スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めがねナントカ(@_@;)

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2006年08月21日 月曜日 [Edit] 

鉢植え



今日は皆様へおすがりぃ~~

この植物の名前がわからないんです。
「めがね」という言葉がついたような気がするのですが、お隣のオジサマから昨年拝受したものの、すぐに名札をつけなかったからわからなくなってしまいました。

オジサマは夏季休暇中でお留守。
鉢植え



くるるんと丸く巻いた葉っぱの形は、柴犬の尻尾のようです。
大きさは、まだ高さ10センチ程度なんです。落葉したのですが、春さきから葉っぱがでてきています。

ネットで調べてみたのですが、分からず・・・
_| ̄|○

ご存知の方! どうかコメントをヨロシクお願いします。m(__)m






追記 2007/08/21 

ぽんさんのおかげで正体が判明しました~~
本当にありがとうございました。m(__)m

【学名】Salix babylonica var.annularis
【科名】ヤナギ科 Salicaceae 【属名】ヤナギ属
【和名】勾玉柳(マガタマヤナギ)
【英名】Ring-leaved Willow 【別名】眼鏡柳(メガネヤナギ)
【原産地】英国 【性状】落葉高木

一般的にヤナギといえば、シダレヤナギとかネコヤナギを思い出しますが、メガネヤナギなるものがあったんですねぇ~ 世界には350種類ほどもあるそうです。

ヤナギは雌雄異株ですが、これはどっちかしらん?
花も見たことないので、現段階では不明です。

【育て方】

わたしはまだ一年しか育てていないのですが、育てていて感じたことは水切れに弱いということ。実は今年水やりを怠り、一度葉っぱが全て枯れ落ちてしまったんです。
ぎゃー(@_@;)って感じでした。
しかしあきらめずに水やりをし続けたところ、また上の写真のようにくるっと丸まった葉っぱが出てきてくれました。
枯れた枝からは葉っぱは出てきてくれていなくて、株元から新しい枝が生えてきたんです。ヤナギの仲間は、耐暑性、耐寒性ともに強いんですよね。

かといって、いつもジメジメした環境は良くなくて、お日様の当たるところで管理し、土が乾いたらたっぷり水やりすると良いようです。

昨年の冬、完全に落葉し屋外に鉢を出したままにしておりましたが、越冬にも問題なしでした。

施肥は、春から初夏まで、少しだけ固形肥料を置く程度でよく、肥料食いではないです。

植え替えは、早春。剪定は早春かまたは梅雨の時期にしますが、夏の剪定は弱剪定とします。

増やすには、挿し木。



というわけで、これからもこのメガネヤナギを大切にしなくちゃ!