スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苔玉に挑戦!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2006年07月25日 火曜日 [Edit] 

白鳥花の苔玉



【学名】Serissa japonica‘Variegata’
【科名】アカネ科 【属名】ハクチョウゲ属
【和名】斑入り白鳥花(フイリハクチョウゲ)【英名】Tree of a Thousand Stars
【別名】白丁花(ハクチョウゲ)

るなさんのお宅でたくさんの苔玉を拝見しているうち、作ってみたくなり実は去年挑戦してみたのですが、成功せず。オダマキを植えた苔玉がかろうじて花を一輪つけたのですが、貼り付けた苔はどこへやら。(^_^;)

苔は貼り付けたあとに、木綿糸とかテングスなどでグルグル巻きにしておかないとはがれてしまうらしいのですが、ズボラなわたしはそれをしなかったのが良くなかったようです。

今年になって我が家の苔玉のほとんどは、泥玉の裸んぼうになってしまっていたのです。

それで、これではかわいそう~とリメイク作戦にでました。
今年は雨が多いせいか、近所の露地に苔が生えていたりしているので、ちょっといただいてきたり、庭に生えている苔を使ったりして作り直しました。

上の写真は、白鳥花の枝を切ってただぶすっと挿しただけなんです。
あはっ。リメイクとは言いがたいですよね。苔玉でも挿し木がきくのかしらんと思ったりしたんですけど。(^_^;)

直径5センチほどのものすごく小さな苔玉です。
マンネングサの苔玉



【学名】Sedum lineare f. variegatum 
【科名】ベンケイソウ科 【属名】セダム属
【和名】姫笹(ヒメササ)
【別名】斑入りタカノツメ または 斑入りオノマンネングサ

こちらは、ちゃんと根っこがあるマンネングサを苔で巻いてみました。
大きさはこちらのほうが大きいのです。多分直径10センチ以上はあるはずです。

平盆に小石をひいて、その上に二つ飾りました!

なんとな~くそれらしい和風の苔玉っぽくはなったものの、これを維持してゆくことへの不安は拭いきれません。青々として生きてゆけるのかいなか。

やっぱりもう少し大きいものを作らないと越冬できないかなぁ~
苔玉は鉢ものと違って寒さが芯まできてしまうらしく、鉢では越冬できるものも、冬の間に枯れてしまうことがあるようです。

夏は夏で、ほどよい水分管理と日光が必要だろうし・・・

来年は泥玉にならないようにしなくちゃ (;´▽`lllA``