スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レンゲショウマ!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2006年09月20日 水曜日 [Edit] 

レンゲショウマの花



【学名】Anemonopsis macrophylla
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】レンゲショウマ
【和名】蓮華升麻(レンゲショウマ)【英名】False Anemone
【別名】草蓮華(クサレンゲ)【原産地】日本
【性状】耐寒性多年草

9月の上旬に久しぶりに市内を出てドライブしたのですが、そんな折も苗などが売られているとついつい目がそちらにいってしまう私。

レンゲショウマという植物はそれまでしらなかったのですが、お花を見て一目ぼれ。即買いでした。(^^ゞ

家に帰ってきてからあわてて育て方を調べてみたりしたので、今日は「私のためのレンゲショウマ講座」です。

このかわいらしいカップ咲きは、私の触手をくすぐるのですよねぇ~
金鳳花科の仲間には、オダマキ、クレマチス、福寿草など私の好きなお花が連立。

山野草系は育てるのがちょっと難しかったりするので、ちょっとビクビクしております。

レンゲショウマは日本に一属一種の植物だそうで、レンゲショウマ属。
山の中に分け入ると自生している蓮華升麻を見ることができるそうです。従いまして、お庭で育てるときには、深山をイメージしつつつ、半日陰から日陰で管理するようにします。
葉っぱは、名前の由来どおり、なるほどサラシナショウマに似ています。
レンゲショウマ



【育て方】

冬の間もすっかり乾燥させないように管理。
場は、直射日光が当たらないようにします。
できれば落葉樹の木の下などで管理すると良いでしょう。

植え付けは、鉢植えですと、桐生砂、鹿沼土などの野草用の土を用い、植え替えは二年に一回、3月~4月中旬に!

<ポイント>
水切れは禁物。水を与えるときには、たっぷりと与える。

肥料は、生育期の春と秋に置肥する。

ヨトウムシなどが発生する。これは捕殺 (▼皿▼)

増やしたいときには、株分けできますが、実生からでも容易に開花させることができ、また実生から育てたものはお花もおおきくなるようです。

私は1株しかないので、今年は株を充実させることに専念しようと思い、お花が終わった茎は切り取ってしまいました。
来年は実生から育ててみたいです。