スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボジョレー 注:ワインではありませぬ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年11月19日 木曜日 [Edit] 




【学名】Heuchera ‘Beaujolais' 
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ツボサンゴ属
【和名】壺珊瑚ツボサンゴ)  【英名】Fancy-leaf Coral Bells
【別名】コーラル・ベルズ / ヒューケラ  【品種名】ボジョレー 
【原産地】北アメリカ 
【性状】耐寒性宿根草 (-15℃)  【花期】初夏  【花色】薄桃色 【葉色】桃色~臙脂色 銅色 【草丈】40cm
【用途】地植え 鉢植え 寄せ植え シェードガーデン ロックガーデン

実は購入したときは、とても貧弱でちゃんと育ってくれるのだろうかと、心配していた‘ボジョレー’ちゃん♪

今年のワインが解禁になる時期になると気になって(^^ゞ 記念撮影しました~

鉢植えで管理していたのですが、地植えにしたくなり、10月に地植えにいたしましたが、雪も降ったというのに、元気にまだ一部お花を咲かせているんですよ~ 驚いた!

でも嬉しい~ 
かお

他のヒューケラはもうとっくにお花は終わって、タネをこぼし終え、葉っぱだけが残っている状態なのです。この子だけが季節を勘違いしているらしい・・(笑)

あるいは鉢が窮屈だったのかしらん。地植えにしたことによってのびのびと開放され、リフレッシュできたのかもしれません。

あとは、これからの厳寒期を無事越してもらえるように祈るばかり。お隣にはプリムラなども植えてあげました~ もちろん、冬の寒さに強いとはいえ、マルチングをして株元は保護してあげております。


【PR】NEW 2009年日本上陸!! ヒューケラ ミッドナイトローズ1鉢 Heuchera MidnightRoseは、ハッピー ガーデンさんちで504円也~

ライム色のヒューケラも狙いどころです(^^ゞ at Rakuten


お花にはちょこっと産毛が生えていて、白いお花にほんのり頬紅を刺したような小花がすくっと伸びた花茎に咲くのですけど、葉っぱがワイン色なので、その葉っぱとの対比がイイ感じなんです(^_-)-☆

昨年欲しいと思っていたコルクオープナー。最近酒量が減ったので、切実に欲する気持ちが薄れておりましたが、やっぱり欲しいなぁ~

そんなとき・・・ワインウィザードというたった1秒でコルクが抜けるワインオープナーがあるのです!使っていらっしゃる方、おられます?
手用で抜けばよいだけの話なのですけど、最近は筋力も衰えておりますゆえ、ある意味バリアフリー的なオープナーですね。
んんん? ユニバーサルデザインっていうんでしたっけ?

ボジョレーも解禁ですね~ 秋だなぁ~と感じます at Rakuten



ワイングラスを傾けながら、お庭を鑑賞といきたいところですけど、お庭にはテーブルやイスが無い我家。いつか設置したいですね~
もっとももう寒すぎてお庭にでて、じっとしていたら風邪引いちゃいそうですけど(;´▽`lllA``
[ボジョレー 注:ワインではありませぬ]の続きを読む
スポンサーサイト

ピーチフランバ、一踏ん張り中~

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年11月13日 金曜日 [Edit] 




【学名】Heuchera 'Peach Flambe'
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ツボサンゴ属
【和名】壺珊瑚ツボサンゴ)  【英名】Fancy-leaf Coral Bells
【別名】コーラル・ベルズ / ヒューケラ 【品種名】ピーチフランバ
【原産地】北アメリカ 【性状】耐寒性宿根草 (-15℃) 【販売元】Jardinハルディン
【花期】初夏 【草丈】40cm
【用途】鉢植え 地植え シェードガーデン ロックガーデン

何しろ、私にとって耐寒性が強いというのは、植物を選ぶときに一番気になるところです。
このヒューケラはマイナス15度くらいまで耐えますので、その点申し分なし^0^
そのうえ葉っぱの色のバリエーションが豊富なので、選び放題です(^^ゞ

黒色系や赤色、キャラメル色、様々ありますが、今日の主役は‘ピーチフランバ’で、この子は赤みがかった感じがかわいい~でしょう?
11月上旬に早々に降雪がありまして、雪そのものはすぐに溶けてしまいましたが、この子の上にも雪がかぶり、その耐えている感じがけなげだったので記念撮影です。


【PR】一年中楽しめるカラーリーフヒューケラピーチフランバ 9cmポット苗
『いろんなカラーと葉の形がある種類豊富なカラーリーフ「ヒューケラ」
半日陰で十分育つのでシェードガーデンにもってこいです!一年中楽しめる常緑多年草で春から夏にかけて小さな可憐な花を咲かせます。花壇はもちろん、ハンギングや寄せ植えにも使えます。
花は白色』という説明がありました~^0^
価格は、 400円で今の最安値かな?
【PR】 お好みのヒューケラを探そう! at Rakuten


上の小さな写真はお店からお借りしているものですが、かなり黄色っぽい葉っぱの色でしょう?でもこの葉っぱの色はかわるのですよ~
若い葉っぱは葉枝の部分も含め、裏側のほうが真っ赤です。でも表側は落ち着いた感じの黄色みがかった茶色に近い風合い。




この子の周囲には、クリスマスローズの‘バレンタイングリーン’や同じヒューケラの‘オブシディアン’、斑入りのリュウノヒゲなども植栽して、葉色とともに、丸葉や細葉などの形を愉しめるエリアにしております。
さらに奥手には、バラも植えてあるのですけど、ヒューケラとバラって相性バツグンですよね(^_-)-☆
[ピーチフランバ、一踏ん張り中~]の続きを読む

小花を散らす大文字草

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年10月18日 日曜日 [Edit] 




【学名】Saxifraga fortunei var. incisolobata
【科名】ユキノシタ科  Saxifragaceaeサクシフラガ) 【属名】ユキノシタ属
【和名】大文字草ダイモンジソウ) 
【別名】人字草ジンジソウ) / 岩蕗イワブキ)  【原産】日本 中国
【性状】耐寒性宿根草   【花期】9~11月
【品種名】不明

夏の間に何度も水切れを起こし、葉っぱは痛みまくり・・・(;´▽`lllA``
瀕死の状態を何度も経験させてしまったというのに、こんなにたくさんのお花を咲かせてくれたのが嬉しい‘ダイモンジソウ’です。

白色、桃色、そして紅色の三種類を育てているのですが、一番成績がよいのが白色の大文字草です。紅色の子は、岩付けになっていて、かなり水不足・・ 毎年一番最後に、忘れた頃にしか咲いてくれません。桃色の子は一応咲いてくれたのですが、ちょっと元気がないんです。さすがに限界の状態を超えてしまったのでしょうね。


【PR】大人気 大文字草★山野草大文字草セット 3種3株1組は、最近お世話になっている国華園さんちで3,000 円也~

個性的な大文字草を探そう! at Rakuten


この白色の花もさることながら、シベのオレンジ色の部分と子房の光沢感がダイスキ♪
名前のせいか、花びらが「大」という漢字に似ているということばかりが強調されていますけど、私はシベが好き♪ 私ってシベ・オタ?
[小花を散らす大文字草]の続きを読む

小花を揺らすヒューケラたち

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年09月08日 火曜日 [Edit] 




【学名】Heuchera cylindrica 'Greenfinch'  
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ツボサンゴ属
【和名】壺珊瑚ツボサンゴ)  【英名】Fancy-leaf Coral Bells
【別名】コーラル・ベルズ / ヒューケラ  
【品種名】 ヒューケラ シリンドリカグリーンフィンチ
【原産地】北アメリカ 
【性状】耐寒性宿根草 (-15℃)  常緑多年草 【花期】初夏  【花色】白色 【葉色】緑色 【草丈】40cm
【用途】地植え 鉢植え 寄せ植え シェードガーデン ロックガーデン

ヒューケラたちのお花はほぼ終わっておりまして、記事にアップするのが遅くなってしまいました^^;

そろそろお花も感染に終わるヒューケラたち。かなり開花時期に差がありました。
一番開花が遅かったのは‘モカ’で、これは一番日陰に地植えにしてあるからでしょうね。

夏の暑さで‘グリーンフィンチ’などはかなり葉っぱが枯れこんでしまっていたりします。

以前、NHK趣味の園芸で篠原英子さんがヒューケラを紹介されていましたが、様々な色あいの葉っぱを上手に寄せ植えされてました。

しっとりした色あいに仕上げるならば、ローズ系シルバー系にライム系のものをあわせたり、ヒューケラだけでなく、クレマチスやカズラなどの蔓性植物と細い葉っぱのスノードラゴン、あるいは、背丈の高いお花との寄せ植えがオススメであるとおっしゃってました。

我家では、このグリーンフィンチと黒い葉っぱのリグラリアにオダマキとリリオペをあわせた寄せ植えをつくっています。
[小花を揺らすヒューケラたち]の続きを読む

墨田の花火が初開花♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年07月12日 日曜日 [Edit] 




【学名】Hydrangea macrophylla
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ハイドランジア属
【和名】紫陽花アジサイ) 【英名】Hydrangea  【別名】ハイドランジア
【品種名】墨田の花火スミダノハナビ
【原産地】熱帯アジア 【性状】耐寒性落葉低木
【用途】花壇 シェードガーデン 庭植え ドライフラワー

昨年、花後に「お値打ち品」として売られていた‘墨田の花火’。お値打ち品ゆえに、手が出てしまい我家に連れてかえってきました!

モチロン、昨年はお花を一切見ることができなかったわけですが、今年めでたく開花のはこびとなりました~ 
ヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノへ(^^ヘ)(ノ^^)ノ ちゃんかちゃんか♪ 

装飾化の部分がびょ~んと伸びて枝垂れるように咲く、白色へ変ってゆく様子が魅力的です。
まだ鉢植えで管理中ですが、いずれは地植えにする予定です。
でもねぇ~ アジサイも株としては大きくなりますから、それなりの場所を確保する必要があります。
どこに植えましょ~ ^_^;

肥料のせいなのか、少し蒼色を帯びたような咲き方をする瞬間もあって、素敵です!


【PR】苗挿し木三年もの 開花見込み苗 白色大輪 八重咲き紫陽花墨田の花火は、「こぼんさい」さんちで、2,300 円也~
盆栽仕立てで愉しめる紫陽花というのもオツですね~ 我家のクレナイなども仕立てられますのでトライしたいなぁ~ 素敵なアジサイ育てよう! at Rakuten


我家にあるアジサイをご紹介する最後の子が、この墨田の花火であります。
来年はお花も咲かすことと思われる新芽もびゅ~んと伸びており、今年は花茎が3本しかあがりませんでしたが、来年はもう少し見ごたえのある株となることと思います。

花後には忘れずに剪定!ですよね (^_-)-☆
[墨田の花火が初開花♪]の続きを読む

白かった・・・紅花イワガラミ♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年07月02日 木曜日 [Edit] 




【学名】Schizophragma hydrangeoides 'Roseum'
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】イワガラミ属
【和名】紅花岩絡ベニバナイワガラミ) 【英名】Japanese hydrangea vine 
【品種名】ロゼウム 
【花期】6~7月  【背丈】10~15メートル
【原産地】日本
【性状】落葉蔓性木本  【耐寒性】強い

イワガラミはツルアジサイと間違えられやすいのですが、イワガラミの装飾花の萼片は1枚であるのに対し、ツルアジサイには4枚あり、葉っぱの鋸歯が細かいのです。

お花がさくまでには、もっと年月がかかるものとばかり思っておりましたが、紅花イワガラミに蕾が見えてきました!

やった~~~ ♪(゜▽^*)ノ⌒☆

でもねぇ~~ 私が清水の舞台から飛び降りるようにして購入したこの「紅花」イワガラミは、白花に比べお値段がぐ~~んとお高かったのですが、装飾花が見えてきてもなかなか桃色に色づいてくれません。

ホントに紅花なのぉ~~~ ヘ(x_x;)ヘ




今に紅色になるはず!と待って、待って・・・・
でも結局お花が白色から紅色になることはありませんでした _| ̄|○


土壌水分計・酸度計【郵送可 \250】は、いま何度さんちで2,940 円也~
今使っている酸度計は壊れてしまって・・・^_^;
新しいの買おうかな~


もっとも森の中で高い木に絡みつきながら、お花を咲かせるし、10メートルにまで成長するということでしたので、私が勝手に開花までには何年もかかるものとばかり思い込んでおりましたが、入手してから3年ほどでお花が咲くとは思ってもみなかったのです。

なので、開花したという点では大満足です。


【PR】もれなく小鉢プレゼント ! 【イワガラミ】ミニ盆栽は白花ですが、旬の盆栽工房 はなだてさんちなら980円でゲットできますよ~
イワガラミを探そう! at Rakuten


盆栽で植えつけるときに、鹿沼土を多用してしまったことが敗因かもしれません。
アジサイと同じように赤色を出すためには、ピートモスなどをつかうべきだったのかも?
と、次回の反省点もマジえつつ、今年の白色の花を愉しむことにいたします。

残念ながら満開の時期をちょこっとだけ、逸してしまったお写真になっているのですが、フワフワした小さなお花が咲いていたときも、すんごくかわいかったですよ~
[白かった・・・紅花イワガラミ♪]の続きを読む

頬染める山紫陽花クレナイ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年06月30日 火曜日 [Edit] 




【学名】Hydrangea macrophylla
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ハイドランジア属
【和名】紫陽花アジサイ) 【英名】 【別名】ハイドランジア 
【品種名】クレナイ) 【花期】 6~7月  【花色】 白色
【原産地】熱帯アジア 【性状】耐寒性落葉低木 
【用途】シェードガーデン 花壇 鉢植え

大好きな山紫陽花‘’が、真っ赤になりだして梅雨のどんよりした気分を一層してくれてますY(=▽=)Y~☆
梅雨の時期でしたが、このところ晴天が続いたせいか、一気に赤色が濃くなり昨年よりも赤みが増しているようです。(写真がありませんが(^^ゞ)
地植えで4株あるのですが、2株はかなり印象的になってまして、2株はほとんど日陰状態の環境が悪いところにあるためか、あまり生育度はよろしくないのです。鉢植えで挿した小さな苗も今年はお花こそつきませんでしたが、来年は鉢植えでお花が楽しめそうです。

最終的に真っ赤に色づく‘クレナイ’ですが、うっすら桃色に染まりかかっている時期くらいのほうが、私的にはスキなんです。




梅雨の間は、挿し芽がしやすい時期なので、ちょこちょこと挿し芽をしていますが、今年はもうこの子を増やすのは止めにしまして挿し芽はとっておりません(笑)
あっ、でも先日購入した綾姫はまだ保険をとってませんので、いずれとることになりそうです(^^ゞ
やはり鉢植えと地植えの両方で手元で育てませんと、不安です。




上の写真は、5月に葉っぱが出始めたころのもので、寒い冬の間は、すっかりからっぽになった株からきれいな緑色した葉っぱがきらめく様子もスキなのです。
アジサイというのは、蕾の段階ではほぼどんなお花が咲くのか想像できず、咲き始めてからもさらにどんな花色へと変化するのもわからないところが、見ていてオモシロイのです。

そしてなんといっても、本当のお花の部分のフワフワ感と装飾花とのコラボが楽しいのです。

【PR】アジサイ見つけよう! at Rakuen

[頬染める山紫陽花クレナイ]の続きを読む

清楚な純白の紫陽花

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年06月29日 月曜日 [Edit] 




【学名】Hydrangea macrophylla
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ハイドランジア属
【和名】紫陽花アジサイ) 【英名】 【別名】ハイドランジア
【原産地】熱帯アジア 【性状】耐寒性落葉低木
【用途】壇 シェードガーデン 庭植え ドライフラワー

鬱陶しい曇天が続く梅雨の間は、こうした純の助けでお庭を明るくしてくれますよね。
雨の当たっても花弁が痛むことはないですし、ほとんど病気にもかからないので、一度根付いてくれれれば、地植えで育てるのは楽チンな紫陽花です。

この子も入手したときは、ほんの小苗でちゃんと育ってくれるのかと不安でしたが、かなり立派になってくれています。
草丈も1メートルに届くほどにまでなってくれ、花茎も5本ほど。満開となれば、かなり目を引くまでになっています。 挿し芽をとった昨年のものも元気で、お花は咲かないものの、来年には恐らく開花のご報告ができそうな雰囲気です。


【PR】富士の滝 アジサイ 【紫陽花小苗】は、こぼんさいさんちで、1200円なり~
素敵なアジサイ育てよう! at Rakuten


紫陽花というと青色に変るものが、昔は一般的でしたけど、最近はホントに変化に富んだものがおおいですよね。実は我家にも大株があったのですが、手に負えなくて、8年前ほどでしょうか処分してしまったのです。今思えば、申し訳ないことをしてしまいました。
オーソドックスな紫陽花も素敵だったのにぃなぁ~
処分した紫陽花があったところは土壌が悪くて、他の子たちを育てようとしてもあまりうまく育ってくれなくて、ギボウシはシラン、アスチルベくらいしか育たないのです。
[清楚な純白の紫陽花]の続きを読む

地植えで二年目の柏葉紫陽花

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年06月24日 水曜日 [Edit] 




【学名】Hydrangea quereifolia 'Snow Flake'
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ハイドランジア属またはアジサイ属
【品種名】スノーフレーク
【和名】柏葉紫陽花カシワバアジサイ
【英名】Oakleaf Hydrangea(オークリーフハイドランジア)
【別名】オークリーブド・ハイドランジア 【原産地】アメリカ
【開花時期】6~7月  【性状】耐寒性落葉低木

地植えから二年目で、ようやくそれらしい感じで咲くようになってくれたのは、カシワバアジサイです。ちょうど開花時期が同じツルバラのモーツアルトとのコラボを鑑賞中~ (o^-')b

頭でっかちなわりに、木化した枝が細いので、何本か見えないように支柱を仕込みました。頂点にさく円錐形の花が一番大きくて、脇の枝からでた小さな小花たちが周囲を取り囲みます。
ぜんぜん大きさが違うなぁ~

葉っぱは緑色と小豆色のものが混在していますが、この時期はほぼ緑色です。冬の間は紅葉しますが、本格的な寒さの中の二月にはほとんどの葉っぱを散らしてしまうので、春からの芽吹きが待ち遠しく、芽吹いたら芽吹いたで蕾が出てくるのが待ち遠しく、そして蕾がでたら今度は・・・と(笑)


【PR】カシワバアジサイ スノーフレーク(八重) 4本立ちは、千草園芸さんちで4725 円也~
ならば、我家のカシワバアジサイは1万円くらいの価値があるかもぉ~~ ( ̄m ̄*)゚プッ
カシワバアジサイを探そう! at Rakuten


咲き始めたお花ははじめは緑色をしていますが、時間の経過とともにクリーム色から白色へと変化します。足元にはギボウシを植えてあり、このお花が終わる頃には、ギボウシのお花とバトンタッチの予定です。

ヒバの木の傍に昨年挿したものも元気ですが、今年は蕾は上がりませんでした。来年はこの子の奥手でも小さいながら、お花が咲くはずです。そしてしつこく、今年も挿し穂をとり、挿してみました~
大きく成長しますので、そんなに殖やしたからと言って、植えつける場所もないのにねぇ~(爆)
[地植えで二年目の柏葉紫陽花]の続きを読む

青紫色の山紫陽花

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年06月11日 木曜日 [Edit] 




【学名】Hydrangea serrata 'Ai Hime'
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ハイドランジア属
【和名】紫陽花アジサイ) 【英名】 【別名】ハイドランジア 
【品種名】藍姫アイヒメ) 【花期】 6~7月  【花色】 青色~紫色~藍色  【咲き方】額咲き 七変化
【原産地】日本 九州産 【性状】耐寒性落葉低木 【用途】シェードガーデン 花壇 鉢植え

豪華なハイドランジアも素敵ですが、私的にはヤマアジサイ系にそそられるのです。
というわけで、今年は‘アイヒメ’をゲットしちゃいました~~ Y(=▽=)Y~☆

私がゲットしたときには、紫色がでていて藍色っぽい雰囲気だったのですが、鉢増し後あまりお日様に当てなかったせいか、薄い水色へと変化しながらお花を咲かせています。
購入したばかりのときに記念写真を撮っておくべきでした・・・ ^_^;


【PR】藍姫(紫陽花)は、日本花卉ガーデンセンターで1,890 円 也~
他にもイロイロ♪ 山紫陽花を探そう! at Rakuten


アジサイというのも品種が多く、ハマってしまうと大変なことになりますが、大型種も多いので、しっかりと選抜せねばなりません。
この子は地元の山野草専門のお店で購入しましたが、他にも欲しい子がいたんですけど、ガマンしました(^^ゞ
[青紫色の山紫陽花]の続きを読む

お初♪ 紅花岩絡に蕾( ̄m ̄*)゚プッ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年05月26日 火曜日 [Edit] 




【学名】Schizophragma hydrangeoides 'Roseum'
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】イワガラミ属
【和名】紅花岩絡ベニバナイワガラミ) 【英名】Japanese hydrangea vine 
【品種名】ロゼウム 
【花期】6~7月  【背丈】10~15メートル
【原産地】日本
【性状】落葉蔓性木本  【耐寒性】強い

お花がさくまでには、もっと年月がかかるものとばかり思っておりましたが、紅花イワガラミに蕾が見えてきました!

やった~~~ ♪(゜▽^*)ノ⌒☆

Schizophragma hydrangeoides 'Roseum'  - 紅花岩絡
私が購入した植物のなかでもダントツにお高い系の紅花岩絡です。
葉っぱもこのように早春にはシルバーがかった小豆色を愉しめるも素敵でしょう~



森の中で高い木に絡みつきながら、お花を咲かせるし、10メートルにまで成長するということでしたので、私が勝手に開花までには何年もかかるものとばかり思い込んでおりましたが、入手してから3年ほどで蕾があがるとは思ってもみなかったのです。

【PR】 イワガラミを探そう! at Rakuten


あぁ~ 早くお花、見たいわぁ~
[お初♪ 紅花岩絡に蕾( ̄m ̄*)゚プッ]の続きを読む

ヒューケラたちイロイロ♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年05月09日 土曜日 [Edit] 




【学名】Heuchera 'Amber Waves' 
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ツボサンゴ属
【和名】壺珊瑚ツボサンゴ)  【英名】Fancy-leaf Coral Bells
【別名】コーラル・ベルズ / ヒューケラ  【品種名】 アンバーウェーブ
【原産地】北アメリカ 
【性状】耐寒性宿根草 (-15℃)  常緑多年草 【花期】初夏  【花色】薄桃色 【葉色】ライム色~琥珀色 【草丈】40cm
【用途】地植え 鉢植え 寄せ植え シェードガーデン ロックガーデン


今日は我家のツボサンゴたちを一挙大公開!です(笑)
まずは‘アンバーウェーブ’のご紹介からです。地元のHCのバーゲンセールで真冬にゲットし、そのまま地植えにしてしまったので、越冬できるかどうか大変心配だったのですが、見事復活!

鉢植えで大事にそだてている後述の‘キャラメル’ちゃんよりも元気モリモリに育っています。
春に新たに展開しはじめた葉っぱは琥珀色。生まれたては少し赤みを帯びており、葉っぱの裏側もし赤色をしています。フクザツな色あいのグラデーションがすばらしいのです^m^

隣人に‘レジーナ’や若いクリスマスローズ、ビオラなどがおり、移植に成功したナツツバキの足元を飾ってくれています。この‘アンバーウェーブ’は、肥料が切れると葉色が悪くなるといわれていますが、ナツツバキの移植時にたっぷり肥料をすきこんであるので、肥料切れの心配はいまのところなさそうです。



【PR】ツボサンゴ・コレクション(1)10.5cmポット苗(ヒューケラ) 10.5cmポット苗

アンバーウェーブを探そう! at Rakuten


ヒューケラたちだけで、コンテナに寄せ植えしたりしても楽しい♪し、脇役としてもすぐれているのでヒューケラは大好きです。
それになんといっても、その耐寒性!
我家において、耐寒性はとても重要なのです。凍らせさえしなければ、越冬できると思うのですが、やはりマルチングしておくほうが心配が要らないですし、春の芽吹きが早くなると思います。
[ヒューケラたちイロイロ♪]の続きを読む

シーフォームの復活!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年04月28日 火曜日 [Edit] 




【学名】Tiarella  'Sea Foam'
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ティアレラ属スダヤクシュ属
【和名】   【英名】Foam Flowers / Foamflower 【品種名】シーフォーム
【別名】ティアレラ 【原産地】北アメリカ
【花色】クリーム色  【咲き方】房咲き  【草丈】30cm
【性状】耐寒性宿根草  

この子を植えた場所は、ほとんど直射日光があたらず、冬場も土が霜で盛り上がってしまううえ、砂地。購入してすぐに地植えにしてしまいましたので、復活するかどうか不安でした。

でも、超過酷なこの場所でありながら、新しい葉っぱを展開させはじめてくれています。
雨あがりになんとかほんの少しの間だけ、光が当たったときにお写真が撮れました~

まだ葉っぱはキレイな緑色になっていない、生まれたばかりのときの様子です。


おぎはら植物園で購入しました。今現在は売れ切れ中~かも?

【PR】 宿根草ティアレラ ’シーフォーム’以外にもいろいろあります!
お気に入りのティアレラをさがそう! at Rakuten


他にもツボサンゴの仲間をイロイロ育て始めておりますが、ティアレラにはミント・チョコレートもあって、もっと日当たりがよいところに植えてあげたので、目覚めの早く、イノイチバンに蕾があがり、もう少しで開花しそうな感じ♪ ただクリスマスローズに近すぎてしまっているので、早く移植してあげなくては(;´▽`lllA``

植えつけたときには、十分な間隔をとっていると思い込んでおりましたが、ぜんぜんスペースがたりませんでした(笑)

と、記事を書いている間にむずむずしてきて、PCから中座・・・ 

ただいまぁ~~ 植え替えてきました! おいおい ちょうど明日は雨模様というときでしたので、根っこのためにもタイミングはよかったと思います。うふふ。
[シーフォームの復活!]の続きを読む

Heuchera Regina

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年01月15日 木曜日 [Edit] 




【学名】Heuchera 'Regina' 
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ツボサンゴ属
【和名】壺珊瑚ツボサンゴ)  【英名】Fancy-leaf Coral Bells
【別名】コーラル・ベルズ / ヒューケラ  【品種名】 レジーナ またはレッジーナ
【原産地】北アメリカ 
【性状】耐寒性宿根草 (-15℃)  常緑多年草 【花期】初夏  【花色】薄桃色 【葉色】緑色 シルバーグリーン 【草丈】40cm
【用途】地植え 鉢植え 寄せ植え シェードガーデン ロックガーデン

先日ご紹介したアンバーウェーブと同時にやはり半額でゲットしたのが、今日ご紹介するヒューケラ レジーナです。アンバーウェーブが葉色を愉しむならば、この子は葉脈も愉しむことができるのです!
そしてどちらかというと成長期にはシルバーリーフっぽい感じに薄紫色がでるような雰囲気♪
現在はあまり葉脈は目だっていないのですが・・・

凍てつく寒さの中地植えにしてしまったので、越冬が危ぶまれますが・・・
冬場はマルチングが必要なヒューケラなのです^^;


【PR】ツボサンゴ・コレクション(3)13.5cmポット大苗(ヒューケラ) 13.5cmポット苗 Flower&Green GARDENさかもとで入手できます! 前回、私が入手したアンバーウェーブも素敵ですよ~~!




アンバーウェーブとクリローの苗、そのほか土留め用にジャノヒゲをナツツバキの下に円状に植えつけました。いずれも12月の作業になってしまって、これらの子たちには本当に申し訳ない気持ちです。

なんとか頑張って欲しいなぁ~
[Heuchera Regina]の続きを読む

Heuchera Amber Waves

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年01月12日 月曜日 [Edit] 




【学名】Heuchera 'Amber Waves' 
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ツボサンゴ属
【和名】壺珊瑚ツボサンゴ)  【英名】Fancy-leaf Coral Bells
【別名】コーラル・ベルズ / ヒューケラ  【品種名】 アンバーウェーブ
【原産地】北アメリカ 
【性状】耐寒性宿根草 (-15℃)  常緑多年草 【花期】初夏  【花色】薄桃色 【葉色】ライム色~琥珀色 【草丈】40cm
【用途】地植え 鉢植え 寄せ植え シェードガーデン ロックガーデン


今日は‘アンバーウェーブ’のご紹介です。先日ご紹介したキャラメルちゃんに引き続きまして、今回はネットショッピングではなく、地元のHCのバーゲンセールで出会えてしまいました~~ ^0^

半額になっていたんですよ~  (* ^-^)ノ(* ^-^)ノ  紅葉の時期のため、琥珀色というよりは少し赤色っぽいのかもしれません。葉っぱの裏側はいつも赤いのだと思うのですが、表側は黄緑色と琥珀色と赤色が混じったような雰囲気で、見ていて飽きないのです。

昨年秋以降、色々と苗を買ってしまい植えつける鉢がなくなり、その鉢を買う予算もなくなり・・・
仕方なく地植えで越冬させることにしました。
植えつけたのは、これまた先日植え替えたばかりのナツツバキの足元です。

一枚目の写真にある緑色の葉っぱは、クリローのこぼれ種から発芽したもので、親元から引き離しやはりお隣に植えちゃいました。この厳寒の時期に無謀とも思えますが・・・

でもナツツバキのために、かなりの量の腐葉土を入れて土壌を改良したので、まだふかふかな状態ですし、元肥えもたっぷりなので、マルチングをたくさんしてあげればなんとかなるかなぁ~と、やや浅はかながらも敢行しちゃいました!
このアンバーウェーブは、肥料が切れると葉色が悪くなるそうです。



【PR】ツボサンゴ・コレクション(1)10.5cmポット苗(ヒューケラ) 10.5cmポット苗
アンバーウェーブを探そう! at Rakuten


ユキノシタ科に属する常緑多年草ではありますが、冬の間はやや葉っぱが枯れ落ちて寒さに耐えている感じなります。他のヒューケラたちも葉っぱがぺったりと地面に貼り付いているのです。

ヒューケラには、約50種類の仲間があるといえわれ、これにハマりだしている私は、またしてもお財布の中身をチラ見しつつ・・・の日々であります。
[Heuchera Amber Waves]の続きを読む

ワインといえば、ボジョレー ? 

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年12月08日 月曜日 [Edit] 




【学名】Heuchera ‘Beaujolais' 
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ツボサンゴ属
【和名】壺珊瑚ツボサンゴ)  【英名】Fancy-leaf Coral Bells
【別名】コーラル・ベルズ / ヒューケラ  【品種名】ボジョレー 
【原産地】北アメリカ 
【性状】耐寒性宿根草 (-15℃)  【花期】初夏  【花色】薄桃色 【葉色】桃色~臙脂色 銅色 【草丈】40cm
【用途】地植え 鉢植え 寄せ植え シェードガーデン ロックガーデン

それは、ワイン!でも私の場合はヒューケラちゃんです!
こちらは葉っぱのほうです。 そう!ワイン色したヒューケラが今日の主役です。
実は先日ご紹介した‘キャラメル’と一緒に購入したものだったのですが、なんだか苗がちょっと元気がなくて、‘キャラメル’に比べると小さいなぁ~

とよくよくラベルをみると英語です。この子は苗そのものが輸入されたもののようで、運搬しやすくするためにかなり小さめに作ってるのでしょうね。
一方、‘キャラメル’のほうはHardinのものでしたが、栽培しているのは日本ではないのかと想像している私です。


【PR】新商品 宿根草ツボサンゴ ‘ボジョレー’9cmポット苗
『芽吹きは深いワイン色で除々にオレンジがかるシックな色合い  低温期は葉色が濃く、美しいパープルレッドに紅葉し見事  花は淡いピンク色』
価格は、 500円也




ところで、ボジョレーといえばワインが有名ですが、コルクを抜くときに往生するときありますよね。

そんなとき・・・ワインウィザードというたった1秒でコルクが抜けるワインオープナーがあるのです!TVなどでみて欲しいなぁ~と思っているのですが、お花には財布のヒモがゆるゆるなのに、他のものには財布のヒモがきつい私(笑) 
かお
とてもオモシロそうですし、今年の自分へのクリスマスプレゼントはこれにしようかなぁ~ って、随分この秋から初冬にかけて、自分へのご褒美として苗を購入してるのですが(笑)



話を本題に戻します・・
[ワインといえば、ボジョレー ? ]の続きを読む

やっと、キャラメルをGET!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年12月06日 土曜日 [Edit] 




【学名】Heuchera 'Caramel' 
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ツボサンゴ属
【和名】壺珊瑚ツボサンゴ)  【英名】Fancy-leaf Coral Bells
【別名】コーラル・ベルズ / ヒューケラ  【品種名】キャラメル
【原産地】北アメリカ 【性状】耐寒性宿根草 (-15℃)
【花期】初夏 【草丈】40cm 【販売元】Jardinハルディン
【用途】地植え 鉢植え 寄せ植え シェードガーデン ロックガーデン

といっても、あの花畑牧場のキャラメルではありません・・・ (爆)

この子のすばらしいところは、季節季節で葉色を変えるところです。
今回入手した時期は秋ということもあり、下にある写真のようなキャラメル色ではなく、紅葉してちょっと小豆色した葉っぱの色あいです。

これが夏になるとキャラメル色に変化するんですよね~~ この子と細葉のカラーリーフ、それに主となるものを決めて、来年の寄せ植えづくりの素材用に購入したのです。

今のところ、鉢増しだけして単品で植えてあります。


【PR】ツボサンゴ ’キャラメル’ 『キャラメル色の葉が美しい新品種 葉の幅が広く形も良い 秋冬はやや褐色に 紅葉し春はオレンジ、夏はやや黄色が出て四季を通じて変化が楽しめる 花は白 』かお
4月にこの子を注文したら、欠品で入手ができずやっとこの秋手元にやってきてくれました! 価格 はおぎはら植物園さんちで、500円也でした! 

もっと違う種類のヒューケラを見る! at Rakuten


我家でもヒューケラが結構増えてきました! それでもなおまだまだ欲しいヒューケラはたくさんあるんです。先日も‘グリーンフィンチ’を入手したばかりだったのですが。
現在、9種類かな?

昨年か一昨年、購入しはじめるようになっているので、株そのものはあまりまだ大きくはなく、早く株分けできるほどに成長して欲しいと思っているのです!
[やっと、キャラメルをGET!]の続きを読む

光と遊ぶ柏葉紫陽花

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年11月25日 火曜日 [Edit] 




【学名】Hydrangea quereifolia 'Snow Flake'
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ハイドランジア属またはアジサイ属
【品種名】スノーフレーク
【和名】柏葉紫陽花カシワバアジサイ
【英名】Oakleaf Hydrangea(オークリーフハイドランジア)
【別名】オークリーブド・ハイドランジア 【原産地】アメリカ
【開花時期】6~7月  【性状】耐寒性落葉低木

初夏に咲いたカシワバアジサイを切り取り、ドライフラワーにしてみました。
すっかりカラカラに乾いた状態です。

葉っぱは霜に当たって緑色から赤色へ変わり、そして茶色い葉っぱもあるカシワバアジサイです。
お天気が良い日に朝陽と遊ぶ葉っぱの様子をカメラに収めました~
すくっと伸びた茎についている葉っぱたち、そのてっぺんには来年の花芽ができているようです。

【PR】 カシワバアジサイを探そう! at Rakuten

鉢植えから土におろしましたので、来年はかなり背高のっぽで見ごたえのある株になってくれるはずです。
ギボウシのお隣に挿し芽したものはあの世に召されてしまったのですが、もう一つヒバの木の傍に挿したものは元気です。無事保険は成功です!

他の紫陽花も挿し芽が成功し、大型種の白い花が咲くアジサイも二つ挿し芽しましたが、これらも見事成功!ただ地面にズボッと挿すという、ズボラな挿し方でありましたのに、ありがたいことです
かお
[光と遊ぶ柏葉紫陽花]の続きを読む

ツボサンゴ ‘グリーンフィンチ’

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年10月28日 火曜日 [Edit] 




【学名】Heuchera cylindrica 'Green Finch'
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ツボサンゴ属
【和名】壺珊瑚ツボサンゴ)  【英名】Fancy-leaf Coral Bells
【別名】コーラル・ベルズ / ヒューケラ 【品種名】グリーン・フィンチ
【原産地】北アメリカ 【性状】耐寒性宿根草 (-15℃)
【花期】初夏 【草丈】40cm
【用途】地植え 鉢植え 花壇 

またヒューケラに仲間が増えました!
今度はライムグリーン一色の葉っぱに、ちょっとだけ大きめのお花が咲くという・・でも米粒大には変わらないのですが。

みずみずしい感じがよいでしょう~ 早速寄せ植えにしてみました!
苧環とリグラリアとのコンビにしてみましたのですが、リグラリアの銅色の葉っぱと相対的な感じをイメージ。


ツボサンゴ ‘グリーンフィンチ’ 価格 500円

現在のところRakutenではおぎはら植物園さんちでしか取り扱いが無いみたいです♪

【PR】 ヒューケラとカラーリーフで愉しもう♪ at Rakuten


これから寒い冬がやってくるので、マルチングしてあげなくちゃ~
[ツボサンゴ ‘グリーンフィンチ’]の続きを読む

大文字草の花!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年10月10日 金曜日 [Edit] 




【学名】Saxifraga fortunei var. incisolobata
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ユキノシタ属サクシフラガ
【和名】大文字草ダイモンジソウ) 
【別名】人字草ジンジソウ) / 岩蕗イワブキ
【性状】耐寒性宿根草   【花期】9~11月
【品種名】不明
【用途】鉢植え 地植えは向きません 

第一弾の白色大文字草が満開です。

実は2年間鉢で寄せ植えにしていたものを鉢から引き抜いて、「根洗い」として管理し始めたものなんです。
そう、鉢がない!のです。

寄せてあるのは、ベニチガヤ、ギボウシ、ツユクサ(これは自然に生えてきたのですが)、そしてこの大文字草です。
今年鉢から引き抜いたばかりなので、これから越冬できるかどうかがモンダイですが、庭石の上に置いて管理する予定です。

【PR】 次はヒラヒラ花弁の桃色の大文字が欲しいわぁ~ at Rakuten

「根洗い」の状態にしますと、夏場の水遣りと温度管理がちょっと大変ですけれど、平鉢(お皿)にのせて飾ると、なかなかによい風情があります。
今年は他にも鉢から引き抜いたものもあり、ドキドキです。
[大文字草の花!]の続きを読む

Heuchera 'Obsidian' - ヒューケラ‘オブシディアン’

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年07月17日 木曜日 [Edit] 

Heuchera 'Obsidian'  - コーラル・ベルズ または ヒューケラ‘オブシディアン’


【学名】Heuchera 'Obsidian'
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ツボサンゴ属
【和名】壺珊瑚ツボサンゴ)  【英名】Fancy-leaf Coral Bells
【別名】コーラル・ベルズ / ヒューケラ 【品種名】オブシディアン
【原産地】北アメリカ 【性状】耐寒性宿根草 (-15℃)
【花期】初夏 【草丈】40cm

もっとこの子の成長振りをご報告していたのかと思っていたら、霜が降りている頃真冬のアップが最後でした。

先日は‘モカ’の記事をアップしておりましたが、‘オブシディアン’はやはり銅葉といいますか黒色系のヒューケラです。初めて入手したヒューケラはこの子でした!
株もなかなかに大きくなり、今年の秋か、来年には株分けもできそう~な感じです。

【PR】 ヒューケラを見つけよう! at Rakuten

未だ欲しいと思っている‘キャラメル’は手元におらず、虎視眈々と狙っているところ。
今度は明るい色の黄色っぽい葉っぱをしている子が狙い目です。

オブシディアンはお隣にダイアンサスのこれまた黒色の子が隣人なのですが、梅雨を嫌うダイアンサスは、いまひとつの咲きっぷり。なかなか私が思い描いていたような両者の絡みを見ることができていません。

反対側に陣取っているのは、‘ピーチフランバ’ですが、ちょっとボケすぎていて、わかりにくいですね。
右億に明るめの葉っぱが見えていると思うのですけど。
そして奥手にはクリスマスローズ。やっぱ密集させすぎですねぇ~ ^_^;
[Heuchera 'Obsidian' - ヒューケラ‘オブシディアン’]の続きを読む

ヒューケラ ‘モカ’ の花♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年07月08日 火曜日 [Edit] 

Heuchera  'Mocha' - ヒューケラ ‘モカ’


【学名】Heuchera 'Mocha'
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ツボサンゴ属
【和名】壺珊瑚ツボサンゴ)  【英名】Fancy-leaf Coral Bells
【別名】コーラル・ベルズ / ヒューケラ 【品種名】モカ
【原産地】北アメリカ 【性状】耐寒性宿根草 (-15℃)
【花期】初夏 【草丈】40cm  【用途】花壇 寄せ植え 鉢植え シェードガーデン

今年春に入手した小さな苗でしたが、ちゃんと育ってくれてお花が咲いてくれていたのですけど、ご報告がすっかり遅くなってしまった、ヒューケラ‘モカ’です。

入手したばかりのときには、少し黄緑がかった部分もあったのですが今はすっかりシックなオトナへと変貌~~ Y(=▽=)Y~☆ 米粒ほどの大きさで、ちょっと綿毛をあしらったかわいいお花を次々に咲かせております。 ヒューケラって思いのほか、花期が長いですね~~♪ 


おぎはら植物園さんから、3月に入手した苗のひとつ、ヒューケラのモカです。光沢の無い、黒っぽく銅色の葉っぱがお気に入りです! ツボサンゴ  ’モカ’
価格は 500円也。

【PR】探してみよう!お気に入りのヒューケラたち!at Rakuten

この子は花壇で、レディースマートルやリュウノヒゲ、クリスマスローズなどが隣人。それぞれがぐんぐん領域を拡大してゆく子たちばかりなので、油断大敵!
マメに株分けなどをしてあげなくてはと思っていますが、今のところはそう混み合いすぎずにそれぞれが個性的な葉っぱで競演中です。
[ヒューケラ ‘モカ’ の花♪]の続きを読む

白色の紫陽花

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年07月06日 日曜日 [Edit] 

Hydrangea macrophylla -紫陽花(アジサイ)


【学名】Hydrangea macrophylla
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ハイドランジア属
【和名】紫陽花(アジサイ) 【英名】 【別名】ハイドランジア
【原産地】熱帯アジア 【性状】耐寒性落葉低木
【用途】花壇 シェードガーデン 庭植え ドライフラワー

品種名がわからないアジサイです。真っ白でまん丸な形になるアジサイです。
昨年購入したときは小さな、小さな苗でしたが、今年は大輪の花が二つつきました~

真っ白なアジサイも良いなぁ~ 昨年は、ほとんど終わりかけの此花をもっと愉しみたくて、一輪だけドライフラワーにして、しばらく手元に置いておいたんですけど。
今年はどうしよう~ 二輪しか咲いてくれていないしぃー でもいずれにせよ、剪定しなけらばならないので、満開になったらすぐさま切り取ることにしましょう!

【PR】お値打ち品のアジサイ、見つかるかな? at 楽天


もうアジサイの花の時期は終わりなので、ネットで検索しても欲しいものには「売り切れ」の文字がオンパレードしていて、完全に機会を逃してしまったという感じです。冬までは覚えていたのに、欲しいと思っていたエンドレスサマーをすっかり忘却の彼方へ追いやってしまいました。代わりと言ってはなんですが、園芸店でお値打ち品コーナーにあった 墨田の花火を家に連れて帰ったわけです。

で、鉢増し後の姿が↓です。

Hydrangea macrophylla -紫陽花(アジサイ) ‘墨田の花火’


来年まで咲きませんし、今年は葉っぱを愉しむことにして、あまっていたベゴニアと寄せ植えにしておきました。ベゴニアは越冬できないので、春になったらまた何か別のお花と入れ替えることにして、この子は来年鉢植えで管理します。
[白色の紫陽花]の続きを読む

真っ赤なアスチルベ‘スパルタン’

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年07月05日 土曜日 [Edit] 

Astilbe arendsii ‘Spartan' - アスチルベ‘スパルタン’ 


【学名】Astilbe arendsii ‘Spartan'
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】アスチルベ属
【和名】泡盛草(アワモリソウ) 【英名】Astilbe
【別名】升麻ショウマ) 曙升麻(アケボノショウマ)
【品種名】スパルタン
【花期】初夏 【性状】耐寒性宿根草  【用途】花壇 鉢植え 切花には不向き

初夏のシェードガーデンを彩る、二種類のアスチルベのうち、今日はスパルタンをご紹介です。
植え付けから二年目、やっとソレらしい大きさと風格を持ち始めてくれてます。

後ろにちょっとだけ写っているのが、ピンク色のほう。もともとはピンク色を育てていたのですが、グラデーションを愉しみたいと思い、赤色の‘スパルタン’をゲットし、お隣どおしで庭植えにしてあります。

【PR】 アスチルベを育てよう!at Rakuten

今日は春先の芽吹きのときから、記録を残しておいた写真を以下にご紹介しています。
[真っ赤なアスチルベ‘スパルタン’]の続きを読む

紅色へ映ろって・・・

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年06月30日 月曜日 [Edit] 

Hydrangea macrophylla - 紫陽花(アジサイ)

Hydrangea macrophylla - 紫陽花(アジサイ)
 今日の一句 「赤色を 一層放つ 紅に 心打たれる 梅雨空の下」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Hydrangea macrophylla
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ハイドランジア属
【和名】紫陽花アジサイ) 【英名】 【別名】ハイドランジア 
【品種名】クレナイ) 【花期】 6~7月  【花色】 白色
【原産地】熱帯アジア 【性状】耐寒性落葉低木 【用途】シェードガーデン 花壇 鉢植え

真ん中にあるフワフワしたお花も終わり始め、そろそろ紫陽花「紅」が色づいてきました♪
もっともっと赤色になりますけれど、前回の記事にあるお写真に比べたら、かなり赤いでしょう?


【PR】アジサイ見つけよう! 花季寄のショッピング at 楽天


今年は「お値打ち品コーナー」で280円で「墨田の花火」を手に入れることができました! えへへ!
またアジサイが増えてしまいました~ こちらは今年鉢植えで育ててみようと思いまして、剪定して鉢植えにしました!
[紅色へ映ろって・・・]の続きを読む

まだ純白の「紅(クレナイ)」

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年06月19日 木曜日 [Edit] 

Hydrangea macrophylla - 紫陽花(アジサイ)

Hydrangea macrophylla - 紫陽花(アジサイ)
 今日の一句 「紅も まだ純白の 生まれたて 早く 変われよ 赤色に」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Hydrangea macrophylla
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ハイドランジア属
【和名】紫陽花アジサイ) 【英名】 【別名】ハイドランジア 
【品種名】クレナイ) 【花期】 6~7月  【花色】 白色
【原産地】熱帯アジア 【性状】耐寒性落葉低木 【用途】シェードガーデン 花壇 鉢植え

そろそろ、紫陽花「紅」が色づきそうな感じです♪

後しばらく経つと、この子の今の様子とは全く違う真っ赤に変貌するのですが、入梅してからややしばらく経たないと変わってはくれないのです。
あぁ~ 待ち遠しいなぁ~ 

まだほとんど真っ白で、一部少しだけほんのり桃色が現われている状態なんです。

【PR】アジサイ見つけよう! 花季寄のショッピング at 楽天


ダイスキな紫陽花なので、この子もカシワバアジサイと同様にどんどん挿し芽を採っているのですが、現在全部で4株になりました!
もともとは、お値打ち品コーナーでお花が終わった状態で入手したものであります!
[まだ純白の「紅(クレナイ)」]の続きを読む

カシワバアジサイの開花

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年06月15日 日曜日 [Edit] 

Hydrangea macrophylla - 紫陽花(アジサイ)

Hydrangea macrophylla - 紫陽花(アジサイ)
 今日の一句 「ゆっくりと 立ち上がった 花穂たちに 小花を散らす 紫陽花の花」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Hydrangea macrophylla
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ハイドランジア属
【和名】紫陽花アジサイ) 【英名】 ハイドランジア 【別名】西洋紫陽花(セイヨウアジサイ
【原産地】熱帯アジア 【性状】耐寒性落葉低木

昨年、お値打ち品コーナーからおウチに連れてかえった、カシワバアジサイ。紅葉は楽しめましたが、お花はほとんど愉しむことができませんでした。
お値打ち品ということは、ほとんどお花が終わった状態のものだったわけでして(^^ゞ

そんなカシワバアジサイを鉢植えで愉しんだ後、早春にお庭に下ろしたのですが、しっかりと根付いてくれて、大きくなりました!

そして待ちに待った開花の時期に突入です。

この氷の造形は、よくよく見ているとまるで羽を広げた小鳥のような形をしていました。透き通った氷には光が反射したりして、しばし鑑賞しました。
[カシワバアジサイの開花]の続きを読む

Heuchera  'Ebony & Ivory'

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年06月02日 月曜日 [Edit] 

Heuchera 'Ebony & Ivory'  - ヒューケラ エボニーアンドアイボリー

Heuchera 'Ebony & Ivory' - ヒューケラ エボニーアンドアイボリー
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Heuchera 'Ebony & Ivory'
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ツボサンゴ属
【和名】壺珊瑚ツボサンゴ)  【英名】Alum root / Fancy-leaf / Coral Bells
【別名】コーラル・ベルズ / ヒューケラ 【品種名】エボニーアンドアイボリー
【原産地】北アメリカ 【性状】耐寒性宿根草 (-15℃)
【花期】初夏 【草丈】40cm

ヒューケラが続々と咲き始めてくれていますが、先日いの一番に開花した‘ミントチョコレート’に引き続きまして、今日は‘エボニーアンドアイボリー’のご紹介です。

葉っぱは黒っぽく、咲いたお花は真っ白なので‘エボニーアンドアイボリー’という名前になったのかな?

ヒューケラはユキノシタ科に属するもので世界に約50種あるといわれています。ヒューケラという名前はJohann Heinrich von Heucherというドイツ人医師の名前からとられています。

葉っぱにはうっすらと産毛が生えていてましたが、お花が咲いてみたらこのヒューケラのお花は産毛で覆われていて、とても柔らな印象のお花でした! 
[Heuchera  'Ebony & Ivory' ]の続きを読む

紅花岩絡の若葉

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年05月31日 土曜日 [Edit] 

Schizophragma hydrangeoides 'Roseum'  - 紅花岩絡

Schizophragma hydrangeoides 'Roseum' - 紅花岩絡
 今日の一句 「初夏の色 赤くそまった葉っぱには いぶした銀の 風格もあり」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Schizophragma hydrangeoides 'Roseum'
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】イワガラミ属
【和名】紅花岩絡ベニバナイワガラミ) 【英名】Japanese hydrangea vine 
【品種名】ロゼウム 
【花期】6~7月  【背丈】10~15メートル
【原産地】日本
【性状】落葉蔓性木本  【耐寒性】強い

うふっ、(^o^)

4月の萌えていた状態からさらに二ヵ月半が経ち、いよいよ葉っぱもオトナな雰囲気になってきているのが、紅花岩絡です!
なんともいえない質感の葉っぱで、銅色にシルバーをのせたようなものと、緑色のもの、ちょっと茶色っぽいようなものなどが混じってツルが伸びています。

まだぜんぜん蕾などの気配はないのですが、この葉っぱだけでも十二分に観賞価値がありますぞ!

前回ご紹介した保険、挿し芽したものも、二手に枝分かれして、地面で育ってくれていますし!

さらに先日また挿し芽をとってしまいました(^^ゞ これでまたさらに三つ目の株となれば、お高いかったこの子も一個千円ちょっと・・という値段になってくれるわけです。

ケチっぽーいですけど(笑)

そうやって殖やしてゆければ、お高い苗を購入した場合でも、罪の意識をやわらげることができるわけです。

[紅花岩絡の若葉]の続きを読む

食べられないミント・チョコレート

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年05月09日 金曜日 [Edit] 

Tiarella 'Mint Chocalate' - ティアレラ‘ミント・チョコレート’

Tiarella 'Mint Chocalate' - ティアレラ‘ミント・チョコレート’
 今日の一句 「ひっそりと 開き始めた 白き花 ぐんと背伸びの 皐月かな」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Tiarella 'Mint Chocalate'
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ティアレラ属スダヤクシュ属
【和名】   【英名】Foamflowers
【別名】ティアレラ 【原産地】
【性状】耐寒性宿根草  【花色】ペールピンク  【咲き方】房咲き

名前だけみたら、チョコレートの話題かと思われるかもしれませんが、今日のミント・チョコレートはお花が咲くほうのチョコレートです。

昨年秋におぎはら植物園様でゲットしたティアレラ、ミントチョコレートです。小さい苗だったのですが、すぐに地植えにしちゃいましたけど、越冬し無事にお花を咲かせてくれています。 もっとも冬には強いのが特徴ですから、あまり冬の心配はしなくてもよかったのです。

一番小さかったし、我家にあるティアレラの中では開花は一番遅いのではと予想していたのですが、その予想を裏切り、もっとも早い開花となりました!

しかもとてもかわいらしい色あいのお花です。ペールピンクともサーモンピンクともいえる小さな雄しべの塊りと白いちいさな花びらはお星様のようで、すくっと立ち上がった花茎は細くたおやか。
足元の葉っぱには、黒色の斑が入っていてその対比がまた良いのです!
[食べられないミント・チョコレート]の続きを読む