スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーフォルビア-初雪草

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2006年08月06日 日曜日 [Edit] 

初雪草の花



【学名】Euphorbia marginata
【科名】トウダイグサ科 【属名】ユーフォルビア
【和名】初雪草(ハツユキソウ)【英名】Snow-on-the-mountain、 Ghostweedなど
【別名】ユーフォルビア 【原産地】アメリカ
【性状】一年草(非耐寒性)または多年草の短日植物

梅雨明けしてからのこの暑さ。クラクラしてしまいます。寒冷地に住む私がこうなんですから、日本の西側南側にお住まいの方は、相当辛いでしょうね。

暑中お見舞い申しあげます。m(__)m

この時期あまりお花が無くて、さびしい私のお
涼しくさせてくれる植物はないものかと思っていたのですが、暑さに強く、その容姿から涼を運んでくれる「初雪草」を新しく仲間にむかいいれました。
ビニールポットで入手しましたが、背丈はまだ20センチ程度。
でも1メートルくらいまで成長するらしく、ちょっと植える場所間違えてしまった感じです。(^^ゞ

全体をチョットみると花弁が白色の縁取りのように見えますが、これは葉っぱのほうで、花芽が形成される頃に白く縁取りされます。

花そのものには、観賞価値がないんですよねえ~ よく見ると面白い形をしています。

【PR】初雪草育ててみる?


【育て方】

乾燥に強く育て易い植物です。こぼれた種からもよく育つそうです。
++黒法師++プリンさんのところの初雪草は毎年こぼれ種から育てているそうなのですよ~~

■植え付け
ビニールポットなどから植え替える場合には、根をくずさないようにそっと植えつけます。
場所は日当たりと排水が良いところ。鉢植えでも育てることができますが、背丈が高くなることをお忘れなく!

■水やり
乾いたらたっぷりと! 地植えの場合には神経質にならなくてもOKです。

■施肥
2ヶ月に一回ほどの割合で液体肥料を施しますが、多肥にする必要はありません。

■増やし方
種まきで、適期は4~5月。6~8月に挿し木が可能ですが、乳液状の白い樹液は皮膚に触れると炎症を起こすこともありますのでご用心。
発芽適温と生育適温は20~25℃くらい。移植を嫌うために、直播きすると良いようです。
ハツユキソウの花



短日植物なので、寒冷地で室内に入れるときは、夜遅くまで使っていない部屋に置くとよいみたいです。でないとお花が咲かないそうです。
お花が咲かないということは、葉っぱの縁が白くならないってことになるんですよね。

あっ、そうそうトウダイグサ科の中でもクリスマスの頃に活躍するポインセチア。あの真っ赤にそまる葉っぱも短日処理が必要なのですが、この初雪草と仲間なんですね~ 驚きました。あのポインセチアもお花には全く観賞価値はなくて、葉っぱが赤色の変化するのを楽しむんでした!