローズが多くあり、どちらかというと落葉樹が活躍するのですが、この子は冬の間も葉っぱを落とさないので、あまりにも強い日陰を作ってしまうという理由から、二年前に随分大胆な剪定をしてしまったのです。
なので昨年はあまりお花がつきませんでしたが、今年はたっぷり~~


【PR】安らぎの香り桂花茶 金木犀(キンモクセイ)の花 100g  :10P25Sep09【 yh0921 】は、上海ナビさんちで1,680 円也~

今年こそ、お花を摘んでお茶にしてみよう~~~^0^ と、意気込んでおりますが、脚立がないとお花まで手が届きません。
ワイン漬け(桂花陳酒)にしてもよいとか!

秋の香り一杯~~~キンモクセイの木を探そう! at Rakuten


砂糖漬けはどうやって作るのかしら?とググッテみたらなぜか東京ガスさんにレシピがありました(^^ゞ

1. 花びらを洗って70℃くらいのお湯にさっと通し、水にとる。アクの強いものは2~3回水を替えるとよい。

2. ボールに砂糖とブランデーを同量入れ、水気をきった花を浸す。

3. 花を皿に取り出し、壊さないように広げてグラニュー糖をふりかける。


とのこと! 以前、スミレで砂糖漬けを作りましたが、その時は卵白とお砂糖だけでした。
今回はオトナの味ということで、ブランデーを使って作ってみようかな?

さらにポイントとして
朝早く、まだ露を含んでいる頃に、開花寸前の花を採集して使います。雨上がりの朝なら、花が自然に洗われていて理想的ですが、雨が望めないときは、採集する前に霧吹きなどで水をかけてから摘みます。


あらら、満開になっちゃった我家ではすでに時機を逸してしまったような・・・ _| ̄|○

剪定したおかげで、クレマチスなども日陰になっていたところにたっぷり日が当たるようになりました!
でも結構太い枝を落としてしまったせいで、縦長でちょっと貧相な樹形になってマス^^;
もう少しなんとかしたいなぁ~
[アキノカホリのキンモクセイ!]の続きを読む
スポンサーサイト

オリーヴを育てたいっ ^0^

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年09月14日 月曜日 [Edit] 

【学名】Olea europaea
【科名】モクセイ科 Oleaceae 【属名】オリーブ属
【和名】 【英名】オリーヴ(オリーブ) 【別名】
【原産地】南欧 地中海沿岸 オーストラリア
【性状】半耐寒性常緑樹(-2℃~3℃くらいまで) 【草丈】2~7m 【花期】5~6月 
【用途】鉢植え 

これまで自分が育てているものか、もしくはお出かけ先で盗撮した写真をアップしてまいりましたので、自分が撮影したお写真ナシの記事は初めてです。

以前から育てたいと思っていたものの一つにオリーブ(オリーヴ)の木があります。
私の中では、寒冷地に住む私には地植えは無理と諦めておりましたが、一念発起!た
鉢植えでもいいじゃんという気持ちになって、照準を設定(笑)
ヤサシイエンゲイのサイトでも、東北では地植えはできないと書いてありましたし。


【PR】 オリーブ 天然の有効成分がたっぷり★動脈硬化防止も期待できます!オリーブの苗は、ファーム フローラルは、609 円也~

ハート型の葉っぱがでてくると、幸せになれるといわれているネバディロブランコです。
もっと大型の苗も売られていますが、私のお財布ではこのくらいからはじめなくてはなりません(笑)
がっ、花が咲いてが成るのは樹齢8年以上の木と言われていますので、悠長なことを言っていたら、私は本格的なおばあちゃんになっちゃいます。ある程度大きな苗を購入しようかなぁ~~ ミミミ



でもテキトーに購入してしまうと、失敗しそうなので、まずは私でも失敗しなさそうな品種などを調べてみることにしました。

調べてみると種類はたくさんあるし、どの子が寒さに強く育てやすいのか、全くその品種名ではわからず・・・ 地植えでは無理。大きめのコンテナも用意する必要があります。

購入する前にキチンと勉強せねばなりません。

参考にしたサイトは以下のとおり。
GDP http://www.gdpweb.jp/htm/okugaijyu/olivebreeds.htm
ガーデニングに向くオリーブの品種は?(NHK出版 趣味の園芸 Shumien News) http://www.nhk-book.co.jp/engei/news/olive.html
オリーブの木をもっと楽しみたい! a>NHK出版 趣味の園芸 Shumien News) http://www.nhk-book.co.jp/engei/news/olive_2008.html
ヤサシイエンゲイ オリーブの育て方 http://www.yasashi.info/o_00008g.htm


以前、NHK趣味の園芸でオリーブが紹介されていたときの情報も参考にしました。
入手しやすいのは、10種類程度あります。
‘マンザニロ’ (スペインで葉っぱが小さめで大きくならない) 盆栽にもできるとか
‘ルッカ’ (小豆島 主幹があり、丸葉でどちらかというとシルバーというより緑色)
‘ネバディロブランコ’ (主にオリーブ油を採取するための品種。目隠しとしても使えて、風に強く、生育も早い。横に広がる特性を持ってて樹形がよい 緑色系で育てやすい)
‘ミッション’ (一番オリーブの木のイメージにちかく、シルバー系で葉っぱを愉しめる)

オリーブオイル作りを目指すなら、のオイル分量が多い品種の‘ルッカ’。
大きながなる品種には、‘アサバ’、‘バロウニ’、‘ジャンボカラマタ’があります。小さくてもたくさんがたくさんなるオリーブならば、‘コロネイキ’などの品種がよいようです。

まだあまり入手できないものは、‘フラントイオ’、‘レッシーノ’、‘コラティナ’、‘チプレッシノ’などがあります。

では、耐寒性はどうなのでしょう?
‘ネバディロ・ブランコ’と‘ミッション’は寒さに弱いようで、東京でも地植えですと枯れてしまったりするようです。‘チプレッシノ’は、生育が遅いものの、寒さに強いらしいです。
‘フラントイオ’や‘コルティナ’は生育が遅くてコンパクトな樹形になるで、ベランダガーデン向き。

をつけさせるポイントは、二品種以上そだてること。なぜなら、自家受粉しにくいから。
お花の咲く時期(5月頃)、雨に当てさせないようにすること。

私は大のオリーブ好き、木のほうも魅力的ですけど、なんといっても収穫したてのオリーブ、自分で育てたオリーブのが食べた~~~~~い^0^
最低でも二苗はゲットせねばっ。


オリーブ【ミッション】天然の有効成分がたっぷり★自宅で生き生き健康生活♪オリーブをこんなふうにしたてても楽しいですね~♪

オリーブの木を探そう! at Rakuten


さて、接ぎ木苗の方が病気に強く生育も旺盛で育てやすいとも言われるので、購入の際にもココがポイントのひとつでもあります。
[オリーヴを育てたいっ ^0^]の続きを読む

ヒイラギの木の利用法^^;

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年11月24日 月曜日 [Edit] 




【学名】Osmanthus heterophyllus
【科名】モクセイ科 Oleaceae 【属名】モクセイ属
【和名】柊木ヒイラギ) ヒイラギ) 【英名】Chinese-hollyチャイニーズ・ホーリー) 【別名】ヒラギ)【原産地】東アジア
【性状】常緑小高木 (雌雄異株) 【植え付け期】4月下旬~5月 【樹高】2m 【花期】10~11月 
【用途】庭植え 鉢植え 縁起木 

先日もご紹介したクリスマスローズの幼苗を花壇に植えつけたので、よくやってきては用を足す野良猫をなんとか撃退せねばと、少々動物愛護精神に反するとはわかっていても・・・

周囲にヒイラギの枝を切り取ったものを、ばら撒きました・・・ ごめんね ・゚・(ノД`)・゚・。

日中、家にいないので、野良猫が来ているかどうかはわかりませんが、土を掘り返したような跡がないので、もしかしたら効果があったのか?あるいは単純に訪問されていないのかもしれませんが。

なんとかこの幼子を守ってあげたいという親心なので、しばらくの間、許してぇ~
ある程度若い苗がオトナになれば、こんなことをするつもりはないのです。

さて、このヒイラギ。これは我家においては、鬼門よけとでももうしましょうか、南天とともに魔よけ祈願!?として植えてあるものです。

気がついたときには、昔からありましたので、いつ家人が植えつけたのかはわかりません。
猫ちゃん撃退用のほかに、節分になるとこれにイワシを指して災難から守ってもらうわけです。

ヒイラギというと、他にクリスマス用の飾りに使うものを思い出しますが、あれはセイヨウヒイラギ(Ilex aquifolium)といって、モチノキ科に類するもので、まったく違う品種です。

【PR】 ヒイラギを育てよう! at Rakuten

老樹になると葉の棘は次第に少なくなり、葉は丸くなってしまうとも聞くのですが、我家のヒイラギはまだまだトゲがするどいので、そう古いものでもないのかもしれません。

この花壇には、春になればチューリップ、ムスカリなどがあらわれ、夏にはスカビオサやユリの花が咲くところです。
今年は思い切って、シルホサも仲間に加えました。
もっとも風が当たらない花壇なので、シルホサには屋外でも過ごしやすいところかなぁ~と思ったのですが、夏場はかなり高温になりそうなので注意が必要です。

他にも斑入りのリュウノヒゲやアジュガなども植栽しております!
[ヒイラギの木の利用法^^;]の続きを読む

砂糖菓子のような金木犀

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年10月15日 月曜日 [Edit] 

Osmanthus fragrans v. aurantiacus - 金木犀(キンモクセイ)

Osmanthus fragrans v. aurantiacus - 金木犀(キンモクセイ)
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Osmanthus fragrans v. aurantiacus
【科名】モクセイ科 Oleaceae  【属名】モクセイ属  
【和名】金木犀(キンモクセイ)
【英名】Sweet Olive, Fragrant Tea Olive / Fragrant orange-colored olive
【別名】桂花(ケイカ)雅な花という意味 / 丹桂(タンケイ-中国語読み)
【開花時期】秋  
【原産地】中国  【性状】常緑低木

今年はお花が咲かなくてもいいっかぁ~と思いながら、初夏にかなり大胆な剪定をしてしまったキンモクセイです。なのに、私が思った以上にお花がたくさん咲いてくれました。

キンモクセイはとても大きな木になるので、この子が日陰を作り草花の成長にやや影響がですぎるようになってしまったため、大胆に剪定したのでした。

我が家では、こんもりと茂らせないように箒(ほうき)状の自然の樹形に整える努力をしております。お隣のオバサマのお宅では、キンモクセイを円筒形などに整えていらして、これもかなりの大きさになっておりなんとクリスマスにはこのキンモクセイの木をライトアップするんです。カタチは円錐形ではないけれど、それはそれでとてもキレイです。

杏色の小花が固まって咲いている様子、かわいいですよね~ヽ(*^^*)ノ
庭木としてあまりにも多様されているので、珍しくない樹木ですが、でも秋の深まりとともに、どこからともなくこのキンモクセイの香りが漂ってくるときって、癒されます。
[砂糖菓子のような金木犀]の続きを読む