スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルーベリーもおいしい~

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2006年08月20日 日曜日 [Edit] 

ブルーベリーを収穫!



【学名】Vaccinium spp.
【科名】ツツジ科 Ericaceae 【属名】スノキ属
【品種名】ラピッドアイ(たぶん(^^ゞ) 【和名】ブルーベリー 
【英名】Blueberry

ブルーベリーのお花の様子をアップしてから早二ヶ月になろうとしておりますが、すでにしばらく前からちょっとづつ収穫が始まっております。先にアップしたブラックベリーと収穫時期はほぼ同じです。

【PR】中粒果実品種で、育てやすい品種ブルーベリー・ラビットアイ クライマックス

ラズベリーのほうは初のうちに全て収穫し終わっていたのですが、なんだかまた蕾がたくさん出てきていて、また秋には実がなりそうです。
昨年は植えつけたばかりだったせいか、株が充実していなかったのでしょうね。一季生りでしたが、今年は二回楽しめそうです。

よってジャム作りは、このブルーベリーを主とした、ブラックベリーとラズベリーの三種を一度に煮てしまうというモノになりそうです。
全て収穫したものを冷凍保存して、完全に収穫が終わったところでジャム作りをしてみます。うふふ。

朝は鳥が食事にやってくるので、(^_^;) 鳥さんたちとの攻防もありますが、すべて食べられてしまうわけではないので、まぁ~よしとします。

ブルーベリーの場合、一季に完熟せずにそれぞれの枝の実がちょっとずつ熟してゆくため、収穫時期もちょっとずつずれています。
毎朝、マメに見て完熟ベリーを探しております。

【育て方】

まずはご自身がお住まいの場所によって、寒さに強いものと弱いもののうちいずれかを選びます。
寒冷地にはハイブッシュ系、暖地にはラビットアイ系が育て易いとされております。

酸性土壌を好むので、ピートモスなどを使って用土を酸性にしておくことがポイントです。

受付時期は秋が良く、これから苗もどんどん出回り始めますよ~~。

前年に育った枝に多く実がなります。古い枝にはあまり実はなりませんんので、3~4年経った枝は整理をかねて剪定することで、脇芽も出るので、剪定は必要です。
太陽があまり当たらないところや込み合っているところなども枝を切り落とし、株元にまで太陽がよく当たるようにするとおいしい実がなります。

選定時期は冬がよいのですが、花芽の部分を切り取ってしまうと来年実がなりませんので、ご注意を!

違う品種を一緒に植えておくとよく結実度があがります。苗を買うときには、二鉢買うようにしましょう~~

繁殖は挿し木ができます。
我が家ではどうやら実生で育ってくれたりしているみたいです。
ヽ(*^^*)ノ
ブルーベリーの新芽



本来は冬に剪定するべきところでありますが、先日あまりにも徒長してしまった枝を整理しました。
そうしたら、上の写真のように若々しい芽がでてきてくれています。

剪定のポイントは、枝を手を広げたような形、扇形になるように形を整えること、枝を落とすことでわき芽を増やすことです。

ブルーベリーを買うなら!!オススメはこちら!


来年はさらなる収穫を目指しているのでした!

おっ、と その前に秋の紅葉も楽しみです。