スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カザグルマに二番花! 

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2006年07月28日 金曜日 [Edit] 

カザグルマ二番花



【学名】Clematis patens Morr. et Decaisne
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss) (センニンソウ属)
【和名】鉄線(テッセン) 【英名】Lilac Clematis、Vase Vine など
【咲き方】四季咲き(春から秋) 中輪咲き ガク8枚 
【花径】10センチ 【高さ】200~250センチ【耐寒性】強い -10 ℃
【系統】パテンス系 【花色】薄紫色 【剪定】弱剪定 新旧枝咲き 
【流通名】'風車(カザグルマ)'  【作出国】日本
【用途】鉢植え 地植え
【備考】#C007

こちらのクレマチスは、おそらくカザグルマだと思うのですが、剪定もしなかったのに、梅雨の時期に二番花が咲いてくれました。
花びらに見えるのは正しくは萼(がく)が花弁状に発達したもので、実は花びらではありません。

一季咲きのモンタナが返り咲くことはなく今は蔓がビュンビュン延びていて、気温の上昇とともにその成育も一段落した感じです。今年買った一年生の苗たちもなんとか育ってくれています。ダッチェス・オブ・エジンバラが一度消えかかってオロオロしたのですが、また芽を出し始めてくれました。ビニールポットから植え替えをするときに、深さが足りなかったかしらん。(^_^;)
さざんかとカザグルマ



いわゆるテッセンと呼ばれていたクレマチスは日本に自生していたもので、これが西洋に渡り交配され、さらに日本に逆輸入。
いまでは様々な種類のクレマチスがあるので、選ぶのが一苦労です。

そろそろ梅雨があがりそうな雰囲気。
わたしのところでは、夏は本当に駆け足で過ぎてゆき、秋になるのが早いので、そろそろ秋に出回る苗なども物色中です。クレマチスもしかり。今年はまだ持っていないインテグリフォリア種を狙っております。(o^o^o)

関連記事: クレマチス

【PR】クレマチスは秋から出回ります!


つる性の植物は植える場所をよくよく考える必要がありますが、これはサザンカに絡ませて育てています。ちょうどサザンカのお花が終わってから、クレマチスが咲き始めるといった感じになるのです。
でも植えつけるとき、ちょっとサザンカの根元に近すぎるところに植えてしまった(@_@;) なのに、このカザグルマもようやく株が充実してきたとみえ、2メートルほどの高さのサザンカの高さで咲いてくれるようになりました。でも高いところにあるお花は、接写の写真が撮りにくいのが難点です。