スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウチョウランも順調!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2006年06月11日 日曜日 [Edit] 

花



【学名】Ponerochis graminifolis
【科名】ラン科 Orchidaceae 【属名】ウチョウラン属
【和名】羽蝶蘭(ウチョウラン)【別名】岩蘭(イワラン) 胡蝶蘭(コチョウラン)
【品種名】 不詳

昨日、シランをご紹介していて、ウチョウランが気になり、つぼみの上がり具合を見てみたら、お~開花間近な雰囲気。

小さな鉢に大文字草、イワヒバと一緒に鉢に寄せ植えにしてあります。しかし!先日、塀越しにオジサマと園芸談議をしていたら、オジサマ曰く「ウチョウランは寄せ植えを嫌うと思うよー」って。
あらら。やっちゃいました。とりあえず今年はやむなし。

これも隣のオジサマからいただいたもので、3年目になります。まだ一度も植え替えをしたことがありません。(^_^;)
でも明らかに去年よりも大きく、子株が一つ増えている模様。ニンマリ。

【PR】ウチョウランを育ててみる?



山野草系は早春に植え替えをするものが多く、寒冷地に住む私としては寒さの中作業することに、なかなか重い腰が上がらなかったりするんです。 こんなことじゃ~ ダメですよね。

お隣のオジサマからいただいた山野草が増えてきているので、このウチョウランも含め、来春こそは、全部植え替えしなくちゃなぁ~ 
花



【育て方】

ポイントは、ほどよく日光に当てること、雨に当てないこと、浅く植えつけること(1センチをこえない程度)、夏越しに注意すること、などです。

冬の間はほとんど水遣りはしなくて良く、春先に芽がでてくるときには、たっぷりのお水を与えて発芽を促します。

芽がでてからのちは、土の表面が乾いてから水遣りをするようにします。


雨上がりにお日様がでてくれると、雫が蕾にしたたって、なんともかわいらしかったのでした!こうしてまじまじと見ていると苧環にもあるような蕾よりも長い距があったりしています。去年まで気がつかなかった新しい発見だったのでした。

俳句の花図鑑―季語になる折々の花、山野草、木に咲く花460種 俳句の花図鑑―季語になる折々の花、山野草、木に咲く花460種
復本 一郎 (2004/03)
成美堂出版
この商品の詳細を見る