スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年は二輪・・・ 一休さん

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年04月26日 日曜日 [Edit] 




【学名】Camellia japonica 'Ikkyu'
【科名】ツバキ科 Theaceae 【属名】ツバキ属 または カメリア属
【和名】茶花椿チャバナツバキ)【英名】Camellia(カメリア)
【品種名】一休イッキュウ) 【別名】
【用途】地植え 鉢植え 切花 茶花

昨年は一輪も咲いてくれなかったんです (@o@) まだ小さな小さな苗でして、本来もっと大きくなるまで鉢植えで管理してあげたほうがよかったのでしょうけど。

移植までしておりましたので、今年の開花は無理だと思っていたので、あまり朝の警邏でも注意してみていなかったのですが、咲いてました!

以前は風よけもせず寒波のために折角あがった蕾が落ちるようなこともあったのですが、今回はヒバの木が防風林の役割を果たしているせいなのかしら。二輪ではありますが、開いてくれました~


【PR】椿(ツバキ)
 イロイロ♪ 
千草園芸さんちで取り扱ってますよ~ Y(=▽=)Y~☆

絞りもいいわぁ~ ツバキを探そう! at Rakuten


他に古参の赤色の八重椿も昨年、クレマチスのモンタナの大胆な剪定と同様に、思いっきり深く剪定し、枝分かれしていた太い幹までも切ってありますので、あまりお花は咲いておりません。
よって、お掃除も楽々です。毎年、八重の椿のお掃除では、苦労しておりますので(笑)
ヒナワビスケのほうも、イマヒトツのできだったので、この子の開花はとても嬉しいのです。

さて、話を一休に戻しますと、小苗とはいえ、植え付けから三年目を迎えて、やっと背丈が60センチ程度に成長。他の樹木に比べると椿はやや成長のスピードが遅く感じます。
[今年は二輪・・・ 一休さん]の続きを読む
スポンサーサイト

移植成功! ナツツバキ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年04月26日 日曜日 [Edit] 




【学名】Stewartia pseudocamellia
【科名】ツバキ科 Theaceae 【属名】ナツツバキ属
【和名】夏椿ナツツバキ) 【英名】Japanese stuartia 【別名】沙羅樹シャラノキ) サルスベリ(方言で)
【原産地】東アジア 【性状】落葉高木 【樹高】10~20m 【花期】 6月~7月初旬
【植え付け期】10~12月、2~4月
【用途】地植え 鉢植え シェードガーデン シンボルツリー

冬に移植したので、とってもその動向が気になっていたナツツバキ!

めでたく移植に成功です! よかったぁ~~

知人から3月にたっぷりと水をあげると、花つきがよくなるよ~と聞いていたので、せっせと水遣りをしたりしておりましたが、とても健康そうな葉っぱたちが空に向かって伸び始め、葉っぱを展開させています。

【PR】 ナツツバキを植えよう! at Rakuten

ナツツバキの株元に植えたヒューケラ、プリムラ、ビオラ、ナデシコやこぼれ種から移植したクリローちゃんもしっかり活着し、そのほか今年発芽したビオラのフレックルスもちりばめてみたりして、にぎやかになっています。 


私のお財布の中身はほとんどが花苗に飛んでゆくのですが、春ですしたまにはお洋服でも買おうかなぁ~(笑)



夏場はまだら日陰くらいがちょうどよいクリスマスローズたちの成育場所としてはぴったりでしょう?
球根系のものはまだ植えつけていないので、今年の秋には、スノードロップや水仙のティタティタなどを植えたいなぁ~

北側に植えたヒューケラたちも夏の暑さを凌げますし、樹木の下はイロイロとその使い方様々です。
[移植成功! ナツツバキ]の続きを読む

冬の夏椿・・^^;

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年02月02日 月曜日 [Edit] 




【学名】Stewartia pseudocamellia
【科名】ツバキ科 Theaceae 【属名】ナツツバキ属
【和名】夏椿ナツツバキ) 【英名】Japanese stuartia 【別名】沙羅樹シャラノキ) サルスベリ(方言で)
【原産地】東アジア 【性状】落葉高木 【樹高】10~20m 【花期】 6月~7月初旬
【植え付け期】10~12月、2~4月
【用途】地植え 鉢植え シェードガーデン シンボルツリー

ドキドキするなぁ~~ 12月上旬に移植したナツツバキさんにも雪がしこたま・・・^^;

常緑樹はほとんどの場合、冬の休眠期に移植するのが適切である模様ですが、このナツツバキ、ちょっと葉芽に産毛が見えていたりして、ホントに休眠しているの?という状態のときに移植したわけでして、ちょっと早すぎたかなぁ~ 

二度目の移植でストレスを感じているだろうと思うのですが、早速雪まみれです。

【PR】 ナツツバキを植えよう! at Rakuten

ナツツバキの下には、やはりこの冬に入手したヒューケラやこぼれ種から移植したクリローちゃんを植えたりしていて、株元の子たちも時期的に移植の時期が遅かったので、かなり心配です。

あっ、そうそう、プリムラも事情があって、この木の下に1月になってからお正月に植えてしまったんだった!すっかり雪の下になってしまっていて、何を植えたのか忘れてしまってましたよ(^^ゞ
[冬の夏椿・・^^;]の続きを読む

控えめが好き♪ 雛侘介

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年01月24日 土曜日 [Edit] 




【学名】Camellia japonica 'Hina-wabisuke'
【科名】ツバキ科 Theaceae  【属名】ツバキ属 または カメリア属
【和名】侘介椿ワビスケツバキ)【英名】Camellia(カメリア)
【品種名】雛侘介ヒナワビスケ
【花期】11~3月 【咲き方】一重筒 ラッパ咲き
【原産地】中国 【性状】耐寒性常緑樹
【用途】鉢植え 地植え 切花 茶花

耐えているなぁ~~ ( iдi ) ハウー

まだ幼い苗、しかも地植えの雛侘介には受難の時期です。11月以降強い霜が降ったかと思えば、1月になってからは雪も降り積もるようになり、最低気温も連日マイナス5℃以下です。

開花時期と受難の時期が重なってしまうため、なかなか綺麗な咲きっぷりを見ることができないワタクシです。雪囲いというものをしてあげないとダメかなぁ~

蕾が膨らみつつあり、花弁の桃色も現れ始めているというのに・・

【PR】 お花を探そう! at Rakuten

昨年も開花時期と寒波により、ほとんど蕾がダメになってしまって・・・
もっと株に体力がついてくれればなぁ~ もう少し頑張れるのかもしれないのですが。
[控えめが好き♪ 雛侘介]の続きを読む

一日花、ナツツバキの移殖

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年12月10日 水曜日 [Edit] 




【学名】Stewartia pseudocamellia
【科名】ツバキ科 Theaceae 【属名】ナツツバキ属
【和名】夏椿ナツツバキ) 【英名】Japanese stuartia 【別名】沙羅樹シャラノキ) サルスベリ(方言で)
【原産地】東アジア 【性状】落葉高木 【樹高】10~20m 【花期】 6月~7月初旬
【植え付け期】10~12月、2~4月
【用途】地植え 鉢植え シェードガーデン シンボルツリー

12月7日は二十四節気でいうところの「大雪」でした。 まだまだどんどん日は短くなり、「冬至」の12月21日までは日が縮むのですよね~ あぁ~ 早く日が延びはじめないかしらん。

さて、ナツツバキ。 恐らく初めてご紹介するはずです。

移殖を決めました!しかも二度目です・・・

【PR】 ナツツバキを植えよう! at Rakuten

実はこのナツツバキ、私が園芸を始めた頃に魅力をまったく感じることができず、土壌も日当たりもすこぶる悪く、ヒイラギの木ですら枯れてしまような極貧地に移殖したものです。
もう7年はお花を見ておりません。場所も狭いので、剪定時期も関係なく家人がバサバサと季節も関係なく、毎年剪定してしまうというのもその要因の一つなのですが・・(;´▽`lllA``

ところが、人間というのは、というかが・・・身勝手極まりなくて 最近、ナツツバキのことがとても愛おしく感じられるようになり、遂には我家のシンボルツリーにならないかしらんと考え始めているのであります (゚▽゚*)ニパッ

で、植え付けの時期を調べたところ、12月くらいからが適期とわかり、早速敢行することにしました。
といってもまだ11月ですが・・ 植えつける場所の土をきちんと耕して、たっぷり腐葉土をすきこまなくてはなりませんし、まずは移殖の準備にとりかかることに!

でも大きくなると移殖が難しいとあります・・・  んんん~
我家のナツツバキは、幹の周囲がすでに20センチほどにはなっているのです。
だっ、大丈夫かしらん? 神のみぞ知るところとあいなりそうです^^;

あっ、木で思い出しましたが、クリスマスといえばモミの木。
で偶然見かけて、欲しくなったのが・・・ 


【送料無料】 マジッククリスマスツリー4個&マジッククリスマスツリー

インテリア雑貨のお店ライフスタイルショップ アンジェさんちで見つけました!
どなたかお手元にお持ちの方いらっしゃいませんか? どんな感じなんだろう~ お写真で見るとかなりかわいいY(=▽=)Y~☆



ちっともわが家の中はクリスマスモードになっておりません。
イルミネーションも少ない街です。でも少しは雰囲気を味わいたいところです!
[一日花、ナツツバキの移殖]の続きを読む

椿 ‘一休’ ・゚・(ノД`)・゚・。

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年04月11日 金曜日 [Edit] 

Camellia japonica 'Ikkyu' - 茶花椿(チャバナツバキ)‘一休’

Camellia japonica 'Ikkyu' - 茶花椿(チャバナツバキ)‘一休’
 今日の一句 「いつまでも 固い蕾を抱いたまま 桜を迎える 白椿」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Camellia japonica 'Ikkyu'
【科名】ツバキ科 Theaceae 【属名】ツバキ属 または カメリア属
【和名】茶花椿チャバナツバキ)【英名】Camellia(カメリア)
【品種名】一休(イッキュウ)【別名】

_| ̄|○

駄目でした。今年は鉢植えにしていた‘一休’の蕾がどんどん落ちてしまって今現在あるのはまだ固い蕾がたったの三つ。
‘雛侘介’のほうも地植えにしておりますが、これも開花寸前のところで冬の嵐により、壊滅。

一方、もうン十年という歳月がたっているツバキのほうは、体力があるのでしょうね~
今満開です。写真をとるのを忘れましたが。

鉢植えで育てようと心に決めていた‘一休’でしたが、あまり上手に育てることができないので、やはり地植えにしてしまうことにしました。
上の写真は植え付け直後のものです。本来ならば花後にすぐか、梅雨の時期が良いとされていますが、桜もそろそろ咲き始めますし、大丈夫かなぁ~と。
[椿 ‘一休’ ・゚・(ノД`)・゚・。 ]の続きを読む

雛侘介の可憐さ!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年02月28日 木曜日 [Edit] 

Camellia japonica 'Hina-wabisuke' - 雛侘介(ヒナワビスケ)

Camellia japonica 'Hina-wabisuke' - 雛侘介(ヒナワビスケ)
 今日の一句 「凍る朝 開き始めた蕾には 驚くほどの寒さかな」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Camellia japonica 'Hina-wabisuke'
【科名】ツバキ科 Theaceae  【属名】ツバキ属 または カメリア属
【和名】侘介椿ワビスケツバキ)【英名】Camellia(カメリア)
【品種名】雛侘介ヒナワビスケ
【原産地】中国 【性状】耐寒性常緑樹

首を長くしてまっているのに、なかなか咲いてくれないヒナワビスケ。
1月が暖かだったのに、2月に入ってから大雪と寒波に見舞われ、その気になっていた植物達のなかには、葉っぱや花芽が痛んでしまったものが多数あります。

クリスマスローズなどもかなり痛みが激しいのですが、この雛侘介もそうなんです。
この状態では、折角開花したとしても花びらに影響がでそうだなぁ~

まだ固いつぼみのうちならば、大丈夫だったでしょうけど、開こうと思っていた矢先に寒波がきてしまってあたふたしているように見えます。
[雛侘介の可憐さ!]の続きを読む