スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インデグリフォリア‘アルバ’

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2006年11月08日 水曜日 [Edit] 

インデグリフォーリア アルバ



【学名】Clematis integrifolia  'Alba'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属 (センニンソウ属)
【英名】Clematis integrifolia 'Alba'
【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(5~10月) 半鐘咲き 
【花径】6センチ 【高さ】木立性 60~70センチ
【耐寒性】やや強い -5℃ 【花色】白色 
【剪定】強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】アルバ
【備考】#C016

またまたしつこく今年ゲットしたクレマチスのご紹介です!
先日、インテグリフォリア‘ヘンダーソニー’の記事をアップしておりましたが、その色違いみたいなものです。

【PR】おぎはら植物園で購入しました!


購入した株の大きさは、ヘンダーソニよりもちょっとだけ小ぶりでしたが、これもすぐに地植えにしております。

植え付けてから3週間ほどたちましたが、まだまだ葉っぱには勢いがあり、無事に根付いてくれたような雰囲気。朝夕の冷え込みもまだ零度を下回っていないので、葉っぱも元気そうでしょう?
インデグリフォーリア アルバ



そもそも「インテグリフォリア」という学名には、「完璧な葉」という意味があるそうで、確かに観賞価値があるキレイな葉っぱです。

最低気温は零度を下回っていないとはいえ、先週は降霜がありましたし、そろそろ他のクレマチスたちの成育も緩慢になってきています。常緑であるクレマチス以外はすっかり葉っぱが枯れ落ちてしまうので、これからお庭はどんどんさびしくなってしまいます。

他に育てているクレマチスはつる性で、特にモンタナ系は生育旺盛。
クレマチスの蔓を誘引する場所が少なくなってきてしまっていることもあり、木立性のクレマチスを購入することになったというのもひとつの理由です。

他に育てているクレマチスにも先月10月には、クレマチス用の肥料もばらまき、来年の準備をしておりますよ~~
お花が咲いていない時期は、ついついお手入れを忘れがちですが、今年は肥料やりも忘れずに、おりこうさんなすぅでした。

いつもは芽が動き出すころからあわてて液肥をあげたりしていたんですけど。(^^ゞ