スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャリファとシノグロッサム

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年09月07日 月曜日 [Edit] 




【学名】Rosa 'Sharifa Asma' (Ausreef)
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属
【系統】オールドローズOld Rose) English Rose 
【品種名】シャリファ・アスマ (Sharifa Asma )   【別名】オースリーフ
【開花時期】5月~6月 四季咲き  【香り】あり (強い) フルーツ香
【花形】ロゼット咲き 【樹形】ミディアム・シュラブ 
【花色】ライトピンク 【樹高】100cm 【花径】10cm
【購入元】David Austin社   【交配親】 Mary Rose × Admired Miranda 
【生産地】イギリス 【作出年 】1989年

ホントに私って学習能力がないなぁ~~~ ナデシコとの寄せ植えで栄養を取られてしまったから、やっぱりバラは単植えに限ると勉強したはずだったのに、やっぱり寂しい~と思ってしまい、ナデシコとラミュームは抜き去りましたが、その代わりにシノグロッサムを植えてしまいました。

バラの命は儚くて・・・

このシャリファもあっという間に散れてしまったので、シノグロッサムがかわいく咲いてくれるのはありがたい!
お写真は8月下旬のものでして、たったの一輪でしたが咲かせてしまいました。
まだもう一回くらい冬の到来前に咲いてくれるかしらん。

【PR】 イングリッシュローズ・シャリファ・アスマを育てよう~♪ at Rakuten


夏に咲かせてはいけないバラですが、植え替え時期を逸してしまったせいで、この子は春先から開花の周期が変でしたので、今年は他の子たちと開花時期がずれてます。
[シャリファとシノグロッサム]の続きを読む
スポンサーサイト

ワレモコウがたくさん咲くはずがっ!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年09月05日 土曜日 [Edit] 




【学名】Sanguisorba officinalis
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】ワレモコウ属
【和名】我吾紅吾亦紅ワレモコウ
【英名】Great burnet / Blood wort など  【別名】 吾木香、我毛紅 (ワレモコウ
【原産地】日本・中国~シベリア、ヨーロッパ
【性状】耐寒性多年草  【草丈】70センチ  【用途】植え 鉢植え 

そっ、そんなぁ~~~ (/へ\*)))ウゥ、ヒック

今年は大株になって、背丈も1メートル以上、蕾もたくさん上がっていたので、満開となるのがすんごく愉しみだった私。

8月の下旬のある日、朝の警邏でこの子の様子を見に行ったら、ほとんどが切り取られてしまっているではありませんか! ギャッ 

犯人は・・・ 母でした(ノ≧∀≦)ノ・‥…━━━★
「だって水道の検針の人に迷惑でしょ」って・・・ ひどすぎる・・・ 

それで、残っていた1本の花茎のみがたよりの秋。それでなくても秋に咲く花って少ないのになぁ~


【PR】 e-フラワーさんちでワレモコウ かぐや姫 ポット入苗 1株は、1,200 円也~ 私にとってはちょっとお高め(^^ゞ でもかわいなぁ~ Y(=▽=)Y~☆

吾亦紅を探そう! at Rakuten


昨年はうどんこ病にやられて咲き姿があまりよくなかったのですが、今年は病気もでなくて、葉っぱもあまり虫に食べられなかったので、いい感じに咲いてくれそう~とワクワクしていたのになぁ~
本当にがっかり。
二番花も咲くかしら? 
[ワレモコウがたくさん咲くはずがっ!]の続きを読む

秋の粉粧楼は・・・?

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年08月30日 日曜日 [Edit] 




【学名】Rosa 'Fen Zhang Lou'
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属 
【系統】オールドローズ (Old Roseチャイナ系 (Chinensis)
【開花時期】四季咲き 【香り】 強い(ダマスク系の香り)
【花形】ロゼット咲き 【樹形】小型の半つる性に近いブッシュ系 
【英名】Fen Zhang Lou または Fen Zuang Loフェン・ツァン・ルー
【花色】ライトピンク 【樹高】100cm×90cm 【花径】中輪系 5~6cm
【購入元】園芸ネット
【生産地】中国  【作出者】不明 
【品種名】粉粧楼フンショウロウ

秋に返り咲いたといいますか、まだ夏・・・(^^ゞ 咲かせてはいけませんと思っていたのに、早々に咲かせてしまったのがフンショウロウ。

6月に咲いたときにも本来のかわいいピンク色がでていないなぁ~と思って観察していましたが、さらに今回の花色はヨロシクありません^^; 春よりもさらに白っぽい感じです。夏に咲かせてはいけないバラなのに、咲かせてしまった私が悪いのですよね・・・ 

まだ8月だから、肥料も与えたりすればもう一度霜が降りるまえに咲いてくれるかも?
そのときには本来の姿にお目にかかりたいものです。



それにお花が小さーい 花数は10個以上はありますが、それぞれが春よりも小さいです。
でも春のときには梅雨の時期に重なってしまいましたが、今回は大雨を回避できたので、あまり痛まずに咲いてくれているのがせめてもの救いです。


【PR】粉粧楼【フェンツァンロ】 (Ch淡桃) 国産苗は、バラの家さんちで1,880 円也~

お気に入りのイングリッシュローズを見つけよう!


やっぱりこの冬には鉢植えに戻しましょう~ 雨に当たらぬようにしなくてはなりませんし、地植えには向きませんものね。
あっ、そういえば地面にズボッと挿しておいた子も小さいながら一輪だけお花を咲かせました!
肥料もあげてないのにね。ありがと!
[秋の粉粧楼は・・・?]の続きを読む

今年はたくさん実りました!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年08月18日 火曜日 [Edit] 




【学名】Rubus spp.
【科名】バラ科  Rosaceae  【属名】キイチゴ属
【和名】黒実木苺クロミキイチゴ)  【英名】Blackberry / Boysenberry
【仏名】ミュール
【性状】耐寒性落葉宿根草 【花期】5~6月 【草丈】1~1.5m
【収穫時期】7~8月
【用途】地植え 鉢植え 大型コンテナ ジャム

この子のためにオベリスクなどを買ってあげられず^_^;
仕方が無いので、お隣のドウダンツツジに手伝ってもらいつつ、育てているブラックベリーです。

地植えにして二回目の収穫♪ 昨年はあまり収穫できなかったのですが、今年は豊作です^0^
花が咲かなかったシュートも極太で、すでに来年への期待も↑

ブルーベリーとともに、毎日色が黒くなったものから順次収穫中ですが、今の所は摘み取ったものは洗ってから乾燥させ、どんどん冷凍保存。
すべて収穫が終わったところで、ジャムにしようと思っています。
我家で収穫できるベリー類のラズベリー、ブルーベリーとこのブラックベリーの三種類を贅沢に使ったジャムが食べられるのもまもなくです!


【PR】巨大!!ベリー苗 ジャンボブラックベリー 1株は、国華園さんちで2000 円 也~
興味シンシンの通常のブラックベリーの二倍に成長するというブラックベリー♪
11月くらいからが苗の出回り時期になりますよ~~

アントシアニンがたっぷりのブラックベリーを探そう! at Rakuten


一部はお酢に漬け込んで、リンスとして使います。
今年はラズベリーで作ったリンスがたくさんありますが、一年分と考えるとまだまだ足りないのです。
お酢も買いに行かなくては!
[今年はたくさん実りました!]の続きを読む

ワレモコウ‘ピンク・タンナ’の復活♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年07月24日 金曜日 [Edit] 




【学名】Sanguisorba officinalis 'Pink Tanna'
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】ワレモコウ属
【和名】我吾紅 / 吾亦紅
【英名】Great burnet / Blood wort など 【別名】 吾木香我毛紅 (ワレモコウ)
【品種名】ピンクタンナ
【原産地】日本・中国~シベリア、ヨーロッパ
【性状】耐寒性多年草  【草丈】70センチ

上記の写真二枚には10日間の差があります。

昨年の三月に入手してすぐに植えた場所があまりよくなかったので、再び移植したため再生が危ぶまれましたが、なんとか開花にこぎつけました!

茶色の花が咲くいわゆるワレモコウのイメージとはちょっと一線を画しており、この子はピンク色。
ただ今年の開花は私が思ったよりもピンク色があまり強くでておらず、入手先のおぎはらさんち↓の写真のようではなかった・・・ あまりの暑さで色が出にくかったのかしらん?

それとも私が本来の最盛期の姿を見逃してしまったのかしらん?


おぎはら植物園さんちで、宿根草ワレモコウ ‘ピンクタンナ’ 525 円也~

【PR】 白色、桃色、海老茶色、色々あります! ワレモコウをゲットしよう~! at Rakuten


しかしながら、かわいらしいことには違いなく、もっともっと株が増えて群生したならば、ゆらゆらと揺れる姿も目をひくようになると思うのですが、まだ株が小さいので花壇で咲いてくれているもののあまり目立たない状況です。
[ワレモコウ‘ピンク・タンナ’の復活♪]の続きを読む

ヨーグルトでアンティークに!?

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年07月21日 火曜日 [Edit] 




【学名】Rosa wichuraiana Crp.
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属 Rosa
【系統】原種系 【開花時期】一季咲き 【香り】微香
【花形】平咲きで房咲き 【樹形】這性系 
【英名】ローサ ウィクライアナ  【別名】ハイイバラ / メモリアルローズ
【花色】白 【樹高】50~100cm 【花径】小輪系 3cm
【流通名】照葉野茨(テリハノイバラ)  【性状】落葉つる性木本
【命名者】 Francois Crpin(1830-1903)
【用途】地植え 鉢植え 

大きくなってしまうので、鉢管理しているテリハノイバラも7月中旬までには咲き終わりました。
小さい鉢なのに、思いのほか伸びて、さすがはテリハノイバラちゃん、頑張るわぁ~
場所さえあれば、壁に這わせたいところですが、今の我家の状態ではちょっと無理^_^;

ハンギングで育てていたテリハノイバラでしたが、冬に素焼きの鉢に植え替えました!
苔むして、なかなか渋い感じの鉢になっておりますでしょう~ ・・ヘ(^o^)/
この鉢には特に何も施していないのですが、自然と鉢に苔がまわってくれたんですよ~

裏ワザとして、素焼きの鉢にヨーグルトを塗っておくと、新しい鉢も一気に年代者の鉢になってくれるそうです。


【PR】桃花 テリハノイバラ(照葉野薔薇)は、日本花卉ガーデンセンターさんちで1,260 円也~

テリハノイバラを探そう! at Rakuten


ちょっと残念なのは、黄金色のシベがあっという間に茶色へ変化してしまうところですが、それでもごく小さな苗を求めて育て始めてから、二年目に咲いた花は二十個ほどはあったでしょうか。
限られた鉢の中で蔓を伸ばしこれだけ咲いたのは驚きました。

最盛期のときには、鉢の大きさとちっともマッチしていなくて、見ていてかわいそうなほどでした。
ツルバラを盆栽のように仕立てるのは難しいのでしょうが、この子のことはなんとか鉢植えでこじんまりとした姿を愉しみたいと思っているのです。
[ヨーグルトでアンティークに!?]の続きを読む

紫色のアカエナ・イネルミス

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年07月14日 火曜日 [Edit] 




【学名】Acaena inermis 'Purpurea' (ah-SEE-nah ih-NER-mis)
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】アカエナ属
【品種名】プルプレア
【和名】アカエナ イネルミス【英名】Purple sheep's burrパープルシープスバー)  Purple goose leafパープルグーズリーフ
【別名】【原産地】ニュージーランド 
【性状】耐寒性宿根草 (マイナス10℃) 【草丈】10cm 【花期】夏 6~8月
【用途】鉢植え 地植え 寄せ植え グラウンドカバー

渋カワー Y(=▽=)Y~☆

この子もヒトメボレでした!
葉っぱがかわいい紫色のものが欲しくていたのですが、なんともいえない色のグラデーションと葉っぱのギザギザがかわいいのです。

ただの雑草にみえちゃうかもしれませんが(^^ゞ 
一株しか入手しませんでしたので、大事に育てなくては!


【PR】 宿根草アカエナ ‘ブルーヘイズ’Acaena 'Blue Haze' もいい感じ~~ 青みがかったアカエナもあるんですネ♪
おぎはら植物園さんちで、400円也~ 

アカエナを探そう! at Rakuten


さて、買ったはいいが・・・

この子をどうやって使いましょう~ というかその前にこの子の性質を熟知せねばなりません。
いつものごとく、お勉強~ お勉強~
[紫色のアカエナ・イネルミス]の続きを読む

やっと開花^_^; ‘シャリファ・アスマ’

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年07月09日 木曜日 [Edit] 




【学名】Rosa 'Sharifa Asma' (Ausreef)
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属
【系統】オールドローズOld Rose) English Rose 
【品種名】シャリファ・アスマ (Sharifa Asma )   【別名】オースリーフ
【開花時期】5月~6月 四季咲き  【香り】あり (強い) フルーツ香
【花形】ロゼット咲き 【樹形】ミディアム・シュラブ 
【花色】ライトピンク 【樹高】100cm 【花径】10cm
【購入元】David Austin社   【交配親】 Mary Rose × Admired Miranda 
【生産地】イギリス 【作出年 】1989年

鉢植えで管理中のシャリファでしたが、今年は冬の時期にすべき作業を、随分気温があがって芽が動いてるときに行ってしまったせいで、一番花の開花が遅かったのですが、ようやく開花報告ができました~

加えて、ナデシコやラミウムなんぞを鉢に一緒に植えていたことが災いして、栄養を取られてしまっていたようです(^^ゞ

6月上旬だったか、ナデシコが終わったときに双方ともに引き抜いて、地植えにしたのですが、結局シノグロッサムの小苗を入れちゃったオバカな私^_^;

ではありますが、蕾が三つ上がって咲き始めてくれました~
昨年は春に咲き、夏に咲き、そして秋に二度も美しい姿と香りを運んでくれました~ ヘ(^^)ル(^^)ノ
とてもはなつきがよいバラなので、あまり心配はいらないのです。

【PR】 イングリッシュローズ・シャリファ・アスマを育てよう~♪ at Rakuten

今のところ病気なども見受けられず、いい感じ♪
ただし、こんな梅雨の時期なので雨に当たってしまうと花がいたんじゃうー 鉢を移動させたほうがよいのです。

バラとはまったく関係ないのですが、今朝NHKの「まちかど情報室」で自動給水鉢が紹介されていました。

魚が飼える水槽付の自動給水植木鉢ディアネイチャー21(観葉植物+ネオン照明台付)が、18,900 円と私にとってはかなり割高^_^;ではありますが、お魚とお花、そしてライトニングが愉しめるという逸品です! 欲しいなぁ~
ディアグリーンという会社製のもののようですが、ライト無しでオサカナもかえるタイプならば6,825 円とのこと。んんん~ 今月のお小遣いはすでに使ってしまったので、来月には購入しようかなぁ~


[やっと開花^_^; ‘シャリファ・アスマ’]の続きを読む

黄色のパティオローズ ‘コーネリア’

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年06月22日 月曜日 [Edit] 




【学名】Rosa 'Cornelia Poulhi019'
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】 バラ属
【品種名】パティオヒットシリーズ ‘コーネリア
【系統名】パティオローズ? ミニチュアになるのかしら?
【花径】5~8cm【花色】ミディアムイエロー
【樹高】20~40センチ 【香り】ほとんどなし
【咲き方】八重咲き 花弁25枚以上香り
【作出】Poulsen Roser A/S(デンマーク)

我家に唯一ある黄色系のバラ、コーネリアです。
そしてこの子はミニバラパティオローズに類される小型のバラです。

挿し芽も成功したので現在3株がありますが、半日陰になるようなところに植えてあるのに、この一輪目がもっとも日照条件が悪いというのに、元気にお花を咲かせたのです。
ちょっと嬉しいびっくり♪ その代わり、他に蕾はないんです(^^ゞ

【PR】 ミニバラならポールセン!^0^ at Rakuten


でも半日陰を明るく彩ってくれるのは、ありがたい!
この一輪があるだけで、随分このエリアがパッと華やぎます。この子の奥手には、黄緑色の葉っぱがきれいなフウチソウやギボウシを植えてあり、ちょっと和風の感じにしてあるんですよ(^_-)-☆
[黄色のパティオローズ ‘コーネリア’]の続きを読む

地植えで咲いた粉粧楼

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年06月07日 日曜日 [Edit] 




【学名】Rosa 'Fen Zhang Lou'
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属 
【系統】オールドローズ (Old Roseチャイナ系 (Chinensis)
【開花時期】四季咲き 【香り】 強い(ダマスク系の香り)
【花形】ロゼット咲き 【樹形】小型の半つる性に近いブッシュ系 
【英名】Fen Zhang Lou または Fen Zuang Loフェン・ツァン・ルー
【花色】ライトピンク 【樹高】100cm×90cm 【花径】中輪系 5~6cm
【購入元】園芸ネット
【生産地】中国  【作出者】不明 
【品種名】粉粧楼フンショウロウ

今年は春からの気温が例年よりも高めだったせいかしらん。
お花の色がより白っぽい感じがするのですが・・・ 秋に咲くバラのほうがいつも桃色が強く出まして、春に咲く子たちは少し白いのです。
鉢から地面に下ろして二年目になりますが、こぶりでなかなか大株になってくれないなぁ~

バラ フンショウロウ 6月5日撮影

やはりこの子については、鉢植えにしておくままのほうがよかったなぁ~ まもなく開花するというときに大雨に当たってしまって、花弁が茶色になってしまったものもありました。



普通、バラならば鉢植えよりも地植えのほうがダンゼン大きく成長するはずなのになぁ~
植えつけた場所は日当たりは良いのですが、近くにオダマキをたくさん植え込みすぎているのがよくないのかもしれません(^^ゞ

【PR】 お気に入りのイングリッシュローズを見つけよう!



蕾が現れたときには、結構桃色がかっていたので、この春は桃色がつよい花を見ることができるかも!?と期待していたのですが、やはりやさしい桃色が現れて、通年どおりの咲き方です。




純白の状態での花も美しいのです。時間の経過とともに花が開くのを愉しんでいます。
[地植えで咲いた粉粧楼]の続きを読む

キイロの木香薔薇

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年05月17日 日曜日 [Edit] 




【学名】Rosa banksiae 'Lutea'
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属
【和名】木香薔薇モッコウバラ) / 木香茨
【英名】Banksia Rose / Lady Banks' Rose / 'White Lady Banks'
【品種名】ルテア 【系統】スピーシス  【樹高】1000cm
【作出年】1824年 【作出者】不詳 【原産国】中国
【用途】フェンス 生垣 地植え 鉢植え(行灯仕立て)

昨年夏にかなり剪定いたしましたはずでしたが、またまたつるがビョんビョん伸びてしまい、大暴れのキイロのモッコウバラが満開です!

折角買ったオベリスクはほとんど見えに状態なのです・・・ 今年は思い切ってさらにこれ以上は無理というところまで、剪定してみようと思っているのですが。


モッコウバラ 行灯仕立て開花株 6号白ならば、すぐに鉢植えで楽しめます!

私はキイロをかってしまったのですが、やっぱり白色にすればよかったなぁ~と後悔中^^;

【PR】 モッコウバラを探そう! at Rakuten


もっともこの子のおかげで、目障りな物置き小屋が随分隠れるようになったので、ありがたい存在です。
お庭にある植物のうち、もっとも成育旺盛で大きいといってよい植物なのであります。ホントウならもっと伸びやかに誘引させてあげたいところなのですけどねぇ~
[キイロの木香薔薇]の続きを読む

葉っぱがワンサカ吾亦紅

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年05月06日 水曜日 [Edit] 




【学名】Sanguisorba officinalis
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】ワレモコウ属
【和名】我吾紅吾亦紅ワレモコウ
【英名】Great burnet / Blood wort など  【別名】 吾木香、我毛紅 (ワレモコウ
【原産地】日本・中国~シベリア、ヨーロッパ
【性状】耐寒性多年草  【草丈】70センチ  【用途】植え 鉢植え 

毎年のことながら、春の園芸作業が忙しく、秋の準備をおろそかにしてしまう私・・・
今年こそは、秋にもキレイな花を絶やさぬようにしたい!と秋に咲くお花のお世話に頑張っている昨今です。
が、まだまだ不充分(^^ゞ

カテゴリーの投稿件数を見ても、「春に咲く花」は260あまり、一方「秋に咲く花」は、たったの80しかないのです。というところから見ましても、我家においては、春花壇はにぎやかですが、秋はかなりひっそりとした寂しいおなわけなのです。
もっとも春以外の季節は、夏でも冬でも少ないんですけど(苦笑)


【PR】 e-フラワーさんちでワレモコウ かぐや姫 ポット入苗 1株は、1,200 円也~ 私にとってはちょっとお高め(^^ゞ でもかわいなぁ~ Y(=▽=)Y~☆

吾亦紅を探そう! at Rakuten


宿根草ではないのですが、今年は珍しく春にコスモスや向日葵の種も播きましたよ~
結局のところ、夏から秋に咲く花で花期の長い子たちをさがして、育てなくては寂しいおになってしまうわけです。

でも条件付き(^^ゞ 越冬を室内でさせなくてもよいものということが第一条件です。
ただやはり一年草などを春から育てておきませんと、にぎやかなおは期待できないんですよね。
トレニア、マリーゴールド、メランポディウム、インパチェンス、ペンステモンなど霜が降りるまで頑張ってもらえる子を春の時期から入手または種から育てなきゃなぁ~

と、今日のワレモコウの話題から少々本題がずれかかってます(^^ゞ

秋に咲く宿根草で育てているもののうち、私のお気に入りはこのワレモコウと白花のホトトギスでしょうか。ワレモコウは目覚めが早く、随分と低温の時期から葉っぱを展開させています。
この葉っぱの展開してゆく様子もよいでしょう~ ちょっとハエトリ草っぽいですけど(笑)
[葉っぱがワンサカ吾亦紅]の続きを読む

アルケミラモリスの冬

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年12月14日 日曜日 [Edit] 




【学名】Alchemilla mollis または Alchemilla vulgaris ?
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】ハゴロモグサ属アルケミラ属
【和名】西洋羽衣草セイヨウハゴロモグサ) 【英名】Lady's Mantle (レディースマントル) 【別名】レディースマントル / ヴルガリス / ウルガリスなど
【原産地】ヨーロッパ東部~小アジア 【性状】耐寒性宿根草 【花期】6~7月 【花色】黄色  【草丈】40~50cm
【用途】庭植え 鉢植え ロックガーデン シェードガーデン 切花 押し花 フラワーアレンジメント ドライフラワー
【ハーブとしての使い方】ハーブティー サラダなど
【効用】止血、創傷治癒、下痢、胃腸炎、抗炎症、生理不順、更年期障害など

この子の葉っぱにのっかってた雫を眺めていたある朝、ふと気がつきました・・
記事にしたこと、なかったぁー どこからいつ入手したのかも忘れ去ってしまっているワタクシです^^;

これまで日の目をみることがなかった、モリスちゃんには申し訳なかった( ´∀`)ヵヵヵ
というわけで、今日は別名レディースマントル = 淑女のマント、とも呼ばれるハーブでも有名なアルケミラ・モリスをご紹介します。そもそもこのマントは、聖母マリア様が羽織っていたマントをイメージしているのだそうです。

そしてアルケミラという名前の語源は、「錬金術」だそうで、まるで魔法使いのようですね^0^

耐寒性があって丈夫であるので、我家では地植えで管理ができ、冬の間もそこそこ葉っぱを残してくれるので、育てやすいお花です。葉っぱが丸い形をしていることと、優しい緑色をしているので、どんな植物にもあわせやすく、よく売られているようなアレンジメントの花材としても使われますよね。


【PR】 *無農薬のハーブ苗*レディースマントル*薬効のあるアルケミラ・ウルガリスです♪
種から苗から・・アルケミラモリスを育てよう! at Rakuten

またハーブとしての効果には、女性の体をいたわる嬉しい植物であることも!育てている理由の一つではあるのですが、実際にはあまり多様しておりませんヾ(°∇°*) オイオイ アルケミラ属は世界に250種類もあるそうで、ハーブティーなどとして利用されるのは、Alchemilla vulgarisという種類らしいのです。ただ私は我家にある子が モリスなのかヴルガリスなのかがわからず・・ m(__)m

でも一方では、日本に出回っているアルケミラは、ほとんどがモリスであるとも聞きましたので、モリスちゃんだろうと勝手に思っているのであります。

初夏に咲く黄色い小さなブーケのように見えるお花ですが、実はこの花には花びらは無く、副萼片(外側の4枚)と萼片(内側の4枚)とで構成されているのだとか、知らなかったなぁ~
[アルケミラモリスの冬]の続きを読む

また来年ね!粉粧楼

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年11月30日 日曜日 [Edit] 




【学名】Rosa 'Fen Zhang Lou'
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属 
【系統】オールドローズ (Old Roseチャイナ系 (Chinensis)
【開花時期】四季咲き 【香り】 強い(ダマスク系の香り)
【花形】ロゼット咲き 【樹形】小型の半つる性に近いブッシュ系 
【英名】Fen Zhang Lou または Fen Zuang Loフェン・ツァン・ルー
【花色】ライトピンク 【樹高】100cm×90cm 【花径】中輪系 5~6cm
【購入元】園芸ネット
【生産地】中国  【作出者】不明 
【品種名】粉粧楼フンショウロウ

さすがに雪も降り始めた昨今、バラを咲かせるのは忍びなくて、ようやく切り取り室内で飾る決心をしたのですが、なかなか開いてくれません。
一枚目の写真は切花、二枚目の写真はまだお庭にあったときの様子。
一週間ほど経ちますが、なかなか開かず・・

でもやっと数枚の花弁がヒラリとなってきたので、記念撮影です。

他にも名前を知らないモダンローズが最後の花を咲かせてくれたりしています。
ピエールドロンサールも花柄摘みをいたしまして、肥料をあげたところです。

他にもまだ欲しいイングリッシュ・ローズはたくさんあるのですが、最近ピンク系のものばかりに触手が伸びてしまっているので、次回はちょっとダークな感じのものにしようかしらん。

【PR】 お気に入りのイングリッシュローズを見つけよう!

今年咲いたバラをパイル仕立てにしていました~ ↓
[また来年ね!粉粧楼]の続きを読む

見納めのシャリファ・アスマ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年11月13日 木曜日 [Edit] 




【学名】Rosa 'Sharifa Asma' (Ausreef)
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属
【系統】オールドローズOld Rose) English Rose 
【品種名】シャリファ・アスマ (Sharifa Asma )   【別名】オースリーフ
【開花時期】5月~6月 四季咲き  【香り】あり (強い) フルーツ香
【花形】ロゼット咲き 【樹形】ミディアム・シュラブ 
【花色】ライトピンク 【樹高】100cm 【花径】10cm
【購入元】David Austin社   【交配親】 Mary Rose × Admired Miranda 
【生産地】イギリス 【作出年 】1989年

9月に5輪咲いてくれたので、年内に再び見ることはできないかと思っていたのですが、再び5輪の蕾があがり、10月から咲き始めてくれたのです。
今年買ったばかりの小さな苗でしたのが、なんと四度も開花してくれたことになります。花つきが良いのが特徴の一つではありますが、シャリファは想像以上に優秀です。

春に咲き、夏に咲き、そして秋に二度も美しい姿と香りを運んでくれました~ ヘ(^^)ル(^^)ノ 
三度目に咲いた花は夏の影響があったのか、お花は小ぶりだったのですが、今回のお花はいわゆる秋バラというのでしょうか。発色もよく、ゆっくり、ゆっくり開き長く愉しむことができます。 

【PR】 イングリッシュローズ・シャリファ・アスマを育てよう~♪ at Rakuten

9月に咲いた後にも牛糞をあげたりしましたし、体力も日光量もほどよかったのかな。それに黒点病などで落ちているような葉っぱも少ないとうのがきれいなお花が咲いた要因かしら~。

後、残すところフンショウロウの秋バラとミニバラの蕾が少しあがってきているのですが、霜に当たりつつの開花となりそうなので、開く前に切り取って家の中で愉しもうかしらん。
[見納めのシャリファ・アスマ]の続きを読む

間に合ってくれた!ラズベリー

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年10月14日 火曜日 [Edit] 




【学名】Rubus idaeus
【科名】バラ科  Rosaceae 【属名】キイチゴ属
【和名】木苺(キイチゴ)  【英名】Raspberry (ラズベリー) 
【仏名】Framboisier (Framboise)
【性状】耐寒性宿根草木  【草丈】1.5m 

いつの年だったか、折角秋にお花が咲いたのに、霜に当たってしまって秋に食べることが出来なかった苦い経験があったので、今年の秋もまんじりともせずその収穫の瞬間を心待ちにしていた私ですが、よかったぁ~ 今年は二季目の収穫が叶いました!

【PR】 ラズベリーを育てよう! at Rakuten

ちょうどお隣のオバサンが遊びにいらしたので、ヨーグルトにこの子をのせて、ミントの葉を散らし食べていただきました~ お写真を撮るのは忘れましたが(^^ゞ

採れたてのラズベリーはとっても美味しかった♪
[間に合ってくれた!ラズベリー]の続きを読む

秋のシャリファ・アスマ♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年09月17日 水曜日 [Edit] 



【学名】Rosa 'Sharifa Asma' (Ausreef)
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属
【系統】オールドローズOld Rose) English Rose 
【品種名】シャリファ・アスマ (Sharifa Asma )   【別名】オースリーフ
【開花時期】5月~6月 四季咲き  【香り】あり (強い) フルーツ香
【花形】ロゼット咲き 【樹形】ミディアム・シュラブ 
【花色】ライトピンク 【樹高】100cm 【花径】10cm
【購入元】David Austin社   【交配親】 Mary Rose × Admired Miranda 
【生産地】イギリス 【作出年 】1989年

春に咲き、夏に咲き、そして秋にと、今年三回目の開花となったシャリファ・アスマです。
その柔らかさと心地よい香り・・ あぁ~幸せ♪

ただ三度目の花は小ぶりになってしまいましたが・・・ 

【PR】 シャリファ・アスマを育てよう~ at Rakuten

涼しくなってきたので、新たに置き肥え(ハイポネックスのバラ専用の固形肥料)もいたしましたが、小さめの花だったのはちょっと夏の暑さに参ってしまったのかなぁ~と想像中。
鉢植えで管理していることもあり、この子が一番黒点病などの被害が少ないバラです。

いずれはどこかに場所を探して庭植えにするつもりでありましたが、やはりこのまま鉢植えのほうが良いかもしれないなぁ~と思い直しているところです。迷うなぁ~
[秋のシャリファ・アスマ♪]の続きを読む

うどんこ病の吾亦紅・・

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年09月07日 日曜日 [Edit] 




【学名】Sanguisorba officinalis
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】ワレモコウ属
【和名】我吾紅吾亦紅 (ワレモコウ)
【英名】Great burnet / Blood wort など  【別名】 吾木香、我毛紅 (ワレモコウ)
【原産地】日本・中国~シベリア、ヨーロッパ
【性状】耐寒性多年草  【草丈】70センチ  【用途】庭植え 鉢植え 

二年目の株、ワレモコウの花が咲き始めています。
あぁ~~秋だわぁ~~と感じる草花です。

でもかなりのダメージ・・・ _| ̄|○
ウドンコ病にかかってしまっている上に、何かの虫に葉っぱを食べられちゃったりしています。
あわわぁ~~

【PR】 秋に咲く花の準備はお済ですか? ワレモコウはオススメの秋の花ですy(^ヮ^)y


ですが、ウドンコ病の症状はカメラには収めず、キレイな部分だけアップです(^^ゞ

育てなければわからなかったことがあります。
このワレモコウ、小さな花の集合体でちゃんと一個、一個にシベがあり(黄色の部分)お花が咲くんですね~
私のワレモコウのイメージは、この黄色いシベがない時期のものだったのですけど。
お花が咲く・・・そんな当たり前のことをわかっていなかったのでした。
[うどんこ病の吾亦紅・・]の続きを読む

参った・・・ _| ̄|○

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年08月19日 火曜日 [Edit] 

Rosa - バラ


【学名】Rosa ??? 不明
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属
【英名】Rose (ローズ) 【和名】薔薇(バラ)
【花色】白色 
【品種名】不明 【系統名】ハイブリッド 【樹高】50cm 【咲き方】スプレーバラ
【作出】不明 【原産地】不明 【用途】鉢植え 花壇 切花 

あっという間の出来事でした・・・ ヘ(x_x;)ヘ
油断大敵という言葉は、こんな事例にぴったり(爆) と笑ってばかりはいられません。
春先はマメに消毒していたバラでしたが、このところすっかり億劫になってサボっていた私に天罰が下されました・・

そもそもこの子は5年前くらいでしょうか。花束の添え役として入っていたものを挿しておいたものです。台木についだわけでもないので、大体が弱弱しい株。
体力がないので、あまりたくさんの花をつけてくれないのですが、ちゃんと咲いてくれれば、純白の小ぶりの花が上の写真のように咲いてとてもかわいいのです。

【PR】 白いバラを育てよう~♪ at Rakuten

なのに、
↓ようやく咲いたバラにこんなにたくさんのゾウムシが棲み付いてしまってました・・・
ガ━━━(゚ロ゚;)━━ン!!
[参った・・・ _| ̄|○]の続きを読む

ワインレッドのブラックベリー

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年08月02日 土曜日 [Edit] 

Rubus spp. - ブラックベリー(Blackberry)


【学名】Rubus spp.
【科名】バラ科  Rosaceae  【属名】キイチゴ属
【和名】黒実木苺クロミキイチゴ)  【英名】Blackberry / Boysenberry
【仏名】ミュール
【性状】耐寒性落葉宿根草 【花期】5~6月 【草丈】1~1.5m
【収穫時期】7~8月

なかなか黒々となってくれないなぁ~ (ーー;) それに、一粒一粒の大きさが小さいのです。
今年は地植えにしたので、ワンサカ枝も伸びて、実もたくさんなるだろう~と思っていたのですが、不作です。

【PR】 ブラックベリーをゲットしよう! at Rakuten

植えつけたときにあまり元肥も上げなかったし、耕し方が足りなかったのかしらん。
植えた場所はドウダンツツジとヒバの木の間だったので、それぞれに栄養の奪い合いをしているのか?(笑)

地植えだからと油断してしまって、あまりお世話してあげなかった私。
(〃_ _)σ∥反省 しているのであります。
[ワインレッドのブラックベリー]の続きを読む

蟷螂と吾亦紅

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年07月14日 月曜日 [Edit] 

Sanguisorba officinalis - 我吾紅(ワレモコウ)


【学名】Sanguisorba officinalis
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】ワレモコウ属
【和名】我吾紅吾亦紅 (ワレモコウ)
【英名】Great burnet / Blood wort など  【別名】 吾木香、我毛紅 (ワレモコウ)
【原産地】日本・中国~シベリア、ヨーロッパ
【性状】耐寒性多年草  【草丈】70センチ  【用途】庭植え 鉢植え 

お庭の隅のほうに植えてあるワレモコウ、去年より随分大きくなって、葉っぱも二回り以上になり、満足げに眺めていたら、カマキリの赤ちゃんに遭遇~

かわいい~~ まだまだほっそりと柔らかそうなその姿、ほとんどワレモコウの新芽と同じ色だったので、あやうく見逃してしまうところでした!こんなに小さいうちは何を食べているのかしらん?と思いつつ、元気に育ち早く成人して、わるいやつらをやっつけてほしいものです。

【PR】 秋に咲く花の準備はお済ですか? ワレモコウはオススメの秋の花ですy(^ヮ^)y

さて、ワレモコウ。

秋に咲くお花が今から待ち遠しいのですが、まだまったく蕾などはあがってきてくれてはいません。
でも我家にはあまり秋に咲く花が多くはないので、貴重な存在です。

今年の春に入手した‘ピンクタンナ’のほうは、うどんこ病が発生してしまい、あまり大きくなってくれていなくて・・・ヘ(x_x;)ヘ
ちゃんと咲いてくれるかどうかかなり不安。でもこちらの臙脂色の花が咲くワレモコウのほうは、きっとたくさんのお花が咲くはずです!
[蟷螂と吾亦紅]の続きを読む

シャンプーの後に・・・

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年07月13日 日曜日 [Edit] 

ラズベリー・ビネガー


【学名】Rubus idaeus
【科名】バラ科  Rosaceae 【属名】キイチゴ属
【和名】木苺(キイチゴ)  【英名】Raspberry (ラズベリー) 【仏名】Framboisier (Framboise)
【性状】耐寒性宿根草木  【草丈】1.5m

梅雨の間に、実ができて真っ赤に熟したのでラズベリーを収穫しました。
といっても、ホント収穫量は少なくて、ジャムにするほどでもなく・・^^;

お酢に漬けることにしました~~

あっという間に真っ赤に変身! 綺麗でしょう~~ (^o^) 漬けてから二週間ほどで実を取り出して、あとは冷蔵庫で冷たくしておきます。

【PR】 ラズベリーを探そう! at Rakuten

出来上がったラズベリー・ビネガーはサラダのドレッシングとして使ってもよし、さらにシャンプー後のリンスとして使ってもよし!
二瓶つくったので、一方には精油を入れて、リンスに使おうと思っています。
すでにラベンダーをつけたものは、リンスとして使ってみたのですが、かなりお酢の匂いが残ってはいるものの、シャンプーで酸性になった髪を見事中和してくれ、やわらかな髪にしてくれるのです。

Rubus idaeus
← クリックすると昨年の記事にジャンプします!
収穫に躍起になり、ナマ写真を撮るのをわすれちゃいました^_^;
おいしそうでしょう~ そう!採れたてはおいしいのです!

今年は春にシュートがでていたので、切り離して二株に増えました~
ちびっこ株のほうにもわずかですが、ちゃんと実がなってます!



ブラックベリーもこれからいよいよ実が黒くなりはじめますが、梅雨の間に赤く熟すラズベリーのほうは油断すると、すぐにカビが発生してしまったりするんです。
なので、マメに毎朝ちょっとづつ摘み取るようにしてました。
[シャンプーの後に・・・]の続きを読む

シャリファ・アスマの二番花達

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年07月03日 木曜日 [Edit] 

<i>Rosa</i> 'Sharifa Asma'  (Ausreef) - イングリッシュローズ‘シャリファ・アスマ’


【学名】Rosa 'Sharifa Asma' (Ausreef)
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属
【系統】オールドローズOld Rose) English Rose 
【品種名】シャリファ・アスマ (Sharifa Asma
【開花時期】5月~6月 四季咲き  【香り】あり (強い)
【花形】ロゼット咲き 【樹形】ミディアム・シュラブ 
【花色】ライトピンク 【樹高】100cm 【花径】10cm
【購入元】David Austin社
【生産地】イギリス 

梅雨のなか、鉢植えにしてあげているけど、雨に当ててしまい、折角の二番花たちも少々痛み気味ではありますが、うれしい開花です。

この子は四季咲き性のあるイングリッシュローズなのですが、これほど花つきがよかったとは驚きです。いずれはどこかに場所を探して庭植えにするつもりでありますが、お庭に置いたらさらに花つきがよくなるのではないかしらん(^o^)

あるいは今年初めての試みで、ハイポネックスのバラ専用の固形肥料を使ったのがよかったのかな?バラは肥料がダイスキですものね~

【PR】 お気に入りのイングリッシュローズを見つけよう!

でも一番目に咲いた花と比べると、少し花弁の色が褪せているような・・・^^;
雨が多かったせいかしらん。雨ということは日照時間も少なかったので、そんなことも関係しているのかなぁ~
まだ他にも蕾を抱っこしている枝があるのですが、これからぐんと気温が上がるので、秋にもう一度綺麗に咲いてもらうためには、無理に暑さの中咲かせないほうが良いのですが。

もっとも今年はまだそんなに暑いという日もまだ少なくて、梅雨の間は肌寒いと感じるほどの気候ですから、バラにもそんなに負担はないと思うのです。
[シャリファ・アスマの二番花達]の続きを読む

薔薇で飾る、今日のお玄関!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年06月24日 火曜日 [Edit] 

フローティング・ローズ

フローティング・ローズ
 今日の一句 「雨を避け 家に持ち込む 花たちを いかに生けましょ 」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

梅雨になって雨の日が多くなると、せっかく開いているお花たちが雨に打たれていたんでしまうことですし、切り取ってお玄関に飾ることにいたしました。

ヘラボちゃんたちですっかり気に入ってしまった、大振りの平鉢に浮かべる戦法!題して、フローティング・ローズ。
短めに花首から切り取ったものを、水盤に浮かべるだけというお手軽さ。センスはあまり関係なくアレンジメントとして愉しむことができます。

【PR】Rakutenでお花を探しましょ!

今回は名前不詳の真紅のツルバラと‘ピエールド・ロンサール’の二種生けです。
大振りのお花はこの二種類しか今は咲いてくれておりません。
二番花として蕾があがり始めているのは、シャリファ・アスマとフンショウロウたちですが、まだ開花までには少し時間がかかりそうです。

暑さが厳しくなってきたことですし、咲かせることに少し抵抗があるものの、折角あがった蕾なのでやっぱり咲かせちゃうことになりそうです。

ところで話は全く変わるのですが・・・

花畑牧場の生キャラメル、もういただきました?花畑牧場・生キャラメルセット(生キャラメル4/チョコ1)花畑牧場 生キャラメル セットで、4,250 円かぁ~ 結構、高いなぁ~ でも送料もかかることを思えば、1個だけ買うのもなぁ~
食べてみたいなぁ~~ Y(=▽=)Y~☆ 


実は小学生の頃ですが、キャラメル作りに懲りまして、ストーブに材料を投入したお鍋で、随分と自分で作ったものです。レシピはどこへいったかな?
でも、自分で作ると改めて肥満の素であることを実感しちゃうんですよ~
砂糖の塊りですからぁ~ でもおいしい♪
アノ頃は生クリームなんぞはぜいたく品でしたので、使いませんでしたけど、今ブームの「生」キャラメルには生クリームが使われてますね。
参考レシピ: クックパッド とろーり生キャラメル

でも夏場にあえてつくるものでは無いかな?


[薔薇で飾る、今日のお玄関!]の続きを読む

ポプリとローズウォーター鋭意作成中!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年06月19日 木曜日 [Edit] 

Rosa - バラでポプリを作りました!


 バラの花びらをテキトーにちぎって、新聞紙の上で乾燥~ 簡単ポプリです!
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Rosa
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属
【和名】薔薇 【英名】Rose 【別名】
【原産地】南半球 
【性状】耐寒性落葉樹 

育てているバラたちがほぼ最盛期を迎えておりますが、今年はファンタンラツゥールが大豊作!たくさんのお花が咲きました!よって贅沢にも今年はERでのお化粧水作りに挑戦してみました!

もちろん上の写真のように、ポプリも作りました。
この子たちは、後にミキサーで粉砕され、お風呂に入れるバスボムに練りこんだりしてます。

真紅のバラのみ、一色で作ったものもあり、これを石けん作りに使ってみたのですが・・・結果はあまり芳しくなかったのですけど、石けんについてはまた後日ご報告しますね~
[ポプリとローズウォーター鋭意作成中!]の続きを読む

黄色い薔薇のコーネリア

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年06月08日 日曜日 [Edit] 

Rosa 'Cornelia Poulhi019' - パティオヒットシリーズ‘コーネリア’

Rosa 'Cornelia Poulhi019' - パティオヒットシリーズ‘コーネリア’
 今日の一句 「日陰にも 窮屈さにも 耐えてくれ なんとか開花の コーネリア」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Rosa 'Cornelia Poulhi019'
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】 バラ属
【品種名】パティオヒットシリーズ ‘コーネリア
【系統名】パティオローズ? ミニチュアになるのかしら?
【花径】5~8cm【花色】ミディアムイエロー
【樹高】20~40センチ 【香り】ほとんどなし
【咲き方】八重咲き 花弁25枚以上香り
【作出】Poulsen Roser A/S(デンマーク)

オバカな私を露呈です(;´▽`lllA``

この子は小型のバラであるのに、南側に苧環、北側にユリたちを植えつけてしまった真ん中で必死に太陽を求めつつ、開花にこぎつけたのが、黄色のバラ‘コーネリア’です。

しかもこの花壇には、ルリ玉アザミ、フランネルソウ、ツルニチニチソウやガウラニチカなどもあって、もうそれは窮屈この上ないのです。悪いことしたなぁ~ もっとも耐陰性があるそうなので、なんとかなったのでしょうね。でもそろそろウドンコ病などが発生したとしても、ちっともおかしくない状態です。

おとなしく!? 鉢植えにしておいてあげればよかったのに、無理やり地植えにしてしまったものですから~ 

でも地植えにしたおかげで、この子の本来の姿を見ることができましたよ!鉢植えのときには、黄色というよりはどちらかというとクリーム色していたのに、すごくはっきりとした黄色であったことが判明!
[黄色い薔薇のコーネリア]の続きを読む

地植えにした 'Fen Zhang Lou'

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年06月06日 金曜日 [Edit] 

Rosa 'Fen Zhang Lou' - 粉粧楼(フンショウロウ)

Rosa 'Fen Zhang Lou' - 粉粧楼(フンショウロウ)

 

【学名】Rosa 'Fen Zhang Lou' 【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属 
【系統】オールドローズ (Old Roseチャイナ系 (Chinensis)
【開花時期】四季咲き 【香り】 強い(ダマスク系の香り)
【花形】ロゼット咲き 【樹形】小型の半つる性に近いブッシュ系 
【英名】Fen Zhang Lou または Fen Zuang Loフェン・ツァン・ルー
【花色】ライトピンク 【樹高】100cm×90cm 【花径】中輪系 5~6cm
【購入元】園芸ネット
【生産地】中国  【作出者】不明 
【品種名】粉粧楼フンショウロウ

これまで鉢植えで管理していたのですが、地面におろしたフンショウロウです。
一枚目の写真はこれから開こうとしていたところを写したものです。
ふくよかな丸い蕾から花弁が多数現われてくる様子を間近でみるていると、香りも漂ってきてとても癒されます。
ですが、今年は思いがけず雨の日が続いて、折角の開花時期にたっぷりと雨を含んでしまいました。
[地植えにした 'Fen Zhang Lou' ]の続きを読む

ただ今見ごろのツルバラ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年06月05日 木曜日 [Edit] 

Rosa - 真紅のツルバラ 

Rosa - 真紅のツルバラ
 今日の一句 「生垣に 列を成したる バラたちが 雨に打たれて 首を垂れつつ」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Rosa
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属
【和名】薔薇 【英名】Rose 【別名】
【原産地】南半球 
【性状】耐寒性落葉樹 

雨の中真紅のツルバラが威勢よく咲いています。
モーツァルトがこれからなのですが、この子との競演も間近。両者が咲きそろうとかなり見ごたえがあります。

今年はモーツァルトの仕立て方を変えたので、生垣にしてあるヒバの木の上から被るようにして、咲くようになってます。
[ただ今見ごろのツルバラ]の続きを読む

新登場!シャリファ・アスマ^m^

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年06月02日 月曜日 [Edit] 

Rosa 'Sharifa Asma'  (Ausreef) - イングリッシュローズ‘シャリファ・アスマ’

Rosa 'Sharifa Asma' (Ausreef) - イングリッシュローズ‘シャリファ・アスマ’
 今日の一句 「初めての 対面となる 此の薔薇は 芳しきこと 此の植えもなし」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Rosa 'Sharifa Asma' (Ausreef)
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属
【系統】オールドローズOld Rose) English Rose 
【品種名】シャリファ・アスマ (Sharifa Asma
【開花時期】5月~6月 四季咲き  【香り】あり (強い)
【花形】ロゼット咲き 【樹形】ミディアム・シュラブ 
【花色】ライトピンク 【樹高】100cm 【花径】10cm
【購入元】David Austin社
【生産地】イギリス 

David Austin社のシャリファ・アスマの項目を拝読すると、フルーティーな白ぶどうとマルベリーの香りがすると書いてありました。

なるほどそういわれてみると、そんな気がしないでもないような・・
香りって文字にするのはなかなか難しいものですよね。

私には、良い香りとか好きな香りくらいしか、ボキャボラリーがなかったりするのですけど。

さて、今年の春に購入し鉢増しして現在鉢植えで管理中なのですが、入手後に剪定をしておきました。この苗はDavid Austin社の出張販売?で入手したので、販売員の方がそれはそれは親切にいろいろと教えてくれ、マジックで剪定箇所に印までつけてくれたんです。

3月までがギリギリの作業時期で、私は4月に入ってから植えつけたので今年はあまり咲かないかなぁ~と思っていたのですが、4輪がしっかりと咲いてくれたんです!
もっともお店の方が育ててくれていたものですから、十分に株に栄養が回っていたのでしょうけど。
昨年の管理がちゃんとされていたのでしょうね(笑)
[新登場!シャリファ・アスマ^m^]の続きを読む

満開の黄色いモッコウバラ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年05月24日 土曜日 [Edit] 

Rosa banksiae 'Lutea' - 木香薔薇(モッコウバラ)

Rosa banksiae 'Lutea' - 木香薔薇(モッコウバラ)
 今日の一句 「満面の 中黄色した 木香薔薇 春を愉しむ 至福の五月」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Rosa banksiae 'Lutea'
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属
【和名】木香薔薇モッコウバラ) / 木香茨
【英名】Banksia Rose / Lady Banks' Rose / 'White Lady Banks'
【品種名】ルテア 【系統】スピーシス  【樹高】1000cm
【作出年】1824年 【作出者】不詳 【原産国】中国

いよいよバラの季節到来です!といってもこのモッコウバラ、もうほぼ満開の状態から日が経ちつつあるんです。
GW頃には咲き始めてくれていたので、この記事の掲載までに半月ほど時間が経ってしまいました(^^ゞ
久しぶりに「吐息フィルター」を使ってのお写真から・・・

5月中旬に写したもので、GWの後少し気温が低くなった時期がありまして、そんな頃朝方、にカメラのレンズにはぁ~っと息を吹きかけてからパチリととったものであります。
[満開の黄色いモッコウバラ]の続きを読む