スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れていたネジバナ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2006年09月06日 水曜日 [Edit] 

ネジバナ



【学名】Spiranthes sinensis (Pers.) Ames var. amoena (M.Bieb.) H.Hara
【科名】ラン科 Orchidaceae 【属名】ネジバナ属 Spiranthes 
【和名】捩花(ネジバナ) 螺子花(ネジリバナ) ネジレバナなど
【英名】Austral Ladies' Tresses 【別名】綟摺(モジズリ)
【原産地】シベリアからインド・オーストラリア 【性状】多年草

子供の頃はよく畑の畦道などで見かけたネジバナですが、昨今はホンモノを見たことがありませんでした。

ところが今年はギボウシを植えてある鉢から1本だけ立ち上がってきてお花が咲きました。でもこの写真だと本来のネジバナのように、ちゃんとねじれていません。が、実際にはねじれていたのです。
日陰で管理してあった鉢なので、日照不足だったためか株そのものは大きく育たず、とても小さくてミニチュア・ネジバナ(←勝手に命名)っぽい咲き方でした。過去形なのは、実際には今はもうすでにお花は終わっておりまして、梅雨の頃に咲いていたのに、記事をアップするのを忘れていました。

f(^^;) ポリポリ

このギボウシは昨年植え替えをしたものなのですが、いつこの鉢に混入したのかは不明であります。 

けど、天からのプレゼント!? 我が家にやってきてくれ、とてもうれしかったのでした。
英語だと、Austral Ladies' Tressesというのが流通名のようですが、直訳すると「南方女の三つ編み」って感じかしらん。
日本ではネジリバナという螺旋階段を思わせるような名前がついていますが、海の向こうでは三つ編みをイメージしたんですね。

ネジバナは日本に古くから知られている山野草ですが、今回初めてラン科であることを知りました。
びっくり!
ランのようには見えなかったんですけど。(;´▽`lllA``

この螺旋の花は下のほうから咲き始めて、テッペンまでちょっとずつ開いてゆくのですが、一説にはテッペンまでお花が咲いたら梅雨が明けるといわれているのだそうです。

へぇ~ そうだったんだー! 今年は観察不足でそのお話が正しいのか記憶が曖昧。来年、確認してみます。
加えてもっとレジレてもらわなくちゃ~

まっ、まさかネジレバナではないってこともありうる? ( ̄_ ̄|||)どよ~ん