スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チシマラッキョウ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2006年08月16日 水曜日 [Edit] 

チシマラッキョウ



【学名】Allium splendens var. kurilense
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ネギ属
【和名】千島辣韮(チシマラッキョウ) 【英名】Splendid Flowering Onion
【別名】生糸辣韮(キイトラッキョウ)

今朝起きて外を見たら、少し雨が降ってくれたようです。ホッ。
このお盆の間は、夕立もないし、ほとんど雨が降らなかったので水やりも一仕事でした。

本来なら水やりしなくても、地植えのものはなんとか夏を乗り切ってくれるのですが、山野草などは一分葉っぱが茶色になってしまったものなどがあり、明らかに水不足でした。

今日ご紹介しているチシマラッキョウは、超ミニミニの直径5センチほどの鉢に植えてあるので、水が蒸発するのもあっという間。
水切れに耐えながらも、やっと一つだけつぼみが上がってきました。
三月のチシマラッキョウ



↑この写真は今年3月に芽が出たばかりのころに写したモノです。

細い一本一本の葉っぱが成熟してくると一枚目の写真のように葉っぱの先端が膨らんでくるものがでてきて、これがお花となるんです。

秋になるとアリウムをすごーく小さくしたようなお花が咲きます。
無事に咲いてくれるとよいなぁ~

関連記事:チシマラッキョウ