スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セラスチュームと雫

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2006年11月22日 水曜日 [Edit] 

セラスチューム



【学名】Cerastium tomentosum
【科名】ナデシコ科 Caryophyllaceae  【属名】ケラスティウム属
【和名】夏雪草 (ナツユキソウ) 【英名】Snow in Summer (スノーインサマー)
【別名】白耳菜草(シロミミナグサ)セラスチウム セラスチューム 
【品種名】シルバーカーペット 【花期】5~7月
【原産地】イタリア、南ヨーロッパ 【性状】耐寒性多年草

銀色のセラスチュームの葉っぱに朝露がたくさんついていて、きらきらと朝陽に光り、とてもキレイだったので写したモノです。

よくよく考えたら、このセラスチュームはアップしたことがなかったことに気がつきました。PC内のどこかにはお花の写真もあるはずなんですけど、今日は葉っぱの姿だけです。

初夏に白いお花を沢山咲かせ、涼しげなおの装いに一役かってくれる植物です。

丈は、15cmほどになり匍匐して増えてゆくのですが、40~60センチくらにまで育ち、大株になると見事です。

種からでも容易に育てることができるそうですが、私は苗からしか育てたことがありません。そもそもの出会いは、お隣のおば様。

「どんどん増えるし、キレイよ~」と数株拝領。ところが、昨年いただいてから、今年になって消えてしまっているではありませんか! オロオロ。

いただいたものを枯らしてしまうのは、申し訳ないとHCでこっそり苗を購入したわけなんです。

(;´▽`lllA``


今年は枯らしてしまっては申し訳ないと随分気を使いました。あはは。
そんな私が、育て方について薀蓄を語るのもはなはだおこがましいのですが、私用のメモです。

【育て方】

ロックガーデンに向いており、植え付け場所には水はけのよいところを選ぶこと。じめじめしてないところが良い。
レイズドベッドの花壇の縁取りなどに用いると良い。

増やし方は、種まきか株分け。

高温多湿を嫌うので、入梅の前に剪定をし、込み合っているところを間引く。

  
セラスチューム



耐寒性もあるため、冬の間もこのまま楽しめます。
また地上部も枯れない常緑(といっても色はシルバー)の葉っぱですので、クリスマスアレンジメントの素材として寄せ植え花材にご一考されるのも良いですね!

イメージとしては芝桜が育っているような感じと同様なのですが、シルバーリーフなので、花が無い真夏でも涼しげに映ります。

とっ、とにかく枯らさないようにしなくては!
昨年はちょっとじめっとした日陰に植えてしまったことが、敗因と考えています。今年はまったく日陰ではないし、一段高い花壇の石の脇に植えてあるので、大丈夫かなぁ~ 来年雪解けあとに、また再会できることを願っている私なのでした。